エースバーン 受け。 【ソードシールド】エースバーンの対策!全てがタイプ一致の高速アタッカー【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】リベロエースバーンの対策を思いつく限り記載

エースバーン 受け

剣盾ランクマッチシーズン7にて突然解禁された特性リベロのエースバーンの対策を考察してみました。 今回紹介するのはスカーフヌメルゴン。 リベロエースバーンとは 特性リベロにより攻撃するときにタイプを変えすべての技をタイプ一致で攻撃できて、攻撃力と素早さが高く、耐久も低くはない。 現剣盾ランクマッチの環境では最強の能力を持っていると考えられる。 XYのガルーラも相当強かったが、他にもメガシンカできるポケモンがいたり、準伝説等高種族値のポケモンが多くいたりした為ガルーラ一強とまでは思えなかったが、今の剣盾環境で考えるとドラパルトがいるとはいえエースバーン一強だと思える。 冠の雪原で解禁される強すぎるポケモンが1体だけ迷い込んだのかな。 シーズン7はこの強すぎるエースバーンをどのように使うかがポイントになりそう。 一般的なエースバーン対策 エースバーンがどれだけ強くてもすべてのポケモンが勝てないということは無い。 エースバーン自体みずやこおり技などを覚えないなどすべてのタイプに変わることができないことや特攻は低めなので弱点でなければ物理耐久の高いポケモンで受けられるなど対策の取りようはありそう。 こう考えるとフェアリータイプ以外にタイプを変えられたゲッコウガが強く感じる。 エースバーン対策の一般的なポケモン インテレオン:素早さで勝っていてタイプ相性有利。 ドヒドイデ:高い耐久で受けきれ特性によりサイクルで有利。 しねんのずつきに注意 ウィンディ:特性いかく攻撃力を下げ、ほとんどの場合弱点攻撃されない。 ヌオー:特性により積み技無効。 弱点攻撃されない。 ギャラドス:特性いかく攻撃力を下げられる。 エレキボールに注意。 ミロカロス:高耐久とタイプ有利で戦えそう。 バンバドロ:特性で耐久を上げることができる。 弱点攻撃されない。 ドータクン:たいねつならダイアーク以外弱点攻撃されない。 スピードスワップで素早さ逆転できる。 ちょうはつに注意。 サダイジャ:てっぺきボディプレス型で行けそう。 へびにらみ覚えたり、特性でダイバーンの晴れを防いだりできる。 少し考えた結果それなりの数対策ポケモンは考えたが対策で考えたポケモン全てウォッシュロトムに不利か型次第で良くて互角くらいだった。 シーズン7は強すぎるエースバーンとエースバーン対策で出てきたポケモン全員を相手にできるウォッシュロトムのウォッシュバーン構築が環境トップになりそう。 真面目にエースバーン対策考察してみた エースバーンとウォッシュロトムの構築が強いといっても使用するプレイヤーが多くなれば結局プレイングが強い人が有利になる。 そこでエースバーン対策でウォッシュロトム対策を考察することにした。 スカーフヌメルゴンがウォッシュバーンに強そうかな。 基本性能 ダイマックスしてダイアジットで特攻を上げながら攻撃してダイマックスが解除されたタイミングでこだわりスカーフにより無双する構成。 こだわりスカーフを持たせることで本来不利になるドラパルトに一方的に勝てる可能性がある。 対エースバーン性能 スカーフでエースバーンよりも早く行動できて、ハイドロポンプで弱点攻撃ができる。 但し補正無ハイドロポンプだと耐久無振りのエースバーンが乱数50パーセントなので奇襲が成功しても40パーセントなので注意が必要。 600族だけど思ったより特攻低くないか。 耐久は無振りでもエースバーンの補正無とびひざげりまで確定耐えできるので最低限の耐久はある。 600族だけど思ったより耐久低くないか。 対ウォッシュロトム性能については特殊耐久の高さと耐性によりウィッシュロトムから有効打が無く、数回受けだせるくらいの有利対面と言える。 使用感 未使用で机上論なので強そうに見えるが強さは未知数なのでご了承ください。 まとめ シーズン7は最終日良くて最終日深夜数時間対戦できるくらいなのでよほどのことが無い限り今期は上位を目指せないがエースバーン一強なのはシーズン7だけなので対策だけは考察したかったので本記事を作成しました。 鎧の孤島が公開されればマリルリや原種ヤドランなどエースバーンに強いポケモンも増えるためさすがにエースバーン一強は無いと思われる。 あれマリルリやヤドランもウォッシュロトムに弱いような。 ボーマンダくらい解禁されなければ冠の雪原までウォッシュバーン環境になりそうかな。 tenku64.

次の

エースバーン/対策

エースバーン 受け

サイクルのクッション兼ステロによる起点作成役、カバルドン。 主にエースバーンとパッチラゴン受けを意識しています。 技構成からあくびが抜けていますが、そもそものステロに加えて、攻撃技のじしん、起点化回避のふきとばし、今後増えるであろうラムエースバーンを意識してダイジェット連打に対抗するためになまけるを入れてあくびを切りました。 もしあくびを採用する場合はなまけるとの入れ替えだと思います。 なおじしんはゴリランダーのグラスフィールドで威力が半減します。 しかしドヒドイデのトーチカやギルガルドのキングシールドなど、デメリットも多くあるため接触技の採用は避けています。 みがわりりゅうまいドラパルトです。 エースバーンに対していたずらごころみがわりや壁貼り展開で対抗してくる構築に分からせます。 壁エースがエースバーンだった場合はみがわりをうまく使って壁ターンを枯らしたり、ふいうちを透かしたりを行う必要があるでしょう。 ダイジェット連打で上を取られるのは怪しいです。 カバ引きが安定 黒いきりをもっていないドヒドイデやその他受けポケモンをみがわりで起点にしてりゅうのまいを積んでいきます。 メガネロトム。 相手のエースバーン受けとして選択されやすい、カバルドン、バンバドロ、サダイジャなどにハイドロポンプで対抗し、アシレーヌやラプラスなどの特殊アタッカーはほうでんで麻痺を狙いながら削りをいれます。 相手が耐久無振りだった場合はアシレーヌは確定1ラプラスは87. かえんだまやヘドロは他の相手ポケモンに返しましょう 1度目のサイクルでトリックを狙っても大体相手が引いていき失敗するので、トリックはここぞというタイミングに狙いましょう。 ふいにCが高い相手にメガネを渡さないように。 ハチマキゴリランダー。 サイクルのコマとして。 最後に草技の一貫を通しての勝ちも狙っていけます。 こちらも基本的にはエースバーンを止めに来るポケモンに圧力をかけつつ、輝石ポケモンの石をはたきおとすことをねらいます。 グラスフィールド状態でのハチマキウッドハンマーは目を見張る火力を出すため相手の受けを成立させません。 サイクル性能を高めるとんぼは確定として、最後の1枠は地面技、アクロバット、格闘技からの選択になりますが、エースバーン以外での処理が困難になりやすい、ナットレイに対抗するために、鉄のトゲ分のダメージを回復しながら殴れるドレインパンチを採用しました。 リベロエース、バグ枠。 ミラー意識で最速。 技選択でふいうちを切ったのは、みがわりドラパ等との択を発生させるならダイジェットで押したほうが強く感じたため、とダイスチルによる防御アップで相手の物理ダイマックスに対する耐久を上げるという選択肢を得るため。 そしてトゲキッスに対する対抗手段が欲しかったからです。 ドラパルトはパーティ単位で考えればオーロンゲでも対処可能でしょう。 みがわりやビルドやしねん、エレキボールなども選択肢には入ってきますが、わざわざ炎技を切ってダイマックス後にみがわりグラスシードHBゴリランダーに粘られたり、HBナットレイとまもると膝の択ゲーをするよりも負荷をかける事の出来るかえんボールの方が有用だと思います。 戦術と解説 基本的にはダイマックスエースをエースバーンとドラパルトから選択して、オーロンゲとカバのどちらかの起点作成役を選択し、サイクルを回していけるロトムとゴリランダーから1枠を選ぶのが良いと思います。 ドヒドイデがいるならロトム、ドラパルトがいるならオーロンゲ、パッチラゴンがいるならカバルドンなどそれぞれのポケモンに対抗できるポケモンは存在するため慣れていけば、全く対抗できないということは減ると思います。 試運転した結果若干いたずらごころエルフーンやぺリッパーカジリガメ構築が重く感じました。 レンタルIDは0000 0001 KP8W M5 です。 もし興味を持っていただけたならぜひ使ってください! 改善案がいただけると非常に嬉しいです。 7わらやまALA やはりこのパーティはめちゃくちゃ強かったですが、サニゴーンがとても重くかったです。 こちらこそありがとうございます! わらやまALAさん。 サニゴーンは基本的には物理防御耐久は脆いのでタスキをカバルドンの砂などで削り、砕けるボディなどで上を取られないように注意して強めの物理技を入れる事ができれば倒せると思います。 またオーロンゲにはゴースト技は半減なのでオーロンゲで攻撃を受けてソウルクラッシュで特攻を下げながら戦っていくというルートも相手できると思います。 進化前の輝石を持ったサニーゴは少し処理ルートが面倒ですがゴリランダーで何処かではたきおとすを入れて耐久を並程度まで落としたり、どちらかのトリックで輝石を奪いながら耐久崩したり、又はドラパルトのみがわりでおにびやちからをすいとるを無効化しながらりゅうのまいの起点にしたりなどで倒せると思います。 ありがとうございます。 やることがあまり難しくないので非常に使いやすいと思いました。 これからも使わせていただきます。 相手の手持ちにウォッシュロトムなどいるとカバの選出を控えてしまいがちですが、実際はカバで場を作らないとどうにもならないことも多いですし……。 ステロの有無で各定数変わるので、ピンポイントで苦手な相手がこない限りは、カバウサギ構築が一番勝ちやすかったです。 オーロンゲに光の壁がなくて負けた試合が一戦だけありましたが、それ以外の試合は全て勝てました。 やっと3桁に乗れました! ありがとうございました。

次の

エースバーンの対策について

エースバーン 受け

耐久も低すぎる訳ではなく、半減高火力技ぐらいであれば耐えることが可能です。 他の耐久が低い速攻アタッカーと違い、 相手を選べば受け出しが可能なのがメリットですね! また、 剣盾環境において活躍できる数少ないほのおタイプのポケモンなので、「ナットレイやフェアリータイプに困っている!」という方には是非オススメしたいポケモンです! 努力値 HP H:0 こうげき A:252 ぼうぎょ B:0 とくこう C:0 とくぼう D:4 すばやさ S:252 環境にいる高火力ポケモンに対して、 半減技を1発受ける以上のことはできないので、耐久に振る理由は少ないです。 比較的通りの良い「かえんボール」と、交代読みや引き際の「とんぼがえり」で、少しでも相手に負担をかけるために、こうげき全振りで良いでしょう。 ただし、エースバーンのすばやさは調整の余地がありそうです。 S252…最速ルチャブル抜き• S236…最速スカーフニンフィア抜き• S188…最速ゲンガー・エーフィ抜き• S180…最速アイアント抜き 耐久無振りのルチャブルは、こだわりハチマキ「かえんボール」で一撃で倒せます[117. ルチャブル抜きは微妙に感じるかもしれませんが、遭遇頻度はそこそこですかね。 この中で一番環境に多く、役割相手として最適なアイアント抜きでもいいかもしれません。 エースバーンの技構成について 技構成• かえんボール• とびひざげり• とんぼがえり• ふいうち 1. かえんボール 威力120命中90という、超優秀なエースバーン専用技です。 非接触なので、ゴツゴツメットやギルガルドの技「キングシールド」が発動しないのが利点と言えます。 単ほのおタイプの一致技ですので、メインウェポンとして運用します。 とびひざげり かえんボールを受けに来やすいドサイドンなどに打ちます。 ただ、失敗すると大ダメージを食らうため、ドラパルトやミミッキュが多い環境で打ちづらく、エースバーンを止められるギャラドスやドヒドイデに半減なので出番が少ないです。 一応ダイナックルとして打つことで、超火力速攻アタッカーに化けることもできます。 とんぼがえり ギャラドスやドヒドイデと対面したときや、圧倒的有利な状態での交代読みで打ちます。 こだわり系アイテムを持つなら是非入れたい技。 ふいうち 意外と覚える通りの良いあくタイプの先制技。 先制されるドラパルトへの有効打になる。 こだわり系アイテムを持っていても、とんぼがえりを搭載していると終盤に繰り出すことも多く、タスキ持ちや消耗した相手ポケモンを一気に持っていけるので持ってて損はない技。 他の技候補 みがわり とくせい「もうか」の発動に持ってこいの技。 とはいえ、だいたい攻撃を一発耐えると、もうか圏内に入ることも多い。 状態異常も防ぐことができますが、先制で「でんじは」を打つオーロンゲには「かえんボール」か交代、「あくび」を打つカバルドンやブイズには「とんぼがえり」や「かえんボール」などの択が良いので圏外。 ちょうはつ 役割として打つことが多い耐久ポケモンに「ねっとう」持ちが多く、居座りに向かないので圏外。 とびはねる おなじみのダイジェットに化ける技。 不一致技なので火力が低い。 エースバーンのすばやさで抜きたい相手が、ドラパルトやスカーフ持ちヒヒダルマ・サザンドラなので、「ふいうち」やスカーフを持つ方が安定する。 いかりのまえば レッドカードなどと合わせて複数の相手のHPを強引に削れる。 ただし、純粋にかえんボールなどで叩いた方が火力が出ることが多い。 カウンター きあいのタスキと合わせて。 こだわり系アイテムや、いのちのたまが多いイメージなので意外と刺さる。 アイアント ようき 耐久無振り かえんボール 387. 速攻アタッカーのイメージ通り、「やられる前にやる」が実行できる相手に有利です。 エースバーンが不利なポケモン 技の通りと反撃時のダメージ計算をまとめます。 ギャラドス おくびょう 耐久無振り かえんボール 50. 採用率が高いギャラドス、ドヒドイデも天敵ですが、ウオノラゴンがいるとガッツリ受けて超火力で返されるので警戒必須です。 タイプとすばやさ的に攻撃したくなるドリュウズは、タスキかスカーフ持ちが多いので、交代した方が良いです。 有利不利を決めづらいポケモン ゴリランダー いじっぱり H252 かえんボール 64. ブラッキー ずぶとい H252 B252 とびひざげり 81. 「かえんボール」が安定択ですが、「あくび」で流される可能性があるため、落とし切るのは難しい。 消耗させてから叩くか、別のポケモンに託したいです。 エースバーンの相性補間ポケモン ナットレイ どく無効で、エースバーンが不利な水タイプに滅法強い。 ナットレイが弱点のほのお技受けが可能。 エースバーンの対策 エースバーンに対面した時の対策を、相手目線で考えます。 脅威になるのは一致高火力技の「かえんボール」。 物理受けのみずポケモンで流すか、すばやさで上回り先制したいところ。 弱点技や高火力技が打てるスカーフ持ちなら有利。 ただし、エースバーン自身もスカーフ持ちの可能性があるため、相性的に不利なガラルヒヒダルマやサザンドラは注意が必要。 消耗させて先制を取れたとしても、最後の「ふいうち」には警戒したい。 まとめ エースバーン物理アタッカー型の強いポイント• 高いすばやさとこうげき力で、突破力が高く扱いやすい。 「とんぼがえり」や「ふいうち」など器用な技を覚えるので役割を多く持てる。 エースバーン物理アタッカー型の弱いポイント• 一致高火力技を受けるだけで簡単に倒れる耐久。 環境に水タイプの物理受けが多く、不利になりやすい。

次の