グラビティガン。 【ペルソナ5ロイヤル】グラビティガンHP【P5R】

グラビティーゾイド

グラビティガン

00 5 5 6 147 62F 12F 13F シェイド x1. 00 5 4 5 157 52F 12F 13F レイ x0. 95 5 5 5 157 56F 12F 13F ソル x1. 00 5 6 5 130 58F 10F 11F ディム x0. 特に着地やダッシュ直前の隙が大きく、空中ダッシュの距離も短め。 地上での速度も平均程度であり、万能と言うよりは器用貧乏な印象。 強力なアタックを持つ機体がないため、相手に接近を許しやすい。 ジャンプの高さ以外はの劣化に近い性能。 地上空中どちらでも戦えるので、オールレンジで使える弾速やダウン力の高いガンを持たせて、相手のカスタマイズに応じた柔軟な立ち回りを心がけたい。 ロボはアタックの距離が長いレイIIがオススメ。 相性の良いレッグ• :ジャンプは低くなってしまうが、着地の隙が大幅に減る。 カスタマイズ例• レイII/ニードル/アイドリングP/ウェーブ/グランダー• レイII/スナイパー/トマホークG/ダイビング/グランダー• レイII/フレイム/トマホークB/サイドウェイF/グランダー• レイII/Vレーザー/スタンダードF/ウェーブ/グランダー• 09 3 6 10 126 41F 12F 13F コメット x1. 09 3 5 9 136 78F 1F 18F フレア x1. 04 3 6 9 147 61F 1F 14F ステラ x1. 09 3 7 9 157 60F 9F 10F コロナ x1. 地上移動もリトル系に次ぐ速度を持ち、地上空中ともに細かい動きが可能。 滞空時間は短いが、高空からの一方的な攻撃もできるので、ボムポッド戦に持ち込めば非常に有利。 ただし攻撃力、防御力、がまんが低く、水平方向への機動力も多段型のロボの中でも特に低い。 そのため間合いの主導権を相手に握られやすく、殴り合いになると弱い。 相手の接近を強く意識したパーツ選択が重要。 状況に応じて地空を使い分けていくことも必要になる。 同じ多段型のやと比べると中途半端な性能で、差別化が難しい機体かもしれない。 アタックは最速で無敵が発生し、後隙の少ないフレアを推奨。 相性の良いレッグ• :ジャンプ力が飛躍的に高まり、瞬発力を得られる。 カスタマイズ例• フレア/フレイム/クレセントP/コックローチG/ハイジャンプ• フレア/スナイパー/クレセントP/ドルフィンG/ハイジャンプ• フレア/スプラッシュ/トマホークB/ウェーブ/ハイジャンプ• フレア/スターダスト/クレセントP/ウェーブ/ハイジャンプ• 95 5 4 5 136 50F 1F 7F ジード x0. 95 5 3 4 157 68F 7F 8F カーライル x0. 90 5 4 4 157 36F 7F 8F シュミット x0. 95 5 5 4 157 75F 1F 23F ゾラ x0. 速く長いダッシュと全体的な硬直の短さに加えて、優秀なアタックを持つロボが多く、性能的にはほぼ上位互換に近い。 を合わせることで安定して2回ダッシュできるようになり、ジャンプの瞬発力も得られる上に、ダッシュが下向きなので着地隙が増えるという欠点も無視できる。 動きがワンパターンにならないように、低空ダッシュや地上移動も適度に使っていくと良い。 長距離を一気に移動できるので、接近や逃げに特化したガンが合う。 ステルスこそないが攻守ともに非常にバランスのとれた性能で相性の影響を受けづらい。 機敏すぎるため操作はやや難しいが、総合的な能力は高い。 ロボはアタック後の隙が少ないカーライルと、高い防御力と奇襲型アタックを持つゾラの二択。 相性の良いレッグ• :連続でダッシュしやすくなり、回避力も高まる。 カスタマイズ例• ゾラ/マグナム/アイドリングP/コックローチG/ハイジャンプ• カーライル/スタン/クレセントP/ウェーブ/ハイジャンプ• カーライル/Vレーザー/トマホークG/ウェーブ/ハイジャンプ• カーライル/ニードル/ジェミニB/ウェーブ/ハイジャンプ• 90 9 3 4 157 98F 17F 18F タイガーロア x0. 90 9 2 3 129 87F 22F 23F メタルベアー x0. 86 9 3 3 189 74F 17F 18F ブルホーン x0. 90 9 4 3 126 83F 3F 4F クレイジーバブーン x0. 全ロボ中最高のがまん値を生かした強引な接近や反撃も可能。 自分から相手を攻められる弾速やダウン力の高いガンが合う。 腕が長いため武器の射程が若干伸びるので、中~近距離ガンとの相性も良い。 当たり判定の大きさやジャンプの低さ、小回りの悪さなどからボムポッド中心の回避戦に持ち込まれると不利。 また、がまんが高いために一部のダウン力の低いパーツからは大きなダメージを受ける。 時には強引な接近も交えながら、相打ちの状況を作ってダメージレースでの優位を狙っていきたい。 ダッシュは1回しか使えないが、低空ダッシュを活用すれば機敏に動ける。 ロボは対近距離と地上戦を意識するならブルホーン、コンボでアタックを使うならメタルベアー、ダメージレースでの優位を狙うならクレイジーバブーンがオススメ。 相性の良いレッグ• :ダッシュ際の隙を押さえつつある程度の移動距離を確保できる。 :小回りと空中戦を重視するなら選択肢。 カスタマイズ例• クレイジーバブーン/スナイパー/ジェミニB/ジャンピングG/グランダー• ブルホーン/Vレーザー/スタンダード/フロートF/ショートバーニア• ブルホーン/グラビティ/スタンダード/コックローチG/ショートバーニア• クレイジーバブーン/ナックル/フリーズ/グランドフリーズ/ハイジャンプ• 04 5 3 8 157 57F 12F 13F スティンガーヘッド x1. 04 5 3 6 136 58F 17F 18F オラクルヘッド x1. 00 5 3 7 136 120F 7F 8F キーンヘッド x1. 04 5 3 8 126 81F 3F 4F ジョーカーヘッド x0. 水平方向の機動力が高く、接近や逃げのカスタマイズと合う。 ロボの当たり判定が大きく、着地やダッシュ前の隙がやや目立つので、回避面で苦労することが多い。 特に、、などの対空装備は歩行速度が遅いこともあって苦戦を強いられる。 普段はジャンプを使って移動して、ダッシュを温存気味に戦うのが良いだろう。 ステルスがないのでには及ばないが、ダッシュが速く腕も長いため近距離ガンとの相性は非常に良い。 キーンヘッドのアタックは発生、軌道ともに非常に優秀で、接近してくる相手への迎撃に便利。 ジョーカーヘッドも防御力が高くアタックの使い勝手も悪くない。 相性の良いレッグ• :避けやすく攻めやすい。 ジャンプの移動距離も稼げる。 :機敏なダッシュをいかして一気に接近できる。 カスタマイズ例• ジョーカーヘッド/スタン/サブマリンD/ウェーブ/ロングバーニア• ジョーカーヘッド/マグナム/クレセントP/ウェーブ/ロングバーニア• ジョーカーヘッド/スプラッシュ/アイドリングP/ウェーブ/ハイジャンプ• キーンヘッド/グライダー/スタンダードF/ウェーブ/ハイジャンプ• キーンヘッド/グラビティ/トマホークG/コックローチG/ハイジャンプ 参考動画.

次の

グラビティーゾイド

グラビティガン

コープ一覧 パレス(ダンジョン)攻略• ミッション• 調和奪われし路• 節制奪われし路 サブイベント• データベース エリア• ペルソナ• ペルソナ合体• ペルソナ5ロイヤル専用• ペルソナ5無印・ロイヤル共用• キャラクター• ショップ• スキル• 装備品・アイテム• トロフィー• その他• 掲示板• テンプレート• 外部リンク• 関連攻略• Wiki編集に困ったら•

次の

コンベヤローラグラビティタイプ選定のポイント(選定概要)

グラビティガン

離れた場所から当てるとダメージが高くなる。 弾に当たった相手は空中に飛ぶので追い撃ちを狙うことが可能。 地上と空中で大きく性能が異なるガン。 地上では普通にまっすぐ弾が飛ぶが、空中では弾が撃った場所に配置される。 配置された弾は、しばらくすると相手を狙って飛んでいく。 牙の形をした弾を高速で撃つガン。 山なりに弾が飛ぶので壁を越えて撃てる。 当たる範囲は非常に小さいが、攻撃力が高い。 レフトは左から、ライトは右から円を描くように弾を撃つガン。 空中で撃つと弾の飛ぶ方向が左右入れ替わる。 弾が発射される方向の相手に対しては非常に当てやすいが、逆方向の相手には当てにくい。 非常に速い弾を撃つガン。 射程が長くダメージも高いが、連射ができず撃った後の隙も大きい。 最初に空中に向けて発射され、そこから相手を狙って飛ぶ弾を撃つガン。 地上で撃った時と空中で撃ったときでは、空中で弾が止まっている時間が違うので相手を時間差で狙うことができる。 撃った弾が徐々に加速して速くなるガン。 4発の弾が続けて発射される。 地上で撃った時と空中で撃ったときでは、当たった相手を吹き飛ばす方向が異なる。 黒く丸い形の弾を撃つガン。 地上で撃った弾は上に、空中で撃った弾は下に相手を吹き飛ばす。 地上で撃った弾と空中で撃った弾を組み合わせる事で大ダメージを狙うことが可能だ。 3列に並んだ弾を3発撃つガン。 弾の飛ぶ幅が広いので相手に当たりやすく、撃った後の隙も少ないので非常に使いやすい。 剣型の弾をまっすぐに撃つガン。 ホーミングはしないが、連射力が高く隙間無く弾を撃ち続ける事ができる。 一度相手を捉えればダウンまで持っていく事が可能。

次の