思春期ニキビ 化粧水。 思春期ニキビに効く化粧水ランキングTOP8!!10代のテカリ肌に◎

思春期ニキビに効く化粧水11選!これで悩みが解決!

思春期ニキビ 化粧水

ニキビが治らないせいで• 外に出るのがはずかしい。 どうしてこんなに頑張っているのに治らないんだろう。 自分のケアは何が間違っているの? と、気持ちが落ち込んでしまいます。 10代のころにできる思春期ニキビは青春のシンボルと言われますが、実際に悩んでいる身からしたらそんなことどうでも良いですよね。 ストレスを溜めてはいけないとわかっていても、勉強に部活に忙しい中学生や高校生の学生生活の中でおでこや鼻にできるニキビはあるだけでストレスになってしまいます。 そんな思春期ニキビをケアしたい人は、毎日のスキンケアがとても重要です。 ここでは、思春期ニキビをケアする化粧水の選び方や使い方に加え、10代のあなたでも買うことができるおすすめの化粧水をご紹介します。 思春期ニキビのケアは化粧水の使用が大事 過剰な皮脂分泌によって引き起こされる思春期ニキビですが、毛穴詰まりを解消するためのスキンケアとして洗顔が重要とされることが多いです。 でも、洗顔をすることで肌に必要な皮脂を洗い流していることは知っていましたか? 皮脂は肌の水分を逃さないために必要なものです。 皮脂を洗顔で落とすということは、肌に水分を留めることができなくなる状況になるので、化粧水を使用して水分を補給してクリームで皮脂の代わりに水分を逃さないようにすることが大切になります。 正しく化粧水を使ったケアができるように、まずは思春期ニキビができる原因から順を追って紹介していきます。 思春期ニキビの原因 思春期ニキビの原因は、10代の成長期のころのホルモンバランスの変化によって皮脂分泌が過剰になること。 第二次性徴の時期に成長ホルモンの影響で皮脂の分泌が過剰になるだけでなく、男の子なら男性ホルモンの増加、女の子なら女性ホルモンの1つであるプロゲステロンの増加が原因で皮脂分泌が多くなり、毛穴が詰まりやすくなります。 過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まり、詰まって酸化した皮脂にアクネ菌が増殖して、ニキビができてしまうのです。 思春期ニキビの特徴は、もともと皮脂分泌が多いおでこや鼻といったTゾーンにできやすいこと。 肌質がオイリータイプの人も出来やすい傾向にあり、多すぎる皮脂は洗顔で適切に落とすことが大切です。 化粧水を使わないと乾燥ニキビになることも 化粧水の役割は肌に潤いを与えること。 洗顔をしたあとの肌は、皮脂がないことで肌から水分が逃げてしまう状態になっています。 そのため、肌に潤いを与えるために化粧水でスキンケアが大切になるのです。 肌が乾燥していると、お肌は肌から少しでも水分を逃さないようにいつも以上に皮脂を分泌してニキビを作るサポートをしてしまいます。 自分がオイリー肌だと思っているあなたも、実は乾燥からくる皮脂の過剰分泌でできる乾燥ニキビと思春期ニキビが重なってできているかもしれません。 化粧水は男子も使った方がいい? 思春期ニキビの特徴として、女子よりも男子の方が悩みやすい傾向にあります。 それは男性ホルモンの働きによって、女子よりも皮脂の分泌が多くなりやすいためです。 だから、化粧水のスキンケアは女子だけでなく、男子もしっかりと行う必要があります。 「スキンケアをしたことがない」という人も多いと思いますが、ニキビを予防するためにはスキンケアデビューをしてみましょう。 思春期ニキビに効果的な化粧水の役割 思春期ニキビに化粧品が必要なことはなんとなくわかったと思いますが、ここからはニキビ専用の化粧水の役割について詳しく紹介していきます。 通常の化粧水は肌の水分を逃さないこと、肌に潤いを与えることを目的として使用しますが、ニキビ専用の化粧水の役割はそれだけではありません。 肌の乾燥を防ぐ 洗顔後の肌は皮脂汚れが落ちてつるっとした状態になると思いますが、実は水分が少なく毛穴が開いた状態なのです。 このまま放置をしてしまうと、開いた毛穴にまた皮脂や汚れが溜まったり、肌の乾燥によって毛穴詰まりが起きて、ニキビができてしまう事にもなりかねません。 だから、洗顔後は肌の乾燥を防ぐために、しっかりと化粧水で肌を引き締めて、うるおいを与えてあげることが大切です。 毛穴が引き締まって潤いを与えることで乾燥ニキビ対策にもなります。 皮脂分泌のコントロール 洗顔が終わったあとの肌が乾燥した状態になると、肌を守るために皮脂分泌が過剰になってしまいます。 せっかく洗顔で汚れと皮脂を洗い流したのに、乾燥を防ぐために皮脂を過剰に分泌してベタベタした肌になってしまっては意味がありません。 過剰な皮脂分泌を抑えるために、化粧水で肌に水分を与え、皮脂分泌量をコントロールすることが大切です。 ニキビ菌の殺菌 ニキビケア用の化粧水には、ニキビ菌を殺菌するための有効成分が入っています。 化粧水に含まれた成分を肌に浸透させることで、ニキビ予防ができます。 洗顔料にも殺菌成分は含まれていますが、洗顔は洗い流してしまうので、化粧水を肌にしみこませて、成分を肌の奥に届けてあげることが必要です。 皮脂の酸化防止 毛穴に溜まった皮脂の酸化を抑えるのにもニキビ専用の化粧水は役立ちます。 ニキビには様々な種類のものがありますが、押して痛いタイプの赤ニキビと呼ばれるニキビの中には過酸化脂質という酸化した皮脂が溜まっています。 化粧水の正しい使い方 思春期ニキビにも化粧水が必要だと分かったところで、化粧水の正しい使い方をみていきましょう。 すでに使っている人も間違った使い方をしている可能性がありますので、再度確認してみてくださいね。 手のひらに化粧水をとります。 内側から外側にむかって手のひらで抑えるようにして、顔全体につけていきます。 指の腹をつかって、目のまわりや鼻のわき、口元など細かい部分になじませます。 両手で包み込むような感じでフェイスラインや頬になじませます。 このような手順で化粧水のつけ忘れがないように顔全体になじませます。 化粧水をつけるタイミングは朝晩の2回、洗顔後に行いましょう。 化粧水のあとは水分を逃さないケアをする 化粧水を使ったあとは、補給した水分を逃さないためのケアが大切です。 乳液や保湿クリームなどの油分を含んだクリームを化粧水のあとに塗るようにしましょう。 化粧水で肌が水分を補給しても、そのまま放置してしまうとあっという間に肌から水分が蒸発してしまいます。 蒸発してしまうと過剰な皮脂の分泌を促してしまう可能性がありますので、化粧水を付けたあとのケアもとても大切です。 思春期の皮脂が多い時期なので保湿クリームとまではいかなくても、乳液を塗ってから軽くティッシュオフするのがおすすめですよ。 思春期ニキビにおすすめ化粧水ランキング 思春期ニキビにおすすめの化粧水の選び方としては、ニキビ予防と保湿がどちらも行えるものを選ぶようにしましょう。 効果的な化粧水を選ぶポイントは• ニキビ用化粧水や思春期ニキビにおすすめされているものを選ぶ• オイルカット処方のものを選ぶ• 有効成分を含んでいる• 無理のない範囲で購入できるもの の4つ。 自分の肌に合う、使い続けやすい化粧水を選んでいきましょう。 1位:ルナメアAC スキンコンディショナー• 思春期ニキビは男女ともに化粧水でケアすることが重要• 化粧水は朝晩2回と洗顔後に、優しく肌になじませるように行う• ニキビケア成分の含まれた化粧水で、乾燥対策ができるものを選ぶ• 皮脂を抑制してくれるタイプやオイルカット処方のものがおすすめ• ドラッグストアでもニキビケアにおすすめの化粧水を購入することができる• 積極的にニキビケアしたいなら、ニキビケアシリーズになっているものがおすすめ 思春期ニキビは10代の学生を悩ませる要因の一つです。 ニキビを予防するためには、毎日のスキンケアでニキビのできにくい肌を作ることが重要です。 洗顔だけでなく、化粧水で肌をしっかりと保湿し、ニキビに悩まない肌を作りましょう。

次の

ニキビに効く化粧水人気ランキング|大人ニキビにおすすめの売れ筋11選

思春期ニキビ 化粧水

1日に何回洗顔しても思春期ニキビが良くならない 思春期ニキビは白ニキビのうちに潰して対処している 汚れを落とすために毎日スクラブ入り洗顔料を使用している ニキビに効果のある洗顔料・化粧水の選び方が分からない ニキビが気になって勉強が頭に入らない 大量のニキビのせいで友達と遊びに行っても心から楽しめない 上記のような悩みを持つ男子、もしくは保護者向けに、 本記事では思春期ニキビが出来てしまう原因と、思春期ニキビに効果の見込めるおすすめ洗顔料・化粧水の紹介、最後に正しい洗顔方法など、効果の見込める対策方法について紹介して行きます。 思春期ニキビが出来る原因とは 思春期ニキビが出来る原因について、簡単に解説しておきます。 上の画像の通り、 思春期ニキビの原因は毛穴の奥で、悪玉のアクネ菌が増殖することです。 アクネ菌とは、人間の身体にふだんから住み着いている「常在菌」の一種で、善玉菌と悪玉菌が存在します。 どちらも酸素が苦手で、毛穴の奥で空気に触れないよう潜んでいるという特徴があります。 そしてアクネ菌の悪玉菌は、大好物が「皮脂」の主成分であるトリグリセリド。 アクネ菌も皮脂も、単独だと悪い存在では無いのだが、相互で反応しあうとニキビとなってしまうんだ。 アクネ菌は皮脂を分解し、「遊離脂肪酸」という物質にどんどん変化させていってしまいます。 遊離脂肪酸が酸化すると、「過酸化脂質」という有害物質に変化。 この刺激により、 毛穴で炎症を起こしている状態、それが「思春期ニキビ」なのです。 男子の思春期ニキビは、「乾燥」も関係している 「皮脂」こそが思春期ニキビを誘発する悪者のように紹介して来ましたが、本来皮脂はお肌に無くてはならないものです。 皮脂があることで、お肌を弱酸性に保ち殺菌作用を持たせたり、外部の刺激からお肌を守ったり、お肌の水分蒸発を防いで保湿する作用を見込めるのです。 しかし、大量に分泌されてしまうと、皮脂は先程紹介した通り、思春期ニキビの原因そのもの。 そして、 この大量に分泌される理由のひとつに、お肌の「乾燥」があるのです。 お肌が過度に乾燥してしまうと、それ以上乾燥させないように、大量の皮脂を分泌します。 大量の皮脂があると、アクネ菌が皮脂をエサにしてしまい思春期ニキビが出来てしまいます。 過度な乾燥状態=過剰な皮脂分泌=思春期ニキビの悪化、負のニキビループだ。 特に男子は、 女子と比べてお肌の水分量が約半分と、非常に乾燥しやすいです。 肌が油っぽいから乾燥させればニキビが無くなる、というのは大きな間違いで、乾燥こそ思春期ニキビの原因と覚えておきましょう。 思春期ニキビ改善に期待出来る、おすすめ商品の選び方 思春期ニキビの対策として、食生活の見直しや質の良い睡眠を取ることも重要ですが、やはり直接的なスキンケアは必要不可欠です。 特に汚れを落とすための洗顔料と、保湿を担う化粧水に関しては、しっかり思春期ニキビにアプローチ出来る商品を選ぶことが大事です。 すでに出来てしまったニキビに対して、スキンケア商品に入っておいて欲しい抗炎症成分は、医薬品成分として認められている 「グリチルリチン酸2K」「カンゾウ根エキス」「グリチルレチン酸ステアリル」「アラントイン」。 上記成分の有無は確認しておきたいところ。 スクラブ入り洗顔料は、効果は見込めるのだが毎日使うと肌がボロボロになってしまう。 週に1回のスペシャルケアで使うにはアリだな。 化粧水に関しては、有効成分ももちろんですが、 とにかく保湿持続力が高いものを選ぶことが最も重要です。 ビタミンC誘導体やビタミンA誘導体、皮脂分泌抑制作用のある成分もニキビ予防・改善に効果を見込めます。 「思春期ニキビ対策」ということを考慮すると、オイルフリーであることも望ましいです。 また、ニキビに効果のあるとされる、「サリチル酸」「グリコール酸」を主成分とするニキビケア商品は、お肌の乾燥を強く誘発するため、一時的に思春期ニキビが治ったとしても再発の恐れがあります。 男子の思春期ニキビは原因のほとんどに「乾燥」が関わっているので、水分量が十分あると自信がある方以外は、サリチル酸・グリコール酸を主成分とするニキビケア商品は使わない方が良いでしょう。 思春期ニキビ改善に期待出来る化粧水一番のおすすめは 【&ジーノ アクアモイス】です! 思春期ニキビの炎症を抑える3種の医薬品成分「グリチルリチン酸2K」「カンゾウ根エキス」「アラントイン」の配合はもちろんのこと、 なんと言っても最大の特徴は、その最強クラスの保湿持続力です。 当サイトでは、スキンチェッカーを使用し、化粧水を使用した後のお肌の水分量・油分量を数値化して測定していますが、 数百種類もの商品を試してみた中でもトップクラスの保湿持続力を記録しています。 スキンケア=保湿なので、ニキビだけでなく全ての肌トラブルにも対応しています。 男性の美肌に向けた必需品と言って良い、最高品質の商品です。 1,000円以下で、思春期ニキビ改善に期待出来る化粧水一番のおすすめは 「ハトムギ化粧水」です。 安価なので、有効成分の濃度はあまり高くないと判断出来ますが、しっかり抗炎症成分である医薬品成分「グリチルリチン酸2K」を配合。 商品名の由来でもある「ハトムギエキス」も、医薬品成分では無いですが抗炎症作用のある成分です。 オイルフリーで、テクスチャもほぼ水なので不快感無く使用することが出来ます。 保湿力に関しても、500円玉大の量を3回ほど付ければ、非常に優秀な効果を期待出来ます。 思春期ニキビの対策方法・治し方 思春期ニキビ改善に向けて、上記に紹介した洗顔料・化粧水を使うことも大事ですが、下記の対策方法もしっかりマスターしておくことも大事です。 思春期ニキビの跡がクレーターのようになってしまうと、皮膚科などで専門的な治療を受けなくてはならないことになる恐れもあるので、是非参考にして見て下さい。 正しい洗顔方法 どんなに良い洗顔料を使用していても、洗顔方法が間違っていると乾燥を招き、思春期ニキビ以外にも様々な肌トラブルを誘発する恐れがあります。 泡を使って顔を「こする」ではありません、泡を「乗せる」です。 また、 泡を乗せて良い時間は多くても60秒、基本は30秒ほどで洗い流しましょう。 どんなに良い洗顔料を使用していても、60秒以上泡を乗せると乾燥で肌がボロボロになり、思春期ニキビから卒業しにくくなってしまいます。 もっと詳しく、正しい洗顔方法についてまとめた記事もあるので、完璧にマスターしたい方はこちらも参考にして見て下さい。 ニキビを刺激しない ニキビを刺激すると、炎症を更に悪化させる恐れがあるので厳禁です。 「ニキビを潰すと早く治る」というのは間違いです。 炎症が始まる前のごく早い白ニキビの状態ならば確かに効果はあるのですが、 炎症が始まっている黄ニキビや赤ニキビ、紫ニキビの場合は、自己流で潰すと雑菌が入って炎症が悪化し、跡が残る原因になってしまいます。 また、おでこに出来る思春期ニキビに関しては、前髪が大きく関係していることもあるので注意しましょう。 髪の毛は常に静電気を帯びているので、汚れやホコリが付いています。 可能な限り、顔に付かないように気を配りましょう。 家にいる間は、バンドを使って前髪を上げて過ごすこともひとつのニキビ対策となります。 食生活の見直し 糖分のたくさん入ったお菓子や、揚げ物・ファーストフードは皮脂の主成分である中性脂肪(トリグリセリド)がたっぷり入っています。 多量に摂取すると、思春期ニキビの大きな原因となってしまいます。 中性脂肪の分解を手助けする効果のある野菜の食物繊維や、ポリフェノールの入った烏龍茶を意識して同時摂取するようにすると良いでしょう。 その中でも、ニキビの化膿を防ぐビタミンAが豊富なレバーやにんじん、かぼちゃ、ほうれん草など色の濃い野菜を積極的に取ると尚良いです。 皮脂の分泌を調節するビタミンBも積極的に摂りたい栄養素です。 納豆やマグロ、うなぎ、レバー、バナナなどに多く含まれています。 質の良い睡眠を取る お肌の調子を整える成長ホルモンは、睡眠中に出ています。 22時~2時に活発に成長ホルモンが分泌されるため、 夜は出来れば22時頃就寝することが望ましいです。 質の良い睡眠を取るために、寝る前には脳を興奮させるようなカフェインをとったり、スマートフォンやパソコンを見るという習慣も控えたほうが思春期ニキビの対策となります。 質の良い睡眠を取り、成長ホルモンを活発に活動させることは、 思春期ニキビ以外にも身長を伸ばす効果も見込めるので、中学生・高校生にとって特に重要です。 適度な運動を心がける 適度な運動は、新陳代謝を高め、血行促進の効果を見込めます。 血行促進は思春期ニキビの早期改善に効果があり、 必要な栄養素を血液に乗せて適切に届けることが出来るのです。 また、適度な運動により質の良い睡眠を誘発しやすい点も見逃せないです。 運動不足に心当たりがあるのならば、家で行うストレッチなどでも問題ないので、身体を動かすことを心がけるようにしましょう。 まとめ 思春期ニキビに悩む男子に対し、思春期ニキビの原因と対策、おすすめの洗顔料・化粧水について紹介して来ました。 ニキビがあると、人前に出ることが億劫になり、自信を持てなくなってしまったり、様々な面で悪影響を及ぼす可能性があります。 更に、 間違った対策や思春期ニキビを放置し過ぎた挙げ句、ニキビ跡が取り返しの付かない状態になってしまうと、最悪です。 一生のコンプレックスとなる恐れもあります。 本記事で紹介した内容を元に、自信のある美肌を手に入れて、思春期ニキビから卒業出来ることを祈っています。 また、当サイトでは、思春期ニキビのみならず、ニキビ全般に関して対策を詳しく紹介した記事もあります。 興味のある方は、合わせてこちらも参考にして見て下さい。

次の

中学生におすすめの化粧水人気ランキング10選

思春期ニキビ 化粧水

10代の肌はホルモンバランスの崩れによる肌トラブルの転換期 幼少期のお肌は 水分を多く含んでおり、みずみずしい肌をしています。 思春期ニキビは ホルモンのバランスが崩れおでこから鼻にかけてオイリー肌になってしまいます。 その際に 皮脂が詰まり、思春期ニキビができてしまいます。 10代のお肌はまだまだ健全ではあり肌のバリア機能は高いですが、 放っておくと思春期ニキビはどんどん悪化していきます。 部活動や野外授業による紫外線による肌トラブル 中高生は部活や体育の授業で 野外に出ることが多いです。 そのため 紫外線を浴びる機会が多く、紫外線から肌を守ろうと皮脂が多く分泌されます。 過剰に出た皮脂が思春期ニキビの原因になります。 思春期ニキビが効果的に治る方法として、 日焼け止めも同時に使うことをお勧めします。 食事や睡眠バランスが乱れて思春期ニキビが! 中高生になると食欲が旺盛になり、好きなものをたくさん食べたくなる時期かと思います。 その際に、 今まで食べたことのないような量の糖分や脂を摂取してしまい、肌環境が崩れてしまうことがあります。 また、 夜更かしが多くなったり質が悪い睡眠をとってしまうことで思春期ニキビが発生します。 ニキビは 新陳代謝が上手くいかないことから発生するので、適切な食事と睡眠を取らないといけません。 10代の肌には化粧水が一番のニキビ予防 思春期ニキビが 効果的・経済的に治る方法は 化粧水が一番です。 10代の内にレーザー治療やコンシーラーの使用は 自ら肌の状態を悪化させるだけでなく、お金もかかります。 適切な選び方をしないと、思春期ニキビは悪化してしまうので注意が必要です。 10代の若い肌に適した化粧水の選び方 思春期ニキビが改善する化粧水の選び方をご紹介します。 思春期の肌はまだまだ健全で 必要以上に刺激を与えると治るものも治らなくなり、最悪荒れてしまう可能性もあります。 適切な選び方ができるように覚えておくべきことをご紹介します。 手ごろな価格の化粧水でも全く問題ない! 選び方の第一基準は 「高すぎる化粧水は選ばない」ということです。 10代の肌はまだまだ免疫力が強いので、必要以上に高価な化粧水を使う必要はありません。 あくまで サポートの役目として化粧水を選びましょう。 量がたくさんあり値段も手ごろな化粧水はたくさんあるので、コスパを意識して自分に合った化粧水を選ぶようにしましょう。 美白成分が入っているものは避ける 10代の化粧水の選び方として覚えておくべきことは 「美白効果をうたう製品は選ばない」ということです。 美白効果のある化粧水は 新陳代謝を促進させその効果を発揮しますが、 そもそも10代の肌は新陳代謝が早いので 成分ほどの効果は見込めません。 反対に肌再生のバランスが崩れてニキビが発症する可能性もあることから、美白成分がある化粧水は避けた方が無難でしょう。 アルコールが入っていないものを選ぶ ニキビは肌の刺激によって悪化します。 強いアルコール成分がある化粧水は肌荒れの原因にもなりえ、10代の若い肌には合わないかもしれません。 ただし、 アルコール成分は良いこともあり、皮脂のべたつきを抑えたり防腐の効果、成分の配合を安定させる効果があります。 アルコール成分が入っているものを選ぶ際は、 低アルコールか アルコールフリーのものを選ぶようにしましょう。 適切な化粧水を選ぶ際の注意点 化粧水の選び方は上記の条件を満たせば問題ないですが、例え10代のみずみずしい肌だからといっても、 化粧水と相性が合わないと荒れてしまうことがあります。 人気商品であるからと言って、それが自分にも合うかはわかりません。 使用前に パッケージの説明をよく読み、パッチテストしてみましょう。 一度荒れてしまった場合は、 皮膚科の先生に相談して治る方法や適切な化粧水の選び方をを相談しましょう。 思春期ニキビを撃退するための化粧水成分を覚えておこう ニキビを治すための化粧水の選び方は沢山ありますが、 人気があるからと言って効果が保障されているわけではありません。 適切な化粧水の選び方として最も大切なこととして、 ニキビに効く成分があるかをチェックしておく必要があります。 ここではニキビに効く成分がどういったものなのかご紹介します。 サリチル酸はニキビ予防成分の代表 サリチル酸はニキビ予防の代表的な成分です。 ニキビによって固くなった肌の角質や皮脂を溶かす作用があり、ニキビができやすくなった毛穴をきれいにする役割があります。 ニキビの殺菌効果もあるため、ニキビ対策にはサリチル酸は必要です。 ただし、 作用が協力な場合肌へ大きな刺激を与え、乾燥肌になる場合があるので注意です。 植物由来で低刺激なグリチルサンジカリウム グリチルサンジカリウムは 植物由来の成分であるため低刺激です。 炎症を抑える効能があるため特に赤ニキビに対して効果があります。 ただし、 グリチルサンジカリウム単体ではニキビ予防の効果は発揮できないので、 サリチル酸と配合して使用される場合が多いです。 ニキビ予防に必要な栄養分はビタミンC ビタミンCはニキビ予防や治す際に必要な栄養成分であり、 体内にも取り入れてもニキビが治る手助けをしてくれます。 ビタミンCには、 皮脂の過剰分泌を防ぐ効果があり、化粧水や洗顔にも含まれているます。 ビタミンCの成分表示は 「リン酸アスコルビル」や 「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」などと表記されているので、ラベルをチェックしてみましょう。 思春期ニキビが治る人気の化粧水を紹介! 思春期のニキビに効く成分をご紹介しましたが、具体的にニキビが治る人気の化粧水を3種類ご紹介します。 選び方の基準は、 「経済的」・「手軽」・「思春期ニキビに効く成分が含まれているか」の3つです。 自分で治る化粧水を選ぶ際も、3つの選び方を基準にしましょう。 ナチュリエ スキンコンディショナー キュレルの化粧水は思春期ニキビだけでなく、 様々な肌トラブルに対して効果を発揮してくれる化粧水で人気があります。 低刺激であるため、敏感肌の人でも安心して使用できます。 キュレルには複数種類の化粧水があるので、自分の肌の段階や相性がいいものを選ぶことができます。 保湿成分である 「セラミド」が配合されているので、 すべすべのお肌を実現してくれます。 人気があるからと言って必ず効果があるわけではない 思春期ニキビが治る化粧水をご紹介しましたが、 人気があるからと言って必ず効果があるわけではありません。 人気がなくても自分の肌に合う化粧水は存在するので、 人気商品を試して効果がなかったとしても諦める必要はありません。 必要であれば、皮膚科の先生に治る化粧水がどういったものか、選び方を相談するのも一つの手段です。 効果的にニキビが治る化粧水の使い方 ニキビに効果的な効く化粧水の選び方は紹介しましたが、 効果的に使用できなければ意味がありません。 化粧水の使い方や肌の扱い方次第では、 肌が荒れてしまう場合があります。 ニキビに悩んでいる人は全員覚えておくべきことをご紹介します。 ニキビが治るには洗顔の仕方が大事 化粧水を使う一番最適なタイミングは、 お風呂の後です。 顔を ぬるま湯で優しく洗顔します。 皮脂を取り除こうとして ゴシゴシ洗顔してはいけません。 必要量の脂も洗い流してしまうため、 肌のバリア機能が失われ肌荒れの原因になりえます。 少し肌に水分が含まれている状態でも問題ないので、顔にまんべんなく化粧水を馴染ませましょう。 化粧水を付ける前は手を綺麗な状態にしておく 顔の皮膚は薄いため、 不衛生な手で顔を触ると悪化の原因になりえます。 手や爪は清潔な状態にしてから洗顔・化粧水を施しましょう。 心配な人は コットンを使用しましょう。 コットンを使用する場合はたっぷり化粧水を含ませ、まんべんなく馴染ませていきます。 馴染ませるときに 強い力で叩かないようにしましょう。 化粧水だけでなく日焼け止めクリームも塗っておく 紫外線はニキビ予防の敵です。 普段外に出る機会が多い10代だからこそ、 日焼け止めクリームは必須アイテムであると言えます。 紫外線を浴びることで肌が乾燥しニキビが悪化するので、肌にバリアを貼っておきましょう。 睡眠と食事のバランスを整えて新陳代謝を活性化させる 化粧水さえ使っていれば思春期ニキビが治るわけではありません。 整った食事や 睡眠といった 安定した生活習慣がなければ、ニキビはいつまでも発症してしまいます。 ニキビ予防に効くほうれん草やレモン、ストロベリーやマグロ、レバーといった ビタミンB6・B2や ビタミンA・Cを効率よく摂取しましょう。 質の良い睡眠を十分に取り適切な運動をして新陳代謝を促し、体をフレッシュな状態にしておくことが大切です。 思春期ニキビはつぶしてはダメ! ニキビをつぶすことは絶対にしてはダメです! ニキビ菌が他の部分にも付着して、その部分に新たなニキビが発症してしまいます。 無理やりニキビを潰すと、 皮膚部分がえぐれてニキビ跡が残ってしまいます。 ニキビを潰すといいことは無いのでしてはいけません。

次の