エレガンス コントロール カラー。 おすすめコントロールカラーBEST18!人気のプチプラアイテムも♡

パープル系コントロールカラー人気おすすめ15選【2020年最新】 | VOKKA [ヴォッカ]

エレガンス コントロール カラー

皆さんは、 コントロールカラー カラーベース)を持っていますか? 最近メジャーなアイテムになってきていますよね。 欲しいけどどの色をどこに使ったらいいかわからない。。 そんな方もいらっしゃると思います。 そこで今回は、 コントロールカラー カラーベース)をどこに使ったらいいのかご紹介したいと思います。 赤いニキビや 赤い小鼻、 頬の赤みが強い方にオススメです。 左:before 右:after 赤みの気になるところにRMK ベーシックコントロールカラー 03を使用してみると、赤みが抑えられ、肌色が均一に近づきました! グリーンは、 部分用に使うのをオススメします。 全体的に赤みが強い方以外は、顔が白浮きしてしまうので、顔全体に塗るときは気をつけてください。 クリーム状。 顔色が青白い人・血色のない方などにオススメです。 左:before 右:after ランコムのラ バーズ プロ コレクター 02 ローズを全体に塗ってみました。 私はイエベですが、肌色がワントーン明るくなり血色感が出ました。 左:before 右:after イプサ コントロールベイス イエローを部分塗りで、目のクマや目尻のくすみに塗ってみたところ、目元のくすみが消え、目元が明るくなりました! 肌馴染みがいいので使いやすい色です!軽い赤みだったら、イエローカラーでも赤みを抑えることができますよ! クマが目立つ方はイエローよりも色の濃いオレンジがオススメ。 カバー力 〇 ・ エレガンス OR220 肌馴染みがすごく良い! 柔らかいクリーム状。 パープルはピンクとブルーのいいとこどり。 顔色が明るくなり、透明感とツヤがでました! 顔全体に塗ってOK!でも 厚塗り注意。 柔らかいクリーム状。 カバー力 〇.

次の

大人気下地【エレガンス】”モデリングカラーベースEX UV”全色レビュー♡色選び &使い方は?|COSMEFREAK

エレガンス コントロール カラー

カラー補正効果で肌トラブルをカバー• 毛穴補正効果で毛穴レスなお肌に• 下地でしっかり補正することでファンデーションが軽めで大丈夫 こんな願いを1ほんで叶えてくれるとっても優秀な下地です。 では、1本づつカラーを見ていきましょう! カラーベース全色のレビューとおすすめの方【ブルベorイエベ】 この5色のカラー。 何色にしようか本当に悩みますよね。 どうせなら自分の肌に合うものを使いたい! 選び方の例としては、• お肌にのトラブルに合わせて選ぶ• なりたいイメージによって選ぶ etc.. その他にも、2色を混ぜて使ったり、気になるところのみ部分使用することもできます。 それぞれの色味の特徴と、私が使った印象をまとめてみました。 モデリングカラー ピンク 「ふんわりのマシュマロ肌」になれるピンクは、こんな方におすすめ。 量が少ないと意味がありません。 エレガンスの公式サイトでは、 使用量は パール粒2個。 通常の下地はパール粒1つ。 なので普通の下地の量からいうとかなり多め。 三角ゾーンを中心につける 肌の印象が決まる、三角ゾーンの補正をしっかり行っていきます。 頬から伸ばして、フェイスラインで止めず、そのまま首元まで伸ばしましょう。 そうすると、首と顔の色が違うことも、白浮きもしにくくなります。 気になる場所に使うのもおすすめ このモデリングカラー。 とってもいいのですが、決して安価な下地ではありません。 なので気になる場所だけに使用するのもオススメです。 赤みがきになるところだけグリーン。 ホワイトで目周りのくすみを飛ばす。 ケチくさいかもしれませんが・・・全体使いよりはかなり長持ちします。 特に気になる所には重ねてつける くすみやすい部分や、気になるところには重ねてつけるのがオススメです。 伸ばすというよりも、 ポンポンと叩き込むように使うと色味がしっかり出ます。 【エレガンス】モデリングカラーベースはプードルとの相性がいい! もちろん同じエレガンスのプードルとの相性はバッチリです。 プードルに入っているたくさんのカラー、モデリングのカラーを合わせて 自分のイメージ通りの肌を作ることができます。 例えば、ピンクとプードル2番だとピンクの華やかさにが増します。 黄色ぐすみは気になるけどナチュラルに仕上げたい方には、ピンクに5番などたくさんの色選びができます。 ぜひ、色々なカラーを店頭で試してみてください!! まとめ カラー補正は、薄膜なのにしっかりカバーもしてくれるます。 今の薄膜のツヤ肌には、ぜひ取り入れたいアイテムです。 ご参考になれば嬉しいです!!.

次の

ラベンダーカラーも追加!エレガンス【モデリングカラーベース 】の全色レビュー!ブルベorイエベ?|わぶコスメ

エレガンス コントロール カラー

最近お会いするレッスン生徒さんが、肌の赤みを気にされてる方が多くてですね。 そしてその方達が必ずお持ちなのが、グリーンのコントロールカラー(下地)なんですよ。 ですがね、歴15年のメイクさん的目線で見るとグリーンの下地って実は危険なアイテムなんです(汗) なので、今日のテーマは赤みとグリーンのコントロールカラーについて書きます。 今、 肌の赤みのカバー方法に困っていたり、実際にグリーンの下地を使っている人、これから買おうかなと考えている人は是非このブログを最後まで読んでみてくださいね。 肌タイプに合わせた肌の赤みを消せる色を教えます。 まずは、グリーンの下地を今実際に使っている人に質問です。 その緑色の下地で、肌の赤みは本当に消えていますか? 赤みが綺麗に消せていますか?なんとなく、効果を実感しきれず使ってませんか? よく肌を観察してみて下さい。 赤みはなんとなく消えても、肌色が グレーになっていませんか? 結論から言いますと、消えないんです! 正確に言うと 《消えるけれど、綺麗にカバー出来ない。 》 《消えるけれど、肌がグレーになる。 》 と言う状態になります。 ほとんどの人がなります。 9割くらいの人がなる。 例えばパーソナルカラーで言うイエベ・ブルベでも肌の赤みの《赤色》は違うし、肌の明度が高いか低いかでも違う。 色彩理論の赤を消す=グリーン が当てはまる肌の人は少ないです。 稀です。 赤みもその奥に潜む肌色は千差万別。 結果くすみます。 《グリーンを使って赤みは消えるけれど、なんだか顔色がさえない。 疲れて見える。 》そんな人はグリーンを辞めましょう! コスメカウンターや、雑誌、SNSで赤みにはグリーンと必ず言われます。 でも、辞めましょう!! 日本人でグリーン使って赤みがきれいに消える人は、15年間のヘアメイク経験で見た事ありません。 (白人の方は消える人もいた。 ) グリーンを使って赤みを抑えるメイクは、タトゥーカバーみたいな特殊メイクの世界のもの。 高度なテクニックが必要なんです。 だから、一般人である私たちはデイリーメイクでグリーンの下地(コントロールカラー)は、辞めましょう!(3回目。 ) グリーン以外で赤みを消せる色 グリーンを使わずに赤みを消せる色はちゃんと有ります。 黄色、青、ベージュです。 以外とグリーン以外にも赤みに対応できるんです。 以下は私が実際に3万人以上にメイクをしてきた結果から見えた、肌タイプ別・赤みカバーをしたい時に選ぶ色の目安を書いておきます。 肌タイプ別赤みに有効な色 黄色…黄み肌(イエベと言う括りでは無く見た目で黄みが強い肌)、肌の明度が高い、赤みが弱い人 青…肌の明度が高い、ブルベ肌、赤みが弱い人 ベージュ…全ての肌に有効 私は普段こんな感じで使い分けてます。 因みに、グリーンのコントロールカラーが上手く使える肌の人は、肌の明度が高くて、どちらかと言うとイエベ肌さんの人だと思います。 肌の明度が低い人や、ブルベ肌さんは間違いなくグレーになりますので注意。 肌の赤みにはベージュのコントロールカラーがおすすめ! 結論、頬の赤みカバーにはベージュがおすすめです。 黄色やブルーのアイテムも、難しい部分が有るので迷ったらベージュのコントロールカラーをファンデーションの下に仕込んで下さい。 ベージュのコントロールカラーはファンデーションのタイプもパウダー、リキッド問わず相性が良いですし、誰でも失敗無く使えます。 自分の肌色に近い色のコンシーラーを使いましょう。 白っぽかったり、ピンク味が有るとうまくカバーできないので注意です。 頬の赤み消しにおすすめコントロールカラー ベージュって意外と探すと少ない色なのですが、私がおすすめするのはエレガンスと言うブランドのもの。 ドラックストアで手軽に買えます。 色は1. 5ナチュラルベージュか02リッチベージュが赤みカバーには適しています。 肌色に近い方を選んで下さいね。 グリーンのコントロールカラーを上手く使う方法 最後に、今実際にグリーンのコントロールカラーを持っている人へのアドバイスです。 グリーンを上手く使うコツは、とにかく《赤みの上にだけコントロールカラーをのせること》です。 赤みだけを狙ってのせれば、くすみを最小限に抑えられます。 最近のグリーンのコントロールカラーは、肌にのせるとパールの効果でくすみずらい物も有ります。 グリーンのコントロールカラーを今実際に使っているよと言う人は、自分の肌がくすまないギリギリの量を使う事を意識して使ってみて下さいね。 メイクに悩む方が少しでも明日からの自分に自身がもてるようになると嬉しいです。 メイクと色の魔法で、ママの日常をもっと楽しむ!!.

次の