ネスカフェ アンバサダー 個人。 「ネスカフェ アンバサダー」は個人一人でも利用できるのか?利用条件について

ネスカフェアンバサダーは個人で登録できる!?【個人向け公式サービスを紹介】

ネスカフェ アンバサダー 個人

の4種類です。 (2018年6月現在) なお公式HPでは、15種類以上の本格的なカフェメニューが手軽に楽しめる がおすすめ商品として紹介されています。 個人が利用できる【ネスカフェアンバサダー】に類似したサービス 個人での利用はできません 冒頭でもお伝えした通り、 ネスカフェアンバサダーは個人では利用できません。 ネスカフェアンバサダーは 大きな職場に限らず、1人の職場でも利用OK。 さらには法人でなくとも、なにかの コミュニティなど人の集まる機会を持っている人であれば利用可能とのこと(ネスカフェセンター問い合わせ内容) 個人で利用できないのがとても残念ですね。 【ネスカフェアンバサダー】と類似した個人向けサービスがあります! ただ、 個人でもコーヒーサーバーが無料になる、同じような定期便のサービスがあるんです! 個人で利用可能なサービスは2種類。 ネスカフェドルチェグストの場合 3回以上継続して専用カプセルを購入することが条件となります。 解約は4回目以降いつでも解約でき、マシンを返却する必要があります。 (送料は自己負担) 紛失などこちらの過失により返却できない場合は、マシン代7,800円(税込)を支払う必要があります。 カプセルは 2か月に1度自宅に配送され、 ・1回につき4箱~(カプセル代5%オフ) ・1回につき6箱~(カプセル代10%オフ) のどちらかを選ぶことができます。 1日1杯くらいコーヒー(またはティー)を飲む習慣がある方は定期便が断然お得です。 まとめ ネスカフェアンバサダーは企業向けのサービスで個人では利用できません。 しかし ネスレウェルネスアンバサダー マシン無料レンタルカプセルお届け便 など ネスカフェアンバサダーに類似した個人向けのサービスを利用することが可能です。 私は自分のライフスタイルや嗜好と兼ね合わせて検討した結果、 マシンが無料のレンタルカプセルお届け便でドルチェグストを選択することにしました。 2か月に一度、定期的にカプセルを注文しなければいけないという縛りはあるものの、実際は昔と比べて節約にもなっています。

次の

【実は損⁉】ネスカフェアンバサダーのデメリット驚きの5つとは?逆にメリットは7つ!職場や個人で使うならネスカフェアンバサダーがいいの?

ネスカフェ アンバサダー 個人

ネスカフェアンバサダーを個人で利用する方法は正直な話、ありません。 しかし、ネスカフェアンバサダーと同じようなサービスがありますので、そちらが利用可能です。 ネスカフェアンバサダー ネスカフェアンバサダーとは、ネスカフェが提供する バリスタ、ドルチェグスト、スペシャルT、アイスコーヒーサーバーを利用した定期購入サービスです。 ネスカフェアンバサダーは 企業を対象としたサービスですので、 個人での契約はできませんが、個人で開業している場合の企業は契約可能です。 個人で契約できる企業の例 利用できるのは 1人の職場からとなっています。 美容室や個人の開業医の方から利用可能です。 業種、業態についての詳細は公式サイトからお問い合わせください。 利用できるマシン ネスカフェアンバサダーで利用できるマシンと価格について紹介します。 ネスカフェバリスタ ネスカフェバリスタは、インスタントコーヒーを手軽に入れることができるマシンです。 そのため、 1杯あたり20円から利用できます。 また、利用できるインスタントコーヒーは、バリスタ専用パッケージですのでご注意ください。 作ることができるコーヒー• ブラックコーヒー• ブラックコーヒーマグカップサイズ• エスプレッソ• カフェラテ• カプチーノ ネスカフェドルチェグスト ネスカフェドルチェグストは、 バリスタよりワンランク上のコーヒーを楽しめるマシンです。 カプセルタイプのコーヒーで、 1杯あたり50円前後から利用できます。 ドルチェグストで利用できるフレーバーは多いので、さまざまな味を楽しむことができるマシンです。 作ることができるコーヒー• レギュラーコーヒー• モーニングコーヒー• カプチーノ• チョコチーノ• 宇治抹茶ラテ• カフェオレ• ローストブレンド• マイルドブレンド• レギュラーブレンドカフェインレス• アイスコーヒー• エスプレッソ• エスプレッソインテンソ• ラテマキアート• ティーラテ• ソイラテ• アイスカプチーノ ネスレスペシャルT ネスレスペシャルTは、 17種類のお茶を楽しむことができるマシンです。 1杯当たり50円前後から利用できます。 お茶好きな方にピッタリのマシンです。 ネスカフェアイスコーヒーサーバー ネスカフェアイスコーヒーサーバーは、 ネスカフェの販売するボトルのアイスコーヒーを手軽に入れることができるマシンです。 アイスコーヒーサーバーで冷却するため、冷蔵庫でボトルのアイスコーヒーを冷やしておく必要がありませんし、予備のボトルを1つあらかじめ冷却させておくことができます。 そのため、ネスカフェアイスコーヒーサーバーは、ネスカフェのボトルのアイスコーヒーの定期購入が必要となります。 ネスカフェアンバサダーを個人で契約する 最初にも紹介しましたが、 ネスカフェアンバサダーは個人では契約できません。 そこで、 同じようなサービスを紹介します。 それが、 ネスカフェの定期便です。 ネスカフェの定期便を利用すれば、ネスカフェアンバサダーと同じサービスを受けることができます。 唯一違うのは、アイスコーヒーサーバーだけは対応していません。 ボトルのアイスコーヒーはご自宅の冷蔵庫で冷やしてお飲みください。 しかし、 ネスカフェバリスタ、ドルチェグスト、スペシャルTが定期購入できます! ネスカフェアンバサダーと個人契約の違い ネスカフェアンバサダーと、個人でネスカフェの定期便との一番の違いは、 マシンが故障した際の保証です。 ネスカフェアンバサダーの場合には、マシンを企業に貸し出している形式になるため、 マシンが故障した場合には無料で交換、修理になります。 ですから、逆に言えば 契約を終了したい場合にはマシンを返却する必要があります。 次に違う点は、ネスカフェアンバサダーは 最低利用期間が設けられていないため、不要になったらすぐに返却可能です。 しかし、 個人で定期契約をした場合には最低利用期間(最低購入数量)が決められています。 とはいえ、マシンを通常価格より安い料金で買取すれば良いため、実際には損はしない計算になります。 言葉ではわかりずらいかもしれませんので、比較表を作ってみました。 赤い部分がネスカフェアンバサダーと個人定期便との違う部分です。 ネスカフェアンバサダーと個人契約比較表 アンバサダー 個人定期便 初期費用 無料 無料 定期購入 必要 必要 最低利用期間 なし あり マシン保証 無料 1年間無料 マシン返却 必要 不要 バリスタ 利用可能 利用可能 ドルチェグスト 利用可能 利用可能 スペシャルT 利用可能 利用可能 アイスコーヒーサーバー 利用可能 未対応 ネスカフェ定期便の魅力 ネスカフェの定期便はドルチェグストの場合、 マシン本体が無料でプレゼントされます。 通常 ドルチェグストのマシンは1万円前後しますので、マシンが無料でプレゼントされるだけでもかなりお得です。 また、定期便の送料は無料ですので、送料の負担は考えずに済みます。 しかし、デメリットとして、定期便のカプセルがわずかに高くなります。 この高くなるとは、 楽天市場に出店しているお店や、アマゾンなどのお店が最安値を狙って薄利多売戦略を行っています。 そのため、 通常価格よりもかなり安く販売している状況です。 ですので、ネスカフェの定期便の価格は、 通常価格の10%オフで送料無料というところがメリットです。 管理人の場合、定期便を利用しつつ、不足したカプセルは最安値のショップで購入するようにしています。 ネスカフェ定期便はどうなの? ネスカフェアンバサダーと同じように利用できるネスカフェの定期便ですが、こちらのサイトはドルチェグストの定期便を利用している管理人が運営しています。 その管理人である私の感想からすると、 ドルチェグストの定期便を利用して損はないと思います。 ドルチェグストの場合には、 マシン本体が無料でもらえますし、ネスカフェアンバサダーに興味を持たれているのですから、それだけコーヒーは好きだということでしょう。 また、定期便といっても、 自分の都合で定期便の延長ができるので、 次の定期便はキャンセルしたいと思えば次回おとどけ予定を変更すればいいだけですので、最低利用期間(最低購入数量)があっても 長い目で見て利用をすればいいのですから、2年、3年かけても全く問題ありませんし、ネスカフェとしても長く契約してくれる方がうれしいはずです。 つまり 利用したいときに利用したいだけ定期便を利用して、どうしても定期便は利用しないな・・・と思ったら解約をすればいいだけのことです。 簡単な目安として、 1日2杯以上コーヒーを飲む方であれば、今すぐ契約をおすすめします。 6箱で送料無料10%オフの定期購入 ネスレではドルチェグストのカプセルの定期購入コースが用意されています。 定期コースと言っても、基本的には1か月ごと、もしくは2か月ごとの定期購入となっていますがですが、 不要な場合は延期して次回のお届を遅らせることも可能です。 ですので、管理人の場合には夏場はセブンイレブンのアイスコーヒーをメインに利用するので、 夏場の定期購入を延期をして秋ごろから定期購入を再開するような感じで利用しています。 定期購入という言葉に縛りがあって窮屈に感じますが、実際には 自分の都合で6箱まとめ買いという方がピッタリです。 6箱まとめ買いになる理由は、6箱で1ケースにまとめられるため、1回分の送料を無料にするには最低限の個数設定のためです。 ちなみに、現在では好きなカプセルを1箱単位で購入できますが、以前は1箱単位で選択できませんでした(汗) ですので、今では 好きなカプセルをミックスで6箱選択できるので、利用者側の意見がネスレに届いたのかもしれません。 ドルチェグストの定期購入については公式サイトでチェックしてください。 定期購入のメリット• 6箱で送料無料、さらに10%オフで購入できる!• 定期購入と言っても延期、好きなタイミングで注文可能!• 好きなカプセルをミックスで6箱まとめ買い!• マシンが無料で手に入る!.

次の

「ネスカフェ アンバサダー」は個人一人でも利用できるのか?利用条件について

ネスカフェ アンバサダー 個人

「『いちげんさんお断り』の料亭も、既存顧客を大事にするという基本的な部分は同じ。 新規の顧客が急に増えたりすると、常連客は居づらい雰囲気になることがあります。 そこで、新規顧客は常連客からの紹介だけに絞って、安定的な成長を目指すというスタイルです」 B2Bビジネスでも、既存顧客を重視する手法は一般的だ。 「アンバサダーという言葉こそ使っていませんが、初期のユーザーをしっかりサポートして、成功事例として紹介するといったやり方は普通に行われています。 実績があることをアピールしながら、次の顧客を開拓するやり方です」(徳力氏) B2B分野の買い手に当たるユーザー企業の担当者は、緩やかなコミュニティーをつくっている場合もある。 例えば、ITベンダーの多くはユーザー会のような組織を運営し、ユーザー同士のコミュニケーションを促している。 こうしたコミュニティーにおいて、評判やクチコミの力はもともと大きい。 そこに登場したのが、ソーシャルメディアだった。 ソーシャルメディアの普及とクチコミパワーの増大に、いち早く着目したのは欧米のベンチャー企業だったようだ。 「初期にアンバサダー・マーケティングのようなクチコミを重視した手法を本格的に導入した企業の多くは、ネット系ベンチャーです。 マーケティングにお金をかけられないので、初期ユーザーを大事することで徐々に顧客層を広げていこうという作戦。 必要に迫られて、やむを得ずアンバサダー・マーケティングを選択したということでしょう」(徳力氏) こうして生まれた成功事例が模倣され、新しい工夫が足されて洗練の度合いを高めていった。 今では、「グロースハッカー(Growth Hacker)」と呼ばれる専門家も生まれているという。 「クチコミの推移やユーザー数の伸びなどを見ながら、ユーザーがユーザーを連れてきてくれる仕組みをつくるのがグロースハッカーの役割です。 具体的には、初期ユーザーに協力を得るためのプログラムをつくったり、宣伝広告など他のマーケティング手段との連動を検討したりする。 この言葉を使うかどうかは別にして、日本のネットベンチャーなどの間でもグロースハッカーの役割を重視する企業が増えています」(徳力氏) テストで効果を確認し、マス広告で全国一斉展開 今、日本でもアンバサダー・マーケティングに取り組む企業が増えている。 徳力氏が「エポックメーキングな事例。 日本でアンバサダーという言葉が広まるきっかけにもなった」と評する事例が、「ネスカフェアンバサダー」である。 ネスレ日本が個人向けに販売していたコーヒーメーカー「バリスタ」を、オフィスでも使ってもらいたい。 そんな議論の中から生まれたプログラムである。 「ネスカフェアンバサダーを広く募集して、審査をパスするとアンバサダーに認定し、バリスタを無料で提供するというプログラムです。 端末としてのバリスタは無料で、ネスカフェのカートリッジは有料というビジネスモデル。 ビジネスモデルの観点から見ると、できるだけ多く無償配布すればよさそうなものですが、あえて審査プロセスを設けたのがポイントです。 これにより、アンバサダーの責任感が強まりました」と徳力氏は説明する。 カートリッジの掃除や交換、注文などはアンバサダーの役割。 面倒な仕事のようにも見えるが、周囲の同僚に頼られたり、感謝されることに喜びを感じているアンバサダーも多いという。 顧客が積極的に端末のメンテナンスまで引き受けてくれるという画期的なビジネスモデルだ。 アンバサダーの感想や意見などはWebでも公開されており、「バリスタの周囲で会話が生まれる」といったポジティブな声が多く寄せられている。 マスマーケティングをうまく組み合わせた点も、このプログラムの特徴の1つだ。 それにより、短期で大きな成果を上げることができたと徳力氏は考えている。 「ネスカフェアンバサダーのケースでは、まず北海道でテストを行い、小規模に成功することを確認したそうです。 その後、全国展開を行いモデルがうまく展開することを確かめたうえで、テレビCMなどのマス広告を本格的に実施され、一気に知名度をアップされました。 現在では、全国に10万人以上のアンバサダー登録者がいるそうですが、アンバサダーによるクチコミとテレビCMなどのマス施策を組み合わせた見事な成功事例と言えるでしょう」(徳力氏) 仕事中にバリスタで淹れるネスカフェに親しみ、後に自宅用のバリスタを購入するケースも少なくないという。 企業は顧客をコントロールできない ネスレ日本のような成功事例は、日本でも増え始めている。 では、アンバサダー・マーケティングを成功させるための注意点はどのようなものだろうか。 まず、ソーシャルメディアとの付き合い方を考えてみたい。 徳力氏は次のように語る。 「テレビCMのようなマスマーケティングに慣れている企業は、自分たちがクチコミをコントロールできると考えがちです。 この考え方を、まず改める必要があります。 ソーシャルメディアに限らず、ユーザーと一緒に何かをするという時点で、コントロールは利かなくなると思ったほうがいい」 ソーシャルメディアマーケティングの分野では、製造業に比べて小売業のほうが対応がうまいとよく言われる。 というのは、小売業のほうが顧客と直接接する機会が多く、クレームを受ける経験なども豊富だからだ。 コールセンターなどの接点はあっても、メーカーの場合、ユーザーのナマの声を聞く機会はどうしても少なくなる。 こうした意識面に注意する必要はあるものの、徳力氏は「アンバサダー・マーケティングは日本人に向いている」とみている。 「何かをしてもらったらお返しをしなければいけないと考えるのは、日本人に共通する感覚でしょう。 そういう意味では、日本ではユーザーとの関係をベースに、自社ブランドを選んでもらうというアプローチは成果を生みやすいのではないか、と考えています。 また、既存顧客を大事にするという姿勢は、商家の家訓やおもてなしなどにある日本における商売の基本の精神にも通じる。 日本的な商売の道とアンバサダー・マーケティングには、シンクロする部分が多いように思います」(徳力氏) ただし、アンバサダー・マーケティングが自社に向いているかどうかという検討は必要だ。 徳力氏はこう続ける。 「単価の高いものやユニークな特徴を持つものについては、比較的適していると言えるでしょう。 一般に、安さで勝負しているようなコモディティー商品については難しいので、アンバサダー・プログラムを導入する際には何らかの工夫が求められます」 また、前回述べたように日本市場では既存メディアの力が強い。 そこで、徳力氏は「アンバサダー・マーケティングだけでなく、ネスカフェアンバサダーの事例のように、他のメディアとの組み合わせを考えるべき」と指摘する。 次回は最終回。 アンバサダー・マーケティングの実践に向けて、具体的なアプローチを考えてみたい。 徳力 基彦 (とくりき もとひこ)氏 アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 取締役 CMO ブロガー NTTやIT系コンサルティングファームなどを経て、2006年にアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの1人として運営に参画。 「アンバサダーを重視するアプローチ」をキーワードに、ソーシャルメディアの企業活用についての啓蒙活動を担当。 2009年2月に代表取締役社長に就任し、2014年3月より現職。 ブログ以外にも日経ビジネスオンラインや日経MJのコラム連載など、複数の執筆・講演活動を行っており、2011年の登壇回数は100回を超える。 また個人でも、WOMマーケティング協議会の事例共有委員会委員長や、政府広報アドバイザーなど幅広い活動を行っており、著書に『デジタル・ワークスタイル』『アルファブロガー』などがある。 関連リンク.

次の