振る べき か 降ら ざる。 気になる歌人/歌

炎天の俳句 : 575筆まか勢

振る べき か 降ら ざる

十二首、人麿集。 五首、古歌集。 〕 2351 新室 にひむろ の壁草刈りにいましたまはね草のごと寄り合ふ 処女 をとめ は君がまにまに 2352 新室を踏み鎮む子が 手玉 たたま 鳴らすも玉のごと照らせる君を内へと申せ 2353 泊瀬の 斎槻 ゆつき がもとに 吾 あ が隠せる妻あかねさし照れる 月夜 つくよ に人見てむかも 2354 ますらをの隠せるその妻 天地 あめつち に通り照るともあらはれめやも 2355 吾 あ が 思 も ふ妹は早も死ねやも生けりとも 吾 あれ に寄るべしと人の言はなくに 2356 高麗錦紐の 片方 かたへ ぞ 床 とこ に落ちにける明日の夜し 来 き なむと言はば取り置きて待たむ 2357 朝戸出の君が 足結 あゆひ を濡らす露原早く起きて出でつつ 吾 あれ も裳の裾濡れな 2358 何せむに命をもとな長く欲りせむ生けりとも 吾 あ が 思 も ふ妹にやすく逢はなくに 2359 息の緒に 吾 あれ は思へど人目多みこそ吹く風にあらばしばしば逢ふべきものを 2360 人の親の 処女児 をとめこ 据ゑて 守山辺 もるやまへ から朝な 朝 さ な通ひし君が来ねば悲しも 2361 天なる一つ棚橋若草の妻がりと言はば 2362 山背の 久世 くせ の 若子 わくご が欲しと言ふ 吾 あ をあふさわに 吾 あ を欲しと言ふ山背の久世 右ノ十二首ハ、柿本朝臣人麿ノ歌集ニ出ヅ。 2363 岡の崎 廻 た みたる道を人な通ひそありつつも君が来まさむ 避道 よきみち にせむ 2364 玉垂 たまたれ の 小簾 をす の 隙 すけき に入り通ひ 来 こ ねたらちねの母が問はさば風と申さむ 2365 うち日さす宮道に逢ひし人妻ゆゑに玉の緒の思ひ乱れて 寝 ぬ る夜しそ多き 2366 真澄鏡 まそかがみ 見しがと思ふ妹に逢はめかも玉の緒の絶えたる恋の繁きこの頃 2367 海原の道に乗れれや 吾 あ が恋ひ居りて大船のゆたにあるらむ人の子ゆゑに 右ノ五首ハ、古歌集ノ中ニ出ヅ。 正 ただ に 心緒 おもひ を述ぶ〔百四十九首。 四十七首、人麿集。 百二首、人麿集外。 〕 2368 たらちねの母が手離れかくばかりすべなきことはいまだせなくに 2369 人の 寝 ぬ る 味寐 うまい は寝ずてはしきやし君が目すらを欲りて嘆くも 2370 恋ひしなば恋ひも死ねとや玉ほこの道行き人に言も告げなき 2371 心には千たび思へど人に言はず 吾 あ が恋ふ妹を見むよしもがも 2372 かくばかり恋ひむものそと知らませば遠く見つべくありけるものを 2373 いつはしも恋ひぬ時とはあらねども夕かたまけて恋ふはすべなし 2374 かくのみし恋ひし渡れば玉きはる命も知らず年は経につつ 2375 吾 あれ ゆ後生まれむ人は 吾 あ がごとく恋する道に逢ひこすなゆめ 2376 ますらをの 現心 うつしこころ も 吾 あれ はなし夜昼といはず恋ひし渡れば 2377 何せむに命継ぎけむ我妹子に恋ひざる先にも死なましものを 2378 よしゑやし来まさぬ君を何せむにいとはず 吾 あれ は恋ひつつ居らむ 2379 見渡しの近き渡りを 廻 たもとほ り今や来ますと恋ひつつそ居る 2380 はしきやし誰が 障 さ ふれかも玉ほこの道見忘れて君が来まさぬ 2381 君が目の見まく欲しけみこの二夜 千年 ちとせ のごとも 吾 あ が恋ふるかも 2382 うち日さす宮道を人は満ち行けど 吾 あ が 思 も ふ君はただ一人のみ 2383 世の中は常かくのみと思へどもなほ恋ひにけり 2384 我が背子は 幸 さき くいますと人も来ぬかも 2385 あら玉の 吾 あ が恋ふる跡なき恋のやまぬあやしも 2386 巌 いはほ すら行き通るべきますらをも恋ちふことは後悔いにけり 2387 日暮れなば人知りぬべみ今日の日の千年のごとくありこせぬかも 2388 立ちて居てたどきも知らず思へども妹に告げねば間使も来ず 2389 ぬば玉のこの夜な明けそ赤らびく朝行く君を待てば苦しも 2390 恋するに死にするものにあらませば我が身は千たび死にかへらまし 2391 昨日の夕へ見しものを今日の 朝 あした に恋ふべきものか 2392 なかなかに見ざりしよりは相見ては恋しき心いよよ思ほゆ 2393 玉ほこの道行かずしてあらませばねもころかかる恋には逢はじ 2394 朝影に我が身はなりぬ玉かぎるほのかに見えて去にし子ゆゑに 2395 行けど行けど逢はぬ妹ゆゑ久かたの天の露霜に濡れにけるかも 2396 たまさかに我が見し人をいかならむよしをもちてかまた一目見む 2397 しましくも見ぬば恋しき我妹子を日に日に来れば言の繁けく 2398 玉きはる世まで定めて恃めたる君によりてし言の繁けく 2399 赤らびく肌も触れずて寝たれども 吾 あ が 思 も はなくに 2400 いで如何に 利心 とごころ の失するまで 思 も ふ恋ふらくのゆゑ 2401 恋ひ死なば恋ひも死ねとや我妹子が 我家 わぎへ の門を過ぎて行くらむ 2402 妹があたり遠くし見ればあやしくも 吾 あれ はそ恋ふる逢ふよしを無み 2403 みそぎして 斎 いは ふ命は妹がためこそ 2404 思ひ寄り見寄りしものを一日へだつて忘ると思はむ 2405 垣ほなす人は言へども 高麗錦 こまにしき 紐解き開けし君ならなくに 2406 高麗錦紐解き開けて夕へだに知らざる命恋ひつつあらむ 2407 百積 ももつみ の 八占 やうら さし母は問ふともその名は 告 の らじ 2408 眉根掻き鼻 鳴 ひ 紐解け待てりやもいつかも見むと思ひし 我君 わぎみ 2409 君に恋ひうらぶれ居れば 吾 あ が下紐の 2410 あら玉の年は果つれど敷妙の袖交へし子を忘れて思へや 2411 白妙の袖をはつはつ見しからにかかる恋をも 吾 あれ はするかも 2412 我妹子に恋ひすべなかり夢に見むと 吾 あれ は思へどい寝らえなくに 2413 故もなく 吾 あ が下紐そ人にな知らせ直に逢ふまで 2414 恋ふること心遣りかね出で行けば山も川をも知らず来にけり 右ノ四十七首ハ、柿本朝臣人麿ノ歌集ニ出ヅ。 2517 たらちねの母に 障 さは らばいたづらに 汝 いまし も 吾 あれ も事成るべしや 2518 我妹子が 吾 あれ を送ると白妙の袖 漬 ひ づまでに泣きし思ほゆ 2519 奥山の真木の板戸を押し開きしゑや出で来ね後は如何にせむ 2520 苅薦 かりこも の一重を敷きてさ 寝 ぬ れども君とし 寝 ぬ れば寒けくもなし 2521 かきつはた 丹頬 にづら ふ君をいささめに思ひ出でつつ嘆きつるかも 2522 恨みむとありしかば 外 よそ のみぞ見し心は 思 も へど 2523 さ丹頬ふ色には出でじ少なくも心のうちに 吾 あ が 思 も はなくに 2524 我が背子に 直 ただ に逢はばこそ名は立ため言の通ふに何かそこゆゑ 2525 ねもころに 片思 かたもひ すれかこの頃の 吾 あ が心どの生けるともなき 2526 待つらむに至らば妹が嬉しみと笑まむ姿を行きて早見む 2527 誰 たれ そこの我が屋戸に来呼ぶたらちねの母に 嘖 ころ ばえ物 思 も ふ 吾 あれ を 2528 さ寝ぬ夜は千夜もありとも我が背子が思ひ悔ゆべき心は持たじ 2529 家人は道もしみみに通へども 吾 あ が待つ妹が使来ぬかも 2530 あら玉の 寸戸 きへ が 竹垣 たかかき 網目よも妹し見えなば 吾 あれ 恋ひめやも 2531 我が背子がその名のらじと玉きはる命は捨てつ忘れたまふな 2532 おほかたは誰が見むとかもぬば玉の 吾 あ が黒髪を 2533 面忘れいかなる人のするものそ 吾 あれ はしかねつ継ぎてし 思 も へば 2534 相思はぬ人のゆゑにかあら玉の年の緒長く 吾 あ が恋ひ居らむ 2535 おほかたの 行 わざ とは 思 も はじ我ゆゑに人に 言痛 こちた く言はれしものを 2536 息の緒に妹をし 思 も へば年月の行くらむ 別 わき も思ほえぬかも 2537 たらちねの母に知らえず 吾 あ が持たる心はよしゑ君がまにまに 2538 独り 寝 ぬ と薦朽ちめやも綾莚緒になるまでに君をし待たむ 2539 相見ては千年やいぬるいなをかも 吾 あれ やしか 思 も ふ君待ちかてに 2540 振分けの髪を短み春草を髪にたくらむ妹をしぞ思ふ 2541 徘徊 たもとほ りゆきみの里に妹を置きて心空なり土は踏めども 2542 若草の 新手枕 にひたまくら をまきそめて夜をや隔てむ憎くあらなくに 2543 吾 あ が恋ひしことも語らひ慰めむ君が使を待ちやかねてむ 2544 うつつには逢ふよしもなし夢にだに間なく見え君恋に死ぬべし 2545 誰そ彼と問はば答へむすべをなみ君が使を帰しつるかも 2546 思はぬに至らば妹が嬉しみと笑まむ 眉引 まよびき 思ほゆるかも 2547 かくばかり恋ひむものそと思はねば妹が 手本 たもと をまかぬ夜もありき 2548 かくだにも 吾 あれ は恋ひなむ玉ほこの君が使を待ちやかねてむ 2549 妹に恋ひ 吾 あ が泣く涙袖さへ濡れぬ 2550 立ちて思ひ居てもそ思ふ紅の赤裳裾引き去にし姿を 2551 思ふにし余りにしかばすべをなみ出でてそ行きしその門を見に 2552 心には千重しくしくに思へども使を遣らむすべの知らなく 2553 夢のみに見るすらここだ恋ふる 吾 あ はうつつに見てばましていかにあらむ 2554 相見ては面隠さるるものからに継ぎて見まくの欲しき君かも 2555 朝戸遣 あさとやり を早くな開けそうまさはふ今宵来ませり 2556 玉垂の 小簾 をす の 垂簾 たれす を 寝 い は 寝 な さずとも君は通はせ 2557 たらちねの母に申さば君も 吾 あれ も逢ふとはなしに年そ経ぬべき 2558 愛 うつく しと思へりけらしな忘れと結びし紐の解くらく 思 も へば 2559 昨日見て今日こそ隔て我妹子がここだく継ぎて見まくし欲しも 2560 人もなき古りにし里にある人をめぐくや君が恋に死なせむ 2561 人言の繁き 間 ま 守 も りて逢へりとも言の繁けむ 2562 里人の言寄せ妻を荒垣の 外 よそ にや 吾 あ が見む憎からなくに 2563 人目守る君がまにまに 吾 あれ さへに早く起きつつ裳の裾濡れぬ 2564 ぬば玉の妹が黒髪今宵もか 吾 あ が無き床に 靡 ぬ らして 寝 ぬ らむ 2565 花ぐはし葦垣越しにただ一目相見し子ゆゑ千たび嘆きつ 2566 色に出でて恋ひば人見て知りぬべみ心のうちの 隠 こも り妻はも 2567 相見ては恋慰むと人は言へど恋まさりける 2568 おほろかに 吾 あれ し思はばかくばかり難き御門を罷り出めやも 2569 思ふらむその人なれやぬば玉の夜ごとに君が夢にし見ゆる 2570 かくのみに恋ひば死ぬべみたらちねの母にも告げつ止まず通はせ 2571 大夫 ますらを は友の騒きに慰むる心もあらむ 吾 あれ そ苦しき 2572 偽りも似つきてそするいつよりか見ぬ人恋ふに人の死にする 2573 心さへ 奉 まつ れる君に言はずて言ひしと 吾 あ がぬすまはむ 2574 面忘れだにもえせむやと 手 た 握りて打てど 障 さや らず恋の 奴 やつこ は 2575 めづらしき左手の弓取る方の 眉根 まよね 掻きつれ 2576 人間 ひとま 守 も り葦垣越しに我妹子を相見しからに言そ 沙汰 さだ 多き 2577 今だにも目な 乏 とも しめそ相見ずて恋ひむ年月久しけまくに 2578 朝寝髪 吾 あれ は梳らじ 愛 うつく しき君が手枕 触 ふ りてしものを 2579 早ゆきていつしか君を相見むと思ひし心今ぞ凪ぎぬる 2580 面形 おもかた のあぢきなく男じものや恋ひつつ居らむ 2581 言に言へば耳にたやすし少なくも心のうちに 吾 あ が 思 も はなくに 2582 あぢきなく何の 狂言 たはこと 今更に 童言 わらはこと する 老人 おいひと にして 2583 幾ばく久もあらなくに年月のごと思ほゆるかも 2584 ますらをと思へる 吾 あれ をかくばかり恋せしむるは 2585 かくしつつ 吾 あ が待つ 験 しるし あらぬかも世の人皆の常ならなくに 2586 人言を繁みと君に玉づさの使も遣らず忘ると 思 も ふな 2587 大原の古りにし里に妹を置きて 吾 あれ い寝かねつ夢に見えこそ 2588 夕されば君来まさむと待ちし夜のなごりそ今もい寝かてにする 2589 相思はず君はあるらしぬば玉の夢にも見えずうけひて 寝 ぬ れど 2590 岩根踏み夜道は行かじと思へれど妹によりては忍びかねつも 2591 人言の繁き間守ると逢はずあらばつひにや子らが面忘れなむ 2592 恋死なむ後は何せむ我が命の生けらむ日こそ見まく欲りすれ 2593 敷妙の枕動きてい寝らえず物 思 も ふ今宵早も明けぬかも 2594 行かぬ 吾 あ を来むとか夜も門 閉 さ さずあはれ我妹子待ちつつあらむ 2595 夢にだに何かも見えぬ見ゆれども 吾 あれ かも惑ふ恋の繁きに 2596 慰むる心はなしにかくのみし恋ひやわたらむ月に日に 異 け に 2597 いかにして忘れむものそ我妹子に恋は益されど忘らえなくに 2598 遠くあれど君にそ恋ふる玉ほこの里人皆に 吾 あれ 恋ひめやも 2599 験なき恋をもするか夕されば人の手まきて寝なむ子ゆゑに 2600 百代しも千代しも生きてあらめやも 吾 あ が 思 も ふ妹を置きて嘆かむ 2601 うつつにも夢にも 吾 あれ は思はずき 旧 ふ りたる君にここに逢はむとは 2602 黒髪の白髪までと結びてし心一つを今解かめやも 2603 心をし君に 奉 まつ ると思へればよしこの頃は恋ひつつをあらむ 2604 思ひ出でて音には泣くともいちしろく人の知るべく嘆かすなゆめ 2605 玉ほこの道行きぶりに思はぬに妹を相見て恋ふる頃かも 2606 人目多み常かくのみし 伺 さもら はばいづれの時か 吾 あ が恋ひざらむ 2607 敷妙の衣手 離 か れて 吾 あ を待つとあるらむ子らは面影に見ゆ 2608 妹が袖別れし日より白妙の衣片敷き恋ひつつそ 寝 ぬ る 2609 白妙の袖はまよひぬ我妹子が家のあたりをやまず振りしに 2610 ぬば玉の 吾 あ が黒髪を引き 靡 ぬ らし恋ひ渡るかも 2611 今更に君が手枕まき寝めや 吾 あ が紐の緒の解けつつもとな 2612 白妙の 袖 そて 我が背子に 吾 あ が恋ふらくは止む時もなし 2613 夕卜 ゆふけ にも 占 うら にも告れる今宵だに来まさぬ君をいつとか待たむ 2614 眉根 まよね 掻き下いふかしみ思へるに古へ人を相見つるかも 或ル 本 マキ ノ歌ニ曰ク、 眉根掻き誰をか見むと思ひつつ日長く恋ひし妹に逢へるかも 一書ノ歌ニ曰ク、 眉根掻き下いふかしみ思へりし妹が姿を今日見つるかも 2615 敷妙の妹と 吾 あれ 寝 ぬ る夜はなくて年そ経にける 2616 奥山の真木の板戸を音速み妹があたりの霜の 上 へ に寝ぬ 2617 あしひきの山桜戸を開き置きて 吾 あ が待つ君を誰か留むる 2618 月夜 つくよ よみ妹に逢はむと 直道 ただち から 吾 あれ は来つれど夜そ更けにける 物に寄せて思ひを 陳 の ぶ〔二百八十二首。 九十三首、人麿集。 百八十九首、人麿集外。 〕 2415 処女 をとめ らを袖 布留 ふる 山の 瑞垣 みづかき の久しき時ゆ思ひ 来 こ し 吾 あ は 2416 ちはやぶる命をば 誰 たれ がためにか長く欲りする 2417 石上 いそのかみ 布留 ふる の 神杉 かむすぎ 神さびて恋をも 吾 あれ は更にするかも 2418 いかならむ名負へる神に 手向 たむけ けせば 吾 あ が 思 も ふ妹を夢にだに見む 2419 天地 あめつち といふ名の絶えてあらばこそ 汝 いまし と 吾 あれ と逢ふことやまめ 2420 月見れば国は 同 おや じそ山 隔 へな り 愛 うつく し妹は隔りたるかも 2421 岩踏む山の無くもがも 吾 あ が待つ君が馬つまづくに 2422 岩根踏み 隔 へな れる山はあらねども逢はぬ日まねみ恋ひ渡るかも 2423 道の 後 しり 深津島山しましくも君が目見ねば苦しかりけり 2424 紐鏡 能登香 のとか の山は誰ゆゑそ君来ませるに紐開けず寝む 2425 山科の 木幡 こはた の山を馬はあれど 徒歩 かち ゆ 吾 あ が来し 汝 な を思ひかね 2426 遠山に霞たなびきいや遠に妹が目見ねば 吾 あれ 恋ひにけり 2427 瀬々に敷く波しくしくに妹が心に乗りにけるかも 2428 ちはや人宇治の渡の速き瀬に逢はずありとも後は 吾 あ が妻 2429 はしきやし逢はぬ子ゆゑにいたづらに瀬に裳の裾濡れぬ 2430 水泡 みなわ さかまき行く水の事かへさずそ思ひ染めてし 2431 鴨川の後瀬静けし後は逢はむ妹には 吾 あれ は今ならずとも 2432 言に出でて言はば 忌々 ゆゆ しみ山川のたぎつ心を 塞 せ かへたりけり 2433 水の 上 へ に数書くごとき我が命妹に逢はむと 祈 うけ ひつるかも 2434 荒磯 ありそ 越えほかゆく波の 外心 ほかごころ 吾 あれ は思はじ恋ひて死ぬとも 2435 淡海 あふみ の 海 み 沖つ白波知らねども妹がりといへば 2436 大船の香取の海にいかり下ろし如何なる人か物 思 も はざらむ 2437 沖つ藻を隠さふ波の 五百重波 いほへなみ 千重しくしくに恋ひ渡るかも 2438 人言の綱手引く海ゆまさりて深くしぞ 思 も ふ 2439 淡海の海沖つ島山奥まけて 吾 あ が 思 も ふ妹が言の繁けく 2440 淡海の海沖榜ぐ船にいかり下ろし隠れて君が言待つ 吾 あれ ぞ 2441 隠沼 こもりぬ の下よ恋ふればすべをなみ妹が名 告 の りつ忌むべきものを 2442 大地 おほつち も取らば尽きめど世の中に尽き得ぬものは恋にしありけり 2443 隠津 こもりづ の沢泉なる岩根をも通してぞ 思 も ふ 吾 あ が恋ふらくは 2444 白真弓 石辺 いそへ の山の常磐なる命なれやも恋ひつつ居らむ 2445 淡海の海 沈 しづ く白玉知らずして恋ひつるよりは今ぞまされる 2446 白玉を巻きてぞ持たる今よりは 吾 あ が玉にせむ知れる時だに 2447 白玉を手に巻きしより忘れじと 2448 白玉のあひだ空けつつ 貫 ぬ ける緒もくくり寄すれば後あふものを 2449 香具山に雲居たなびきおほほしく相見し子らを後恋ひむかも 2450 雲間よりさ渡る月のおほほしく相見し子らを見むよしもがも 2451 天雲の寄り合ひ遠み逢はずとも 異 あだ し手枕 吾 あれ まかめやも 2452 雲だにもしるくし立たば心遣り見つつし居らむ直に逢ふまでに 2453 春柳葛木山に立つ雲の立ちても居ても妹をしそ 思 も ふ 2454 春日山雲居隠りて遠けども家は思はず君をしそ 思 も ふ 2455 吾 あ がゆゑに言はれし妹は高山の嶺の朝霧過ぎにけむかも 2456 ぬば玉の黒髪山の山菅に小雨降りしきしくしく思ほゆ 2457 大野らに小雨降りしく 木 こ のもとに時々寄り 来 こ 吾 あ が思ふ人 2458 朝霜の 消 け なば消ぬべく思ひつつ明かしつるかも 2459 我が背子がいや早にいや逢はざらむ 2460 遠妹 とほづま の振り放け見つつ偲ふらむこの月の 面 おも に雲な棚引き 2461 山の端にはつはつに妹をぞ見つる 2462 我妹子し 吾 あれ を思はば真澄鏡照り 出 づ る月の影に見え来ね 2463 久かたの天照る月の隠ろひぬ何になそへて妹を偲はむ 2464 三日月のさやにも見えず雲隠り見まくぞ欲しきうたてこの頃 2465 我が背子に 吾 あ が恋ひ居れば我が屋戸の草さへ思ひうらがれにけり 2466 浅茅原小野に 標 しめ 結ひ 空言 むなこと をいかなりと言ひて君をし待たむ 2467 道の辺の草深百合の 後 ゆり にちふ妹が命を 吾 あれ 知らめやも 2468 湖葦 みなとあし に交じれる草のしり草の人皆知りぬ 吾 あ が下思ひ 2469 山ぢさの白露繁みうらぶるる心を深み 吾 あ が恋やまず 2470 湊に君に恋ひつつありかてぬかも 2471 山背の泉の小菅おしなみに妹を心に 吾 あ が 思 も はなくに 2472 三室の山の 巌菅 いはほすげ ねもころ 吾 あれ は 片思 かたもひ ぞする 2473 菅の根のねもころ君が結びてし 吾 あ が紐の緒を解く人はあらじ 2474 山菅の乱れ恋のみせしめつつ逢はぬ妹かも年は経につつ 2475 我が屋戸の軒のしだ草生ひたれど恋忘れ草見れどいまだ生ひず 2476 打つ田にも 稗 ひえ はあまたに有りといへど選えし 吾 あれ ぞ夜一人 寝 ぬ る 2477 あしひきの君し結ばば逢はざらめやも 2478 秋柏 あきかしは 小竹 しぬ の 群 め の人に 忍 しぬ へば君に 堪 た へなく 2479 さね 葛 かづら 後は逢はむと 夢 いめ のみに 誓 うけ ひわたりて年は経につつ 2480 道の辺のいちしの花のいちしろく人皆知りぬ 吾 あ が恋ふる妻 2481 大野らにたづきも知らず標結ひてありぞかねつる 吾 あ が恋ふらくは 2482 水底 みなそこ に生ふる玉藻の打ち靡き心を寄せて恋ふるこの頃 2483 敷妙の衣手 離 か れて玉藻なす靡きか 寝 ぬ らむ 我 わ を待ちかてに 2484 君来ずは形見にせよと 吾 あ と二人植ゑし松の木 2485 袖振るが見ゆべき限り 吾 あれ はあれどその松が枝に 隠 かく りたるらむ 2486 茅渟 ちぬ の海の浜辺の小松根深めて 吾 あ が恋ひ渡る人の子ゆゑに 或ル本ノ歌ニ曰ク、 茅渟の海の潮干の小松ねもころに恋ひや渡らむ人の子ゆゑに 2487 小松が 末 うれ のうれむぞは 吾 あ が 思 も ふ妹に逢はず止みなむ 2488 磯の 上 へ の立てるむろの木ねもころに如何で深めて思ひそめけむ 2489 橘の本に 吾 あれ 立ち 下枝 しづえ 取り成りぬや君と問ひし子らはも 2490 天雲に羽打ちつけて飛ぶ 鶴 たづ のたづたづしかも君しまさねば 2491 妹に恋ひい寝ぬ 朝明 あさけ に 鴛鴦 をしどり の妹が使か 2492 思ふにし余りにしかば 鳰鳥 にほどり の足濡れ 来 こ しを人見けむかも 2493 高山の嶺行く鹿 猪 しし の友を多み袖振らず来ぬ忘ると 思 も ふな 2494 大船に真楫しじ貫き榜ぐ間だにねもころ恋ひし年にあらばいかに 2495 たらちねの母が 養 か ふ 蚕 こ の 繭隠 まよごも り 隠 こも れる妹を見むよしもがも 2496 貴人 うまひと の 額髪 ぬかかみ 結へる 染木綿 しめゆふ の染みにし心 吾 あれ 忘れめや 2497 隼人 はやひと の名に負ふ 夜声 よこゑ いちしろく 吾 あ が名は告りつ妻と恃ませ 2498 剣大刀 つるぎたち 諸刃の利きに足踏みて死ににも死なむ君によりてば 2499 我妹子に恋ひし渡れば剣大刀名の惜しけくも思ひかねつも 2500 朝づく日向かふ 黄楊櫛 つげくし 古りぬれど何しか君が見るに飽かざらむ 2501 里遠み恋ひうらぶれぬ真澄鏡床の辺去らず夢に見えこそ 2502 真澄鏡手に取り持ちて朝な 朝 さ な見れども君は飽くことも無し 2503 夕されば床の辺去らぬ黄楊枕何しか 汝 なれ が主待ちがたき 2504 解き衣の恋ひ乱れつつ浮草の恋ひ渡るかも 2505 梓弓引きてゆるさずあらませばかかる恋には逢はざらましを 2506 言霊 ことたま を 八十 やそ の 衢 ちまた に 夕占 ゆふけ 問ふ 占 うら まさに 告 の れ妹に逢はむよし 2507 玉ほこの道行き 占 うら に占なへば妹に逢はむと 吾 あれ に告りてき 右ノ九十三首ハ、柿本朝臣人麿ノ歌集ニ出ヅ。 2619 朝影に我が身はなりぬ 韓衣 からころも 裾のあはずて久しくなれば 2620 解き衣の思ひ乱れて恋ふれどもなそ汝がゆゑと問ふ人もなし 2621 摺り衣 着 け りと夢見つうつつには誰しの人の言か繁けむ 2622 志賀 しか の海人の塩焼き衣 狎 な れぬれど恋ちふものは忘れかねつも 2623 紅の八しほの衣朝な 朝 さ な 狎 な るとはすれどいや 愛 め づらしも 2624 紅の 深染 こそめ の衣色深く染みにしかばか忘れかねつる 2625 逢はなくに夕占を問ふと 幣 ぬさ に置くに我が衣手はまたそ継ぐべき 2626 古衣 ふるころも 打棄 うつ てし人は秋風の立ち来る時に物 思 も ふものそ 2627 羽根蘰 はねかづら 今する妹がうら若み笑みみ怒りみ付けし紐解く 2628 古の 倭文機 しつはた 帯を結び垂れ誰ちふ人も君には益さじ 一書ノ歌ニ曰ク、 古の 狭織 さおり の帯を結び垂れ誰しの人も君には益さじ 2629 逢はずとも 吾 あれ は恨みじこの枕 吾 あれ と思ひてまきてさ寝ませ 2630 結へる紐解きし日遠み敷妙の我が 木枕 こまくら は苔生しにけり 2631 ぬば玉の黒髪敷きて長き夜を手枕の 上 へ に妹待つらむか 2632 真澄鏡 直 ただ にし妹を相見ずは 吾 あ が恋やまじ年は経ぬとも 2633 真澄鏡手に取り持ちて朝な朝な見む時さへや恋の繁けむ 2634 里遠み恋ひ侘びにけり真澄鏡面影去らず夢に見えこそ 右ノ一首ハ、上ニ柿本朝臣人麿ノ歌集ノ中ニ見エタリ。 但シ句々相換レルヲ以テ、茲ニ載セタリ。 2635 剣大刀身に佩き添ふる 大夫 ますらを や恋ちふものを 忍 しぬ ひかねてむ 2636 剣大刀諸刃の上に行き触れて 殺 し せかも死なむ恋ひつつあらずは 2637 鼻をそ 嚔 ひ つる剣大刀身に添ふ妹が思ひけらしも 2638 梓弓 陶 すゑ の 原野 はらぬ に 鳥狩 とがり する君が 弓弦 ゆづら の絶えむと 思 も へや 2639 葛城の 襲津彦 そづひこ 真弓荒木にも頼めや君が 吾 あ が名のりけむ 2640 梓弓引きみ 弛 ゆる べみ来ずは来ず 来 こ ば 来 こ そをなど来ずは来ばそを 2641 時守の打ち 鳴 な す鼓 数 よ み見れば時にはなりぬ逢はなくもあやし 2642 燈火の影にかがよふうつせみの妹が笑まひし面影に見ゆ 2643 玉ほこの道行き疲れ 稲莚 いなむしろ しきても君を見むよしもがも 2644 小墾田 をはりた の崩れなば桁より行かむな恋ひそ我妹 2645 宮材 みやき 引く泉の 杣 そま に立つ民の憩ふ時なく恋ひ渡るかも 2646 住吉 すみのえ の 津守 つもり 網引 あびき の 浮 うけ の緒の浮かれか行かむ恋ひつつあらずは 2647 空よ引き越し遠みこそ目言 離 か るらめ絶ゆと隔つや 2648 かにかくに物は思はず飛騨人の打つ墨縄のただ 一道 ひとみち に 2649 あしひきの山田 守 も る 翁 をぢ が置く 蚊火 かひ の下焦れのみ 吾 あ が恋ひ居らく 2650 殺板 そぎた もち葺ける板目の合はざらば如何にせむとか 吾 あ が寝そめけむ 2651 難波人葦火焚く屋の 煤 す してあれどおのが妻こそ常 愛 め づらしき 2652 妹が髪 上竹葉野 かみたかはぬ の放ち駒 荒 あら びにけらし逢はなく 思 も へば 2653 馬の 音 と の 轟 とど ともすれば松陰に出でてぞ見つるけだし君かと 2654 君に恋ひい寝ぬ朝明に誰が乗れる馬の 足音 あのと そ 吾 あれ に聞かする 2655 紅の裾引く道を中に置きて 吾 あれ や通はむ君や来まさむ 2656 天飛ぶや軽の社の 斎槻 いはひつき 幾代まであらむ 隠 こも り妻そも 2657 神奈備に 神籬 ひもろき 立てて 斎 いは へども人の心はまもりあへぬもの 2658 天雲の八重雲隠り鳴神の音のみにやも聞きわたりなむ 2659 争へば神も憎ますよしゑやしよそふる君が憎からなくに 2660 夜並べて君を来ませと千早ぶる神の社を 祈 の まぬ日はなし 2661 霊 たま ちはふ神も 吾 あれ をば 打棄 うつ てこそしゑや命の惜しけくもなし 2662 我妹子にまたも逢はむと千早ぶる神の社を祈まぬ日はなし 2663 千早ぶる神の 斎籬 いがき も越えぬべし今は我が名の惜しけくもなし 2664 夕月夜 暁 あかとき 闇の朝影に我が身はなりぬ 2665 月しあれば明くらむ 別 わき も知らずして寝て 吾 あ が来しを人見けむかも 2666 妹が目の見まく欲しけく夕闇の木の葉隠れる月待つごとし 2667 真袖もち床打ち払ひ君待つと居りし間に月かたぶきぬ 2668 二上に隠ろふ月の惜しけども妹が手本を離るるこの頃 2669 我が背子が振り放け見つつ嘆くらむ清き月夜に雲な棚引き 2670 真澄鏡清き月夜のゆつりなば思ひはやまじ恋こそ益さめ 2671 この夜らの有明の月夜ありつつも君をおきては待つ人もなし 2672 この山の嶺に近しと 吾 あ が見つる月の空なる恋もするかも 2673 ぬば玉の夜渡る月のゆつりなば更にや妹に 吾 あ が恋ひ居らむ 2674 朽網山 くたみやま 夕居る雲の 吾 あれ は恋ひむな君が目を欲り 2675 君が 着 け る三笠の山に居る雲の立てば継がるる恋もするかも 2676 久かたの天飛ぶ雲になりてしか君を相見む落つる日なしに 2677 佐保の内よせむすべ知らに嘆く夜そ多き 2678 はしきやし吹かぬ風ゆゑ玉くしげ開きてさ寝し 吾 あれ そ悔しき 2679 窓越しに月おし照りてあしひきのあらし吹く夜は君をしそ 思 も ふ 2680 川千鳥棲む沢の 上 へ に立つ霧のいちしろけむな相言ひそめてば 2681 我が背子が使を待つと笠も着ず出でつつそ見し雨の降らくに 2682 韓衣君にうち着せ見まく欲り恋ひそ暮らしし雨の降る日を 2683 彼方 をちかた の 赤土 はにふ の小屋に小雨降り 床 とこ さへ濡れぬ身に添へ我妹 2684 笠無みと人には言ひて 雨障 あまつつ み留まりし君が姿し思ほゆ 2685 妹が門行き過ぎかねつ久かたの雨も降らぬかそを由にせむ 2686 夕占問ふ我が袖に置く白露を君に見せむと取れば 消 け につつ 2687 桜麻 さくらあさ の 苧原 をふ の下草露しあれば明かしていませ母は知るとも 2688 待ちかねて内には入らじ白妙の我が衣手に露は置きぬとも 2689 朝露の 消 け やすき我が身老いぬともまた 変若 をち かへり君をし待たむ 2690 白妙の我が衣手に露は置けど妹には逢はずたゆたひにして 2691 かにかくに物は思はじ朝露の我が身ひとつは君がまにまに 2692 夕凝 ゆふこり の霜置きにけり朝戸出に人に知らゆな 2693 かくばかり恋ひつつあらずは朝に日に妹が踏むらむ土ならましを 2694 あしひきの山鳥の尾の 一峯 ひとを 越え一目見し子に恋ふべきものか 2695 我妹子に逢ふよしをなみ駿河なる富士の高嶺の燃えつつかあらむ 2696 荒熊の住むちふ山のしはせ山責めて問ふとも汝が名は告らじ 2697 妹が名も 吾 あ が名も立てば惜しみこそ富士の高嶺の燃えつつわたれ 或ル本ノ歌ニ曰ク、 君が名も我が名も立てば惜しみこそ富士の高嶺の燃えつつも居れ 2698 行きて見て来れば恋ひしき朝香潟山越しに置きてい寝かてぬかも 2699 安太人 あだひと の 梁 やな 打ち渡す瀬を速み心は 思 も へど直に逢はぬかも 2700 玉かぎる岩垣淵の 隠 しぬ ひには汝が名は告らじ 2701 明日香川明日も渡らむ 石橋 いはばし の遠き心は思ほえぬかも 2702 飛鳥川水行きまさりいや日 異 け に恋のまさらばありかてましも 2703 真薦 まこも 刈る大野川原の 水隠 みごも りに恋ひ来し妹が紐解く 吾 あれ は 2704 あしひきの山下 響 とよ み行く水の時ともなくも恋ひ渡るかも 2705 はしきやし逢はぬ君ゆゑいたづらにこの川の瀬に玉裳濡らしつ 2706 泊瀬川速み早瀬を 掬 むす び上げて飽かずや妹と問ひし君はも 2707 青山の岩垣沼の水隠りに恋ひやわたらむ逢ふよしをなみ 2708 しなが鳥行く水の名のみ寄せてし 隠 こも り妻はも 2709 我妹子に 吾 あ が恋ふらくは水ならばしがらみ越えて行くべくそ 思 も ふ 2710 犬上の 鳥籠 とこ の山なる 不知哉川 いさやがは いさとを聞こせ我が名のらすな 2711 奥山の木の葉隠りて行く水の音に聞きしよ常忘らえず 2712 言 急 と くは中は淀ませ 水無川 みなしがは 絶ゆちふことをありこすなゆめ 2713 明日香川ゆく瀬を速み待つらむ妹をこの日暮らしつ 2714 もののふの 八十 やそ 宇治川の速き瀬に立ち得ぬ恋も 吾 あれ はするかも 2715 神奈備の岩淵に 隠 こも りてのみや 吾 あ が恋ひ居らむ 2716 高山よ出で来る水の岩に 触 ふ り 破 わ れてそ思ふ妹に逢はぬ夜は 2717 朝東風 あさこち に 井堤 ゐて 越す波の 滝 たぎ もとどろに 2718 高山の岩もとたぎち行く水の音には立てじ恋ひて死ぬとも 2719 隠沼 こもりぬ の下に恋ふれば飽き足らず人に語りつ忌むべきものを 2720 水鳥の鴨の棲む池の 下樋 したひ 無みいふせき君を今日見つるかも 2721 玉藻刈る井堤のしがらみ薄みかも恋の淀める 吾 あ が心かも 2722 我妹子が笠の借手の 和射見野 わざみぬ に 吾 あれ は入りぬと妹に告げこそ 2723 あまたあらぬ名をしも惜しみ埋れ木の下よそ恋ふる行方知らずて 2724 秋風の千江の浦 廻 み の 木糞 こつみ なす心は寄りぬ後は知らねど 2725 白真砂 しらまなご 御津の 黄土 はにふ の色に出でて言はなくのみそ 吾 あ が恋ふらくは 2726 風吹かぬ浦に波立ち無き名をも 吾 あれ は負へるか逢ふとはなしに 2727 酢蛾島 すがしま の夏身の浦に寄する波間も置きて 吾 あ が 思 も はなくに 2728 淡海の海沖つ島山奥まへて 吾 あ が 思 も ふ妹が言の繁けく 2729 霰降り遠つ大浦に寄する波憎からなくに 2730 紀の海の名高の浦に寄する波音高きかも逢はぬ子ゆゑに 2731 牛窓の波の潮騒島とよみ寄せてし君に逢はずかもあらむ 2732 沖つ波 辺波 へなみ の来寄る 佐太 さだ の浦のこのさだ過ぎて後恋ひむかも 2733 白波の来寄する島の荒磯にもあらましものを恋ひつつあらずは 2734 潮満てば水泡に浮かぶ 真砂 まなご にも 吾 あれ は生けるか恋ひは死なずて 2735 住吉の岸の浦 廻 み にしく波のしばしば妹を見むよしもがも 2736 風をいたみいたぶる波のあひだ無く 吾 あ が 思 も ふ君は相 思 も ふらむか 2737 大伴の御津の白波あひだ無く 吾 あ が恋ふらくを人の知らなく 2738 大船のたゆたふ海にいかり下ろし如何にせばかも 吾 あ が恋やまむ 2739 みさご居る沖の荒磯に寄する波ゆくへも知らず 吾 あ が恋ふらくは 2740 大船の 舳 へ にも 艫 とも にも寄する波寄すとも 吾 あれ は君がまにまに 2741 大海に立つらむ波は間あらむ君に恋ふらく止む時もなし 2742 志賀の海人の 煙 けぶり 焼き立てて焼く塩のからき恋をも 吾 あれ はするかも 右ノ一首ハ、或ヒト云ク、石川君子朝臣ガヨメル。 2743 なかなかに君に恋ひずは比良の浦の海人ならましを玉藻刈りつつ 或ル本ノ歌ニ曰ク、 なかなかに君に恋ひずは田児の浦の海人ならましを玉藻刈る刈る 2744 鱸 すずき 獲る海人の灯火よそにだに見ぬ人ゆゑに恋ふるこの頃 2745 湊入りの葦分け 小舟 をぶね 障 さは り多み 吾 あ が 思 も ふ君に逢はぬ頃かも 2746 庭清み沖へ榜ぎ 出 づ る海人舟の楫取る間なき恋をするかも 2747 あぢかまの塩津をさして榜ぐ船の名は 告 の りてしを逢はざらめやも 2748 大舟に葦荷刈り積みしみみにも妹が心に乗りにけるかも 2749 駅路 はゆまぢ に引舟渡し 直 ただ 乗りに妹が心に乗りにけるかも 2750 我妹子に逢はず久しも 甘美物 うましもの 安倍橘の苔生すまでに 2751 あぢの住む 須佐 すさ の入江の荒磯松 吾 あ を待つ子らはただ一人のみ 2752 我妹子を聞き都賀 野辺 つがぬへ のしなひ 合歓木 ねぶ 吾 あ は忍ひ得ず間無くし思へば 2753 波の間よ見ゆる小島の浜久木久しくなりぬ君に逢はずして 2754 小竹 しぬ の 群 め の偲ひて 寝 ぬ れば夢に見えけり 2755 浅茅原 仮標 かりしめ 指して 空言 むなこと も寄せてし君が言をし待たむ 2756 月草の仮なる命なる人をいかに知りてか後も逢はむちふ 2757 大王 おほきみ の御笠に縫へる有馬菅ありつつ見れど言無し我妹 2758 菅の根のねもころ妹に恋ふるにし思ほえぬかも 2759 我が屋戸の 穂蓼 ほたで 古幹 ふるから 摘み 生 おほ し実になるまでに君をし待たむ 2760 あしひきの山沢ゑぐを摘みに行かむ日だにも逢はむ母は責むとも 2761 奥山の岩本菅の根深くも思ほゆるかも 吾 あ が 思 も ふ妻は 2762 葦垣の中の 和草 にこぐさ にこよかに 吾 あれ と笑まして人に知らゆな 2763 紅の浅葉の野らに刈る 草 かや の束の間も 吾 あ を忘らすな 2764 妹がため命残せり刈薦の思ひ乱れて死ぬべきものを 2765 我妹子に恋つつあらずは刈薦の思ひ乱れて死ぬべきものを 2766 三島江の入江の薦を刈りにこそ 吾 あれ をば君は思ひたりけれ 2767 あしひきの山橘の色に出て 吾 あ は恋ひなむを 2768 葦 鶴 たづ の騒く入江の白菅の知られむためと 言痛 こちた かるかも 2769 我が背子に 吾 あ が恋ふらくは夏草の刈り 除 そ くれども生ひしくごとし 2770 道の辺の 五柴原 いつしばはら のいつもいつも人の許さむ言をし待たむ 2771 我妹子が袖を頼みて真野の浦の小菅の笠を着ずて来にけり 2772 小菅を笠に縫はずして人の遠名を立つべきものか 2773 刺竹 さすだけ の葉 隠 ごも りてあれ我が背子が 吾許 あがり 来 き せずは 吾 あれ 恋ひめやも 2774 神奈備の浅篠原の声のしるけく 2775 山高み谷辺に 延 は へる玉葛絶ゆる時なく見むよしもがも 2776 道の辺の草を冬野に踏み枯らし 吾 あれ 立ち待つと妹に告げこそ 2777 畳薦へだて編む数通はさば道の柴草生ひざらましを 2778 水底に生ふる玉藻の生ひ出でずよしこの頃はかくて通はむ 2779 海原の沖つ 縄海苔 なはのり 打ち靡き心もしぬに思ほゆるかも 2780 紫の名高の浦の靡き藻の心は妹に寄りにしものを 2781 海 わた の底 奥 おき を深めて生ふる藻のもはら今こそ恋はすべなき 2782 さ寝かねば誰とも寝めど沖つ藻の靡きし妹が言待つ 吾 あれ を 2783 我妹子が如何にとも 吾 あ を思はねばふふめる花の穂に咲きぬべし 2784 隠 こも りには恋ひて死ぬともみ 苑生 そのふ の 韓藍 からゐ の花の色に出でめやも 2785 咲く花は過ぐ時あれど 吾 あ が恋ふる心のうちは止む時もなし 2786 山吹のにほへる妹がはねず色の赤裳の姿夢に見えつつ 2787 天地の寄り合ひの極み玉の緒の絶えじと思ふ妹があたり見つ 2788 息の緒に思ふは苦し玉の緒の絶えて乱れな知らば知るとも 2789 玉の緒の絶えたる恋の乱れには死なまくのみそまたも逢はずして 2790 玉の緒のくくり寄せつつ末つひに行きは別れず 同 おや じ緒にあらむ 2791 片糸もち 貫 ぬ きたる玉の緒を弱み乱れやしなむ人の知るべく 2792 玉の緒の 現心 うつしこころ や年月の行きかはるまで妹に逢はざらむ 2793 玉の緒の間も置かず見まく欲り 吾 あ が 思 も ふ妹は家遠くありて 2794 隠津 こもりづ の沢泉なる岩根ゆも通してそ思ふ君に逢はまくは 2795 紀の国の 飽等 あくら の浜の忘れ貝 吾 あれ は忘れじ年は経ぬとも 2796 水 潜 くく る玉に交じれる磯貝の片恋のみに年は経につつ 2797 住吉 すみのえ の浜に寄るちふうつせ貝実なき言もち 吾 あれ 恋ひめやも 2798 伊勢の海人の朝な夕なに 潜 かづ くちふ 鮑 あはび の貝の 片思 かたもひ にして 2799 人言を繁みと君を鶉鳴く人の 古家 ふるへ に語らひて遣りつ 2800 暁 あかとき と 鶏 かけ は鳴くなりよしゑやし独り 寝 ぬ る夜は明けば明けぬとも 2801 大海の荒磯の洲鳥朝な 朝 さ な見まく欲しきを見えぬ君かも 2802 思へども思ひもかねつあしひきの山鳥の尾の長きこの夜を 或ル本ノ歌ニ曰ク、 あしひきの山鳥の尾のしだり尾の長き永夜を一人かも寝む 2803 里中 さとぬち に鳴くなる 鶏 かけ の呼び立てていたくは泣かぬ 隠 こも り妻はも 2804 高山にたかべさ渡り高々に 吾 あ が待つ君を待ち出なむかも 2805 伊勢の海ゆ鳴き来る 鶴 たづ の 音驚 おとどろ も君が聞こえば 吾 あれ 恋ひめやも 2806 我妹子に恋ふれにかあらむ沖に棲む鴨の浮寝の安けくもなし 2807 明けぬべく千鳥しば鳴く君が手枕いまだ飽かなくに 問答 とひこたへのうた 〔二十九首。 九首、人麿集。 二十首、人麿集外。 〕 2508 皇祖 すめろき の神の御門を畏みとさもらふ時に逢へる君かも 2509 真澄鏡見とも言はめや玉かぎる岩垣淵の 隠 こも りたる妻 右 二首 ふたうた。 2510 赤駒の 足掻 あがき 速けば雲居にも 隠 かく り行かむそ袖振れ我妹 2511 隠国 こもりく の 豊泊瀬道 とよはつせぢ は常滑のかしこき道そ 2512 味酒 うまさけ の 三諸 みもろ の山に立つ月の見が欲し君が馬の 足音 あと そする 2513 雷神 なるかみ のさし曇り雨も降れやも君を留めむ 2514 雷神の降らずとも 吾 あれ は留まらむ妹し留めば 右二首。 2515 敷妙の枕 動 うご きて 夜 よ もい寝ず思ふ人には後逢ふものを 2516 敷妙の枕に人は言問へやその枕には苔生しにたり 右二首。 以前ノ九首ハ、柿本朝臣人麿ノ歌集ニ出ヅ。 2808 眉根 まよね 掻き鼻 嚔 び 紐解け待てりやもいつかも見むと恋ひ 来 こ し 吾 あれ を 右、上ニ柿本朝臣人麿ノ歌集ノ中ニ見エタリ。 但シ問答ノ故ヲ以テ、 茲 ココ ニ累載ス。 2809 今日しあれば 眉 まよ かゆみ思ひしことは君にしありけり 右二首。 2810 音のみを聞きてや恋ひむ真澄鏡恋ひまくも多く 2811 この言を聞かむとならし真澄鏡照れる月夜も闇のみに見つ 右二首。 2812 我妹子に恋ひてすべなみ白妙の袖返ししは 夢 いめ に見えきや 2813 我が背子が袖返す夜の夢ならしまことも君に逢へりしごとし 右二首。 2814 吾 あ が恋は慰めかねつま 日 け 長く夢に見えずて年の経ぬれば 2815 ま日長く夢にも見えず絶えぬとも我が片恋は止む時もあらじ 右二首。 2816 うらぶれて物な思ひそ天雲のたゆたふ心 吾 あ が 思 も はなくに 2817 うらぶれて物は思はじ水無瀬川ありても水は行くちふものを 右二首。 2818 かきつはた 佐紀沼 さきぬ の菅を笠に縫ひ着む日を待つに年そ経にける 2819 押し照る難波 菅笠 すがかさ 置き古し後は誰着む笠ならなくに 右二首。 2820 かくだにも妹を待ちなむさ夜更けて出で来し月のかたぶくまでに 2821 木 こ の間より移ろふ月の影を惜しみ立ち 廻 もとほ るにさ夜更けにけり 右二首。 2822 栲領布 たくひれ の白浜波の寄りもあへず荒ぶる妹に恋ひつつそ居る 2823 かへらまに君こそ 吾 あれ に栲領巾の白浜波の寄る時もなき 右二首。 2824 思ふ人来むと知りせば八重 葎 むぐら 覆へる庭に玉敷かましを 2825 玉敷ける家も何せむ八重葎覆へる 小屋 をや も妹と居りてば 右二首。 2826 かくしつつあり慰めて玉の緒の絶えて別ればすべなかるべし 2827 紅の花にしあらば衣手に染め付け持ちて行くべく思ほゆ 右二首。 譬喩 たとへうた 〔十三首。 人麿集外。 〕 2828 紅の 深染 こそめ の衣を下に着ば人の見らくににほひ出でむかも 2829 衣しも 多 さは にあらなむ取り替へて着せばや君が 面 おも 忘れたらむ 右の 二首 ふたうた は、衣に寄せて思ひを 喩 たと ふ。 2830 梓弓弓束巻き替へさらに引くとも君がまにまに 右の 一首 ひとうた は、弓に寄せて思ひを喩ふ。 2831 みさごゐる洲に居る舟の夕潮を待つらむよりは 吾 あれ こそ益さめ 右の一首は、船に寄せて思ひを喩ふ。 2832 山川に 筌 うへ を 守 も りあへず年の 八年 やとせ を 吾 あ を 竊 ぬす まひし 右の一首は、魚に寄せて思ひを喩ふ。 2833 葦鴨のすだく池水 溢 はふ るとも 儲溝 まけみぞ の 方 へ に 吾 あれ 越えめやも 右の一首は、水に寄せて思ひを喩ふ。 2834 大和の 室生 むろふ の毛桃本繁く言ひてしものをならずはやまじ 右の一首は、 菓 このみ に寄せて思ひを喩ふ。 2835 ま葛延ふ小野の浅茅を心よも人引かめやも 吾 あれ 無けなくに 2836 三島菅いまだ苗なり時待たば着ずやなりなむ三島菅笠 2837 み吉野の 水隈 みぐま が菅を編まなくに刈りのみ刈りて乱りなむとや 2838 川上に洗ふ若菜の流れ来て妹があたりの瀬にこそ寄らめ 右の 四首 ようた は、草に寄せて思ひを喩ふ。 2839 かくしてや大荒木の浮田の社の 標 しめ ならなくに 右の一首は、標に寄せて思ひを喩ふ。 2840 いくばくも降らぬ雨ゆゑ我が背子が御名のここだく 滝 たぎ もとどろに 右の一首は、滝に寄せて思ひを喩ふ。 巻第十一 了 、 世界三大古典詩集 ( 、 、 ) Copyright c 2014: ぷらっとさんぽ(-Prattosampo- 江守孝三 Emori Kozo.

次の

【基本は忘れろ!!】腕は振るべきか、振らないべきか? 振るようにした方がいい

振る べき か 降ら ざる

【今週の質問】ある人は「腕やヘッドを振れ」というし、また別の人は「腕だけを振らずに体と同調させろ」と言います。 一体どっちが正しいのでしょうか。 「手の動きはなくしてボディーターンだけでシンプルに打てば距離も出るし、方向性も安定する」 体の部位の動きとそれぞれの組み合わせは無限にある。 バラバラであるとショットは安定しない。 そこで、手首や肘などの動きを抑えることでフェースの無駄な動きをなくし、体の回転のパワーを主体にして打てば、正確に遠くへ飛ばせるのだという(写真〔1〕〔2〕)。 実際、私もそんな感じを意識している。 グリップエンドがいつもヘソを向くようにして、体の回転とクラブを同調して動かすことで、いつも同じスイングができ、ミート率が上がるという感覚がある。 ただ、これを誰もがやってうまく打てるかどうか。 それは疑問と言わざるをえない。 例えば一般のシニアにはとても窮屈なスイングになる。 手首の動きをなくして、腕を棒のように使って打ったら、タイミングがうまくとれなくなったり、タメとからテコの原理とかいう要素も使えなくなって、まったく飛ばなくなってしまう人もいる。 そういう人には逆に「体の回転よりも、手首や腕を柔らかく使って、クラブヘッドを振るように」というようなアドバイスの方が有効だ。 意識を持った方がしっかりスイングできるようになる(〔3〕)。 こっちの方がヘッドスピードを上げて距離を出しやすいだろう。 実は私も最近は体の回転よりも腕の振りを重視している。 あまりいい当たりが出なくて、調子が悪いのでよく考えてみると腕が振れていなかったと気がついて、腕を振るように気をつけたら調子が戻るということがあった。 もちろん、パワーあふれる男性プレーヤーには「手を使うな」というアドバイスは有効だ。 ここ一番で力んで左へのミスが出る長距離砲に、「右手の力を単独で使わないで、体の回転で振れ」といえば、たぶんうまく球筋をコントロールできるようになるだろう。 要するに、手や腕の動きを完全になくしては打つことはできないし、動かし過ぎるとショットは安定感を欠くということになる。 しかも、腕を振ろうと意識しているといずれ振り過ぎになり、抑えようとすると抑え過ぎになっていくので、調子がいい時期を過ぎると調子は悪くなっていくということになる。 結局、人によって違うし、同じ人でも調子によっても違うということになるのだが、今、私は腕は振るようにした方がいいと思っている。 レギュラーツアーで活躍後、2012年シニア「ISPSシニアマスターズ」優勝。 19年グランドシニア「ゴルフパートナー・ヴィクトリアカップ」優勝。 1955年10月25日生まれ。 熊本県出身。 関西学院大法学部卒。

次の

万葉集(萬葉集 Man'yōshū)巻第十一 春の雑歌 (作者名のない「古今相聞往来歌類」)鹿持雅澄『萬葉集古義』より

振る べき か 降ら ざる

質問者さまとは逆に、私はどうやら晴れ女なんです。 もしかして・・・と思いつつも半信半疑だったのですが、実は今年に入っても傘をさした記憶はほとんどないのです。。 降水確率が高くても傘もって行きません。 私が外にいるとやんでしまうので傘を持ち歩いても差す機会が来ないのです。 例えば電車の中から「あー降ってる。 傘買うかタクシーかなー」と思いつつ電車降りていざ改札の外へでると・・・・「雨がやんでる」のです。 また、先日NYへ行ったのですがクイーンズで洪水が起きるくらいずっと毎日雨だったらしいのですが、 私が到着して数時間したら嘘のように雨がやみ、太陽がギラギラでてきました。 この現象には地元の友人も「嘘みたい・・何日も太陽見てなかったのに!!」と驚いてました。 このように、私の場合は晴れるパターンですが、周りには雨に降られやすいパターンの人もいて その話でよく盛り上がります(^^ でも雨男さん雨女さんもそのことを普通に受け入れてるようで、かばんには常に折りたたみの傘を持参してるようです。 さすがー!!と感心しました。 でも本人たちはそんなに嫌がってもいないようでむしろ楽しんでるようです。 ある人が言っていたのが、これはマーフィーの法則の一種だとのことです。 降られるという潜在意識があるから自然に雨が降るタイミングと合ってしまうし、 晴れるのだという潜在意識があれば自然と晴れる日を選ぶように意識が働く・・とのこと。 なんだか解るよな解らないような・・・ あまり回答になってなくてスミマセン。 でも何らかの偶然であることは確かですよね、きっと。 A ベストアンサー >個人的には、雨女、雨男共に、そして晴れ男晴れ女もまた >存在していると感じているのですが >それは科学的に証明できるのでしょうか? 「現在の主流科学」の論理では、証明できません。 証明方法が、このような個別的一回的事象には、対応していないからです。 仮に貴方が、記録を取っていて、貴方が何かのイヴェントに出席すると、すべて、または非常に多くのケースで、雨が降り、しかも、その日は、天気予報では雨が降らないことになっていたという、「結果記録」をまとめても、これだけでは、偶然が重なっているというだけの話です。 つまり、現代の科学では、貴方がイヴェントに参加することと、雨が降ることのあいだの「関係性」を説明する法則や理論がないのです。 雨乞師が天に雨を祈ると、雨が降って来たというのと同じで、「呪術」の話になります。 >それは科学的に証明できるのでしょうか? >だとすればどんな原因で起こりうるのでしょうか?? 「因果律」を中心とする現代の主流科学の世界観では、「原因」はありません。 というか、偶然の重なりだという風に解釈されます。 または、貴方の錯覚だということになります。 錯覚でないと主張できるのは、上で述べた、「結果記録」を作って、天気予報が、晴れだと言っていたのに、貴方の出席で、雨になった事例を多数、確実に記録しなければなりません。 こういう記録があって、貴方が出席すると、100件の会合やイヴェントで、そのなかの80件も、晴れだという天気予報であったのに、貴方の出席で、雨になったという場合、確かに、貴方の出席と雨が降ることのあいだには、「何か関係がある」と考えざるを得ません。 しかし、現代の主流科学では、「貴方の出席」という出来事と、「雨が降った」という出来事、現象のあいだを結ぶ合理的「因果関係」が何もないので、「偶然が多数重なっている」という答えになります。 しかし、世界の出来事や現象の生起は、科学の「因果律」だけで決まっているのではないという考えがあります。 これもまた「合理的科学」主張です。 ただ、現代の科学の基準とは、別の基準を採択しています。 心理学者カール・ユングは、呪術や占いが何故当たるのか、という合理的説明のため、「共時性」という「因果性」を補完する世界の現象展開原理を提唱しました。 何かのイヴェントがあって、貴方が出席するというのは、「個別の貴方という人が、個別のあるイヴェントに出席する」ということで、これは、個別的現象です。 世界は、ある意味、こういう個別的できごとの配置が集まって出来あがっているという見方もできるのです。 この貴方がイヴェントに出席するというできごとの配置と、その日に雨が降るかどうか、天候はどうなるのかの関係を、「布置」という概念で、ユング心理学では、捉えます。 現代の物理学や気象学では、雨が降るのは、水蒸気を多数含んだ大気、つまり雲を含む気団が、ある地域の上空に訪れ、そこで、大気の温度変化、圧力変化などで、雲のなかの水蒸気が、水滴として結露して、次第に大きくなって行き、これが雨滴となって落下するのが、雨が降ることです。 この気象過程と、貴方がイヴェントに出席するかしないかは、何の「因果関係」もありません。 しかし、世界を現象やできごとの配置で眺めると、貴方が、何かのイヴェントに出席するということは、世界のなかで「一つの布置」で、これが、「雨が降る」という気象現象布置と、「布置の対応」で関係を持っていた場合、この「布置の対応」によって、貴方がイヴェントに出席すると、雨が降るという現象が起こるということが、科学的に説明付けられます。 実は、「雨が降る」という現象布置が、「貴方がイヴェントに出席する」というできごとを起こしているのだとも言えるのです。 貴方が都合があってイヴェントに出席しなかったとき、雨が降らなかったという場合は、「雨が降らない」ので、それが、貴方がイヴェントに出席できないという布置を呼び出したとも言えるのです。 「布置」というのは、パターンや現象が、「対応」するということで、「貴方がイヴェントに出席する」という事象は、「雨が降る」という事象と対応して、世界のなかで、布置構成があるとも考えられるのです。 ただし、貴方が出席したので、雨が降ったという事象が、「同時的」に起こった場合、これは、ユングの「共時性」による「布置の対応」の場合もあれば、偶然に雨が降った場合もあり、その区別は、たいへん難しいです。 すべてが、偶然だったのかも知れません。 しかし、占いや、占星術や、雨乞いが、根拠のない「迷信」ではなく、多くは、偶然であうが、なかには、そうでない、「共時性」による、つまり「対応の原理」による、必然であるという場合もあると考えられます。 「雨女」というのは、貴方が、錯覚しているか、偶然の一致を、そう解釈しているだけなのかも知れません。 しかし、貴方には、「呪術師の才能」同様に、「雨女の才能」があって、その才能の大きさに応じて、雨が降るという事象と、貴方の行動が、布置関係で結ばれていて、時に、雨が降るのかも知れません。 これが、一応、想定される、科学的な雨女の説明、または理由です。 「共時性」や「布置」、「対応の原理」については、以下の質問の回答に、また説明を書いています。 >No. goo. php3? goo. php3? こういう予測を無意識で行って、今日は一見天気のようだけど、どうも雨が降るようだという時、出席する気になり、雨が降らないようだと思うと欠席を選ぶ人の場合、これは、天気予報の結果で、出欠を決めているのと同じで、その当日のその地域の予報ですから、的中率が高いのです。 こういう意味での「雨女・雨男」というのは、布置とか、共時性とはまた別です。 これは、「因果性」に基づき、雨の降りそうな場合、出席を選んでいるので、出席すると雨が降るのです。 あの人が出席したときは雨が降り、欠席すると、天気がよいという場合、こういう理由である場合もあります。 こういう場合も、このような意味で、「雨女・雨男」かも知れません)。 goo. php3? goo. php3? 証明方法が、このような個別的一回的事象には、対応していないからです。 仮に貴方が、記録を取っていて、貴方が何かのイヴェントに出席すると、すべて、または非常に多くのケースで、雨が降り、しかも、その日は、天気予報では雨が降らないことになっていたという、「結果記録」をまとめても、これだけでは... Q 人に嫌なことうを言われた時や、ばかにされた事を言われたときなど、頭にわくるのですが、何も言い返すことができず、冗談にしたり、聞かない振りをしたり、話を変えたりしてしまいます。 このような、態度でいるとあの子には何を言っても平気と思われてしまうみたいで、他の人にはひどいことやひどい行動をとらないのに、私にだけなんで!! と、思うことがよくあります。 もともと、短気のせいか何か言われると頭にはくるのですが、なにもうまく言い返す言葉がみつからず、それなら怒ればいいのですがそんな勇気もなく・・・。 特に会社ではしったぱのせいか何かわからない事があった時に、教えてもらえなくなると、と、思ってしまうと、頭にくるようなことを言われても、何も言葉が思いつかず黙ってしまうことが多いいです。 そのせいか、会社ではなめられっぱなしです。 こんな時、その人との仲が終わらず、うまく言い返す方法はないでしょうか? A ベストアンサー 私は、人のことをバカにしたような言葉を吐く人を信用してないし、不快です。 ひどいことを言われたときは頭にカッと血が上って、言葉を無くしてしまいます。 なめた口をきかれたときははっきりと「あんたと話してると気分悪くなるから黙っててくれない!!」と言ってしまいますし、明らかに態度と顔にでてしまいます。 そういう私ですから、広く浅いつきあいの友達はいません。 もっと密で私を解ってくれる人が友人としてつきあってくれます。 態度に出すことによって、「あいつは下手に何か言うとかみついてくるからな」と周りの人は私に対してバカにした態度はとらなくなりました。 >その人との中が終わらず、うまく言い返す方法は・・・ うまく言い返す必要はありませんよ。 それよりあなたがいかに不愉快かを、態度でも顔でも「うるさい」の一言でもいいから示すべきです。 そしてそんなことをあなたに対して言う人との中を終わらせてしまいましょう。 あなたの人生からそんな人たちは一人残らず追い出してしまって下さい。 人に暴言を面白がって吐く人は、信用のかけらも無い人です。 ・・・ちょと興奮してしまいました・・・済みません あなたの曖昧な態度で、相手はあなたの心の傷をかすり傷くらいにしか感じていないのかも。 あなたの本心が分かれば、相手の態度もきっと変わります。 負けないでね。 私は、人のことをバカにしたような言葉を吐く人を信用してないし、不快です。 ひどいことを言われたときは頭にカッと血が上って、言葉を無くしてしまいます。 なめた口をきかれたときははっきりと「あんたと話してると気分悪くなるから黙っててくれない!!」と言ってしまいますし、明らかに態度と顔にでてしまいます。 そういう私ですから、広く浅いつきあいの友達はいません。 もっと密で私を解ってくれる人が友人としてつきあってくれます。 態度に出すことによって、「あいつは下手に何か言うと...

次の