アクサ ダイレクト ログイン。 ダイソンの空気清浄機能付ファンヒーターが当たる『アクサダイレクト生命 クレジットカード払いでプレゼントキャンペーン 第二弾』を実施|アクサダイレクト生命のプレスリリース

募集代理店のみなさま|アクサ生命保険

アクサ ダイレクト ログイン

「アクサダイレクトの保証内容に満足している!」「他の自動車保険の特徴がよくわからない。。。 」そのような理由でアクサダイレクトの更新したいと考えている人もおおいと思います。 ここで一点、「あなたに最適な自動車保険はアクサダイレクトでない可能性がある」と断言しておきます。 理由としては、人それぞれで状況が異なり、しかも会社が提供するプランを様々で、ベストなプランや会社が人によって異なるからです。 「ではどうすれば私にとってベストな自動車保険が見つかるの?」と思う人もおおいでしょう。 答えは、複数の保険見積もりをとって比べることになります。 自動車保険は見積もりしないと、どこが安いのか言えないし、条件は人それぞれなので千差万別。 自分の条件で見積もりしたら、値段だけなら次のようになった。 (安い)イーデザイン>SBI損保>チューリッヒ>アクサダイレクト>三井ダイレクト>ソニー損保(高い) — fieldragon fieldragon そんな複数の見積もりをとるには「一括見積もりサイト」が最適です。 複数の自動車保険の見積もりが一括でもらえ、どれがあなたにとってベストなのかが一目でわかるようになります。 郵送 順番に手続きの進め方を解説します。 電話で手続き 継続案内書類に記載された内容と自動車の積算走行距離を確認してから、アクサダイレクトカスタマーセンター(0120-266-193)へ電話します。 電話で継続手続きを進めるメリットは、アクサダイレクトカスタマーアドバイザーがプランの見直しについて相談に乗ってくれることです。 プランの見直しを進めたい方は、電話で継続手続きを進めるとよいでしょう。 郵送で手続き 郵送で手続きを進めたい方は、電話で申込書類を取り寄せます。 申込書類が届いたら、必要事項を記入し必要書類を添えて返送用封筒で返送します。 支払方法が、コンビニエンスストア払い、クレジットカード払いに限定される点には注意が必要です。 ウェブサイト以外で手続きのデメリット ウェブサイト以外の更新手続きには、カスタマーアドバイザーに相談してプランを見直せるメリットがあります。 メリット・デメリットをよく考えたうえで、継続更新の手続き方法を選択してください。 アクサダイレクトの継続更新についてさらに詳しい内容を知りたい方は、アクサダイレクトカスタマーセンターへ問い合わせるとよいでしょう。 アクサダイレクトのカスタマーセンター アクサダイレクトは、契約者向けのカスタマーセンターを開設しています。 電話番号などは次の通りです。 出典: 選択できる支払回数は一括払いと分割払いです。 前回の契約で分割10回払いを選択した方で支払方法を変更しない方は、継続更新後は口座振替による分割12回払いとなります。 ) 次回更新分から、口座振替による分割12回払いとなります。 コンビニ払いを選択できるのは、オンライン方式は保険始期日の3日前まで、払込票郵送方式は保険始期日の10日前までです。 支払方法4:オンライン振込み(銀行・ゆうちょ銀行) アクサダイレクトと提携しているインターネットバンキングの口座から保険料を引き落とす支払方法です。 オンライン振込みに対応しているインターネットバンキングは次の通りです。 出典: 対応している口座は、契約者名義の口座だけです。 オンライン振込みでは、一括払いと分割払いを選択できます。 前回の契約で分割10回払いを選択した方で支払方法を変更しない方は、継続更新後、口座振替による分割12回払いになります。 継続更新にあわせてオンライン振込みに変更した方は、初回3カ月分をまとめて支払ったあと、残り9回分を毎月引き落とす分割10回払いになります。 次の継続更新後の支払方法は、口座振替による分割12回払いです。 オンライン振込みを選択できるのは、保険始期日の3日前までとなっています。 変更できる支払方法 アクサダイレクトは以上の支払方法を用意しています。 現在、選択している支払方法によって、変更できる支払方法が異なる点に注意が必要です。 変更できる支払方法は、継続契約案内書に記載されている「継続契約お支払方法」により異なります。 各支払方法から変更できる支払方法は次の通りです。 コンビニ払いとオンライン振込みの分割払い初年度は、初回に3カ月分を払う10回分割になる点がポイントです。 どちらも継続更新後は、口座振替の分割12回払いになります。 継続更新を予定している方は、以上を参考に支払方法を検討するとよいでしょう。 アクサダイレクトの支払方法は以上の通りです。 継続更新を希望している方は、保険料の支払いを忘れないようにしてください。 万が一、支払いや手続きを忘れてしまった場合はどうなるのでしょうか。 続いて、アクサダイレクトの継続更新を忘れた場合の対処法を紹介します。 アクサダイレクトの契約更新手続きを忘れたらどうなる? 継続更新をしなければならないと思っていても、仕事が忙しいなどの理由で手続きを忘れてしまうことがあります。 やばい…車の保険更新しないまま明日で切れる…更新しておくべきだった…でも毎月2万円くらいって言われて、アクサとかで検索したら大丈夫そうだったから解約したの。 でも私が入力間違えていたらしくってネットではどこも受け付けてくれないやつだった…これはまずい…明日の日中に電話するけど… — もっくん vmokkunv ギリギリになって手続きを始めると、期限までに手続きを完了できないことがあります。 継続更新が迫っている方は、出来るだけ早く手続きを開始しましょう。 アクサダイレクトの継続更新はいつから行えるのでしょうか。 アクサダイレクトの契約更新手続きを始めるタイミング アクサダイレクトの契約案内書類は、契約満了日の約2カ月前に届きます。 電話番号:0120-266-193• 受付日時:月曜日~金曜日 9:00~12:00• 受付日時:土曜日・日曜日・祝日 9:00~17:00 満期日翌日から次の契約の保険始期日が7日以内であれば等級を引き継げます。 逆に言うと、契約更新手続きが遅れれば、等級を引き継げない恐れがあるということ。 保険料が割高になるので、気づいたタイミングで契約者専用ダイヤルに連絡することが重要です。 継続更新は、保険料などに関わる重要な手続きです。 契約更新を忘れてしまいそうな方は、更新案内書類が届いた時点で手続きを始めましょう。 継続更新を検討している方の中には、契約内容を変更したい方がいるはずです。 継続更新をきっかけに、契約内容を変更したい場合はどうすればよいのでしょうか。 参考に、契約者名義と契約車両を変更する方法を紹介します。 アクサダイレクトで契約者名義と契約車両を変更する方法 アクサダイレクトの契約者名義の変更方法と契約車両の変更方法は次の通りです。 アクサダイレクトで契約者名義を変更する方法 契約者とは、アクサダイレクトに契約を申し込んで保険料を支払っている契約当事者のことです。 契約者名義の変更は、マイ・アクサファイルなどのウェブサイトからは行えません。 アクサダイレクト契約者専用ダイヤル(0120-266-193)に連絡をして変更手続きを行います。 アクサダイレクトで契約車両を変更する方法 自動車を買い替えたなどの理由で契約車両を変更する場合は、マイ・アクサファイルから変更手続きを進められます。 契約車両の変更に必要な情報は次の2つです。 変更後の自動車の情報(納車日・車検証)• 変更後の自動車の積算距離の数値 保険料の返還が生じる場合は契約者名義の金融機関口座の情報、保険料の追加が生じる場合は契約者名義のクレジットカードの情報が必要になります。 マイ・アクサダイレクトで変更内容を入力するだけなので、手続きはそれほど難しくありません。 契約車両の変更手続きは、新しい自動車の納車日が決まったタイミングで行います。 変更手続きを忘れると、新しい自動車で事故を起こした時に保険金を支払ってもらえないことがあるので注意してください。 また、新しい自動車の条件によっては、契約車両の入替を行えないことがあります。 契約車両を変更する方は、手続きを始める前にアクサダイレクトで入替できる自動車の範囲などを確認しておきましょう。 一部の変更を除き、アクサダイレクトの契約内容はマイ・アクサファイルから変更できます。 契約内容を変更したい方は、まずはマイ・アクサファイルにログインして確認してみてはいかがでしょうか。 アクサダイレクト契約している方の中には、「このままアクサダイレクトと契約して損をしないの?」と不安を感じている方がいるかもしれませんね。 続いて、アクサダイレクトで継続更新するメリット・デメリットを紹介するので参考にしてください。 アクサダイレクトで継続更新するメリット|保険料の割引がある アクサダイレクトで継続更新するメリットは次の2つです。 年間保険料 分割払い場合の割引額 21,600円未満 1,000円割引 21,600円以上27,000円未満 1,500円割引 27,000円以上64,800円未満 2,000円割引 64,800円以上75,600円未満 2,500円割引 75,600円以上86,400円未満 3,000円割引 86,400円以上97,200円未満 3,500円割引 97,200円以上108,000円未満 4,000円割引 108,000円以上118,800円未満 4,500円割引 118,800円以上 5,000円割引 2回目以降の継続更新は、保険始期日や支払方法に関わらず一律1,000円の割引が適用されます。 継続更新時にインターネット割引を利用した方の口コミは次の通りです。 車の保険更新完了。 アクサにした。 ネット見積もり契約満了二日前までだったのを忘れてて、だいぶ面倒だった。 電話したらネットで手続き出来るようにしてくれた。 ネット割引もきいて満足。 — Takahiko Sakai takap3 少しでも保険料が安くなると嬉しいですよね。 メリット2:AXAプレミアムロードサービスアップグレードが適用される もう一つのメリットは、契約に2年目以降になるとAXAプレミアムロードサービスの内容が充実することです。 具体的には、通常のAXAプレミアムロードサービスに以下のサービスが追加されます。 ガス欠時の燃料補給作業• 玄関鍵開けサービス 契約2年目以降は、保険期間中1回に限り、ガソリン(ハイオク含む)または軽油10リットルを無料で補給してくれます。 また、保険期間中1回に限り、自宅の鍵をなくしたときに無料で鍵の専門業者を手配して開錠してくれます。 アクサダイレクトを継続更新するメリットは以上の通りです。 保険料の割引額が大きい1回目の更新はメリットを実感しやすいといえるでしょう。 続いて、アクサダイレクトを継続更新するデメリットを紹介します。 アクサダイレクトで継続更新するデメリット|保険料が値上がりするかもしれない アクサダイレクトを継続更新するデメリットは、保険事故を起こしていなくても保険料が高くなる恐れがあることです。 保険料が高くなる主な理由として、次の3つを挙げられます。 継続更新でインターネット割引が適用された方の口コミは次の通りです。 昨年、マイカーデビューして自動車保険もそろそろ更新。 いま契約してるアクサから来た見積りがとても高い。 今より高い。 なぜ?事故もしてないのに。。。 と思って他社で見積取ったら無事に安くなった。 アクサのネット割引(1万円)は2年目から減額されるらしい。 これはトラップや。 インターネット割引に魅力を感じて契約した方は注意しましょう。 デメリット2:走行距離が変わった アクサダイレクトの保険料は、契約者のリスクに応じて算出されます。 このような自動車保険を「リスク細分型自動車保険」といいます。 保険料を決定する主な要素は以下の通りです。 年間予想最大走行距離• 自動車の使用目的• 運転免許証の色• お住まいの地域 年間走行距離が増えるほど事故のリスクは高くなるので、保険料も高くなります。 継続更新前よりも年間走行距離が増えると、継続更新後の保険料は高くなってしまいます。 年間走行距離に関する口コミを紹介します。 11月末でミライースのローン終わるから22,000円浮くけど。 — 司狼 07Haku 年間走行距離が増える方は、契約する自動車保険を見直す方がよいかもしれません。 デメリット3:運転者の年齢が変わった 年齢も保険料を決定する要素のひとつです。 年齢により事故を起こすリスクは異なると評価されているからです。 年齢が変わることで保険料が高くなること、安くなることがあります。 運転者の条件によっては、継続更新で保険料が上がってしまうかもしれません。 運転者の年齢に関する口コミを紹介します。 sanpeikappa うちはアクサ。 ネットで契約 自動更新、自動引き落とし。 年齢割引あるならお子さん運転するようになると また保険料上がりますね。 確認せず継続更新すると、保険料が高くなる恐れがあります。 アクサダイレクトの継続更新には以上のデメリットがあります。 保険料に関わるデメリットなので、無視できないと感じた方が多いのではないでしょうか。 保険料が気になる方は、アクサダイレクトの継続更新を視野に入れつつ複数の自動車保険から見積もりをとるとよいかもしれません。 現在の契約よりもお得な自動車保険を見つけられる可能性があります。 「なにも考えず契約更新して割高な保険料を払ってしまった!」などのトラブルは避けてくださいね。 自動車保険の見積もりは、無料かつ手軽にとることができます。 新しい自動車保険を探す方に向けて、アクサダイレクトを継続更新しない方法を紹介します。 アクサダイレクトを継続更新しない方法 アクサダイレクトの更新手続きをしない場合の手続きは、一括払いと分割払いで異なります。 次の方法で手続きを行います。 電話番号:0120-266-193• 受付日時:月曜日~金曜日 9:00~20:00• 受付時間:土曜日・日曜日・祝日 9:00~17:00 公式サイトには、オペレーターにつながるまでの目安時間が表示されています。 電話がつながりにくいと感じる方は、公式サイトで確認するとよいでしょう。 まとめ アクサダイレクトの契約更新について、どこよりも詳しく解説しました。 以上の情報を参考に、自分に合っている自動車保険を探してみてはいかがでしょうか。 結果的にアクサダイレクトが最もお得だったとしても、リサーチすることで納得して継続更新手続きを進められます。 更新時は自動車保険を見直す良いタイミングです。 この機会を上手に活用してください。

次の

マイページについて

アクサ ダイレクト ログイン

「アクサダイレクトの自動車保険」は、アクサ損害が販売する自動車保険です。 商品名のとおり「ダイレクト型」の保険で、営業担当社と対面しなくても契約できる分、保険料がお手頃なのが特徴です。 主契約の補償内容を最小限にし、そこに必要なオプションを追加していくスタイルが基本なので、保険料重視、補償内容重視と、ドライバーが求める設計にできます。 気になる事故対応は、24時間365日の専任チームを用意。 無料のロードサービスもあり、サポート拠点の多さも光ります。 割安ながら手厚い補償内容と言えそうですが、実際にサポートを受けた人の評判はどうなのでしょうか? 人身事故、物損事故、いろんなケースでの満足度が知りたいです。 ここには、経験者のリアルな声が投稿されていますので、加入前の参考にしてください。 保険更新の時期になり、振込用紙が届きました。 振り込む前にネットで保険内容を少し変えようかなと検索しました。 そしたら大きく金額が上がるので内容を変更前に戻したんですが、マイページに表記される更新金額が振込用紙の金額よりも2万円上がってしまいました。 画面には保険満了日の1ヵ月後(満了が2月8日だったので3月8日まで)に入金してくださいと書かれていました。 ただ、保証内容は手元にある振込用紙のものと一緒なので振込用紙で入金しました。 (入金は2月8日にコンビニ振込しました) 保険証書の発行ありで契約していたのですがなかなか届かず、気になったのでサイトにログインして確認してみると、「継続契約中」と出ていたので更新できたものだと思っていました。 しかし、3月14日に継続契約キャンセルのご連絡という封筒が届きました。 振込前に契約内容をいじったせいで金額が変わり、上がった金額が振り込まれなかったのでキャンセル扱いになったということです。 2月10日頃に2万円上がった新たな振込用紙が届いたのですが、金額は違うけれどすでに振り込みをしたあとだったので気にしませんでした。 その間特に連絡は無く、契約キャンセルの通知が来たのは保険満了をすでに1ヶ月以上過ぎてからです。 何度電話してもカスタマーセンターには繋がらないし、満了日を1ヶ月以上過ぎているので他の保険会社に乗り換えるにも等級を引き継ぐことができません。 こちらも電話で確認してみればよかったと思うのですが、アクサ側からも連絡が欲しかったなと悔しい思いです。 アクサは他社と比較して確かに安いですが、みなさんがおっしゃるように対応はあまりよくないのかなと思います。 【商品・サービスを購入、利用したきっかけ】 見積もりを出して一番安かったから。 【良かった点】 ネットの恐ろしさがわかった。 【気になった点】 最初に契約した金額とは別に追加料金を支払い、結局、倍以上の支払いを命じられた。 提出の書類の不備があっても分かりづらい説明をならべた書類のみでのやりとり。 納得がいかないので問い合わせてみたが、専門用語を早口で喋り、理解ができないので知人に電話を代わってもらったが、私を中傷する言葉とも捉えかねない事を並べていたらしい。 【今後も引き続き利用・使用したいか?】 論外。 私のようにあれよと言う間に見積もりとは違う金額を請求された顧客が多いのでは?評価の3点台も不思議。 安い理由はわざわざ説明しなくてもわかるでしょう。 少々高いですが国内大手をオススメします。 安さ重視で加入。 年間45000円とういう数字だけで加入。 等級の引継ぎ、車両入替などもあり不安ながらもネットでの初めての申し込み。 すぐに振込用紙が送られてきたので支払いを済ませほっとしていました。 しかし、振り込みをしてから一か月後に、等級が一番下で受付とのことで再度追加請求。 結局総額9万円以上支払い。 電話で問い合わせましたが、「そちらの書類通りに受け付けましたので変更はできない」とマニュアル通りのセリフ。 そして専門用語をたくさん並べしかも早口で説明し、聞き返すと「先ほど説明した通り・・・(同じことを早口で伝える)」の繰り返し。 馬鹿にされていました。 あまりの対応の悪さだったので解約しましたが、三か月経っていたので約半額分しか戻ってきませんでした。 結局最初に見積もりをしたあの金額に騙されて加入したおバカな顧客のひとりとなっていました。 このサイトで口コミをご覧になるとき、評価点数「3」から表示されると思います。 私は一人でも多くの皆さんに評価していただきたいのであえて3点を付けましたが、正直、点数をつけようもない酷い会社です。 あのコマーシャルに出演されている俳優さんもお気の毒だと思えて仕方ありません。 安いといっても年間ですれば5万も高額です。 お金、命が係わる自動車保険、目と目、お顔を見ながらわからないことに丁寧にご対応していただける会社をお勧めします。 ネットの手軽さの裏には見えない恐ろしさがあります。 カラクリにご用心を! 当方が店舗駐車場スペースに入庫しようとしたところ、 前方不注意の車両に突如後方から追突されたシンプルな物損事故だったので、 過失割合も10:0で早々に示談成立かと思いきや・・・ 加害者側が、当方が後ろから強引に追い越しをかけたためぶつかったとの 荒唐無稽な供述を相手方保険会社にしたため、 「相手方保険会社は8:2で、こちらの過失責任大と言ってますよぉ~」と、 と呑気にアクサ担当が伝えてきた!アホか!! ならばと、伝家の宝刀、当方車両のドラレコ証拠映像を見せて、 「前方にいた主張する相手車両は何処にも映ってませんよね!これで交渉してください」とした。 ドラレコ映像には、後部にぶつかる衝撃を受けるまで全く事故を予見できる映像は映っていない。 すると、しばらくして・・・ 「相手方がドラレコは証拠にならないし、過失割合の判定材料にはなりませんと言ってますよぉ~」 と再び呑気にアクサ担当が伝えてきた!呆れた・・・・ 相手車両はドラレコを積んでおらず認識のみの主張。 唯一の客観的証拠(事実)が当方のドラレコ映像 にもかかわらず、交渉のプロセスにおいて全く有効に活用できない情けなさ。 まるで素人である。 「ドラレコ映像を見て、相手の主張が物理的に矛盾だらけだと思いませんか?」と アクサ担当に尋ねても、無反応。 また、早々に車両のディーラー修理見積りを提出するも、 「先方のアジャスターが、ディーラー見積もりと写真では修理費が算出できないので 先に自腹で直してください、でも加害者じゃないんで代車は出さないと言ってますよぉ~」と、 またしても呑気にアクサ担当が伝えてきた! おいおいおい、、、ありえんだろ、それ! 先方アジャスターは現車確認もしてないのだ。 その他にも、呆れることが数えきれなくあり、もう笑うしかないほど。 運転歴40年、これまで何度か物損事故を他の保険会社(セゾン自動車保険など)で経験したが、 こんな最悪の対応、こんなストレスは一度もなかった。 とにかく、全て相手方の言うがままを伝えてくるだけの伝書鳩担当で交渉能力ゼロ。 そんなこんなで、1ヶ月半が経過したが、事故当日からナニも進んでいない状態。。。 とにかく、事故対応に関しては、史上最低最悪であろう。 自動車事故を起こし被害を受けました。 相手方が認めない事もありドライブレコーダーの映像をアクサが用意した封筒に入れて送付しました。 アクサに届いた時点で封筒の中にマイクロSDカードがある事を知らないスタッフが封筒を開けた事実、その後に自身の担当者に封筒が行くという謎の過程が入り結果担当者にデーターが渡る前にカードが紛失してしまう事態になりました。 結果、証拠がなく相手と争う事もかなりむずかしくなりました。 この事についてアクサに対応を求めた所、アクサがカードをなくしたことを証明出来ないので対応出来ないとの返答。 同封した事実も私達は夫婦で確認もしており確実に同封していたこと、またアクサに届くまでに封筒も破損がない事も確認してもらっているが、どのスタッフが封筒を開けたかわからない、開けた際に何がどれだけ入っていたかわからない状況で担当者に書類なども渡ったにも関わらずなくしたことの非は一切認めず、事故も解決する事が難しくなった事に対しても泣き寝入りを結果促す対応など保険商品を扱う上で本当にあり得ない対応をされました。 証拠物を扱う体制、エラーがあった際にする対応、対応中の電話窓口の後ろの社内の人間は談笑なのか笑っている。 会社としては最低と感じました。 これら対応をされるかもしれない会社ですので次は絶対にないです。 事実を書かせて頂きました。 アクサに入ってる人に車をぶつけられました。 ブレーキとアクセルを踏みまちがえたとのこと。 翌日、アクサから連絡が来て「お互い運転していたのでお互いに過失がある」という言い方をされ... 納得がいかず自分の保険会社から連絡してもらいました。 あとはアクサから連絡があるから待っててくれと言われたがいつまでも来なく、自分の保険会社から督促の連絡をしてもらうようお願いしたら、アクサから電話が来ました。 遅くなった理由を聞いたら「私の怠慢です」と言われました。 やる気があるのかな?と感じてしまいました。 態度もとても悪く、さすがネット保険だなという感じ。 それが仕事なのに出来ないなら辞めてしまえと思う。 こちらは被害者なのに、その担当の上司の方もレンタカーもこちらの保険から使わせようとするし、アクサの従業員はみんなこんなのしかいないのかな? 自分が入ってるわけじゃなくても、相手がこんな保険会社に入ってることによってこんな思いしないといけないなんて最低です。 損保代理店をしていますが、ダイレクト系の自動車保険が安いのと口振分割が選べるという理由でアクサを1年間だけ試してみました。 その間、自転車に乗っていたところ自動車に当て逃げされる事故に遭いました。 警察に通報し、アクサの事故対応窓口へ事故報告の連絡を入れました。 人身傷害で怪我の対応は可能という事と、病院へはアクサから連絡の上、治療費の立て替え(支払い)は不要との説明を受けました。 ここまでは順調な対応でしたが、それ以降アクサからの連絡は一切なし。 こちらから連絡(1カ月以上後)すると担当が代わりましたと言われ、代わった担当者から調査会社に委託するので協力してくださいと依頼を受けました。 後日、調査員と事故現場で原因調査の立ち合いをしました。 またそれから一切の連絡が来なくなりました。 再度こちらから連絡(さらに1ヶ月以上後)すると調査報告書がまだ届いてないと言われました。 不審に思い、調査員へ確認の連絡をしてみると、「とっくに送りましたよ」という回答。 改めて担当者へ連絡し、その旨を伝えると訳分からない言い訳を言い出す始末。 上席の方に代わってもらい、状況を問いただすと、ただの怠慢で放置しただけでした。 事故についてはその後無事に解決したのですが、更新の2カ月前に「更新は受け付けない」と1通の郵便物が届きました。 事故の対応は適当、保険を使えば更新しない、そんなアホな保険会社ありますか? 絶対にアクサダイレクトには入らない方がいいです。 輸送業のため事故は発生するのですが 様々なところと話をしますがアクサが一番態度が悪く、対応も悪い。 10:0で事故され、まったく連絡がこないため連絡すると お宅の保険屋と8:2で話がついている一から生し返す気かと怒鳴られ 保険屋に連絡したら何もまだ決まってませんと言われ アクサにかけたら勘違いかなとかふざけた対応 その後、割合で返ってくるとはいえ指定の振込を行ったところ 違うところに振り込まされ、それを回収して他のところに振込はめに その都度振込代がかかり(取り返すのに振込代をひかれ) それをアクサに請求したらチンピラみたいな口調で示談後だから受け付けません 示談後に何を難癖つけてんの?とけんか腰の対応。 振込先指定してきたのお前だろと言っても示談後に何を言われても対応する気はないの一点張り ほんとアクサはやめたほうがいい ダイレクト型で有名なアクサダイレクトですが、ダイレクト型はあまり安価ではありません。 ダイレクト型の最大の魅力と言える価格で他社と比較すると劣ってしまっているようです。 しかし、電話の対応等、スタッフの対応はいいようです。 自動車保険は保険会社によって保険料の差が大きい保険です。 まったく同じ条件でも5万円以上もの差が出ることも。 また、保険会社によって事故対応やロードサービスに違いがありますから、保険料と合わせて比較検討するためにも、複数見積もりは必須です。 安い保険会社を見つけるには、一括見積もりサイトを使うことをおすすめします。 自動車保険の見積もりは、車種・年式から利用条件まで、入力する項目が多いので、一括でやるのが効率的です。

次の

アクサダイレクトの定期保険2【アクサダイレクト生命】の評判とシュミレーション

アクサ ダイレクト ログイン

アクサダイレクト 自動車保険 ログイン!ロードサービスがついてると安心! アクサダイレクト 自動車保険 ログイン!基本保障 アクサダイレクトの自動車保険は基本補償をベースに、特約を追加することによって、様々なニーズにあった保険内容にすることが可能です。 対人、対物補償の他にも、同乗者が怪我をした場合の補償や、無保険車との事故、自損事故なども補償の対象にすることが出来ます。 アクサダイレクトのホームページでは、年齢や車の排気量を入力するだけで保険料の見積もりを確認することも可能ですので、まずは大体の値段を把握してみるのがおすすめです。 私は予想よりも低い保険料で済んだので、嬉しく思いました。 アクサダイレクト 自動車保険 ログイン!ロードサービスはサポートバッチリ! また、アクサダイレクトのプレミアムロードサービスは、24時間365日無料のサポート体制が整っています。 バッテリー上がりの応急作業や、ガス欠時の補給サービス、レッカーサービスなど、ついていないサービスはないと言っても過言ではありません。 当日、帰宅が不可能になってしまった時の宿泊費を支払ってくれるサービスや、帰宅する場合も交通費を負担してくれるサービスまでついているのが心強いです。 アクサダイレクト バイク保険にログイン! アクサダイレクトはバイク保険の補償内容も充実! 対人、対物補償はもちろん、事故が起こってしまった時の弁護士費用や、法律相談に備える為の特約も付けることが出来るのです。 万が一の時は、慣れないことばかりになると思うので、備えがあれば安心だなと思いますし、バイク事故以外にも、自転車に衝突されて怪我をした等の被害事故も、補償されるのが嬉しいです。 アクサダイレクトのバイク保険はお得! アクサダイレクトのダイレクト型のバイク保険は、代理店などを介さない為、価格がオトクになっていますが、詳しい補償内容の確認やプランの相談は、電話でも受け付けしてもらうことが出来ます。 もちろん、他社からの乗換えの場合も可能です。 初めてのバイク保険選びでも親身になって相談に乗ってもらえますので、安心ですよ! また、インターネットからの申し込みは最大で10,000円の割引を受けられるチャンスです。 ただでさえオトクなアクサダイレクトのバイク保険ですが、ネットから申し込むだけで割引が受けられるとは、驚きです! アクサダイレクトのペット保険へログイン! ペットを飼っている人にぜひおすすめしたいのが、このアクサダイレクトのペット保険です。 家族同然のペットですから、病気や怪我には備えてあげたいですよね。 人間と違って、治療費は飼い主の全額負担なので、出費も気になるところです。 アクサダイレクトのペット保険 補償内容とは? アクサダイレクトのペット保険なら入院・手術費用や、通院の治療費も補償対象になりますよ。 治療費が高額になっても保険にさえ入っておけば、費用を気にせず最適な治療を受けさせてあげることが出来ますし、24時間ペット健康相談サービスもついていますので、ペットの体調の変化に気がついたらすぐに電話で相談することが出来ます。 病院に行くかどうか迷った時には、気軽に使えるので重宝しますよ。 アクサダイレクトのペット保険へログイン! 気になった方は、一度アクサダイレクトのホームページから見積りをしてみて下さい。 ワンちゃん、ネコちゃんの種類と年齢を入れるだけで大体の保険料を確認出来ます。 ネットからの申し込みであれば初年度の保険料が3,000円引きになりますので、お忘れなく!.

次の