収納 術。 IKEAのPAX/パックスを使った収納術

キッチン収納術51選!100均やニトリのアイテム活用実例も!

収納 術

突然ですが、 あなたのお家のキッチン(台所)で、いくつ当てはまるでしょうか?• 調理器具、調味料がごちゃついて片づかない• お米・ペットボトル・買い物のストックなどを床に置きっぱなし• シンクに汚れた食器や三角コーナーの生ゴミを放置している• 冷蔵庫が片付かず、食材を使い切れていない 1つ以上チェック項目があった方は、快適なキッチン(台所)とは言いきれません。 キッチン(台所)のお片づけや掃除が行き届いていると、時短料理ができて余った時間を有効活用できることも! ちょっとした工夫やアイデアを活用して、楽しく料理ができるキッチン(台所)スペースに変えていきましょう。 キッチン(台所)もの別収納術アイデア 壁面・吊り下げ収納術 フライパンや、まな板などのよく使う調理器具や調味料は、手の届く場所に出しておくのも一つの手です。 壁面を活用してフライパンや、まな板などの調理器具を吊り下げておくと 収納スペースを取らないので、調理の流れもスムーズになります。 調味料は、マグネットタイプの入れ物がおすすめ。 冷蔵庫やレンジフードなどに貼り付けて、場所をとらずに手元に置いておけるので便利です。 ビンにマグネットを取り付けて手作りすることもできますね。 壁面に取り付けるところがない場合は、簡単に自分で作る方法も! メッシュパネル・金具を壁に取り付けてS字フックを活用すれば、吊り下げ収納の出来上がり。 また、吊り下げられない菜箸などは、立てて収納できる カトラリースタンドなどを活用しましょう。

次の

IKEAのPAX/パックスを使った収納術

収納 術

整理整頓されたお部屋は、それだけで気持ちが良いものです。 使いやすく、おしゃれに収納ができたら暮らしがもっと楽しくなりそうですよね。 今回は、スペース別に真似したくなる収納アイデアをご紹介していきます。 ちょっとした工夫で、お部屋はもっと素敵に使いやすく変えられます。 すぐに真似できるアイデアが満載なので、今日から収納上手を目指しましょう。 一目でどこに何があるかわかるので、探す手間が省け、片付けも簡単です。 衛生的に見ても安心ですね。 片付けにも一手間かかってしまうので、調理器具は重ねずに「立てる」収納を取り入れてみましょう。 ファイルボックスを使うことで必要なものがすぐに取り出せる収納が完成します。 そうならないためには、細かく分類して収納するのがおすすめです。 カップの大きさやピックの長さが一目でわかれば、必要なものがすぐに取り出せるので時短にもつながります。 「探す、取り出す、しまう」という3つの動きがスムーズにできることが理想です。 食器、調理器具、タッパー類など形や大きさ別に仕分けて、見渡せばどこに何があるか分かる収納を目指しましょう。 生活感が溢れやすいキッチンだからこそ、収納ボックスや容器のテイストを揃えることでおしゃれな雰囲気を保てます。 色やテイストを揃えることでさらにおしゃれ度がアップ。 ごちゃごちゃした印象になりません。 限りある収納スペースを有効に使うために、所持する衣類の量を決め、一定に保つことをおすすめします。 洋服の数が一定であれば、必要な収納場所が自ずと分かってルールが決まってきます。 専用のケースやハンガーポールを使い、使い終わったらすぐにしまえるように収納場所を確保します。 そんな時は、スペースの中をケースやカゴで仕切ってみましょう。 すっきりと収納できるだけでなく、必要な洋服がすぐに取り出せるようになります。 カゴなどの通気性の良いケースを選ぶと良いでしょう。 毎日使うものなので、ついつい外に出しっ放しにしてしまいたくなりますが、それぞれに定位置を決めて、きちんと仕舞う収納を心がけましょう。 小物の量が増えると収納しきれなくなるので、物を増やさない努力も必要です。 洗面台エリアは清潔感を保ちたい場所なので、寒色系の色で統一するといいでしょう。 揃えて収納するだけで、おしゃれ感がアップします。 歯磨き粉や歯ブラシなどを浮かせて保管することで、掃除も簡単になります。 用途別に分けて収納すると、使いたい時にすぐに見つかり便利です。 普段使いする洗剤類と一緒にストックすることで、在庫管理も楽になります。 壁面を有効活用して収納スペースを確保しましょう。 有孔ボードを使えば、賃貸でもDIYが可能です。 出かける時に必要となる帽子やコートなどをかけることができます。 テイストを揃えることでさらにおしゃれな雰囲気となります。 玄関の扉にくっつけるためにマグネット仕様となっているトレーもあります。 絵本や雑誌などの紙類や、紙と一緒につかうはさみや文房具もいっしょに収納することで、「紙もの」の定位置となります。 そのまま置いてあるだけでは乱雑に見えるので、穴あきの収納ボックスを活用して収納するのが良いでしょう。 埃の侵入も防げます。 雑貨が増えると掃除が大変になりますし、植物が点在してしまうとお手入れが手間になってしまいます。 スペースを確保できるほか、取り出しや片付けをするのも簡単になります。 奥行きを活かして前後に収納スペースをつくってみましょう。 突っ張り棒やハンガーラックを使って機能的なスペースをつくりましょう。 よく使うものは手前に収納し、取り出しと片付けがスムーズにできる工夫をします。 賃貸で収納スペースがない場合は、突っ張り棒を利用してスペース作りにチャレンジしてみましょう。 そういったものはカゴなどを活用して隠す収納をしてみましょう。 カーテンで目隠しをつくるというのもいいですね。 おわりに すぐに始められるアイデアが満載の収納術をご紹介してきました。 一人暮らしのお部屋はスペースが限られているので、賢く収納してゆったりと暮らしを楽しみましょう。 賃貸でもチャレンジできるDIYのアイデアもあるのでぜひ挑戦してみてくださいね。 執筆者:編集部.

次の

収納上手なママが伝授! すっきり片付く 子どもの「プリント整理術」

収納 術

突然ですが、 あなたのお家のキッチン(台所)で、いくつ当てはまるでしょうか?• 調理器具、調味料がごちゃついて片づかない• お米・ペットボトル・買い物のストックなどを床に置きっぱなし• シンクに汚れた食器や三角コーナーの生ゴミを放置している• 冷蔵庫が片付かず、食材を使い切れていない 1つ以上チェック項目があった方は、快適なキッチン(台所)とは言いきれません。 キッチン(台所)のお片づけや掃除が行き届いていると、時短料理ができて余った時間を有効活用できることも! ちょっとした工夫やアイデアを活用して、楽しく料理ができるキッチン(台所)スペースに変えていきましょう。 キッチン(台所)もの別収納術アイデア 壁面・吊り下げ収納術 フライパンや、まな板などのよく使う調理器具や調味料は、手の届く場所に出しておくのも一つの手です。 壁面を活用してフライパンや、まな板などの調理器具を吊り下げておくと 収納スペースを取らないので、調理の流れもスムーズになります。 調味料は、マグネットタイプの入れ物がおすすめ。 冷蔵庫やレンジフードなどに貼り付けて、場所をとらずに手元に置いておけるので便利です。 ビンにマグネットを取り付けて手作りすることもできますね。 壁面に取り付けるところがない場合は、簡単に自分で作る方法も! メッシュパネル・金具を壁に取り付けてS字フックを活用すれば、吊り下げ収納の出来上がり。 また、吊り下げられない菜箸などは、立てて収納できる カトラリースタンドなどを活用しましょう。

次の