海原ともこ 親。 前田耕陽の現在の仕事は!?嫁・海原ともことの馴れ初めと子供は?前妻との離婚理由は

【海原やすよ・ともこ】面白いのは血筋?旦那は前田耕陽!一門に上沼恵美子も!

海原ともこ 親

2014年4月19日(土) 午前10:30~11:25 海原お浜・小浜の小浜を祖母に持ち、父親も元漫才師、母親も元マジシャンという関西芸能界のサラブレッド・海原やすよともこ。 日常をテーマに、巧みな話術で爆笑をさらうしゃべくり漫才はもちろん、バラエティー番組でのフリートークやロケで見せる気取らない人柄が絶大な支持を受け、今や関西では押しも押されぬ人気者となっている2人。 だが、仲よし姉妹が二人三脚で歩んで来た22年の芸人人生は、数多くの苦悩や葛藤があったという。 まずは、師匠の中田ボタンに入門した1992年から95年までの3年間。 活発なともこがやすよにコンビ結成を持ちかけたのかと思いきや、なんと、やすよが「漫才師になろう」とデザイナーの専門学校に進学しようとしていたともこを誘ったのだとか。 当時、やすよは17歳の女子高生。 そのころ関西で活躍していた雨上がり決死隊らにあこがれ、父親と交流のあったボタンに弟子入りを志願したという。 その大きな理由は、彼女たちが95年ごろから出演していた若手の劇場「心斎橋筋2丁目劇場」での辛い経験にあるという。 当時の2丁目劇場といえば、NSC10期生のメッセンジャーやジャリズム、やすよともこと同じ92年にデビューした11期の中川家や当番組MCの陣内が人気を博していたころ。 若手のほとんどを占めていたNSC出身の芸人たちは、突然やって来た「弟子っ子」のやすよともこに戸惑い、あからさまな反発を見せて…。 「楽屋には本当に居場所がなかった。 居心地がよかったのは、舞台に立ってるときだけやった」とともこが語る苦難の時代、2人に抱いていた複雑な気持ちを後輩の小籔千豊、中川家がVTRで証言。 さらに、「あのときはホンマに怖かった!」と2人が口を揃える、当時の2丁目芸人たちの冷ややかな態度がありありとわかるバラエティー番組の秘蔵映像も大公開! その中で、しっかりと表情を捉えられていた陣内は「ひどい!俺、こんな顔してたんや…。 テレビで見せる顔ちゃうやん!」と大慌てで…。 続いては、96年から2004年までの9年。 お笑いの仕事にあこがれを持っていただけに、「思ってたんと違う!」と夢と現実のギャップは大きく、「ひたすら『辞めたい』と思ってた。 普通の女の子がやるようなOLさんになりたかった」という。 しかし、テレビの仕事も徐々に増え、漫才の新人賞も総なめにするなど、コンビの活動も軌道に乗り始めたころ、再び2人を苦難が襲う。 2丁目劇場がコントやトークなどをメインとする方針に変わり、芸人たちに「漫才禁止令」が出されたのだ。 これで本格漫才を目指していたやすよともこ、中川家らは劇場を去ることになってしまう。 活動の場がなくなり、「中川家と私らの4人で『これからどうする?』って電話ばっかりしてた」 「『いっそ、芸人辞めて4人で店でも始めよっか?』という話にまでなってた」と当時の混乱を振り返る2人。 特に、もともとお笑いの世界から心が離れかけていたやすよは、最悪の心理状態に陥っていたようで、「もう仕事もしたくないし、誰にも会いたくない!」と担当マネジャーに連絡先の電話番号すら教えたがらないほど心を閉ざすように。 方正を「えらいことやってもうてんな!」と仰天させた衝撃事件の顛末とは?そんな当時の様子を中川家が証言。 「思い出したくもない時代」と礼二と剛が語る、行き場を失った若手漫才師の苦悩とは?そして、追い詰められた2組が、それでも芸人を辞めなかった理由とは? 最後は、2005年から現在まで。 そのワケは、2人にある心境の変化があったからだというのだが…。 そこで、ともこの夫・前田耕陽と、やすよの夫で元プロ野球投手の宮本大輔さんが、それぞれの妻への思いや結婚生活の微笑ましいエピソードをVTRで証言。 さらに、中川家が苦難を共にしてきた盟友ならではのメッセージを2人に送るほか、やすよともこが漫才師として目指す今後の大きな夢を語る!.

次の

海原小浜の『家族』~叔母 お浜・息子 かける・孫 やすよ ともこ

海原ともこ 親

ジャニーズ時代の参加ユニット [ ]• 来歴 [ ]• の、中学3年の時にに入る。 その後、のリーダーとして活躍。 学歴はから定時制にし、延べ6年かけて卒業。 を担当していたが、アマチュアバンドの結成から初ライブと親友関係を主題にした映画『ロックよ、静かに流れよ』ではを担当している設定。 本人が後談したところでは、「結成当時、他のメンバーと違って楽器を触ったこともなかったので、設定上はなんでもよかった」とのこと(結成当初は(パーカッション)を担当していた)。 また、バンド後期には「ちゃんと本人が演奏していた」とのこと。 なお、近年ではアコースティックギターも演奏することがある。 1984年から1986年に、深夜ドラマの草分けで、、等と共演する。 男闘呼組の解散後は「 」や「 」といったバンドで活動。 また、近年では元のらと「 MIDNIGHT ANGEL」と言うバンドを結成し活動している。 から、『』(系)にレギュラー出演。 そのため週1回は、必ずへ出向くようになって、番組終了後に周辺のパチンコ店にもちょくちょく顔を出すようになり、現在にハマっている。 その流れで、深夜のパチスロ対決番組など関西ローカルの番組にもよく出演するようになっている。 「男闘呼組」参加・解散を経て今日までたびたび肥満に悩まされている。 本人及び前田周辺の人物談によると酒好き・過食の傾向があるという。 鹿児島県ののとは、いとこ同士である。 結婚にまつわるエピソード [ ]• に元アイドルのと結婚したが、に離婚。 2人の間に子供はいない。 中村とは数年来の親友関係を経てゴールインしたが、結婚後に不和となり、喧嘩が絶えなかった事を後日、告白している。 、のと。 (第一子の女児出産 )。 ともこのレギュラー番組『なるトモ! 』の出演が交際のきっかけとなり、「大阪大好き、大阪に住みたい」と公言してきたことから、で婚姻届を出し新居を構えることになった。 ちなみにともこもであるため、2人とも再婚ということになる。 また義弟(ともこの実妹で相方の の夫)はの元投手・。 尚、前田が再婚する直前に前妻の中村由真も、在米のと同じく「できちゃった再婚」をしている。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• シリーズ()• Triangle Blue(1985年5月7日 - 1986年2月25日)• Triangle Blue スペシャル(1986年1月3日)• Triangle Blue スペシャル2(1987年1月2日)• Triangle Blue スペシャル3 愛と青春のTriangle Blue(1992年1月3日)• (1985年10月9日 - 1986年3月26日、)• (1月5日、フジテレビ、) - 山中二郎 役• (1987年8月18日 - 9月22日、) - 黒岩克志 役• (1988年7月21日 - 9月22日、) - 宇野晴彦 役• (1987年8月20日 - 10月15日、フジテレビ系) - 香月冬彦 役• (1989年1月16日 - 3月20日、フジテレビ系) - 鈴木元 役• 君の瞳に恋してる! スペシャル(1989年10月9日)• (1990年4月11日 - 7月4日、) - 役• (1990年 - 1991年、フジテレビ系)• 時のないホテル(1990年7月26日) - 井上薫 役• 赤い雲(1991年10月17日) - 北森浩 役• アーバンポリス24(1989年4月1日 - 2001年3月31日、) - 桜木耕介(刑事) 役• 3(1992年10月23日 - 12月25日、日本テレビ系) - 緒形大輔(刑事) 役• シリーズ(1993年 - 1997年、NTV、スペシャルドラマ) - 沖田努 役• 代紋 TAKE2〔1〕 (1993年3月4日)• 代紋 TAKE2〔2〕〜孤狼の章〜(1994年2月6日)• 代紋 TAKE2〔3〕〜獄中の狼たち〜(1994年11月20日)• 代紋 TAKE2〔4〕〜襲名! 白浜組八代目〜(1995年6月25日)• 代紋 TAKE2〔5〕〜丈二、木更津に死す! 〜(1996年1月28日)• 代紋 TAKE2〔6〕〜勃発! 白浜組VS明石組〜(1996年12月8日)• 代紋 TAKE2〔7〕〜激突! 木更津戦争〜(1997年2月9日)• (1994年7月8日 - 9月23日、TBS系) - 城田幸一 役• (1995年6月 - 7月、NHK、) - 坂下涼太 役• (テレビ朝日系)• 2・ビワの木の復讐! (1995年9月23日)• 2・恥じらうビーナス連続殺人! (1998年7月25日) - 伊都山悟 役• (2005年3月19日)• 15(2005年7月23日) - 松井京平 役• 5(2005年11月5日) - 蝦沢辰巳 役• 3 北海道松前で海の王者本マグロをゲットせよ(2006年4月15日)• 10 美人妻ストーカー殺人事件(2006年8月19日) - 久保光男 役• 和菓子連続殺人事件(2月23日)• 夏樹静子作家生活40周年記念作品「」(10月30日)• 2 金沢・能登殺人事件(1996年10月21日、TBS系、月曜ドラマスペシャル)• シリーズ(1999年 - 2005年、フジテレビ系、) - 桐野耕平(刑事) 役• 京都祇園入り婿刑事事件簿4(1999年1月29日)• 京都祇園入り婿刑事事件簿5(1999年7月23日)• 京都祇園入り婿刑事事件簿6(2000年1月21日)• 京都祇園入り婿刑事事件簿7(2000年12月1日)• 京都祇園入り婿刑事事件簿8(2001年6月8日)• 京都祇園入り婿刑事事件簿9(2002年5月3日)• 京都祇園入り婿刑事事件簿10(2003年5月9日)• 京都祇園入り婿刑事事件簿11(2004年4月16日)• 京都祇園入り婿刑事事件簿12(2005年7月29日)• 第24話「亡霊になって悪退治 -松代-」(1999年8月30日) - 殿村三郎 役• 第6話「印籠の故郷守る師弟愛 -輪島-」(2006年8月28日) - 伊之吉 役• (1999年4月5日 - 10月2日、) - 日高正憲 役• 第1シリーズ 「File. 5 京都死の配達人! 赤いルージュの殺意!! 」(1999年10月29日、テレビ朝日系)• 15年目の夏(2002年8月21日、日本テレビ系、) - 神原譲治 役• 「第2・3・5話」(2003年2月19・26日・3月17日、NHK、月曜ドラマシリーズ)• (テレビ東京系)• 京都離婚旅行殺人事件(2003年6月4日) - 樋口警部補 役• 3・四万十川殺人事件(2003年9月24日) - 角坂竜成 役• 動物病院ドクトル花子の殺人カルテ!(2003年10月5日)• (2004年1月14日 - 3月17日、TBS)• (TBS)• 3(2004年1月19日)• 11・美形願望(2004年1月26日) - 南条俊樹 役• 17・那須塩原湯けむりツアー殺人事件(2005年10月17日) - 赤木泰徳 役• ・赤い不在証明(2005年11月14日) - 福田亮 役• 「第5話 白髪鬼」(2004年2月9日、) - 河村 役• 「第6話 法廷密室トリックの謎! 」(2004年2月19日、テレビ朝日系)• 「白蝋の死美人」(2004年4月26日、TBS・) - 雄島隆介 役• 第1シーズン 第1話(2004年4月12日、テレビ朝日系) - 菊之助 役• (2004年6月7日 - 7月16日、TBS、) - 武田篤 役• 2006年、• 4 ハートの240秒(2006年2月20日、TBS) - 村岡誠 役• 4 一番大切な死体(ひと)(2006年8月9日、テレビ東京、) - 宗像修一 役• (2006年、) - 波溜晴 役 7〜18話• L) - 及川達之介 役• (2007年2月11・12日、テレビ東京) - 役• (2007年4月4日、日本テレビ) - 大野恵介 役• 15(2007年9月28日、フジテレビ、)• 君の瞳に両想い【のDVDに収録】(2010年12月31日、日本テレビ)• 10(2012年10月29日、TBS、) - 磯貝祐二 役• 「第3話」(2013年1月24日、) - 小樽仁 役• 2 日光鬼怒川殺人ライン(2013年1月30日、テレビ東京、水曜ミステリー9) - 手塚亮一 役• ジゴロinシェアハウス(2015年3月13日 - 、) - ダイアナ 役• 「第9話」(2016年6月9日、テレビ朝日) - 役• 「第4話」(2019年5月16日、) 映画 [ ]• (1987年4月11日公開、、【W主演:】) - 主演・上野晋平 役• (1988年2月20日公開、東宝、【主演:】) - 友成拓也(トモ) 役• (1988年2月20日公開、東宝、【主演:】)• (1991年7月27日公開) - 主演・宮川正太 役• シリーズ(1995年 - 1996年、【W主演:】)• (2003年1月25日公開) - 風間• (2008年2月9日公開) - 前田プロデューサー 役• (2015年4月4日公開) - 比嘉照夫 役• 勝手にしやがれ!! シリーズ(1995年 - 1996年、監督) - 吉行耕作 便利屋• 勝手にしやがれ!! 強奪計画(1995年)• 勝手にしやがれ!! 脱出計画(1995年)• 勝手にしやがれ!! 黄金計画(1996年)• 勝手にしやがれ!! 逆転計画(1996年)• 勝手にしやがれ!! 成金計画(1996年)• 勝手にしやがれ!! 英雄計画(1996年)• ピイナッツ 落華星(1996年)• 示談屋(2000年) - 個人タクシー運転手• 悪名(2001年)• 9 頂上決戦! 裏プロVS表プロ(2001年) - 垂水喜博 聖杯戦準優勝者• 実録・九州やくざ抗争史 LB熊本刑務所 義絶盃(2002年)• 実録・鯨道外伝 ヤクザの弔い歌(2002年)• 実録・大日本菊水会 双龍伝(2007年) - 大日本菊水会• 実録マフィアンヤクザII DIRTYCONNECTION(2011年) - 監察官 ハヤサカ• BAD女 ガール (2012年2月17日、) - 浜島門馬• 凶という名の極道(2012年) - 本間組組員• 半グレvsやくざ(2013年) - 長岡 ヤクザ• 孤高の叫び2 DARKNESS(2018年) テレビ番組 [ ]• (日本テレビ)• (テレビ東京)• (日本テレビ)• 最強メダル伝説()• (関西テレビ) 舞台 [ ]• 嗚呼、雑魚戦闘員!(2020年、)• WALL(2019年、)• ちちいく... 〜父逝く〜(2018年、)• パパがヒーロー?(2017年再演、)• のらん(2016年再演、TEAM54 PRODUCE)• パパがヒーロー?(2015年、)• のらん(2014年、TEAM54 PRODUCE)• Bon Voyage! 三人の男たち、旅に出る。 (2013年、TEAM54 PRODUCE)• (2010年、TEAM54 PRODUCE)• (2009年、TEAM54 PRODUCE)• ジョリーロジャー(2009年、)• 最初の晩餐(2012年11月22日 - 25日、ニッポン放送IMAGINEスタジオ) 脚注 [ ]• 『』(、1992年10月25日)P. 122「男闘呼組」の項。 『TVスター名鑑'96』(東京ニュース通信社、1995年10月25日)p. 154「前田耕陽」の項。 『'97TVスター名鑑』(東京ニュース通信社、1996年10月30日)p. 172「前田耕陽」の項。 『TVスター名鑑2000』(東京ニュース通信社、1999年12月5日)p. 257「前田耕陽」の項。 『TVスター名鑑2001』(東京ニュース通信社、2000年12月1日)p. 262「前田耕陽」の項。 『TVスター名鑑2002』(東京ニュース通信社、2001年12月1日)p. 272「前田耕陽」の項。 『TVスター名鑑2003』(東京ニュース通信社、2002年12月1日)p. 285「前田耕陽」の項。 『TVスター名鑑2004』(東京ニュース通信社、2003年12月1日)p. 292「前田耕陽」の項。 『TVスター名鑑2005』(東京ニュース通信社、2004年12月15日)p. 287「前田耕陽」の項。 『TVスター名鑑2007』(東京ニュース通信社、2006年11月25日)p. 313「前田耕陽」の項。 『TVスター名鑑2012』(東京ニュース通信社、2011年11月26日)p. 339「前田耕陽」の項。 『TVスター名鑑2013』(東京ニュース通信社、2012年11月25日)p. 332「前田耕陽」の項。 (2019年3月31日閲覧)。 外部リンク [ ]• - Team54• - エフエンタープライズ• - カートプロモーション• - 公式ブログ• koyomaeda -•

次の

海原はるかの子供は娘がいる?結婚した嫁ややすよともことの関係

海原ともこ 親

メンバー [ ]• 海原 やすよ(本名: 宮本 康世(みやもと やすよ/旧姓・梅本(うめもと))、 - )卒業 立ち位置は、妹。 担当(結成当時は)。 (17年)12月に当時投手であったと結婚。 (平成28年)12月26日に、脳の加療のために入院したことが発表される。 海原 ともこ(本名: 前田 智子(まえだ ともこ/旧姓:梅本(うめもと))、 - )淀之水高等学校卒業 立ち位置は、姉。 ボケ担当(結成当時はツッコミ。 (平成15年)に1度離婚したが、(平成18年)に、元のと再婚(前田もバツイチなので互いに再婚)。 (平成19年)、第1子となる女児を出産。 『』より復帰。 、帝王切開により第2子となる男児を出産した。 プロフィール [ ] の小浜の孫で、「・めぐる(後の)」のかけるを父、のを母に持ち、母方の祖母にがいる。 親子3代で漫才師であり、親子3代でを受賞している、梅本家はいわゆる上方お笑い界の名門一家である。 幼い頃から2人でよく漫才をしており、小学生のころには社長のから毎週水曜日に漫才の稽古を受けていた。 (60年)にはテレビで小浜の前で漫才を披露したことがある。 (平成4年)2月に当時やすよがの漫才のファンであったため、親交のあった父・かけるの紹介でボタンに弟子入りし正式にコンビ結成、本来ならば「中田やすよ・ともこ」となるはずだが、「女流漫才の名門である海原の屋号を名乗ったほうが良いと思う。 おばあちゃん(小浜)に海原の屋号を名乗っていいかどうか、相談しておいで」という師匠の計らいと、それを快諾した小浜のおかげで海原の屋号を名乗る運びとなった(小浜は2代目『』を名乗っても良いと言ったが、やすよ・ともこの2人が断った )。 従って、海原小浜の弟子ではなく、海原一門とも直接的な関係はない。 またコンビ名で妹・やすよの名が先にくるのは、ボタンへの師事がやすよが先・ともこが後であったことに起因する。 結成当初はやすよがボケ、ともこがツッコミを担当していたが、2年目から現在のスタイルに交替した。 ネタは、最新の芸能ネタを前振りにして、そこから転じて「東京と大阪の女の子の違い」や「大阪のオバチャンの生態」を示すものが多い。 大げさに大阪の女の子やオバチャンを表現するともこのボケを、やすよが宥める。 姉妹で大阪で「ちゃんこ家unabara」をプロデュースしていた。 (経営者は実父)。 また、(平成21年)11月1日に大阪・の7階に、プロデュースするモンブランの専門店「モンローズ」を開店するが現在は閉店している。 その他 [ ]• とはデビューがほぼ同時期で、も同期にあたる。 元漫才師のの2人とはすんげー! Best10出演時より交流があり、は芸人を引退した後もとしてやすよ・ともこの漫才を2人と共同で制作していた。 現在は構成作家として、大阪関係の仕事から一線を退いているが、やすともの漫才作家の仕事だけは継続している。 ともこと夫・の出会いは『なるトモ! 』で共演したことがきっかけだった。 二人とも極度のだが、特にやすよは極端であり、家に遊びに来た友達を風呂に入らせた上で家に上げたという念の入れようである。 夫の前田耕陽によると、ともこは自身が作ったオムライスの中の玉ねぎが大きかった事を前田から指摘されて以来、家で料理を作っていないという。 ともこは女性にしては大柄であり、ギャルのようなファッションやメイクで有名だが、自らの容姿や体型で笑いを取る芸人が多い上方演芸界の中では珍しくそのようなネタをあまりしないことで知られている。 しかし年々やすよも体型に変化が出たため、ネタにするようにはなってきている。 ファッションセンスは2人とも昔から高く、流行の服や髪型やメイクをしており、私服での出演が多い。 「怖い先輩」としてや、を挙げている。 昔はも怖いと思っていたが、ともこ曰く「ほんこんはもう 緊張 せぇへん」と話していた。 また雨上がり決死隊の2年後輩のは「今は怖くないけど、矢部さんよりも岡村さんの方が怖かった。 」と語っており、現在では2人とも岡村の恋愛のアドバイスをするほど仲が良い。 はやすよ・ともこの漫才を高く評価しており、2015年12月20日放送の「」で2人の漫才を見た際に「今の女の人の漫才で一番上手いじゃないの!? 最高にうまいよ、面白いし。 女を感じないもん! 男の漫才を聞いているような」と絶賛していた。 たけしは全芸人のネタ終了後、やすよ・ともこに「たけし賞」 を授与している。 やすとものどこいこ!?(2020年3月22日放送)にても元々「シューク」と言うコンビ名で活動していたとの浜本広晃()にいじりながら明かされる。 受賞歴 [ ]• 1994年/第15回 香川登枝緒賞• 1995年/第16回 最優秀新人賞• 1995年 演芸部門大賞• 上方漫才大賞 1995年/第30回 新人奨励賞• 上方漫才大賞 1997年/第32回 新人賞• 1994年/第25回 優秀賞• ネイルフェスティバル1998 1998年 (ともこのみ)• 2005年/第34回 最優秀技能賞• 2008年/第43回 奨励賞• 上方漫才大賞 2012年/第47回 上方漫才大賞• たけし賞• 上方漫才大賞 2017年/第52回 上方漫才大賞 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• (、2005年 - 2009年)• ()戦績6勝3敗 最高517KB• 第2回チャンピオン大会 予選7位• 自己最高である517KBという記録は、歴代で出場した女性芸人の最高KBである。 また、女性コンビ唯一のオーバー500経験者である。 上述のように番組では一度だけチャンピオン大会に出場経験があるが、出場した当時は現在のようなチャンピオン大会の出場条件である「年間4勝」がなく、年間オンエア回数の上位20組が出場していた。 彼女達以外の出場芸人19組は全て年間5勝に到達しており、残りの一枠は「年間4勝している芸人の中で平均KBが最も高い芸人が出場」という条件であり、その結果彼女達が出場権を獲得した。 (、5週勝ち抜きチャンピオン)• (NHK総合テレビ)• ()(2005年7月10日、2007年11月18日、ゲストで出演)• (、火曜の収録ロケコーナー担当)• (毎日放送)• (毎日放送、声〈ともこのみ〉)• (毎日放送)• (毎日放送)• (、2011年 - 2015年)• (、2012年4月-)• (読売テレビ、2012年 - 2013年)• (テレビ大阪、2013年 - 2014年)• (テレビ大阪、2014年 - )• (フジテレビ、2015年12月20日、2017年12月17日、2018年12月9日)• (朝日放送、2016年 - 2019年3月)• (朝日放送、2016年3月20日)• (関西テレビ、2018年4月24日 - )• 系列 - 近年毎年出演している• (朝日放送テレビ、2019年10月 - 2020年3月)• (朝日放送テレビ、2020年4月 - ) 映画 [ ]• (2014年、・) - マリアン 役〈ともこのみ〉 劇場アニメ [ ]• (1998年、) - 辻弘樹の彼女 役 舞台 [ ]• キミとボクから始まった(2012年5月、) - の妻・日出子 役〈やすよ〉 脚注 [ ] []• 日刊スポーツ. 2016年12月26日. 2016年12月27日閲覧。 このエピソードはの番組『』で紹介されている [ ]• 2013年11月17日放送. gooテレビ 2012年10月13日. 2015年1月3日閲覧。 番組の最後でTHE MANZAI最高顧問であるたけしの裁定により、最も面白い漫才を披露した出演者に贈られる賞。 livedoorNEWS 2015年12月21日. 2018年12月11日閲覧。 なお、ピン芸人においてはが、グループにおいてはの鈴樹志保がオーバー500(共に最高513KB)を記録した事がある。 TVLIFE web 2018年3月17日. 2018年3月17日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月9日閲覧。 外部リンク [ ]• 旧公式ブログ• 旧公式ブログ• - (2018年11月5日アーカイブ分)• tomocolovesmile -• - チャンネル この項目は、・(これらの関連記事を含む)に関連した です。

次の