ポケモン 剣 盾 パッチラゴン 育成 論。 【ポケモン剣盾】パッチラゴンの育成論と対策【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】パッチラゴンの育成論!調整と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

ポケモン 剣 盾 パッチラゴン 育成 論

パッチラゴン育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 パッチラゴンはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 ポケモン剣盾(ソードシールド)ではメガデンリュウとゼクロムがいなくなったので、唯一の複合タイプとなる。 種族値は攻撃が高めであること以外は平凡。 だが、特性「はりきり」と準専用技「でんげきくちばし」による超火力が非常に強力なポケモンとなっている。 「はりきり」はダイマックスすれば、必中のダイマックス技で命中率低下を気にせず威力アップの恩恵のみを受けられる。 でんげきくちばしは通常威力は85だが、先制攻撃することで威力が2倍の170となる。 ただし、自身の素早さが75と高くないので、相手が鈍足でなければ先制攻撃を行うのは困難。 「こだわりスカーフ」を持たせたり、「でんじは」「ダイジェット」を使うなどして、「でんげきくちばし」を有効に使ってやる必要がある。 隠れ特性「すなかき」は2020年1月6日現在未解禁。 スポンサーリンク パッチラゴンの特性 はりきり (物理技の威力が1. 5倍になるが、命中率が0. 8倍になる。 ) 考察 「はりきり」の優先度が高い。 ダイマックス技は全て必中であるため、「はりきり」の命中率低下のデメリットを受けずに物理技1. 5倍の恩恵のみを受けられる。 ただし、「ボルトチェンジ」に対しては無効にするだけではなく、交代を失敗させられる。 「ボルトチェンジ」を使用してくることが多い各ロトムなどを対策した場合は選択肢になる。 スポンサーリンク パッチラゴンの技考察 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 でんげきくちばし 電 85・170 100 先制攻撃で威力が倍。 タイプ一致技。 「こだわりスカーフ」「でんじは」「ダイジェット」などで先制する工夫をしよう。 げきりん 竜 120 100 行動固定。 2~3ターン後に混乱。 タイプ一致技で威力が高く命中安定。 ただし行動固定されるので、相手のフェアリーや鋼に注意しよう。 ドラゴンダイブ 竜 100 75 怯み20% タイプ一致技。 威力は高めだが命中が非常に不安。 怯み効果も素早さを上げないと活かしづらい ドラゴンクロー 竜 80 100 なし タイプ一致技。 威力は低めだが命中が安定している。 苦手なフェアリーに刺さる。 つばめがえし 飛 60 - 必中 威力が低いが必ず当たる。 特性「はりきり」と非常に相性がいい。 「ダイジェット」用としても使える。 ついばむ 飛 60 100 相手の木の実を食べる。 威力が低い。 「ダイジェット」用 じしん 地 100 100 なし 威力高めで命中安定のサブウェポン。 炎・電・岩の相手に刺さる。 次ターンに先制がとりやすくなる。 ロックブラスト 岩 25 90 連続2~5回攻撃 威力期待値は低い。 だが、コオリッポには刺さる。 ほのおのキバ 炎 65 95 火傷10%。 怯み10% 威力が低い。 ナットレイピンポイント。 けたぐり 闘 - 100 相手の重さによって威力が変わる 貴重な格闘技。 竜技を半減する鋼に刺さる。 タイプ一致技。 特攻は高くないので採用しづらいが、物理受けなどの突破を狙いたいなら選択肢。 りゅうのはどう 竜 85 100 なし タイプ一致技で命中安定。 ただし威力は低く特攻も高くないので火力不足。 かみなり 電 110 70 麻痺30% タイプ一致技で命中が非常に不安。 雨パで使うなら採用機会があるかもしれない。 10万ボルト 電 90 100 麻痺10% タイプ一致技で命中安定。 ただし特攻が高くないので火力不足になりやすい。 ほうでん 電 80 100 麻痺30% タイプ一致技で命中安定。 麻痺狙いができるが、火力には期待できない。 だいもんじ 炎 110 85 火傷10% 威力はあるが命中不安。 電気半減の草に刺さるので特殊技の中では優先度高め。 特にナットレイに有効。 かえんほうしゃ 炎 90 100 火傷10% 命中安定の炎技。 だいもんじの命中率が不安ならこちらを選択しよう。 電気タイプに刺さる。 岩が4倍弱点のポケモンピンポイント。 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 でんじは 電 90 相手を麻痺状態にする。 相手を麻痺状態にすることで素早さを半減できる。 自身が次ターンから先制しやすくなり、味方サポートにもなる。 ちょうはつ 悪 - 相手が攻撃技しか出せないようにする。 耐久型対策に使える。 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 交代読みなどで使っていこう。 「こだわりスカーフ」または「ダイジェット」で素早さを補強して先手をとっていくのが基本。 この場合、素早さに252振り、補正をかけなければ、120族抜きとなる。 エースバーンや インテレオンなど、そこそこ使用率の高いポケモンを抜けるため、おすすめの素早さ調整だ。 「こだわりスカーフ」の場合、ダイマックスすることで技選択を変更可能。 素早さ増加はなくなるが、交代せずとも技を変えられ、柔軟な立ち回りができるので覚えておこう。 電気技とドラゴン技は確定として、残りの技構成はフェアリーに対して弱点をつける「アイアンテール」とダイジェット使用可能となる「つばめがえし」が特に優先度が高い。 相手麻痺状態込みで ドラパルト抜きに素早さ調整をしている。 上のはりきりアタッカー型と比べ、抜ける相手が多く、耐久に努力値を振れ、麻痺させることで味方サポートもできる点が長所。 反面「でんじは」の効かない地面や電気に弱く、「でんじは」を使った場合1ターン目からダメージを与えていけない点が短所となる。 相手の控えにあわせて柔軟に技を選択していきたい。 素早さ調整は「でんじは」を採用するなら、でんじはサポート型と同様に行うのがおすすめ。 有利な相手に出して「みがわり」を張り、交代された場合は相手に応じて攻撃技OR「でんじは」を出す立ち回りが強力。 道具は「たべのこし」で「みがわり」で消費するHPを回復するのがおすすめ。 電気に弱い アーマーガアや リザードンの補完として優秀 スポンサーリンク パッチラゴンのパーティメンバー考察 パッチラゴンは炎と電気に強く、地面・フェアリー・ドラゴン・氷が弱点。 よってパッチラゴンのパーティメンバーの最有力候補は アーマーガアとなる。 アーマーガアの弱点である炎・電気はパッチラゴンで受けられ、 パッチラゴンの弱点のうち、地面・フェアリー・ドラゴンは アーマーガアで受けられる。 他にパッチラゴンのパーティメンバーとして優れているポケモンとしては、 リザードンや特性ふゆうの ドータクンが存在する。 パッチラゴンの対策 パッチラゴンは非常に火力が高く、特に先制されると「でんげきくちばし」によって大きな痛手を受けてしまう。 カバルドンであれば「でんげきくちばし」読みで出し、「あくび」で流すことが可能。 みがわりを出して「はりきり」による命中低下による外しを狙うのもパッチラゴン対策として有効。 ドリュウズでも有利をとれるが、交代で出す場合は「じしん」や「かえんほうしゃ」が飛んでくることもあるので注意したい。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧まとめ|全ポケモンの育成論を掲載!【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣 盾 パッチラゴン 育成 論

使用パーティ シーズン途中で鎧の孤島の教え技が解禁されたので、メテオビームセキタンザンを使ってパーティを組みました。 メテオビームのエフェクト、超かっこいいですよね。 相手のエースバーンの攻撃も耐えられますが、ダイマックスしてダイナックルを積まれると厳しいです。 コータスの育成論はこちら。 教え技でダブルウイング 威力40、2回攻撃 を覚えます。 そらをとぶとどちらを使うかは悩ましいところです。 リザードンの育成論はこちら。 先制でダイバーンを使えば、ダイストリームも余裕をもって耐えます。 特殊型や壁張り型のドラパルトに勝てる点も良いと思っています。 シャンデラの育成論はこちら。 相手の水技に対してこらえるで特性を発動する機会も何度かありましたが、相手が警戒して水技を撃たない場合もあり、安定はしませんでした。 有利なタイプに出してメテオビームで特攻を上げ、ダイマックスして攻撃というパターンで勝利することが多かったです。 セキタンザンの育成論はこちら。 エースバーン 性格:ようき 特性:リベロ 努力値:A150 B4 C116 D4 S236 持ち物: いのちのたま 技:とびひざげり、エレキボール、とびはねる、ふいうち ダイマックスアタッカーとして活躍しました。 エレキボールは、物理受けに出てきたギャラドスに叩き込みます。 また、自らが電気タイプに変化することで、相手のでんじはを無効にできます。 エースバーンの育成論はこちら。 ガオガエン 性格:いじっぱり 特性:いかく 努力値:H244 A252 B4 D4 S6 持ち物:イトケのみ 技:ねこだまし、すてゼリフ、かみなりパンチ、フレアドライブ 対インテレオン用のガオガエン。 ガオガエンの育成論はこちら。 苦戦した相手 対ドラパルト 何をしてくるか全く読めない点で、異次元の強さを持っています。 特にでんじはをまいてくるタイプのドラパルトは本当に厄介です。 一撃で倒されさえしなければ、シャンデラの攻撃で倒せます。 対エースバーン 序盤、中盤、終盤、どこで出てきても強いポケモンです。 こちらのエースバーンやリザードンが先に素早さを上げておくか、コータスのふんえんでやけどにすることで、何とか戦えていました。 対パッチラゴン 今回のパーティはエースバーンやリザードンがタスキカウンター型ではないので、先制で高威力の技をくらってしまうとパーティが壊滅します。 はりきりのはずれにすごく期待しています。 対戦結果 通算成績は202勝204敗。 勝率は49. 最終順位は、 21827位でした。 これまでのシーズンの集大成のつもりで挑んだのですが、結果はふるわず…目標としていた5000位ははるか遠くでした。 最終日前日には6000位近くまで上がってたんです。 ほんとですよ。 来シーズンからは多くのポケモンが新しく参戦してきます。 炎ポケモンで言えば ファイアロー、 ウルガモス、 ガラガラ アローラ には大きな期待を寄せています。 マリルリやラッキー、ポリゴン2など、脅威となるポケモンも多いですが、がんばっていきたいです。 また次回! おまけ 今シーズン戦った統一パたち 今シーズンは、草、氷、電気、ドラゴン、ノーマル、フェアリー、炎、ブイズ? 統一に当たりました!シーズン序盤にはたくさん当たりましたが、終盤にはあまり見かけませんでした。 前回の記事はこちら 次回の記事はこちら.

次の

パッチラゴン

ポケモン 剣 盾 パッチラゴン 育成 論

【ポケモン剣盾】アシレーヌの育成論と対策【瞑想歌姫!優秀なフェアリー】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はアシレーヌの育成論と対策を考えていきたいと思います。 今作から瞑想を覚えるようになったので新しい使い方ができるようになりましたね。 アシレーヌの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【アシレーヌの特徴1】特殊高火力高耐久 アシレーヌは特攻種族値が126もあり、HP種族値80と特防種族値も116あります。 これだけの種族値があればHPに努力値を振れば特殊方面には2発耐えられるほどの耐久を得ることができます。 一方で防御種族値は74と紙耐久といってもいいくらいなので、努力値を振らない場合は物理に非常に脆いと考えていいでしょう。 素早さ種族値についてはガオガエンと同様60族となり競合も多い素早さなので努力値4振りで1だけ素早さを上げておくとそれだけでも多少勝率アップに効果があるでしょう。 【アシレーヌの特徴2】鋼等倍のフェアリーという優秀なタイプ フェアリーはドラゴンの弱点をつけますし、半減タイプも少ない優秀なタイプですがミミッキュやトゲキッス対策でほぼ全てのパーティで採用される鋼タイプの技は環境に溢れているので、フェアリーをタイプ一致でうてて強くても鋼で返り討ちにされやすいです。 しかしアシレーヌは水の複合タイプのおかげでその鋼を等倍で受けることができます。 鋼を過度に警戒せずに選出できるフェアリー枠として非常に優秀です。 さらに、弱点は毒・電気・草の3タイプが2倍弱点ですが毒はほぼ環境におらず、草はドサイドン・ヌオー・トリトドン対策に専用のポケモンがピンポイントで採用されているに過ぎません。 電気もパッチラゴンのようなイカレタ超火力ポケモンがいるものの、それ以外はロトムくらいしか環境にいないので警戒対象は多くありません。 比較的警戒対象がわかりやすいポケモンなので、初心者でも扱いやすいでしょう。 【アシレーヌの特徴3】瞑想 アシレーヌが今作で取得した瞑想は特攻・特防ランクを1段階あげる技で、ニンフィアやマホイップが使うことで有名ですよね。 アシレーヌは素の種族値がどちらも高いため、1. 5倍したときの実数値上昇量も大きく強力な技です。 素早さが遅いですが、特防を上げることで一発耐えつつ切り返していくことができるでしょう。 【アシレーヌの特徴4】激流とうるおいボイス アシレーヌは通常特性が激流、夢特性がうるおいボイスです。 5倍になる特性、うるおいボイスは音系の技が水タイプになるという特性です。 型によって使い方が違いますが、どちらも強力な特性です。 アシレーヌの育成論と戦い方 前作からいるポケモンなので育成論はすでにたくさんありますが、今回瞑想を覚えたのでそれを活かす型を考えてみましょう。 【アシレーヌの育成論】瞑想アシレーヌ• 特性:げきりゅう• 個体値:A抜け5V(Aは逆V推奨)• もちもの:オボンのみ• という動きができるのが理想です。 物理方面は脆いので、1回瞑想を積んだらそのアドを活かして荒らすのがいいでしょう。 ダイマックス初手はダイストリームで雨をふらしておくと、HPが削られたとき激流圏内に入ればうたかたのアリアベースのダイストリームでとてつもないダメージが入ります。 (タイプ一致1. アシレーヌの対策 高火力物理アタッカーで対策するのがいいでしょう。 パッチラゴン• ナットレイ• ギャラドス これらのポケモンは高火力で弱点をつけるのでおすすめです。 パッチラゴンはムーンフォースで弱点をつかれてしまいますが、アシレーヌより素早さが高く最速調整が多い上に火力も言わずもがなぶっ壊れ性能なので対策としていいでしょう。 ナットレイは素早さが低いものの、基本的なアシレーヌが採用する技の打点をすべて半減で受けられるのでアシレーヌメタとして優秀です。 ギャラドスはパワーウィップ採用型だと弱点をつけるのと、意外と特殊耐久がある(特防種族値100)ので有利対面が作りやすいです。 特殊受けで受けるのもありです。 カビゴン• ラプラス 水を半減で受けられてアシレーヌにフリーズドライで弱点をつけるラプラスは特に強いでしょう。 アシレーヌがエナジーボール採用型、ラプラスが流行りの弱点保険キョダイラプラスならダイマックスを切ってエナジーボールを受け、弱点保険発動からの切り返しという動きもしやすいでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】アシレーヌの育成論と対策【瞑想歌姫!優秀なフェアリー】 いかがでしたでしょうか。 過去作(サン・ムーン)から連れてくるか交換することで手に入るアシレーヌ、ガラル地方のポケモンと違って過去作をやっていない人からすると入手困難なポケモンですが、ぜひ入手して育ててみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の