部屋 を 片付け たい。 「汚部屋から卒業したい…」片付けられない人のためのコツ4つ

部屋の片付けにはコツがある!100%キレイにするポイントと注意点|関東家電リサイクル問屋 公式BLOG

部屋 を 片付け たい

思春期を迎えた中高生にとって散らかった部屋は男女共通、長年の悩みです。 その原因として、小学生から中学生、中学生から高校生と、行動範囲や勉学、学校や友人との関わりなど色々な変化起こり、それに伴って部屋の中が変化することがあげられます。 具体的には、勉強の変化、興味の対象が増える、心理的甘えや精神面の不安定さなどです。 教科が増え、教科書が増えると同時に付随する副教本や資料などが増えます。 興味の対象が増えれば、興味を持った事に関するものが増えます。 必然的に物が増え、片付ける場所が不足してしまう事態に陥ります。 また、思春期特有の自立心や反抗期から、「したくないこと」を後回しにしたり、「片付けなさい」と注意されたことに反抗してしまったり、精神的な面から片付けに至らないことが少なくありません。 このように、普段生活の中に片付けられない理由が潜んでいます。 年代別おすすめの部屋の片付け方 では、いざ部屋を片付けようと動いた時どこから手をつければ良いのか、今まで片づけを避けてきた人間にはなかなか難しい課題です。 そもそも、部屋の片付け方がわからないと困惑する人も少なくはないでしょう。 また、年代によって部屋の片付け方へのアプローチや意味合いが少しずつ違ってきます。 次に、中学生、高校生のおすすめの部屋の片付け方を紹介しましょう。 中学生にお勧めの部屋の片付け方 中学生になると、自室は成長と共によりプライベート要素の強い場所、だからこそ自分のものは自分で管理する力が必要になってきます。 それも踏まえ、部屋の片付け方の第一としてまず捨てるもの、取っておくものを自分基準で設定し取捨選択ができるようにしましょう。 具体的には、「今」自分にとって必要か、どちらか迷う、必要ではないか。 3つの基準を元に持ち物を分類してみましょう。 すると、今の生活で自分が本当に必要なものが目に見えてわかります。 片付けられないのは、自分の管理能力を超えた物量であることが考えられます。 まずはそれを適正量にすることからはじめましょう。 またそれを行うことに対して、期限を設けてみましょう。 何かをするのに期限はつきまといます。 中学生なら宿題を期限までに提出するのは当たり前です。 そうする事によって、期限を守るために「計画」を立てられるようになります。 高校生にお勧めの部屋の片付け方 高校生になると、よりやることも興味も増え、持ち物の種類も多義に渡るようになります。 学校生活で必要なものも中学生に比べて増え、靴、バック、洋服、アクセサリー、化粧品、雑誌など、お小遣いやアルバイト収入で欲しいものが買えるようになり、所持品自体が急激に増える時期です。 こうなると、物の所持品目が増えることによって物を減らすことも難しくなります。 では、どのような部屋の片付け方をすれば良いか。 散らかるのは物の置き場所が決まっていないからです。 まだ置き場所が決まっていないものの置き場所を決めましょう。 ただ単純に置く場所を決めるのではなく、「自分にとって使いやすい場所、片付けやすい場所」を考え決めることが大切です。 自分が部屋でいつもどのように過ごしているかを考え、その動きに当てはめて物の置き場所を決めれば、取り出しやすく、また片付けやすい部屋を作ることが可能です。 部屋の片付け方の順番ってあるの? いざ部屋を片付けるとなると、どこから手をつけて良いのか、部屋の片付け方が分からない。 そういう人も少なくはないのではないでしょうか。 また、一言で片付けると言っても、物を減らしたいのか、収納したいのか、見た目を美しくしたいのか、片付けの目的によって手法が全く異なってきます。 そもそも片付けに方法というものはあるのでしょうか。 部屋の片付け方にはロジカルな方法があります。 それにのっとれば、無秩序に片付けをするよりも格段に早く、気持ちの良い部屋作りができるでしょう。 下記で、部屋の片付け方の一方法についてご紹介します。 散らかる理由を考えよう 部屋が片付かないのには必ず理由があります。 物が多すぎて収納場所がない、出したものを片付けない、物が捨てられないなど、その理由を考えてみると必ず自分部屋がなぜ散らかったかが分かります。 また片付かない部屋の状態は「自分の心の鏡」とも言えます。 勉学、人間関係、部活動、親子関係、恋愛、将来など何かに悩んでいる心の状態が、散乱した部屋に現れています。 多くの人が無意識ではありますが、心と環境は非常に密接に繫がっており、部屋が散らかっている状態だと自分の心も整理できないままになってしまいます。 部屋を整え、心のバランスも整えましょう。 上手な片付け方の手順 上手な片付け方の手順をご紹介します。 3つの箱の準備と大体の予定を立てよう 上手な部屋の片付け方として、片づけを始める前に、まず3つの箱を準備してください。 部屋のものを片付ける上で、ゴミはゴミ袋にすてれば良いですが、物に関してはまず自分にとって必要か、必要ではないか、どちらか考えたい、のいずれかに選別する必要があります。 それを行うための箱を準備しておきましょう。 また、片付けはだらだらとやっていてはいつまでも片付かない傾向にあります。 手順や部屋の状況を考えて、いつまでに何をする、いつまでに終わらせると、自分の中である程度の予定を立ててから取り組みましょう。 床や机などにはみ出している物をなくす 散らかった部屋は、床、机の上、ベッドの上、下など、本来あるべきではないところに物が散乱しており、非常に汚く見えます。 部屋の片付け方として最初に、まずそれらを回収し振り分けましょう。 ゴミはゴミ袋に、物は準備した箱に、必要なもの、いらないもの、迷うものの3つに分類していきます。 散らかっている物がなくなって初めて、収納してある物を取り出し作業ができます。 そして何よりも、物がない部屋を目にすることで片づけへの意欲が向上します。 モチベーションが上がればスムーズに片付けも終わらせることができるでしょう。 収納されているものを出して、減らす 次に、チェスト、本棚、クローゼット、棚など、収納されているものを全部出し、必要なもの、必要でないものに分別しましょう。 片づけができない理由のほとんどが、物が多すぎるという問題です。 1年以上使っていない、古くなった、複数同じものがあるなど、自分の中に基準を作り、当てはまるものは潔く処分しましょう。 収納は収納量の7割が適正と言われています。 また、箱に入った「必要なもの」も収納していかなければなりません。 自分が物の存在を把握、管理できる程度まで物は減らしていきましょう。 使いやすく収納しよう 最後に、残った必要なものを全て収納していきます。 まずは、自分の部屋での動向からそれぞれが使いやすい場所を考え、定位置を決めていきましょう。 収納もただどこかに入れたら良いというわけではなく、使いやすい収納、デットスペースを作らない収納など考えながら収納しなければなりません。 押入れやクローゼットの中に棚やラック、収納ボックスを入れて機能的な収納を考えたり、引き出しの中に仕切りを作って細かいものを収納するなど、工夫もしてみましょう。 ここまでが上手な部屋の片付け方の基本です。 綺麗な自室をしっかりと記憶し、もしこれが崩れそうになったら、習得した部屋の片付け方をまた一から実践すれば再び綺麗な部屋を取り戻すことができます。 また、一旦収納したものも、趣味や生活スタイルが変われば物量や種類も変化していきます、それに合わせて自分なりの部屋の片付け方のルールを作り管理をしていきましょう。 収納のコツとは 片付け方にも手順やコツがあるように、収納にもあります。 より上手い収納であると、使うのも片付けもスムーズで、綺麗な部屋をキープできます。 ここでは、部屋の片付け方の中でもよくあがる悩みについて、コツを紹介して行きましょう。 服の収納のコツとは 服は種類や目的がハッキリしているため片付けがしやすいものでありながら、すぐに溢れてしまう物でもあります。 溢れてしまう原因としてはやはり増えすぎが考えられ、また収納の仕方にも問題がでやすい場所でもあります。 まずは、部屋の片付け方と同じように全部取り出し、必要なもの、いらないものに分けます。 その後、制服、ジャージ、ニット、Tシャツ、パンツ、スカートなど、自分の決めたカテゴリー別に服を分別してみましょう。 制服やジャケット、ニットなど、畳めない物や型崩れが気になるものはハンガーにかけて収納しましょう。 また、ハンガーは同じ種類の滑らないハンガーなど薄型のものを利用すると収納しやすく、スペースが有効に使えます。 棚や引き出しへの収納は、使いやすい高さのところによく使うもの、引き出しなら下段、棚であれば上段にあまり使わないものを入れていくなど、物の使用頻度によって収納場所考えると良いでしょう。 物があふれる部屋を片付けるコツとは 最近は「断捨離」という言葉がよく聞かれますが、「不要なものを減らし、生活に調和をもたらそう」という思想が原点です。 この言葉、物を捨てる事というイメージがあるのですが、実は自分にとって大切なものを選ぶというもので、これは物が多い人が部屋の片付け方をイメージする際に取り入れてほしい思想です。 物を減らす際には、今自分に必要なもの、今要らないものをまず選択しますが、そのあとさらに必要なものの中からこれからも自分に必要なものを選び抜くことが一番重要なポイントです。 ただ単に物を減らす事だけを考えて取り組むのではなく、今とこれからの自分を考えて物を選ぶ素養を付けることによって、物事を選び抜く力がつき、物をコントロールすることと共に、物を何通りにも生かす方法を考えられるようになります。 生活力の向上は精神の安定にもなり、無駄買いもなくなります。 片付けは部屋を美しくし心も整えてくれるものである 以上、部屋の片付け方について方法やコツを紹介しました。 部屋の片付け方はこれ以外にも方法はありますが、どの方法も基本は「自分が管理できる物量をキープすること」です。 一旦片づけて綺麗になった部屋でも、どんどん物が増えていけばまた同じ事を繰り返すでしょう。 1つ物が増えたら、必ず1つ物を減らすこと。 また、購入前にそれはどこに収納できるか、はたまた本当に今必要なものなのか、今一度考えてみましょう。 そうすることで、購買欲の抑制と共に、無駄遣いも減っていきます。 物の管理はお金の管理にも繫がります。 部屋の美しさは、気持ちの良い毎日をもたらしてくれます。 心の健康、豊かさのためにも、ぜひこの部屋の片付け方を読んだ後片付けに取り組んでみましょう。

次の

部屋の片付け方・順番と手順・収納方法|物が多い

部屋 を 片付け たい

「お兄ちゃん助けて!」 大阪で一人暮らしをしている妹から電話がかかってきました。 「貸せる金は無いよ…。 」と言ったら、「明後日、大家さんが新しいインターホンと火災報知機を付けに業者さんを連れてくるんだけど、とてもじゃないけど上げられる部屋の状態じゃない」だそうです。 確かに、過去に何度か妹の家に泊まらせてもらったことがありますが、 「びっくりするくらいの汚部屋」でした。 私「そういうのって、事前に連絡が来るもんなんじゃないの?」 妹「…うん、ひと月前くらいに…でもずっと後回しにしてて…。 」 あれこれ言ってもどうしようもありません、 もう明後日のことですし。 妹は、私が過去に自分の汚部屋を片付けた経緯を知っていたので、私に助けを求めてきたようです。 とはいえ、私は手伝うことができないので、今回は妹はたった一人で片付けをしなければなりません。 その代わりに私は、 「短時間で汚い部屋を片付ける方法」と、「短時間で部屋を片付けるためのやる気を出すコツ」をアドバイスしました。 切羽詰まった妹はその通りに片付けをしたらしく、大家さんと業者さんを部屋に上げることができました。 もしかしたらあなたも私の妹と同様に、 「急な来客があるので片付けなければならないのだけれど、どうしよう…。 」と思っている方はいらっしゃいませんか? 今回は、汚部屋を短時間で片付ける方法と、汚部屋を片付けるやる気を引き出すコツを紹介しようと思います。 見積もりは 無料です。 お気軽にご相談ください! 汚部屋を短時間で片付ける3つのメリット 私は、普段片付けをし慣れてない人は途中でモチベーションが下がることがあるので、ちょっとずつ片付けをしていきましょうと紹介しているのですが、今回ばかりはそうはいきません。 時間が限られていますので、テキパキと急いで片付けをしなければなりません。 ですが、 普段片付け慣れてない方が「短時間」で汚部屋を片付けることは、決して悪いことではありません。 メリットもあると思っています。 (1)キッカケになる 多くの普段片付けない人にとって、急に部屋を片付けてたら、そのキレイで整理整頓された状態を維持しようとするキッカケになると思います。 学生の時の私が正にそうでしたが、友達やゼミの担当教授と一緒に部屋を片付けた時に、この状態を元に戻すのはもったいないと強く感じ、そこからちょっとずつ要らない物や服を捨てたり、コマメに掃除をしたりして、その状態を卒業まで維持しました。 散らかっている時はその状態で良いと思ってしまうのですが、いざ片付けた部屋の便利さを知ってしまったら、元の汚部屋には戻りたくないと感じました。 つまり、短時間で汚部屋を片付けるということは、キレイで整理整頓された部屋を維持するキッカケになると思われます。 (2)家事がしやすくなる 散らかった部屋では、何をするにもやる気が削がれてしまいます。 でも、キチンと片付けられた部屋になると、いろいろなことに対してやる気が出てきます。 私の場合、部屋をキレイにした後に痛感したのが、家事をすることがとてもしやすくなり、楽しく感じたことです。 片付ける前は、特にキッチンが荒れ放題で調理をする気にすらならなかったのですが、片付けてからは料理がとてもおもしろいこと、そしてやりやすいことに気が付きました。 (3)友人知人を招くことができる 汚部屋を短時間で片付けたいと思う人は、きっと直近で来客が来るという理由の方が多いのではないでしょうか?そのためだけに部屋を片付けるのは、もったいないと思いませんか? せっかく頑張って片付けたのであれば、急な来客ではない友人知人を招いてみましょう。 鍋パーティーでもたこ焼きパーティーでも、映画を観ようとかゲームをしようとかでもいいです。 キレイに片付けられた部屋に誰かを呼ぶことができ、それを習慣にまでしてしまったら、きっと元の汚部屋には戻したくないと思うはずです。 汚部屋を片付けるためのやる気を出す4つのコツ 短時間で汚部屋を片付けるためのやる気を出す方法を4つ厳選して紹介します。 コツ1:インターネットの動画を観てみる テレビの番組でよく、芸能人が住んでいる汚部屋を片付けるという企画をしています。 「えっ、こんな人が汚部屋に住んでいるの!?」「うわっ、この人見た目の割りに部屋汚い」と思うことがあります。 しかも、結構女性芸能人の方が多いんですよね。 汚部屋がテレビで映るなんで、嫌じゃないですか? そういう番組を見ていると、例えばスタッフさんが片付けの手伝いをしてくれたり、酷い部屋の場合だと業者さんが来て、不用な物をトラックで持って帰ったりしています。 部屋の片付けをする上での、役立つ方法やコツがわかります。 また、芸能人を反面教師にして、「自分はこうなってはいけない…」と思うこともできます。 動画投稿サイトにいくつかアップされているので、機会があったら観てみてください。 コツ2:音楽をかける こういった作業は、やる気やモチベーションが下がってしまうと、いくらしなければならないとは言えど、動きが緩慢になってしまいます。 まずは自分の好きな音楽をかけて、やる気を上げていきましょう。 もしも大きな音で音楽をかけることが難しいのであれば、イヤホンやヘッドホンで聞きましょう。 私の場合、片付けをする時はアップテンポの曲をかけてします。 早く片付けをしたい場合は、よりアップテンポな曲を勧めます。 服が入ったクローゼットの中からではなく、筆記用具が入った引き出しの中や、ピアスやネックレスが入った小箱の中など、小さく狭いスペースから片付けをしていきましょう。 コツ4:ひとつの動作にフォーカスする アレもコレもいっぺんにしてしまうと、頭の中が混乱してしまいます。 なので、ひとつの動作にフォーカスして、それだけを一生懸命にやってみましょう。 その他にもモチベーションは「」でも書かせていただきましたので合わせてお読みください。 「どんなにお急ぎのお片付け」 でも対応できます。 見積もりは 無料です。 普通であれば「要る物」と「要らない物」と「保留」の3つのゴミ箱を使っていただきたいのですが、急いで片付けを進めていきたいので、今回は「保留」の箱は無しでやっていきましょう。 あらかじめ、印鑑や保険証など、絶対に捨ててはいけない物は除いておきましょう。 また、ご家族がいらっしゃるという方は、誤って他の家族の物まで捨ててしまわないように注意しましょう。 ご家族がいらっしゃる方は、できればご夫妻や子供さんと一緒に作業をしていくことを勧めます。 仕分けていくと、自分がいかに不要な物をためてきていたかが、よくわかると思います。 捨てようかどうしようか迷った物は、捨てましょう。 きっと、今後それがなくて困るということは、無いと思います。 (2)要る物を収納していく 仕分けた結果必要だと思った物を、適切な場所に収納していきましょう。 服が床に落ちてたり、イスにかかっていたりというのは、見た目が悪いです。 服はなるべく、他人の目に付かない場所に収納しましょう。 本も床の上ではなく、机の上等に置くようにしましょう。 床の上に物を置かないようにしましょう。 (3)掃除をする きっと、長い間掃除をしてこなかったと思うので、たくさんホコリが落ちているはずです。 そういった微粒なゴミを掃除機で吸い取り、濡らして固く絞った雑巾で拭いていきましょう。 それらのことを一通りすれば、かなり片付いてキレイな部屋になると思います。 どうしてもやる気が出ない場合はプロに相談しよう 片付けが苦手な方にとって、今回紹介した方法をいくら実践しても「やる気が出ないんです!」という方もいらっしゃいます。 そういった場合は、整理収納アドバイザーなどの「片付けのプロによる指導」がオススメです。 指導料は料金がかかりますが、一生懸命やる気を出そうとしなくても、片付け自体が「楽しい!」と思えるようになるので、もう「やる気が出ない…。 」と悩むことはなくなります。 片付け110番では片付けのプロ(片付けコンシェルジュ)を紹介するサービス「」も行っておりますので、ぜひ一度検討してみてください。 まとめ 大家さんと業者さんがインターホンと火災報知機を付けた後、妹の部屋には酔っ払った友達や生命保険の営業さんなど、立て続けに来客があったそうです。 その中でも生命保険の営業さんには、キレイな部屋ですねと褒められたようで、嬉しそうでした。 妹は今も、その短期間でキレイにした部屋の状態を維持しているようです。 ズボラな私の妹でもやる気を出せて、かつ片付けられた方法です。 ぜひ実践されてみてください。 少しでも早くあなたのやる気が上がり、キレイな部屋を取り戻すことができることを応援しています。

次の

ゴミ部屋・汚部屋をどうにかしたい!正しい片付け手順7個を紹介

部屋 を 片付け たい

ゆーすけ|片付け部編集長 片付けが好きで、妻を巻き込んで毎週断捨離を行っています。 仕事でも遺品整理、ゴミ屋敷、生前整理、不用品回収、特殊清掃の現場に行き、プロの技を学んでいます。 片付けをしたい方にとって有益な情報をお伝えいきたいと思っています。 「いつも部屋が汚いのはだらしがないからだ」、汚い部屋を見られ様々な人に言われているのに、片付けたい気持ちとは裏腹に全く片付かない汚い部屋。 片付けたい気持ちはあれど、すぐに汚い部屋になると悩んでいる人は少なくありません。 片付けたいのに部屋の片付けが進まない、片付けたとしてもすぐに汚い部屋に逆戻り、そんな方には 今回ご紹介する8つの方法をぜひ試して下さい。 今日限りで汚い部屋とはおさらばしましょう! 目次• 部屋を片付けたいなら汚い部屋と別れる決意が必要 汚い部屋を本当に片付けたいのなら、「汚い部屋でも生活できる」という気持ちを捨て、 汚い部屋と別れる決意が必要です。 なぜ片付けたい気持ちとは裏腹に汚い部屋でも過ごすことができるのか、その裏には自分でも気が付くことができない意外な心理が隠されています。 まずは自分の心と向き合い、 「片付けたいから部屋を片付ける!」と気持ちの方向を変えていきましょう。 部屋を片付けたいのに片付けられないのはセルフネグレクト? 汚い部屋を片付けたいのに片付けられない、更にはお風呂に入ることもできなくなり、いくら具合が悪くても病院に行くことも拒否してしまう。 これらのことに当てはまる場合、部屋が汚いのは 「セルフネグレクト」が原因かもしれません。 セルフネグレクトは、強いストレスや怒りを発端としてはじまるものです。 自分の生活や健康を顧みず、部屋も自分自身もどんどん汚い状況へと追い込んでいきます。 片付けたい気持ちはあれど、汚い部屋で生活してしまう、強いストレスを感じているという方は一度 心療内科をで診察してもらいましょう。 寂しさによって物を捨てられない 部屋を片付けたいと考えているのに、物を捨てることができずにため込んでしまう人もいます。 この状態が進むと汚い部屋になります。 そこまで酷くなくとも「まだ使えるかもしれない」と考え、不必要なものも取っておく癖がついていませんか? このように物を捨てられないという心理の裏には 「寂しさ」が隠れていることがあります。 埋められない心の隙間・寂しさを、物に囲まれることで得ようとしてしまうのです。 毎日の仕事に疲れ人のぬくもりが欲しいときには、時々実家で両親と話をしてみたり、旧友と電話でたわいのない会話をするなどして心を満たすことで、部屋を片付けたいと自然と思えるようになることもあります。 汚い部屋を片付けることよりも面倒な気持ちが勝ってしまう 汚い部屋には嫌、だけれども面倒な気持ちが勝ってしまい動くことができないということは誰しもが経験することだと思います。 こんな時は、片付けたい気持ちはとりあえず横において、まずはのんびり休んでみてください。 いつもきれいな部屋であれば、片付けたいと感じた時にすぐ取り掛かることもできますが、一度汚い状態になってしまった部屋の片付けには気力と体力の両方が必要になります。 「なんとなく動きたくない、片付けたいけど面倒くさい」、これは部屋を片付けるだけの気力と体力が現時点で無いことの表れではないでしょうか。 部屋が汚いのは、現在の自分の能力や許容範囲を超えて何かに取り組んでいるということも考えられます。 毎日忙しくしている方は、一呼吸おいてから掃除に取り掛かるのがいいでしょう。 汚い部屋と別れるための心の在り方 このように、 「部屋を片付けたいのに片づけられない」という心の裏には、ストレス、寂しさ、疲れなどといったものが隠れていることがあります。 実際に汚い部屋から卒業するためには心の在り方を変えていくのがおすすめです。 考え方ひとつでできる、汚い部屋と別れる方法3つをご紹介します。 汚い部屋と別れる方法1 — すぐに片づける意識 実際に汚い部屋で生活している人の日常を見てみると、「ゴミをごみ箱に捨てない」「乾いた服をすぐにたたまない」という行動が目につきます。 疲れているから何もしたくない、という時には 「今やらないと、あとでもっと大変なことになる」と心の中で念じてみてください。 今片付けないとお弁当のゴミから異臭が出てくる、今洗濯物を片付けないと部屋に洗濯物を干す場所がないなど、 具体的に困るポイントを探して頭に思い描くと、自然と片付けたい気持ちが湧き、汚い部屋ではなくなります。 汚い部屋と別れる方法2 — きれいな部屋に慣れる 汚い部屋で生活するのが当たり前になりすぎると、きれいな部屋だと心が落ち着かないという人もいるようです。 そういう方は、 汚い部屋にいるよりも「片付いたきれいな部屋にいる」ことに慣れる必要があります。 きれいな部屋の状態のまま、「この部屋は自分にふさわしい」と感じるまでその部屋の状態を保ち、生活してみてください。 きれいな部屋に慣れると、汚い部屋になる前に自然と「片付けたい」という意識が出てくるでしょう。 汚い部屋と別れる方法3 — 自分だけで頑張らない 汚い部屋を片付けたいのなら自分だけでやるべきである、と考えていませんか?自分で汚した部屋は自分で片付けたい、または人に汚い部屋を見られるのは恥ずかしいと考える方もいるでしょう。 汚い部屋と別れたいのなら、無理せず人を頼るべきです。 自分だけで頑張ろうと思っても限界がありますし、人に見られるのが恥ずかしいのなら「汚い部屋を見慣れている専門家」に依頼するという手もあります。 専門家であれば汚い部屋で何が起こっても動じることがありません。 もし本当に恥ずかしいのであれば、自分は立ち会わず専門家だけに片付けを任せてしまえばいいのです。 関連記事:生前整理について詳しく知りたい方はこちら 「」 生前整理ならオコマリにおまかせ 全国に生前整理業者は 9,000社以上あると言われています。 その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの 悪質な業者がいます。 この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心して生前整理を行ってもらうために、 全国一律料金で 追加料金一切ナシの定額パックプランを 業界で初めて提供しています。 部屋の間取り別で料金が決まっているため、 明瞭会計で安心です。 例えば、1K・1Rはたったの79,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければ さらに減額させていただいております。 また、登録されている生前整理業者は、オコマリのスタッフが 1社1社面談をして厳選しており安心です。 現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。 問い合わせやお見積りは すべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。 片付けたい部屋が抜群にきれいになる8つのポイント ここからは、片付けたい汚い部屋が抜群にきれいになる8つのポイントについてご紹介します。 一つ一つはとても単純で簡単なことですが、 汚い部屋と別れるためには毎日の片付けたい気持ちの積み重ねが大切です。 汚い部屋を片付けたい!ポイント1 — ごみを捨てる 汚い部屋を片付けたい!ポイント1、まずは 部屋中に散らかるごみを捨てていきましょう。 最初にゴミから手を付ける理由は「解りやすく必要ないもの」だからです。 汚いゴミをどんどん捨てていくことで、 「不必要なものを捨てる」勢いをつけることができます。 この際の注意点としては、自治体に則したごみの分別をしっかり行うことです。 勢いよくごみを捨てて、片付けたい気持ちを促進させてください。 汚い部屋を片付けたい!ポイント2 — 服を片付ける 汚い部屋を片付けたい!ポイント2は、 散乱する衣服の片付けです。 この際、 床にある服や適当に放り投げてある服は、一度洗濯してあったとしてももう一度洗濯します。 床やソファーに置いた衣服は、洗濯済みであったとしても害虫などで汚れている可能性が高いからです。 洗濯後、ハンガーにかけられて乾いているものは箪笥やクローゼットに収納してください。 汚い部屋を片付けたい!ポイント3 — 狭い空間からとりかかる 汚い部屋を片付けたい!ポイント3は、 狭い部屋の片付けです。 ポイント1と2で捨てる勢いと片付ける勢いもついてきて「どんどん片付けたい!」と考え出す頃合いです。 そうしたら、ここからは本格的な部屋の片付けが始まりますが、狭い空間から順番に取り掛かるようにしてください。 汚い部屋を片付けたい!ポイント4 — 大きいものを片づける 汚い部屋を片付けたい!ポイント4は、 大きいものの片づけです。 ぬいぐるみ、本、というように、手に取りやすいものから整理していきます。 大きく場所をとるものから片付けていくことで、少し作業を進めただけでも格段に部屋が広く感じ取ることができるため、 「確実に片付いている」という実感を得やすく、片付けたい欲求がさらに高くなるのです。 汚い部屋を片付けたい!ポイント5 — 四角い形を意識する 汚い部屋を片付けたい!ポイント5のポイントは「 四角」です。 汚い部屋を片付けていると、 「丸みを帯びたもの」と「角ばっているもの」で収納しやすさが異なるということが解ります。 四角いものは隙間なく積み上げられるのに対し、丸みを帯びたものは幅をとり積み重ねることもできません。 限られた収納で効率よく片付けたいのなら、すべて四角いものに一旦入れてから収納するとスムーズです。 100円ショップなどで売られている、収納用ケースを購入し、上手に活用しましょう。 汚い部屋の元となるキッチン下の収納や冷蔵庫の中、クローゼット内の下着や靴下などをケースに入れてから収納してみてください。 乱雑に物が詰め込まれ、汚い状態となっている引き出しの中もすっきり整頓できます。 汚い部屋を片付けたい!ポイント6 — 分類して収納する 汚い部屋を片付けたい!ポイント6は「 分類」です。 汚い部屋の中で生活している人は、「部屋は汚いが、どこに何があるのかはすぐわかる」とよく口にします。 実際に汚い部屋の中からすぐに探し物を見つけ出すことができるのですが、一旦部屋をきれいにしてしまうと今度はどこに何があるのかわからなくなってしまうことも多いようです。 これは 「物をとりあえずどこかに詰め込んだだけ」で、分類し収納しているわけではないことが理由として挙げられます。 綺麗にした部屋を持続させ、片付けたい気持ちを失いたくないのであれば、 しっかり分類して収納することが大切です。 生活する上でよく使用するものはケースではなく、かごのようなオープンタイプのものに入れ、手に取りやすい場所に置いておきます。 普段使わないものは、収納ケースに入れラベリングし、この箱には何が入っているのか?ということをわかりやすい状態にしておきます。 汚い部屋を片付けたい!ポイント7 — 疲れたら休む 汚い部屋を片付けたい!ポイント7は 適度な休憩です。 部屋を片付けたい!と考えてから実際に行動し、汚い部屋が片付くまでには部屋の広さに応じて時間も長くなってしまいます。 ワンルームであれば1~2日で掃除は終了しますが、2LDK以上の汚い部屋になると、片付けが数日に及ぶこともあるでしょう。 このように片付けたい気持ちから掃除の終了までに長い期間がかかりそうな場合には、 無理せず疲れたら休むようにしてください。 「今日は4時間掃除する」というようにあらかじめ決めておき、その時間が経過して実際に疲れていたら休憩しましょう。 汚い部屋を片付けたい!ポイント8 — 計画的な掃除を行う 汚い部屋を片付けたい!最後のポイントは、 汚い部屋にしない計画的な掃除です。 片付けたい部屋がきれいになったあとは、計画的に掃除をするよう決めてください。 理想は1週間ですべての部屋をきれいにできることです。 曜日ごとに掃除する場所を決め、スケジュールに組み込んでおきましょう。 特に、片付けたいと思ったときに酷く汚い状態になる部分を優先し、計画します。 例えば、月曜日はキッチンのガスコンロ、火曜日は家の排水、水曜日はトイレ、といったように計画してください。 水廻りが汚いと掃除が大変ですから、汚い!と触るのが嫌になってしまう前に定期的に掃除しましょう。 汚い部屋を片付けたいと思えるようになろう! 最後に、汚い部屋を常にきれいに保ち、「 心から片付けたいと思えるようになる」ためにできることについてご紹介します。 面倒を逆手に取ると片付けたくなる 汚い部屋を片付けたいという気持ちが湧かないのは、自分はめんどくさがりだからである。 という方は、 「今やるべき」と自分に言い聞かせ、片付けたい気持ちを盛り上げる方法がおすすめです。 片付けたい気持ちを盛り上げる具体的な方法は、 ものを置こうとしているその瞬間に、後日片付けたいと感じたときの自分を想像する、これだけです。 汚い部屋を片付けたい!となる前に、汚い部屋を想像し、汚い部屋の掃除がどれだけ大変になるかを想像するだけで、「今、片付けたい」という気持ちが湧き上がってくるはずです。 常に心を「 今、片付けたい」という方向へ持っていくだけで、汚い部屋もきれいに片づけることが可能となります。 汚い部屋のデメリットを考える 「汚い部屋でも生活できるから問題ない」、そういう考えで片付けたい気持ちが中々湧いてこないという方も多いでしょう。 そういう時には、 汚い部屋に住んでいることでどのようなデメリットが生じているのかを考えてみてください。 部屋が汚いと友達を部屋に呼べない• 部屋が汚いと片付けたい時には掃除が大変になっている• 汚い部屋ではリラックスできず、心も体も休まらない• いつも部屋に漂う生活臭が衣服に染みつく• 部屋が汚いせいでアレルギーを発症してしまった• 汚い部屋を家族に責められる 部屋が汚いことに対するデメリットを挙げていくだけで、不思議と片付けたい気持ちになってくるでしょう。 部屋が汚いことによるデメリットは経済的なものばかりではなく、身体的なものにも及びます。 汚い部屋で心身の健康を損なう前に、自然と部屋を片付けたいと思える心の癖付けが大切なのです。 「部屋を片付けたい時の8つのポイント」まとめ なぜ自分の部屋はいつも汚いのか、片付けたいという気持ちが湧いてこないのか、部屋を片付けたいのに上手にできないと悩む方、それぞれに異なる理由があることでしょう。 今回の記事では、 汚い部屋との別れる決意の方法をはじめ、具体的に部屋を片付けるポイントを8つご紹介しました。 仕事が忙しく家事にまで手が回らない、心が疲れ切って部屋を片付けたい気持ちが出てこない。 こんな方は、まずゆっくり休んで疲れをとるようにしてください。 そして、自分だけの力では無理であると感じたら、すぐに汚い部屋をきれいにする専門家の手を借りるのも1つの方法です。 汚い部屋と別れ、部屋を片付けたい気持ちを常に持つことができる自分なりの方法を探し出してみてくださいね。 記事を読んで部屋の片付けに関してもっと知りたい!と思った方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

次の