ギター 3 コード で 弾ける 曲。 サンプル表示

凄い!コードの秘密 「C F G」3つのコードだけで、いろんな曲をピアノで弾けるようになる裏ワザ

ギター 3 コード で 弾ける 曲

「簡単に弾ける曲を知りたい」「楽しくギターの練習をしたい」「歌いながら弾きたい」というギター初心者の方はいませんか? ギターを始めたばかりで難しい曲を弾こうとすると、難しいコードばかりでうまく押さえられずキレイな音が鳴らず途中で弾くのを諦めてしまう方もいます。 簡単に弾ける曲を選べば楽しく練習ができ、ギターのレベルアップにも繋がりますよ。 私もギターの練習を始めたばかりの頃は、簡単なコードの曲を何度も練習していました。 最初はコードの少ない曲から練習を始めて、慣れてきたらコードの多い曲を弾いていくと徐々にステップアップができていいでしょう。 本記事では、ギター初心者でも弾きやすい曲を選ぶポイント4つや、邦楽と洋楽別におすすめの曲を25種類紹介します! 目次• 弾きやすい曲を選ぶポイント 弾きやすい曲を選ぶときに確認しておきたいポイントは、 「簡単なコードで弾ける」「テンポが速すぎない」「1小節間にコードの切り替えが多くない」「好きなアーティストの楽曲」の4つです。 弾きやすい曲を見つけて、ギターを楽しく弾きましょう! 簡単なコードで弾ける曲を選ぶ ギター初心者でも弾きやすい曲を選ぶときに最も重要なポイントは、使用するコードの確認です。 6弦全て指1本で押さえるバレーコードなど、 弦の押さえ方が難しいコードが多く含まれている曲を選んでしまうと、コードの切り替えに手間取ってしまいます。 また、正しく押さえられないため、キレイに音が鳴らず途中で挫折してしまう方もいます。 CやGやAなど、 なるべく弦を簡単に押さえられるコード進行の曲を選べば、初心者でも弾きやすいですよ。 さらに、ネックとフレットを挟むように装着して使う カポタストを上手く利用すれば、バレーコードが多い曲でも簡単コードで弾けるようになるのでおすすめです。 コード譜サイトの場合、「転調」や「キー」などの項目からカポタストをどのフレットに装着すればいいのか判断できます。 ギターコードが見放題のサイト『』なら、コードを簡単にして弾きたい方のために「簡単弾き」と記載されているので、それに合わせてカポタストを使うようにしてください。 より多くの曲をギターで弾けるようになりたい、初心者にとても便利なアイテムなので1つ持っているといいでしょう。 テンポが速すぎない曲を選ぶ ギター初心者なら初めはテンポが遅いバラードなどで、ゆっくりと練習をしていくといいでしょう。 選ぶ曲のテンポが速すぎると、コードを変えるのに手間取ったりリズムを刻む手が追いつかないということもあります。 ゆっくりなテンポの曲であれば、コードの押さえ方やストロークなどの乱れも自分で把握できるのでじっくり練習できますよ。 馴れてきたらコードが簡単でもテンポが速い曲に挑戦していけば、徐々にギターで弾ける曲の幅が広がるので焦らずに頑張りましょう。 1小節間のコードの切り替えが多くない曲を選ぶ ギター初心者の場合、1小節間にコードの切り替えが多くないかも、曲を選ぶときに確認しておきたいポイントの1つです。 コードの切り替えがあまり多くない曲を選べば、初心者でもスムーズに気持ちよく弾くことができますよ。 1小節間に2つ以上のコードが使われていると、コードを変えることばかりに気を取られてつまずきやすくなってしまいます。 なるべく1小節間に1〜2つのコードで弾けるような曲を選ぶといいでしょう。 最初のうちはコードからコードへ指をフォームをチェンジするのも迷ってしまいますが、 練習を積み重ねていけば指が覚えていてスムーズに弾けるようになるので根気強く弾き続けることが大切です。 好きなアーティストの曲を選ぶ 好きなアーティストの曲を選べば、少し難しいと思っても「弾きたい!」というヤル気が出ます。 ヤル気は練習を継続することに繋がるので、ギターの腕をレベルアップさせるためにとても重要です。 なるべく普段から聞いているアーティストや同じジャンルの曲や、それらに近い曲を選んで楽しくギターを弾くといいでしょう。 ギター初心者におすすめの曲 15選【邦楽】 上記ではギター初心者も弾ける曲を選ぶポイントを紹介してきました。 ここからはギター歴10年の私が、ギター初心者の方におすすめな邦楽の曲を紹介していきます。 ぜひ試しにギターで弾いてみてください。 「元気がでる曲を弾きたい」という方におすすめです。 カポタストを1フレットに装着すれば、 Em・Bm・C・Dなどで弾くことができます。 アコースティックギターでもエレキギターでも楽しく弾ける1曲なので、弾けるようになったらギターに合わせて友達と歌うのも楽しいですよ。 カポタストは不要ですが、 D・G・A・D7などの比較的簡単に押さえられるコードも多くなっています。 パンク好きの方にもぴったりで、テンポが速く勢いのある曲なので、楽しく練習ができます。 カポタストを1フレットに装着すれば F・C・G・Am・E7などの初心者でも弾きやすい簡単なコードで弾けます。 バレーコードもありますがFのみなので慣れてしまえばスムーズに弾けるようになりますよ。 テンポよく進んでいく曲なので、初心者の方にはコードの切り替えが難しいと感じる部分もあります。 しかし、 口ずさみながら弾くことでメロディーと合わせやすくなるので、米津玄師の大ファンという方はぜひチャレンジしてみてください。 Children】ミスチル好きは必見! おすすめ度: かっこいいロックサウンドで憧れていた方も多いELLEGARDENの「Missng」は、コード数も少なくギター初心者でも弾きやすくなっています。 G・D・Aの簡単なコードだけでなく、BmやBm7などのバレーコードも出てくるので難しいと感じる方もいます。 しかし、テンポが速すぎないので、コードの切り替えがしやすいですよ。 また、 ELLEGARDENの曲の中でも日本語の歌詞なので、英語詞が苦手という方にも向いています。 ギター初心者におすすめの曲 10選【洋楽】 次は、ギター初心者におすすめな洋楽の曲を紹介していきます。 カポタストを4フレットに装着すれば G・D・Em・C・AでAメロからサビまで弾くことができます。 テンポがよくノリがいいので、弾いていても楽しめます。 コードは簡単ですがストロークにカッティングを入れたりと、ギターの腕がレベルアップしたら遊ぶことができます。 弾き語りをする場合は流暢な英語が必要になりますが、英語が得意という方は海や屋外で弾き語ってみたら気持ちいいですよ。 A・D・Gの3コードで全部弾けるのでとても簡単です。 Aメロのコードを切り替えるのに最初は手間取るかもしれませんが、押さえ方の簡単なコード進行なので指の練習になりますよ。 メロディーラインがスピーディなので英語が苦手な方には難しいですが、リズムがいいのでバンド演奏をしたいという方にもおすすめです。 また、口ずさみやすいメロディーラインというのも魅力です。 初心者でもいくつか楽曲が弾けるようになってから弾いてみると、レベルアップにも繋がりますよ。 日本人でも馴染みの深い曲で練習しやすいので、洋楽を1曲弾けるようになりたいという方は試してみてください。 ギターのコードを上手く鳴らすコツ ギターを弾いていて、 「キレイな音が鳴らない」「詰まったような音になってしまう」という方も少なくないでしょう。 以下では、ギターのコードを上手く鳴らすコツを3つ紹介します。 ギターのチューニングは忘れずに! チューニングがずれていると、正しい音が鳴らないので弾いていても気持ち悪く感じてしまいます。 ギターは開放弦を弾いて6弦(E)、5弦(A)、4弦(D)、3弦(G)、2弦(B)、1弦(E)になるようにペグを回して調整します。 ペグを閉めると音が高くなり、ゆるめると音が低くなるのでギターを弾くときはチューニングを忘れないようにしましょう。 チューナーにつなげると、より正確にチューニングができるので活用するのがおすすめですよ。 コードの押さえ方に注意する しっかり指で弦が押さえられていないと、こもった音が鳴ったり響きが悪くなります。 ギターを弾くときはコードの押さえ方にも注意する必要があります。 指の平で抑えるとズレやすいので、ネックに向かって立てるように弦をしっかり押さえます。 また、 フレットに近い部分を押さえ、ネックをしっかり持つことで支えられて安定するのでコードを押さえやすくなりますよ。 最初のうちは弦を押さえていると指が痛くなることがありますが、練習をしているうちに徐々に慣れていくので頑張って継続していきましょう。 キレイな音が鳴らないと悩んでいる方は、素早くしっかりコードを押さえられるように練習をしてみてください。 ピックの持ち方を安定させる ギター初心者の場合、コードを押さえる指を意識し過ぎてピックを持つ手を忘れがちです。 しかし、ピックの持ち方もキレイな音を鳴らすために重要なポイントです。 人差し指の側面に指の先と同じ方向に弦と触れる角が揃うように置き、親指の腹で軽く押さえるようにピックを持つと安定感が出ます。 ピックを浅く持ちすぎると不安定になり、キレイな音を出しにくくなるので注意をしてください。 ピックの使い方を把握する 実際にギターを弾くときは ピックを弦に対しして斜めにして弾くようにして、程よい深さで鳴らすようにしましょう。 ピックを弦に対して深く入れ過ぎると力が入ってしまいスムーズな音が鳴りにくく、浅く入れ過ぎると小さく弱い音がなってしまいます。 上記で説明した ピックの持ち方と合わせて、ピックの使い方も把握してキレイな音を鳴らせるように意識してみてください。 覚えておきたい!定番のストロークパターン 最後に、 ギターを始めたら押さえておきたいストロークパターンを4種類紹介していきます。 いくつか使い分けることができれば、ギター初心者でも弾ける曲の幅が広がりますよ。 バラードで使える「2分音符のストローク」 バラードなどでよく使るのが「2分音符」のストロークです。 1小節間の 「イチ・サン」のタイミングで、ジャーンと鳴らします。 イントロやAメロなどに使うことが多く、上から下に向かって弾くダウンピッキングなので初心者でも比較的弾きやすいストロークです。 基本的なストローク「4分音符のストローク」 「4分音符のストローク」は、基本的なストロークなのでしっかり覚えておきましょう。 1小節間の 「イチ・ニ・サン・シ」のタイミングで、テンポよくジャン・ジャンと鳴らしていきます。 「2分音符のストローク」同様に全てダウンピッキングで弾けるので、初心者でも弾きやすいですよ。 アコースティックギターやエレキギターなどで使い勝手がいい「8分音符のストローク」 早い曲を弾くときに役立つのが「8分音符のストローク」です。 1小節の間に8個の音符が入っているので、 「イ(チ)・ニ(イ)・サ(ン)シ(イ)」のタイミングでギターを弾きます。 「ジャ(カ)・ジャ(カ)・ジャ(カ)・ジャ(カ)」の(カ)の部分は下から上に向かって弾くアップピッキングになります。 ダウンピッキングとアップピッキングを使用するので、最初は難しいと感じることもありますが、マスターすればあらゆる曲で役立ちますよ。 これができればバンドの曲もバッチリ「16分音符のストローク」 「8分音符のストローク」の倍の音符が詰まっているのが「16分音符のストローク」です。 ダウンピッキングとアップピッキングを使用して全ての音を鳴らすので、弦を弾く手のスピードが必要になります。 速いテンポの曲を弾くときに役立つので、弾けるようになるといいでしょう。 覚えておくと便利「4分+8分音符のストローク」 あらゆる曲でよく使われているのが「4分+8分音符のストローク」です。 1小節間に4分音符と8分音符が入っていて、 「イチ・ニ(イ)・サン・シ(イ)」のタイムングでギターを鳴らします。 「ジャン・ジャ(カ)・ジャン・ジャ(カ)」の(カ)の部分はアップストロークで弾きます。 バラードからバンド曲まで使えるストロークなので、覚えておくようにしましょう。 ギター初心者でも楽しく弾ける曲を見つけて、腕前をレベルアップさせよう! 本記事ではギター初心者が弾きやすい曲を選ぶポイントや、おすすめの曲を紹介してきました。 ギター初心者でも弾ける曲を見つけられれば、練習が楽しくできてレベルアップに繋がりますよ。 上記で紹介した 「コード進行」や「曲の速さ」などをチェックして曲選びをし、ギターを気持ちよく弾きましょう! 地域別ギター教室• 北海道・東北地方• 北海道• 青森県• 秋田県• 岩手県• 山形県• 宮城県• 福島県• 関東地方• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 中部地方• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 岐阜県• 山梨県• 長野県• 静岡県• 愛知県• 近畿地方• 滋賀県• 三重県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 中国地方• 島根県• 鳥取県• 岡山県• 広島県• 山口県• 四国地方• 徳島県• 香川県• 高知県• 愛媛県• 九州・沖縄地方• 福岡県• 長崎県• 大分県• 熊本県• 鹿児島• 沖縄県•

次の

これだけで曲が弾ける!超簡単なコード進行を4つ集めました【ギター初心者向け】

ギター 3 コード で 弾ける 曲

まずはコードを正しく押さえるためのコツをチェック 全ての弦がきれいになるようにコードを抑えるには指の位置感覚を身につけるのと練習が重要ですが、それだけではなくがいくつかあります。 弦はフレットの近くで押さえる 一つ目のコツとしては 弦はフレットの近くで押さえるという点です。 例えば4弦の2フレットを押さえる時に1フレットと2フレットのちょうど中間を押さえるのと2フレットに近くで押さえるのとでは上手く鳴らすのに必要なチカラが違うと思います。 おそらくフレットの近くで押さえるほうが僅かなチカラでも十分なはずです。 押さえる弦が多いコードほどこの部分を意識することが重要になってきますので意識してみましょう。 指の第一関節を曲げて押さえる 二つ目のコツは 指を立てて弦を押さえることです。 イメージが付きづらいかもしれませんが上の写真のようなコードの押さえ方です。 指の第一関節をしっかり曲げて指を立てています。 よくギターを初めて間もない時はコードを押さえる指がすぐ疲れてしまい、第一関節がしっかり曲がっていない指が寝ている状態でコードを押さえてしまうものです。 指を寝かせてしまうとその分別の弦も触れてしまう可能性が高まります。 せっかく頑張って押さえていても他の指で中途半端に触れられてしまえば上手く鳴ってくれません。 難しいコードを弾いているほどこの2つのポイントが意識して弾けるかが重要になってきます。 躓いた時には必ず確認するようにしましょう。 初心者向けの定番コードとコードの押さえ方のポイントについては、別の記事で詳しくまとめていますので、気になった方はぜひご覧ください。 コード移行がしやすい曲 コードには沢山の種類がありますが、その中でもコードを構える指の位置関係の似ているコードがあります。 そういったコードを繋げることでコード移行がし易いなっている曲がありますのでコードを押さえるのに慣れてきたら練習しましょう。 Fコードは確かに難関ですが非常に明るくきれいな和音を鳴らすコードであり、たくさんの曲に取り入れられています。 早い段階で上手く鳴らせるようになっておくと確実に重宝しますので、何度も鳴らして自分の中でのコツを掴んでいきましょう! 弾きごたえのある曲 ややコード構成は難しいですが弾き語りを気持ちよく出来る曲を集めています。 自分の好きなリズムで弾いて楽しみましょう。 4本の弦を押さえるB7に初めは苦戦すると思いますが、同じく序盤に出てくるD7コードの指の形に小指が加わったものなので、慣れてくれば問題は無いでしょう。 しかし中盤から出てくるF m7-5やBm7-5はやや難易度が高いのでここは練習あるのみです。 これからギターを始めようと考えていた方はさらに挑戦してみたくなったのではないでしょうか。 ギターをまだお持ちでない方にはReReレンタルが提供する『エレキギター入門セットレンタル』というサービスをおすすめします。 このサービスは Gibson直系ブランドのEpihoneの入門モデルセットを1ヶ月13,780円(税込)でレンタルできるサービスです。 教則DVDもついているのでご紹介した簡単な曲以外にも練習することができます。 教則DVD以外にもギターアンプやチューナー、ヘッドホン、ピックなどもついたとってもお得なセットです。 届いたその日から練習を始めることができるとことも嬉しいですよね。 ギターを購入すると数万~数十万はかかるので、まず最初の手始めとしても費用を抑えたスタートができるので安心です。 もちろん延長も可能です。 しかも日あたり100円からできるのであと2週間、あと1ヶ月練習したいと思ったときも気軽に延長ができる金額なのも嬉しいですよね。 周りにギターの経験がある方はその方からでももちろんいいと思いますが、おすすめなのはレッスンに行ってみることです。 プロの講師からマンツーマンで直接アドバイスを受けることができ、自分では気づかなかったクセを発見できたり、練習方法を身につけたりすることができます。 では60分のプロ講師とのマンツーマン体験レッスンを無料で受けることができます。 関東200か所以上のスタジオで受講できるので、家の近くや仕事帰りなどとても行きやすいですね。 無料でアドバイスを受けることができると思って、気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。 ギターをあっという間に上達できるかもしれませんよ。

次の

サンプル表示

ギター 3 コード で 弾ける 曲

コードの構成音が 2つ以上同じで、響きが似ているコード 大抵の場合、代理コードを使用すれば曲として音楽的にも成立します。 下に6つのコードの構成音を示しました。 それぞれの 構成音が2つ一緒になるのを確認してみて下さい。 「F」と「Dm」 「G」と「Em」 「C」と「Am」 代理コードに7th(セブンス)を加えると また、代理コードの『Dm』『Em』『Am』に7th(セブンス)も加えると、それぞれ 3つの音が同じになります。 下の図をご覧下さい。 「F」と「Dm7」 「G」と「Em7」 「C」と「Am7」 つまり、 唯一音の違う、 ルート音さえ左手で押さえれば、• 右手の3和音は 「C」「F」「G」の3つのコードだけで、ほとんどの曲を演奏することができます。 「壊れかけのRadio」「少年時代」「愛は勝つ」「翼をください」「さくら」「それが大事」「想い出がいっぱい」「恋に落ちて」「愛をこめて花束を」「今すぐKiss Me」「守ってあげたい」「Grateful Day」「終わりなき旅」「クリスマス・イブ」 など、たくさんの有名曲のバッキングをすることが可能になる訳です。 試しに【代理コードでのバッキング例】に対して上記の楽曲のメロディーを歌ってみるとバッチリ合いますよね? ただし、Keyをハ長調(C)やイ短調(Am)に移調する必要があります。 こんな時に便利なのが、キーボードのトランスポーズ機能です。 電子ピアノやエレピに搭載されている便利な機能「トランスポーズ」 生ピアノにはない機能ですが、ほとんどの電子ピアノやエレピには 「トランスポーズ」という便利な 移調機能が搭載されています。 トランスポーズ [transpose] 移調のこと。 フレーズ間の音程を保ったまま全体の音の高さを変えること。 楽譜上での移調作業は知識を要するがシーケンサーやシーケンスソフトでは簡単に移調が実行できる。 カラオケマシーンには欠かせない必須の機能(歌の高さを+1したり-2したりするあれである)でもある。 引用元: この機能を使えば、どんな調の曲でも鍵盤上ではハ長調(C)やイ短調(Am)のままで弾くことができます。 僕の知り合いで、ピアノの専門家ではないミュージシャンも、エレピのトランスポーズ機能を使い、様々な曲をハ長調やイ短調に移調することで歌やアンサンブルに合わせてスラスラ弾くことができています。 電子ピアノやエレピをお持ちの人は是非試してみて下さい。 コードを知らなかった皆さんは是非、まずは「C」「F」「G」の3つのコードを弾けるように練習してみて下さい。 簡単にたくさんの曲のバッキングが可能になりますよ。

次の