マクド 店内。 マクドナルド、増税後も店内飲食と持ち帰りの価格統一 : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

コロナ後の飲食店はどうなる?…マクドナルドが「ウイルスに強い」店舗の実験を開始

マクド 店内

軽減税率の対象は、ズバリ、次の2つです。 飲食料品(お酒を除く)• 新聞 1-1.飲食料品 軽減税率が適用される飲食料品とは、 食品表示法に規定する食品とされています。 基本的に、スーパーやコンビニなどで購入できる飲食料品のほぼすべてが対象となります。 (国税庁の「消費税軽減税率電話相談センター(軽減コールセンター)」に問い合わせたところ、食品表示法に規定さていなくても、食品として販売するのであれば軽減税率が適用されると回答がありました。 ) ただし、お酒や、薬などの医薬品、おむつや生理用品などの生活必需品、外食などは対象になりません。 1-2.新聞 軽減税率が適用される新聞とは、週2回以上発行され、定期購読契約を結んでいる新聞です。 通常に定期購読している日刊紙であれば対象になります。 では、ここでいう「外食」とはどのようなものでしょうか? 外食とは、レストランや飲食店など、その場所で 食事をするためのテーブルや椅子が設置されている店で食事をすることをいいます。 どんな場合に軽減税率が適用されるか、または適用されないのか、具体例を見ていきましょう。 3.飲食店|外食になるもの、ならないもの ファーストフード店|マックなど マックなどのハンバーガーショップや牛丼店などのファストフードなどの飲食店の場合、店内での飲食と持ち帰り(テイクアウト)のどちらかを選ぶことができます。 ハンバーガーやコーヒーの場合は、店内での飲食でも持ち帰りでもほとんど提供形態は変わりません。 店によっては店内飲食の際にトレイがついてくるくらいの違いだけです。 この場合、どちらに該当するかは、注文時点で購入する側の意思確認により判断することになります。 慣れないうちは、店側と消費者側でトラブルが起きることも予想されるでしょう。 例外として、ハンバーガーとドリンクのセット商品の場合、お客さんからドリンクのみを店内飲食すると申し出があった場合でも、このセット商品の販売は、食事の提供に当たるため軽減税率の適用外となります。 もし、単品でそれぞれ購入する場合、原則通り、持ち帰りのハンバーガーには軽減税率が適用され、店内飲食のドリンクには軽減税率が適用されません。 なお、マクドナルドでハッピーセットなど玩具付きの商品を購入した場合については、下記記事で詳しく説明していますのでご参考ください。 マクドナルドの「ハッピーセット」は、おもちゃがついてくることから子供に人気のハンバーガーセット商品です。 この場合、どちらに該当するかは、 注文時点で購入する側の意思確認により判断することになります。 ケータリング、出張料理 ケータリングや出張料理とは、指定した場所にレストランのシェフ等に来てもらい、そこで食事の提供を受けることを指します。 飲食店で料理の残りを持ち帰る場合 飲食店で食事をし、料理の残りをテイクアウトする場合はどうなるのでしょうか? 店内での飲食なのかテイクアウトなのかの判断は、あくまで 料理の注文時点での顧客の意思によります。 料理の残りを持ち帰る場合でも、料理の注文時点では店内での飲食を想定していますので、軽減税率は適用されません。 4.「持ち帰ります」と言って、店内で食べたらどうなる? それでは、マック等でハンバーガーを購入する際にレジで「持ち帰ります」と言って、店内で食べたらどうなるのでしょうか? 払うお金を少なくしたいために嘘をつくこともあれば、悪意はないけれど、やっぱり気が変わって食べていこう、ということもあるでしょう。 後で気が変わろうが、最初から悪意があろうがなかろうが、全く関係ありません。 レジでなんと言ったかで決まります。 それなら、最初から店内で食べるつもりでも、「持ち帰ります」と言ったほうが得なように見えますね。 実際、そういうことはできてしまうと思われますが、それでは店側が困りますので、下の写真のように、「イートインスペースで飲食される際は、レジ会計時にお申し出ください。 」という貼り紙がされています。 そのため、「 イートイン脱税」という言葉が生まれているようです。 一方で、イートイン脱税している人たちを発見して店員に伝える「正義マン」と呼ばれる人たちも現れているようです。 実際、大勢が出入りするコンビニで店員さんが常に見回って注意したりすることは難しいでしょう。 また、わざとイートイン脱税する人もいますが、中には、高齢者や子供など、そのことを知らずに普通にレジでお金を支払ってイートインスペースで飲食する人もいます。 国や国税庁としても、イートイン脱税する人を取り締まるというような動きはないようです。 脱税しても特に咎められないのであれば、国が脱税を許容していると思われても仕方ないかもしれません。 このままの状態が続くのか、何らかの対処がされるのか、今後の動向が注目されるところです。 Ad Exchange.

次の

日本マクドナルド、特定警戒都道府県に対して店内の飲食禁止に。

マクド 店内

Shutterstock 私はその日も夜23時すぎにマクドナルドで記事を書いていた。 そこでいつも驚くことがある。 「BGMのセンスが良すぎる!」 店内音楽としてしっかり機能しつつ、流行をおさえ、ときに玄人目線の楽曲を忍ばせるクリエイティブな内容なのだ。 ヒップホップアーティストのファレル・ウィリアムス(音楽グループ「N. D」)はその昔、マクドナルドでアルバイト中、BGMに乗って踊りすぎるあまり3回クビになったという逸話があるが、その気持ちがやっとわかった気がした。 權 現在は 1日を4つのデイパートに分けて、それぞれにコンセプトを持たせています。 それにあった 選曲を月2回更新する、という体制です。 モーニングは爽やかな音楽、アフタヌーンはスタイリッシュ、イブニングのウキウキする感じ、ミッドナイトはディープに、といった感じで。 ですから、深夜の時間帯に程よく大人な楽曲をセレクトしています。 他の時間帯では選曲しないような音楽をわざと入れることで、注目していただきたいと思っているんですよ。 だから夜の時間しか聴けない選曲が実はあるんです。 そこに音楽好きな方が注目してくださっているというのは、コンセプト通りなんですよ(笑)。 いかに快適な空間でお食事をしていただくか、というのも私たちにとってはホスピタリティの一環です。 BGMは大切な要素なので、毎回USENさんと一緒に「マクドナルドで流す音楽ってなんだろうか?」ということを考えながら選曲しています。 小島 私以外にマクドナルドの選曲メンバーになってもらっているのが、カフェミュージックやインディーズに強いスタッフ、それからブラックミュージックとクラブ音楽に強いスタッフの2名ですね。 私はこう見えてピアノやトランペットを演奏していたので、ジャズ専門なんです。 USENに入ってから他の音楽を聴くようになりました。 なので私と男性2名の3人体制で選曲しています。 その時々で情報交換をしながらみんなで作っています。 『音楽の好きなマクドナルドファン』みたいな感じです(笑)。 新しい楽曲も取り入れつつ、過去数十年分の良い曲を入れてみたり。 そういうこだわりは常に持つようにしています。 チーム内で流したい曲の取り合いになるときもあります。 權 2010年にオリジナルのBGMを開始して、2012年から現在のようなデイパートに分けた放送を開始しました。 企業の姿勢としては「FUN PLACE TO GO(マクドナルドに行けば楽しいことがある)」と感じていただけることを目標にしているので、それを体現化するうえで「BGMもオリジナルなものにすべき」という考え方です。 以前からいろいろな会社さんに選曲してもらいながら、ジャズやボサノヴァを流そうという取り組みをしてきました。 今は「お客さまのためにこだわった選曲」ということで、USENさんで統一しています。 小島 今はShazamなどのアプリで気になった曲はすぐに調べて、知ることができますよね。 マクドナルドさんのBGMはどの企業さんの専用放送やBGMよりも緩急があったり、ポップだったり、キャッチー、かっこいいとか、いろいろなものが流れるので、一番Shazam世代にフィットしているんじゃないかなと日々感じています。 權さんと「マクドナルドのBGMが巷でいつか話題になったらいいね」と話していたことをずっと心にとめてやってきました。 この言葉を胸に選曲してきたので、こういった反響があると嬉しいです。 コンセプトに沿うのは大前提ではありますが、「もう一度光を当てたい良い曲を忍ばせる」ということもしてきてます。 それに気づいてもらえたら、ブランドイメージとしても、音楽にとってもいいんじゃないかなと思って。 普段はレギュレーション(制限)のあるなかで選曲をやっているんですけど、マクドナルドさんとは、どこまでも広げていける選曲をさせていただけるので、お客さんのことを考えて、自分も楽しみながら、勉強しながらやれている実感があります。 でもその曲と普段のBGMの曲ってテイストが違うので、どうやって違和感なくつなげようかと悩みましたね。 結局、その フェードアウトした部分の音と、全然違う曲の頭の音が同じ音のものを探してつなげたのを覚えてます(笑)。 DJさんのように「テンポ」とかで合わせると思いますが、マクドナルドさんの場合はグローバルに選曲しているので、困ったときは先ほどのように前の曲の終わりと次の曲の頭が同じ音の「曲」を選んで転調したように聴かせたり、 同じコード(和音)の「曲」を探してつなげたりもします。 ジャンルやテンポは変わるけど、音を紐づけることでなめらかにつなげるみたいな感じですね。 小島 USENのラボでは、購買行動意欲が増すようなテンポ感を研究してますし、人の声をさえぎる、店内のマスキング効果なども検証を重ねています。 ただ、マクドナルドさんに関しては、あくまでもコンセプト重視なんです。 科学的な見解に基づいた選曲だけにすると、ずっと同じような曲調の音楽がゆるやかに変わるだけになってしまいますから。 プレイリスト制作に関わり始めた、2014年の『Big America』キャンペーンでは、企画に合わせて第一弾・1960年代、第二弾・70年代、第三弾・80年代と選曲をしました。 数値ではわかりませんが、オールディーズやソウル、ディスコとかそれぞれ年代の特徴的な音楽を使ってお店を盛り上げることはできたのかなと思います。

次の

「マクドナルドの店内BGM」のディープさに感動して“中の人”に直撃したら本当にスゴかった話

マクド 店内

日本マクドナルドは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先し、新型コロナウイルス感染の拡大を抑制するため、緊急事態宣言対象地域である5都道県の全店舗で店内客席のご利用を終日中止しております。 このたび、政府による「緊急事態宣言」の解除を受け、感染拡大抑制のための対策を講じたうえで、店内客席のご利用を順次再開いたします。 ただし、自治体より営業時間短縮要請が出ている期間におきましては、要請対象時間は「店内客席ご利用中止」を継続いたします。 今後も引き続き政府や自治体の発表など状況を注視してまいります。 営業形態などに変更がある場合は、日本マクドナルド株式会社のホームページ 等にて随時お知らせいたします。 マクドナルドでは、飲食店としてお客様に温かいお食事をご提供する社会的役割を果たしつつ、「3密」を可能な限り避けるため、各店舗では社会的距離を保つための従業員からのお声がけ、店内客席のご利用を再開する店舗では、利用可能なテーブルや椅子の間隔を空けるなど、店舗内での「ソーシャル・ディスタンス」の確保を徹底し、引き続き皆様の安全・安心のための取り組みを行ってまいります。 お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 なお、マクドナルドでは新しい生活様式の一環として、お客様と従業員の対面での接触を軽減できる「モバイルオーダー」や「ドライブスルー」、「デリバリーサービス」といったサービスのご利用もご案内してまいります。 公式ホームページまたは公式アプリ内の、お客様とクルーの安全と安心を守るお約束「みんなのスマイルのために」 でもご覧いただけますので、合わせてご利用をご検討ください。 日本マクドナルドでは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先に、今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応を行ってまいります。 日本マクドナルド株式会社 日本マクドナルドは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先し、新型コロナウイルス感染の拡大を抑制するため、緊急事態宣言にある8都道府県の全店舗で店内客席のご利用を終日中止しております。 このたび、政府による「緊急事態宣言」の一部解除を受け、感染拡大抑制のための対策を講じたうえで、解除対象地域において店内客席のご利用を順次再開いたします。 ただし、これらの府県で営業時間短縮要請が出ている期間におきましては、要請対象時間は「店内客席ご利用中止」を継続いたします。 営業形態の変更につきましては、日本マクドナルド株式会社のホームページ 等にて随時お知らせいたします。 マクドナルドでは、飲食店としてお客様に温かいお食事をご提供する社会的役割を果たしつつ、「3密」を可能な限り避けるため、各店舗では社会的距離を保つための従業員からのお声がけ、店内客席のご利用を再開する店舗では、利用可能なテーブルや椅子の間隔を空けるなど、店舗内での「ソーシャル・ディスタンス」の確保を徹底し、引き続き皆様の安全・安心のための取り組みを行ってまいります。 お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 なお、マクドナルドでは新しい生活様式の一環として、お客様と従業員の対面での接触を軽減できる「モバイルオーダー」や「ドライブスルー」、「デリバリーサービス」といったサービスのご利用もご案内してまいります。 公式ホームページまたは公式アプリ内の、お客様とクルーの安全と安心を守るお約束「みんなのスマイルのために」 でもご覧いただけますので、合わせてご利用をご検討ください。 日本マクドナルドでは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先に、今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応を行ってまいります。 日本マクドナルド株式会社 日本マクドナルドは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先し、新型コロナウイルス感染の拡大を抑制するため、2020年4月29日 水・祝 ~5月14日 木 にかけて、全国の全店舗約2,900店舗で店内客席のご利用を終日中止しております。 このたび、政府による「緊急事態宣言」の一部解除を受け、感染拡大抑制のための対策を講じたうえで、店内客席のご利用を順次再開いたします。 今回、政府の「緊急事態宣言」が解除され、かつ自治体からの要請などが出ていない地域では、5月15日 金 以降25日 月 までをめどに、準備の整った店舗から順次、店内客席のご利用を再開いたします。 緊急事態宣言が解除された地域でも、自治体からの要請がある場合は、その要請に原則合わせて対応してまいります。 営業形態の変更につきましては、日本マクドナルド株式会社のホームページ 等にて随時お知らせいたします。 マクドナルドでは、飲食店としてお客様に温かいお食事をご提供する社会的役割を果たしつつ、「3密」を可能な限り避けるため、各店舗では社会的距離を保つための従業員からのお声がけ、店内客席のご利用を再開する店舗では、利用可能なテーブルや椅子の間隔を空けるなど、店舗内での「ソーシャル・ディスタンス」の確保を徹底し、引き続き皆様の安全・安心のための取り組みを行ってまいります。 お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 なお、マクドナルドでは新しい生活様式の一環として、お客様と従業員の対面での接触を軽減できる「モバイルオーダー」や「ドライブスルー」、「デリバリーサービス」といったサービスのご利用もご案内してまいります。 公式ホームページまたは公式アプリ内の、お客様とクルーの安全と安心を守るお約束「みんなのスマイルのために」 でもご覧いただけますので、合わせてご利用をご検討ください。 日本マクドナルドでは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先に、今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応を行ってまいります。 日本マクドナルド株式会社.

次の