くじゃく イラスト。 Peacock, Angel from Heavens that Dispel Darkness

クジャク

くじゃく イラスト

概要 [ ] オスは大きく鮮やかな飾り羽を持ち、それを扇状に開いてメスを誘う姿が有名である。 最も有名なのは羽が青藍色ので、翠系の光沢を持つ美しい羽色のは中国から、にかけて分布する。 コンゴクジャクはに分布し、長い上尾筒(じょうびとう)を持たない。 羽は工芸品に広く分布されてきたほか、に耐性を持つために等の毒虫や毒蛇類を好んで食べることから、益鳥として尊ばれる。 さらにこのことから転じ、邪気を払う象徴として「」の名での信仰対象にも取り入れられた。 の信仰するの主神は、クジャクの姿をしたである。 また、においては女神の飼い鳥とされ、上尾筒の模様は百の目を持つ巨人から取った目玉そのものであるとする説がある。 日本では、6年()にがクジャクを送ったという記事が『』にある。 オスの飾り羽は尾羽のように見えるが、上尾筒という尾羽の付け根の上側を覆う羽が変化したものであり、メスにアピールするための羽である。 褐色をした実際の尾羽はその下にあり、繁殖期が終わって上尾筒が脱落した後やディスプレイ中などに観察できる。 オスの羽はによって発達した例として知られるが、その発達の理由もいくつか提唱されている。 整った羽を持つ個体は、などに冒されていない健全な個体であると同時に生存に有利な遺伝子を持つことをアピールでき、優先的に子孫を残せるという説()• 捕食されやすい長い上尾筒を持つことで、健全な個体であると同時に生存に有利な遺伝子を持つことをアピールでき、優先的に子孫を残せるという説()• 長い尾羽を持つオスの遺伝子と長い尾羽のオスを好むメスの遺伝子が互いを選択した結果、オスの尾羽が長くなったとする説() など。 鮮やかな羽の色はによるものではなく、によるものである。 はのとなっている。 インドの神スカンダ 文化 [ ]• 、に孔雀を見ながら茶が飲める茶店があり、「孔雀茶屋」と呼ばれた。 、の近くに孔雀長屋と呼ばれる長屋があった。 謂れは、吉原の「孔雀や」の所有だったから 、孔雀屋三右衛門の地所で、孔雀不動の祠があったから 、孔雀のように美しい吉原の灯りがよく見える長屋だったから、孔雀のように美しい娘が住んでいたから 、など諸説ある。 毒を持つサソリ類や害虫・毒蛇を好んで食べることから古代から益鳥として尊ばれ、ではとして信仰対象にも取り入れられた。 では、孔雀はという神の乗り物である。 では、孔雀はという天部の乗り物である。 のでは食肉として使われていた。 日本におけるの一索は大半の場合孔雀の絵柄である。 脚注 [ ].

次の

【印刷可能無料】 孔雀 羽 イラスト

くじゃく イラスト

概要 [ ] オスは大きく鮮やかな飾り羽を持ち、それを扇状に開いてメスを誘う姿が有名である。 最も有名なのは羽が青藍色ので、翠系の光沢を持つ美しい羽色のは中国から、にかけて分布する。 コンゴクジャクはに分布し、長い上尾筒(じょうびとう)を持たない。 羽は工芸品に広く分布されてきたほか、に耐性を持つために等の毒虫や毒蛇類を好んで食べることから、益鳥として尊ばれる。 さらにこのことから転じ、邪気を払う象徴として「」の名での信仰対象にも取り入れられた。 の信仰するの主神は、クジャクの姿をしたである。 また、においては女神の飼い鳥とされ、上尾筒の模様は百の目を持つ巨人から取った目玉そのものであるとする説がある。 日本では、6年()にがクジャクを送ったという記事が『』にある。 オスの飾り羽は尾羽のように見えるが、上尾筒という尾羽の付け根の上側を覆う羽が変化したものであり、メスにアピールするための羽である。 褐色をした実際の尾羽はその下にあり、繁殖期が終わって上尾筒が脱落した後やディスプレイ中などに観察できる。 オスの羽はによって発達した例として知られるが、その発達の理由もいくつか提唱されている。 整った羽を持つ個体は、などに冒されていない健全な個体であると同時に生存に有利な遺伝子を持つことをアピールでき、優先的に子孫を残せるという説()• 捕食されやすい長い上尾筒を持つことで、健全な個体であると同時に生存に有利な遺伝子を持つことをアピールでき、優先的に子孫を残せるという説()• 長い尾羽を持つオスの遺伝子と長い尾羽のオスを好むメスの遺伝子が互いを選択した結果、オスの尾羽が長くなったとする説() など。 鮮やかな羽の色はによるものではなく、によるものである。 はのとなっている。 インドの神スカンダ 文化 [ ]• 、に孔雀を見ながら茶が飲める茶店があり、「孔雀茶屋」と呼ばれた。 、の近くに孔雀長屋と呼ばれる長屋があった。 謂れは、吉原の「孔雀や」の所有だったから 、孔雀屋三右衛門の地所で、孔雀不動の祠があったから 、孔雀のように美しい吉原の灯りがよく見える長屋だったから、孔雀のように美しい娘が住んでいたから 、など諸説ある。 毒を持つサソリ類や害虫・毒蛇を好んで食べることから古代から益鳥として尊ばれ、ではとして信仰対象にも取り入れられた。 では、孔雀はという神の乗り物である。 では、孔雀はという天部の乗り物である。 のでは食肉として使われていた。 日本におけるの一索は大半の場合孔雀の絵柄である。 脚注 [ ].

次の

Peacock, Angel from Heavens that Dispel Darkness

くじゃく イラスト

概要 [ ] オスは大きく鮮やかな飾り羽を持ち、それを扇状に開いてメスを誘う姿が有名である。 最も有名なのは羽が青藍色ので、翠系の光沢を持つ美しい羽色のは中国から、にかけて分布する。 コンゴクジャクはに分布し、長い上尾筒(じょうびとう)を持たない。 羽は工芸品に広く分布されてきたほか、に耐性を持つために等の毒虫や毒蛇類を好んで食べることから、益鳥として尊ばれる。 さらにこのことから転じ、邪気を払う象徴として「」の名での信仰対象にも取り入れられた。 の信仰するの主神は、クジャクの姿をしたである。 また、においては女神の飼い鳥とされ、上尾筒の模様は百の目を持つ巨人から取った目玉そのものであるとする説がある。 日本では、6年()にがクジャクを送ったという記事が『』にある。 オスの飾り羽は尾羽のように見えるが、上尾筒という尾羽の付け根の上側を覆う羽が変化したものであり、メスにアピールするための羽である。 褐色をした実際の尾羽はその下にあり、繁殖期が終わって上尾筒が脱落した後やディスプレイ中などに観察できる。 オスの羽はによって発達した例として知られるが、その発達の理由もいくつか提唱されている。 整った羽を持つ個体は、などに冒されていない健全な個体であると同時に生存に有利な遺伝子を持つことをアピールでき、優先的に子孫を残せるという説()• 捕食されやすい長い上尾筒を持つことで、健全な個体であると同時に生存に有利な遺伝子を持つことをアピールでき、優先的に子孫を残せるという説()• 長い尾羽を持つオスの遺伝子と長い尾羽のオスを好むメスの遺伝子が互いを選択した結果、オスの尾羽が長くなったとする説() など。 鮮やかな羽の色はによるものではなく、によるものである。 はのとなっている。 インドの神スカンダ 文化 [ ]• 、に孔雀を見ながら茶が飲める茶店があり、「孔雀茶屋」と呼ばれた。 、の近くに孔雀長屋と呼ばれる長屋があった。 謂れは、吉原の「孔雀や」の所有だったから 、孔雀屋三右衛門の地所で、孔雀不動の祠があったから 、孔雀のように美しい吉原の灯りがよく見える長屋だったから、孔雀のように美しい娘が住んでいたから 、など諸説ある。 毒を持つサソリ類や害虫・毒蛇を好んで食べることから古代から益鳥として尊ばれ、ではとして信仰対象にも取り入れられた。 では、孔雀はという神の乗り物である。 では、孔雀はという天部の乗り物である。 のでは食肉として使われていた。 日本におけるの一索は大半の場合孔雀の絵柄である。 脚注 [ ].

次の