パクセロイ 俳優。 ユンホが ‘梨泰院クラス’ パク・セロイに見えると若者からも称賛される理由

人気俳優パク・ソジュン主演!青春“反撃”ドラマが大ヒット「梨泰院クラス」の魅力

パクセロイ 俳優

〜 コ・ドンマン 2018年 tvN キム秘書はいったい、なぜ? イ・ヨンジュン 2020年 JTBC 梨泰院クラス パク・セロイ ドリームハイ2 シウ 2012年 KBS2 「ドリームハイ2」 シウ役 ジュエリーデザイナーを夢見るも家計を助けるため路上でアクセサリーを販売する働き者のモンヒ(ハン・ジヘ=2役)。 一方、複雑な家庭環境で育った御曹司ヒョンス(ヨン・ジョンフン)は父親の意向で政略結婚しなければならなかった冷酷で常にイライラしたお嬢様ユナ(ハン・ジヘ=2役)との冷え切った結婚生活に耐えていた。 愛のない政略結婚をしたユナとの距離を縮めようと努力するヒョンスだったが冷ややかな反応のユナが離婚を宣言し、行方不明となってしまう。 そんなヒョンスの前に妻と瓜二つだが、まったく雰囲気の違うモンヒが現れる。 ヒョンスは彼女に妻の代わりを頼むことに。 人を騙すことは気が引けるが思わぬ臨時収入も見逃せない。 先に韓国版を見た方からすると日本版はちゃっちく笑い要素の多いドラマになりそうな予感で残念。 パクソジュンとカンハヌルさんは演技派だからね!!!キャスティングもう少し考えてほしかった。 ケンティーもしょう君も好きですが、韓国作品好きでもあるので…厳しく見てみます。 パラサイト 半地下の家族 ミンヒョク 「第92回アカデミー賞」作品賞受賞 「ウガウガの会」チェ・ウシクと仲がいいのでミンヒョク役としてカメオ出演しています。 作品中、留学しなかったらパクソジュンが主人公と韓国SNSで話題になっていました。

次の

【トピック】「梨泰院クラス」パク・セロイを脱して完全な俳優パク・ソジュンに! (WoW!Korea)

パクセロイ 俳優

やっと今、目覚めました。 必死に駆け抜けた7ヶ月間、 たくさんの方々に、愛と応援をいただき、 より甘く感じたのだと思います。 セロイを演じたことで、一人の人間としてのパク・ソジュンも 成長できました。 僕の人生の信念、価値について、 考える機会をくださったすべての制作スタッフ、 そして、役者の皆さんに心から感謝します。 セロイは、僕の大切な1ページとして残ることでしょう。 このかん、たくさんの応援と愛情を注いでくださり、 ありがとうございました。 皆さんと一緒に歩んだからこそ、 美しく、完璧な時間でした。 パク・ソジュンの次回作は、 映画「ドリーム」 (仮題)です。 公開予定は2020年末もしくは2021年はじめだそうです。 共演者は、人気アーティストであり、実力派女優でもある IU(アイユー)! そしてそして! タッグを組むのは、 イ・ビョンホン監督! 俳優のイ・ホンビョンではありませんよ。 韓国で1600万人を動員した大ヒットアクションコメディ 映画「エクストリーム・ジョブ」の監督です。 これは面白くないはずがありません!今から期待大です! 映画「ドリーム」(仮題)は、 選手生命の危機にさらされたサッカー選手ユン・ホンデ(パク・ソジュン)と、生涯、一度もサッカーボールに触れたこともない選手たちが、ワンチームとなって、ホームレスワールドカップに挑戦するコメディ作品 だそうです。 今回、「ホームレスワールドカップ」なるものを初めて知ったのですが、ウィキペディアによると、 ホームレスワールドカップとは・・・• 開催前年にどこかでホームレス生活をしている• 主な収入の手段が路上での雑誌販売である• 現在、ドラッグ依存症またはアルコール依存症からの更生途中にあり、また、過去2年間にどこかでホームレス生活をしていた などの 選手資格を満たした人が参加できる、サッカーの世界大会なんですって。 アウトローすぎて、映画を観る前からすでに面白い。 どんな作品になるのか、また、パク・ソジュンがどんな演技を見せてくれるのか、今から楽しみですね! 【危険】パク・ソジュンの魅力にハマるドラマBEST3 1位 キム秘書はいったい、なぜ?(2018) ルックス抜群、頭脳明晰なのに、超ナルシストの御曹司ヨンジュン役を、パク・ソジュンが熱演したラブコメ。 現実離れしたサプライズデートなど、「こんな素敵なこと、現実で起こるわけないですやん」と、ツッコミを入れたくなるシーンも、パク・ソジュンが演じると、なぜか自然です。 安定の魅力、安定の演技に、思わず全話イッキ見してしまうキケンなドラマ。 ヨンジュンとキム秘書ことミソとの恋の駆け引きや、ヨンジュンの胸キュン台詞に、韓国のみならず、シンガポールや台湾でも、ヨンジュンシンドロームが巻き起こった話題作。 (ドラマ終了後、二人は実際にカップルになったとか、なんとか・・・).

次の

『梨泰院クラス』パク・ソジュン徹底分析(2)「色気」「仲間」…セロイとの共通点

パクセロイ 俳優

中でも、Netflixで「愛の不時着」と双璧をなす人気となっているのが、飲食業界を舞台にした成長と復讐の物語 「梨泰院(イテウォン)クラス」だ。 「不時着」と同様、芸能人にも見終えた後のロスを嘆く人が多い中、主人公パク・セロイを熱演した パク・ソジュンにも注目が集まっている。 SNSをのぞき、過去作をたどってみたら、イガグリ頭の寡黙で硬派なパク・セロイとのギャップに、さらに魅了される人も続出。 8月には主演映画『ディヴァイン・フューリー/使者』が日本公開される、最旬俳優の軌跡を追った。 非の打ちどころがない!? 人気実力派俳優 身長185cmでモデルもこなすスタイルのよさ、「タンバム(甘い夜)」のごとく甘い声と紳士的な佇まい、観る者をとりこにするオーラと朗らかな性格、漫画のように(?)目が半月型になる人なつこい笑顔、韓国芸能人野球チームに所属し、格闘家役のために鍛え上げられた肉体、何よりコメディからシリアスまで信頼できる演技力。 ソウル芸術大学で演技を学び始めるも壁にぶつかり、在学中の2008年から兵役へ。 韓国の男優にとってキャリアの確立と2年間もの兵役のタイミングは常に悩ましいところだが、彼は人気絶頂の最中ではなく、20代早々のデビュー前に経験したことでキャリアに没頭できた。 ただ、3人兄弟の長男ということもあり、両親からは俳優の道を反対されていたという。 ペ・ヨンジュンが設立した芸能事務所キーイースト(当時)に所属したが、当初はなかなか仕事に恵まれなかったようだ。 2011年ミュージックビデオ出演でデビューし、オーディションを経て「ドリームハイ2」(2012)でアイドルグループ「I:dn(イドゥン)」のメンバー、 シウを演じて本格的に俳優デビュー。 ダンスや歌も披露したが、同作はキム・スヒョンやスジが出演した最初のシリーズほど期待には添えなかった。 同じ頃、人気音楽番組「ミュージックバンク」のMCも務めており、知名度が上がってきた中でのキュートかつタフな年下男子ぶりが話題を呼んだ。 その後は出演作、共演者にも恵まれ、「キルミー・ヒールミー」「彼女はキレイだった」(ともに2015)の相次ぐ出演でブレイク。 「花郎<ファラン>」(2016)では人気俳優が一度は通る道=時代劇に挑戦、持ち前のストイックさもあって「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」(2017)ではKBS演技大賞・ミニシリーズ部門男子優秀演技賞を受賞。 「魔女の恋愛」や「キルミー・ヒールミー」「彼女はキレイだった」などではOSTにも参加し、甘い歌声も披露。 『ミッドナイト・ランナー』(2017)ではアツ苦しいほどの正義感を持つ警察大学の学生を演じて、第54回大鐘賞映画祭、第37回韓国映画評論家賞にて新人男優賞を受賞し評価される。 「梨泰院クラス」パク・セロイを演じた俳優と同一人物とは思えない、あらゆる点で対極的な大学生に扮した。 そのほか、キム・スヒョンが入隊前に出演した意欲作『リアル』(2017)や、日本のベストセラーの映画化『Be With You ~いま、会いにゆきます』(2018)にもカメオ出演しているので、ぜひ探してみてほしい。 さらに先日、本国でクランクインが伝えられたのは、大ヒット作『エクストリーム・ジョブ』イ・ビョンホン監督の新作でIUと共演する『DREAM』(原題)。 フィールドを駆けるパク・ソジュンにも期待したいところだ。 BTS・Vが弟分!「ウガウガ会」に癒やされる パク・ソジュンを中心に『パラサイト』のチェ・ウシク、韓国版「SUITS/スーツ」の「ZE:A」パク・ヒョンシク、「BTS(防弾少年団)」のV(キム・テヒョン)、シンガーソングライターのPeakboyの5人は 「ウガウガ会」や「ウガファミリー」などと呼ばれ、ジャンルや年齢を超えた友情を育んでいることでファンにはお馴染み。 チェ・ウシクとは駆け出しだったころのドラマ「シットコム ファミリー」(2012)で出会い、「サム、マイウェイ」や主演映画『ディヴァイン・フューリー/使者』でも共演。 パク・ヒョンシクとVは「花郎」の共演で交流を深め、Peakboyは高校時代の同級生。 現在パク・ヒョンシクは兵役中だが、わちゃわちゃしながら旅行やクリスマスを楽しむ姿がそれぞれのSNSにアップされている。 まるで実の家族のようにウマが合い、遊び心を交えつつお互いの仕事ぶりを称え合うあたりもファンを悶絶させるポイント。 なお、パク・ソジュンはキーイーストの子会社「Content Y」を経て、2019年、その元代表でデビュー当時からの恩人であるヤン・グンファンが独立して設立した「Awesome ENT」に移籍した。 こうした義理堅い一面も彼の好感度を後押しするのだろう。 女子高校生から釣り好きのオヤジまで7つの人格に苦悩する財閥御曹司ドヒョン(チソン)が主人公で、その主治医となる精神科インターンのリジン(ファン・ジョンウム)の双子の兄だ。 メガネ男子となって執筆に没頭し、親しみあふれる笑顔を見せるかと思えば、ドヒョンに嫉妬したり、牽制したり…。 そんなファン・ジョンウムと再共演したのが、2015年度MBC演技大賞で10冠を達成する人気を博した「彼女はキレイだった」。 演じたのは、子どものころはぽっちゃり体形で内気な男の子だったが、大人になってアメリカから帰国すると洗練されたエリートとなっていた チ・ソンジュン。 「彼女はキレイだった」 思い出の中の初恋の人とはすっかり変わってしまった、天然パーマに赤らんだそばかす顔キム・ヘジンを本人と気づかず、親友のハリをヘジンと勘違い。 しかも、ヘジンが派遣されたファッション誌編集部の副編集長に就任する。 最低最悪のムカつく上司だったのに、だんだんとドジで可愛らしい素顔を見せていく ツンデレな副編集長は必見だ。 チェ・シウォン(SUPER JUNIOR)演じるキム記者とも、パンツを共有したり(?)、おんぶしてもらったりといいコンビに。 人気ファッションマガジンの内幕を描くお仕事ドラマとしても楽しく、『プラダを着た悪魔』や「校閲ガール」などが好きな方にもオススメ。 数エピソードの出演ながら涙を誘ったベテラン俳優ソン・ヒョンジュが、本作では昇進を前に殺人事件を犯し、自らその捜査を指揮することになるチェ刑事に。 パク・ソジュン演じる新米刑事 チャ・ドンジェは、明らかに様子がおかしいチェ刑事に疑念を抱くようになり…と、後は観てからのお楽しみ。 韓国では同日公開だった『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を抑えて初登場1位を獲得する大ヒット、同僚刑事役でマ・ドンソクも出演。 「ウガウガ会」のメンバーとなるパク・ヒョンシクと「BTS」のV、さらに「SHINee」のミンホ、ドラマ「100日の郎君様」のト・ジハン、韓国版「のだめカンタービレ」チョ・ユヌの豪華競演が麗しい。 真夏の撮影や剣術や弓馬の稽古などで、苦楽を共にした6人の絆が伺え、花郎衣装をまといながらのアクションや、ボーイズグループ組に負けてない(!? )祝宴の舞をはじめ、まさに名もなき者(ムミョン)だった主人公 ソヌが持ち前の才知を発揮して頭角を現していく姿と恋の行方が見どころ。 「花郎<ファラン>」コンパクトBlu-ray BOX1・2 好評発売中 各6,000円 本体 +税 発売・販売元:ポニーキャニオン Licensed by KBS Media Ltd. C 2016 HWARANG SPC. All rights reserved 全力疾走は任せろ!? 演じたのは、血気盛んで行動が先走りがち、食いしん坊でもある パク・ギジュン。 今年の百想芸術大賞で同じくノミネートされているカン・ハヌルが理論重視の頭脳派カン・ヒヨル役に扮している。 偶然目撃した犯罪を見逃すことなどできない、型破りだが真っ直ぐな正義感は、いまこの時だからこそ余計に清々しい。 長身を生かした豪快なアクション、柔道で鍛錬する姿など、テレビドラマとはひと味違った魅力を堪能してほしい。 ブルーレイ&DVD好評発売中、デジタル配信中。 自分の人生を生きよ「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」 演じたのは、学生時代にテコンドーの選手として活躍した コ・ドンマン。 結局夢に生きられず、いまではダニ駆除業者とデパートの受付嬢になった2人の人生の一発逆転を、ラブラブなキスシーンもたっぷりに、リアルさを持って描き出す。 陽気で無邪気なドンマンはキャラ的にはパク・セロイと正反対だが、自分の人生のために闘おうとするその姿が重なる。 格闘家らしく見えるよう鍛えた身体や回し蹴りのシーンには目を見張り、仲良しのチェ・ウシクがエラを巡るライバルとして登場。 整った顔立ちと完璧なスタイル、5か国語を操り商才にも長けたウルトラ級ハイスペック男性にして、ナルシストや勘違いぶりもハイレベルなユミョングループ 副会長イ・ヨンジュンは、9年間一緒に働いたキム秘書が突然辞めると聞き動揺。 キム秘書にいったい、何があったのか? 伝説の秘書キム・ミソを演じるのは、「彼女の私生活」パク・ミニョン。 交際報道が出るほどお似合いのカップルとなった。 だが、自己愛が最高に強い副会長ヨンジュンは他人に身体を触れられるのが苦手、肝心なときにキム秘書とキスもできない…。 副会長の過去にもいったい、何があったのか? 少しずつ素直になっていく2人の関係性や、やがて明らかになる壮絶なトラウマにも注目。 それにしてもパク・ソジュンは、「俺から溢れるオーラ、まぶしくない?」というドン引きセリフさえ似合ってしまう。 最近のドラマ作品とは打って変わり、ベテラン神父と悪魔払いに挑む新次元エクソシズム・アクション・エンターテイメントとなり、激しい格闘シーンにも挑む。 解禁された場面カットにも笑顔はなく、「今まで演じてきた人物とは正反対の魅力があるキャラクター」と本人も語るように、新境地に踏み込んだ。 デビューから10年弱ながら躍進を続けるパク・ソジュン。

次の