生理中は体重増える。 生理前に体重が増える理由と生理前の体重増加を防ぐには?

【月曜断食6週目】生理中のダイエットと初めて体重が増えました報告

生理中は体重増える

スポンサーリンク 生理前に3キロも体重増加!これってどうして? 私達女性の体は、生理前に水分や塩分を溜め込みやすくなるようにできています。 生理前にむくむ気がするのはそのためです。 どうして、生理前なると、水分や塩分を溜め込みやすくなるのでしょうか? それは、生理前になると黄体ホルモンの分泌が増え、身体を妊娠しやすくさせるためです。 また、黄体ホルモンの分泌で血糖値が下がります。 血糖値が下がる一方、身体は血糖値を安定させようと働きます。 そのため、異常な食欲を感じ、普段よりもたくさん食べたくなってしまうのです。 生理前は、自分でコントロールできないほど、身体が変化を起こしています。 ですから、生理前に体重が2キロほど増加しても気にすることはありません。 生理は毎月やってきます。 ですから、上手に付き合うようにしましょう。 生理前に、体調の不安定さや、精神の不安定さを感じたら、次の生理までに、食生活を整えたり、質の良い睡眠を摂るようにしましょう。 生理前にむくんで体重が増えたとしても、生理が終われば何事もなかったように戻るはずです。 増える時に減らそうとしても無理ですから、生理が終わるまで待ちましょうね。 生理前に3キロも体重増加する事が!防ぐにはどうしたらいい? 生理が始まる1週間前。 普段とは違う自分が現われませんか? 些細なことにイライラしたり、びっくりするくらいチョコレートを食べたり、靴下の跡がくっきりはっきり付いたり! 生理前なので諦めましょう。 でも、生理前だから抑えられない食欲のまま暴飲暴食をしても良いというわけではありません。 まず、一番に心がけなければならないのは『塩分』。 塩分の摂り過ぎに注意するのではなく、塩分をいつもよりも控えるようにしなければなりません。 止められない食欲のまま、食べたいものを食べていては、塩分もたくさん摂取することになります。 女性は普段から、塩分を控えるよう食生活に心がけましょう。 塩分の摂取量に気をつけると同時に、カリウムを食して体内から塩分を排出するようにするのも効果的です。 黄体ホルモンが分泌されると、インスリンの分泌が過剰になります。 インスリンがたくさん分泌されると、血糖値が下がります。 血糖値が下がりすぎてしまうと、強い食欲を感じるようになります。 さらに、アドレナリンも放出されます。 アドレナリンは、イライラホルモンです。 食べたいし、イライラするし! これが、生理前の暴飲暴食、体重増加を招いてしまうのです。 本能のままに暴飲暴食をするのは危険です。 バナナやさつまいも、ヨーグルトなど、糖分がゆっくりと吸収されるおやつを食べて気分と血糖値をコントロールするようにしましょう。 ダイエット中でも生理前に3キロも体重増加!これって私だけ? 生理前には、お腹周りが「もったり」する感じありませんか?下っ腹が出てくる感じもします。 生理が終わった後に体重・ウエストライン・下っ腹まわりを測定してみてください。 次の生理前とその差を図ってみましょう。 体重は2キロ程度、ウエストは3センチから5センチ程度の違いを見せると思います。 むくみ&骨盤の広がりでこんなにも育ってしまうんですね! ですから、生理が終わってから、ダイエットに取り組むようにして、生理前と生理中にはダイエットのことはあまり気にしないほうがいいようです。 生理前は体がだるくなってしまうけど軽い運動がおすすめ! 生理前の気分の落ち込みや、身体のだるさ。 どうにかならないかな~と思いますが、ホルモンバランスが不安定なので仕方ありません。 ですが、だるいからと言って、ゴロゴロしているより、適度に動いたほうが生理には良いと言われています。 動かずにゴロゴロしていると、血流が滞ってしまいます。 ただでさえむくみやすい生理前と生理中。 血流をよくしないと、経血の排出もスムーズにいきません。 また、生理前や生理中は冷えやすくなってしまいますから、少し動いて、身体を暖かく保つようにしましょう。

次の

生理になると体重が増える5つの理由

生理中は体重増える

炭水化物や甘いものを急激に欲してしまい、体重も増加。 自己嫌悪に陥る女性は多いはず。 生理前の食べ過ぎで脂肪がついて太ってしまった……と思いがちですが、ホルモンの関係で体内の「水分量」が増えることで一時的に体重が増加します。 「体脂肪」が増えて太るわけではありません。 ちなみに、この 時期に増える体内の水分量は 2000mlにもなるといわれているので、2kg前後=1~3kg増えるのは当然といえるでしょう。 もし、生理前後に体重を計ったら 3~4kg以上増えてしまった、生理が終わっても増えた体重が戻らない場合は、 生理前の食欲増加による食べ過ぎ、生理中の気分の落ち込みによる運動不足やストレス、生理前の便秘が解消されない等が原因の可能性があります。 「ダイエットを体重だけで考えるのは良くない!」というのがダイエットガイドとしての意見ですので、 ふだんから体重だけではなく、体脂肪を計る習慣もつけるのがオススメです。 大事なのは、毎日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で体脂肪を計る習慣をつけること。 夜の入浴から2時間後ぐらいの寝る前は、体内の水分量が一番安定しているといわれていますので、この時間帯に測る習慣を持つのも良いでしょう。 そうすれば 生理前に体重が増えても、「水分が増えただけ」と落ち着いて対処できるはずです。 生理前は女性ホルモンや月経前症候群(PMS)の影響で体重が増える 心と体に起こるトラブルは、女性ホルモン「黄体ホルモン」によるもの。 また、生理前に体重が増えたり、体がむくんで重く感じるのは、月経前症候群(PMS)の一部でもあります。 PMSは病気ではなく、心と体に起こるトラブルの総称のこと。 生理が始まる約2週間前頃から現れます。 このような不快なトラブルは、月経前に卵巣から多く分泌される黄体ホルモンという女性ホルモンによって起こります。 黄体ホルモンの分泌が増えると、出血などによる栄養不足を補うために体は栄養を補充しようと働きます。 黄体ホルモンには、細胞に水分・塩分を蓄え、脂肪の代謝を遅らせ蓄えようとする性質があるからです。 そのため、生理前は体重が増えたり、体が重く感じたり、むくみ、便秘、肌アレの症状が出る人が多いようです。 以上のことから、 生理前は、太りやすく、心身ともに疲れやすい時期といえます。 この時期に無理なダイエットをして「痩せない!」「体重が増えた!」などと、余計なストレスや疲労を感じるのはナンセンス。 「そういう時期なんだな」と思って、体をいたわりましょう。 PMSによって気分が落ち込みやすくなりますが、深く悩んだり、無理をしたりしないようにやり過ごすのがベスト。 生理後~排卵日までの「痩せやすい時期」が来たら、ダイエットも再開すれば良いのです。 それにより、生理前の体重増加を防ぐとともに、体のだるさや異常な食欲を抑えることもでき、ダイエットはもちろん、PMSの抑制にもつながります。 生理前の体重増加を食事で防ぐダイエット方法 お菓子をドカ食いするくらいなら、玄米のおにぎりを 「生理前豆乳ダイエット」以外にも日常的な食事や運動で、生理前の体重変動を抑えてくれる方法があります。 その際、 血糖値の維持に役立つ食材(玄米、さつまいも、かぼちゃ等)をコマメに食べると、満腹感が続くので、ドカ食いを防ぐことができて効果的です。 さらに、次の食材を使ったダイエットもオススメです。 食物繊維たっぷりの薄皮ごとよく噛んで食べると満足感が得られるだけでなく、脂肪燃焼を促進する香り成分ヌートカトンとリモネンのダイエット効果を得ることもできます。 食物繊維が腸内の老廃物排出や便秘解消を促し、まいたけだけに含まれる「MXフラクション」という特殊な成分が脂肪を燃焼し、ダイエット効果を高めてくれると言われています。 また、代謝を助けるビタミン類を補給するために、豆腐と一緒に野菜をたっぷり食べるのも痩せポイントで、脂肪分の多い肉や揚げ物は控えたほうがベターです。 その他、以下の点を意識するのも対策としてオススメです。 ・ ストレスから体を守ってくれる ビタミンB1、ビタミンC、カルシウムをたっぷり摂る ・ 利尿作用(水分貯留対策)のある食品の摂取でむくみ予防 ・ 食物繊維の摂取で便秘解消 逆に避けたほうがいいのが以下です。 ふだんはもちろんですが、生理前~生理中は避けましょう。 ・コーヒーや紅茶など、 カフェインの多い飲み物の過剰摂取はPMS症状の悪化につながる ので避けましょう。 ストレッチ 体が重くなり始める「生理前2週間」に行う運動は、以下に注意しましょう。 ・生理前であっても 運動、エクササイズ、筋トレは積極的に行いましょう。 ただし、生理前に体調がよくない方などは、過度な運動はストレスになることもあります。 気分転換を兼ねた、 軽いウォーキングから最適な運動量を探りましょう。 ・血行が悪くなりがちで、むくみやすい時期。 解消に効果的なのでストレッチ&マッサージ積極的に行いましょう。 運動とあわせて行いたいのが以下です。 ・体内の水分量が増えつつある時期なので、体が冷えやすくなっています。 ぬるめのお湯にゆっくり浸かって体を温めると、生理痛の緩和やリラックス効果も。 次は、生理前2週間にやると効果的な運動を紹介します。 ただし、体調がすぐれない日は無理して走らず休養しましょう。 無理ならば週2~3日を目指しましょう(10km走る場合、時速15kmだと40分、時速20kmだと30分) ダイエットのために有酸素運動を効果的に行うには、運動強度を60%~70%程度にしながら長時間続けるのが一番良いので、鼻歌を歌える強度よりはつらく、息切れよりはゆるめ……を目安に実践してみてください。 また、水圧が体全体にかかることで血流が良くなるといったマッサージ効果も得られるため、生理前のむくみ解消にオススメです。 泳ぐのに疲れたら、水中ウォーキングを行うだけでも良いでしょう。 生理周期でわかる、太りやすい時期、痩せやすい時期 「痩せ期」を効率的に使おう!周期に合わせて賢くダイエット! さらに、生理とダイエットをうまく乗り切るために、女性の体の1カ月のサイクル=生理周期を把握してみましょう。 生理周期による「痩せやすい時期」にダイエットを行って効率良く体重を落とすことができれば、「太りやすい時期」にストレスを溜めながらダイエットに苦しむこともありませんよね。 まず、1カ月を3つのサイクルに分けて考えてみましょう。 生理周期が28日の人の場合、目安として生理初日を1日目としたときの14日目あたりを、「排卵日」とします。 生理前(サイクル3)に蓄えていたむくみが排出されます。 この「卵胞ホルモン」が女性らしい丸みのある体を作り、自律神経の調子を整え、皮膚の血流を良くしてお肌の調子を良くし、血管を若々しく保ってくれます。 の時期は、最も代謝が促進されやすく、脂肪燃焼にも効率が良いので、「積極的な運動」「適切な食事制限」によるダイエットの成果が現れやすい時期です。 特に生理の10 日前ぐらい~生理までが最も痩せにくく太りやすい時期といえるでしょう。 いかがでしたか? 女性の体はホルモンによって「太りやすい時期」もありますが、逆に「痩せやすい時期」もあります。 一時的な体重の増減だけに動揺したり、ストレスを感じるのではなく、自分の体脂肪率と生理周期を逆に利用することで、計画的で健康的なダイエットを実践することができるでしょう。 【関連記事】•

次の

生理前に体重が増加して太る、本当の原因&対応策!

生理中は体重増える

【2020年】生理中の食事はなにがいい?生理痛 PMS 対策になる食べ物・飲み物を解説 生理中というだけでも憂鬱な気分になってしまうのに、更に生理痛や貧血、頭痛などが起こると本当に心身共につらいですよね。 我慢すれば耐えられるけれどやっぱり生理が近づくと憂鬱…という方もいれば、毎回薬を飲まないと耐えられない程の、生理時の不調を抱えていらっしゃる方も多いかと思います。 また、生理中は体重が増えたり減量効果が出にくくなることも多く、ダイエットがうまくいかないという声も聞きます。 生理前からの食欲増進や甘いものが食べたくなる欲求も、ダイエット期間にはつらいですよね。 こうした生理中に起こる不調を改善する方法は、薬以外にないのでしょうか? 実は、生理中に食べるものに気を付けると、軽減できる可能性があります。 生理中の憂鬱と不調を少しでも改善して前向きな気持ちで過ごすために、普段の生活習慣、特にお食事を見直してみませんか。 生理中の不調の原因と改善するための食事について、管理栄養士が解説します。 1.生理中の身体の不調はなぜ起こる? 生理中の悩みとして一番多いのが、「生理痛」。 そして、「情緒不安定やイライラ」「貧血」なども多くの人が感じる症状です。 こうした症状はなぜ起こるのでしょうか。 まずはその原因について簡単に説明します。 1-1. 生理痛 まず、生理痛の主な原因となるのはプロスタグランジンという物質です。 プロスタグランジンは、受精が成立せず要らなくなった子宮内膜を経血として体外に排出するために、子宮を収縮させる役割を担っています。 このプロスタグランジンの分泌が多くなると、子宮が強く収縮し痛みが生じます。 1-2. 情緒不安定やイライラ 生理前から生理が始まるまでに現れる精神的、あるいは身体的症状を月経前症候群 PMS と言い、精神的症状としては情緒不安定、抑うつ、不安、イライラなどがあります。 排卵後から生理が始まる時期にかけて、女性の体内ではプロゲステロン(黄体ホルモン)が急激に増え、エストロゲン(女性ホルモン)とのホルモンバランスが変化することでPMSの症状が現れます。 1-3. 貧血 生理中の経血の量が多い人は、鉄分が不足して鉄欠乏性貧血になりやすくなります。 二日目に多い日用のナプキンを2-3時間おきに交換しないともれてしまうのは過多月経です。 鉄は血液中にあるヘモグロビンの材料です。 ヘモグロビンは全身に酸素を運搬する役割を果たしているので、鉄分が不足することによりヘモグロビンも少なくなると、全身の酸素循環がうまくいかなくなってしまうのです。 こうして起こる貧血の症状には、めまい、ふらつき、動悸、息切れ、倦怠感などがあります。 2.生理中に摂った方が良い食べもの では、このような不調を改善するためにどのような食べ物を摂ると良いのでしょうか。 生理痛がひどい人は、下記のようなマグネシウムを多く含む食品を摂ることで症状の緩和が期待できます。 豆腐 、納豆、豆乳、きなこなどに含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンと似た働きを持っているので、この 大豆イソフラボンの摂取によりホルモンバランスが整い、精神的な不調も緩和される可能性があります。 鉄分を多く含むレバーや赤身の肉類、ひじき、ほうれん草、プルーンなどがお勧めです。 また、ブロッコリーやレモンなど、ビタミンCを多く含む食品を一緒に摂ると鉄分の吸収率がアップします。 鉄分だけを摂れば良いということではなく、色々な栄養素が相互に作用して体の中で効果を発揮しますので、バランス良い食事を心がけることも重要です。 冷えにより生理痛などの症状がひどくなることがありますので、できるだけ身体を温める食材を摂りましょう。 生姜やネギ、ごぼうやにんじんなどの根菜類は身体を温める作用を持ちます。 また、ハーブティーやココアも身体を温めてくれ、同時にリラックス効果により精神的な不調の緩和も期待できます。 血液をサラサラにし、血流を良くする作用を持つEPAやDHAを多く含む、ブリ、サンマ、イワシなどの青魚を摂ることもお勧めです。 また、トマトやきゅうりなどの夏野菜も体を冷やすので、夏野菜サラダばかり食べ過ぎたりしないよう気を付けましょう。 また、神経を興奮させる作用を持ちますので、精神的な不調を助長させる可能性もあります。 コーヒーや紅茶、エナジードリンクなどカフェインを多く含む飲み物は、生理中は少し控えめにした方がよいでしょう。 4.ダイエット期間にお勧めの生理との付き合い方 生理中にどうしても体重が増える!ダイエットが進まない。。 と悩んでいる方、多いですね。 これは、生理中は血流が悪くなりむくみが起こりやすくなることが主な原因です。 むくみ改善のために、まずは塩分 を摂りすぎないよう気を付けましょう。 塩分摂取量が多いと身体に水分を溜め込みやすくなり、むくみの原因になります。 調味料のかけすぎや麺類の汁などに注意し、塩分を排出してむくみを解消してくれる野菜・果物類はバランスよく摂るようにしましょう。 また、無理は禁物ですが適度な運動やゆったりと入浴することで、血流が良くなりむくみ改善に役立ちます。 生理前から甘いものが食べたくなったり食欲が増すこともありますが、食べ過ぎないよう注意しながら上手に付き合っていきましょう。 例えばチョコレートが食べたいときはマグネシウムを多く含むアーモンド入りのものにして、3粒までと決めて食べる。 プルーン入りのヨーグルトなら鉄分も補給出来て満足感があります。 菓子パンや洋菓子は柔らかくパクパク食べられてしまうので、食べた後に満足感が得られづらい割りに高カロリーです。 ナッツやドライフルーツ入りのものなど歯ごたえのあるものを選ぶことも、「食べた!」という満足感アップに繋がるのでお勧めです。 上でご説明したように、生理中はむくみ等により体重が減りづらくなります。 ダイエット効果が一番出やすいのは生理後約2週間の期間ですので、生理中に思うように体重が減らなくてもあせらず、生理が終わったタイミングで運動等少し頑張るようにしましょう。 5.生理中にお勧めレシピ 生理中にお勧めのレシピをいくつかご紹介していきます。 com 白ゴマでも美味しいです。 ゴマはそのままのものでも、練りゴマでもok! ゴマ、きなこ、豆乳と生理痛緩和やホルモンバランスを整える効果が期待できる食材たっぷり。 バナナには快眠ホルモンの元になるたんぱく質が含まれるので、夜ぐっすり眠りたい方にも最適です。 com ほうれん草、ひじきと鉄分たっぷりの野菜、更にマグネシウムを含むゴマも入っているので生理中に食べたいレシピです。 デザートにビタミンCを多く含むいちごやオレンジを食べれば、更に吸収率もアップします。 com 血液サラサラ効果のあるサバと、鉄分を多く含むひじきで血流促進・貧血予防。 炊き込みご飯の中に、大豆や体を温める根菜類を一緒に入れるのも良いですね。 6.まとめ いかがでしたでしょうか。 生理痛や貧血の症状があまりにも重い場合には、病気が関係していることもありますので医師に相談することをお勧めしますが、食事に少し気を付けてみることで生理時の不調を緩和できる可能性はあります。 お勧め食材は、こちらでした。 ・マグネシウムを多く含むナッツ類、海藻類 ・大豆イソフラボンを多く含む大豆製品 ・鉄分を多く含む赤身の肉、ほうれん草、ひじき、プルーンなど ・体を温める根菜類、暖かいハーブティーやココア ・血液をサラサラにするサバ、イワシ、サンマなどの青魚 生理前~生理中は精神的にも不安定になりやすい時期なので、ゆったりリラックスすることを心がけながら、今回ご紹介した食材を少し意識して摂ってみてくださいね。

次の