雑誌 休刊。 休刊、廃刊するorした雑誌一覧

「休刊」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

雑誌 休刊

イメージ画像/出典:acworks 4月22日、老舗カメラ雑誌の月刊「カメラマン」(モーターマガジン社)の休刊が突如発表された。 5月号(4月20日発売号)の発行が最後となり、今後のカメラ、写真の情報は発行元のモーターマガジン社が運営している「Webカメラマン』で発信していく予定だという。 1978年に創刊された「カメラマン」は、新機種のレビューから高度な撮影テクニックの紹介まで、カメラ愛好家から長らく愛されてきた専門誌だった。 それだけに、アマチュアだけでなくプロの写真家やカメラマンからも惜しむ声が多く上がっている。 雑誌不況が叫ばれて久しい中、どの専門誌も同様だが、出版社は極限まで人件費を削り、経費をかけずに安いページ単価で誌面制作をして、なんとか毎号発行しているのが現状だ。 カメラ誌でいえば、カメラメーカーから新機種を無料でレンタルして、その機能を細かく解説する記事を手練れのライターに安く発注したり、写真展などが近いプロカメラマンのパブ記事をグラビア展開したりすることで、なんとかページ数を確保してきた。 その下支えをしてきたのが、カメラメーカーによる広告費だが、各社が宣伝費を渋る中で、じわりじわりと雑誌の体力を奪っていった。 あるカメラ雑誌の編集者はこう嘆く。 「元々、カメラ雑誌はどこも広告依存度が高い構造になっていて、ほぼ『広告でもっている状態』なんです。 だからこそ、実売部数が数千部なんていう商売が成り立ち、今でも写真雑誌が7~8誌も存在できていた。 でも、コロナ以前からとにかくカメラが売れなくなり、新機種を発売しても月に数台しか売れないなんてざら。 メーカーによっては、カメラ事業から撤退しようという動きもちらほら聞こえてくるほどです。 もちろん広告費も前年比で50%以下なんてメーカーもあり、ここ2年くらいはどこも青息吐息でやってきた。 黒字化できている雑誌なんてほとんどないんじゃないかな」 かつてはカメラ業界の二大巨頭だったニコン、キャノンも一眼レフからミラーレスカメラへ移行する時代の流れについていけず、デジタルカメラ事業はかなり厳しい経営状況だ。 大手でも苦しいのだから、富士フイルム、オリンパス、パナソニックなどは言わずもがな。 唯一、ミラーレス機で先鞭をつけたソニーだけが気を吐くが、ソニーとて宣伝費を「雑誌」に向ける余裕はなく、徐々に自社メディアも含めたWEBに振り分ける傾向が顕著だという。 ある業界関係者が言う。 「ニコンなんて組織がガタガタになっていて、半年ごとに幹部がガラっと変わるような異常事態です。 キャノンの2019年12月の決算は、会社全体で49. 9%減。 一眼レフやミラーレスカメラを扱うイメージングシステム部門の不振が大きく足を引っ張りました。 コロナ禍の前でもこのような状況なのだから、『コロナ後』などどうなるか想像もしたくない。 もはやメーカーに雑誌を支える余裕なんてまったくないのです」 となれば、今後残されたカメラ誌はどうやって活路を見出していくのか。 かつてのカー雑誌のように衰退の一途をたどってしまうのだろうか。 前出の編集者はこう話す。 「最も売れている『アサヒカメラ』(朝日新聞出版)ですら、今年の4月号からはジャニーズタレントのグラビアを掲載するなどして、生き残りに必死な様子が見て取れます。 業界のプロからは『もう写真誌っていうよりはアイドル雑誌だね』なんて声も聞かれますが、背に腹は変えられないのでしょう。 いち早く新機種の詳細なレビューが読めると好評だった『CAPA』(学研プラス)もメーカーの体力が弱まっている今、どこまで持つかわかりません。 『カメラマン』の休刊でドミノ倒しのように写真誌の休刊が続く可能性は、決して低くないと思います」 日本の写真文化を絶やさないためにも、各雑誌の奮闘に期待したい。

次の

アサヒカメラ、カメラマン…カメラ雑誌が続いて休刊、動揺広がる「コロナで文化的損失」「紙媒体で読みたい」

雑誌 休刊

4月にはモーターマガジン社の「カメラマン」も休刊しており、カメラ雑誌が続いて書店から姿を消す事態にカメラ愛好家の間で動揺が広がっている。 アサヒカメラは94年の歴史を誇る日本最古の総合カメラ誌。 ネットユーザーの間では2017~18年頃、インターネットにおける写真の無断転載・盗用問題について扱った企画が話題を呼んだ。 最近では、カメラ愛好家で、アイドルグループSnow Manに所属する向井康二の連載「巨匠と撮る白熱レッスン」が好評だった。 アサヒカメラの編集部は休刊の理由について「コロナ禍による広告費の激減」が原因だと説明している。 今後はカメラや写真の情報をニュースサイト「AERA dot.」で配信し、増刊やムックは引き続き刊行する。 ツイッターでは1日から「新型コロナウイルスは写真文化も奪うのか」「文化的な喪失。 コロナがどんどん日常を変えていく」などと惜しむ投稿が相次いだ。 毎年2月頃に開催されるカメラの国内最大規模の見本市「CP+」が今年は中止になるなど、新型コロナウイルスはカメラ業界にも大きな影響を与えている。 カメラ愛好家らは「アサカメの写真コンテストで入賞したのが初の雑誌掲載」「学生時代に何度かコンテストで入賞したり、あと一歩の作例として載せてもらったり…大変お世話になりました」などと思い出を振り返るコメントを書き込んだ。 また、向井の連載が朝日新聞出版の週刊誌「AERA」で継続されることについて、ファンらは「本当にありがとうございます」と礼を述べた。 42年間にわたって発行された「カメラマン」も4月20日発売の5月号で休刊していることを受けて「アサヒカメラが、紙媒体の本を休刊に。 月刊カメラマンに続いての休刊なので、結構衝撃的です」「月刊カメラマンに続いて、アサヒカメラも休刊だそうです。 長い歴史を持つカメラ雑誌の休刊に寂しさを感じます」「アサヒカメラまで休刊とは、本当に寂しいです」などの書き込みが見られた。 「(撮った作品を)これからどの媒体に出せばいいのか模索する」「カメラ雑誌は写真集でもあるので、紙媒体で読みたい」などの意見もあった。

次の

休刊、廃刊するorした雑誌一覧

雑誌 休刊

2020年2月21日第54回ジャパンゴルフフェア2020は開催中止を決定いたしました。 一般社団法人日本ゴルフ用品協会(会長 アレックス… さんの投稿 外出は控えた方がいいとは思いますが、屋外スポーツは濃厚接触とは無縁です。 加えて新幹線の社内は通勤電車とは比べものにならないぐらい空いています。 の天気予報は晴れが続いているので、火曜日、そして昨日(木曜日)とサクッとスノボに行ってきました。 例年になく今年は降雪量が少ないですが、それでもは春スキーを存分に味わえます。 東京駅からだと最短75分と近いので、サクッと午前中だけ滑ればゴルフに行くよりも手軽です。 ゲレンデはというと、インバウンドの人がほとんどいないこともあって平日の午前中はリフトは待ち時間はありませんし、ゲレンデもガラガラ。 昨年から課題だったバックサイドのターンをこれでもかってくらい練習できました。 新幹線のお供といえばゴルフ雑誌です。 スノボに関しては雑誌ではなくを観ています。 スノボの技術が未熟なこともあり、テキスト(文字)よりも動画の方が欲しい情報にアクセスしやすいからです。 加えて、スノボは写真(静止画)よりも、映像(動画)の方が動きの動きをイメージしやすいです。 だからかどうか分かりませんが、スノボやスキー関連の雑誌の数はゴルフ雑誌に比べると極端に少ないです。 現在、定期的に刊行されているは1誌だけです。 対して、ゴルフ雑誌は週刊、隔週、月刊、隔月刊を含めると10誌以上あります。 スノボ人口は約280万人で、ゴルフ人口の半分ほど。 人口比率で考えると、スノボに比べるとゴルフ雑誌は非常に多いです。 実際、他のスポーツと比べてみても、ゴルフ雑誌の多さは突出しています。 ゴルフ雑誌は他のスポーツよりも突出して多いですが、他の雑誌と同じく部数は目に見えて落ちています。 例えば、は日本雑誌協会に加盟しているので印刷部数が公表されおり、最新だと10万2848冊(2019年)。 10年前の2009年は21万4016冊ですから、この10年で半分まで落ち込んでいるのです。 他のゴルフ雑誌においても程度の差はあれ、部数は落ち込んでいるところがほとんどだと思います。 では、ゴルフ雑誌はこれから先どうなるか? 雑誌が売れないこの時代に10万部以上の部数というのは相当検討していると思いますが、ゴルフ雑誌を本当に支えているのは広告収入です。 例えば、今週発売のに掲載されている広告をざっと調べてみると、、、、 23社(自社広告除く)で、その内ゴルフメーカーが、、、 、、、、、、、、、、、、、、の15社で、ゴルフ以外の広告は8社でした。 ほぼ大手クラブメーカーは広告を出していますが、クラブメーカーも体力的にすべての媒体に広告を出すのは厳しくなってくると思います。 また、出校先はゴルフ雑誌だけではなく、これからはのような動画サイト、もしくはキューレーターのような影響力がある人物やインスタグラマーに直接広告を依頼することが増えてくるでしょう。 これらを考えると、これからのゴルフ雑誌は限られた椅子を奪い合う椅子取りゲームとなり、椅子(広告)を得られない媒体は休刊を余儀なくされると思います。 が6月号(4月21日発売)をもって休刊となるアナウンスが5月号(3月21日発売)でなされました。 月刊誌だとかつては月刊パーゴルフ、ニブリックに続いての休刊です。 雑誌の休刊というの廃刊とほぼ同義語です。 これからゴルフ雑誌が生き残れるかどうかは、紙媒体にこだわるのではなく、をはじめとした動画媒体を積極的に取り込めるところではないかと超私的に思っています。 ご容赦を! スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。 また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。

次の