映画 ワンス アポン ア タイム イン アメリカ。 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』あらすじネタバレ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ギャング映画というフォーマットを用いて巨匠セルジオ・レオーネが描いた素顔のアメリカ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』|洋画専門チャンネル ザ・シネマ

映画 ワンス アポン ア タイム イン アメリカ

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 評価• 点数: 85点/100点• ユダヤ系移民の子であるヌードルスは貧困層の仲間・パッツィー、コックアイ、ドミニクとつるむ不良少年だった。 彼らの居住区にある大衆レストラン「ファット・モーの店」の息子・モーとは友人であり、その妹のデボラにヌードルスは恋心を抱いていた。 ブロンクスから越してきたマックスも彼らの仲間に入り、ヌードルたちはこの辺を仕切っているボスのバグジーを出し抜き、酒の密売の手伝いをして儲け始める。 彼らは一人前のギャングになり始め、稼ぎの半分は共同基金として駅のコインロッカーに貯金していく。 しかし、バグジーの報復によりドミニクが射殺され、激昂したヌードルスはバグジーを刺し殺す。 この罪でヌードルスは刑務所に送られる。 6年後。 出所してきたヌードルス(ロバート・デ・ニーロ)をマックス(ジェームズ・ウッズ)が出迎える。 マックスたちは、表向きは葬儀社、裏では酒の密売で稼いでいた。 ファット・モーの店の裏に違法酒場と彼らの事務所があり、ヌードルスはそこでパッツィーやコックアイやモー、そして美しい女性に成長したデボラ(エリザベス・マクラガヴァン)とも再会する。 マックスは大物マフィア・フランキー(ジョー・ペシ)から仕事を請け負うようになっていた。 ヌードルスは仲間を簡単に裏切るフランキーのやり方を警戒し、マックスとぶつかる。 しかし2人は喧嘩をしてもすぐに仲直りできる親友だった。 時代は変わり、禁酒法は廃止の方向へと進んでいた。 この状況に危機を感じたマックスは、政治家からの裏仕事を請け負うようになり、再びヌードルスと対立し始める。 ヌードルスとデボラは互いに愛し合っていたが、デボラには女優になりたいという夢があった。 翌日ハリウッドへ旅立つという彼女をヌードルスは無理矢理犯してしまい、2人はそのまま別れてしまう。 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 結末・ラスト(ネタバレ) いよいよ禁酒法が廃止されることになり、マックスはでかく稼ぐため厳重な警備の連邦準備銀行を襲うと言い出す。 マックスの愛人・キャロルはヌードルスに、この無謀な計画を止めるため警察に情報を流して欲しいと依頼する。 実行したら確実に射殺されるが、未遂の状態なら短期間だけ刑務所に入れば済むというのだ。 禁酒法が廃止された夜。 ヌードルスは仲間の命を救うためだと決意し、警察へ電話をする。 しかし、マックスたち3人は現場に向かう車の中で警察に射殺されてしまう。 炎上した車から運び出されたマックスの遺体は損傷が激しく、人相の識別ができないほどだった。 ヌードルスは仲間を売ったことで命を狙われ、ニューヨークを離れる。 逃亡資金としてコインロッカーに貯めてきた共同基金を当てにしていたが、トランクの中に金はなかった。 誰が盗んだのかわからないまま、ヌードルスはニューヨークを出る。 それから35年後。 ヌードルスがモーの店に姿を現す。 誰かからニューヨークに呼び戻されたというのだ。 ヌードルスはこの謎を解くため、まずは新しく建立されたマックスたちの墓へ行く。 立派な墓には身に覚えのない「建立ヌードルス1967年」というプレートがあり、そこにコインロッカーの鍵が吊るされていた。 次にヌードルスはベイリー長官の立ち上げた「ベイリー財団」で働くキャロルに会う。 そこに飾られた写真にはデボラの姿があり、不審に思ったヌードルスはデボラを訪ねる。 予想通りデボラはベイリー長官の愛人であり、その息子は若い頃のマックスに瓜二つだった。 ベイリー長官のパーティーに出向いたヌードルスは、ベイリー長官として生きているマックスと再会する。 35年前の一連の出来事はすべてマックスや組織の仕組んだ罠で、あの焼死体も替え玉だった。 そして今、汚職事件により窮地に立たされているマックスは、ヌードルスに自分を殺してくれと頼む。 しかしヌードルスはその申し出を断り、マックスのもとを去る。 外へ出たヌードルスを追ってきたマックスは、動き出したゴミ収集車とともに姿を消す。 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 感想・レビュー(ネタバレ) 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』について、 感想・レビュー・解説・考察です。 そのため完全版の上映時間は3時間49分という、かなりの長さになっており、本腰を入れて見る必要がある。 マイケル・コルレオーネの現在とその父・ビトー・コルレオーネの過去を描いたマフィア映画の超名作「」でも3時間20分の上映時間だったので、さすがに長すぎるのではと思ったが、見終わると意外にも長かったとは感じない。 それは35年もの時を経て、ヌードルが誰にどんな理由でニューヨークに呼び戻されたのかが気になるからであり、過去と現在が交錯する構成にメリハリがあるからだ。 しかしながら、最後まで見た後、何が何だか分からないまま見た冒頭部分の記憶が曖昧になっており、もう一度最初から見直したくなる。 20代のヌードルスが命を狙われニューヨークを離れる過去から、35年後、ニューヨークに帰ってきてモーと話をする約35分。 ここをもう一度見てやっといろいろ理解ができるという人は多いと思う。 上映時間の長いマフィア映画はいくつかあるが、これほど難解なマフィア映画は珍しい。 ヌードルスとマックス この物語を複雑にしている大きな原因はヌードルスとマックスの関係が複雑だからに他ならない。 この2人の関係は深読みしようと思えば、様々な解釈ができる。 単純に考えると、マックスが友情よりも自分だけ組織で生き残る道を選んだということになる。 おそらくマックスはヌードルスの知らないところでジョー・ペシの演じるマフィアの大物フランキーと繋がり続け、服従しないヌードルスを消すように命令されていた。 または古い仲間が邪魔になった。 そこで、警察や組織とグルになって35年前の事件を仕組み、ヌードルス、パッツィー、コックアイの3人を一度に始末してしまおうと考えた。 それも「ヌードルスが仲間を裏切った」という正当な理由をでっち上げてだ。 マックスがベイリー長官と名を変え、大物政治家にのし上がっていることから考えても、大きな組織が裏で動いていたことがわかる。 袋小路に追いつめられたマックスは、せめてヌードルスにすべてを打ち明け、彼の手で殺してもらいたいと望む。 ベイリー長官ではなく、マックスとして死にたかったのだろう。 しかしヌードルスは最後までマックスに服従しない。 それはヌードルスの意地とも取れるし、彼特有のロマンティシズムとも取れる。 古き良き時代と変わらぬ友情を愛し続けたヌードルスと、時代の流れに順応し友情を捨てたマックス。 対照的な2人だが、どちらにとっても生涯の宝物は、共に過ごしたあの頃の思い出だったはず。 そう思いたい。 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ まとめ マフィア映画であることは確かだが、友情を主軸に置いているところがこの作品の個性だ。 そもそもマフィアの世界に友情などという生ぬるいものはないに等しい。 だから友情を重んじ組織を嫌うヌードルスは厳密に言うとマフィアではない。 それが本物のマフィアになっていくマックスとの対立を生んでいる。 貧しい少年時代から徐々に変化していく2人の友情と時代背景を丁寧に見せることで、裕福さと引き換えに失っていくものがあるとセルジオ・レオーネ監督は言いたいのだろう。 複雑な構成になっているので話がわかりにくいことやすっきりしない結末など、気になる点もいくつかあったが、かなりの力作であることは確か。 ヒューマンドラマの要素が強い上、サスペンスのような謎が残るのでじっくり考えてみたくなる魅力もある。 ラストに阿片窟でデ・ニーロがニヤリと笑う本当の意味がわかるまで、あと何回か見ることになるだろう。 手強い。

次の

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

映画 ワンス アポン ア タイム イン アメリカ

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』 1968 は、クリント・イーストウッド主演『荒野の用心棒』 1964 、『夕陽のガンマン』 1965 、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 1966 の通称【ドル3部作】で3年連続イタリア年間興収NO. 1を記録し、全世界にイタリア製西部劇=マカロニ・ウエスタン ブームを巻き起こした巨匠セルジオ・レオーネが、アクションの面白さを極め尽くした前3部作とは大きく方向性を変え、自らの作家性を前面に打ち出した野心作。 若き日のベルナルド・ベルトルッチ 『ラストエンペラー』監督 とダリオ・アルジェント 『サスぺリア』監督 を共同原案に抜擢したレオーネは、ルキノ・ヴィスコンティ監督『山猫』を下敷きに、女性主人公ジルの目を通し、移り変わる時代と共に滅びゆくガンマンたちの落日を、スタイリッシュかつ重厚壮麗なバロック的演出を駆使して描き、それまでのマカロニ・ウエスタンともハリウッド製西部劇ともまったく似て非なる、異形の超大作として完成させた。 そしてエンニオ・モリコーネ 『アンタッチャブル』『ニュー・シネマ・パラダイス』 作曲・指揮による名曲の数々が、この一大叙事詩を感動的に彩った。 1969年の初公開時、欧州各国では高い評価と共に大ヒットを記録。 特にパリでは歴史的ヒットとなり、2年にわたってロングランされ、現在もフランス興行史上トップテン内に留まっている。 一方アメリカではレオーネの意図はまったく理解されず、オリジナル版から20分短縮され、批評、興行ともに惨敗。 日本では米公開版をさらにカットした2時間21分版が公開され、アメリカ同様批評家から無視された。 1929年1月3日、ローマ出身。 日本でも公開記録のあるイタリアのサイレント映画『古塔』 1913 、『永劫の泉』 1917 、『燃ゆる血潮』 1918 などを手掛けたロベルト・ロベルティ 本名:ヴィンチェンツォ・レオーネ 監督と、それら作品の多くでコンビを組んだ女優ヴィーチェ・ワレリアンの間の一人息子として生まれる。 十代後半からチネチッタ撮影所で働き始め、ヴィットリオ・デ・シーカ『自転車泥棒』 47 、ハリウッド大作『クォ・ヴァディス』 51 、『トロイのヘレン』 54 、『尼僧物語』 57 、『ベン・ハー』 58 などに助監督として参加。 史劇大作『ポンペイ最後の日』 59 では途中降板したマリオ・ボンナルド監督を引き継いで作品を完成させ、翌年『ロード島の要塞』 60 で監督デビュー。 伊仏米合作『ソドムとゴモラ』 62 ではロバート・アルドリッチ監督に請われ、第2班監督を務めた。 史劇ブームが去り、暇を持て余していたレオーネは、ちょうどローマで公開されていた黒澤明の時代劇『用心棒』 61 を下敷き 結果的に盗作問題に発展 に、西部劇を作ることを発案。 TVシリーズ「ローハイド」 1959~65 に出演していた若き日のクリント・イーストウッドを主演にスペインでロケを行った。 完成作品はハリウッド製西部劇に見せかけるため、自ら監督名をボブ・ロバートソンという変名でクレジット。 小学校時代の同級生エンニオ・モリコーネが音楽を手掛けたこの低予算西部劇『荒野の用心棒』 64 は、戦後イタリア映画界の興収NO. 1となる記録的ヒットとなり、以降約10年間にわたって世界中に吹き荒れたマカロニ・ウエスタン ブームの先駆けとなった。 翌年すぐにイーストウッド主演の第2作『夕陽のガンマン』 65 、さらに翌年は『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 を連作。 いずれも世界中で大ヒットを記録し、この名無しの賞金稼ぎ The Man with No Name を主人公にした3作品は【ドル3部作】 Dollars Trilogy として映画史の中で語り継がれている。 次なる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』 68 は、前3部作とはがらりとタッチを変え、西部開拓史に挑んだ壮大な野心作となった。 大陸横断鉄道に象徴される文明の進歩と、移り変わる時代の中で滅び去っていくガンマンたちの姿を女性主人公の視点から描いた西部劇版『山猫』ともいうべきこの超大作は、アメリカでは極端なスローテンポと幾何学的な構成が当時全く理解されず、批評的、興行的に大失敗となった。 しかし欧州各国では大成功を収め、特にフランス、パリの劇場では2年間に及ぶ超ロングランを記録。 日本では『ウエスタン』の邦題で、1969年10月31日、新宿歌舞伎町にオープンした新宿プラザ劇場、翌11月30日、大阪の阪急プラザ劇場の開館記念作品として公開され、ヒットしたものの、批評的には黙殺同然だった。 製作に専念し、ピーター・ボグダノヴィッチやサム・ペキンパーに監督させるはずだった次作『夕陽のギャングたち』 71 は、結局自ら監督し、欧州のみでヒットし高く評価されたが、以降レオーネは長い沈黙に入る。 13年後、執念の超大作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 84 はカンヌ映画祭でプレミア上映され、絶賛されたが、全米公開時には大幅に短縮され興行も失敗。 日本では新装開館となった有楽町マリオンの日本劇場でロードショーされてヒット。 キネマ旬報洋画ベストワンに輝いた。 葬儀ではエンニオ・モリコーネ自らオルガンで『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』のテーマを演奏した。 レオーネは今、ローマ近郊のプラティカ・デ・マーレの墓地に眠っている。 セルジオ・レオーネ監督は、クリント・イーストウッド主演『荒野の用心棒』 64 、『夕陽のガンマン』 65 、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 と続いた【ドル3部作】の大ヒットによって全世界にマカロニ・ウエスタン・ブームを巻き起こし、当時世界屈指のヒットメイカーとなった。 3部作を全米配給したユナイトは、さらに新たな西部劇をレオーネにオファーしたが、西部劇に飽き飽きしていたレオーネは、ギャングスター大作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』の企画にこだわり、両者の交渉は決裂。 そこに新たな出資者が現れる。 パラマウントの親会社「ガルフ・アンド・ウェスタン」のチャールズ・ブルドーンはレオーネの才能を高く買い、ヘンリー・フォンダの出演と過去最大級の製作費を用意するのでもう一本だけ西部劇を、とオファー。 フォンダの大ファンだったレオーネはその申し出を断れず、同時に『ワンス~イン・アメリカ』の企画開発も進めることになる。 名無しの賞金稼ぎを主人公にした【ドル3部作】とは大きく方向性を変え、西部劇への個人的な想いと憧れを反映させようと目論んだレオーネは、それまで組んできた脚本家を一新。 当時映画評論家だったダリオ・アルジェント、『続・夕陽のガンマン』を初日に見に来た、当時まだ一本もヒット作がなかったベルナルド・ベルトルッチ監督と3人がかりでアイディアを練ることに。 3人はそれまで見てきた『真昼の決闘』『大砂塵』『捜索者』『シェーン』『荒野の七人』『アイアン・ホース』など、お気に入りの西部劇やその名場面を数か月にわたって語り合った。 その結果、主人公はベルトルッチの進言により女性となり、大陸横断鉄道に象徴される文明の進歩によって、西部の世界から夢とロマンが失われていく物語が形を取り始めた。 しかし原案を脚本化しようとした段階でアルジェントとベルトルッチは途中離脱。 レオーネは『夕陽のガンマン』2部作をノン・クレジットで執筆協力したセルジオ・ドナーティを新たに雇い、ドナーティはそれまでのアイディアと自ら考えたキャラクターをまとめ、25日間で脚本を完成させた。 イタリア語で書かれた脚本は、『続・夕陽のガンマン』に続き、赤狩りによってヨーロッパに逃れて来た元俳優、ミッキー・ノックスが英訳した。 『荒野の用心棒』30万ドル、『夕陽のガンマン』60万ドル、そして『続・夕陽のガンマン』の製作費は130万ドルと倍々に膨れ上がっていたが、本作ではそれらをはるかに超える300万ドルという破格の予算が組まれた。 60年代末、英語圏外の監督が、合作とはいえこれだけの予算を任されたハリウッド大作はかつてなかった。 予算の内150万ドルはキャストへの出演料に充てられたが、残りのほとんどは、舞台となる町や駅の美術費に充てられた。 レオーネの右腕、美術監督カルロ・シーミは、テキサス州エル・パソの古い写真を元に舞台となるフラッグストーンの町を丸ごと作り上げ、また膨大な出演者たちの衣装をデザインした。 撮影は1968年4月、チネチッタ撮影所に作られた屋内セットから始まり、続いてスペインのアルメリアとグラナダでのロケ、そして7月、レオーネ初のアメリカ・ロケ、モニュメント・ヴァレーでの撮影を済ませて終了した。 撮影現場ではエン二オ・モリコーネがあらかじめ作曲/録音していた各シーンの音楽が流され、キャストたちはその曲に合せて演技し、撮影のトニーノ・デッリ・コッリもその曲調に合わせて滑らかにクレーンや移動撮影を行った。 イタリアでは1968年12月に公開され、『続・夕陽のガンマン』の興収約32億リラに対し、25億リラと及ばなかったが同年度の興収3位。 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞・作品賞を受賞し、高く評価された。 フランスでは翌69年8月に公開され、凄まじいヒットを記録。 パリでは2年間に及ぶロングランとなり、現在もフランスの歴代動員トップテン内に留まっている。 アメリカでは69年5月に公開されたが、不評のため2時間45分のオリジナル版を20分カットされ、興収100万ドルという失敗に終わった。 我が国では『ウエスタン』の邦題で1969年10月31日から新宿・歌舞伎町にオープンした新宿プラザ劇場、11月30日、大阪にオープンした阪急プラザ劇場の開館記念作品として公開された。 新館オープンの話題と前年公開『さらば友よ』で爆発したチャールズ・ブロンソン人気によってヒットしたが、その版はアメリカ公開版よりもさらに短い2時間21分だった。 同年度のキネマ旬報ベストテン、西部劇ジャンルの作品評価はどうだったかといえば、25位『ワイルドバンチ』、38位『レッド・ムーン』、41位『大いなる男たち』の後塵を拝し、『ウエスタン』は得票1点で64位。 同点最下位は『ハロー・ドーリー!』と『ペンチャー・ワゴン』だった。 日本での不評は、レオーネが【ドル3部作】とは作品の方向性を変えた意図が批評家やファンにまったく理解されなかったこと、さらにその頃「アメリカン・ニューシネマ」が大きなブームになりつつあり、西部劇というジャンル自体が急速に人気と注目度を失っていたことも大きかったと思われる。 1972年、レオーネのさらなる超大作『夕陽のギャングたち』が日本公開されるも興行的に大敗。 この作品以降、我が国では若い批評家たちが散発的にレオーネ作品擁護の評を記すようになっていく。 だが多くの批評家たちからは相変わらず無視され続け、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』が1984年度キネマ旬報ベストワンになった際も、過去作が顧みられたり、再評価されることはなかった。 後者ではルーカス、スピルバーグ、スコセッシ、カーペンター、ジョージ・ミラー、ジョン・ウー、そして後に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズを監督するツイ・ハークら、世界各国の映画監督たちがいかにレオーネ作品から影響を受けていたかが記されていた。 それと前後して『パルプ・フィクション』 1984 でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したクエンティン・タランティーノ監督が、ことあるごとにレオーネ作品とエンニオ・モリコーネの音楽、そしてマカロニ・ウエスタンというジャンルを絶賛する発言を繰り返していた。 近作『ジャンゴ 繋がれざる者』 12 、続く『ヘイトフル・エイト』 15 では西部劇に挑戦し、後者ではレオーネの盟友であるモリコーネに作曲を依頼、見事アカデミー作曲賞を獲らせるという快挙に至った。 2018年10月10日、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』のフランス初公開50年に先駆け、パリのシネマテーク・フランセーズが企画展「かつて、セルジオ・レオーネがいた」を開催 翌年2月4日まで。 会場では本篇の修復を担当したチネテカ・ボローニャの代表ジャン・ルカ・ファリネッリとフレイリングの共著による図録兼研究書「セルジオ・レオーネ革命」が発売された。 年明けの2019年1月末には、イタリアBEAT RECORDSから50周年記念リマスター・サントラ盤CDが発売。 そして5月21日、前記サー・フレイリングの数十年にわたる調査、研究の総決算ともいうべきハードカバー335ページの大著「ONCE UPON A TIME IN THE WEST:Shooting a Masterpiece」 REEL ART PRESS刊 が全世界で一斉発売。 奇しくも同書が発売された5月21日同日、カンヌ映画祭ではタランティーノが本作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』の題名を引用した最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』がプレミア上映され、超満員の会場は終映後、大喝采に沸いた。 そして7月26日、全米公開された『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は週末3日間興収4035万ドルを記録し、タランティーノ作品歴代No. 1の大ヒットスタートを切った。 その約1か月後の8月30日には『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』日本公開。 そしてまたその約1か月後の9月27日、映画史において『ワンス・アポン~』と名付けられた作品の先駆けであるセルジオ・レオーネ監督作品『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』、2時間45分のオリジナル版が日本初公開される。 ベルナルド・ベルトルッチ 1941年3月16日、パルマ出身。 ピエル・パオロ・パゾリーニ監督原案の『殺し』 62 で監督デビュー。 第2作『革命前夜』 64 が興行的に失敗し、仕事のない日々が続いたが、『続・夕陽のガンマン』 66 を初日に見に行った折、アルジェントの紹介でレオーネと知り合い、本作に参加。 『ベルトルッチの分身』 68 、『暗殺のオペラ』 70 に次いで発表した『暗殺の森』 70 は世界各国で高く評価された。 大胆な性描写に賛否が渦巻いた『ラストタンゴ・イン・パリ』 72 は、イタリアでその年興収NO. 1大のヒットに。 イタリア現代史に挑んだ5時間16分の超大作『1900年』 76 は、日本では1982年に世界初の第1部、第2部の一挙上映がなされた。 『ルナ』 79 を挟み、清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀の生涯を描いた『ラストエンペラー』 87 を監督。 アカデミー作品賞、監督賞ほか9部門を受賞し、イタリア人監督として初めてオスカーを手にした。 その後『シェルタリング・スカイ』 90)、『リトル・ブッダ』 93 、『魅せられて』 96 、『シャンドライの恋』 98 、『ドリーマーズ』 03 を発表。 『孤独な天使たち』 12 が遺作となり、2018年11月、77才で死去。 ダリオ・アルジェント 1940年9月7日、ローマ出身。 高校卒業後、新聞の映画評で『荒野の用心棒』や『夕陽のガンマン』を絶賛し、レオーネの知己を得る。 『野獣暁に死す』『地獄の戦場コマンドス』 68 、『五人の軍隊』 69 などの脚本を執筆後、猟奇サスペンス『歓びの毒牙 きば 』 70 で監督デビュー。 以後『わたしは目撃者』『4匹の蝿』 71 、『サスぺリアPART2』 75 を連作。 『サスペリア』 77 が大ヒットし、一躍その名は世界的に。 代表作に『インフェルノ』 80 、『シャドー』 82 、『フェノミナ』 84 、『オペラ座/血の喝采』 88 、『トラウマ/鮮血の叫び』 92 、『スタンダール・シンドローム』 96 、『スリープレス』 01 、『サスペリア・テルザ 最後の魔女』 07 、『ジャーロ』 09 、『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』 12 など。 『ゾンビ』 78 日本初公開版はアルジェント監修版だった。 セルジオ・ドナーティ 1933年4月13日、ローマ出身。 レオーネの『夕陽のガンマン』 65 、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 の脚本にノン・クレジットで協力。 本作と『夕陽のギャングたち』 71/ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ、レオーネと共同執筆 の2作品で脚本家としてクレジットされた。 前記ヴィンチェンツォーニとは『オルカ』 77 や『アーノルド・シュワルツェネッガー/ゴリラ』 86/原案 など、多くの作品でコンビを組んでいる。 その他担当作品に『必殺の歓び』 66 、『血斗のジャンゴ』『復讐のガンマン』 67 、『華麗なる復讐』『栄光の北アフリカ戦線』 73/未 、『オニオン流れ者』 75 、『悪魔が最後にやって来る!』 77 、『ドクター・モリスの島/フィッシュマン』 79 、『ビッグ・ファイター』 87 、『恐怖の航海/アキレ・ラウロ号事件』 90/TVM など多数。 トニーノ・デッリ・コッリ 1923年11月20日、ローマ出身。 『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 、本作、そして『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 84 と3本のレオーネ作品を手掛けた。 2019年1月、全米撮影監督協会 ASC は、同協会100周年を記念し、優れた撮影技術を遺した20世紀の100作品を発表したが、その1本に本作も選ばれた。 1938年、チネチッタ撮影所に入所。 撮影監督に昇格後、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督『アッカトーネ』 61 で注目を集め、以降パゾリーニ監督作『マンマ・ローマ』 62 、『ロゴパグ』 63 、『奇跡の丘』『愛の集会』 64 、『大きな鳥と小さな鳥』 66 、『豚小屋』 69 、『デカメロン』 70 、『カンタベリー物語』 71 、『ソドムの市』 75 を手掛けた。 『薔薇の名前』 86 、後期フェリーニ監督作『ジンジャーとフレッド』 85 、『インテルビスタ』 87 、『ボイス・オブ・ムーン』 90 やロマン・ポランスキー監督作『赤い航路』 92 、『死と処女 おとめ 』 95 の撮影も名高い。 最後の担当作は『ライフ・イズ・ビューティフル』 97。 2005年8月、81才で死去。 カルロ・シーミ 1924年11月7日、トスカーナ出身。 レオーネ監督の5作品『荒野の用心棒』 64 、『夕陽のガンマン』 65 、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 、本作、そして『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 84/ナストロ・ダルジェント賞=イタリア映画記者組合賞・美術賞受賞 の美術監督と衣装を担当。 その他主要作品に『ミネソタ無頼』 65 、『続・荒野の用心棒』『リンゴ・キッド』 66 、『復讐のガンマン』『血斗のジャンゴ』 67 、『西部悪人伝』 69 、『非情の標的』 73 、『ミスター・ノーボディ2』 75/未 、『ケオマ・ザ・リベンジャー』 76/未 、『カリフォルニア~ジェンマの復讐の用心棒』 77/未 、『ビッグ・ファイター』 86 などがある。 『ジャズ・ミー・ブルース』 91 ではダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞・美術賞を受賞。 2000年11月、76才で死去。 ニーノ・バラーリ 1926年10月1日、ローマ出身。 レオーネ作品は『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 、本作、『夕陽のギャングたち』 71 、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 84 の4作品と、レオーネ製作『ミスター・ノーボディ』 73 、『ミスター・ノーボディ2』 75/未 を担当。 その他『狂った夜』 59 、『残酷な夜』『汚れなき抱擁』 60 、『アッカトーネ』 61 、『マンマ・ローマ』 62 、『ロゴパグ』 63 、『ブーベの恋人』『奇跡の丘』 64 、『続・荒野の用心棒』『大きな鳥と小さな鳥』『黄金の七人』 66 、『華やかな魔女たち』『アポロンの地獄』 67 、『テオレマ』 68 、『豚小屋』『王女メディア』『彼女と彼』 69 、『狼の挽歌』『わが青春のフロレンス』 70 、『死刑台のメロディ』『愛すれど哀しく』『デカメロン』 71 、『エロスの詩』 73 、『ソドムの市』 75 、『カリギュラ』 79 、『ジンジャーとフレッド』 86 、『インテルビスタ』 87 、『ボイス・オブ・ムーン』 90 、『ジョニーの事情』『エーゲ海の天使』 91 、『鯨の中のジョナ』 93 などがある。 2013年、86才で死去。 エンニオ・モリコーネ 1928年11月10日、ローマ出身。 小学校時代の同級生、セルジオ・レオーネが監督したマカロニ・ウエスタン『荒野の用心棒』 64 の作曲を手掛け、そのテーマ曲「さすらいの口笛」が全世界で大ヒットし、一躍名を上げる。 以後レオーネとのコンビ作『夕陽のガンマン』 65 、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 、本作、『夕陽のギャングたち』 71 、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 84 まで6作品を担当した。 ジュゼッペ・トルナトーレ監督『ニュー・シネマ・パラダイス』 88 のテーマは、我が国で最も親しまれているモリコーネ音楽として、今なおTVやラジオから聞こえてこない日はない。 『天国の日々』 78 、『ミッション』 86 、『アンタッチャブル』 87 、『バグジー』 91 、『マレーナ』 00 で5回アカデミー作曲賞にノミネート。 クエンティン・タランティーノ監督『ヘイトフル・エイト』 15 で遂に初受賞を果たした。 1960年代から現在までに430本を超える映画/TVの作曲を手掛けているが、その中には本作の原案ベルナルド・ベルトルッチ監督作『1900年』 76 他4本、ダリオ・アルジェント監督作『歓びの毒牙〈きば〉』 70 他4本も含まれる。 池田満寿夫監督『エーゲ海に捧ぐ』 79 では初めて日本映画の音楽を担当。 NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI 03 の音楽も大きな話題を集めた。 2004年6月、2005年10月には東京と大阪で来日コンサートを開催。 『続・夕陽のガンマン』のロケ地を題材にしたドキュメンタリー『サッドヒルを掘り返せ』 17 ではインタビューに応える姿が映し出された。 All Rights Reserved.

次の

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ : 作品情報

映画 ワンス アポン ア タイム イン アメリカ

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』 1968 は、クリント・イーストウッド主演『荒野の用心棒』 1964 、『夕陽のガンマン』 1965 、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 1966 の通称【ドル3部作】で3年連続イタリア年間興収NO. 1を記録し、全世界にイタリア製西部劇=マカロニ・ウエスタン ブームを巻き起こした巨匠セルジオ・レオーネが、アクションの面白さを極め尽くした前3部作とは大きく方向性を変え、自らの作家性を前面に打ち出した野心作。 若き日のベルナルド・ベルトルッチ 『ラストエンペラー』監督 とダリオ・アルジェント 『サスぺリア』監督 を共同原案に抜擢したレオーネは、ルキノ・ヴィスコンティ監督『山猫』を下敷きに、女性主人公ジルの目を通し、移り変わる時代と共に滅びゆくガンマンたちの落日を、スタイリッシュかつ重厚壮麗なバロック的演出を駆使して描き、それまでのマカロニ・ウエスタンともハリウッド製西部劇ともまったく似て非なる、異形の超大作として完成させた。 そしてエンニオ・モリコーネ 『アンタッチャブル』『ニュー・シネマ・パラダイス』 作曲・指揮による名曲の数々が、この一大叙事詩を感動的に彩った。 1969年の初公開時、欧州各国では高い評価と共に大ヒットを記録。 特にパリでは歴史的ヒットとなり、2年にわたってロングランされ、現在もフランス興行史上トップテン内に留まっている。 一方アメリカではレオーネの意図はまったく理解されず、オリジナル版から20分短縮され、批評、興行ともに惨敗。 日本では米公開版をさらにカットした2時間21分版が公開され、アメリカ同様批評家から無視された。 1929年1月3日、ローマ出身。 日本でも公開記録のあるイタリアのサイレント映画『古塔』 1913 、『永劫の泉』 1917 、『燃ゆる血潮』 1918 などを手掛けたロベルト・ロベルティ 本名:ヴィンチェンツォ・レオーネ 監督と、それら作品の多くでコンビを組んだ女優ヴィーチェ・ワレリアンの間の一人息子として生まれる。 十代後半からチネチッタ撮影所で働き始め、ヴィットリオ・デ・シーカ『自転車泥棒』 47 、ハリウッド大作『クォ・ヴァディス』 51 、『トロイのヘレン』 54 、『尼僧物語』 57 、『ベン・ハー』 58 などに助監督として参加。 史劇大作『ポンペイ最後の日』 59 では途中降板したマリオ・ボンナルド監督を引き継いで作品を完成させ、翌年『ロード島の要塞』 60 で監督デビュー。 伊仏米合作『ソドムとゴモラ』 62 ではロバート・アルドリッチ監督に請われ、第2班監督を務めた。 史劇ブームが去り、暇を持て余していたレオーネは、ちょうどローマで公開されていた黒澤明の時代劇『用心棒』 61 を下敷き 結果的に盗作問題に発展 に、西部劇を作ることを発案。 TVシリーズ「ローハイド」 1959~65 に出演していた若き日のクリント・イーストウッドを主演にスペインでロケを行った。 完成作品はハリウッド製西部劇に見せかけるため、自ら監督名をボブ・ロバートソンという変名でクレジット。 小学校時代の同級生エンニオ・モリコーネが音楽を手掛けたこの低予算西部劇『荒野の用心棒』 64 は、戦後イタリア映画界の興収NO. 1となる記録的ヒットとなり、以降約10年間にわたって世界中に吹き荒れたマカロニ・ウエスタン ブームの先駆けとなった。 翌年すぐにイーストウッド主演の第2作『夕陽のガンマン』 65 、さらに翌年は『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 を連作。 いずれも世界中で大ヒットを記録し、この名無しの賞金稼ぎ The Man with No Name を主人公にした3作品は【ドル3部作】 Dollars Trilogy として映画史の中で語り継がれている。 次なる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』 68 は、前3部作とはがらりとタッチを変え、西部開拓史に挑んだ壮大な野心作となった。 大陸横断鉄道に象徴される文明の進歩と、移り変わる時代の中で滅び去っていくガンマンたちの姿を女性主人公の視点から描いた西部劇版『山猫』ともいうべきこの超大作は、アメリカでは極端なスローテンポと幾何学的な構成が当時全く理解されず、批評的、興行的に大失敗となった。 しかし欧州各国では大成功を収め、特にフランス、パリの劇場では2年間に及ぶ超ロングランを記録。 日本では『ウエスタン』の邦題で、1969年10月31日、新宿歌舞伎町にオープンした新宿プラザ劇場、翌11月30日、大阪の阪急プラザ劇場の開館記念作品として公開され、ヒットしたものの、批評的には黙殺同然だった。 製作に専念し、ピーター・ボグダノヴィッチやサム・ペキンパーに監督させるはずだった次作『夕陽のギャングたち』 71 は、結局自ら監督し、欧州のみでヒットし高く評価されたが、以降レオーネは長い沈黙に入る。 13年後、執念の超大作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 84 はカンヌ映画祭でプレミア上映され、絶賛されたが、全米公開時には大幅に短縮され興行も失敗。 日本では新装開館となった有楽町マリオンの日本劇場でロードショーされてヒット。 キネマ旬報洋画ベストワンに輝いた。 葬儀ではエンニオ・モリコーネ自らオルガンで『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』のテーマを演奏した。 レオーネは今、ローマ近郊のプラティカ・デ・マーレの墓地に眠っている。 セルジオ・レオーネ監督は、クリント・イーストウッド主演『荒野の用心棒』 64 、『夕陽のガンマン』 65 、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 と続いた【ドル3部作】の大ヒットによって全世界にマカロニ・ウエスタン・ブームを巻き起こし、当時世界屈指のヒットメイカーとなった。 3部作を全米配給したユナイトは、さらに新たな西部劇をレオーネにオファーしたが、西部劇に飽き飽きしていたレオーネは、ギャングスター大作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』の企画にこだわり、両者の交渉は決裂。 そこに新たな出資者が現れる。 パラマウントの親会社「ガルフ・アンド・ウェスタン」のチャールズ・ブルドーンはレオーネの才能を高く買い、ヘンリー・フォンダの出演と過去最大級の製作費を用意するのでもう一本だけ西部劇を、とオファー。 フォンダの大ファンだったレオーネはその申し出を断れず、同時に『ワンス~イン・アメリカ』の企画開発も進めることになる。 名無しの賞金稼ぎを主人公にした【ドル3部作】とは大きく方向性を変え、西部劇への個人的な想いと憧れを反映させようと目論んだレオーネは、それまで組んできた脚本家を一新。 当時映画評論家だったダリオ・アルジェント、『続・夕陽のガンマン』を初日に見に来た、当時まだ一本もヒット作がなかったベルナルド・ベルトルッチ監督と3人がかりでアイディアを練ることに。 3人はそれまで見てきた『真昼の決闘』『大砂塵』『捜索者』『シェーン』『荒野の七人』『アイアン・ホース』など、お気に入りの西部劇やその名場面を数か月にわたって語り合った。 その結果、主人公はベルトルッチの進言により女性となり、大陸横断鉄道に象徴される文明の進歩によって、西部の世界から夢とロマンが失われていく物語が形を取り始めた。 しかし原案を脚本化しようとした段階でアルジェントとベルトルッチは途中離脱。 レオーネは『夕陽のガンマン』2部作をノン・クレジットで執筆協力したセルジオ・ドナーティを新たに雇い、ドナーティはそれまでのアイディアと自ら考えたキャラクターをまとめ、25日間で脚本を完成させた。 イタリア語で書かれた脚本は、『続・夕陽のガンマン』に続き、赤狩りによってヨーロッパに逃れて来た元俳優、ミッキー・ノックスが英訳した。 『荒野の用心棒』30万ドル、『夕陽のガンマン』60万ドル、そして『続・夕陽のガンマン』の製作費は130万ドルと倍々に膨れ上がっていたが、本作ではそれらをはるかに超える300万ドルという破格の予算が組まれた。 60年代末、英語圏外の監督が、合作とはいえこれだけの予算を任されたハリウッド大作はかつてなかった。 予算の内150万ドルはキャストへの出演料に充てられたが、残りのほとんどは、舞台となる町や駅の美術費に充てられた。 レオーネの右腕、美術監督カルロ・シーミは、テキサス州エル・パソの古い写真を元に舞台となるフラッグストーンの町を丸ごと作り上げ、また膨大な出演者たちの衣装をデザインした。 撮影は1968年4月、チネチッタ撮影所に作られた屋内セットから始まり、続いてスペインのアルメリアとグラナダでのロケ、そして7月、レオーネ初のアメリカ・ロケ、モニュメント・ヴァレーでの撮影を済ませて終了した。 撮影現場ではエン二オ・モリコーネがあらかじめ作曲/録音していた各シーンの音楽が流され、キャストたちはその曲に合せて演技し、撮影のトニーノ・デッリ・コッリもその曲調に合わせて滑らかにクレーンや移動撮影を行った。 イタリアでは1968年12月に公開され、『続・夕陽のガンマン』の興収約32億リラに対し、25億リラと及ばなかったが同年度の興収3位。 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞・作品賞を受賞し、高く評価された。 フランスでは翌69年8月に公開され、凄まじいヒットを記録。 パリでは2年間に及ぶロングランとなり、現在もフランスの歴代動員トップテン内に留まっている。 アメリカでは69年5月に公開されたが、不評のため2時間45分のオリジナル版を20分カットされ、興収100万ドルという失敗に終わった。 我が国では『ウエスタン』の邦題で1969年10月31日から新宿・歌舞伎町にオープンした新宿プラザ劇場、11月30日、大阪にオープンした阪急プラザ劇場の開館記念作品として公開された。 新館オープンの話題と前年公開『さらば友よ』で爆発したチャールズ・ブロンソン人気によってヒットしたが、その版はアメリカ公開版よりもさらに短い2時間21分だった。 同年度のキネマ旬報ベストテン、西部劇ジャンルの作品評価はどうだったかといえば、25位『ワイルドバンチ』、38位『レッド・ムーン』、41位『大いなる男たち』の後塵を拝し、『ウエスタン』は得票1点で64位。 同点最下位は『ハロー・ドーリー!』と『ペンチャー・ワゴン』だった。 日本での不評は、レオーネが【ドル3部作】とは作品の方向性を変えた意図が批評家やファンにまったく理解されなかったこと、さらにその頃「アメリカン・ニューシネマ」が大きなブームになりつつあり、西部劇というジャンル自体が急速に人気と注目度を失っていたことも大きかったと思われる。 1972年、レオーネのさらなる超大作『夕陽のギャングたち』が日本公開されるも興行的に大敗。 この作品以降、我が国では若い批評家たちが散発的にレオーネ作品擁護の評を記すようになっていく。 だが多くの批評家たちからは相変わらず無視され続け、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』が1984年度キネマ旬報ベストワンになった際も、過去作が顧みられたり、再評価されることはなかった。 後者ではルーカス、スピルバーグ、スコセッシ、カーペンター、ジョージ・ミラー、ジョン・ウー、そして後に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズを監督するツイ・ハークら、世界各国の映画監督たちがいかにレオーネ作品から影響を受けていたかが記されていた。 それと前後して『パルプ・フィクション』 1984 でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したクエンティン・タランティーノ監督が、ことあるごとにレオーネ作品とエンニオ・モリコーネの音楽、そしてマカロニ・ウエスタンというジャンルを絶賛する発言を繰り返していた。 近作『ジャンゴ 繋がれざる者』 12 、続く『ヘイトフル・エイト』 15 では西部劇に挑戦し、後者ではレオーネの盟友であるモリコーネに作曲を依頼、見事アカデミー作曲賞を獲らせるという快挙に至った。 2018年10月10日、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』のフランス初公開50年に先駆け、パリのシネマテーク・フランセーズが企画展「かつて、セルジオ・レオーネがいた」を開催 翌年2月4日まで。 会場では本篇の修復を担当したチネテカ・ボローニャの代表ジャン・ルカ・ファリネッリとフレイリングの共著による図録兼研究書「セルジオ・レオーネ革命」が発売された。 年明けの2019年1月末には、イタリアBEAT RECORDSから50周年記念リマスター・サントラ盤CDが発売。 そして5月21日、前記サー・フレイリングの数十年にわたる調査、研究の総決算ともいうべきハードカバー335ページの大著「ONCE UPON A TIME IN THE WEST:Shooting a Masterpiece」 REEL ART PRESS刊 が全世界で一斉発売。 奇しくも同書が発売された5月21日同日、カンヌ映画祭ではタランティーノが本作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』の題名を引用した最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』がプレミア上映され、超満員の会場は終映後、大喝采に沸いた。 そして7月26日、全米公開された『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は週末3日間興収4035万ドルを記録し、タランティーノ作品歴代No. 1の大ヒットスタートを切った。 その約1か月後の8月30日には『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』日本公開。 そしてまたその約1か月後の9月27日、映画史において『ワンス・アポン~』と名付けられた作品の先駆けであるセルジオ・レオーネ監督作品『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』、2時間45分のオリジナル版が日本初公開される。 ベルナルド・ベルトルッチ 1941年3月16日、パルマ出身。 ピエル・パオロ・パゾリーニ監督原案の『殺し』 62 で監督デビュー。 第2作『革命前夜』 64 が興行的に失敗し、仕事のない日々が続いたが、『続・夕陽のガンマン』 66 を初日に見に行った折、アルジェントの紹介でレオーネと知り合い、本作に参加。 『ベルトルッチの分身』 68 、『暗殺のオペラ』 70 に次いで発表した『暗殺の森』 70 は世界各国で高く評価された。 大胆な性描写に賛否が渦巻いた『ラストタンゴ・イン・パリ』 72 は、イタリアでその年興収NO. 1大のヒットに。 イタリア現代史に挑んだ5時間16分の超大作『1900年』 76 は、日本では1982年に世界初の第1部、第2部の一挙上映がなされた。 『ルナ』 79 を挟み、清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀の生涯を描いた『ラストエンペラー』 87 を監督。 アカデミー作品賞、監督賞ほか9部門を受賞し、イタリア人監督として初めてオスカーを手にした。 その後『シェルタリング・スカイ』 90)、『リトル・ブッダ』 93 、『魅せられて』 96 、『シャンドライの恋』 98 、『ドリーマーズ』 03 を発表。 『孤独な天使たち』 12 が遺作となり、2018年11月、77才で死去。 ダリオ・アルジェント 1940年9月7日、ローマ出身。 高校卒業後、新聞の映画評で『荒野の用心棒』や『夕陽のガンマン』を絶賛し、レオーネの知己を得る。 『野獣暁に死す』『地獄の戦場コマンドス』 68 、『五人の軍隊』 69 などの脚本を執筆後、猟奇サスペンス『歓びの毒牙 きば 』 70 で監督デビュー。 以後『わたしは目撃者』『4匹の蝿』 71 、『サスぺリアPART2』 75 を連作。 『サスペリア』 77 が大ヒットし、一躍その名は世界的に。 代表作に『インフェルノ』 80 、『シャドー』 82 、『フェノミナ』 84 、『オペラ座/血の喝采』 88 、『トラウマ/鮮血の叫び』 92 、『スタンダール・シンドローム』 96 、『スリープレス』 01 、『サスペリア・テルザ 最後の魔女』 07 、『ジャーロ』 09 、『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』 12 など。 『ゾンビ』 78 日本初公開版はアルジェント監修版だった。 セルジオ・ドナーティ 1933年4月13日、ローマ出身。 レオーネの『夕陽のガンマン』 65 、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 の脚本にノン・クレジットで協力。 本作と『夕陽のギャングたち』 71/ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ、レオーネと共同執筆 の2作品で脚本家としてクレジットされた。 前記ヴィンチェンツォーニとは『オルカ』 77 や『アーノルド・シュワルツェネッガー/ゴリラ』 86/原案 など、多くの作品でコンビを組んでいる。 その他担当作品に『必殺の歓び』 66 、『血斗のジャンゴ』『復讐のガンマン』 67 、『華麗なる復讐』『栄光の北アフリカ戦線』 73/未 、『オニオン流れ者』 75 、『悪魔が最後にやって来る!』 77 、『ドクター・モリスの島/フィッシュマン』 79 、『ビッグ・ファイター』 87 、『恐怖の航海/アキレ・ラウロ号事件』 90/TVM など多数。 トニーノ・デッリ・コッリ 1923年11月20日、ローマ出身。 『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 、本作、そして『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 84 と3本のレオーネ作品を手掛けた。 2019年1月、全米撮影監督協会 ASC は、同協会100周年を記念し、優れた撮影技術を遺した20世紀の100作品を発表したが、その1本に本作も選ばれた。 1938年、チネチッタ撮影所に入所。 撮影監督に昇格後、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督『アッカトーネ』 61 で注目を集め、以降パゾリーニ監督作『マンマ・ローマ』 62 、『ロゴパグ』 63 、『奇跡の丘』『愛の集会』 64 、『大きな鳥と小さな鳥』 66 、『豚小屋』 69 、『デカメロン』 70 、『カンタベリー物語』 71 、『ソドムの市』 75 を手掛けた。 『薔薇の名前』 86 、後期フェリーニ監督作『ジンジャーとフレッド』 85 、『インテルビスタ』 87 、『ボイス・オブ・ムーン』 90 やロマン・ポランスキー監督作『赤い航路』 92 、『死と処女 おとめ 』 95 の撮影も名高い。 最後の担当作は『ライフ・イズ・ビューティフル』 97。 2005年8月、81才で死去。 カルロ・シーミ 1924年11月7日、トスカーナ出身。 レオーネ監督の5作品『荒野の用心棒』 64 、『夕陽のガンマン』 65 、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 、本作、そして『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 84/ナストロ・ダルジェント賞=イタリア映画記者組合賞・美術賞受賞 の美術監督と衣装を担当。 その他主要作品に『ミネソタ無頼』 65 、『続・荒野の用心棒』『リンゴ・キッド』 66 、『復讐のガンマン』『血斗のジャンゴ』 67 、『西部悪人伝』 69 、『非情の標的』 73 、『ミスター・ノーボディ2』 75/未 、『ケオマ・ザ・リベンジャー』 76/未 、『カリフォルニア~ジェンマの復讐の用心棒』 77/未 、『ビッグ・ファイター』 86 などがある。 『ジャズ・ミー・ブルース』 91 ではダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞・美術賞を受賞。 2000年11月、76才で死去。 ニーノ・バラーリ 1926年10月1日、ローマ出身。 レオーネ作品は『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 、本作、『夕陽のギャングたち』 71 、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 84 の4作品と、レオーネ製作『ミスター・ノーボディ』 73 、『ミスター・ノーボディ2』 75/未 を担当。 その他『狂った夜』 59 、『残酷な夜』『汚れなき抱擁』 60 、『アッカトーネ』 61 、『マンマ・ローマ』 62 、『ロゴパグ』 63 、『ブーベの恋人』『奇跡の丘』 64 、『続・荒野の用心棒』『大きな鳥と小さな鳥』『黄金の七人』 66 、『華やかな魔女たち』『アポロンの地獄』 67 、『テオレマ』 68 、『豚小屋』『王女メディア』『彼女と彼』 69 、『狼の挽歌』『わが青春のフロレンス』 70 、『死刑台のメロディ』『愛すれど哀しく』『デカメロン』 71 、『エロスの詩』 73 、『ソドムの市』 75 、『カリギュラ』 79 、『ジンジャーとフレッド』 86 、『インテルビスタ』 87 、『ボイス・オブ・ムーン』 90 、『ジョニーの事情』『エーゲ海の天使』 91 、『鯨の中のジョナ』 93 などがある。 2013年、86才で死去。 エンニオ・モリコーネ 1928年11月10日、ローマ出身。 小学校時代の同級生、セルジオ・レオーネが監督したマカロニ・ウエスタン『荒野の用心棒』 64 の作曲を手掛け、そのテーマ曲「さすらいの口笛」が全世界で大ヒットし、一躍名を上げる。 以後レオーネとのコンビ作『夕陽のガンマン』 65 、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』 66 、本作、『夕陽のギャングたち』 71 、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 84 まで6作品を担当した。 ジュゼッペ・トルナトーレ監督『ニュー・シネマ・パラダイス』 88 のテーマは、我が国で最も親しまれているモリコーネ音楽として、今なおTVやラジオから聞こえてこない日はない。 『天国の日々』 78 、『ミッション』 86 、『アンタッチャブル』 87 、『バグジー』 91 、『マレーナ』 00 で5回アカデミー作曲賞にノミネート。 クエンティン・タランティーノ監督『ヘイトフル・エイト』 15 で遂に初受賞を果たした。 1960年代から現在までに430本を超える映画/TVの作曲を手掛けているが、その中には本作の原案ベルナルド・ベルトルッチ監督作『1900年』 76 他4本、ダリオ・アルジェント監督作『歓びの毒牙〈きば〉』 70 他4本も含まれる。 池田満寿夫監督『エーゲ海に捧ぐ』 79 では初めて日本映画の音楽を担当。 NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI 03 の音楽も大きな話題を集めた。 2004年6月、2005年10月には東京と大阪で来日コンサートを開催。 『続・夕陽のガンマン』のロケ地を題材にしたドキュメンタリー『サッドヒルを掘り返せ』 17 ではインタビューに応える姿が映し出された。 All Rights Reserved.

次の