ポケモン ボス。 ボスゴドラ

メガボスゴドラ|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモン ボス

味方を強化するアイテム みんなむてきだま チーム全体がしばらく無敵になる「みんなむてきだま」はどのボスにも有効です。 少しの間味方が倒される心配がなくなり、チーム全体で攻撃しやすくなります。 ボス戦における最強アイテムと言っても良いでしょう。 みんなちからだま チーム全体の攻撃や特攻が大きく上がる「みんなちからだま」もおすすめです。 特に「みんなちからだま」の後に使うことで、無敵のまま高い攻撃できるため、非常に強力な組合わせです。 みんなかいひだま チーム全体の回避が大きく上がる「みんなかいひだま」も強力です。 ダメージを受ける可能性があるため「みんなむてきだま」に比べて優先度は落ちますが、それでも強力なアイテムなので、「みんなむてきだま」の代わりとして持っていっても良いでしょう。 かくせいのタネ 味方がかくせい状態になる「かくせいのタネ」を使うと、味方を大幅に強化することができます。 特に メガシンカできるポケモンが編成にいる場合におすすめです。 状態異常アイテム ターン稼ぎに使える ボスは状態異常が早く回復しますが、それでも 数ターンの間効果があるためおすすめです。 ボスを一時的に弱体化させ「みんなむてきだま」を安全に使う、といった使い方ができます。 中でも、複数回使えて完全に無力化できる「すいみんのえだ」が使いやすいでしょう。 回復アイテム たくさん持っておこう 強力な攻撃をするボス戦には回復アイテムが欠かせません。 HPを回復する「オレンのみ」や、蘇生アイテムである「ふっかつのタネ・プチふっかつタネ・みなふっかつだま」を多めに用意するのはもちろん、状態異常を治す「けんこうだま・いやしのタネ」も持っていくことをおすすめします。 その他便利なアイテム ばくれつのタネ 食べることで 正面の敵に100ダメージを与える「ばくれつのタネ」は、 特にストーリークリア前のボス戦で強力です。 序盤で手に入ったら惜しみなくボスに使って良いでしょう。 ボスに近づきやすくなるアイテム ボスの攻撃によって吹き飛ばされてなかなか近づけない時は、移動速度が上がるアイテムを使うと良いでしょう。 チーム全体の移動速度を上げる「しゅんそくだま」、ボスの移動速度を下げる「どんそくのえだ どんそくだま 」、一気に接近できる「ほういのえだ」や「とびこみのえだ」などが効果的です。 関連記事 ゲームを始める前に - 序盤でチェックしておきたい記事 稼ぎ・効率プレイ - 掲示板• お役立ち情報 序盤のお役立ち情報• 中盤 騒ぎの森 以降のお役立ち情報• 稼ぎ・効率プレイ• ゲームを始める前に• ストーリー・ダンジョン攻略 クリアまでのダンジョン• サブダンジョン• クリア後のダンジョン• データ ポケモン関連• わざ関連• 道具関連• その他一覧• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

ボスゴドラの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ボス

メガボスゴドラ てつヨロイポケモン ぜんこくNo. 306 ホウエンNo. 074 マウンテンNo. 101 高さ 2. 2m 重さ• 395. 0kg• けたぐり威力120 タイプ• タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 32で『ココドラ』から進化• 42で『コドラ』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• なし 主な入手方法 ORAS• なし 生息地 XY• なし 主な入手方法 XY• 例えば、2倍弱点の場合は1. 5倍のダメージになる。 基本 ノーマル 変化 - - 30 自分の『ぼうぎょ』ランクを1段階上げる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 19 ノーマル 変化 - - 20 必ず後攻になる 優先度:-6。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 25 いわ 物理 75 90 10 相手全体が対象。 31 はがね 変化 - 85 40 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 39 はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 51 はがね 変化 - - 15 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 また、自分の『おもさ』が100kg軽くなる。 57 はがね 物理 - 100 10 自分の『おもさ』が相手より重いほど威力が高くなる。 63 はがね 物理 - 100 10 そのターンに最後に受けた技のダメージの1. 5倍をその相手に与える。 基本 ノーマル 変化 - - 30 自分の『ぼうぎょ』ランクを1段階上げる。 15 はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 18 ノーマル 変化 - - 20 必ず後攻になる 優先度:-6。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 34 はがね 変化 - 85 40 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 48 はがね 変化 - - 15 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 また、自分の『おもさ』が100kg軽くなる。 57 はがね 物理 - 100 10 自分の『おもさ』が相手より重いほど威力が高くなる。 74 はがね 物理 - 100 10 そのターンに最後に受けた技のダメージの1. 5倍をその相手に与える。 1 あく 変化 - - 15 自分の『こうげき』『命中率』ランクが1段階ずつ上がる。 2 ドラゴン 物理 80 100 15 通常攻撃。 5 ノーマル 変化 - - 20 必ず後攻になる 優先度:-6。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 12 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 技. 14 こおり 特殊 110 70 5 相手全体が対象。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 15 ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 22 くさ 特殊 120 100 10 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 23 いわ 物理 50 100 15 特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 26 じめん 物理 100 100 10 自分以外全員が対象。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 28 じめん 物理 80 100 10 1ターン目に地中に潜り、2ターン目に攻撃する。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 31 かくとう 物理 75 100 15 相手の技『リフレクター』の効果を受けず、相手の技『リフレクター』『ひかりのかべ』を壊す。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 37 いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 40 ひこう 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 56 あく 物理 - 100 10 自分の持っている道具によって効果が変化する。 投げつけた道具はなくなる。 59 ほのお 特殊 60 100 15 相手全体が対象。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 66 あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 68 ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 69 いわ 変化 - - 20 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 73 でんき 変化 - 100 20 相手を『まひ』状態にする。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 78 じめん 物理 60 100 20 自分以外全員が対象。 80 いわ 物理 75 90 10 相手全体が対象。 82 ドラゴン 物理 60 90 10 必ず後攻になる 優先度:-6。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1 ノーマル 物理 50 95 30 通常攻撃。 3 みず 特殊 90 100 15 自分以外全員が対象。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 4 ノーマル 物理 80 100 15 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 遺伝 ノーマル 変化 - 85 40 相手の『ぼうぎょ』ランクを2段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 遺伝 ゴースト 変化 - - 10 自分のタイプが『ゴースト』タイプの時は自分のHPを最大HPの半分だけ減らして、相手を『のろい』状態にする。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 遺伝 かくとう 物理 - 100 15 自分の残りHPが少ないほど威力が高くなる。 威力は20〜200 遺伝 ノーマル 物理 70 100 10 相手が『まひ』状態の時、ダメージが2倍になるが、『まひ』状態は治る。 遺伝 かくとう 物理 120 100 5 攻撃後、自分の『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ下がる。 遺伝 ノーマル 物理 - 100 5 相手の残りHPから自分の残りHPを引いた分のダメージを与える。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ORAS かくとう 物理 - 100 20 相手の『おもさ』が重いほど威力が高くなる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ORAS ノーマル 特殊 50 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ゴースト 変化 - 100 10 相手の最後に使った技のPPを4減らす。 ORAS こおり 特殊 55 95 15 相手全体が対象。 ORAS ドラゴン 物理 120 100 10 2〜3ターン連続で攻撃し、その後自分は1〜4ターンの間『こんらん』状態になる。 ORAS ノーマル 特殊 90 100 10 3ターン連続で攻撃し、その間はすべてのポケモンが『ねむり』状態にならない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS かくとう 物理 150 100 20 必ず後攻になり 優先度:-3 、攻撃するまでに技を受けると失敗してしまう。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ORAS かくとう 物理 120 100 5 攻撃後、自分の『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ下がる。 ORAS ノーマル 物理 - 100 5 相手の残りHPから自分の残りHPを引いた分のダメージを与える。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ORAS はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 ORAS ノーマル 変化 - - 5 『ゴースト』タイプではない相手は逃げたり、交代できなくなる。 自分が場を離れると効果は消える。 ORAS でんき 特殊 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 ORAS でんき 変化 - - 10 5ターンの間、『ふゆう』状態となり、『じめん』タイプの技や、『グラスフィールド』『ミストフィールド』『エレキフィールド』『サイコフィールド』などの効果を受けなくなる。 ORAS みず 物理 90 90 10 通常攻撃。 ORAS ドラゴン 特殊 85 100 10 通常攻撃。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。 9 HS• :教え技 GBA• :教え技 Em• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 Em.

次の

ボスゴドラ

ポケモン ボス

シエラは、かくとうタイプのポケモンで一貫して弱点を突けることがある。 特に、ルカリオを複数体揃えておくと、格段に勝ちやすくなる。 公式紹介文 世界に危険が迫っています! GOロケット団のリーダー、「クリフ」「シエラ」「アルロ」が、活動を開始したようです。 世界中のトレーナーが遭遇することになるでしょう。 彼らは新たなシャドウポケモンを引き連れているだけでなく、ウィロー博士が以前から懸念していた、GOロケット団のボスであるサカキの登場を示唆しているのです。 GOロケット団のリーダーたちとサカキは、新しい技術を用いてアジトの場所を隠しているようです。 ウィロー博士、スパーク、ブランシェ、キャンデラが一緒に作った新しいデバイス「ロケットレーダー」を使って探索し、GOロケット団リーダーと戦い、サカキを探し出し倒すための「スペシャルリサーチ」を進めましょう。 スペシャルリサーチ「隠された真相をあぶり出せ!」 — ウィロー博士が新しい「スペシャルリサーチ」で、世界中のトレーナーに協力を求めています。 GOロケット団リーダーとサカキを見つけ出し、ウィロー博士の手助けをしましょう。 ・「ふしぎなパーツ」を見つけよう — GOロケット団のしたっぱは、バトルで負けると「ふしぎなパーツ」を落としていきます。 これらを集めて、隠れているGOロケット団リーダーを探すのに必要な「ロケットレーダー」を組み立てましょう。 ・「ロケットレーダー」を組み立てよう — GOロケット団リーダーもポケストップに身を隠しているようです。 「ふしぎなパーツ」を6個集めると、彼らを見つけるための「ロケットレーダー」を作ることが出来ます。 それ使って、周りにGOロケット団リーダーが潜んでいないか調べてみましょう。 ・GOロケット団のリーダーと戦おう — クリフ、シエラ、アルロが活動を開始したようです。 バトルに向けてチームを準備して、「ロケットレーダー」を用いてアジトを探し出しましょう!彼らに打ち勝ち、シャドウポケモンを助け出してください! 彼らの手持ちのシャドウポケモンは、何か特別である可能性があります。 そして、「ロケットレーダー」を持っているトレーナーのみが彼らのアジトを見つけ、戦いを挑むことが出来ます。 ・「サカキ」に挑むためのスペシャルリサーチを完了しよう — GOロケット団リーダーを倒し、優秀なトレーナーであることを証明することで、ウィロー博士から「スーパーロケットレーダー」を受け取るための「スペシャルリサーチ」を託されます。 「スーパーロケットレーダー」はサカキの居場所を探し出すために必要な道具です。 しかし、こちらの動きに気づいているものもいるようで、サカキになりすましたGOロケット団のしたっぱが紛れ込んでいるかもしれません!気をつけてください。 また、サカキはシャドウポケモンとなってしまった伝説のポケモンを繰り出してくるという報告も上がっています! ウィロー博士はどうやってチームリーダーたちと一緒に「ロケットレーダー」「スーパーロケットレーダー」を完成出来たのでしょうか? 詳細はこちらのウィローレポートをご参照ください。 GOロケット団リーダーとサカキに打ち勝つため、できるだけ多くの勇気あるトレーナーの力が必要になります。

次の