ブラック ニッカ リッチ ブレンド コンフォート アロマ。 ブラックニッカ リッチブレンドコンフォートアロマをレビュー

【オススメの国産ウイスキー】ブラックニッカ・コンフォートアロマ|数量限定発売!熟した果物とシェリー樽のリッチな香りにコクとのバランスも最高!|DEFUGAMI家飲みウィスキー

ブラック ニッカ リッチ ブレンド コンフォート アロマ

今回はニッカのブラックニッカ リッチブレンド コンフォートアロマをご紹介します。 伝統あるブラックニッカシリーズの数量限定商品で、シェリー樽やリメード樽で10年以上長期熟成した原酒をブレンドしています。 甘いともフルーティーとも違っており、表現するのが大変に難しい酒でした。 ブラックニッカシリーズの数量限定商品 ブラックニッカは1956年に初代が誕生して以来現在まで途切れることなく継続しているシリーズで、サントリーにおける角瓶やオールドのようにニッカの屋台骨を支えるような存在です。 2011年にブラックニッカ クリア、2013年にブラックニッカ リッチブレンド、1015年にブラックニッカ ディープブレンドが誕生して現在はこの3ブランドで構成されており(スペシャルの扱いがどうなっているのかいまだに不明)、状況に応じてクロスオーバー、ブレンダーズスピリット、アロマティックといった限定品が販売されてきました。 ブラックニッカ リッチブレンド コンフォートアロマは2019年10月16日に発売開始された数量限定商品で、最近になってたまたま酒売り場の棚で発見して購入しました。 シェリー樽やリメード樽で長期熟成した原酒をブレンド ブラックニッカ リッチブレンドはシリーズの中で最も標準的な設定となっており、1本1000円台前半でありながらバランスの取れたしっかりとした味わいのウィスキーです。 コンフォートアロマではシェリー樽やリメード樽で10年以上長期熟成させたモルト原酒をブレンドしており、2000円台前半という価格設定からも香り・味わいの両面でリッチブレンドより上級レベルを目指していることが伺えます。 リメード樽とは樽の鏡板(両端の丸い部分)を新しい樽材に交換した樽のことで、新材の部分が少ないことで新樽の甘い感じと古樽のまろやかさを同時に引き立てることができるといいます。 かつてのサントリーリザーブの時と同様、シェリー樽を強調するウィスキーの場合はボトルはどうしても赤を強調したものになります。 ストレート ボトルだけでなく酒自体も赤みが強く、そこはかとなく高級感が漂っています。 飲んでみるとストレートでありながら柔らかい口当たりで後味も良く、「リッチブレンドはこんなに滑らかだったっけ?」というのが第一印象です。 上品でしっとりとした味ですが、何と表現していいか難しいものがありました。 ロック 氷を入れることによりさらに滑らかになりました。 甘いともフルーティーとも違った、強いて言えば梅酒に近いという印象です。 水割り 次いで水で割ります。 合わせる水は秩父山系の天然水です。 トワイスアップ(1対1で氷をいれない水割り) ひたすら柔らかくフワフワしており、より梅酒に近くなったように感じました。 ハーフロック(1対1で氷を入れた水割り) 氷をいれることでよりシャープな味となり、サントリーオールドの水割りを思わせるものとなりました。 ハイボール 某グルメタレントのCMで有名なソーダストリームを使用してつくった私好みの炭酸水を使用します。 ウィスキーに炭酸が加わることによりシャキッとした味となりました。 未成年の飲酒は法律で禁止されています。 健康のため飲み過ぎに注意しましょう。 「参考になった」という方ははてブのところをポチっとして頂きますと幸いです。

次の

【限定!!ブラックニッカ リッチブレンド コンフォートアロマ】予約&価格や味・発売日は?

ブラック ニッカ リッチ ブレンド コンフォート アロマ

日本を代表するウイスキーブランドから、秋の夜長にぴったりな数量限定商品が登場。 リッチな味わいを、さらにリッチに進化させたブレンドの秘密とは? 文:WMJ ハイボール、水割り、オンザロック。 さまざまなスタイルで毎日ウイスキーを楽しみたいのなら、自分好みの良質なブレンデッドウイスキーを見つけるのが近道だ。 60年以上の歴史がある「ブラックニッカ」ブランドは、そんなウイスキーの代表といえるだろう。 スッキリと軽やかな「クリア」、華やかな香りと芳醇なコクの「リッチブレンド」、濃厚で飲みごたえがある「ディープブレンド」の3アイテムを中心に、近年は消費者の気分やシーンに合わせた多様なウイスキーの楽しみ方を提案している。 夕食時にはハイボールでも、食後のくつろぎにはオンザロックや水割りという人は多い。 そんな遅めの時間に似合う銘柄のひとつが「ブラックニッカ リッチブレンド」だ。 熟した果実の香り、なめらかに広がるコク、おだやかな余韻は、ゆっくりと時間をかけて楽しむのに相応しい。 特長となるリッチな風味は、さまざまな原酒のブレンドによって組み上げられる。 その中心にあるのが、シェリー樽熟成のモルト原酒だ。 そこにカフェグレーン原酒が穀物の甘みと柔らかなコクで寄り添う。 共にニッカウヰスキーの宮城峡蒸溜所が誇るユニークな原酒である。 やわらかな樽香も重なりあい、繊細なバランスで豊かな夜の時間を彩ってくれる。 「ブラックニッカ リッチブレンド」についてもっと知りたいなら、リニューアルされたばかりの を覗いてみよう。 自宅で楽しめる本格的なアレンジ、原酒とブレンドの秘密、おすすめマリアージュなどの情報が満載である。 リッチを超えるリッチ そんな「ブラックニッカ リッチブレンド」の豊かな香りを、さらに豊かにふくらませた数量限定商品が登場する。 名付けて「ブラックニッカ リッチブレンド コンフォートアロマ」。 「リッチブレンド」の魅力であるシェリー樽由来の甘い香り、芳醇なコク、リメード樽由来のやわらかな樽香などを際立たせたウイスキーだ。 「ブラックニッカ リッチブレンド」と限定ボトルのブレンドを手掛けたニッカウヰスキー主席ブレンダーの綿貫政志氏。 ニッカならではの特別な原酒から「リッチを超えるリッチ」が完成した。 この特別なボトルのブレンドを手掛けたのは、ニッカウヰスキー主席ブレンダーの綿貫政志氏。 「ブラックニッカ リッチブレンド」を処方の組み立てから担当し、2013年の発売以来ずっと繊細な味わいを守り続けてきた。 他に担当している「シングルモルト宮城峡」や「THE NIKKA」も繊細なバランスが身上のウイスキーばかり。 限定商品のブレンドについて、綿貫氏本人が意図を説明してくれた。 「ゆったりとくつろぐ夜の時間には、いったいどんなウイスキーが相応しいのか。 検討を重ねた結果、リッチブレンドよりもさらにリッチな香りや味わいを持ったウイスキーにしようと考えました。 リッチブレンドのレシピを土台にしながら、10年以上熟成したシェリー樽モルトやリメード樽モルトの比率を上げることで、より厚みのあるブレンドに仕上げています」 熟した果実のような華やかな香り。 キャラメルやバニラのような甘さと柔らかな樽香もある。 口に含むとスイートで芳醇。 モルトのなめらかなコクに、伸びのあるカフェグレーンの味わいも感じる。 余韻はクッキーやパンケーキのような甘い香りが印象的で、ほのかにビターな後味が心地よく続く。 まさにリッチを超えるリッチ。 ニッカウヰスキーの特別な原酒の魅力を、巧みなブレンド技術で引き出した味わいだ。 自宅でも本格的に楽しむ秘訣 リッチな味わいのウイスキーを、もっとリッチに楽しもう。 限定商品「リッチブレンド コンフォートアロマ」にぴったりのアレンジをニッカが紹介している。 まずはオンザロックの作法から。 大きな氷をひとつグラスに入れて、「リッチブレンド コンフォートアロマ」を静かに注ぐ。 目を閉じると、やがてブーケのような香りが広がってくるだろう。 重要なのは、ウイスキーを注いでから30秒待つこと。 この間に氷が溶けてウイスキーを解きほぐし、複雑なアロマが立ち上がってくるのだ。 ゆっくり飲めば、鼻に抜ける余韻にも熟した果実感が溢れている。 まろやかなコクと残り香も存分に楽しんでほしい。 東京青山にある「MODERN WORKS」では、ブラックニッカをイメージした空間を展示中。 10月16日から、来店された先着300名様に「ブラックニッカ リッチブレンド」(180mlボトル)をプレゼント。 ハイボールでおすすめしたいのは、ちょっと濃いめのスタイルだ。 「リッチブレンド コンフォートアロマ」とソーダを1:3で割って軽くステアする。 出来上がったハイボールに、ティースプーン1杯ほどウイスキーを「ちょい足し」して、そのままステアせずに味わってみよう。 ブーケやウッディな樽の香りが広がって、熟した果実の香りが現れてくる。 刻々と変わる印象を楽しみながら、時間をかけて味わえるハイボールだ。 心からゆっくりとリラックスして、何気ない幸せを感じられるウイスキータイム。 そんなライフスタイル提案の一環として、「ブラックニッカ」ブランドは家具ブランドの「MODERN WORKS」とコラボレーションを始めた。 東京青山のMODERN WORKSでは、「リッチブレンド」と「リッチチブレンド コンフォートアロマ」のキーカラーや味わいの印象に合わせた4種類の空間を展示中。 10月16日からは先着300名の方に「ブラックニッカ リッチブレンド」(180mlボトル)をプレゼントする。 洗練されたインテリアデザインの世界も体験してみたい。 自宅でのくつろぎ時間を豊かにしてくれるブラックニッカ。 今秋は新しいお気に入りのウイスキーで、ゆったりとしたライフスタイルを実践してみよう。 新記事「地球にやさしいウイスキー【第1回/全4回】」アップしました。 地球の環境を将来にわたって保全するため、ウイスキー業界はどのような取り組みを進めているのだろうか。 新記事「グレンモーレンジィがキリンの保全活動を開始」アップしました。 ウイスキー業界では、地球環境に配慮したさまざまな変革が進行中。 新記事「ポート樽熟成の基礎知識」アップしました。 ポート樽でウイスキーを熟成すれば、特有の濃厚なフレーバーを加えることができる。 だが同時に、樽香がウイスキーを圧倒しない慎重な配慮も必要だ。 イアン・ウィズニウスキが識者に訊ねる。 新記事「167号 テイスティングコメント 【後半/全2回】」アップしました。 世界のウイスキー業界を代表する評論家が、最近発売された多彩なカテゴリーのボトルを試飲し作成したテイスティングノート。 新記事「167号 テイスティングコメント 【前半/全2回】」アップしました。 世界のウイスキー業界を代表する評論家が、最近発売された多彩なカテゴリーのボトルを試飲して作成した詳細なテイスティングノートです。 新記事「ブナハーブン蒸溜所の現在【第2回/全3回】」アップしました。 2013年より南アフリカのディステルが運営するアイラ島のブナハーブン蒸溜所。 大掛かりな設備投資により、ウイスキーの生産力とビジター体験を強化している。 新記事「ブナハーブン蒸溜所の現在【第1回/全3回】」アップしました。 ウイスキーの聖地アイラ島のなかでも、特に人里離れた場所にあるブナハーブン蒸溜所。 その穏やかな個性の秘密をガヴィン・スミスが紹介する3回シリーズ。 新記事「ダルモアの180年【第4回/全4回】」アップしました。 数あるシェリー樽のなかでも、圧倒的な個性を放つマツサレム樽。 ダルモアのアプローチは、古き良きスコッチウイスキーへのオマージュだ。 全4回掲載の最終回です。

次の

【ブラックニッカ リッチブレンド】2019年限定ウイスキー発表会

ブラック ニッカ リッチ ブレンド コンフォート アロマ

日本を代表するウイスキーブランドから、秋の夜長にぴったりな数量限定商品が登場。 リッチな味わいを、さらにリッチに進化させたブレンドの秘密とは? 文:WMJ ハイボール、水割り、オンザロック。 さまざまなスタイルで毎日ウイスキーを楽しみたいのなら、自分好みの良質なブレンデッドウイスキーを見つけるのが近道だ。 60年以上の歴史がある「ブラックニッカ」ブランドは、そんなウイスキーの代表といえるだろう。 スッキリと軽やかな「クリア」、華やかな香りと芳醇なコクの「リッチブレンド」、濃厚で飲みごたえがある「ディープブレンド」の3アイテムを中心に、近年は消費者の気分やシーンに合わせた多様なウイスキーの楽しみ方を提案している。 夕食時にはハイボールでも、食後のくつろぎにはオンザロックや水割りという人は多い。 そんな遅めの時間に似合う銘柄のひとつが「ブラックニッカ リッチブレンド」だ。 熟した果実の香り、なめらかに広がるコク、おだやかな余韻は、ゆっくりと時間をかけて楽しむのに相応しい。 特長となるリッチな風味は、さまざまな原酒のブレンドによって組み上げられる。 その中心にあるのが、シェリー樽熟成のモルト原酒だ。 そこにカフェグレーン原酒が穀物の甘みと柔らかなコクで寄り添う。 共にニッカウヰスキーの宮城峡蒸溜所が誇るユニークな原酒である。 やわらかな樽香も重なりあい、繊細なバランスで豊かな夜の時間を彩ってくれる。 「ブラックニッカ リッチブレンド」についてもっと知りたいなら、リニューアルされたばかりの を覗いてみよう。 自宅で楽しめる本格的なアレンジ、原酒とブレンドの秘密、おすすめマリアージュなどの情報が満載である。 リッチを超えるリッチ そんな「ブラックニッカ リッチブレンド」の豊かな香りを、さらに豊かにふくらませた数量限定商品が登場する。 名付けて「ブラックニッカ リッチブレンド コンフォートアロマ」。 「リッチブレンド」の魅力であるシェリー樽由来の甘い香り、芳醇なコク、リメード樽由来のやわらかな樽香などを際立たせたウイスキーだ。 「ブラックニッカ リッチブレンド」と限定ボトルのブレンドを手掛けたニッカウヰスキー主席ブレンダーの綿貫政志氏。 ニッカならではの特別な原酒から「リッチを超えるリッチ」が完成した。 この特別なボトルのブレンドを手掛けたのは、ニッカウヰスキー主席ブレンダーの綿貫政志氏。 「ブラックニッカ リッチブレンド」を処方の組み立てから担当し、2013年の発売以来ずっと繊細な味わいを守り続けてきた。 他に担当している「シングルモルト宮城峡」や「THE NIKKA」も繊細なバランスが身上のウイスキーばかり。 限定商品のブレンドについて、綿貫氏本人が意図を説明してくれた。 「ゆったりとくつろぐ夜の時間には、いったいどんなウイスキーが相応しいのか。 検討を重ねた結果、リッチブレンドよりもさらにリッチな香りや味わいを持ったウイスキーにしようと考えました。 リッチブレンドのレシピを土台にしながら、10年以上熟成したシェリー樽モルトやリメード樽モルトの比率を上げることで、より厚みのあるブレンドに仕上げています」 熟した果実のような華やかな香り。 キャラメルやバニラのような甘さと柔らかな樽香もある。 口に含むとスイートで芳醇。 モルトのなめらかなコクに、伸びのあるカフェグレーンの味わいも感じる。 余韻はクッキーやパンケーキのような甘い香りが印象的で、ほのかにビターな後味が心地よく続く。 まさにリッチを超えるリッチ。 ニッカウヰスキーの特別な原酒の魅力を、巧みなブレンド技術で引き出した味わいだ。 自宅でも本格的に楽しむ秘訣 リッチな味わいのウイスキーを、もっとリッチに楽しもう。 限定商品「リッチブレンド コンフォートアロマ」にぴったりのアレンジをニッカが紹介している。 まずはオンザロックの作法から。 大きな氷をひとつグラスに入れて、「リッチブレンド コンフォートアロマ」を静かに注ぐ。 目を閉じると、やがてブーケのような香りが広がってくるだろう。 重要なのは、ウイスキーを注いでから30秒待つこと。 この間に氷が溶けてウイスキーを解きほぐし、複雑なアロマが立ち上がってくるのだ。 ゆっくり飲めば、鼻に抜ける余韻にも熟した果実感が溢れている。 まろやかなコクと残り香も存分に楽しんでほしい。 東京青山にある「MODERN WORKS」では、ブラックニッカをイメージした空間を展示中。 10月16日から、来店された先着300名様に「ブラックニッカ リッチブレンド」(180mlボトル)をプレゼント。 ハイボールでおすすめしたいのは、ちょっと濃いめのスタイルだ。 「リッチブレンド コンフォートアロマ」とソーダを1:3で割って軽くステアする。 出来上がったハイボールに、ティースプーン1杯ほどウイスキーを「ちょい足し」して、そのままステアせずに味わってみよう。 ブーケやウッディな樽の香りが広がって、熟した果実の香りが現れてくる。 刻々と変わる印象を楽しみながら、時間をかけて味わえるハイボールだ。 心からゆっくりとリラックスして、何気ない幸せを感じられるウイスキータイム。 そんなライフスタイル提案の一環として、「ブラックニッカ」ブランドは家具ブランドの「MODERN WORKS」とコラボレーションを始めた。 東京青山のMODERN WORKSでは、「リッチブレンド」と「リッチチブレンド コンフォートアロマ」のキーカラーや味わいの印象に合わせた4種類の空間を展示中。 10月16日からは先着300名の方に「ブラックニッカ リッチブレンド」(180mlボトル)をプレゼントする。 洗練されたインテリアデザインの世界も体験してみたい。 自宅でのくつろぎ時間を豊かにしてくれるブラックニッカ。 今秋は新しいお気に入りのウイスキーで、ゆったりとしたライフスタイルを実践してみよう。 新記事「地球にやさしいウイスキー【第1回/全4回】」アップしました。 地球の環境を将来にわたって保全するため、ウイスキー業界はどのような取り組みを進めているのだろうか。 新記事「グレンモーレンジィがキリンの保全活動を開始」アップしました。 ウイスキー業界では、地球環境に配慮したさまざまな変革が進行中。 新記事「ポート樽熟成の基礎知識」アップしました。 ポート樽でウイスキーを熟成すれば、特有の濃厚なフレーバーを加えることができる。 だが同時に、樽香がウイスキーを圧倒しない慎重な配慮も必要だ。 イアン・ウィズニウスキが識者に訊ねる。 新記事「167号 テイスティングコメント 【後半/全2回】」アップしました。 世界のウイスキー業界を代表する評論家が、最近発売された多彩なカテゴリーのボトルを試飲し作成したテイスティングノート。 新記事「167号 テイスティングコメント 【前半/全2回】」アップしました。 世界のウイスキー業界を代表する評論家が、最近発売された多彩なカテゴリーのボトルを試飲して作成した詳細なテイスティングノートです。 新記事「ブナハーブン蒸溜所の現在【第2回/全3回】」アップしました。 2013年より南アフリカのディステルが運営するアイラ島のブナハーブン蒸溜所。 大掛かりな設備投資により、ウイスキーの生産力とビジター体験を強化している。 新記事「ブナハーブン蒸溜所の現在【第1回/全3回】」アップしました。 ウイスキーの聖地アイラ島のなかでも、特に人里離れた場所にあるブナハーブン蒸溜所。 その穏やかな個性の秘密をガヴィン・スミスが紹介する3回シリーズ。 新記事「ダルモアの180年【第4回/全4回】」アップしました。 数あるシェリー樽のなかでも、圧倒的な個性を放つマツサレム樽。 ダルモアのアプローチは、古き良きスコッチウイスキーへのオマージュだ。 全4回掲載の最終回です。

次の