医療事務 本 おすすめ。 独学で医療事務の資格を取得しよう!おすすめの勉強法を解説!

医療事務のおすすめ本25選

医療事務 本 おすすめ

になるために勉強すること レセプト業務に関連する知識 医療事務はさまざまな仕事をしていますが、そのメインになるのが「レセプト作成」といわれる業務です。 レセプト作成業務では、診察の内容に応じた「点数」を計算し、医療費を正しく算定することになります。 そこでは が記述したカルテの読み方はもちろんのこと、医療保険制度の仕組みやルールなどに関する専門知識が求められるため、素人がいきなり難なくこなすというのはほぼ不可能です。 医療事務を目指すのであれば、レセプト作成のための勉強に最も時間をかけていくことになるでしょう。 実際、医療事務には複数の民間資格がありますが、資格試験でもレセプト作成の能力を問うものが多くなっています。 また、医療制度は毎年のように改定されるため、最新の情報を入手する必要もあります。 事務処理能力とパソコンスキル なお、最近ではレセプト業務がIT化されており、パソコンを使った作業となるケースが増えています。 職場によってルールが異なるため、詳しい業務の進め方は職場に入ってから教わることが多いですが、簡単なパソコン操作のスキルがあるとスムーズに仕事を覚えやすいでしょう。 また、「事務職」の一種として、書類整理や郵便物の確認、業者とのやりとり、ファイリングなどの作業もあるため、事務処理能力は身につけておいて損はないでしょう。 窓口対応に関するスキルも必要 医療事務はレセプト業務以外にも、受付窓口で患者さんの対応をおこないます。 診察券を受け取り、症状を確認してカルテを準備し、診察が終われば会計業務をします。 また、問い合わせなどの電話対応をすることもよくあります。 このような業務を通じて患者さんと直に接する機会が多い医療事務は、まさしく「病院の顔」となります。 医療事務の対応ひとつで病院の評判が変わってくるため、「サービス業」としての認識を持ち、ホスピタリティ精神やコミュニケーション能力を高めることも大切です。 独学で医療事務の資格は取れる? 独学でも医療事務として働ける可能性はある 医療事務になるうえで、「絶対にこの道をたどらなくてはならない」ということはありません。 医療事務は特別な資格や学歴がなくても働ける仕事であり、実際に実務未経験者を雇っている病院やクリニックも存在します。 したがって、誰でもすぐに医療事務として働ける可能性はあるといえるでしょう。 とはいえ、医療事務はレセプト作成や診療報酬の算定など、専門性の高い業務も任されます。 第一線でしっかりと活躍していきたいのであれば、やはり勉強をして、専門知識を備えることは不可欠といえます。 医療事務を目指すなら資格の取得が近道に 医療事務に必要な基礎知識を習得したいのであれば、まずは医療事務の資格の取得を目指すとよいでしょう。 医療事務の資格はたくさんの種類がありますが、その資格試験に合格するための勉強をしていれば、自然と医療事務に求められる知識が身についていきます。 医療事務の資格は、それぞれ主催団体が異なるほか、試験内容が医療事務の業務全般のものもあれば、ある分野に特化しているものもあります。 なかには特定の講座を修了することが受験資格になる資格もあるため、まずはどの資格を目指すか考えていくとよいでしょう。 独学での資格取得も不可能ではない 医療事務に関連する資格はたくさんあり、それぞれ難易度が異なります。 レセプト作成の能力を問う「診療報酬請求事務能力認定試験」の合格率は「医科」の分野で30%前後となっており、最も難しいといわれます。 しかし、その他の資格は50〜80%の合格率となるのが一般的で、きちんと勉強をした人であれば合格できる可能性は高いです。 そのため、市販のテキストなどを使いながら独学で取得を目指すことも決して不可能ではなく、なかには最難関だといわれる「診療報酬請求事務能力認定試験」を独学で取得する人もいます。 一方で、独学では、法改正があった際の最新情報を入手しづらかったり、勉強につまずいたときに相談できなかったりといったデメリットがあります。 通信講座を利用する方法も 医療事務のテキストは書店でも売られていますが、医療事務の勉強を初めてする人にとっては、専門用語など複雑でわかりにくいところも多いと感じるかもしれません。 しかし、専門学校やスクールに通うほどのお金や時間をかけられないという場合には、通信講座の利用を考えてみてもよいでしょう。 医療事務の通信講座は複数ありますが、数万円程度で資格取得まで目指せるものも存在します。 また、なかには就職時にサポートをしてくれる講座もあります。 資格の勉強方法はさまざまなので、自分にとって最もモチベーションを保てる方法を考えてみてください。

次の

医療事務えとせとら 医療事務お勧めのレセプト本

医療事務 本 おすすめ

わたしがよくブログ書く時にお世話になっている書籍を紹介します。 いわば調剤薬局事務の必携本(バイブル)です。 調剤報酬は2年に1回更新されるので都度新しい物にする必要があるんだけど、これら全部新しいの買ってたらお金がもちません。 この中で調剤報酬改定毎に更新して持っておいたほうがいい本は保険調剤Q&Aです。 これは一番大切なのでも最新のものをもってない、もしくは薬局にないとかなら薬局長に談判して買ってもらった方がいい。 薬局事務やっててこれ読んでない人いたら購入して是非読んでほしいです。 Q&Aだから普段疑問に思っていることがまとまっています。 私なんかは毎回購入して10回くらい読んでます。 当サイトのベースになっている書籍ですね。 この本のすごいところは調剤報酬計算だけでなく、 営業日報及びレジ締め業務、 窓口未収・回収処理、 レセプトの手順、 国保・医保以外への請求、 主な公費の受付と請求、 介護保険の受付と請求、掲示物・帳票保管など、普段の業務で役立つ情報が満載です。 この本のおかけで我流でなんとなく行っていた業務を見直すことができました。 資格を取得しただけは足りない現場で必要な知識を補うことのできる貴重な一冊です。 ただ注意したいのが、基本的な点数のひとつひとつの説明はないので、すでに理解しているものとして話が進みます。 資格の取得の勉強教材としてはあまりおすすめできません。 薬局知識を1日5分でアップデート! 薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません! 医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。 でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。 忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。 なんで勉強しないといけないのか? それは、 次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。 医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。 制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。 これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。 たとえば、いま注目されているのは「 リフィル処方箋」です。 このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか? つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。 要件に加えられてから焦っても遅いんです。 常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。 そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。 もし効率よく薬局情報を収集したいなら「 」を利用するのが1番。 「 」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。 たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。 通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。 利用するには登録が必要ですが、登録と利用は 無料で 1分もあればできます。

次の

結局どれが狙い目? 医療事務資格試験の種類と難易度|資格の学校TAC[タック]

医療事務 本 おすすめ

わたしがよくブログ書く時にお世話になっている書籍を紹介します。 いわば調剤薬局事務の必携本(バイブル)です。 調剤報酬は2年に1回更新されるので都度新しい物にする必要があるんだけど、これら全部新しいの買ってたらお金がもちません。 この中で調剤報酬改定毎に更新して持っておいたほうがいい本は保険調剤Q&Aです。 これは一番大切なのでも最新のものをもってない、もしくは薬局にないとかなら薬局長に談判して買ってもらった方がいい。 薬局事務やっててこれ読んでない人いたら購入して是非読んでほしいです。 Q&Aだから普段疑問に思っていることがまとまっています。 私なんかは毎回購入して10回くらい読んでます。 当サイトのベースになっている書籍ですね。 この本のすごいところは調剤報酬計算だけでなく、 営業日報及びレジ締め業務、 窓口未収・回収処理、 レセプトの手順、 国保・医保以外への請求、 主な公費の受付と請求、 介護保険の受付と請求、掲示物・帳票保管など、普段の業務で役立つ情報が満載です。 この本のおかけで我流でなんとなく行っていた業務を見直すことができました。 資格を取得しただけは足りない現場で必要な知識を補うことのできる貴重な一冊です。 ただ注意したいのが、基本的な点数のひとつひとつの説明はないので、すでに理解しているものとして話が進みます。 資格の取得の勉強教材としてはあまりおすすめできません。 薬局知識を1日5分でアップデート! 薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません! 医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。 でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。 忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。 なんで勉強しないといけないのか? それは、 次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。 医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。 制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。 これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。 たとえば、いま注目されているのは「 リフィル処方箋」です。 このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか? つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。 要件に加えられてから焦っても遅いんです。 常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。 そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。 もし効率よく薬局情報を収集したいなら「 」を利用するのが1番。 「 」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。 たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。 通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。 利用するには登録が必要ですが、登録と利用は 無料で 1分もあればできます。

次の