ニッカ ホーム 外壁 塗装。 ニッカホームでリフォームされた方|リフォーム相談板@口コミ掲示板・評判

ニッカホームの口コミと評判、体験談

ニッカ ホーム 外壁 塗装

外壁の種類で耐久性も変わってくる?! 塗料の耐久性は、商品ごとに異なります。 下記は主な塗料の名前と、その耐久年数や特徴の一覧です。 塗料の種類 耐久年数 主な特徴 アクリル 5年~7年 埃を寄せ付けにくい特徴があるが耐久性に欠ける ウレタン 8年~10年 高い耐水性と防藻性でシリコンと同等程度の耐久性能 シリコン 10年~12年 断トツの一番人気の塗料、建物次第では早く劣化することも フッ素 10年~15年 樹脂系塗料の中で唯一、紫外線より強い素材特性を持つ 光触媒 5年~15年 外壁に色を付けた上で触媒を塗布する工程のため、コストが高い 無機質塗料 15年~20年 長期間に渡り光沢を維持するも、建物の構造次第では不向きな場合も これら塗料の情報とあわせてチェックしたいのが、下地(外壁本体)の状態です。 このため、 塗装工事においては塗料のみでなく外壁材(素材・状態)もあわせて重要であるといえます。 また、塗膜(塗装工事した箇所)の劣化の速さも外壁材の状態によって変わります。 外壁材の通気がとれており、表面温度を下げる工法になっているのが良い状態です。 逆に悪い状態というのは、通気が悪く、熱がこもりやすい工法の外壁材です。 このような外壁材では、塗料の性能は十分に出せません。 その場合には、塗料の性能を上げる(強い樹脂にする)か、外壁材を貼り替えるなどの対応をするとよいでしょう。 また、塗膜は紫外線や熱だけでなく、雨や雪といった外的要因でも少しずつ削れていきます。 そのため、各塗料のゲリラ豪雨などに対する耐久性も確認・比較し、判断材料のひとつにしましょう。 塗料の寿命と保証の長さは比例しない! 塗装工事が大切な住宅を守ることを、お分かりいただけたでしょうか。 せっかくの塗装工事ですから、工事結果がより長い期間保証されるのであれば嬉しいですね。 皆さんが工事業者を選定する際に、保証期間が判断材料のひとつになることと思います。 でも、ちょっと待ってください! 塗装工事の一般的な保証年数について知らないまま、保証年数の長さばかりで業者を選択しようとしていませんか? この保証年数ですが、実は塗装工事を請け負う業者が独断で年数を決めることが可能です。 つまり、長く保証しようと思えば、いくらでも期間を延ばせるのです。 このような状況のため、中には 一般的な保証年数は5年前後であるにもかかわらず、平気で10年以上の保証をしている業者も存在しています。 なぜ10年以上の保証が悪いの? そもそも日本の住宅寿命は35年程度と言われています。 このため、築年数が25年以上経っている建物には、建物の揺れ(地震や車などの振動)により常にストレスがかかっています。 ここまでお読み頂いた方はもうお分かりでしょう。 どのような高級塗料を塗っても、 下地である建物自体の状態が疲弊しきっていれば、塗料の性能が十分に発揮できません。 そして、外壁材や建物の振動などからの塗膜劣化に対しては、どこの会社であっても保証対象外になります。 ですから、保証期間はむやみやたらと長いことが良いのでなく、等しく存在する建造物の経年劣化に伴うふさわしい年数が存在します。 保証年数ばかりを売りにする会社は危険です。 保証されているのは「塗膜」部分のみのため、必ずしも保証が効くとは限りません。 なぜなら、保証をつけた十数年先までその会社が存在しているかどうかは保証されていないためです。 保証内容については、年数でなく、 どこまで、何を保証しているかを確認するようにしましょう。 また、あなたの住宅が築年数25年以上といったパターンに該当する際は、対応を信頼できる業者に相談するとよいでしょう。

次の

外装・外壁塗装のポイント カルセラ|ニッカホーム岡崎

ニッカ ホーム 外壁 塗装

サイディングとは外壁に貼る板状の仕上げ材の事で、工場で大量生産されるため品質が均一で安価なものが多く、外壁材の主流になっています。 材質によって、窯業系と金属系の2種類に分類されます。 数年でシミやヒビ割れが出やすい塗り壁と違い、サイディングは耐久性も高く、メンテナンスも楽で見た目も古くなりにくいのが魅力です。 また、重量も軽いので地震などの災害にも強く、崩壊による怪我の危険性も少ないです。 窯業系(ようぎょうけい)サイディング 窯業系サイディングは、主原料のセメントに木片などの繊維質原料を混ぜて板状にし、窯で硬化させた外壁材です。 新築住宅で使用される外壁材の70%以上は窯業系サイディングだと言われ、住宅以外にも商業施設など様々な場所で利用されています。 耐火性能にも優れ、すべての製品が防火構造認定(国土交通大臣認定)を取得しています。 重量も、金属系サイディングには劣るものの軽量で、阪神淡路大震災や新潟中越地震の被害調査で窯業系サイディングのはく離・脱落は見られず、地震に強いことが確認されています。 窯業系サイディング:メンテナンスについて 厚みなどによりますが、一般的に窯業系サイディングは5~7年でシーリングの打ち替え(サイディングの隙間を埋めている樹脂の補修)、7~8年で再塗装が必要と言われています。 金属系サイディング 金属系サイディングは、アルミやスチール、ガルバニウムなどを表面材に用いた外壁材です。 断熱材が裏打ちしてあるものが数多く見られ、外壁材の中でも断熱性能が高いです。 その差はモルタルと比べると約50倍、窯業系サイディングと比べても約5倍あり、冷暖房費の節約が期待できるでしょう。 重量も窯業系サイディングと比べて約3分の1と非常に軽量で、建物への負担が少ないのも魅力です。 外壁の汚れにも強く、多少の汚れであれば雨で流れてしまうので、ほぼメンテナンスが不要です。

次の

ニッカホームでリフォームされた方|リフォーム相談板@口コミ掲示板・評判

ニッカ ホーム 外壁 塗装

ニッカホームが安心できる理由 ニッカホームは、リフォームをメインとしている会社で、すべての施工に関して、自社施工を行っています。 自社施工をするには社内に職人を配置している必要があり、職人の確保なども必要なスキルとなりますが、それをしっかりと実現しているので、まず、安心して依頼することができます。 依頼する側としては打ち合わせはニッカホームでも、実際の工事は別の会社の職人となると、少しだけ不安がよぎることもあります。 職人だけではなくて、打ち合わせのときなどの担当者にも同じことが言えます。 担当者に関してもニッカホームでは、現場調査から完工、アフターフォローまでを同じ人間が担当することとしています。 いつも同じ担当者だと、話も早く通じやすいですし、お客様からの要望に対してもさまざまな面で反映させやすくなります。 また、保証やアフターサービスの方も、工事内容に応じて若干の変動はあるものの、最長10年の保証を付けて工事終了後もフォローしてもらうことができるよう配慮されています。 長年にわたる保証期間があると、何らかのトラブルが発生したときでも安心して再度依頼することができます。 外装のリフォームを検討するときは 外装のリフォームは、太陽光や雨風などによる過酷な条件によって劣化した部分を修繕する目的があります。 暮らしやすさやデザインを重視していくという感じよりも、家全体を守るという意味で修繕やメンテナンスを行うことが多くあります。 しかし1番の目的は外部からの何等かの刺激によって家本体が傷み、寿命が縮むことを防ぐことにあります。 例えば、雨が塗装の割れ目から入り込んでそこから腐敗が始まって・・・というようなことがあると、最悪の場合、リフォームもかなり大規模になります。 外装のリフォームを考えるときは、自分なりにもいろいろなチェックを行って、無料で利用できる現場調査は利用しておき、傷みのある個所を把握しておくとスムーズに進みます。

次の