夜桜たま mmd。 VTuberプロダクション「.LIVE」 夜桜たま、猫乃木もちを契約解除

猫乃木もち 夜桜たま Twitter まとめ その4 歌 炎上 声優 病気 前世 mmd 中の人 引退 野球 ゆっけ

夜桜たま mmd

夜桜たまさん、お誕生日おめでとうございますいつまでも素敵なエンジェルでいてくださいありがとう、本当にありがとう。 言い表せないほどだいすき。 おやすみなさい。 ありがとう。 youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. さん M.

次の

【アイドル部】夜桜たま・猫乃木もち契約解除・引退の理由を時系列順で解説|Vtuberファン

夜桜たま mmd

何の前触れもなく、突然この2つのツイートがされました。 さらにこの日の夜、YouTubeにて放送がされました。 怒っています。 同じくアーカイブは残っていないので、ニコニコ動画の転載。 アイドル部の総意じゃないよ。 めめめのソロライ、ちえりーらんどのイベント直前なのにこんなことされて悲しいです。 めめめのイベントはみんな楽しい気持ちで行こうね。 」 夜桜たまさんがツイート、生放送したのは10月7日。 同じアイドル部のもこ田めめめさんの、記念すべき初ソロライブが10月8日にありました。 また、Vtuberランドの. Liveウィークが10月11日から始まり、ホールイベントが10月13日に控えている状態でした。 2か月にわたる話し合いが始まる そこから夜桜たまさんは活動を停止し、話し合いをするという連絡が. Live公式から発表がありました。 ……が、進捗についてはほぼ連絡なし。 モンペ騒動から続く. Liveアンチ活動が、日に日に力を増していきました。 12月1日牛巻りこさんの活動休止 12月1日、各演者との話し合いが続いてきた結果か、牛巻りこさんの活動休止が発表されました。 尚、牛巻りこさんの活動は、すでに休止しているといってもいいレベルで活動していない状態でした。 【牛巻りこ活動休止につきまして】 以前より体調不良のため、本人の希望もあり限定的に活動をしておりましたが、治療に専念するべきか話し合いを重ねた結果、この度正式に活動を休止する事に決定いたしましたのでご報告申し上げます。 皆様には長い間ご心配をおかけし、心からお詫び申し上げます。 LIVE【どっとライブ】 dotLIVEyoutuber アイドル部は活動頻度が低い人でも許される珍しい箱で、牛巻りこさんと木曽あずきさんに関しては、特に活動が少ない状態でした。 木曽あずきさんはもともと生配信をしない子だったのですが、牛巻りこさんは活動初期は配信をしていたこともあり、活動をしていない理由に関するお問い合わせが多かったものと思われます。 12月3日、カルロピノさんの生放送 12月3日、カルロピノさんが現状に対するお話をしました。 情報漏洩などがあり大変でしたが、それももう少しで改善します。 」 言葉の端々に、夜桜たまさんを非難するような感情が見てとれました。 その態度、発言から、夜桜たまさんのファンだった人たちの攻撃対象となってしまいます。 2か月間話し合いの期間がありましたが、夜桜たまさんとの間の関係が、修復不可能なレベルにまで陥っていることがここでわかります。 12月4日、夜桜たまさんと猫乃木もちさんの契約解除 ピノさんの生放送の翌日、12月4日に、運営から夜桜たまさんと猫乃木もちさんの契約を解除したことを報告しました。 夜桜たま、猫乃木もち契約解除につきまして ご本人から契約解除を希望する旨の申し入れがあり、当該申し入れを受理しましたことをご報告いたします。 皆様には長い間ご心配をおかけし、心からお詫び申し上げます。 長い間、所属タレント全員が継続して活動ができるように努めてまいりましたが、このような結果となり、応援して下さった方には大変申し訳なく存じます。 大変遺憾ではございますが、どうかご理解頂けますと幸いです。 現状、詳細な事情のご説明をできない状況にあり、ご心配をおかけし大変申し訳ございませんが、ご容赦頂きますようよろしくお願いいたします。 なお、既に入稿、納品が完了している出版物に関してましては、本人から出版社のご意向に沿いたいとの希望がありましたので、出版社のご意向に沿い出版することとなりました。 今後もファンの皆様と真摯に向き合って所属タレントをサポートしてまいりたいと考えておりますので、変わらぬ応援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。 また、大変恐れ入りますが、12月7日までの生配信に関しましてはお休みとさせて頂きます。 () 【夜桜たま、猫乃木もち契約解除につきまして】 下記URLより皆様にお詫びとご報告を申し上げます。 LIVE【どっとライブ】 dotLIVEyoutuber 夜桜たまさんに関しては薄々感づいている人がいましたが、猫乃木もちさんの引退が同時に発表されるのは誰も予想していない事態でした。 とはいえ、猫乃木もちさんに関しても、活動が活発的とは言えず、木曽あずきさん牛巻りこさんに次いで幽霊部員化していたことも確かです。 今回の騒動とは別に、話し合いの機会ができたから辞めるという選択肢をとったということも考えられます。 メンタル面で心配な子でもあったので、これからアイドル部が荒れるということも考慮して、身を引くことにしたのかもしれません。 12月5日、アイドル部メンバーがnote・Evernoteで気持ちを綴る note・Evernote一覧• アイドル部6名の言葉が掲載されました。 ピノさんが配信で気持ちを伝えたのを含めると、7名が気持ちをファンに伝えたことになります。 北上双葉さんに関しては、ツイートで引退する二人に感謝の意を述べるにとどまっています。 北上双葉さんは徐々に配信ペースが落ちていき、8月は3回、9月は1回、10月も1回と、今回の騒動関係なくほぼ配信していない状態でした。 また、メンタル面で強い子とは言えず、最近の荒れた状態でコメントありの生放送は厳しいと思われます。 12月6日、マネージャー部が発足。 Twitterアカウント運営開始 12月6日、驚き・失笑・一周回って面白い、など様々な反応を呼び起こしたのが、「マネージャー部」の発足です。 このたび、. LIVE運営としてファンの皆様にご心配をおかけしまして深くお詫び申し上げます。 再発防止のためにマネージャー教育を徹底して参ります。 ファンの皆様からの信頼回復に向け邁進して参ります。 2019年12月6日. LIVE運営一同 —. LIVE【どっとライブ】 dotLIVEyoutuber 皆様には多大なるご心配をおかけし誠に申し訳ございません。 ご心配をお掛けした皆様へマネージャー一同から下記の通り深くお詫び申し上げます。 配信のモデレーターとして活動していることは伝えられました。 部内での対立、夜桜たまさんに問題あり? 夜桜たまさんと花京院ちえりさん・カルロピノさんの間に亀裂が入っていることは、誰にでもわかることでしょう。 誰が正しいか、間違っているかを判断する材料が足りないため、外部から見たら憶測でものを言うしかありません。 一つだけ言えるのは、花京院ちえりさんとカルロピノさんをこれだけ怒らせる行動を夜桜たまさんがして、夜桜たまさんに対するフォローがアイドル部の誰一人からも上がらないということです。 問題の程度は分かりませんが、あの一連の行動の他に、裏で何かしらの問題があったということは間違いないでしょう。 今は亡き夜桜たまさんを信じ続けるのか、今もなお活動を続けているアイドル部を信じるかはあなた次第です。 夜桜たまさん、猫乃木もちさんの中の人(前世)のTwitter 夜桜たまさんの中の人(前世)が「よん」と呼ばれる人物であることは、一部の人にはすでに知られていました。 また、「よん」という名前ではなく、別名でも情報を発信しているとの噂がありました。 よん()というアカウントで元夜桜たまさん(だと思われる人)が今回の騒動に関する情報を発信しています。 ツイートではなく、形に残らないbio変更で何度もお気持ちしたりしたりしているので、その発言内容は信頼性が高いとは言えないでしょう。 音琴()というアカウントが猫乃木もちさんだと言われています。 歌が上がっているので本人だと思われていますが、録音済みの音源があれば偽装はいくらでもできるので、あまり信用しすぎないようにした方がいいかもしれません。 果たして、夜桜たまさんは「悲劇のヒロイン」なのか。 悲劇のヒロインムーブは成功して、自分のアカウントに1万ものフォロワーを付けることに成功していますが、本物のヒロインか、偽物のヒロインか、判断はつきませんね。 まさに、アイドル部のリアル人狼ゲームが始まっています。 運営もアイドル部も口をそろえて言う「今は情報が出せない」という言葉。 裁判の準備をしているならこの言葉も納得ですが、この情報を言える日が来るのでしょうか。 答え合わせが気になるところです。

次の

夜桜たま (よざくらたま)とは【ピクシブ百科事典】

夜桜たま mmd

との紹介があり、真面目でメンバー想いの性格、また涙もろさでも人気を集めています。 また、アイドル部初の生配信では、夜桜たまがトップバッターとして配信を行っています。 雑談や自己紹介の他、アイドル部メンバーの紹介もしており、実質的なアイドル部のリーダーとしての立ち位置です。 アイドル部ナンバーワンの才女! 愛称は「たまたま」、これはプロデューサーのばあちゃるがつけた名前ですが、生徒会長でもあるため「会長」と呼ばれることも。 また、ファンは「夜桜オリオンズ」という名前がついています。 活動内容は多岐に渡り、ゲーム実況やASMR、雑談などが中心で、配信頻度が高いのも特徴です。 ゲーム実況でプレイするのは主に「PUBG」「サドンアタック」などのマルチプレイFPS、また「マインクラフト」や各種インディーゲームなど様々です。 また、麻雀に関してはVTuberトップレベルの腕前ですが、これに関しては下記で説明します。 アイドル部ではトップクラスの頭脳の持ち主! ちなみに、彼女がFPSを始めたきっかけは彼女が中学生だった頃、家族会議で たママはAVA(Alliance of Variant Arms)、たパパはBF(バトルフィールド)、たまのおばあちゃんはCoD(コールオブデューティ)、たまは何をやるんだい? と言われて、勧められたからとのことです。 家族に関する話題は配信中にもよく登場し、関係は良好なようです。 また学力も高く、 2019年4月に行われた「アイドル部学力テスト」では、主要五教科すべて90点台を叩き出し、アイドル部では断トツの成績の持ち主です。 その他、イラストも得意で、「ちびたまちゃん」というオリジナルのキャラクターを描いており、自身の配信やTwitterでもよく登場します。 現在、アイドル部には12人のVTuberが在籍していますが、現時点までに12人全員が3D化を果たしています。 「馬P」こと、ばあちゃるの慧眼と、プロデューサーとしての実力が伺えますね。 プロ雀士とも対局、VTuber界最強の雀士! そして、夜桜たまの最大の個性は、突き抜けた麻雀の腕でしょう。 本人も趣味・特技に麻雀を挙げるほどの入れ込みようで、多い時には1日に50回も打つとか。 将来は麻雀大会を開きたいそうで、自身の活動目標に「VTuber界の麻雀人口の拡大」を掲げているほどです。 麻雀配信では、もっぱらオンラインゲーム「天鳳」を使用しますが、その他にも「NMB48の麻雀てっぺんとったんで!」「セガNET麻雀 MJ」、またファイナルファンタジーXIVに登場する「ドマ式麻雀」まで、あらゆる種類の麻雀ゲームをプレイしています。 麻雀の初心者向け解説動画の配信も!奇跡の四面打ちも! 麻雀はルールが複雑で、初心者には取っつき辛いですが、初心者向けに麻雀のルールを分かりやすく説明する麻雀講座を配信したり、通常の麻雀実況でも、打ち方や戦略を解説したりなど、プロ顔負けの活動です。 そして、2018年6月には「最強の夜桜たまは誰?」という麻雀配信を行っていますが、これは夜桜たまが 一人四役で4つの面を打ち分ける「四面打ち」を行い、加えて解説、実況、コメント拾いまで一人でこなす、実質一人七役という離れ業です。 ですが、配信も対局もスムーズに進み、コメント返しや雑談も余裕をもってこなし、夜桜たまの「伝説」として視聴者を驚かせています。 このような、突き抜けた腕前と情熱が話題になり、2018年7月には日本最大の麻雀系メディア「麻雀ウォッチ」のインタビューを受けており、 公開時にはアクセスが殺到して、一時的にサーバーダウンするほどの反響でした。 また、プロの雀士からの評価も高く、2019年2月にはプロ雀士とVTuberのコラボ「てつじんのまぁじゃん — 挑戦者 夜桜たま -」をYouTube・ニコニコ動画で配信。 プロ雀士の木原浩一氏、松島桃氏、水口美香氏が参加しています。 中の人は未だ特定されておらず… ここまで麻雀業界に存在感を持った彼女ですが、未だに中の人や声優が誰か?という点は謎に包まれており、特定されていないのが現状のようです。 ファンとしては中の人が誰であろうと彼女の活動を暖かく見守って応援していきたいところですね。 情報部員並み?高過ぎるエゴサーチ力 そして、夜桜たまの才女ぶりを示す一面として、その高過ぎるエゴサ力が挙げられます。 ツイッター上の、彼女に関して言及したツイートは勿論のこと、名前を伏せていても即座に発見されて「いいね」を押すほど、高い情報サーチ力を持っています。 また、エゴサーチと大量のいいねをし過ぎるため、しばしばTwitterからスパム扱いされてアカウントが停止しますが、このエゴサも今では夜桜たまの個性となっています。 まとめ 見た目は落ち着いて清楚な印象の夜桜たまですが、大御所VTuberが集うアイドル部の実質的なリーダーであり、またアイドル部随一の学力の持ち主としても知られています。 その才女ぶりは、彼女が情熱を注ぐ麻雀でも発揮しており、プロ雀士との対局や、「四面打ち」配信をやってのけ、視聴者を驚かせています。 夜桜たまがきっかけで、VTuberに興味を持った麻雀ファンもいるかもしれませんね。 また、自身やメンバーに関する情報アンテナも鋭く、彼女の名前を伏せた状態でツイートしても即座に発見されるという、突き抜けたエゴサ能力の持ち主としても知られています。 様々な分野で高い能力を発揮する才女VTuberの夜桜たま、これからもアイドル部の中心人物として頑張ってほしいですね!.

次の