行き づらい。 仕事を休んだ次の日は行きづらい…翌日の不安を解消する方法|仕事ヤメジョ

職場に居づらいと感じた時に試すべき対処法

行き づらい

日本って経済的には豊かなのに、なんでこんなに 生きづらい国なんだろう? 僕も 日本という国に、ものすごく生きづらさを感じていました。 そんな生きづらいのが嫌になった一面もあり、アジア最貧国のネパールに移住しました。 でも、2年ぶりに一時帰国したときに思ったんです。 日本が生きづらい国だったんじゃない。 生きづらい理由は「自分」にあったんだって。 そう思うようになった理由を紹介していきます。 生きにくい世の中?日本が生きづらい国であると感じる3つの理由 日本は生きづらい国だって言われていますが、その気持ちはよく分かります。 でも、日本って経済的にはめちゃくちゃ豊かなじゃないですか。 電気も水も豊富にあるし、電車は時間通り来るし、食事するお店も清潔。 なのに、なんでこんなに生きにくいんでしょう? その理由は大きく分けて3つあると感じます。 とにかく忙しい 1つ目の理由は、 仕事第一主義でとにかく忙しいからです。 僕も新卒から3年間は大手企業で働いていたので分かりますが、日本で働いているサラリーマンって超忙しいですよね。 なんでこんなに働くんだってくらい、みんな一生懸命手を抜かず働いています。 平日なんて、朝起きて仕事行ったらあとは帰って寝るだけって人がほとんどじゃないですか? 食事・風呂・睡眠以外の時間が何もないなんてことが当たり前。 僕も、朝7時半くらいには会社にいて、家に帰るのは22時前なんていう毎日を普通に繰り返していました。 しかも恐ろしいことに、役職が上に行けば行くほど、出世すればするほど、どんどん忙しくなっていくんですよね。 これじゃあ、のんびりぼーっとする時間もないですよね。 日本の人は、生きるために仕事をするんじゃなくて、仕事をするために生きているような生活をしている。 仕事が好きで好きで仕方ないなら、それも健全だし、幸せなんじゃないかと思います。 嫌いなことにこれだけ時間を費やしていたら、そりゃ生きにくいわけです。 家族・会社以外に、自分が所属するコミュニティがない人って結構いるんじゃないですか? これは先程の一番目の理由である仕事が忙しすぎることにも関係してきそうですね。 日頃お付き合いのある人間関係が職場・家族だけってなると、やっぱり息が詰まりますよね。 同じコミュニティにず~っといると、そりゃストレスも溜まりますよ。 僕も3年間働いていた時は、会社しかコミュニティがありませんでした。 あとは、見知らぬ人と接する機会が全然ないのも1つの特徴ですね。 電車で偶然隣に座った人と、会話が始まって仲良くなるなんて全くないじゃないですか。 そして目が偶然に合っても、会釈も何もない。 冷たい感じがしますよね。 僕らは人間だから、本来人と接することに喜びを感じる生き物だと思うんです。 でも、そういう機会が特に東京に住んでいると、なかなかないように感じます。 「そりゃ生きづらいよな~」ってつくづく実感します。 「みんな一緒で当たり前。 違いは許さないし、受け入れない」という風土を社会から感じますね。 特に芸能人の不倫が一気に叩かれるようになってからは、本当に圧力が高まっています。 日本は多民族国家ではありません。 肌の色の違いも、宗教の違いも、他の国と比べたらありません。 そういったもともとの民族的な背景もありますが、それにしても最近は同調圧力が強すぎます。 同調圧力が強いと生きづらくなる理由は、 「本音」を隠すようになるからです。 「本当は違う意見なんだけど、言えない」 「本当は違うことがしたいんだけど、できない」 「本当は嫌なんだけど、嫌なことから逃げられない」 「本音」を隠すとストレスが溜まります。 僕も「本音」を出せないときは苦しかったです。 そりゃ生きづらい国だってなりますよね。 超不便なアジア最貧国ネパールより、日本の方が生きにくいと感じた理由 僕もそんな風に、日本っていう国が生きづらいなと感じていました。 それも1つの理由となり、新卒で入った会社をたった3年で退職。 「途上国で働きたい」という本音に従って、青年海外協力隊としてネパールに2年間暮らしながら働く道を選びました。 ネパールはアジア最貧国です。 THE途上国なだけに、生活は圧倒的に日本より不便です。 電気も水も満足にないし、バスだって時間通り来ません。 外食したらお腹を壊すこともしょっちゅう。 それだけ生活環境は日本よりも厳しいのですが、1つ意外なことに気がつきました。 それは、これだけ不便なネパールですが、日本よりも生きにくいと感じないのです。 まあ僕が超絶変わり者であるっていう点は否定できません 笑 でも、それを抜きにしても、ちゃんと理由を説明できます。 日本が生きづらい国であると感じた3つの理由が、ネパールでは見事に当てはまらないからなんです。 まず仕事第一主義じゃありません。 ネパールで残業をする人なんてほぼいませんからね。 それに、人間関係が広くて深いです。 結婚式に500人くらい来るのは結構普通だし、見知らぬ人同士でも普通に会話があります。 ネパールは多民族国家なので、みんな違って当たり前。 外国人にも寛容です。 そんなわけで生活環境は決して良いとは言えないネパールですが、日本よりも生きづらさを感じることはなかったです。 2年ぶりに日本に帰国。 意外にも日本に生きづらさは感じなかった 今もネパールに住んでいる僕ですが、協力隊の任期が終わったときに2年ぶりに一時帰国をしました。 2年ぶりに帰国することは楽しみもありましたが、正直不安もありました。 「あの日本社会特有の生きづらい感じをまた味わうことになるのか~」って考えると、テンションが下がりますからね。 でもいざ、2年ぶりに日本に帰国してみると、意外なことに生きづらいとは感じませんでした。 確かにスーツを着たサラリーマンたちは晴れない顔をしていたし、疲弊している感じはありました。 でも、それよりも、電気も水も不自由なく使えて、時間通りに電車が来て、何を食べてもおいしくて絶対お腹を壊さない日本は最高に生きやすかったです。 2年前、僕が日本を離れる前と比べて、日本社会は根本的に変わったわけではありません。 相変わらず仕事第一で忙しすぎて過労死する人もいるし、人間関係は狭くて希薄だし、同調圧力は一段と高まった感じさえします。 それでも、一時帰国の時に、僕は日本が生きづらい国であるとは正直感じませんでした。 日本を生きづらい国にしていたのは「自分」だった なんでかって考えたときに、すごくシンプルなことに気がつきました。 日本が生きづらい国だったんじゃない。 生きづらい理由は「自分」にあったんだって。 ネパールに移住する前、僕は「生きづらい人生」を自分で選んでいたんです。 仕事第一で忙しすぎる毎日を送っていたのは、忙しい会社に入ることを自分が選んだから。 人間関係が狭くて希薄だったのは、会社以外にコミュニティを持たないことを自分が選んだから。 同調圧力が生きづらかったのは、同調圧力に屈すると自分が選んだから。 全部、自分が選んだこと。 そりゃ生きづらくなるのは当たり前だったんです。 「日本が生きにくい国=生きにくい人生」なわけじゃない 確かに日本は生きづらい国なのかもしれません。 それは、ネパールで暮らして、日本を客観的に見ている僕も本当に感じることではあります。 でも、日本が生きづらい国だからといって、あなたの人生まで生きづらくする必要はないんですよ。 日本がいくら生きづらい国だからといって、日本に住んでいる人全員が生きづらい思いをしているわけではない。 日本を生きやすい国に変えなくても、あなた自身が生きやすい人生を生きることはできるんです。 あなたが日本を生きづらい国だと感じている一番の理由は、あなた自身が生きづらい人生を生きているから。 あなた自身が生きづらい人生を生きることを、自ら選んでいるんです。 自分の人生を生きやすくできるのは自分だけ。 自分の「本音」を体現しよう そんな生きづらい人生がもう嫌なら、やることはたった1つ。 自分の「本音」で生きることです。 あなたが本当に生きたい人生って、どんな人生ですか? あなたが本当にやりたいこと・本当に好きなことって何ですか? あなたの人生で、何を最も大事にしたいですか? こうした問いかけに対して、本音で答えること。 そしてその本音を行動に起こして体現すること。 たったこれだけで人生は生きやすくなります。 入社3年目を迎えた春。 「本当に自分がしたいことは何だろう?」と問いかけた結果、僕はネパールで働くことを選びました。 たまたま日本から出るという決断でしたが、「途上国で働きたい」という「本音」に気づいたからです。 その「本音」と真剣に向き合い、その「本音」を体現する。 たったそれだけで、人生が一気に生きやすくなりました。 日本という国が生きづらいのは事実かもしれません。 でも、あなたの人生まで生きづらくする必要はありませんし、あなたの人生を日本という国が生きやすくしてくれることもありません。 あなたの人生を生きやすくできるのは、他の誰でもなく、あなただけです。 「本音」で生きる人生にしていきましょう! 「本音」が分からないなら、無料メール講座がおすすめ でも、きっとこの記事を読んでくれているあなたは、その「本音」が分からないんですよね。 僕も、会社員をしていた3年間は、自分の「本音」が分からなくなっていました。 そんな、あなたに絶対おすすめなのがこちら。 <Googleでも出てこない! たった1時間でやりたいことが溢れ出る感動の雑談!> 1988年生まれ。 鎌倉市出身。 早稲田大学政治経済学部卒。 働くのが夢だった大企業で人事になるも「やりたいことがわからない」で約3年悩むも、ひょんなことからコーチングを受講。 たった3日で「やりたいこと」に気づき、その実現のために退職。 2015年から2年間、青年海外協力隊としてネパールでボランティア活動に従事。 現在は日本とネパールでデュアルライフ。 「やりたいことがわからない」を解決するプロとして、コーチングのプロコーチをやりつつ、ネパールでの事業を準備中。 スターウォーズ、ラーメン、たらこパスタが大好き。 124•

次の

ジムは行きづらい・恥ずかしいと感じる初心者に4つのアドバイス

行き づらい

自分は職場に居づらいと感じていても、周囲は何も気にしていない場合も多いものです。 人それぞれ性格や価値観は異なりますから、社内の人たちの雰囲気に合わせる必要はないのです。 「ふざけた話ばかりしている事務員の中に、真面目に応対してくれる彼女がいるから助かっている」という上司からの評価を受けているケースも多々あります。 与えられた仕事さえきちんとこなしていれば、職場に居づらいなど肩身の狭い思いをする必要はありません。 嫌だなと思いながら飲み会に付き合うよりも、職場以外での付き合いは遠慮して、オンオフの切り替えをした方が良いのです。 無理をして他人に合わせる必要はない また、職場に居づらいと感じるのは、自分だけではないはずです。 職場という狭い組織社会にいると、視野も狭くなりがちです。 周囲と比べて居づらいと感じるのではなく、自分が現状の仕事やプライベートにおいて満足しているかどうかが大切といえます。 また、多数派に同調せず、自分をしっかりと持っている人に好感を抱く人は、男女問わず多いものです。 周囲に合わせようと無理をせず、自分らしく仕事に打ち込む姿は、職場の人から見ても魅力的に映ります。 日本社会は横のつながりを重視する傾向があるため、生きづらい社会であると批判される場合も多々あります。 訪日外国人の急増により、この数年でグローバル化の波が、急ピッチに日本にも押し寄せています。 人口減少に伴い、外国人労働者を増やすことも政府によって試みられているため、今後は日本の会社組織においても多様性が尊重されるようになるといわれています。 職場の多数派の人たちに合わせられないために自分を責める必要は全くなく、申し訳ないなどと思うことはないのです。 居づらいと感じたら上手く立ち回る術を身に付けると便利 上司や同僚からの誘いは、少し無理をしても受けることで時に職場に居づらいと感じている時にプラスの気付きや発見となるケースがあります。 職場の人との関係が良好であれば、居づらいと感じなくなり、仕事においてもメリットをもたらします。 付き合いが苦手で、話も上手くできなかったとしても、笑顔で挨拶を率先することで相手は悪い気分にはなりません。 帰省した際には地元の名産をお土産で社内の人に配るなど、古典的ですがそうした配慮はうれしいものです。 長く同じ職場で働くためには、無理をする必要はありませんが、ある程度の配慮や気遣いがあると上手くいきやすいのです。 ビジネスを割り切って考えているため、仕事の評価は厳しい分、周囲に遠慮して人間関係に悩む人は、日本のように多くありません。 日本の会社文化になじめず、職場に居づらい気持ちが払拭できないようであれば、実力主義の外資系企業に転職するという方法もあります。 ただ、日本のように無期雇用の正社員職は少なく、半年ごとなどの更新による働き方をする人が多いです。 安定性という面では、多くのケースで日本企業の正社員職には及ばないでしょう。 あえて契約社員や派遣で仕事をする人もいる 人付き合いが苦手で、職場に居づらいと感じる人の中には、あえて契約社員や派遣など有期雇用の働き方を選択する人もいます。 派遣には、職場に都合よく使われていつでも切られてしまうかもしれない、というネガティブなイメージを持つ人も多いですが、契約社員同様に一定期間の雇用はしっかりと保証され、突然首を切られる心配は不要です。 派遣は、今は制度的にも転換期にあり複雑な側面もありますが、自由な働き方ができるため、あえて選択する人も多いのです。 職場に居づらい時は自分を責めずありのままでいる必要があり改善されない場合は外資系企業への転職を視野に入れる 職場に居づらいと感じた時に試すべき対処法について見てきました。 家族や長年の友人以外の職場の人と話をしたり、食事をしたりするのが苦手という人は、案外多いものです。 やけにフレンドリーで、転職するやいなや職場の人に溶け込んでしまう人もいますが、それは稀なケースです。 仕事のペースが遅くて、ミスが多くて迷惑をかけるから職場に居づらいということであれば、改善する努力は必要です。 ただ、不慣れな仕事には誰しも最初はそのような面がありますから、落ち込んで自分を責める必要はありません。 ビジネスにおいては人間関係以上に、仕事に誠実に向き合う姿勢が何より大切です。

次の

仕事を休んだ次の日は行きづらい…翌日の不安を解消する方法|仕事ヤメジョ

行き づらい

子育て支援センターとは 子育て支援センターは親子が気軽に集まって遊んだり、情報収集したり、地域の人とかかわりながら子育てをしていくコミュニティ広場です。 親にとっては子育ての不安や疑問を他のママや支援センターの職員に相談でき、子どもにとっては普段と違う環境で遊びを楽しめる場所です。 子育て支援センターの対象年齢 だいたいの子育て支援センターが0歳から就学前の子どもが対象です。 支援センターにより未就学児の兄弟であれば、就学後の子どもも利用ができたり、妊婦さんも利用できる場所もあるようです。 子育て支援センターの場所 保育所や幼稚園、児童館や児童福祉施設など、子どもが集まる場所に併設される場合が多いですが、他にも、商店街の空きスペースや、マンションやアパートの一室、公共施設の空きスペースでも開設されている支援センターもあります。 保育所や幼稚園併設の支援センターだと、園庭を利用した外遊びも楽しめます。 子育て支援センターが利用できる時間 だいたいの子育て支援センターは9時や10時などの午前中から、15時や16時などの夕方あたりまで開設されています。 お昼頃になると、昼食スペースができたり、保育所と併設の支援センターであれば、給食の試食会が実施される場合もあるそうです。 筆者が携わっていた支援センターは、曜日ごとに午前中が1歳児、午後が0歳児など、年齢によって利用できる時間が決まっていました。 子育て支援センターの活動 ・遊び場 基本的には誰でも利用できるオープンスペースとして開設されています。 積み木やおままごとセット、大型ブロックやパズル、ガラガラおもちゃや知育玩具など、乳幼児向けのおもちゃや絵本が自由に使えます。 ・イベント 親子で製作や手遊びをしてコミュニケーションを楽しむイベントや、離乳食講座やオムツ替え、沐浴などの子育てに関する講座、妊婦さん同士のお話し会、季節の行事など、毎月さまざまなイベントが行われています。 イベントの予定は支援センターにあるカレンダーやインターネットなどで告知されており、事前申請で、費用は無料もしくは100円程度、参加不参加自由なものがほとんどです。 ・相談 子育てに関する不安や疑問など、支援センター職員に相談ができます。 直接相談する方法の他にも、電話やメール相談も受け付けており、1人で悩まずにまずは誰かに相談できるような窓口になっています。 子育て支援センターの職員について 支援センターの職員は、保育士などの専門知識を持った人もしくは、子育て経験のある人です。 イベントによっては助産師や保健師などを招いて講座をする場合もあります。 子育て支援センターに「行きたくない」「行きづらい」のはなぜ? 他のお母さんと仲良くしなければいけない気がする 「ママ友を作らなければいけない気がして気が重く行きづらい」(30代1児のママ) 「話をするのが億劫で行きたくない」(30代2児のママ) 「ママ友グループができていて、なじめないのではないかと不安」(20代1児のママ) 初めての場所で、人間関係を築かなければいけないと思うとあまり気が進みませんよね。 実際には、親子でゆったりとコミュニケーションを楽しんでいるママもたくさんいます。 イベントに参加するのが面倒 「毎日イベントをやっていて疲れそう」(30代2児のママ) 「遊ぶだけの利用はできないイメージなので行きづらい」(30代1児のママ) 子どもが興味を示さなかったり、遊びたいときにイベント開催で遊べなかったり、残念な思いはしたくないと思っているママが多いようです。 イベントの日にちや内容は、子育て支援センターの掲示板やカレンダー、インターネットで告知されているので確認してから利用するとよいでしょう。 混んでいそうで心配 「子どもがまだ小さいので、大きい子たちが走り回っていたら危ないのではないかと心配になるので行きたくない」(30代1児のママ) 「混んでいて好きなおもちゃが使えないのではないか」(30代1児のママ) 無料の施設のこともあり、混雑具合が気になるところですね。 年齢によって利用できる場所や時間が決まっている場合もあります。 実際に子育て支援センターを利用した感想 子どもとの遊び方を知った 「今まで子どもとかかわった経験がなく、どのように遊べばよいかわかりませんでしたが、職員の方といっしょに子どもと遊んで、遊び方が何となくわかり、家でもコミュニーケーションを取れるようになりました」(20代1児のママ) 遊びが充実した、普段できない遊びができる 「子どもがまだ赤ちゃんなので、外では長時間遊べず、室内での遊びがマンネリ化していました。 子育て支援センターに行くと、普段と違うおもちゃや遊びを体験できるので、子どもも楽しめていると思います。 」(30代2児のママ) 「私の家はマンションなので、気軽に水遊びができません。 支援センターでの水遊びは広いスペースで安全にのびのびと楽しめるので助かりました。 」(20代1児のママ) 夫といっしょに母親学級に参加 「産前に夫といっしょに沐浴、オムツ替え体験の講座に参加しました。 実際に先輩ママの協力のもと、お子さんの沐浴やオムツ替えをさせていただいてとてもいい経験でした。 夫が緊張しながら沐浴をしているのを見て、産後のイメージが湧いて楽しみになったのを覚えています。 助産師さんからのアドバイスももらえるので、勉強になる講座でした」(20代1児のママ) 子育てについて相談できた 「子どもがなかなか離乳食を食べずに悩んでいました。 職員の方のアドバイスで、家族みんなで食事を楽しむような雰囲気作りを心がけたら、少しずつ口にするようになりました。 職員の方や先輩ママ、同じ年齢の子どもを持つママの体験談を聞いて、いろいろなやり方を知ったので始めやすかったです」(30代1児のママ) 子育て支援センターを活用しよう.

次の