パルマ サッカー。 パルマFW、同じ相手から年2回ハットトリック。セリエA史上わずか3人目の記録

コンテ不在インテル、終盤の2発でパルマに逆転勝利!《セリエA》(超WORLDサッカー!)

パルマ サッカー

国内リーグ戦に限る。 2016年11月20日現在。 2016年11月20日現在。 ( ) シモーネ・バローネ( Simone Barone, - )は、・出身の元、現サッカー指導者。 現役時代のポジションは。 経歴 [ ] 現役時代 [ ] 、でのサポート役として大きく成長した元。 4シーズン以上同じチームに在籍することなく、国内のクラブを渡り歩いた。 指導者時代 [ ] 現役引退後はイタリア国内のユース世代での指導経験を積む。 2016年6月29日、代表でチームメイトであったが監督に就任したのにアシスタントコーチとして招聘された。 2017-18シーズンより、のU-16部門で指揮を執ることとなった。 代表歴 [ ] イタリア代表としては2004年2月18日の親善試合・戦()で初出場。 同年9月2日の親善試合・戦で代表初ゴールを記録した。 のメンバーにも選出され、グループリーグのチェコ戦と準々決勝の戦に途中出場。 イタリアの優勝メンバーとなった。 タイトル [ ] イタリア• : 脚注 [ ].

次の

パルマ・カルチョ1913

パルマ サッカー

概要 [ ] 基本的にダービーマッチはまず都市単位や州単位による地理的な要因によって発生し、その上に様々な特性が加わりながら次第に両者の間に敵対心が芽生え始めてダービーマッチへと発展する。 その主な特性としては、社会階級や所得格差などによる社会的な特性や宗派・民族間の対立などによる政治的な特性、クラブチーム同士が持つ過去の禍根などによる歴史的な特性が挙げられるが、そのリーグによってダービーマッチそのものの性質は若干異なっている。 例えば、発祥の地とされるではあくまでも同一の都市や州の範囲内においてダービーマッチは終始しているが、では歴史的な都市間の対立を背景にまったく行政区画が異なる都市同士であってもダービーマッチが成立している事が少なくない。 また、では民族問題といった歴史的な対立を背景とした一戦で重要視する傾向が多く見られ、貧富の差が激しいやでは所得格差による社会的な対立によるダービーマッチが多い。 ちなみに、などの共産主義圏の国や地域では政府系のクラブチームと民衆系のクラブチームによる政治的な特性の強いダービーマッチがかつては多く見られたが、国家の独立や民主化といった時代の変化で現在では単なるサポーターとクラブチームによる儀式と化している事が多い。 なお、ダービーマッチでは稀に試合会場の内外でによる暴力事件へと発展するケースもある。 表記 [ ] 英語圏では ダービーマッチ Derby Match や単に ダービー Derby と表記するが、スペイン語圏やポルトガル語圏では デルビ Derbi 、イタリア語圏やフランス語圏では デルビー Derby などと表記される。 ただ、言葉が指している意味は同じである。 定義 [ ] ダービーマッチは主に以下の2つに大別される。 また、同士でも用いられる場合がある。 また、これらの中にはその国や地域の政治的な背景を色濃く抱えている試合も少なくない。 ナショナルダービー National Derby 行政区画に関係なく、実力や人気の面でそのリーグを代表するクラブチーム同士が対戦する試合を指す。 ただし、このナショナルダービーという用語は日本のみで使われるである。 語源 [ ] 「ダービーマッチ」の語源については幾つかの説が存在するが、ここではそれらの中でも特に有力に考えられている説を紹介する。 なお、近年はサッカー以外のスポーツ(特に=など)でもこの表現を使う機会が増えたが、元はサッカーの試合で表現されることが多かった。 「地名」説 中部、地方のにある都市のでは毎年、聖ペテロ教会・オールセインツ教会の2つのに分かれ、町内を二分して行われる(現在のサッカーとは異なる)の試合があった。 国 ダービー名 対戦クラブ イングランド イングランド・ダービー 、 スペイン クラシコ 、 ポルトガル 、 イタリア 、 フランス 、 オランダ 、、 ドイツ 、 トッパー 、 デンマーク ニューファーム・ダービー 、 ウクライナ 、 クロアチア 、 スロバキア ・ダービー 、 セルビア エターナル・ダービー 、 スロベニア ・ダービー 、 アルバニア ・ダービー 、 イスラエル ・ダービー 、 リトアニア スーパー・ダービー 、 ジョージア ・ダービー 、 アゼルバイジャン ・ダービー 、 南米 CONMEBOL [ ] 国 ダービー名 対戦クラブ アルゼンチン ダービー 、 ウルグアイ ダービー スーペルクラシコ 、 パラグアイ ダービー スーペルクラシコ 、 チリ ダービー スーペルクラシコ 、 ベネズエラ ダービー クラシコナシオナル 、 ペルー ダービー エル・クラシコ・ペルアーノ 、、 北中米カリブ海 CONCACAF [ ] 国 ダービー名 対戦クラブ メキシコ ダービー スーペルクラシコ 、 エルサルバドル ダービー クラシコナシオナル 、 コスタリカ ダービー クラシコナシオナル 、 パナマ ダービー スーペルクラシコナシオナル 、 ホンジュラス ダービー クラシコナシオナル 、 アジア AFC [ ] 国 ダービー名 対戦クラブ 韓国 ナショナルダービー 、 東海岸ダービー 、 中国 ナショナルダービー 、 インドネシア クラシックダービー 、 バングラデシュ ダービー 、 イラン ダービー 、 クウェート ダービー 、 サウジアラビア スーパーダービー 、 バーレーン ダービー 、 アフリカ CAF [ ] 国 ダービー名 対戦クラブ エジプト ダービー 、 ガーナ ダービー 、 ジンバブエ ダービー 、 ナショナルチーム [ ] ダービー名 対戦国 ヨーロッパ ダービー 、 ダービー 、 低地国ダービー 、 ダービー イングランド、、、 因縁の対決 フランス、 (詳細は参照) ドイツ、() オランダ、 、 (詳細はを参照) セルビア、 伝統の一戦 ドイツ、イングランド ドイツ、イタリア ドイツ、オランダ フランス、スペイン フランス、ベルギー 北中米 ダービー () 、 ダービー 、 南米 ダービー 、 ダービー アルゼンチン、 アジア ダービー (南北対決) 、 、韓国 日中戦 日本、 日朝戦 日本、北朝鮮 日豪戦 日本、オーストラリア 中韓戦 中国、韓国 イラン・イラクダービー 、 アフリカ アフリカダービー 、 ダービー 、 その他 - アルゼンチン、イングランド - アメリカ、イラク - ブラジル、スウェーデン - ドイツ、アルゼンチン 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 脚注 [ ]• ベン・メイブリー 2012年9月25日. Goal. com. 2012年11月24日閲覧。 FIFA. com. 2012年11月10日時点のよりアーカイブ。 2013年3月17日閲覧。 が、に次いでイングランド第2の人口を抱える都市であることから、「セカンド・シティ・ダービー」 の異名がある。 ロンドンの中でも地域的に近く、労働者階級のサポーターの多いウェストハムとミルウォールのダービーは、荒れることが多く、フーリガンが大暴れすることでも有名。 ロンドンに在籍するクラブチームの中で、人気が高く実力が均衡したチーム同士の対決。 激しいながらもクリーンな、好ゲームになるケースが多い。 のリーグには参加しておらず、イングランドのリーグに越境参加しているクラブで、イングランドの最上位リーグでプレイしたウェールズのクラブはカーディフ・シティと、そのライバルのスウォンジ・シティの2クラブのみ。 スコットランド北東部の海岸沿いに位置する都市のクラブ同士の対戦。 圧倒的な強さを誇るの2チーム以外で、過去30年で最も成功しているチーム同士の対決であることから、ニューファームと呼ばれるようになった。 「リンフィールド 対 グレントラン」の試合は ベルファストBIG2ダービーと呼ばれる。 「クリフトンビル 対 クルセイダース」の試合は ノースベルファストダービーと呼ばれている。 主にレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードの対戦を指す。 「アンダルシア・ダービー」は、スペイン語でそういった呼び名が無いことから、英国のメディアによる造語であると思われる。 仲の良いダービー。 お互いのサポーターが肩を組んで応援している珍しい試合で、の団結力を示している。 市内にあるバレンシアとレバンテは以前からバレンシアダービーと呼ばれていたが、近年のビジャレアルの躍進によりバレンシアとビジャレアルの試合をバレンシア州ダービーと呼ぶようになった。 最も盛り上がるのは「スポルティングCP 対 SLベンフィカ」の試合。 2002-03準決勝戦での対戦では「」とも呼ばれた。 伝統的にインテルは中産階級・富裕層や左翼にサポーターが多く、ミランは右翼・労働者階級に支持者を抱えるとされる。 首都ローマ市内と労働者階級に支持を集めるローマと、保守系のラツィオが対決。 カルチョ4大ダービーの中で最も熱狂度が高い。 ラツィオの方が先に設立しているが、成績面においては(タイトル数や過去対戦成績も含めて)ローマに大きく水を上げられている。 更にローマは、リーグ11連勝(2005-06シーズン、当時のセリエA新記録)とリーグ24戦無敗(2009-10シーズン)のクラブレコードをこのカードで樹立している。 全国レベルでの人気を誇り、国際的にも有名なユヴェントスと、地元で絶対的な人気を誇るトリノFCが対決。 9回獲得の古豪ジェノアは労働者層、サンプドリアは中産・富裕層に支持を集める。 ナントは歴史的なブルターニュ地方の都市で、かつてはレンヌとともに首都であったが、現在はレンヌとは違いロワール=アトランティック県に属している。 プラハ市内の同じ地区を本拠地とする「スラヴィア・プラハ 対 ボヘミアンズ1905」の試合は ダービーと呼ばれている。 古くから伝統があるのは「ディナモ・モスクワ 対 スパルタク・モスクワ」のみ。 古くから伝統があるのは「レッドスター・ベオグラード 対 パルチザン・ベオグラード」のみ。 最も盛り上がるのは「フェレンツヴァーロシュTC 対 ウーイペシュト」と「フェレンツヴァーロシュTC 対 MTKハンガリア」の試合。 古くから伝統があるのは「レフスキ・ソフィア 対 CSKAソフィア」のみ。 ボテフ・プロヴディフとロコモティフ・プロヴディフの両クラブともにブルガリアの最上位リーグの常連であり、両チーム間のライバル意識は、ソフィアを本拠地とするレフスキ・ソフィアとCSKAソフィアのダービーよりも激しいと言われている。。 主にFKサラエヴォとFKジェリェズニチャルの対戦を指す。 イスタンブールに本拠を置くクラブには他にもやがあるが、歴史や実績の違いから、これらのクラブが先の3クラブと対戦しても、ダービーの範疇には入れられないことが多い。 1948年、クラブ内でへの政治的立場をめぐる対立が起こり、APOELを追放された左翼主義者たちは後に最大のライバルとなるオモニア・ニコシアを創設。 2010-2011シーズン時点で、国内最多の優勝回数(20回)で並ぶAPOELとオモニアの対決は、国中の注目を集める伝統の一戦。 コリチーバFCとアトレチコ・パラナエンセとの対戦はアトレチバ Atletiba 、コリチーバFCとパラナ・クルーベとの対戦はパラチバ Paratiba と呼ばれる。 ブエノスアイレスのボエド地区を本拠地とするサン・ロレンソと、この地区に隣接するパルケ・パトリシオス地区のウラカンの対戦。 この対戦と他のブエノスアイレスのクラブとの対戦がクラシコ(ダービーマッチ)として扱われる。 ブエノスアイレスの西部に本拠地を構えるチーム同士の対戦。 この対戦と他のブエノスアイレスのクラブとの対戦がクラシコ(ダービーマッチ)として扱われる。 「クラブ・アメリカ 対 プーマスUNAM」の試合は クラシコ・カピタリーノ(首都ダービー)と呼ばれ、「クラブ・アメリカ 対 クルス・アスル」の試合は クラシコ・ホベン(若いダービー)と呼ばれている。 主にピルズィ(ペルセポリス)とエステグラルの対戦を指す。 「FCポルト 対 」の試合もクラシコと呼ばれるが、主に「FCポルト 対 SLベンフィカ」の試合を指す。 セリエAで唯一、インテルとユヴェントスの2チームが一度もセリエBに降格した事がこれまでなかった事も「イタリアダービー」と呼ばれる由縁だった。 しかし、2006年に発覚したによりユヴェントスがスクテッドを剥奪され、それに加えて勝ち点-9のペナルティでセリエBへと降格する事になった。 その影響で当初は最終順位が3位だったインテルが2005-06シーズンの繰り上げ優勝となった。 なお、イタリアダービーは「一度も降格経験がない2チームだから」というのは俗説で、本当はイタリアの有名なジャーナリストのジャンニ・ブレラがインテルが1965-66シーズンに10回目のスクデットを獲得してラ・ステッラを付けられる2番目のチームになったとき(ちなみにその当時ミランは8回のスクデットで10回目を獲得するのは1978-79シーズンのこと)に「この常に優勝争いをしている2チームの対戦がイタリアのナショナルダービー」と言ったことから名付けられた。 ちなみにこの当時はミランとボローニャも降格経験がなかった。 (ミランは1979-80、ボローニャは1981-82シーズンが初降格)• 『』はアヤックスとフェイエノールトの対戦を指すが、『ナショナル・ダービー』はPSVを含む?• ボルシア・ドルトムントが1990年代に選手を次々に補強し、「バイエルンの最大のライバル」と呼ばれるようになったことに由来している。 デンマークで最も成功している2チームの試合。 スコットランドのダービーに倣い、呼ばれるようになった。 (W杯イタリア大会)と(W杯ブラジル大会)では両国が予選の同グループに組み込まれ、いずれもスペインが本大会に出場した。 別名「ベネルクスダービー」とも呼ばれ、両国共に自国の国土が海面より陸地が低い「低地国」同士。 また、オランダはベルギーの旧支配国という因縁もある。 攻撃的で、アクの強い選手の多いオランダに対し、ベルギーはまとまりと守備力をベースとしたチーム作りが目立つなど対照的。 国際舞台での実績はW杯準優勝2回、欧州選手権優勝1回のオランダが上だが、W杯の出場回数はベルギーの方が多い。 特にイングランドと他の3カ国が戦う場合が盛り上がる。 ちなみに、「イングランド 対 スコットランド」はに初戦が行われた世界最古のナショナルチーム同士の対戦である。 の決勝戦を始めとする数々の因縁から。 両国にはチェコがまだだった頃からの因縁があり、W杯の欧州大陸予選からの予選や本大会で幾度と無く対戦している。 ただ、両国ともに「ドイツ」という共通の宿敵もいる。 (オランダはの決勝戦で、チェコはの決勝戦で共にドイツから敗れている。 旧ユーゴ分裂などの因縁から。 最近ではユーロ2000予選で同組となり、直接対決は2試合とも引き分けている。 諸説あるもののエルサルバドル・ホンジュラス両国の政治的背景や緊張によりを端にや国交断絶を引き起こすなど両国の対戦における両国民の思いは激しく熱い。 の詳細はの項を参照。 歴史的な背景から2ヵ国に分断されている国同士の対戦である。 なお、韓国側では北朝鮮側に対しては「同じ民族(同胞)」という事から比較的親近感を持って迎え入れているが、北朝鮮側は政治的な背景もあって闘争心むき出しで対戦する場合が多い。 ちなみに、本大会出場を賭けたでは最終予選で同グループに入り、両国共に本大会出場権を獲得した。 隣国同士であることや歴史的な遺恨から、アジア大陸地区の中でも白熱したカードの一つである。 近年では韓国代表の選手の多くが日本のでプレーし、クラブの同僚が代表戦で対決する場合もある。 歴史的な遺恨が色濃く反映される対戦であるが、近年は中国側の悪質なプレーが問題にもなっている対戦である。 日本政府はやの解決を求め、北朝鮮政府はへの謝罪や経済支援を求める政治的な緊張関係により、両国間の国交は未だなく、スポーツ以外の部分で大変に注目されやすい対戦である。 (W杯ブラジル大会)ではで対戦し、両国代表チームの相手国への入国や国内活動に際し強い規制がかけられた事に相互から問題提起された。 のグループリーグ初戦でオセアニア代表として出場したオーストラリアと対戦し、終了間際に3失点喫して逆転負けをした因縁がある対戦。 両国は地理的に隣接している。 また、の歴史的な遺恨もある。 元々はに勃発したの歴史的遺恨から由来する。 その一方で、では決勝トーナメントの1回戦でイングランド代表主将(当時)のがアルゼンチン代表(当時)のが仕掛けた挑発に報復して一発退場処分になり、イングランドもアルゼンチンにPK戦(4-3)で敗れてベスト16に終わった。 しかし、その4年後のでは再び本大会のグループリーグ(グループF)で両者が対戦する事となり、ベッカムがPKを決めてイングランドが1-0でアルゼンチンに勝利した。 また、アルゼンチン代表(当時)のにまつわる最も有名な逸話である「 5人抜きドリブル」や「 神の手ゴール」はの準々決勝、対イングランド戦で起こった。 やがあった経緯から現在も国交が断絶している。 W杯歴代優勝国同士で最も対戦回数が多いカード。

次の

パルマ(ぱるま)とは

パルマ サッカー

パルマACのロゴ 1968年 1968年に パルマAC Parma Associazione Calcio s. に改称。 1990年代に入ってパルマの食品会社代表の ()がオーナーに就任。 また、1990年にが監督に就任してへ昇格。 1996年にスカラが退任するまで何度もリーグ優勝を争い、国内および国際タイトルも獲得。 「ミラクル・パルマ」と呼ばれた。 パルマFC [ ] 2003年にパルマラットが破産、クラブは破産管財人の管理下に置かれた。 2004年に パルマFC Parma Football Club SpA に改称。 2005年に前会長のが買収を試みるも、資金不足が露呈し買収は不成立。 また、の起業家であるガエターノ・バレンツァや、 ()の元オーナーで鉄鋼業を営む ()などの名前が挙がり、競売の末に2007年1月24日にギラルディが買収した。 2007-08シーズンにに降格したが、2008-09シーズンは、監督の下で、1年でへ復帰した。 2013-14シーズンに創立100周年を迎え、エンブレムに「100」を加えた。 リーグ戦は6位となりへの出場権を獲得したが、所得税の納付遅延を理由にはUEFAライセンスを認可せず、リーグ戦7位のが繰り上がりで出場した。 この決定を不服としたギラルディは、会長職の辞任とクラブの売却を表明した。 2014年12月に・のに買収された が、財政難は解消されず、給料未払いを理由に、ら合計8人の選手が2014-15シーズンの冬に移籍した。 2015年2月、がクラブを買収して会長に就任 したが、2月22日の戦の試合開催費用が払えず(試合は延期)、資金の逼迫が表面化。 3月19日に破産を申請した。 負債総額は2億1,844万6,754. 61(約281億円)。 なお、破産後も公式戦は開催された。 経営面でのサポートを請け負ったは、2015-16シーズンにセリエBからスタートできるように手を尽くすとした が、6月22日午後2時の締め切り時刻までに負債の弁済に目処が付かなかったため破産が確定し、「パルマFC」は消滅した。 「パルマFC」の消滅に伴い所属選手は、全員リーグの規定により自由契約(発生なし)となった。 同様の事例として()、()がある。 2015-2016シーズンは、28勝10分0敗の成績で優勝し、(3部)へ自動昇格した。 2016-2017シーズンはレガ・プロのジローネBで2位となり、昇格プレーオフに進出。 プレーオフ決勝ではに勝利して、への昇格を決めた。 2017年6月、中国の(Desports)グループがクラブの株式の6割を取得した。 これによりのも保有するデスポルツグループがオーナーとなり、クラブの会長には代表の ()(Jiang Lizhang)が就任した。 2017年7月にはクラブOBで歴代最多得点者である元のが副会長に就任することが発表された。 最終節で、を2-0で下したことで2位となり、3シーズンぶりにセリエAへ復帰することが決定した が、その試合前にFW ()がスペツィアの2選手に「激しいコンタクトプレーは避けてくれ」とテキストメッセージを送ったことが行為であるとがに提訴、7月23日、同裁判所により八百長が認定され、カライオ本人には2年間の出場停止と罰金2万ユーロ、クラブには開幕時に勝点5を減点する厳罰が科された。 クラブはこの判決を不服とし、即座に再審請求を行った。 その後、イタリアサッカー連盟は勝点5を減点する処分を撤回し、カライオに対する2年間の出場停止も4か月に期間が短縮された。 勝ち点減点が取り消される代わりに、クラブに対しては2万ユーロの罰金、そしてカライオには3万ユーロの罰金処分が発表された。 タイトル [ ] スタディオ・エンニオ・タルディーニ 国内タイトル [ ]• :3回• 1991-92, 1998-99, 2001-02• :1回• 1999 国際タイトル [ ]• :1回• 1992-93• :2回• 1994-95, 1998-99• :1回• 1993 過去の成績 [ ] シーズン ディビジョン リーグ 試 勝 分 敗 得 失 点 順位 1945—46 22 12 4 6 36 20 28 3位 1946—47 セリエB 40 14 10 16 41 45 38 14位 1947—48 セリエB 34 12 14 8 33 28 38 7位 1948—49 セリエB 42 12 13 17 42 59 37 19位 1949—50 40 21 9 10 64 28 52 2位 1950—51 セリエC・ジローネB 38 21 7 10 57 32 49 3位 1951—52 セリエC・ジローネB 34 21 10 3 75 24 52 2位 1952—53 セリエC 34 14 8 12 47 31 36 6位 1953—54 セリエC 34 17 9 8 45 23 43 1位 1954—55 セリエB 34 8 17 9 37 40 33 9位 1955—56 セリエB 34 10 8 16 36 46 28 15位 1956—57 セリエB 34 9 13 12 33 38 31 12位 1957—58 セリエB 34 5 14 15 25 49 24 18位 1958—59 セリエB 38 10 12 16 41 64 32 18位 2回戦敗退 1959—60 セリエB 38 9 16 13 38 50 34 14位 ベスト32 1960—61 セリエB 38 12 11 15 36 36 35 13位 ベスト32 1961—62 セリエB 38 9 17 12 25 33 35 12位 1回戦敗退 1962—63 セリエB 38 12 11 15 32 44 35 13位 1回戦敗退 1963—64 セリエB 38 8 16 14 31 43 32 15位 ベスト16 1964—65 セリエB 38 7 9 22 23 54 23 20位 ベスト16 1965—66 セリエC・ジローネA 34 3 19 12 15 28 25 17位 1966—67 ・ジローネC 34 14 11 9 39 29 39 6位 1967—68 セリエD・ジローネB 34 10 14 10 28 23 34 6位 1968—69 セリエD・ジローネB 34 8 13 13 21 31 29 14位 1969—70 セリエD・ジローネB 34 23 6 5 40 15 52 1位 1970—71 セリエC・ジローネA 38 14 13 11 50 39 41 5位 1971—72 セリエC・ジローネB 38 17 16 5 48 26 40 2位 1972—73 セリエC・ジローネA 38 19 14 5 40 15 52 1位 1973—74 セリエB 38 10 19 9 39 32 39 5位 GS敗退 1974—75 セリエB 38 9 15 14 30 37 30 20位 GS敗退 1975—76 セリエC・ジローネA 38 16 14 8 42 25 46 2位 1976—77 セリエC・ジローネB 38 16 14 8 46 33 46 2位 1977—78 セリエC・ジローネB 38 16 14 8 50 37 46 4位 1978—79 ・ジローネA 34 16 12 6 43 16 48 2位 1979—80 セリエB 38 7 13 18 27 49 27 19位 GS敗退 1980—81 セリエC1・ジローネA 34 8 14 12 25 32 30 13位 1981—82 セリエC1・ジローネA 34 9 13 12 30 32 31 9位 1982—83 セリエC1・ジローネA 34 10 14 10 28 26 34 6位 1983—84 セリエC1・ジローネA 34 18 12 4 47 20 48 1位 GS敗退 1984—85 セリエB 38 6 14 18 25 47 26 18位 準々決勝敗退 1985—86 セリエC1・ジローネA 34 16 15 3 39 14 47 1位 GS敗退 1986—87 セリエB 38 11 18 9 30 26 40 7位 準々決勝敗退 1987—88 セリエB 38 9 20 9 33 33 38 11位 ベスト16 1988—89 セリエB 38 8 21 9 29 31 37 9位 GS敗退 1989—90 セリエB 38 16 14 8 49 30 46 4位 1回戦敗退 1990—91 34 13 12 9 35 31 38 6位 2回戦敗退 1991—92 セリエA 34 11 16 7 32 28 38 6位 優勝 1992—93 セリエA 34 16 9 9 47 34 41 3位 準々決勝敗退 1993—94 セリエA 34 17 7 10 50 35 41 5位 準決勝敗退 1994—95 セリエA 34 18 9 7 51 31 63 3位 準優勝 1995—96 セリエA 34 16 10 8 44 31 58 5位 2回戦敗退 1996—97 セリエA 34 18 9 7 41 26 63 2位 2回戦敗退 1997—98 セリエA 34 15 12 7 55 39 57 5位 準決勝敗退 セリエA 34 15 10 9 55 36 55 4位 優勝 セリエA 34 16 10 8 52 37 58 5位 ベスト16 セリエA 34 16 8 10 51 31 56 4位 準優勝 セリエA 34 12 8 14 43 47 44 10位 優勝 セリエA 34 15 11 8 55 36 56 5位 2回戦敗退 セリエA 34 16 10 8 57 46 58 5位 準々決勝敗退 セリエA 38 10 12 16 48 65 42 17位 ベスト16 セリエA 38 12 9 17 46 60 45 7位 ベスト16 セリエA 38 10 12 16 41 56 42 12位 準々決勝敗退 セリエA 38 7 13 18 42 62 34 19位 ベスト32 2008—09 セリエB 42 19 19 4 65 34 76 2位 ベスト32 セリエA 38 14 10 14 46 51 52 8位 ベスト32 セリエA 38 11 13 14 39 47 46 12位 準々決勝敗退 セリエA 38 15 11 12 54 53 56 8位 ベスト32 セリエA 38 13 10 15 45 46 49 10位 ベスト16 セリエA 38 15 13 10 58 46 58 6位 ベスト16 セリエA 38 6 8 24 33 75 19 20位 準々決勝敗退 2015—16 セリエD・ジローネD 38 28 10 0 82 17 94 1位 2016—17 レガ・プロ・ジローネB 38 20 10 8 55 36 70 2位 セリエB 42 21 9 12 57 37 85 2位 2回戦敗退 セリエA 38 10 11 17 41 61 41 14位 3回戦敗退 セリエA 38 位 ベスト16 欧州の成績 [ ] シーズン 大会 ラウンド 対戦相手 ホーム アウェー 合計 1991-92 1回戦 1—1 0—0 1—1 1992-93 1回戦 1—0 1—1 2—1 2回戦 0—0 2—0 2—0 準々決勝 2—0 0—0 2—0 準決勝 0—1 2—1 2—2 a 決勝 3—1 1993 0—1 2—0 2—1 1993-94 1回戦 2—0 2—1 4—1 2回戦 0—1 1—0 1—1 3—1 準々決勝 2—0 0—0 2—0 準決勝 1—0 1—2 2—2 a 決勝 0—1 1994-95 1回戦 2—0 0—1 2—1 2回戦 2—0 1—0 3—0 3回戦 4—2 0—1 4—3 準々決勝 1—0 0—0 1—0 準決勝 3—0 2—1 5—1 決勝 1—0 1—1 2—1 1995-96 1回戦 2—0 2—0 4—0 2回戦 4—0 0—3 4—3 準々決勝 1—0 1—3 2—3 1996-97 1回戦 2—1 0—2 2—3 1997-98 1回戦 4—0 3—1 7—1 グループA 2—2 0—0 2位 2—0 1—1 1—0 0—2 1998-99 1回戦 3—1 0—1 3—2 2回戦 2—1 1—1 3—2 3回戦 3—1 1—1 4—2 準々決勝 6—0 1—2 7—2 準決勝 2—1 3—1 5—2 決勝 3—0 1999-00 予選3回戦 1—0 0—2 1—2 1回戦 3—2 3—0 6—2 2回戦 1—0 3—1 4—1 3回戦 2—1 3—3 a. 5—4 4回戦 1—0 1—3 2—3 2000-01 1回戦 2—0 4—0 6—0 2回戦 2—0 0—1 2—1 3回戦 2—2 2—0 4—2 4回戦 3—2 1—2 4—4 a 2001-02 予選3回戦 0—2 1—0 1—2 1回戦 1—0 2—0 3—0 2回戦 0—0 3—1 3—1 3回戦 1—1 3—0 4—1 4回戦 1—2 0—0 1—2 2002-03 1回戦 3—2 1—1 4—3 2回戦 2—1 1—4 a. Pos. Pos. ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 1 5 7 8 9 10 No. Pos. 選手名 11 19 20 44 92 97 out No. Pos. 選手名 14 23 33 No. Pos. 選手名 53 64 歴代監督 [ ] ACパルマ、パルマFC• 1978-1980• 1985-1987• 1987• 1987-1989• 1989-1996• 1996-1998• 1998-2000• 2000• 2000-2001• 2001• 2001-2002, 2004-2006• 2002-2004• 2004• 2005-2006• 2006-2007• 2007• 2007-2008. 2008. 3-5• 2008. 5-2008. 2008. 9-2010. 2010. 6-2011. 2011. 4-2012. 2012. 1-2015. 6 SSDパルマ・カルチョ1913• 2015. 7-2016. 2016. 11-2016. () 2016. 12- 主な歴代所属選手 [ ]• 1984 - 1987, 1994 - 1999• () 1987 - 1991• 1987 - 2000• 1987 - 1996• 1990 - 1994• () 1991 - 1996• 1991 - 2004• 1993 - 1999, 2000 - 2002• 1994 - 1996, 2005 - 2008• 1995 - 2002• 1996 - 2001• 1996 - 1998• 1999 - 2006• 2000 - 2004• 2001 - 2004• 2002 - 2006• 2006 - 2011• 2006 - 2010• 2008 - 2018• 2008 - 2011• 2009 - 2010• 2009 - 2013• 2010 - 2015, 2018 - 2019• 2010 - 2015• 2013 - 2015• 2018 - MF [ ]• 1976 - 1979• 1982 - 1985• () 1983 - 1985, 1992 - 1996• () 1987 - 1993• () 1989 - 1994• () 1993 - 1998• 1994 - 2000• 1994 - 1995, 1997 - 1999• 1996 - 2000• 1998 - 2001• 1998 - 2002• 1998 - 1999• 1999 - 2000• 2000• 2000 - 2002• 2000 - 2003• 2000 - 2002• 2000 - 2001• 2001 - 2004• 2001 - 2006, 2012 -2014• 2002 - 2006• 2003 - 2008• 2004 - 2006• 2004 - 2007• 2004 - 2008• 2007 - 2013• 2009 - 2015• 2009 - 2010, 2011 - 2015, 2018 - 2019• 2010 - 2011• 2012 - 2014 FW [ ]• () 1985 - 1994, 1995 - 1997• 1990 - 1995, 1997• 1992 - 1995, 1998 - 1999• 1993 - 1996• 1995 - 1996• 1995 - 1996• 1996 - 1999• 1996 - 2000, 2010 - 2012• 1998 - 1999• 1999 - 2001• 1999 - 2002• 2000 - 2001• 2000 - 2002• 2001, 2011, 2012 - 2014• 2002• 2002 - 2003• 2002 - 2004• 2002 - 2005• 2007• 2009 - 2011• 2010 - 2012• 2012 - 2013, 2014 - 2015• 2013 - 2015• 2018 - 脚注 [ ] []• 2014年5月31日. 2014年6月1日閲覧。 2014年5月31日. 2014年6月1日閲覧。 Qoly Football Web Magazine 2014年12月12日. 2015年2月10日閲覧。 SoccerMagazine ZONE WEB 2015年2月10日. 2015年2月10日閲覧。 ゲキサカ 2015年2月21日. 2015年2月22日閲覧。 ゲキサカ 2015年3月20日. 2015年3月20日閲覧。 goal. com. 2015年4月9日. 2015年6月23日閲覧。 サンケイスポーツ. 2015年4月4日. 2015年6月23日閲覧。 フットボールチャンネル. 2015年6月22日. 2015年6月23日閲覧。 日刊スポーツ 2015年6月24日. 2015年7月23日閲覧。 フットボールチャンネル 2015年7月28日. 2015年8月17日閲覧。 Qoly 2016年5月13日. 2017年6月18日閲覧。 SoccerKING 2017年6月18日. 2017年6月18日閲覧。 サッカーキング 2017年6月22日. 2017年7月14日閲覧。 - Goal. com 2018年5月19日• サッカーダイジェストweb. 日本スポーツ企画出版社 2018年7月24日. 2018年7月24日閲覧。 2018年8月10日. 2020年6月20日閲覧。 2020年2月26日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (イタリア語)• - (イタリア語)• 1913parmacalcio - (イタリア語)• parma. calcio1913 - (イタリア語).

次の