愛子 さま 運動会。 愛子様 現在の画像(9月)あり! 運動会で泣いちゃった!

愛子様の学習院運動会で保護者にも撮影禁止の無理難題

愛子 さま 運動会

運動会で「ドリブル競争」に登場された愛子さま 朝からさわやかな秋晴れが広がった9月30日、学習院女子中等科・高等科合同の運動会が開催された。 年に1度のイベントに胸を高鳴らせる生徒たちに交じって、が登校されたのは午前8時20分頃。 髪を後ろで1つに結ばれ、通学かばんと手提げバッグを持たれた愛子さまは、軽やかな足取りの一方、両ふくらはぎに巻かれたテーピングが目を引いた。 「9月上旬から、運動会に向けて始業前に練習が行われ、愛子さまも、普段より1時間以上早く登校されていました。 猛特訓を積まれたため、少し足に負担もかかってしまったのでしょう。 昨年、愛子さまはこの時期に長期欠席されており、運動会に参加できませんでした。 それだけに、より強いお気持ちがあったのかもしれません」(皇室記者) 愛子さまに遅れること20分ほどで、皇太子ご夫妻も観戦のため到着。 グレー系のお召し物でトーンを合わされたご夫妻はテント席に着かれ、ちょうど9時に開会式がスタートした。 午前の部で愛子さまが出場されたのは、クラス対抗の玉入れだった。 「高校生になって初めての運動会とあって、愛子さまは大はりきり。 身振り手振りをされながら、クラスメートと楽しそうに作戦を練られていました。 ときおり、両手で『ゲッツ!』のようなポーズをされて、ふざけ合っている様子も微笑ましかったです」(学習院関係者) 皇太子ご夫妻は、交互に双眼鏡を覗かれながら愛子さまに声援を送られていた。 お昼をはさんで、午後に愛子さまが登場されたのは「ドリブル競争」。 バスケットボールをドリブルし、ゴールを決めたらまたドリブルで戻って次の人にパスするというリレー形式のレース。 各学年の代表者が20人ほど出場し、中等科1年〜高等科3年までの学年別6チーム対抗で争うもっとも盛り上がる競技の1つだ。 「愛子さまは高1チームの11番目の走者としてパスを受けました。 トップも狙える位置につける接戦で、見事に1回でゴールを決めました。 うしろのメンバーにボールを託すと、愛子さまは祈られるような仕草を見せられていましたが、チームはだんだんと遅れをとってしまい、結局4位でゴール。 その結果がよほど悔しかったのでしょう。 愛子さまは、しゃがみこんで泣いていらっしゃいました。 それだけ練習を頑張ってきたということでしょう。 愛子さまは、一緒に涙を流すチームメートと手を握ったり、背中をさすったりと、健闘をたたえ合われていました」(前出・学習院関係者) 1学期には授業を欠席されることもあった愛子さまだが、夏休みが明けてからは、ほぼ毎日元気に登校されているという。 生活の充実ぶりは、学校行事以外でも見られた。 「9月26日、愛子さまは皇太子ご夫妻とご一緒に、新任皇宮警察官の会釈に参加され、ご挨拶されていたようです。 体調やお気持ちが安定されていることが伝わってきます」(前出・皇室記者) 運動会の一日を、文字通り駆け抜けられた愛子さまの表情は、天の高い空のように晴れやかだった。

次の

【朗報】なんJ公認プリンセス愛子、運動会で優勝してMVPを獲得していたwww

愛子 さま 運動会

号泣したのは愛子さま。 むかで競争でぶっちぎりの1位でゴールしたものの、 黄色組は赤組のの紐を踏んだのに気付かず、再レース。 再レースでは愛子さまの前の子が転んだり、 紐が外れて結び直したりして惨敗。 最下位になってしまい、愛子さまは大号泣。 両手で真っ赤な顔を覆って泣きじゃくり、顔もボロボロで、 そんなに泣いているのは愛子さまだけ。 保護者席から、ずいぶん泣いてる子がいるとの声。 7段ピラミッドも、愛子さまの上の生徒さんは愛子さんの背中に手を置かずに、 両手を広げて隣の子の背中を押さえていたり、 学習院の生徒さんたちも大変だったんですね。 学習院は愛子さま仕様になって、本当にお気の毒ですし、 愛子さまもご自分のなさっていることがお分りになっていないのですから、 子供に罪はないし、可哀そうだと思います。 愛子さまのことを本当に思うなら、 ご優秀伝説なんてどうでもいいから、そんなことよりも、 ご両親は療育をきちんとなさるべきだったのではないでしょうか。 愛子さまはお一人で年間6500万円もの予算があります。 ブランドもののバッグを買ったり、スケートリンクの貸切などをするのではなく、 もっと愛子さまのためになることにお使いになるべきではないでしょうか。 国民の税金なんですから、もっと考えてお使いになって頂きたいです。 内親王だというのに伊勢神宮に一度も参拝されていないし、 幼稚園のころから休みがちだというのに、 レジャーやグルメには遅くまで付き合せるなんて、 皇太子ご夫妻のご自分の子供への教育はあんまりだと思います。

次の

雅子さま 愛子さま運動会当日にブルーのスーツご着用の理由

愛子 さま 運動会

今回残念ながら両陛下のご出席は無かったが、卒業式にあたっての文書にてそのご感想が公表された。 愛子さまのご感想 愛子さまはご卒業にあたり、高校生活を振り返りながら、学校関係者への感謝の言葉を綴られた。 学習院女子中高等科では、多くの素晴らしい友人たちに恵まれて、とても楽しく充実した学校生活を送ることができました。 恵まれた環境の中で様々なことを学び、皆と笑い語り合った日々、力を合わせて臨んだ運動会、八重桜祭、学芸会、そして修学旅行や、イギリスの文化に触れたイートン校サマースクールなど、かけがえのない思い出がたくさんできました。 また、結びには「今、私たちが直面している新型コロナウイルスの感染拡大が1日も早く終息することを切に願っております。 」と綴られた。 両陛下のご感想 両陛下は、感想文書の中で愛子さまの高校生活について振り返られた。 愛子には、女子中等科入学から6年間にわたり、たくさんのお友達にも恵まれ、日々通った女子部での学校生活を始め、運動会、八重桜祭などの学校行事や、初めての海外短期留学、修学旅行などを通じて、貴重な経験を重ねながら様々なことを学び、楽しく実り多い日々を送ることができたと思います。 また、御学友をはじめ、学校関係者ら、そして国民に向けての感謝のお言葉も。 科長先生を始め、御指導いただいた学年主管や教科担当の先生方、養護、事務、用務、守衛の方々など、学習院女子中高等科の全ての関係者の皆さん、また、警備にあたられた地元警察署の方々に深く感謝いたします。 そして、この機会に、国民の皆様に愛子の成長をこれまで温かく見守ってきていただいていることに、改めまして感謝いたします。 入学式も中止に 今後、愛子さまは学習院大学文学部日本語日本文学科へとご進学される。 「同大学は4月3日に新入生入学式を予定していましたが、こちらも中止となっています。 新入生向けのオリエンテーションは4月15日以降に開始、授業は4月22日以降の開始となるようです。 入学式が無いということで愛子さまのお姿がまたしばらく見れなくなるのは残念ですね…」(同前・皇室記者) 侍従関係者によれば、愛子さまは学校へ出発される前には、両陛下ともお言葉をかわされ、職員らにも「これまで色々と有難うございます。 行ってまいります」とお声がけをされたとのことだ。 愛子さまはこの春休みに、ご友人との予定を詰め込まれていたが、こちらも中止せざるを得なくなったとのこと。 そのため、主に自宅での学習や大学生活のご準備、皇居へのお引越し準備などをされながら、両陛下と御用地内でスポーツなども楽しまれるご予定だという。

次の