ドラクエウォーク 星4武器 売却。 【ドラクエウォーク】装備強化の効率的なやり方|ゲームエイト

ドラクエウォーク星3武器や盾でも使えるスキル、性能まとめ

ドラクエウォーク 星4武器 売却

被り装備の使い道 同じ装備が被った場合、「強化素材」「売却」「限界突破」「複数人に装備」の4つの選択肢があります。 装備や進行状況によってどれを選択するかを慎重に選ぶ必要があります。 2キャラで使う可能性がある装備は温存 複数人に装備する可能性がある装備は温存しておきましょう。 魔法攻撃力が上がる装備は、転職してパーティに魔法使いが複数人になった時などに複数個必要になるので、パーティの状況などで判断しましょう。 武器は限界突破で大幅強化が可能 武器は限界突破させることで、その武器の得意な攻撃のダメージを上昇する特殊効果が付きながら、最大レベルも上がります。 一度限界突破させるだけでも火力が大幅に上昇します。 星4装備でも、限界突破を複数回できれば無凸状態の星5装備に迫る性能まで強化が可能です。 装備の売却でスラミチメダルが入手可能 ガチャで引いた装備は売却することで、ゴールドとスラミチメダルが手に入ります。 スラミチメダルは交換所で「ギガ武器強化石」や「世界樹のしずく」などのレアアイテムと交換ができます。 ・魔法使い最強武器• ・周回性能が特に優れている• ・攻撃魔力と回復魔力を底上げ• ・限界突破の内容も最強クラス• ・僧侶のストーリー攻略とレイドボス戦で活躍• ・限界突破させる意味があまりない• ・僧侶二人の癒しの風が強力 魔法使いの装備が現状では一番複数使う可能性が高いです。 魔法使いがパーティに2人編成される場合や、ルーンバックラーのような、呪文を強化する盾は僧侶にも魔法使いにも採用される可能性が高いので、複数所持しておきたいです。 ・ヒャド• ・ラリホー• ・ヒャダルコ• ・戦闘終了時にMPを10回復する• ・マヒャド• ゴシックパラソルが複数あれば周回編成に魔法使いを複数人採用し、MPが枯渇しにくいパーティを編成できます。 優秀な全体攻撃武器は複数確保 おすすめの全体攻撃武器 ゴシックパラソル以外にも、全体攻撃できる優秀な武器の当たり方によっては、戦士2人編成にもなり得るので、その場合戦士用の装備は複数所持しておきましょう。 星5防具は選択肢が少なければ残しておく 星5防具は限界突破で得られる恩恵が武器に比べて低いので、複数所持しておくことをおすすめします。 限界突破させる場合は3凸以上になると性能が大幅に上がる装備が多く、限界突破の目安です。 ・主力スキルのギガスラッシュの威力が上昇• ・1凸でも大きく火力に差が出る• ・複数本使う周回編成運用もあり• ・主力スキルのゴッドスマッシュの火力が上昇• ・主力スキルのオノむそうの火力が上昇• ・メタルダンジョンでまじんぎりが有効• ・主力スキル雷光さみだれ突きの火力が上昇• ・デイン属性強化のロト装備との相性がいい• ・限界突破がおすすめ• ・全体攻撃のシャインスコールの火力が上昇• ・周回時に僧侶で火力を出すことができる• ・豊富な全体攻撃特技が優秀• ・限界突破がおすすめ 限界突破は装備に余裕があるなら武器から限界突破させましょう。 防具よりも武器のほうが限界突破の恩恵を受けやすく、上昇値もたかいので余裕があるなら武器の限界突破を狙いましょう。 パーティ編成とレイド用の編成を考慮 武器は限界突破をおすすめしますが、レイド戦で火力が出る武器は複数人に持たすこともあるので、レイド戦のときのパーティ編成を考えて、武器を複数所持した方がいい場合もあります。

次の

【ドラクエウォーク】ダメ絶対!売却・限界突破(凸)厳禁な星4防具まとめ

ドラクエウォーク 星4武器 売却

なお、パーティーは1章5話、2章1話および2章5話をクリアするとそれぞれ1人づつ加入します。 2章5話の手前、4話がボス登場のクエストで推奨レベル13となっています。 主人公を推奨レベルにまで届かせればほぼクリアできますね。 なお、レベル10あたりからモンスターも強くなりレベル上げの必要も出てきます。 この時、少しでも強さの上澄みをと考える中で星3武器で使える武器を使うという部分があります。 星5武器の入手はよくて2つという所でしょうか。 ちなみに私は防具が1つ出た限りで現状星5武器がないです。 星4でも工面できますが、星3の使える武器があることにもやり繰りしている中で気づきました。 今回、ドラクエウォークの星3で使える武器をスキルや性能を中心にまとめてみました。 使える星3武器はスキルが優秀な武器 使える星3武器はツインクルタクトやマジカルスティックなどスキルで呪文が使える武器が重宝できます。 この2つの星3武器の特徴は以下の通りです。 ツインクルタクト ベホイミ 攻撃魔力+16、回復魔力+20、攻撃力+6 マジカルスティック スカラ 攻撃魔力+17、回復魔力+22、攻撃力+11 僧侶や魔法使いに適した攻撃魔力や回復魔力も上がるので特に序盤はよく使えます。 さらに、ベホイミの回復は60から75回復する上やくそうと同等の効果がある為、上やくそうをどんどん使える状態を持てる為、レベル13、14あたりではベホイミがあるかないかでかなり安定感が違います。 スカラもバトル中に盾アイコンで2の数字がつく形となり、かなり硬くなります。 やはり、二けたダメージ、下手をすると30くらいのダメージがレベル10あたりで入ると1発でなかなか厳しくなります。 しかし、スカラを入れておけば一桁ダメージあたりに抑えることができ、ベホイミがなくてもホイミで補給しながらでも戦っていけるくらい守りの硬さから便利です。 私自身、このマジカルスティックが開始すぐに引けた為、1人目の仲間として僧侶が加わってからボス戦は必ず持たせていました。 推奨レベルより1低いくらいであればスカラで耐えながら行けば武器防具が星3が混じっていても勝てたりしていました。 4人目で魔法使いが入ってからは魔法使いにマジカルスティックを渡して開幕スカラ役にして、僧侶はツインクルタクトでベホイミ補給という形が4人パーティーでは生きていました。 盾のスキルもなかなか使える盾が星3でもある ドラゴンクエストウォークでは盾にも戦闘中にスキルとして使える習得スキルがあります。 なお、星1のような盾ではスキルはなく、星3からになると思われます。 実際に星3盾のカイトバックラで取得するシールドアタックが攻守のバランスが取れてとてもいいです。 守り特化ではホワイトバックラのまもりのたてというスキルも局面では役立ちます。 まず、カイトバックラのシールドアタックは攻撃の威力は100%と通常攻撃と変わりません。 しかし、ぼうぎょ付きで通常攻撃ができる形となります。 実際、ぼうぎょ部分では呪文に対する耐性は上昇なしと見えます。 メラやヒャドを受けるとシールドアタック時でも同じようにダメージが入っていました。 ただ、モンスターの物理攻撃に関してはかなり硬くなります。 スカラを受けている時と同等くらいの防御力が目に見えて上がっています。 私自身、主人公の戦士に装備させてモンスターが4体残っている序盤やボス戦の物理攻撃がある相手などには積極的にこのシールドアタックを出して安定させていました。 ホワイトバックラによって習得するまもりのたては異常状態になりにくくなります。 眠りなど動けなくなると困る事を防ぐ形ですね。 ただ、まもりのたてスキルによる異常状態の加護はホワイトバックラを装備している人だけにしか使えません。 私自身は回復プランが崩れると乱れる為、僧侶に装備させていました。 異常状態が怖い時は回復のいらない1ターン目によく使っていました。 全体攻撃武器も複数戦闘で効果高い ドラクエシリーズではおなじみですがブーメランなどの全体攻撃ができる武器も星3武器であり、4体出てきたモンスターを相手にする時など便利です。 星3武器では実際入手できた武器でもはがねのブーメランやニンジャカッターが複数攻撃可能でした。 左から当たる為、ダメージが大きく右に配置されたモンスターほどダメージが低くなるのもドラクエシリーズでおなじみの形ですね。 私自身は2人目の仲間になった武闘家は星4武器を付けて戦士と共に2大ダメージ源としたい為、雑魚戦闘時に僧侶の武器を変えて持たせたりしていました。 僧侶も「こころ」で緑ではなく赤ですがさそりばちのこころなどでちからステータスを補強すればある程度ダメージも出ます。 冒険ランクも12になり、転職もできるようになり今後はさらに幅も広がってきそうです。 まずはこの転職が可能になる冒険ランク12までいくにはこのような星3武器も上手に活用してうまく立ち回っていきたいですね。

次の

【ドラクエウォーク】被り装備の使い道|限界突破させるべき?【DQW】

ドラクエウォーク 星4武器 売却

なお、パーティーは1章5話、2章1話および2章5話をクリアするとそれぞれ1人づつ加入します。 2章5話の手前、4話がボス登場のクエストで推奨レベル13となっています。 主人公を推奨レベルにまで届かせればほぼクリアできますね。 なお、レベル10あたりからモンスターも強くなりレベル上げの必要も出てきます。 この時、少しでも強さの上澄みをと考える中で星3武器で使える武器を使うという部分があります。 星5武器の入手はよくて2つという所でしょうか。 ちなみに私は防具が1つ出た限りで現状星5武器がないです。 星4でも工面できますが、星3の使える武器があることにもやり繰りしている中で気づきました。 今回、ドラクエウォークの星3で使える武器をスキルや性能を中心にまとめてみました。 使える星3武器はスキルが優秀な武器 使える星3武器はツインクルタクトやマジカルスティックなどスキルで呪文が使える武器が重宝できます。 この2つの星3武器の特徴は以下の通りです。 ツインクルタクト ベホイミ 攻撃魔力+16、回復魔力+20、攻撃力+6 マジカルスティック スカラ 攻撃魔力+17、回復魔力+22、攻撃力+11 僧侶や魔法使いに適した攻撃魔力や回復魔力も上がるので特に序盤はよく使えます。 さらに、ベホイミの回復は60から75回復する上やくそうと同等の効果がある為、上やくそうをどんどん使える状態を持てる為、レベル13、14あたりではベホイミがあるかないかでかなり安定感が違います。 スカラもバトル中に盾アイコンで2の数字がつく形となり、かなり硬くなります。 やはり、二けたダメージ、下手をすると30くらいのダメージがレベル10あたりで入ると1発でなかなか厳しくなります。 しかし、スカラを入れておけば一桁ダメージあたりに抑えることができ、ベホイミがなくてもホイミで補給しながらでも戦っていけるくらい守りの硬さから便利です。 私自身、このマジカルスティックが開始すぐに引けた為、1人目の仲間として僧侶が加わってからボス戦は必ず持たせていました。 推奨レベルより1低いくらいであればスカラで耐えながら行けば武器防具が星3が混じっていても勝てたりしていました。 4人目で魔法使いが入ってからは魔法使いにマジカルスティックを渡して開幕スカラ役にして、僧侶はツインクルタクトでベホイミ補給という形が4人パーティーでは生きていました。 盾のスキルもなかなか使える盾が星3でもある ドラゴンクエストウォークでは盾にも戦闘中にスキルとして使える習得スキルがあります。 なお、星1のような盾ではスキルはなく、星3からになると思われます。 実際に星3盾のカイトバックラで取得するシールドアタックが攻守のバランスが取れてとてもいいです。 守り特化ではホワイトバックラのまもりのたてというスキルも局面では役立ちます。 まず、カイトバックラのシールドアタックは攻撃の威力は100%と通常攻撃と変わりません。 しかし、ぼうぎょ付きで通常攻撃ができる形となります。 実際、ぼうぎょ部分では呪文に対する耐性は上昇なしと見えます。 メラやヒャドを受けるとシールドアタック時でも同じようにダメージが入っていました。 ただ、モンスターの物理攻撃に関してはかなり硬くなります。 スカラを受けている時と同等くらいの防御力が目に見えて上がっています。 私自身、主人公の戦士に装備させてモンスターが4体残っている序盤やボス戦の物理攻撃がある相手などには積極的にこのシールドアタックを出して安定させていました。 ホワイトバックラによって習得するまもりのたては異常状態になりにくくなります。 眠りなど動けなくなると困る事を防ぐ形ですね。 ただ、まもりのたてスキルによる異常状態の加護はホワイトバックラを装備している人だけにしか使えません。 私自身は回復プランが崩れると乱れる為、僧侶に装備させていました。 異常状態が怖い時は回復のいらない1ターン目によく使っていました。 全体攻撃武器も複数戦闘で効果高い ドラクエシリーズではおなじみですがブーメランなどの全体攻撃ができる武器も星3武器であり、4体出てきたモンスターを相手にする時など便利です。 星3武器では実際入手できた武器でもはがねのブーメランやニンジャカッターが複数攻撃可能でした。 左から当たる為、ダメージが大きく右に配置されたモンスターほどダメージが低くなるのもドラクエシリーズでおなじみの形ですね。 私自身は2人目の仲間になった武闘家は星4武器を付けて戦士と共に2大ダメージ源としたい為、雑魚戦闘時に僧侶の武器を変えて持たせたりしていました。 僧侶も「こころ」で緑ではなく赤ですがさそりばちのこころなどでちからステータスを補強すればある程度ダメージも出ます。 冒険ランクも12になり、転職もできるようになり今後はさらに幅も広がってきそうです。 まずはこの転職が可能になる冒険ランク12までいくにはこのような星3武器も上手に活用してうまく立ち回っていきたいですね。

次の