オウム は 今日 も。 プロフィール // 上祐史浩オフィシャルサイト

オウムの種類や飼い方。オウムとインコの違いも解説!

オウム は 今日 も

オウム真理教の死刑執行について。 今日、宮根がこれについて「こんな大雨で騒がれている中、なぜ、今日行ったのか。 」みたいな趣旨の発言をしたことで少し叩かれました。 ヤフーのコメントを見ても圧倒的にこの発言への批判は多いです。 しかし、別の専門家へのインタビューで何故今日だったのかという質問に対して「もう法廷で聞くこともないから、ここしばらくはいつ執行するかという状態だった。 オウムの7人を同時に死刑執行となれば国内外でも否定的な意見はありますから、騒がれない日を選んだのでは」といっています。 この騒がれない日というのは、少なくとも国内に目を向けたら大雨で色々被害がでた今日だったと思います。 となると、少なくとも執行を決定する側としてはこの大雨で、マスコミとかの報道がそちらにいきがちな日をあえて選んだとしか思えないのですが、どうなのでしょう。 補足「となると、少なくとも執行を決定する側としては」の少なくともはいらなかったですね。 省いて「となると、執行を決定する側としては」で読んでください。 そんな軽い感じかはともかく、そのようなやりとりはおかしくないと思いますけどね。 だって、ここ4ヶ月ぐらいはいつやってもよかったのに、それを今日にしたのは、決定する側に何らかの軽い判断基準があったと考えるのが自然だと思います。 逆にそうでないなら、1ヶ月ほど前から今日と決めていてたまたま重なったっていう可能性でその決め方であることも考えられますが、どのように決めているか分からない私達がどうしてそうであると思いこんでいるんですか。 むしろ、お役所の人はできるだけ批判をあびたくないから、何か別の騒ぎがある日を選びたい。 そこでたまたま大雨という絶好のえさを見つけた。 批判を恐れる国としてはいくらか妥当で、この可能性も十分にあるのではないでしょうか。

次の

「オウム真理教」の黒幕は安倍晋三と石原慎太郎!

オウム は 今日 も

Index• 坂本堤弁護士一家殺害事件の概要 1989(平成元)年の11月4日に坂本堤弁護士一家は殺害されました。 この事件は坂本弁護士がジャーナリストからオウム真理教信者の脱会について相談され、オウム真理教の反社会性を暴露し、批判したことがきっかけで起こりました。 坂本弁護士は教団と対立し、テレビや雑誌の取材を受け、その都度教団を批判。 ある時、テレビ番組で坂本弁護士らのインタビュー映像と教団に関して取材した映像が放送されることになりました。 それに対して教団側が反発をします。 坂本弁護士におこなったインタビューの内容が、教団の「被害者の会」に関係するものだったからです。 教団の幹部ら3人はテレビ局を訪れ、弁護士にインタビューした映像を見たいと執拗に要求。 当時の番組プロデューサーは教団側がインタビューに応じるならば見せると交渉し、教団側はそれを承諾して映像を見ました。 映像を見た教団幹部らは当時坂本弁護士が所属していた弁護士事務所を訪れ「信教の自由がある」と猛抗議。 しかし、坂本弁護士は「人を不幸にする自由はない。 徹底的にやる」と一歩も引きませんでした。 しかも、坂本弁護士はオウム真理教の宗教法人の認可取り消しなどについての民事訴訟の準備に入ったのです。 これを知った教団の麻原教祖は坂本弁護士を放っておくと教団の障害になると考え「ポア」と称して坂本弁護士の殺害を指示。 実行犯の教団幹部4人と出家して間もない2人の計6人は11月3日、熊本に住む在家信徒の弁護士から坂本弁護士の住所を聞き出し、車で向かいます。 3日の夕方には坂本弁護士の自宅近くに到着し、時を待って 11月4日午前3時頃、自宅で就寝中であった坂本弁護士一家を襲ったのです。 実行犯の1人が坂本弁護士の上に馬乗りになり、顎を殴打。 教団幹部の1人が背後から首を絞めました。 この間にもう1人の信者が弁護士の尻に塩化カリウムを注射しましたが筋肉注射だったため効果がなく、2. 3回打ち直しますが針が曲がってしまいます。 結局弁護士は背後に回った幹部によって窒息死しました。 一方で妻も同じく教団の幹部に馬乗りされ口を両手で押さえつけられ、背後からもう1人に首を絞められ窒息死。 その間に妻は「子供だけはお願い」と懇願しますが、当時1歳の長男も殺害されてしまいました。 実行犯の中には元医者もいたそうです。 その後3人の遺体はいったん山梨にある教団の施設に運ばれました。 そこから坂本弁護士の遺体は新潟の山中に埋められ妻は富山県の林道脇に、長男は長野県の山中に服を脱がされて埋められました。 坂本弁護士の遺体は歯形から身元が分からないように、つるはしで叩きつけられ教団幹部が景気づけに買ったズワイガニの殻と一緒にゴミ同然に埋められたそうです。 事件当初、弁護士宅に教団のバッジが落ちていたことからオウム真理教が疑われ、坂本弁護士が所属していた事務所もオウムの関与を指摘しますが、 決定的な証拠が見つからず、結局失踪事件にされました。 事件発覚のきっかけと裁判 事件の発覚は実行犯の1人であった教団幹部の男が、3億円の現金を持ち出して教団を脱走したことによるものでした。 男は長男を埋めた場所まで行って目印の写真を撮り、写真と地図を警察と坂本弁護士が所属していた事務所に匿名で送り付けます。 これを元に男は麻原を脅して1千万円を巻き上げ、逮捕されるまで実家で塾を経営していたそうです。 警察はこの地図をもとに遺体を捜索しましたが見つけられませんでしたが、この時、遺体は目と鼻の先にあったそうです。 その後、再び事件は行き詰りますが、事件から6年が経った1995年にこの3億円を持ち出し麻原から1千万円を脅し取った男が自供して事件の真相が明らかになり、次々と遺体が発見されました。 この6年間の間にオウム真理教は松本サリン事件や地下鉄事件を始め、多くの事件を起こすのです。 裁判では多くの信者がそれぞれ多くの罪で罰せられ、この坂本堤弁護士一家殺害事件に関わった実行犯も刺殺された幹部1人を除いて、すべての人間に死刑判決が下り、刑が執行されました。 参考文献:Wikipedia.

次の

プロフィール // 上祐史浩オフィシャルサイト

オウム は 今日 も

html 「 オウム真理教」の黒幕は安倍 晋三と! オウム===CIA! 晋三…事故・... このページに 2 回アクセスしています。 岸の義理の息子である は、時代のモスクワにあった オウム真理教が運営する大学の背後の黒幕だった、そしてそこはの兵器設計者たちの募集センターを務めた。 次に、第3世代の子孫である安倍 晋三は、 オウムの先端兵器技術の研究... 彼は世田谷一家... Embed. 【 も オウムと深い関係】 しかも安倍 晋三の父 はロシア日本カレッジに出資。 安倍 晋三はに勤めた時期があるが、 この時の同僚の一人が村井秀夫(後の オウム真理教幹部にして、... 安倍 晋太郎(あべ しんたろう、(13年) - (3年))は、の。 、、、、、、、、を歴任。 のの長男。 岳父にの、義理の叔父はの、次男はのである。 政界のプリンスと呼ばれ、、と並び ニューリーダーの一人に数えられて将来を嘱望された。 後にとなり、総理を確実視されるまでに至ったがそれを目前にして病死し、 悲運のプリンスと呼ばれた。 政治家として (昭和26年)、の長女・洋子と結婚し、(昭和31年)、岸がのとして入閣したのを機にを退職し、となって岸に仕えた。 が成立すると、に就任。 外相秘書官になった頃から、総選挙に出馬を考えていたが、岸も岸ののも時期尚早と反対する中、「岸に迷惑がかかるなら、妻を離縁してでも」と決意し、(昭和33年)のに、郷里の からも得て出馬、2位で初当選する(この時の総選挙では、が初当選しており、新人時代からの盟友関係が後の「安竹同盟」まで繋がった)。 (昭和38年)のでは落選し、支持母体流動化など選挙区の情勢から政界への復帰が危ぶまれていたが、二回連続落選しては復活の目途が立たなくなるため、義父である元首相および叔父である首相二人から異例の仲介が為され、同選挙区選出議員で地盤も重なる、直系の大物議員の後援会長を務めていた会の重鎮、を後援会長に迎えることによって(昭和42年)のでに返り咲いた。 このため、周東が政界引退する遠因となった。 以降、安倍は死去するまで連続当選を続け、地盤は次男のへと引き継がれた。 選挙区後援会の集会に於いては、「藤本万次郎さんは私にとってかけがえのない恩人であります」との一節を必ず演説に盛り込み、「郷土に恩を返す為にも、日本の舵取りを目指す所存であります」と締めるのが常であった。 がの岸と対岸の熊毛郡出身の藤本は、共に幼少時は「熊毛の」とうたわれ交流があったが、長じて二歳年上の岸に藤本が畏敬の念を持つ事となり、この交誼が期せずも岸の娘婿となった安倍の将来に関わることとなった。 岸、佐藤、安倍はこの功績に報いるため、(昭和43年)のでは、藤本にから公認で出馬を要請したが、藤本は辞退した。 その後の選挙区は、予定であったがを引き続き務めることとなり、(昭和49年)も再出馬。 (昭和55年)のでは、安倍が推しが後援会長を務めるに地盤をする事となったが、(昭和62年)二期目途中の江島の死去により、7月12日補選で二木の子息であるに地盤は戻り、(10年)のでは二木の地盤は後継者へ引き継がれるも落選、無所属のが当選する。 (平成16年)のでは、安倍の実子で岸家へへ入ったが当選した。 このには、の鞍替えによる(平成25年)ので江島淳の子息である元市長のが就くこととなった。 では、岸派とそれを継承したに所属し、派閥領袖であったを支え、との党内抗争「」を争った。 安倍は岸の全面的支援を背景として、福田派における世代交代の旗手と位置づけられていった。 行政面では、農林・外交・国防各部会の副部会長、農林を務めるなど、農政を得意としながら外交などでも研鑽を積む。 大蔵委員長を経て(昭和49年)、においてとして初入閣。 以後、(昭和51年)にを務め、(昭和52年)、のとなり、締結などに関与。 1978年(昭和53年)には福田の再選への流れを作るためにはが有効と考えた安倍は「解散風」を煽るが、が解散反対を公言する などして解散は頓挫。 同年暮れので福田はに敗れ、は退陣する。 (昭和54年)から(昭和56年)まで大平総裁の下でを務めるが、福田派が大平と対立する中で、それぞれ籍をおく執行部と福田派の板ばさみになる。 の際には、と党執行部の一員でありながら採決直前に福田派議員によって議場から連れ出される一幕もあった。 退任直後にでに就任。 この時期までに内閣・党の要職を次々と歴任し、総裁候補としての地歩を固めたが、当時の派閥会長であった福田が政局の節目で再登板に意欲を示したため派閥の継承は遅れる形になった。 安倍は派内の若手から支持を得ていたものの、長老たちを掌握しきれていなかったのである。 (昭和57年)、の首相退陣表明後、の支援する総裁候補に対抗すべく、福田は安倍の総裁選出馬への支持を表明。 総裁予備選開催に必要な4人の立候補者を出した上でを総理総裁とする反政権を樹立する目論見 であったが、安倍への党員の支持が伸び悩み、と思われていたにも脅かされ最下位に転落する可能性も見えた。 岸は最悪の場合、安倍の将来に関わると考え、立候補取りやめを要求したが容れられなかった。 予備選の結果は3位だったが、中曽根がを大きく上回る得票で1位につけたため、河本以下の候補は本選挙を辞退し、ここに福田派の目論見も潰えた。 中曽根は安倍に人事の相談をするなど、安倍重視の姿勢を見せる。 ではとして入閣し、連続4期務めた。 安倍は必ずしも国際派というわけでもないが、義父・の米国を生かし、韓国など諸国との外交にも尽力したこともあり、などでは「外交の安倍」という評価を受けるようになった。 一方でパフォーマンスに長けた中曽根の陰に隠れ、 外相としても新機軸を打ち出せずに終わったとも言われ、ポスト中曽根を目指して打ち出した政策である「グローバル・」も、国民世論の理解を得たとは言い難かった。 また、長きに渡って激務である外相を任されたことが、を縮めた面も否めない。 (昭和61年)、衆参同日選挙となったでが大勝し、で、安倍は党総務会長に就任。 同時に派閥会長の座もされた。 中曽根の総裁任期満了により、後継総裁候補としてが出馬するが、中曽根の巧妙な戦略とたちのひ弱さにより、結局は中曽根に指名権が握られ、世論などでは雰囲気として安倍有利とされたが、結局、中曽根は竹下を後継総裁に指名した()。 この際竹下が自分を総裁にするのに協力すれば次は安倍に譲るとを持ちかけたという説もあるが、当時彼のであった次男の晋三ら関係者は否定している。 後継総裁を逃したことで、当時安倍派の中堅議員だったが激怒し、他の議員たちの前で安倍を叱咤したという。 (昭和62年)にが成立し、安倍はに就任。 導入などでの先頭に立ち、「ポスト竹下」の最有力候補として自他共に認める存在であった。 発病・死去[] (昭和63年)、自身の秘書が(現「」)のを譲り受けていたために巻き込まれたが、その最中にが判明し、緊急入院を余儀なくされた(当時は、のほとぼりを冷ますための避難入院と見る政治もいた)。 (平成元年)5月、表向きには「結石治療」と称して手術を受けた。 (平成2年)1月にはを訪問。 総理・総裁就任に向けて、全国各地で安倍派の新人議員を擁立し、同年2月に行われたでは、自派から若手議員を大量に当選させた。 同年6月に訪米するも8月に病状が悪化し入院。 9月に予定されていた訪ソを断念したが、病身を押して初代大統領の来日に尽力、との会談を行ったがこれが安倍にとって最後の政治活動となった。 1990年(平成2年)9月に再入院した。 この際に次男の晋三から「です」と告げられた時、「ああ、やっぱりそうか」と反応しただけだったという。 1991年(平成3年)5月15日、入院先のので死去した。 67歳没。 韓国やとの関係 義父・は「」・「」()と友好的な協力関係を持っていたが、晋太郎も同じく、関連が深いとの見方がたびたび取り沙汰されていた。 「内部のシンパとしてさかんに議員に員を秘書として紹介し、ナーへの勧誘をしていた 」と言われており、には『』がと国会議員の繋がりを暴いた記事で「氏がナー等への勧誘を行っていた」と報じた(参考: より記事原文画像 )。 事実、は晋太郎を総理大臣にするべく応援 してきており、当時、竹下を後継指名した中曽根を強く非難していた。 には、息子の晋三(当時は)が「」の関連団体のイベントに祝電を寄せたことが報道され、、の代からの深い関係があるのではと見られ波紋を呼んだ。 この件に関し晋三は、「秘書が行った行為で、誤解を招く行為であった」という旨のコメントをした。 晋太郎は当時反共独裁体制だった韓国政界と太いパイプを持っていたので、親韓派と言われることが多い。 晋太郎の福岡事務所が入っていたビルは事業で成功を収めたの実業家の経営する本社のビルであり、末には、その実業家との癒着に疑惑がもたれたこともあった。 「」の教祖、は「日本の今度の選挙だけでも、私たちが推してあげたのが百八当選した。 」、「派閥で見れば、中曽根派は六十二にもなって、安倍派は八十三。 私が全部そういうふうに作ってあげた。 」と述べている(韓国の『』機関紙『統一世界』1990年4月号).

次の