大阪 ロック ダウン。 【ネパール】ロックダウンの一部緩和について ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

世界のロックダウン解除状況。

大阪 ロック ダウン

確かに奇妙な話ではある。 その答えとなりそうな研究論文がもたらされた。 *** 衝撃の論文を発表したのは、英イースト・アングリア大学の研究チームである。 イギリスやドイツ、フランスを含む欧州30カ国を対象に、店舗への休業命令などのコロナ対策の効果について統計的に分析したという。 その結論を抜粋すると、 〈大規模集会(音楽祭やスポーツイベント)や教育機関の休校については、介入後の日数が増えるにしたがって感染者が減っている〉 賑わいを取り戻すのはいつか その一方で、 〈ロックダウンは日数が延びるにつれて、感染者数が増加。 外出禁止が感染拡大を抑制するのに必要でない可能性を示している〉 これが事実であれば、小池都知事が繰り返してきた「ステイホーム」など全くの無意味。 むしろ、感染拡大にひと役買っていた可能性すらあるのだ。 同様の主張はアメリカからも聞こえてくる。 4月下旬、カリフォルニア州で救急クリニックを経営する2人の医師が会見を開き、概ね次のように語った。 〈このウイルスは思ったよりも致死率が低い〉〈高齢だったり、重大な持病や免疫不全を抱えている人だけ外出を制限するべき〉〈で死ぬ人がいても、残りの人は集団免疫を獲得する。 外出制限を続ける必要はない〉 これまでの常識を覆すような英米からの指摘だが、 「こうした見解には頷ける点も少なくありません」 とは、心療内科、循環器科医で、大阪大人間科学研究科未来共創センター招聘教授の石蔵文信氏。 「厳格なロックダウンを敢行したイタリアやスペイン、アメリカではいまだに感染者数や死亡者数が多い。 イタリアは3月9日にロックダウンしましたが、5月以降も連日200人近い死者を出している。 無論、ロックダウンしなければ感染者はさらに増えていたとの見方もあります。 だが、そこには大きな誤解がある。 京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授によれば、 「新型コロナウイルスで注意すべきは主に飛沫感染と接触感染で、空気感染はほとんど起こりません。 道端で感染者とすれ違うくらいでは感染の心配はないのです。 仮に通勤電車で感染者と乗り合わせたとしても、マスクをしていれば、感染者が大声でも上げない限り感染を恐れる必要はないし、実際、満員電車で感染が拡大した例は報告されていません。 たとえば、ひとり客ばかりのラーメン屋のカウンターでは、横に飛沫が飛び散る危険性はないので、わざわざ一席飛ばしに座らなくても大丈夫です」 ただし、と宮沢氏が付け加えるには、 「専門家会議の示す対策は、感染者を限りなくゼロにすることを目指しています。 しかし、どれだけ逃げ回っても、このウイルスを地球上から消し去ることは不可能です。 それならば、経済的な影響も考慮し、集団免疫を獲得して解決を急ぐことを考えてもいい。 高齢者や基礎疾患のある人たちにはあらかじめ自粛を要請しつつ、若くて健康な人には外出を促して感染を早めてもらう。 このまま外出規制を続けても最終的にトータルの死者数はほぼ同じだと思います」 外出が収束への近道!? 自粛疲れがピークに達したいま、一考の余地ありか。 「週刊新潮」2020年5月28日号 掲載 外部サイト.

次の

【コロナ対策】ロックダウンとは?日本で実施する都道府県はどこ?

大阪 ロック ダウン

ロックダウン lockdown を調べると 1. alc. 字面からなんとなく想像はしていましたが、やはり「封鎖」「避難」といった意味合いなんですね。 そして、今回はコロナウイルス感染拡大の防止策となるので「封鎖対象」が刑務所内や学校内ではなく都市および国になるわけだ。 コロナウイルス感染拡大の防止策として「ロックダウン」を実施している国は• マレーシア• イタリア• フランス• ドイツ などが挙げられます。 大阪府と兵庫県の間で行われる「ロックダウン 往来自粛 」は 2020年3月20日 金 より開始。 終了時期については 未定です。 大阪府と兵庫県の間の「ロックダウン 往来自粛 」期間は新しい情報入り次第、追記します。 他県はあがっていません。 往来者数の規模や感染者数で考えると東京都や北海道、愛知県あたりは今後「ロックダウン」の対象になる可能性はゼロではないと考えています。 コロナウイルスの日本国内における最新の感染者数は、本日7時時点で914人、死者は31人。 都道府県別では最多が北海道151人、続いて愛知121人、東京96人です。 この数字にクルーズ船内での感染者、死者は含みません。 国外の感染者数は18万人を突破、死者7千人を超えました。 ついに出て来た。 大阪ー兵庫間のロックダウン。 これから都市封鎖が始まる。 — 南野島男 KITAJAWS まじかよ 大阪国と兵庫国もロックダウンかもなのかよ まさかの県境ロックダウンとか 驚 — ホークたか hawktaka2020 大阪兵庫往来自粛はわかるし守るけど、兵庫のアーティストとお店が大好きな私としてはなんか切ない。 早く収束してほしい。 ここが頑張りどころかな。 — mani maninosora 明日からの実施ということもあり驚きの声が多く挙がっていました。 記事の内容は最新情報あがれば、随時追記予定です。 以上、「ロックダウン」に関する情報でした。 さて、私が注目したいのはサマンサタバサが 新しくデザイナー契約をしたLaraさん!! なんと彼女、まだ12歳の女の子なんですよ~ 12歳でデザイナー!? しかも、サマンサタバサと契約!? と何処からツッコめばいいのか さっぱり分かりませんが、とりあえず すごい女の子っぽいLaraさん。 で、軽~く調べてみると 「親が大金持ちで話題のセレブキッズ」とか 「3か国語くらい喋れちゃう! 」とか 「インスタグラムがすごい」とか・・・ 随分前から色々と話題になっている 女の子なんですね~ そんなスーパーキッズLaraさんについて ちょっとわかったところで本題です。 この記事ではLaraさんについて私が個人的に 気になったコトをまとめています。 ちなみに・・・ 私が気になったコトはこの3点!

次の

ロックダウン「やらなければピークアウト見えない」 大阪府医師会長訴え

大阪 ロック ダウン

「ロックダウン」という言葉が広がるきっかけとなったのは、東京都の小池百合子知事の3月23日のだ。 「事態の今後の推移によりましては、都市の封鎖、いわゆるロックダウンなど、強力な措置をとらざるを得ない状況が出てくる可能性があります」 各国でそうした「ロックダウン」が実際に実施されていることに触れながら、こう述べた小池知事。 25日には1日あたりの感染者が急増したことを受け、「何もしなければロックダウンを招いてしまう」として週末の外出自粛などを要請した。 ロックダウンの定義とは何なのだろうか? 菅義偉官房長官は3月26日の会見でこの点を問われ、新型コロナウイルスをめぐる政府の専門家会議の(3月19日)を引いてこう答えた。 「数週間の間、都市を封鎖したり、強制的な外出禁止の措置や生活必需品以外の店舗閉鎖などの措置」 専門家会議は、日本においてこのまま感染拡大が進めば、欧州で実施されてるこうした「強硬な措置」(提言より)をとる必要があると呼びかけている。 特措法では想定外? 一言にロックダウンと言っても、対応はその国の法体系によって大きく異なる。 たとえばやでは、罰則付きの移動制限を「」や政令など新たな法整備によって導入。 外出を厳しく禁止している。 も憲法に基づく「警戒事態宣言」を発令し、全土に移動制限を出した。 でも、3人以上の集会が禁止され、罰則が設けられた。 一方、イギリスでも3人以上の集会や外出禁止命令が出されたが、法整備が進んでいないために警察が対応に苦慮しているとのもある。 アメリカでは州ごとで異なるが、たとえばニューヨークでは影響の大きい「」ではなく、「」という形がとられた。 個人ではなく、企業への罰則がある。 各国ともに飲食店の営業も禁止したり、テイクアウトやデリバリーのみの営業としたりするという対応も取っている。 また、3月25日から総人口13億人を対象に「全土の封鎖」が始まったでは、罰則付きの厳しい移動制限を導入した。 警察の権限が強く、これまでも宗派間暴動などで地域封鎖が行われてきたため、既存の法律で対応している。 では、日本ではどうなるのだろうか。 小池知事は3月25日の会見でロックダウンについて「都知事の発令によるものなのか、国による緊急事態宣言が出された場合の知事権限を見据えたものなのか」と記者に問われた。 このときは明確に回答しなかったが、3月26日夜、TBSのテレビ番組に生出演し、ロックダウンは「日本で実行するのは法律的に難しい」と明言。 そのうえでこう述べている。 「そうならないために、みなさんにご協力をお願いしているということです」 日本では「要請」のみ 小池知事が明言した通り、日本では、罰則付きの移動制限や都市の封鎖といった強硬なロックダウン措置をとることは、現行法下では不可能だ。 一つの参考になるのは、2月27日に安倍首相が全国の小中高と特別支援学校に要請した、臨時休校だ。 これは安倍首相の政治判断による「要請」で、法的な強制力があるものではなかったが、全国の学校の99%が休校した。 日本でロックダウンが行われる際は、この臨時休校のように、政府や首長が協力を要請し、社会の側がそれに応じて「自粛」するという構図になるかもしれない。 たとえば、先日成立した「」では、国は「緊急事態宣言」を出すことができるとされている。 同法45条によると、この宣言下では、都道府県知事が市民に対してみだりに外出しないよう「要請」することができると定められている。 さらに、学校、社会福祉施設、興行場(映画館や劇場、音楽堂、野球場など)、さらに多数の人が利用する施設や施設を使ったイベント主催者に対し、使用の制限や停止などの「要請」をすることもできる。 こうした施設などが要請に応じない場合は、「特に必要がある」とされれば制限や停止を「指示」することもできる。 特措法が「私権に対する大きな制限」があると言われる所以の一つだが、罰則はない。 内閣官房新型インフルエンザ等対策室の担当者はBuzzFeed Newsの取材に対し「都市を封鎖するようなことは特措法では想定していないため、できない」と回答した。 72時間以内なら…? 一方で、日本には「強制的な移動制限」ができる法律も存在する。 同法33条では72時間(3日間)以内という条件つきで、都道府県知事が「病原体に汚染され、又は汚染された疑いがある場所の交通を制限し、又は遮断することができる」と定められている。 新型コロナウイルスを担当する西村康稔担当相は3月11日の衆議院内閣委員会で、イタリア北部で実施されていたような「移動制限」は、感染症法を適用することで可能になるとの見解を示している。 この対象は「エボラ出血熱」などの一類感染症のみで、新型コロナウイルス感染症は含まれない。 西村担当相は、実際の運用には政令改正の手続きが必要になるとし、以下のように答弁している(3月11日時点)。 「現時点では考えておりませんが、専門家の意見を聞きながら、今後の感染拡大の状況を見て、適切に判断していきたい」 は実際に3月26日に実施され、27日から施行された。 とはいえ、この条文もロックダウンを根拠とするのは現実的ではないかもしれない。 厚生労働省結核感染症課の担当者は、BuzzFeed Newsの取材に対しこう指摘している。 「感染症法の『72時間』は『消毒や健康診断を要するものを考慮』したものとされています。 ロックダウンに運用するとなると、私権の制限を想定の大幅に超えた解釈になるというリスクがある」 安倍首相「ロックダウンは甚大な影響」 ロックダウンについては安倍首相も「強制的に罰則を伴ってやるということではない」と、3月28日の会見で明言した。 「(ロックダウンは)フランスと比べて、強制的に罰則を伴ってやるということではなく、例えば知事からはあくまでは要請と指示ということになるわけでございます。 そのなかでご協力を得ないといけないという考えになる」 また、3月27日の参院予算委員会では「仮にロックダウンのような事態を招けば経済にもさらに甚大な影響を及ぼす」としたうえで、「これまで以上に東京都や各都道府県との連携を密にしながら一体となった対策を進めていく」と答弁した。 要請ベースのロックダウン、もしくは感染症法に基づく移動制限になるとしても、私権の制限や補償はどうなるのかなどの問題は山積している。 まずはそうした事態を招かないよう、感染拡大を防ぐために行動することが大切だ。

次の