ギルティ この 恋 は 罪 です か。 ギルティのキャスト出演者と相関図一覧!新川優愛主演ドラマ!

ギルティ【新川優愛】視聴率一覧表&グラフ推移【この恋は罪ですか】

ギルティ この 恋 は 罪 です か

【第1話のネタバレあらすじ】プルミエ出版に勤める荻野爽は、夫・一真と結婚して6年、充実した日々を過ごしていた。 ある日「忘れられない恋愛特集」を任せられることとなり、自身の忘れられない恋も思い出してしまう。 家に帰り、一真に抱きつき甘えると「子供がいないと、夫婦でラブラブな時間を過ごせるからいいね。 」と言われ、顔を曇らせた爽。 実は、以前から子供を欲しいと思っていたのだが、いつも話しをそらす一真のことが気になっていたのだ。 そんな不安や悩みを、行きつけのバーで仲良くなった瑠衣に、酔った勢いで吐き出すと「思っていることを伝えた方がいい」と背中を押され、急いで家に帰り、一真に「子供が欲しい」と正直な気持ちを伝えた。 すると「気持ちは判った。 でも子供は欲しくない。 」と悲しい宣告を受けてしまう。 (女性30代) 【第2話のネタバレあらすじ】秋山は、爽がストールを忘れたため電話をかける。 そして、爽は秋山の店を訪れる。 爽は、ピザをごちそうになる。 しばらくして、爽は秋山の妻とあいさつを交わす。 爽は帰宅後に、自分のバッグの中にGPSがあるのを発見する。 爽は、GPSのことを西村に相談をする。 その後、爽は、一真にGPSのことを問い詰めた。 爽は、店の名前「チートン」を教えたことはないと言った。 一真は、「なんで自分が監視するのか」と反論した。 二人の話し合いは、途中でストップしてしまった。 爽は、手土産を持って瑠衣の部屋へ行く。 しばらく会話が続き、瑠衣が席を外す。 爽は、部屋にあった卒業アルバムを発見する。 爽がアルバムを見ると、黒く塗りつぶされていた写真を発見する。 (男性40代) 【第3話のネタバレあらすじ】爽は一真の浮気を知ってしまい会社でも抜け殻のようになってしまう。 その後、会社を早退して帰っていると瑠衣と遭遇する。 そこで一真との浮気のことを全て話し瑠衣を叱責して怒る。 しかし、なぜか瑠衣は開き直り爽の感情を逆なでしてくる。 腹が立った爽は母親がよく言っていた暴言を瑠衣に浴びせて帰っていく。 その後、秋山に呼ばれて居酒屋で食事をして帰り道、秋山は昔の爽はよく泣いていたことを話し二人は思い出に浸る。 その頃、瑠衣は一真に別れ話をして話し合っていた。 その後、マンションに帰り爽は一真に浮気のことを問い詰める。 しかし、一真は知らないふりをしてやり過ごそうとしたので爽は感情を思いっきりぶつける。 翌日、仕事に向かおうとしていると瑠衣が話しかけてきて一真に子供がいることを知るのだった。 優しい夫・一真に起こされ働いているプルミエ出版へ出社した爽は、新しい企画をまた一つ承認され、後輩のバイト学生・寺嶋睦月から憧れられるのだった。 仕事帰りにBARチートンで飲み友達・及川瑠衣と会った爽は、幸せな家庭を築くため子供が欲しい、という相談を彼女にするとハッキリ言うべきと助言され、一真にその話をするも断られてしまう。 待ち合わせた瑠衣に慰められたその後、仕事で急遽CON CALMAというレストランを訪れた爽は、そこで元恋人・秋山と再会する。 互いに結婚した事を知り高校時代の思い出が甦った爽は、夢で見たキスの事を帰り道で再び思い出す。 その後、BARチートンで初恋の話をした爽に、ニートの彼に会いたくなった、と溢す瑠衣。 そんなある日、同僚・横山優希と局長の不倫画像が社内のパソコンに出回る騒ぎが起こり、優希に犯人と疑われた爽は頬を叩かれた弾みでカッとなり言い返してしまう。 その夜、一真に慰められ腕の中で眠る爽の側で、誰かに親しげなメールを密かに送る一真。 次の日の夜、彼氏とデートという瑠衣とのメールを終えた爽の携帯に秋山からの着信が入る。 そんな頃、瑠衣は玄関に立っていた一真を招き入れ、いらっしゃいニート君、と呟きキスをする。 そんな二人の関係を知らない爽は、秋山の店のドアを開け黙ったまま彼と見つめ合うのだった。 ピザを食べながら話していると、秋山の妻が現れる。 その頃、一真は瑠衣の家にいたのだった。 爽が帰ると一真がいて、二人でワインとチーズで乾杯をする。 一真が眠った後、カバンの中身をこぼした爽は小さな機械に気づく・・それはGPSであった。 爽は一真が入れたのではないかと疑い、次の日、ランチを誘うメッセージを送るが仕事だと断られる。 だが、爽が会社に電話すると一真は午後出勤だと聞かされる。 その晩、一真はケーキを買ってくるが、爽はGPSの事を問いただし大ゲンカする。 そんな中、瑠衣から連絡が入り、爽は瑠衣に愚痴をこぼす。 翌日、爽が母の病院に見舞いに行っている間に、家に来る瑠衣。 一真は拒否するが瑠衣は迫ってくる。 爽は秋山との思い出の場所に行き、もう1度一真を信じようとし、2人で話し合う。 だが「チートン」で瑠衣が『出会った記念日ケーキ』の事を話した時に、その話を瑠衣にはしていない事に気が付く。 爽は、秋山の店に行った帰りに瑠衣のマンションへ。 そこで一真と瑠衣がキスしているのを目撃してしまうのであった。 ショックのあまり、親友の若菜に会い、話を聞いてもらううちに、高校の頃に付き合っていた秋山を思い出す。 秋山とは、最近仕事を通じて、再会後、何度か会うように。 また、一真と向き合おうと決心した中、街中で瑠衣に呼び止められ、二人の仲を知っていると明かす。 瑠衣と修羅場となり、爽は瑠衣に悪態をつく。 それは、爽の母が父の浮気相手に浴びせた言葉と同じものだった。 そのことに嫌悪を持ちつつ、秋山に会い、泣いてしまう。 秋山は、「その方が、お前らしいよ。 」と慰めてくれる。 一真と向き合い、ワインをかけたり、瑠衣との浮気現場を見たと怒る。 一真は終わったことだというが。 一晩明け、爽が出勤しているところ、瑠衣が一真には子供がいると暴露する。 それは、親友の若菜も知っていたことだった。 (女性40代).

次の

ギルティのキャスト出演者と相関図一覧!新川優愛主演ドラマ!

ギルティ この 恋 は 罪 です か

そこで、最新の6巻の内容をご紹介します。 瑠衣に立ち向かう爽 瑠衣が入院中の母親を監視し、さらに自殺を促すようなことをしていると知った爽。 編集長を頼り、母親をひそかに転院させます。 爽は「潰せるもんなら潰してみれば?」と瑠衣を挑発。 瑠衣は苛立ちを隠せません。 慶一の妻の闇 爽の親友・若菜は子供と出かけた先で偶然、慶一家族と出会います。 今まで爽が瑠衣に受けてきた仕打ちを、慶一にすべて打ち明ける若菜。 慶一の妻である美和子が子供二人を見ていましたが、少しの隙をついて慶一の子ども・螢太が誘拐されてしまいます。 その後、警察に保護されている螢太が見つかりますが、自分のせいだと謝る若菜の娘・恵那に美和子は「そうだよ。 全部あなたとお母さんのせいだ」と言うのです。 その後誘拐が瑠衣の仕業だということを知り、家を出ます。 さらに瑠衣は螢太にママは泥棒だ、ほんとのママは爽だと吹き込んでいました。 爽と慶一2人の嘘 爽は高校時代に慶一と別れてから会っていない、肉体関係もなかったと言っていました。 慶一も激しく依存してくる瑠衣に、爽とはもう会わないと約束していました。 しかし、10年前慶一がイタリアに行く直前に2人は会っており、ラブホテルに2人で入っていくところを瑠衣は見ていたのです。 爽と慶一は本当に関係を持ったんでしょうか。 ただ、瑠衣にしてみれば爽と会っていただけでも慶一の裏切りなんでしょうね。 美和子の闇も深そうです。 今のところ美和子の過去はわかりませんが、何かありそうです。 爽が離婚したと聞いた後のことなので、ただの嫉妬で爽の親友である若菜に嫌がらせしたんでしょうか。 まず一真の方ですが、瑠衣の罠とはいえわりとすんなり浮気してましたし、バツイチ子持ちを隠していたのは大きいと思います。 なので、一真と復縁することはないでしょう。 慶一の方は結婚してますし、子供もいますからね~。 でも子どもの出生になにやら疑惑がありそうです。 もし慶一の子どもではないとしたら、離婚して爽と結ばれるかもしれませんね。 瑠衣の結末はスカッとで終わる? 瑠衣については視聴者がスカッとできる終わりになるんでしょうか。 瑠衣はやってることがかなりえげつないし、その理由も自分勝手なものでしょう。 なのでぜひともスカッとできる終わりにしてほしいです。 改心することはないように思うので、逮捕されるとかでしょうか。 もしくは大事なものを失ってしまうとか。 死ぬまではないかなと思うので、その辺がありそうかな。 慶一妻の子どもの父親は他の男? 原作では、瑠衣が 螢太は慶一の子どもではないんじゃないかとほのめかすシーンがあります。 美和子が妊娠したころ、慶一は店の開店準備でそれどころではなかったのではないかと言うのです。 螢太が誘拐された後に「ママはどろぼうなの?」と聞いた時かなり動揺していたので、もしかして結婚している男性とW不倫だったんでしょうか。 そうだとしたらひどい裏切りですよね。 それがバレて慶一と離婚もありそうですが、小さい子を放り出すようで後味悪い気もします。 美和子の事情によっては慶一が全部受け入れることもありそうです。 スポンサーリンク ドラマ「ギルティこの恋は罪ですか」原作ネタバレ!爽に襲い掛かる嘘・苦難とは? 主人公の爽には本当に次から次へと苦難が押し寄せてきます。 どんなことがあったのかまとめていきましょう。 だと思っていた爽ですが、実は女癖が悪く浮気中。 さらに バツイチ子持ちだったことを爽には隠しており、子供が欲しいという爽をずっとはぐらかしてきました。 しかし、 夫が浮気していた相手は実は瑠衣だったのです! 爽の夫と知ってわざと近づいた瑠衣。 爽は夫と友達を一気に失ってしまいます。 さらに共犯者の睦月を共犯者の睦月を爽の会社にもぐりこませ、罠を仕掛けてきます。 同僚、友人全員に裏切られる? 一真の浮気を知りゴタゴタしているとき、爽はありえないミスを連発。 それは睦月に爽の地位を乗っ取るようにそそのかされた、後輩の結によるものでした。 同期の優希は不倫していることを爽に会社にバラされたと誤解し、爽を罵って会社を辞めてしまいます。 しかし、ばらしたのは瑠衣でした。 さらに親友の若菜は一真に子供がいることを知っていましたが、爽には隠していました。 これで爽の会社での信頼は無くなり、今の部署から異動させられてしまいます。 瑠衣はこれでもかと罠を仕掛けてきますね~。 夫も友達も仕事も失って、私なら引きこもってしまいそうです。 しかし、爽は夫ともめてもちゃんと会社に行き、異動させられても仕事します。 強いですね、ここが爽の魅力だなと思います。 ちなみに、若菜が子供のことを黙っていたのは、爽が幸せそうで言い出せなかったから。 その後若菜とは和解し、友達関係は復活しています。 爽の嘘 爽は一真に嘘をついていました。 それは、結婚指輪をつけない理由。 爽は高い指輪だから、失くしたら困るからつけないと言っていました。 しかし、本当は どこかで慶一と再会した時のためでした。 さらに、爽は初めての人は一真だと言っていましたが、10年前に慶一とラブホテルに行っていました。 これも嘘だったんでしょうか。 一真の嘘 一真は浮気中に嘘つきまくってますが、一番はバツイチ子持ちであることを隠してたことでしょう。 親に言われて見合い結婚した一真ですが、父親への反発心から妻と子供はほぼ無視。 浮気を繰り返していました。 それを知った父親が探偵を使って証拠を集め、一真は妻になんの相談もせずに離婚。 かなりひどいですね~。 瑠衣の嘘 瑠衣はほとんど嘘と言ってもいいような人物ですが、まず爽に近づいて友達になり、一真を寝取ります。 このころの爽との会話はほぼ嘘です。 一真との出会いも仕組んだもの。 一真に対しても爽と知り合う前に関係を持ってしまって、引き返せなかったと嘘をつきます。 爽の母親にも夜中に自分は爽だと嘘をついて、自殺するよう誘導。 慶一の息子にママは爽だという嘘もついてますね。 他にもこまごま嘘ついてると思いますが、こんなところでしょう。 自分にひどく執着してくる瑠衣が爽のことを気にしていたので、爽とはもう会わない、瑠衣の望む関係ではなくても瑠衣が一番大事だと言います。 その後慶一は偶然とはいえ爽と会ってしまいます。 それを慶一をつけていた瑠衣に見られて裏切ったと思われるんですね。 睦月の嘘 睦月は爽の会社にバイトとして潜り込み、爽から信頼を得ます。 しかし、 実は一真の前妻の弟で、姉を自殺に追いやった一真を恨んでいます。 瑠衣と手を組み、爽の後輩である結に爽の邪魔をさせたり、爽に薬を盛ってラブホテルに連れ込んで写真を撮影。 最後にはあることないこと書いた一真の中傷記事を雑誌に掲載させ、一真を社会的に抹殺したのです。 全員何かしら嘘をついていて、それがだんだん明らかになっていくのもこの作品の面白いところですね。 ドラマでもキャストが嘘をつくときどんな演技をするのか楽しみですね。

次の

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜

ギルティ この 恋 は 罪 です か

女優の新川優愛さん主演の連続ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の特別編第3話が5月7日に放送される。 これまで放送された第1~3話のドラマ本編に、キャストからのメッセージを加えた再編集版で、4月23日から3週連続放送の3回目。 副音声ではオーディオコメンタリー(音声解説)も実施する。 今回は主人公・爽役の新川さん、爽の夫・一真を演じる小池徹平さん、爽の飲み友達・瑠衣を演じる中村ゆりかさんによる特別コメントが添えられ、副音声では劇中で不倫関係にある小池さんと中村さんが撮影の裏側や秘話を明かす。 第3話は、一真(小池さん)と瑠衣(中村さん)がキスしているところを目撃してしまった爽(新川さん)。 ショックのあまり仕事も手につかなくなり、会社を早退して親友の若菜(筧美和子さん)の家を訪ねる。 一真の浮気を打ち明けると、「仕返しに浮気しちゃえば?」と言い出す若菜。 爽は再会した初恋相手・秋山(町田啓太さん)のことを思い出して動揺する。 爽が行きつけのバー・チートンの前を通りかかると、編集部のアルバイト・寺嶋(神尾楓珠さん)がチートンの店長・龍(阿部亮平さん)に詰め寄られているのを見かける。 龍は、寺嶋を爽のストーカーと勘違いしていたのだ。 話を聞くと、寺嶋は爽の様子が心配で、見舞いの品をチートンに預けて受け取ってもらうつもりだったという。 寺嶋が編集部でアルバイトを始めたきっかけを聞くと、高校生のころ、失恋して落ち込んでいた時に爽の書いた記事を読んで救われ、それがきっかけで編集の仕事に興味を持ったと語る。 自分の仕事がしっかりと届いていたと知り、心が晴れる爽。 爽は一真と向き合おうとメールを送ろうとするが、その時、瑠衣に声をかけられる。 何食わぬ顔でいつも通りに接してくる瑠衣に対し、爽は感情を抑えられなくなり……。 原作は丘上あいさんのマンガ「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」(講談社)。 やりがいのある仕事に恵まれ、優しい夫・一真と理想的な結婚生活を送っていた爽はあるとき、高校時代に付き合っていた初恋の相手・秋山と再会。 やがて周囲の人たちの裏切りが次々と明らかになり、傷ついた爽の中で、かつて支えになってくれた秋山への思いが再燃し……というラブサスペンス。

次の