声優 事務 所 オーディション。 オーディション情報

【声優オーディション】小野賢章、上坂すみれ、小倉唯ら所属事務所も参加「声の仕事」で新人募集!

声優 事務 所 オーディション

で以下のような質問をいただきました! 読んでまずびっくり。 そんなことあるんだ!笑 私がよく一般公募のオーディションを受けてた時はオーディション雑誌に掲載されているオーディションだったので 掲載するのにもお金がかかるし、 誰でもオーディション掲載できるって感じではありませんでした。 最近では ネットにオーディション情報が載ってるのが当たり前で、 ネットのオーディション情報は誰でも載せられるし、ツイッターでオーディション情報掲載してるところも多いから、 さらに怪しいオーディションの見極めが難しくなってきてますよね… 今回はこんな状況になっちゃった時どうしようか、って話を書いてみたいと思います! 無視はよくないと思う。 評判の良くない会社、ということで会社名は書かれていないのでなんとも言えないですが、 とりあえず 無視はやめといた方がいいと思う。 たぶん。 これはこれから先、 可能性に満ちた未来のことを考えてのことです。 現状その事務所の評判はすこぶる悪いようなので、実際に声優業界とどういう繋がりがあるのか、ちゃんと繋がってたとしても悪評が多いので もしかしたら 無視して関わらないようにしても全く問題はないかもしれません。 でも 万が一があるんですよね。 例えば、 その評判の悪い事務所で働いていたスタッフさんが、今後別の事務所で働くことになるかもしれません。 オーディションに来ていた才能が光るあなたのことを覚えているかもしれない。 別の事務所で 「あ!あの時の!」って思われることがもしかしたら、本当に数億分の1くらいの確率かもしれないけどあるかもしれない。 そういうリスクは潰しておいた方がいいんじゃないかな、と個人的には思います笑 実際声優業界の中でも 「前はAの事務所でマネージャーとして働いていたのに、今はBの事務所でデスクとして働いている」みたいなことはよくあることだし、 事務所や会社は変われどもお付き合いは続く、みたいな関係は本当に多いです。 将来どこでその人とご縁があるかわからない、と常に思っておいた方がいい気がするんですよね。 会社自体は評判がよろしくない会社だとしても、 担当者は実は嫌々働いてて本当はいい人、みたいなパターンもあるかもしれないしね笑 なので無視するのではなく、一応電話には出ておいて、 「自己都合でオーディションを辞退させていただきたい」という話をしておけばいいんじゃないかなと思います。 そこで「評判悪い会社だったのでお断りします」って正直に言う必要もないですしね笑 ちなみにオーディション辞退とかは結構よくある話です。 同時並行でいくつかオーディション受けていて他の事務所が受かった、みたいなパターンもあるあるなので、 辞退したことを「失礼だ!」と思われることはあまりないと思います。 それより連絡つかない方が何度も連絡しなきゃいけなくなるので失礼というか、わずらわせてしまうかな、という感じ。 オーディションやります〜って告知したらオーディションができてしまうような世界ではあるので、 どうしても怪しいオーディションは多いです。 このブログにも「こういうオーディションがあるので掲載してもらえませんか?」というお問い合わせをものすごく頂くんですけど、 その一つ一つが本当に信頼できるオーディションなのか調べてられないし、見極める自信もないので全部お断りしています。 私が紹介して変なオーディションだったら嫌だから笑 それくらい、オーディションは怪しいものが多いです。 事務所に所属していて、事務所が話を持ってきてくれるオーディションならいいけど、 一般オーディションの場合はその見極めを自分でしなくてはいけなくなります。 質問をくださった方は会社名をしっかり見ていて、名刺をもらった時に「会社名が違う」ということに気づかれたということだったので ものすごくしっかりそういうところ見ていらっしゃる方なのだな、と思いました。 なかなかそこまで頭が回らず、「合格した!嬉しい!」という気持ちのまま契約してしまう人も多いです。 インフルエンサーもネットでは有名でも、世間一般では認知されてない人だったりするのと同じ笑 ネットに書き込む人というのは大抵の人が 「不満を持っている人」です。 事務所がとても合っている人はわざわざネットに事務所の評判を書き込んだりしません。 結局ネットには悪い評判ばかりが落ちているのです。 どの事務所だってメリットデメリットはあると思うんですよ。 どのデメリットだったら許容できるか、というところであって。 なのでネットで評判を見て即判断するのではなく、一度見学に行ったり体験に行ったり、というのをしてみるのもおすすめです。 今回のお話のように会社名が違ったり明らかに詐欺みたいな内容だったら言いくるめられると大変なので辞めた方がいいけど、 実際にその事務所のスタッフさんたちとお話して、雰囲気を見る、ということは結構大切なんじゃないかな、と思っています。

次の

声優事務所のオーディション情報!受けた方がいいの?

声優 事務 所 オーディション

実際にはひとまとめにするのは適切ではないのだけれど、『事務所(プロダクション)』『養成所』『専門学校』があるよ。 中でも事務所と言うのは、アイドル事務所なんかと全く同じもので、声優が所属しているところ。 仕事を依頼する側は声優に直接お願いするわけにはいかないから、事務所に話を持っていくか、オーディションの告知をするんだね。 基本的に最初に目指すのは声優事務所に所属すること。 そのためにもオーディションがあるから、養成所か専門学校でトレーニングしてから、臨むのが一般的だね。 簡単に言えば養成所は声優事務所や劇団が運営している、予備校のようなもの。 声優のタマゴを発掘するため、自身で養成しながら見極めるイメージだね。 一方専門学校と言うのは、まんま学校だ。 声優になるための勉強をするところで、そこからオーディションを受けて事務所所属を目指すか、養成所に入る場合もある。 逆に養成所から専門学校に通い直すケースはそんなにないね。 じゃあ専門学校より養成所の方が上なのかと言えば、そういうわけでもない。 ではそれぞれのメリットデメリットを比較してみよう。 一方養成所は週に1回から2回通うくらいな場合が多く、学ぶ時間が限られているよ。 専門学校では学ぶ時間が長い分、しっかり基礎からカバーしてくれるし、拘束時間が短い養成所は、仕事しながらでも通いやすいし、学ぶ内容も発展しやすい。 どちらも一長一短だから、時間については人それぞれだね。 授業の回数や時間が専門学校の方が多いし、仕方ないことだね。 でもお金がかかるからこそ、バックアップに関しても強力なものが期待できる。 プロダクションに所属するためのオーディションはもちろん、一般企業への就職だってしっかりフォローしてくれるので、もし声優を目指さなくなったとしても就職することができるんだね。 養成所はプロダクションや劇団が運営している分、オーディション合格の率は確かに高いかもしれない。 でも実力主義な面も強くて専門学校ほどのサポートは望めないかもしれないね。 だから入所オーディションの機会も多いし、仕事のチャンスだって巡ってきやすいのが大きなメリットだね。 一方専門学校はトレーニングは十分にできるものの外部機関なので、一般の大勢の人たちと競う必要があるし、情報も常に見張っておく必要がある。 でも直轄じゃない分、複数のプロダクションのオーディションを受けることができるというのはメリットとなる。 プロダクション毎に強い弱いのあるジャンルはあるから、学ぶうちにこのジャンルの方がいけるかも……?と言う方向転換がしやすいんだね。 もちろん養成所の所属オーディションを受けてみるのもいいけれど、競争率も高いことから、全くの初心者は落ちてしまうこともあるんだね。 もし君が演劇部や声楽をやっていたとか、自分の才能に自信があるならばデビューのチャンスが多い養成所を目指そう。 そこでもし実力不足と分かっても、専門学校は結構年間で募集を行っているから、声優への道が閉ざされるわけじゃないよ。

次の

【声優オーディション】大阪で募集してる事務所・養成所を詳しく紹介

声優 事務 所 オーディション

声優事務所の付属養成所に通っている場合、年度末に事務所に所属できる可能性のあるオーディションが開催されます。 そこの声優事務所のマネージャーが有能な新人がいないか探しに来るのです。 オーディションは自己アピール、原稿読み、質疑応答などでしょう。 やはり原稿は当日に渡されることが多いので、どんなものが来ても大丈夫なように基礎をしっかりやっておきましょう。 ですが、どんなに上手くても合格できない人がいれば、なんであの人が? というような人が偉い人に目をとめてもらい受かったりすることもあるんです。 今後の可能性を買われて合格したり、上手いけどうちの事務所のカラーではないなと落とされたりすることもあります。 合格するためには、その年に、その声優事務所が、どんな人材を求めているかを考えてみてもいいかもしれません。 声優事務所を八百屋と考えてみてください。 真っ赤なりんごがもうたくさん揃っているなら、これ以上りんごを入荷しようとは考えませんよね。 ちょっと少ない人参にしようとか、こないだなくなったキャベツを新しく入れようと考えたりするのではないでしょうか。 オーディションの行われる声優事務所にはどんな人たちが所属しているのか、ホームページなどを見て調べてみましょう。 無事に所属オーディションに合格すると、プロダクション所属となります。 ここまで来て、ようやくプロの声優の卵にになれたと言ってもいいでしょうか。 多くの声優事務所では所属オーディションに合格しても、すぐに「正所属」という正式契約の所属者になれるわけではありません。 声優として正所属になる方法 まずは、「正所属」よりも下の設定があり、「準所属」「ジュニア」「預かり」などと呼ばれる契約での所属になります。 正所属前のお互いのお試し期間というところも、事務所内でのランキングというところもあります。 ですが、「準所属」「ジュニア」「預かり」などでも、外に出てしまえば、その事務所のプロ声優と見られますので、行動には責任を持ちましょう。 事務所に所属出来たからといって、すぐに仕事がもらえるわけでもありません。 マネージャーたちはあなたがどんなことが出来る人なのか詳しく知らないのですから、自分から積極的に働きかける必要があります。 ボイスサンプルを作って聞いてもらったり、マネージャーに挨拶にいったり、自分をアピールしてこっちを向いてもらわなければならないのです。 事務所に所属でゴールではありません。 ここからがスタートなのです。 オーディション商法も多いので注意してください!.

次の