療養 就労 両立 支援 指導 料。 B001

治療と仕事の両立について|厚生労働省

療養 就労 両立 支援 指導 料

今回の改定で新たに気になっていたことがあります。 これまで私が所属している病院では関与する部分がなかった領域なのですが、今回の改定で関わる部分が少し出てきそうだなーと感じている部分です。 実際に経営陣からこの部分のお話が出てくるかはわかりませんが、を踏まえて考えてみたいと思います。 あと、私個人の想い的なものもまとめてみたいと思います。 では、参ります!• がん患者料について• 特定薬剤管理指導加算から想い描くこと• 療養・就労両立支援指導料について• 【がん患者料について】 私は現在、回復期病院の外来と通所リハビリにて従事させていただいているのですが、以前は回復期病棟、と過去複数の病期で臨床経験を積ませていただきました。 回復期病棟では入院対象疾患がある程度決まっているので、その分野で集中的に経験を積むといった点では非常にメリットを感じています。 逆にでは、回復期病棟では多くは出会わない患者さんとの臨床経験が非常に大きな財産になっていると感じます。 また、外来兼務をさせていただいていたりしたので、そんな中でがん患者さんのリハビリをさせていただくこともありました。 その中で感じていたことがあります。 外来でみえていた方の中でも、化学療法の間の廃用進行によりADLへの介入を必要とするレベルまで落ちていってしまう方がいたりします。 同一疾患なので、その都度その都度疾患名を切り替えるわけにもいかず、13単位で対応することがほとんどです。 外来だとも病名としてつけられませんので、ケアが十分に提供できているとは思えない事態も何度かありました。 今回の改定では、対象者の書き方の変更こそあったものの、依然としてがんリハ算定は入院対応ができる病院に限られているのは変わりありませんでした。 必要な人に必要なリハビリが提供できるようになって欲しい。 と想ったりしています。 見直し内容• 【特定薬剤管理指導加算から想い描くこと】 「必要な人に必要なリハビリを」という想いからの続きになるのですが 、今回の改定では一切触れられもしなかった個人的想いが、薬剤の方で新設されることとなりました。 それが特定薬剤管理指導加算です。 ここにある「薬局」を「かかりつけ医」、そして「服薬指導」を「運動指導」に置き換えてもらえると、「あー、mercyはこういうことを想い描いているのね」と理解してもらいやすいかと思います。 医療でも介護でも、こういった地域包括ケアを実践していけることを期待しています。 現在、がん治療も通院治療へとシフトしつつある状況にありますので、リハビリの視点でもこの部分の対応ができるようになると良いなと感じている次第です。 特定薬剤管理指導加算• 【療養・就労両立支援指導料について】 さて、今回の本題に参ります。 療養・就労支援指導料はH30年度の診療報酬改定で新設されたもので、 政府によるを延伸する社会構造を実現するため、治療と仕事が両立できる環境を診療報酬でも評価する 、といった趣旨のものです。 政府としては、が75歳以上となる2025年を見据えての支えてを増やしたいという狙いが込められているんのでしょうね。 ただ、新設時の対象疾患が「がん」のみで、対象患者の勤務先のが介入することでようやく算定できるものであるため、の協力が得られなかったり、そもそもがいないと算定できないといった要因があり、算定回数があまり伸びなかったため、という背景があるようです。 そんなこんなで今回は対象疾患に「脳血管疾患」「肝疾患」「指定難病」が追加となりました。 また、のみ出なく下図の管理者やが追加となったことで緩和条件が緩和されることになりましたね。 対象疾患に脳血管が加わったということで、回復期病院でこれまで行われてきた復職支援などが正当に評価される御膳立てが整ったというわけですね!個人的にはそういった感覚で捉えています。 もし違ったらご指導いただきたいです。 細かい算定要件などを今後読み込んだ上で異なることがあれば追記したいと思います。 療養・就労両立支援指導料 今回はこれまで思い描いていたがん治療と、それに関わる支援に関して、自分の想いや考えをまとめさせていただきました。 実はがんリハにも対応できる通所リハビリにしたいと思い、昨年初めに通所の立ち上げを任せてもらい、管理者として自分が想い描く二次予防、三次予防を実現させていただくチャンスをいただいています。 今後も自分の想いと向き合い、地域のみなさんに還元できる施設運営をしていきたいと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました! ではまた! myway8969.

次の

中医協総会 「療養・就労両立支援指導料」の対象疾患・要件見直しへ 治療と仕事の両立で評価拡大

療養 就労 両立 支援 指導 料

100• 101• 102• 103• 104• 105• 106• 107• 108• 109• 110• 111• 112• 113• 114• 115• 116• 117• 118• 119• 120• 121• 122• 123• 124• 125• 126• 127• 128• 129• 130• 131• 132• 133• 134• 135• 136• 137• 138• 139• 140• 141• 142• 143• 144• 145• 146• 147• 148• 149• 150• 151• 152• 153• 154• 155• 156• 157• 158• 159• 160• 161• 162• 163• 164• 165• 166• 167• 168• 169• 170• 171• 172• 173• 174• 175• 176• 177• 178• 179• 180• 181• 182• 183• 184• 185• 186• 187• 188• 189• 190• 191• 192• 193• 194• 195• 196• 197• 198• 199• 200.

次の

令和2年度診療報酬改定 施設基準の届け出について

療養 就労 両立 支援 指導 料

新たに施設基準が創設• 令和2年4月以降、算定する場合• 届出が必要な施設基準 基本診療料• オンライン診療料 (頭痛患者の診療に係る規定を満たすことにより算定する場合に限る。 結核病棟入院基本料の注7に掲げる重症患者割合特別入院基本料 (重症度、医療・看護必要度に係る基準および常勤の医師の員数の基準に該当する場合に限る。 緩和ケア診療加算 (別添3の第14の1の(1)に規定する緩和ケアチームのうち身体症状の緩和を担当する専任の常勤医師が第14の1の(5)のウに規定する研修のみ修了している者である場合に限る。 入退院支援加算の注8に掲げる総合機能評価加算• 認知症ケア加算2• せん妄ハイリスク患者ケア加算• 精神科急性期医師配置加算1• 精神科急性期医師配置加算3• 排尿自立支援加算• 地域医療体制確保加算• 特定集中治療室管理料の注5に掲げる早期栄養介入管理加算• 緩和ケア病棟入院料1 特掲診療料• 外来栄養食事指導料 (注2に掲げる外来化学療法の実施患者の栄養食事指導を行う場合)• 心臓ペースメーカー指導管理料の注5に掲げる遠隔モニタリング加算• がん患者指導管理料のニ• 婦人科特定疾患治療管理料• 腎代替療法指導管理料• ニコチン依存症管理料 (情報通信機器を用いる診療に係る規定を満たすことにより算定する場合に限る。 療養・就労両立支援指導料の注3に掲げる相談支援加算• 外来排尿自立指導料• 精神科退院時共同指導料1• 精神科退院時共同指導料2• 在宅患者訪問看護・指導料の注15(同一建物居住者訪問看護・指導料の注6の規定により準用する場合を含む。 )に掲げる訪問看護・指導体制充実加算• 持続血糖測定器加算 (間歇注入シリンジポンプと連動しない持続血糖測定器を用いる場合)• がんゲノムプロファイリング検査• 角膜ジストロフィー遺伝子検査• 先天性代謝異常症検査• ウイルス・細菌核酸多項目同時検出• 検体検査判断料の注7に掲げる遺伝性腫瘍カウンセリング加算• 単繊維筋電図• 脳磁図 (自発活動を測定するもの)• 終夜睡眠ポリグラフィー (安全精度管理下で行うもの)• 黄斑局所網膜電図• 全視野精密網膜電図• 経気管支凍結生検法• 血流予備量比コンピュータ断層撮影• 全身MRI撮影加算• 連携充実加算• 経頭蓋磁気刺激療法• 療養生活環境整備指導料• 依存症集団療法2• 静脈圧迫処置 (慢性静脈不全に対するもの)• 多血小板血漿処置• 心不全に対する遠赤外線温熱療法• 乳房切除術 (遺伝性乳癌卵巣癌症候群患者に対する乳房切除術に限る。 子宮附属器腫瘍摘出術 (遺伝性乳癌卵巣癌症候群患者に対する乳房切除術に限る。 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術及び骨悪性腫瘍手術の注に掲げる処理骨再建加算• 椎間板内酵素注入療法• 頭蓋内電極埋込術 (脳深部電極によるもの(7本以上の電極による場合)に限る。 角膜移植術 (内皮移植加算)• 鏡視下咽頭悪性腫瘍手術 (軟口蓋悪性腫瘍手術を含む。 鏡視下喉頭悪性腫瘍手術• 顎関節人工関節全置換術• 胸腔鏡下拡大胸腺摘出術 (内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 (区域切除で内視鏡支援機器を用いる場合)• 縦隔鏡下食道悪性腫瘍手術 (内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• 不整脈手術 左心耳閉鎖術 (経カテーテル的手術によるもの)• 両心室ペースメーカー移植術(心筋電極の場合)及び両心室ペースメーカー交換術(心筋電極の場合)• 埋込型除細動器移植術(心筋リードを用いるもの)及び埋込型除細動器交換術(心筋リードを用いるもの)• 両室ペーシング機能付き埋込型除細動器移植術(心筋電極の場合)及び両室ペーシング機能付き埋込型除細動器交換術(心筋電極の場合)• 経皮的下肢動脈形成術• 腹腔鏡下リンパ節群郭清術(後腹膜)• 腹腔鏡下リンパ節群郭清術(傍大動脈)• 腹腔鏡下十二指腸局所切除術(内視鏡処置を併施するもの)• 腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術(内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• 同種死体膵島移植術• 腹腔鏡下腎盂形成手術 (内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• 腹腔鏡下仙骨膣固定術 (内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• 無心体双胎焼却術• 胎児輸血術• 同種クリオプレシピテート作製術 施設基準の改正により、令和2年3月31日において、現に当該点数を算定していた保険医療機関であっても、令和2年4月以降において当該点数を算定するに当たり届出の必要なもの• 令和2年3月31日において当該点数を算定していた保険医療機関• 令和2年4月以降も算定する場合• 届出の必要な施設基準 令和2年4月1日以降に引き続き算定する場合に限るもの 基本診療料• 救急医療管理加算• データ提出加算• 認知症ケア加算3 (令和2年3月31日において、現に「診療報酬の算定委方法の一部を改正する件」による改正前の診療報酬の算定方法(以下「旧算定方法」という。 )別表第一区分番号A247に掲げる認知症ケア加算2に係る届出を行っている保険医療機関。 精神科急性期医師配置加算2のイ及びロ (令和2年3月31日において、現に旧算定方法別表第一区分番号A249に掲げる精神科急性期医師配置加算に係る届出を行っている保険医療機関。 ) 特掲診療料• 小児運動器疾患指導管理料• 小児科外来診療料• 導入期加算2• 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 (肺葉切除または1肺葉を超えるもので内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• 経皮的冠動脈形成術 (特殊カテーテルによるもの)• 接触機能療法の注3に掲げる摂食嚥下支援加算 (令和2年3月31日において、現に「診療報酬の算定方法の一部を改正する件」による改正前(令和2年度改定前)の区分番号「H004」接触機能療法の注3に掲げる経口摂取回復促進加算1または2に係る届出を行っている保険医療機関。 ) 令和2年10月1日以降に引き続き算定する場合に限るもの 基本診療料• 一般病棟入院基本料 (急性期一般入院料7、入院料1、2、3、5及び6に限る。 療養病棟入院基本料 (当該入院料の施設基準における「中心静脈注射用カテーテルに係る院内感染対策のための指針を策定していること。 」及び「適切な意思決定支援に関する指針を定めていること。 」について既に届け出ている保険医療機関を除く。 結核病棟入院基本料 (7対1入院基本料に限る。 特定機能病院入院基本料 (一般病棟、7対1入院基本料に限る。 特定機能病院入院基本料の注5に掲げる看護必要度加算• 専門病院入院基本料 (7対1入院基本料に限る。 専門病院入院基本料の注3に掲げる看護必要度加算• 総合入院体制加算• 急性期看護補助体制加算 (急性期一般入院料7または10対1入院基本料に限る。 看護職員夜間配置加算 (急性期一般入院料7または10対1入院基本料に限る。 看護補助加算1• 回復期リハビリテーション病棟入院料1または3 (リハビリテーションの実績の指数に係る規定に限る。 地域包括ケア病棟入院料 (入退院支援及び地域連携業務を担う部門に係る規定を除く。 地域包括ケア入院医療管理料 (入退院支援及び地域連携業務を担う部門に係る規定を除く。 精神科救急入院料• 精神科急性期治療病棟入院料• 精神科救急・合併症入院料• 特定一般病棟入院料の注7 (入退院支援及び地域連携業務を担う部門に係る規定を除く。 ) 令和3年4月1日以降に引き続き算定する場合に限るもの 基本診療料• 一般病棟入院基本料 (急性期一般入院料7、地域一般入院基本料を除く。 )(急性期一般入院料4に限る。 入退院支援加算3 (「入退院支援および5年以上の新生児集中治療に係る業務の経験を有し、小児患者の在宅以降に係る適切な研修を修了した専任の看護師」の規定を満たす場合に限る。 回復期リハビリテーション病棟入院料1 (管理栄養士の配置に係る規定に限る。 地域包括ケア病棟入院料 (入退院支援および地域連携業務を担う部門に係る規定に限る。 地域包括ケア入院医療管理料 (入退院支援および地域連携業務を担う部門に係る規定に限る。 特定一般病棟入院料の注7 (入退院支援および地域連携業務を担う部門に係る規定に限る。 ) 令和4年4月1日胃おくに引き続き算定する場合に限るもの• 療養病棟入院基本料(許可病床数が200床未満の保険医療機関に限る。 ) (データ提出加算の届出を既に届け出ている保険医療機関を除く。 ) (令和2年3月31日において急性期一般入院基本料、特定機能病院入院基本料(一般病棟の場合に限る。 )、専門病院入院基本料(13対1入院基本料を除く。 )、回復期リハビリテーション病棟入院料1から4、若しくは地域包括ケア病棟入院料を算定する病棟、若しくは病室をいずれも有しない保険医療機関であって、療養病棟入院料1若しくは2を算定する病棟、療養病棟入院基本料の注11に係る届出を行っている病棟、若しくは回復期リハビリテーション病棟入院料5若しくは6を算定する病棟のいずれかを有するもののうち、これらの病棟の病床数の合計が当該が保険医療機関において200床未満であり、データ提出加算に係る届出を行う事が困難であることについて正当な理由があるものを除く。 回復期リハビリテーション病棟入院料(許可病床数が200床未満の医療機関に限る。 ) (データ提出加算の届出を既に届け出ている保険医療機関を除く。 ) (令和2年3年31日において急性期一般入院基本料、特定機能病院入院基本料(一般病棟の場合に限る。 )、専門病院入院基本料(13対1入院基本料を除く。 )、回復期リハビリテーション病棟入院料1から4、若しくは地域包括ケア病棟入院料を算定する病棟、若しくは病室をいずれも有しない保険医療機関であって、療養病棟入院料1若しくは2を算定する病棟、療養病棟入院基本料の注11に係る届出を行っている病棟、若しくは回復期リハビリテーション病棟入院料5若しくは6を算定する病棟のいずれかを有するもののうち、これらの病棟の病床数の合計が当該保険医療機関において200床未満であり、データ提出加算に係る届出を行う事が困難であることについて正当な理由があるものを除く。 ) 施設基準等の名称が変更されたが、令和2年3月31日において現に当該点数を算定していた保険医療機関であれば新たに届出が必要でないもの• 施設基準等の名称が変更された• 令和2年3月31日に算定している保険医療機関の場合• 届出が必要ないもの•

次の