舌根沈下 治す。 睡眠時無呼吸症候群を3つの手段で自力で治した方法とは

舌根沈下がある患者さんの看護について知りたい|ハテナース

舌根沈下 治す

閉塞型睡眠時無呼吸症候群 上気道がなんらかの原因で塞がり、呼吸運動はあるが困難な状態になるもの。 中枢型睡眠時無呼吸症候群 呼吸中枢の障害により呼吸運動自体が消失するもの。 ほとんどすべての人が閉塞型睡眠時無呼吸症候群なのでしたね? めったにない中枢型睡眠時無呼吸症候群は、呼吸行動自体が行われないなどかなり危険な無呼吸症候群です。 もしあなたが中枢型の無呼吸症候群の場合は、自分で何とかできる種類のものではないので一刻も早く病院にいきましょう! 一方、閉塞性睡眠時無呼吸症候群は、自力で治せる可能性があります。 閉塞型ということは、何らかの理由で気道が閉塞されることにより生じる無呼吸症候群です。 気道が閉塞される場所は? では一体どこが閉塞されるのでしょうか? 人間の体の構造上、閉塞される部分は次の2箇所のどちらかになります。 ・鼻 ・喉 細く狭くなっている上記2つが、主に閉塞する場所です。 鼻が閉塞されることが原睡眠時無呼吸症候群の直接の原因となることは、ほとんどありません。 なぜなら鼻が閉塞されても口で呼吸ができるからです。 しかし鼻が閉塞されると口呼吸になってしまいます。 それが原因で、睡眠時無呼吸症候群になることがあります。 しかしながら、睡眠時無呼吸症候群において、 一番重要な原因となるのは"喉"です。 鼻が閉塞された場合は口で呼吸するという代替手段がありますが、喉が閉塞されてしまうと別の空気のルートがありません。 喉が閉塞されている人は、深く大きないびきを伴うことが多いです。 いびきの音によっても原因を推測できるので、ぜひ一度意識して聞いてみてください。 喉の気道が閉塞される原因 喉の気道が閉塞される原因は、主に次の3つです。

次の

舌根沈下がある患者さんの看護について知りたい|ハテナース

舌根沈下 治す

はじめまして。 脳神経外科病棟で働いていたときに、ふと眠っているときに患者さんが大きくいびきをかいたりする場面が多く、私も心配になっていました。 舌根沈下で注意が必要なことを含めて、対応のポイントを説明させていただきます。 舌根沈下とは 舌自体の重みや筋力の弛緩によって、舌が喉の奥に落ち込んでしまうために起こります。 それによりいびきをかいたり、重症なものになると自身の舌で気道を塞いで窒息してしまう危険があります。 健常な人の睡眠時でも起こったり、意識障害、顔面周囲の神経麻痺や舌の疾患により起こります。 舌根沈下のある患者さんの観察ポイント 舌根沈下が、患者さんの異常を表しているのか、そうでないのかを観察して判断する必要があります。 とくに脳神経外科病棟では、急激な意識レベルの低下がみられる患者さんもいるため、その判断が大切です。 意識レベルの低下がないか• 舌根沈下による、呼吸状態の変化はないか(呼吸をしているか、異常呼吸はないか、顔色不良はないか、痰の貯留はないか、バイタルサインの異常はないか) 意識レベルの低下・呼吸への影響がある場合の舌根沈下の対応 意識レベルの低下があった場合は、人を呼び医師に報告すると同時に、呼吸状態へ影響がある場合は気道の確保をします。 気道の確保は、肩枕や頭部後屈顎先挙上法が多く行われますが、脳神経外科領域では、状態悪化時に項部硬直があり気道の確保が難しかったり、嘔吐が起こる可能性もあり、呼吸が停止しておらず微弱で舌根沈下が強い場合は、側臥位が選択されることもあります。 一方、呼吸が停止している場合は、気道確保からの心肺蘇生法を行います。 舌根沈下に対し医師により、エアウェイや挿管による気道確保の処置が行われる場合は、吸引などその処置の準備・介助を行います。 慢性的に舌根沈下がある場合の対応 高齢による廃用症候群や、意識障害の慢性期、健常な人でも肥満の場合などは、慢性的に舌根沈下が起こる場合があります。 いびきだけでなく、間欠的な無呼吸を起こすことも少なくないため、可能な限り気道確保をしていきます。 緊急性のない舌根沈下の場合、肩枕など喉をのばす気道確保の方法をとると、唾液など誤嚥をしやすい体位により肺炎を起こす可能性もあり、避けたほうが良いかと思います。 基本的には側臥位で舌根沈下が改善されるように体位をとります。 医師に相談し、患者さんの苦痛がないようであれば、エアウェイを入れて気道確保をすることもありますが、分泌物が増えて吸引が必要になったり、閉塞しないよう管理が必要だったりするため、効果的かどうか見極めて継続していく必要があります。 おわりに.

次の

医療用医薬品 : ミダゾラム

舌根沈下 治す

通常、成人にはミダゾラム0. 03〜0. 03〜0. 06〜0. (投与速度の増減は25%の範囲内とする) 通常、修正在胎45週未満(在胎週数+出生後週数)の小児のうち、修正在胎32週未満ではミダゾラム0. 歯科・口腔外科領域における手術及び処置時の鎮静 ミダゾラムに対する反応は個人差があり、患者の年齢、感受性、全身状態、目標鎮静レベル及び併用薬等を考慮して、過度の鎮静を避けるべく投与量を決定すること。 特に、高齢者、衰弱患者、心不全患者、及び麻酔薬、鎮痛薬(麻薬性及び非麻薬性鎮痛薬)、局所麻酔薬、中枢神経系抑制薬等を併用する場合は投与量を減じること。 [作用が強くあらわれやすい。 (「1. 慎重投与」の項、「5. 高齢者への投与」の項参照)] 患者によってはより高い用量が必要な場合があるが、この場合は過度の鎮静及び呼吸器・循環器系の抑制に注意すること。 投与は常にゆっくりと用量調節しながら行うこと。 また、より緩徐な静脈内投与を行うためには、本剤を適宜希釈して使用することが望ましい。 [集中治療における人工呼吸中の鎮静] 高度重症患者、呼吸予備力の制限されている患者[無呼吸、心停止が起こりやすい。 ] 高齢者(「5. 高齢者への投与」の項参照) 肝障害、腎障害のある患者[代謝・排泄が遅延し、作用が強く又は長くあらわれるおそれがある。 ] 衰弱患者[作用が強く又は長くあらわれるおそれがある。 ] 脳に器質的障害のある患者[作用が強くあらわれるおそれがある。 ] 妊婦又は妊娠している可能性のある患者、授乳婦(「6. 妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児(「7. 小児等への投与」の項参照) 重症心不全等の心疾患のある患者[本剤の投与により症状の悪化又は急激な血圧低下をきたすことがあるので、必ず動脈圧及び心電図をモニターし、昇圧剤等の蘇生に必要な薬剤を準備したうえで使用すること。 ] 重症の水分又は電解質障害のある急性期患者[脱水等により体液が不足している患者では、本剤の投与により血圧低下をきたしやすいので、十分な補液・輸液が行われるまで本剤の投与を行わないこと。 ] 手術中の出血量の多い患者、多量の輸液を必要とした患者[血圧低下及び心電図異常をきたしやすい。 ] アルコール又は薬物乱用の既往のある患者 睡眠時無呼吸症候群の患者[呼吸症状が悪化するおそれがある。 ] [歯科・口腔外科領域における手術及び処置時の鎮静] 本剤の投与に際しては、歯科・口腔外科領域における手術及び処置時の鎮静における患者管理に熟練した医師・歯科医師が、本剤の薬理作用を正しく理解し、患者の鎮静レベル及び全身状態を注意深く継続して管理すること。 また、気道確保、酸素吸入、人工呼吸、循環管理を行えるように準備をしておくこと。 過度の鎮静(呼びかけに対する応答がなくなる程度)及び呼吸器・循環器系の抑制を避けるため、歯科・口腔外科処置を行う医師・歯科医師とは別に呼吸及び循環動態を観察できる医療従事者をおき、パルスオキシメーターや血圧計等を用いて手術・処置中の患者を観察すること。 術野と気道が同一部位であり、器具等の使用により口腔内に水分等が貯留しやすいことから、誤嚥、気道閉塞を起こさないよう注意すること。 手術・処置後は全身状態に注意し、基本的運動・平衡機能の回復等に基づき帰宅可能と判断できるまで患者を管理下に置くこと。 また、鎮静の影響が完全に消失するまでは自動車の運転等危険を伴う機械操作に従事しないよう、患者に注意すること。 相互作用 HIVプロテアーゼ阻害剤 リトナビルを含有する薬剤 (ノービア、カレトラ) インジナビル (クリキシバン) ネルフィナビル (ビラセプト) アタザナビル (レイアタッツ) ホスアンプレナビル (レクシヴァ) ダルナビルを含有する薬剤 (プリジスタ、プレジコビックス) エファビレンツ (ストックリン) コビシスタットを含有する薬剤 (スタリビルド、ゲンボイヤ、プレジコビックス) 過度の鎮静や呼吸抑制を起こすおそれがある。 これらの薬剤によるCYP3A4に対する競合的阻害作用により、本剤の血中濃度が上昇することが考えられている。 オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル (ヴィキラックス) 過度の鎮静や呼吸抑制を起こすおそれがある。 リトナビルによるCYP3A4に対する競合的阻害作用により、本剤の血中濃度が上昇することが考えられている。 併用注意 中枢神経抑制剤 フェノチアジン誘導体 バルビツール酸誘導体 麻薬性鎮痛剤等 モノアミン酸化酵素阻害剤 アルコール(飲酒) 鎮静・麻酔作用が増強されたり、呼吸数、収縮期血圧、拡張期血圧、平均動脈圧及び心拍出量が低下するおそれがある。 これらの薬剤との併用により、相加的に中枢神経抑制作用(鎮静・麻酔作用、呼吸及び循環動態への作用)を増強する可能性がある。 CYP3A4を阻害する薬剤 カルシウム拮抗剤 ベラパミル塩酸塩 ジルチアゼム塩酸塩 アゾール系抗真菌剤 ケトコナゾール フルコナゾール イトラコナゾール等 シメチジン エリスロマイシン クラリスロマイシン キヌプリスチン・ダルホプリスチン等 中枢神経抑制作用が増強されるおそれがある。 これらの薬剤によるCYP3A4に対する競合的阻害作用により、本剤の血中濃度が上昇したとの報告がある。 抗悪性腫瘍剤 ビノレルビン酒石酸塩 パクリタキセル等 骨髄抑制等の副作用が増強するおそれがある。 本剤がチトクロームP450を阻害し、これらの薬剤の代謝を阻害し血中濃度が上昇することが考えられている。 プロポフォール 麻酔・鎮静作用が増強されたり、収縮期血圧、拡張期血圧、平均動脈圧及び心拍出量が低下することがある。 相互に作用(麻酔・鎮静作用、血圧低下作用)を増強させる。 また、CYP3A4に対する競合的阻害作用により、本剤の血中濃度が上昇したとの報告がある。 CYP3A4を誘導する薬剤 リファンピシン カルバマゼピン エンザルタミド ダブラフェニブ ミトタン アメナメビル ロルラチニブ等 本剤の作用を減弱させることがある。 CYP3A4が誘導され、本剤の代謝が促進される。 副作用 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい。 [妊娠中の投与に関し、次のような報告があるなど安全性は確立していない。 ] 妊娠中に他のベンゾジアゼピン系薬剤の投与を受け、出生した新生児に口唇裂(口蓋裂を伴うものを含む)等が対照群と比較して有意に多いとの疫学的調査報告がある。 妊娠末期の妊婦へ投与又は分娩中の患者に高用量を投与したとき、胎児に心拍数の不整、新生児に低血圧、哺乳困難、低体温、呼吸抑制があらわれたとの報告がある。 なお、ベンゾジアゼピン系薬剤で新生児に哺乳困難、嘔吐、活動低下、筋緊張低下、過緊張、嗜眠、傾眠、呼吸抑制・無呼吸、チアノーゼ、易刺激性、神経過敏、振戦、低体温、頻脈等を起こすことが報告されており、これらの症状は、離脱症状あるいは新生児仮死として報告される場合もある。 また、ベンゾジアゼピン系薬剤で新生児に黄疸の増強を起こすことが報告されている。 分娩前に連用した場合、出産後新生児に離脱症状があらわれることが、ベンゾジアゼピン系薬剤で報告されている。 授乳婦への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせること。 [ヒト母乳中への移行が認められている。 ] 小児等への投与 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する使用経験は限られている。 但し、歯科・口腔外科領域における手術・処置時の鎮静に用いる場合、低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。 (使用経験がない。 ) 低出生体重児及び新生児に対して急速静脈内投与をしてはならない。 [急速静脈内投与後、重度の低血圧及び痙攣発作が報告されている。 ] 小児等で深い鎮静を行う場合は、処置を行う医師とは別に呼吸・循環管理のための専任者をおいて、処置中の患者を観察することが望ましい。 幼児では小児より、小児では成人より高用量を必要とすることがあり、より頻繁な観察が必要である。 [成人に比べて幼児及び小児における本剤の血中消失半減期は同等又は短いことが報告されている。 ] 低出生体重児及び新生児では小児よりも投与量を減じる必要がある。 [低出生体重児及び新生児は各臓器機能が未発達であり、血中の消失時間が長く、また、本剤の呼吸器系への作用に対しても脆弱である。 ] 6ヵ月未満の小児では、特に気道閉塞や低換気を発現しやすいため、効果をみながら少量ずつ段階的に漸増投与するなどして、呼吸数、酸素飽和度を慎重に観察すること。 小児等において、激越、不随意運動(強直性/間代性痙攣、筋振戦を含む)、運動亢進、敵意、激しい怒り、攻撃性、発作性興奮、暴行等の逆説反応が起こりやすいとの報告がある。 過量投与 動脈内に注射した場合、末梢の壊死を起こすおそれがあるので動脈内には絶対に注射しないこと。 急速に静脈内に注射した場合、あるいは細い静脈内に注射した場合には血栓性静脈炎を起こすおそれがあるので、なるべく太い静脈を選んで投与すること。 静脈内に注射した場合、ときに血管痛、静脈炎があらわれることがある。 筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため、下記の点に注意すること。 繰り返し注射する場合、例えば左右交互に注射するなど、同一注射部位を避けて行うこと。 特に低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児には注意すること。 神経走行部位を避けるよう注意すること。 注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射すること。 注射部位に、ときに疼痛、発赤、硬結があらわれることがある。 調製時 フルマゼニル(ベンゾジアゼピン受容体拮抗剤)を投与する場合には、使用前にフルマゼニルの使用上の注意(禁忌、慎重投与、相互作用等)を必ず読むこと。 長期間ベンゾジアゼピン系薬剤を投与されているてんかん患者に対するフルマゼニル投与は禁忌である。 フルマゼニル投与の対象は、ベンゾジアゼピン系薬剤の投与によって、覚醒遅延又は呼吸抑制が認められた患者、過度の鎮静状態を生じたり必要以上に鎮静が持続した患者、大量服薬した中毒患者である。 ベンゾジアゼピン系薬剤と三(四)環系抗うつ薬を併用している場合、フルマゼニル投与によってベンゾジアゼピン系薬剤の作用が低下し、三(四)環系抗うつ薬の中毒作用が増強することがある。 投与した薬剤が特定されないままにフルマゼニルを投与された患者で、新たに本剤を投与する場合、本剤の鎮静・抗痙攣作用が変化、遅延するおそれがある。 フルマゼニルの作用持続時間は本剤よりも短く、鎮静等の本剤の作用が再度あらわれるおそれがある。 本剤は鎮痛作用を有しないので、必要ならば鎮痛剤を併用すること。 5 102. 4 336. 7 2. 40 0. 27 2. 13 標準製剤 (注射液、10mg) 282. 1 99. 1 326. 5 2. 40 0. 14 2. ,n=18) 血漿中濃度並びにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。 有効成分に関する理化学的知見.

次の