炒り 豆腐 レシピ 人気。 ごはんがすすむ!炒り豆腐のレシピ/作り方:白ごはん.com

ごはんがすすむ!炒り豆腐のレシピ/作り方:白ごはん.com

炒り 豆腐 レシピ 人気

豆腐の水切りのやり方はいろいろあります。 私は豆腐をキッチンペーパーではさみ、均等に圧がかかるよう木製の落としぶたをのせ、重しとして2Lの水が入ったペットボトルをのせています。 なるべく早く水切りできるよう、半分の厚さに切っています。 私の場合、この状態で30分ほど置いています。 <にんじんのせん切り> スライサーやしりしり器を使えば、早く楽にせん切りができます。 しりしり器を使うとふわっとした食感に仕上がるので、特にオススメです。 なるべく細く切ることで、火の通りもよくなります。 <干ししいたけ>• なくても作れますが、あると旨味がグッと加わります。 炒めているときに水分を吸っていい感じにプリッとなるので、水で戻さずそのまま使います。 固いので、包丁で切るときはケガしないように気をつけてください。 汚れなどが気になる方は、ぬらしたキッチンペーパーなどで表面をやさしくふき取るとよいです。 メモ2:炒めるときのポイント.

次の

炒り豆腐のレシピ/作り方

炒り 豆腐 レシピ 人気

これが一番ベーシックで美味しいと思います。 ・ 鶏肉…ごはんと食べて美味しいように「鶏ひき肉ではなく鶏もも肉」がおすすめ。 カットされたものを用意するか、食べ応えがでるよう皮ごと1cm角に切ります。 ・ にんじん…4cm長さのせん切りにします。 ・ 干し椎茸…戻してから軸を切り落とし、薄切りにします(戻し汁は味付けで使います)。 ・ 薬味ねぎ…小口切りにして最後に加えます。 豆腐は炒める前に下ごしらえが必要です。 鍋に熱湯を沸かして塩小さじ1ほどを入れ、豆腐を粗くくずしながら入れて、芯まで熱くなる程度(2分くらい)ゆでます。 これは、 豆腐の余分な水分を抜く、豆腐の食感をよくする、塩味をつけるという目的です。 ゆでた豆腐は、キッチンペーパーや布巾を広げたざるに開けて冷まします。 手でさわれる温度になれば、豆腐を包むようにして軽く水分を押し出し、豆腐の下処理の完了です。 鍋にごま油を入れて中火で熱し、鶏肉とにんじんを炒めます。 肉の色が全体的に変わる程度になれば干し椎茸を加えます。 全体を炒め合わせて、ここで塩ひとつまみ、こしょう少々で下味をつけておきます。 続けて豆腐を加え、ヘラで豆腐を食べやすい大きさにつぶしながら、炒め合わせます。 全体に油がまわれば、Aの調味料を加え、弱めの中火で汁気を飛ばすように煮ます。 3〜4分煮て煮汁が少なくなれば、溶いた卵を加えます。 卵を加える時は火を少し強め、全体に流し入れます。 ひと呼吸おいてから、ヘラで底から全体をやさしく混ぜ合わせます。 卵が固まってきたら火を弱め、刻んだねぎを加えます。 最後に味見をして、塩気が足りなければ塩で調整をしてください。

次の

炒り豆腐(副菜)のレシピ・作り方

炒り 豆腐 レシピ 人気

豆腐の水切りのやり方はいろいろあります。 私は豆腐をキッチンペーパーではさみ、均等に圧がかかるよう木製の落としぶたをのせ、重しとして2Lの水が入ったペットボトルをのせています。 なるべく早く水切りできるよう、半分の厚さに切っています。 私の場合、この状態で30分ほど置いています。 <にんじんのせん切り> スライサーやしりしり器を使えば、早く楽にせん切りができます。 しりしり器を使うとふわっとした食感に仕上がるので、特にオススメです。 なるべく細く切ることで、火の通りもよくなります。 <干ししいたけ>• なくても作れますが、あると旨味がグッと加わります。 炒めているときに水分を吸っていい感じにプリッとなるので、水で戻さずそのまま使います。 固いので、包丁で切るときはケガしないように気をつけてください。 汚れなどが気になる方は、ぬらしたキッチンペーパーなどで表面をやさしくふき取るとよいです。 メモ2:炒めるときのポイント.

次の