鬼滅の刃炭治郎無惨イラスト。 『鬼滅の刃』竈門炭治郎の誕生日を記念したイラストが公開。本日(7/14)21時から特別番組“炭治郎お誕生日会”がABEMAで放送

鬼滅の刃 (きめつのやいば)とは【ピクシブ百科事典】

鬼滅の刃炭治郎無惨イラスト

1000年以上前に鬼となってから鬼を増やし続けている。 を鬼に変えた者であり、の宿敵。 完璧な状態で永遠に変わらない「 不変」を好む。 アニメ声優は関俊彦が務めている。 概要 人間を鬼に変える血を持つ唯一の存在。 これまで幾多の人間を鬼に変え配下にしてきた。 しかし配下を信用することはしておらず、 呪いをかけ支配している。 自身の血を分け与えた鬼の細胞を自由に管理できるようだ。 また心情を読み取ることも可能である。 第52話では十二鬼月の 下弦の鬼が4人処刑されているが、少しでも反抗心を持つ心情を読み取られたり、少しながら気に障ったためである。 そのため、鬼化から逃れた 珠世からは「 臆病者」と呼ばれている。 鬼たちの前にですら姿を現すのは十二鬼月が欠けるなどして怒っている時のみ。 その際は理不尽に怒ったり、要求をしたりしている。 過去-無残が鬼になるきっかけ 平安時代に 産屋敷の一族として生まれる。 病に苦しんでおり寿命が短かったため善良な医者による治療を受けていた。 一向に病が治らないことに腹を立てた 無惨は医者を殺害してしまう。 実は医者が無惨に投与していたのは「 鬼になる薬」であった。 即ち この医者が全ての悲劇の始まりであることになる。 無惨は鬼の姿となってしまい、太陽の下を歩けない体になってしまった。 無惨は投与された薬に「 青い彼岸花」が関係していたことを知っており、 日光を克服するヒントを得るため青い彼岸花を見つけ出すこと、日光を克服する鬼を見つけ出すことを目的として鬼を生み出し始める。 珠世もその際に鬼化された存在だった。 無惨は珠世と共に行動していた。 ある日、鬼狩りであった 継国縁壱(炭治郎の祖先にあたる)と対峙する。 圧倒的な強さにより無惨は身体を刻まれ敗北寸前の状態に。 しかし、自ら 全身をバラバラの肉片にし細かくなることで逃亡に成功する。 鬼狩りに殺されかけたことからその後は姿を隠し配下の鬼を遣うようになった。 壮絶な炭治郎たちとの決戦 青い彼岸花、太陽を克服する鬼が見つからない中、 禰豆子が太陽を克服する。 禰豆子を確保し、喰らうことを目的に動き始める。 鬼殺隊と全面対決をするため自らの拠点である 無限城に鬼殺隊をおびき寄せた。 その際、そこに現れた 珠世により「人間に戻る薬」と称されたモノを投与される。 鬼の中でも強い者を集めた上弦の鬼の力をふんだんに使うも鬼殺隊により上弦の肆以外全員倒されてしまった。 無惨は珠世に投与された薬を分解すると、 自ら鬼殺隊を撲滅することを決意。 頭のみの姿になった珠世の頭を握り潰し、戦闘形態に姿を変えた。 全身には口のようなモノがついており通常時とは異なった姿だ。 まず最初に炭治郎と義勇に遭遇する。 「 お前らは生き残ったのだからそれで十分だろ」 「 私に殺されることは大災に遭ったのと同じだと思え」と話すとついに戦闘開始。 鬼殺隊を大きく超えた素早さで圧倒し 炭治郎の右目を潰した。 無惨は唯一残っていた 上弦の肆である 鳴女の視界を通じて城内を把握していた。 そのため伊黒、甘露寺は既に死んでおり、鬼殺隊の柱で生き残っているのは義勇、実弥、悲鳴嶼の3人であると把握していた。 炭治郎を追い詰め最後の一撃を与えようとしたその時、 背後から死んだはずの伊黒と甘露寺が現れ攻撃されてしまう。 実は、鳴女は珠世の生み出した鬼である 愈史郎により視界を操作されおり、無惨が鳴女を通じて見ていたものは現実とは異なるものであった。 鳴女の細胞を通じて愈史郎を殺害しようとするが義勇と伊黒により阻まれる。 無惨は腹を立て鳴女の細胞を破壊して殺害した。 しかし、これにより制御が崩れ、無限城は崩壊し地上に叩き出されてしまう。 夜明けまで1時間半であったため、それまでに 鬼殺隊を葬り日光から隠れるか、禰豆子を吸収する必要があった。 無惨は背中から触手のような管を生やしこれまでにない戦闘形態を見せた。 斬られても斬られた瞬間から細胞を回復させるなど圧倒的な強さを見せる。 攻撃に自らの血を混ぜており、喰らった者の細胞を破壊することが可能。 そのため、攻撃を受けた柱たちは細胞を破壊され死亡寸前まで追い詰められていた。 炭治郎は細胞破壊が進んでおり身動きの取れない状態であった。 しかし珠世の飼っていた猫がそこに現れ、 柱たちに細胞の破壊を和らげる血清を注射した。 これにより細胞破壊が断たれてしまう。 死んでもなお邪魔をしてくる珠世に苛立ちを顕にし大きな衝撃波を起こした後、柱たちの意識を失わせることに成功する。 しかし死亡寸前だった 炭治郎が血清により回復してしまい、炭治郎との一騎打ちが始まる。 炭治郎を圧倒する強さを見せたが、炭治郎は攻撃をかわし続けていた。 手負いである炭治郎に一撃を入れることができないことに疑問を持つ。 それは 無惨自身の動きが遅くなっていたからであった。 自身の中に取り込んでいた 珠世の細胞に薬について尋ねる。 それにより珠世が無惨に投与した薬の中に人間に戻す薬の他、 1分で5年分老いるという効果のある薬が含まれていることを知った。 投与されてからは3時間経っていたため 9000年分老いていることになる。 昔、 縁壱に追い詰められた時のように分裂し逃亡しようと考えるが、自身の体が分裂できなくなっていることに気付く。 これも珠世の薬による効果だった。 さらに細胞破壊用の薬も混ぜてあることを知る。 老いによる体力の限界や分裂して逃げられなくなった無惨は確実に追い詰められていた。 危機的状況に陥った 無惨はついに炭治郎に壁に追い詰められ身動きが取れなくなる。 さらに夜が明け太陽が昇り始めてしまう。 何としても身体を守らなければと考えた無惨は 炭治郎を巻き込みながらも肉体を膨張させ巨大な赤ん坊のような形に姿を変える。 日光に灼けながらも逃げようと 地面に潜りこもうと試みた。 しかし巻き込んだことにより体内にいた炭治郎により、内側から攻撃される。 限界を迎えた 赤ん坊の姿の無惨は日光に灼け消滅した。 身体能力 もはや 鬼を超越した存在であるため、あらゆる面で 圧倒的な強さを誇る。 鬼の弱点である首は克服しており、斬られてもすぐに再生が可能。 首だけでなく身体全体の回復速度が凄まじく、 斬られた瞬間から再生するため、斬っても斬っても意味がない。 そのため 日光以外の弱点がほとんど見当たらない。 肉体の中に 7つの心臓、5つの脳を持っており、これが強さの理由だと思われる。 技・血鬼術 血鬼術・黒血枳棘(こっけつききょく) 無惨が 唯一使用した血鬼術。 自身の血を有刺鉄線のような形に変形させ攻撃する。 しかし第139話では悲鳴嶼行冥により防がれてしまった。 戦闘形態で使用した技 管 両腕を変形させた2本の管、背中から伸びた9本の管を触手のように扱い攻撃する。 長いリーチと速さが特徴。 管には自身の血液が混ぜてあり攻撃をかすっただけでも血液が注入される。 そのため直撃しなくとも相手の細胞を破壊して倒すことが可能。 また自在に本数を増やせるため相手が管の動きに対応することはほぼ不可能だろう。 風 身体のいたるところについた口から風の渦のようなものを発生させ攻撃する。 吸い込む力も持っているため攻撃を避けられても吸い込むことにより攻撃を当てられる。 空気弾 全身についた口から空気を吸い込み、高圧で吐き出すことにより攻撃する。 衝撃波 体の中心に巨大な口を出現させ衝撃波を繰り出す。 ダメージだけではなく神経の動きを狂わせる効果もある。 そのため呼吸ができなくなるなど大きな負傷を与えられる。 名言 第51話 「 頭を垂れて蹲え 平伏せよ」 鬼たちを自身に従わせ支配している無惨お得意の台詞。 声優 関俊彦(せきとしひこ) 栃木県出身。 ・NARUTO(うみのイルカ) ・北斗の拳(サウザー) ・聖闘士星矢(蠍座のミロ) などの人気アニメのメインキャラクターを務める。 鬼舞辻イラスト Twitterでは多くの人が鬼舞辻無惨のイラストを公開しています。

次の

鬼滅の刃 (きめつのやいば)とは【ピクシブ百科事典】

鬼滅の刃炭治郎無惨イラスト

単行本17巻146話「誇り」~ 上弦の参・ 猗窩座と遭遇する炭治郎と義勇。 体だけで術式展開を繰り出し、しかも頭までも再生しようとしていた! 必死にトドメを刺そうとする炭治郎と義勇だったが、体がもう限界… と、猗窩座は過去を思い出し、 自らに攻撃を! ボロボロになった猗窩座は、再生しかけるも、そのまま塵になって消えていった… 単行本18巻157話「舞い戻る魂」~ しのぶを殺された怒りが収まらないカナヲ。 と、 伊之助が天井から登場! 伊之助は、しのぶと母を殺したのが童磨だと知る。 カナヲ・伊之助は共闘するも、童磨は氷の結晶でできた人形を出し、それをカナヲ達に仕向ける! 童磨はその隙に他の鬼殺隊を殺しに部屋を後にしようとするが、突如体がドロドロに溶け出す。 しのぶが体内に仕込んでいた毒が、今になって童磨の体を蝕み始めたのだ! 窮地に立たされた童磨は、特大菩薩像を出す大技を! このチャンスを逃すまいと、カナヲは 花の呼吸 終ノ型「彼岸主眼」で童磨を追い詰める! それに伊之助の 獣の呼吸 思いつきの「投げ裂き」が加わり、見事童磨の頸を落とす! 単行本19巻164話「ちょっと力みすぎただけ」~ 時透、 黒死牟と遭遇。 自身の祖先だと知るも、冷静になり攻撃を繰り出す時透。 しかし全く歯が立たず 左手切断、更には自分の刀を突き刺され柱に固定される。 遠くでその様子を見ていた 玄弥、黒死牟に気付かれあっけなく バラバラにされる。 玄弥ピンチに駆けつけたのは、兄・ 実弥! 弟のピンチに荒れる実弥、いい線いくも、負傷。 稀血で黒死牟を酔わせるも、劣勢に。 と、ここで 悲鳴嶼登場! 黒死牟に立ち向かうも、ヤバくなった悲鳴嶼は、痣を出現させる! 実弥も痣出現! 二人が戦っている間に、玄弥は 黒死牟の髪を食べ体再生。 時透も自力で動く。 悲鳴嶼・実弥が苦戦している所に、時透参戦! またも遠くで様子を伺う玄弥、次は 黒死牟の刀を喰う! 悲鳴嶼・実弥・時透が黒死牟に近距離戦を、玄弥が銃と血鬼術で黒死牟を固定する! ピンチに陥る黒死牟は吠え、体中から刀を出し広範囲に技を繰り出した。 ふっとばされる悲鳴嶼・実弥、 時透・玄弥は体が真っ二つに… しかし諦めない! 時透は黒死牟に突き刺した 刀を赫く染め、玄弥は黒死牟の体に残った銃弾から 血鬼術を! 更に悲鳴嶼と実弥の猛攻が続き、黒死牟の頸を落とす! しかしまだ再生し、バケモノのようになる黒死牟… 悲鳴嶼・実弥がまたも攻撃を繰り出し必死に食い止めようとする。 実弥の刀に写った自分の姿を見て、黒死牟驚愕。 その後炭治郎・義勇と対峙。 が、愈史郎が鳴女を操っていたおかげで、蜜璃・伊黒参戦! その後地上に叩き上げられる。 鬼殺隊総力をあげて無惨に立ち向かうも、敵わない… 傷を負い、無惨の血が体内に入った炭治郎、 瀕死!! その後も残った柱全員で無惨に立ち向かう。 攻撃を喰らった蜜璃一旦離脱。 悲鳴嶼・実弥・伊黒・義勇で攻撃を続けるも、全身満身創痍… と、ここで 珠代の猫登場! みんなに治癒の薬を打ち込み、一時的に体力回復! そして柱達は次々に 赫刀を出現させる。 ここで、愈史郎の札により姿を隠していた 善逸・伊之助・カナヲも登場し、総力戦! かと思いきや、無惨の広範囲かつ高威力の攻撃により、 全員吹っ飛ばされてしまう… ぎりぎり残ったカナヲ大ピンチ!を救ったのは、復活した 炭治郎! 過去の記憶により ヒノカミ神楽の十三個目の型を理解した炭治郎は、心を燃やし無惨に立ち向かう! が、なかなか十三個目の型を繋ぐ事ができない… しかし、無惨もまた力を失っていた! 珠世の仕込んだ薬には、老化の効果が潜んでいたのだ! それでも炭治郎はピンチに陥るが、失明した 伊黒が救い出し、なんとか生き延びる。 と、ここで無惨の体に 過去縁壱が残した傷痕が大量に浮かび上がる… 夜明けも近く、ヤバくなった無惨、 逃げ出す! それを必死に食い止める炭治郎と、重症を負ったはずの柱・善逸・伊之助達! ここで 夜が明け始める! マジでピンチの無惨は、肉の鎧を出し、 巨大な赤ん坊となり日陰を求め逃げ出す! それを食い止める生き残っている 鬼殺隊全員!!! そして、日の光に照らされた無惨は、灼け、塵になってゆくのだった… 200話「勝利の代償」~ 無惨に勝ち、喜ぶ鬼殺隊士達。 しかし、その代償で亡くなった者も多い… 炭治郎もその一人。 無惨が塵になった後に残った炭治郎は、脈も呼吸も無かった。 悲しがる鬼殺隊だったが、突如炭治郎の目が開く!!! そして近くにいた鬼殺隊士を襲う炭治郎は、鬼になっていた! 無惨が消えゆく前に、自身の夢を託していたのだ。 すぐに戦う義勇、そして駆けつけた伊之助・善逸、禰豆子! しかし、炭治郎は自我が無く、しかも陽の光をも克服し、止まらない! そこにふらふらと現れたカナヲ。 カナヲは炭治郎の様子を見て、胸ポケットからある物を取り出す。 それは、最終局面の前にしのぶから預かっていた、予備の人間に戻る薬。 カナヲは花の呼吸 終ノ型 彼岸主眼で炭治郎の元へ! 攻撃を受けながらも、薬を打つことに成功する! そして、炭治郎は無惨の呪縛から抜け出し、人間に戻る。 鬼化した炭治郎に傷つけられた者も、みんな無事! 禰豆子も人間に戻っており、一件落着!!!.

次の

鬼滅の刃「竈門炭治郎」誕生祭2020のお祝いイラストまとめ!!

鬼滅の刃炭治郎無惨イラスト

1000年以上前に鬼となってから鬼を増やし続けている。 を鬼に変えた者であり、の宿敵。 完璧な状態で永遠に変わらない「 不変」を好む。 アニメ声優は関俊彦が務めている。 概要 人間を鬼に変える血を持つ唯一の存在。 これまで幾多の人間を鬼に変え配下にしてきた。 しかし配下を信用することはしておらず、 呪いをかけ支配している。 自身の血を分け与えた鬼の細胞を自由に管理できるようだ。 また心情を読み取ることも可能である。 第52話では十二鬼月の 下弦の鬼が4人処刑されているが、少しでも反抗心を持つ心情を読み取られたり、少しながら気に障ったためである。 そのため、鬼化から逃れた 珠世からは「 臆病者」と呼ばれている。 鬼たちの前にですら姿を現すのは十二鬼月が欠けるなどして怒っている時のみ。 その際は理不尽に怒ったり、要求をしたりしている。 過去-無残が鬼になるきっかけ 平安時代に 産屋敷の一族として生まれる。 病に苦しんでおり寿命が短かったため善良な医者による治療を受けていた。 一向に病が治らないことに腹を立てた 無惨は医者を殺害してしまう。 実は医者が無惨に投与していたのは「 鬼になる薬」であった。 即ち この医者が全ての悲劇の始まりであることになる。 無惨は鬼の姿となってしまい、太陽の下を歩けない体になってしまった。 無惨は投与された薬に「 青い彼岸花」が関係していたことを知っており、 日光を克服するヒントを得るため青い彼岸花を見つけ出すこと、日光を克服する鬼を見つけ出すことを目的として鬼を生み出し始める。 珠世もその際に鬼化された存在だった。 無惨は珠世と共に行動していた。 ある日、鬼狩りであった 継国縁壱(炭治郎の祖先にあたる)と対峙する。 圧倒的な強さにより無惨は身体を刻まれ敗北寸前の状態に。 しかし、自ら 全身をバラバラの肉片にし細かくなることで逃亡に成功する。 鬼狩りに殺されかけたことからその後は姿を隠し配下の鬼を遣うようになった。 壮絶な炭治郎たちとの決戦 青い彼岸花、太陽を克服する鬼が見つからない中、 禰豆子が太陽を克服する。 禰豆子を確保し、喰らうことを目的に動き始める。 鬼殺隊と全面対決をするため自らの拠点である 無限城に鬼殺隊をおびき寄せた。 その際、そこに現れた 珠世により「人間に戻る薬」と称されたモノを投与される。 鬼の中でも強い者を集めた上弦の鬼の力をふんだんに使うも鬼殺隊により上弦の肆以外全員倒されてしまった。 無惨は珠世に投与された薬を分解すると、 自ら鬼殺隊を撲滅することを決意。 頭のみの姿になった珠世の頭を握り潰し、戦闘形態に姿を変えた。 全身には口のようなモノがついており通常時とは異なった姿だ。 まず最初に炭治郎と義勇に遭遇する。 「 お前らは生き残ったのだからそれで十分だろ」 「 私に殺されることは大災に遭ったのと同じだと思え」と話すとついに戦闘開始。 鬼殺隊を大きく超えた素早さで圧倒し 炭治郎の右目を潰した。 無惨は唯一残っていた 上弦の肆である 鳴女の視界を通じて城内を把握していた。 そのため伊黒、甘露寺は既に死んでおり、鬼殺隊の柱で生き残っているのは義勇、実弥、悲鳴嶼の3人であると把握していた。 炭治郎を追い詰め最後の一撃を与えようとしたその時、 背後から死んだはずの伊黒と甘露寺が現れ攻撃されてしまう。 実は、鳴女は珠世の生み出した鬼である 愈史郎により視界を操作されおり、無惨が鳴女を通じて見ていたものは現実とは異なるものであった。 鳴女の細胞を通じて愈史郎を殺害しようとするが義勇と伊黒により阻まれる。 無惨は腹を立て鳴女の細胞を破壊して殺害した。 しかし、これにより制御が崩れ、無限城は崩壊し地上に叩き出されてしまう。 夜明けまで1時間半であったため、それまでに 鬼殺隊を葬り日光から隠れるか、禰豆子を吸収する必要があった。 無惨は背中から触手のような管を生やしこれまでにない戦闘形態を見せた。 斬られても斬られた瞬間から細胞を回復させるなど圧倒的な強さを見せる。 攻撃に自らの血を混ぜており、喰らった者の細胞を破壊することが可能。 そのため、攻撃を受けた柱たちは細胞を破壊され死亡寸前まで追い詰められていた。 炭治郎は細胞破壊が進んでおり身動きの取れない状態であった。 しかし珠世の飼っていた猫がそこに現れ、 柱たちに細胞の破壊を和らげる血清を注射した。 これにより細胞破壊が断たれてしまう。 死んでもなお邪魔をしてくる珠世に苛立ちを顕にし大きな衝撃波を起こした後、柱たちの意識を失わせることに成功する。 しかし死亡寸前だった 炭治郎が血清により回復してしまい、炭治郎との一騎打ちが始まる。 炭治郎を圧倒する強さを見せたが、炭治郎は攻撃をかわし続けていた。 手負いである炭治郎に一撃を入れることができないことに疑問を持つ。 それは 無惨自身の動きが遅くなっていたからであった。 自身の中に取り込んでいた 珠世の細胞に薬について尋ねる。 それにより珠世が無惨に投与した薬の中に人間に戻す薬の他、 1分で5年分老いるという効果のある薬が含まれていることを知った。 投与されてからは3時間経っていたため 9000年分老いていることになる。 昔、 縁壱に追い詰められた時のように分裂し逃亡しようと考えるが、自身の体が分裂できなくなっていることに気付く。 これも珠世の薬による効果だった。 さらに細胞破壊用の薬も混ぜてあることを知る。 老いによる体力の限界や分裂して逃げられなくなった無惨は確実に追い詰められていた。 危機的状況に陥った 無惨はついに炭治郎に壁に追い詰められ身動きが取れなくなる。 さらに夜が明け太陽が昇り始めてしまう。 何としても身体を守らなければと考えた無惨は 炭治郎を巻き込みながらも肉体を膨張させ巨大な赤ん坊のような形に姿を変える。 日光に灼けながらも逃げようと 地面に潜りこもうと試みた。 しかし巻き込んだことにより体内にいた炭治郎により、内側から攻撃される。 限界を迎えた 赤ん坊の姿の無惨は日光に灼け消滅した。 身体能力 もはや 鬼を超越した存在であるため、あらゆる面で 圧倒的な強さを誇る。 鬼の弱点である首は克服しており、斬られてもすぐに再生が可能。 首だけでなく身体全体の回復速度が凄まじく、 斬られた瞬間から再生するため、斬っても斬っても意味がない。 そのため 日光以外の弱点がほとんど見当たらない。 肉体の中に 7つの心臓、5つの脳を持っており、これが強さの理由だと思われる。 技・血鬼術 血鬼術・黒血枳棘(こっけつききょく) 無惨が 唯一使用した血鬼術。 自身の血を有刺鉄線のような形に変形させ攻撃する。 しかし第139話では悲鳴嶼行冥により防がれてしまった。 戦闘形態で使用した技 管 両腕を変形させた2本の管、背中から伸びた9本の管を触手のように扱い攻撃する。 長いリーチと速さが特徴。 管には自身の血液が混ぜてあり攻撃をかすっただけでも血液が注入される。 そのため直撃しなくとも相手の細胞を破壊して倒すことが可能。 また自在に本数を増やせるため相手が管の動きに対応することはほぼ不可能だろう。 風 身体のいたるところについた口から風の渦のようなものを発生させ攻撃する。 吸い込む力も持っているため攻撃を避けられても吸い込むことにより攻撃を当てられる。 空気弾 全身についた口から空気を吸い込み、高圧で吐き出すことにより攻撃する。 衝撃波 体の中心に巨大な口を出現させ衝撃波を繰り出す。 ダメージだけではなく神経の動きを狂わせる効果もある。 そのため呼吸ができなくなるなど大きな負傷を与えられる。 名言 第51話 「 頭を垂れて蹲え 平伏せよ」 鬼たちを自身に従わせ支配している無惨お得意の台詞。 声優 関俊彦(せきとしひこ) 栃木県出身。 ・NARUTO(うみのイルカ) ・北斗の拳(サウザー) ・聖闘士星矢(蠍座のミロ) などの人気アニメのメインキャラクターを務める。 鬼舞辻イラスト Twitterでは多くの人が鬼舞辻無惨のイラストを公開しています。

次の