あつ 森 たぬきち 速報。 「あつ森」の利下げ、世界的経済紙の1面飾る

「あつ森」の利下げ、世界的経済紙の1面飾る

あつ 森 たぬきち 速報

お疲れ様です、かるなです。 「あつ森」こと「あつまれ 」()がコロナ自粛の中で爆発的なヒットを生むなか、 あつ森内の「による引き下げ」が本日のフィナンシャルタイムズ紙の1面を飾った。 ただ単なるほのぼの系のゲームと呼ぶには 妙にリアルな側面があり、そのような理由からか、2001年の第1作品()が発売されてから根強いファンを有するシリーズ作品。 そしてその「妙なリアルさ」の一つが、シリーズで導入されている 「システム」。 ついにもそこまでリアルさを追求したのかと驚いたものの、どうやらゲーム内の「利下げ」の理由は、 システムを利用したプレイヤーによるゲーム内通貨の荒稼ぎ防止だという。 このゲームのプレイヤーは自らの家などをグレードアップするために、ローンという形でカネを借り、それを日々返済していくことを一つの目標としており、その一環でゲーム内の ATMから「預金」という行動を選択することができる。 その結果、運営側による今回の利下げアップデートが施された。 この利下げアップデートを受け、上記の方法で資金調達を行っていた 一部プレイヤーからは批判の声が上がった。 またこの利下げについてFTの記事は本物の(?)経済関連記事と同様に金融関係者の見解をしっかり引用。 なにをいうてはりますの。 ただ、このジョークのためだけにインタビューを申し入れた記者の遊び心はどこか秀逸。 個人的には、記事タイトルにある「危険な賭け」というのが何を指しているのか最初疑問だった。 しかし、記事末尾によれば、今回の利下げアップデートにより、今後ゲーム内で効率的に通貨を稼ぐ手段は、ゲーム内に導入されているカブ取引(現実世界の株式取引を模倣)と午後7時以降に出現する大型の毒グモ・タランチュラの捕獲・売買になるとのこと(=危険な賭け) ここまで他人事のように書いてみたものの、自分もれっきとした「あつ森」ユーザーです。 まだ購入したばかりですが、ブログ記事そっちのけでプレイしてしまうため注意が必要。 巷では、あつ森ブームもあり、現在本体を入手するのが非常に困難らしく、アマゾンなどのネット通販でも入荷は数カ月待ちだとか。 早めに買っておいてよかった。 「」シリーズをプレイするのはこれが初めてであるものの、プレイしてみて、どこか「マインクラフト」に通ずる部分を感じた。 マインクラフトの方がより大規模な地形の構築が可能だが、どちらも「自らの世界観を形にする」というゲーム性で大ヒットを生んでいるという点では共通している気がする。 マインクラフトが発売されたのは、が発売されてから10年後の2011年である点を鑑みると、やはりの先見の明は凄まじい。 やなど、ゲーム・IT業界の企業にとって今般のコロナショックは思ってもないビジネスチャンスとなっており、今後の自粛生活をエンジョイする上で、この手の企業の動向からは目が離せない。 自粛中、現実世界であつまることはできないので、プレイしている人がいれば、是非あつ森の世界でお会いしましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。 記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。

次の

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第99回 史上最速の引っ越し(2)

あつ 森 たぬきち 速報

関連記事• 2020年6月23日 02:00 - [どうぶつの森まとめ速報]• 2020年6月18日 17:00 - [あつ森まとめ速報|あつまれ どうぶつの森]• 2020年6月19日 10:00 - [どうぶつの森まとめ速報]• 2020年6月22日 12:00 - [どうぶつの森まとめ速報]• 2020年6月16日 12:00 - [どうぶつの森まとめ速報]• 2020年6月23日 12:00 - [どうぶつの森まとめ速報]• 2020年6月19日 20:00 - [どうぶつの森まとめ速報]• 2020年4月24日 07:00 - [どうぶつの森まとめ速報]• 2020年6月22日 02:00 - [どうぶつの森まとめ速報]• 2020年6月24日 22:00 - [どうぶつの森まとめ速報].

次の

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第99回 史上最速の引っ越し(2)

あつ 森 たぬきち 速報

お疲れ様です、かるなです。 「あつ森」こと「あつまれ 」()がコロナ自粛の中で爆発的なヒットを生むなか、 あつ森内の「による引き下げ」が本日のフィナンシャルタイムズ紙の1面を飾った。 ただ単なるほのぼの系のゲームと呼ぶには 妙にリアルな側面があり、そのような理由からか、2001年の第1作品()が発売されてから根強いファンを有するシリーズ作品。 そしてその「妙なリアルさ」の一つが、シリーズで導入されている 「システム」。 ついにもそこまでリアルさを追求したのかと驚いたものの、どうやらゲーム内の「利下げ」の理由は、 システムを利用したプレイヤーによるゲーム内通貨の荒稼ぎ防止だという。 このゲームのプレイヤーは自らの家などをグレードアップするために、ローンという形でカネを借り、それを日々返済していくことを一つの目標としており、その一環でゲーム内の ATMから「預金」という行動を選択することができる。 その結果、運営側による今回の利下げアップデートが施された。 この利下げアップデートを受け、上記の方法で資金調達を行っていた 一部プレイヤーからは批判の声が上がった。 またこの利下げについてFTの記事は本物の(?)経済関連記事と同様に金融関係者の見解をしっかり引用。 なにをいうてはりますの。 ただ、このジョークのためだけにインタビューを申し入れた記者の遊び心はどこか秀逸。 個人的には、記事タイトルにある「危険な賭け」というのが何を指しているのか最初疑問だった。 しかし、記事末尾によれば、今回の利下げアップデートにより、今後ゲーム内で効率的に通貨を稼ぐ手段は、ゲーム内に導入されているカブ取引(現実世界の株式取引を模倣)と午後7時以降に出現する大型の毒グモ・タランチュラの捕獲・売買になるとのこと(=危険な賭け) ここまで他人事のように書いてみたものの、自分もれっきとした「あつ森」ユーザーです。 まだ購入したばかりですが、ブログ記事そっちのけでプレイしてしまうため注意が必要。 巷では、あつ森ブームもあり、現在本体を入手するのが非常に困難らしく、アマゾンなどのネット通販でも入荷は数カ月待ちだとか。 早めに買っておいてよかった。 「」シリーズをプレイするのはこれが初めてであるものの、プレイしてみて、どこか「マインクラフト」に通ずる部分を感じた。 マインクラフトの方がより大規模な地形の構築が可能だが、どちらも「自らの世界観を形にする」というゲーム性で大ヒットを生んでいるという点では共通している気がする。 マインクラフトが発売されたのは、が発売されてから10年後の2011年である点を鑑みると、やはりの先見の明は凄まじい。 やなど、ゲーム・IT業界の企業にとって今般のコロナショックは思ってもないビジネスチャンスとなっており、今後の自粛生活をエンジョイする上で、この手の企業の動向からは目が離せない。 自粛中、現実世界であつまることはできないので、プレイしている人がいれば、是非あつ森の世界でお会いしましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。 記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。

次の