かぐや様は告らせたい176。 『かぐや様は告らせたい』176話感想 早坂さんのサイドテールとシュシュ

かぐや様は告らせたい176話ネタバレ考察感想あらすじ!謝罪するかぐやと涙する早坂

かぐや様は告らせたい176

2020年4月23日発売の週刊ヤングジャンプ2020年21号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』176話が掲載されました。 かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜176話は、雲鷹の側近をかぐやと早坂が蹴散らし、雲鷹は手を引く事にしました。 かぐやは早坂の本心を知ってこれまで早坂に対して色々なものを彼女だけに背負わせた事を謝罪すると共に、主従関係の解消を宣言した様子です。 早坂は今日までかぐやをずっと騙し続けてきた辛さを押し殺す事が出来ずに、涙を流しました。 かぐや様は告らせたい176話のあらすじネタバレ かぐやが早坂を許そうとしているがどうすればいいのか分かっていない頃、早坂と同じように捕まっていた白銀の方でも変化が起こっていました。 白銀は雲鷹の配下に捕まっていたのに立っていて、配下の者が地面に倒れている状態でした。 その理由は白銀が配下の者に京都名物の七味を振りかけたからでした。 白銀曰く京都に来たらつい買ってしまうとの事です。 その頃、かぐやに許したいけどやり方が分からないからどうすればいいのか、早坂はどうしたいのかと言われた早坂はかぐやとの恋愛相談をしていた時は楽しかったと口にします。 しかし、だからどうと言われてもと困り果てている様子で、自分の願いを口にするのは早坂にとっては苦手分野でした。 そんな中、かぐやの背後に雲鷹の側近である天野が襲い掛かったのが見えた早坂は助けようとするも、別の者が早坂の髪を掴みました。 早坂は隠してあったナイフで自分の髪を切る事で脱出して天野を取り押さえ、かぐやももう一人を押さえつけました。 この様子に雲鷹は天野達に撤退するように命じたのです。 その際にかぐやには早坂には手を出すことはないと約束しました。 雲鷹が撤退したのは早坂を引き込む計画はかぐやがそれを黙認してくれれば成立したのだが、かぐやが許したいと言い出した時点で破断したと悟ったからです。 他にもかぐやは自分と同じ教育を受けているから自分と同じ行動をとると思っていたが、思っている以上にかぐやはアホになっていて、自分みたいなクソ人間にはなってなかったのも理由でした。 そんな中、早坂の母が現れて自分達がお互いに信じていれば違う未来が見れたかもしれないと口にすると、雲鷹はそんなおぞましい話をするなと言い放ちました。 その頃、白銀は千花と連絡を取り合っており、千花は先生達にはかぐやと早坂の事に関して上手い事誤魔化しているみたいです。 白銀は電話を切ると共に、かぐやと早坂を見ます。 彼女達はずっと話していて時々怒ったり、黙り込んだりしている様子でした。 かぐやは早坂が待っていた場所は、かぐや本人にとっては余りいい思いだがありませんでした。 今いる場所では幼き日のかぐやは味方がいないから仕事して自分の傍にいるように幼き日の早坂に言い、早坂もお仕事ならと了承した場所でありました。 かぐやはこれまで早坂は善意ではなく仕事して付き合ってくれたから信用できたけど、それが重荷になってしまったのならと謝り、今から自分達の主従関係は終わりだと言いました。 因みに後の処理はかぐやがする予定です。 対して早坂は謝るのは自分の方だと、頼ってくれたり楽しそうにしているかぐやを見ていると罪悪感がのしかかってきたと心の中で呟きます。 そんな呟きが聞こえたのかかぐやは涙を流し始め、自分には早坂を責める資格はないと、今の自分の怒りは一時的なものだけど早坂はずっと辛かった筈だからそれに気づけなくてごめんねと謝りました。 そうしたら早坂も涙を流し、かぐやに何時この事がバレて嫌われるのが怖くて辛かったと本心を言いました。 かぐや様は告らせたい176話の感想と考察 最初はぎこちなかった感じがありましたが、次第にかぐやは早坂の事を許し、早坂も心のうちに隠していた本心を打ち明ける事になった良かったです。 昔のかぐやのままなら雲鷹の思い通りになっていたかもしれませんが、かぐやが白銀の事が好きになって何とか告白させようとしていく中でいい意味でアホになったから雲鷹の計画に支障をきたしたのだと思います。 次回177話はこの修学旅行中、2人はどのような態度を取る事になるのかが明らかになると思います。 かぐやは早坂に対して契約の打ち切りを宣言しましたが、そう簡単には上手くいかないと思います。 その理由は2人の間には主従関係としての年月が非常に長い事です。 早坂の場合はかぐやの傍に他の者達がいた場合はかぐやに仕えるメイドである事がバレないように演じてきているので何とかなると思いますが、問題はかぐやの方です。 かぐやが住んでいる家にも多くのメイドや執事がありますが、かぐやが一番に頼りにしていたのは紛れもなく早坂です。 事あるごとに早坂を頼ってきたかぐやは、この関係が切れたとしてもいつもの癖で早坂を呼んだりすると思いますのでかなり大変ではないかと思います。 それ故にかぐやは一旦普通に友人関係として早坂と接していく事で収まると思います。

次の

かぐや様は告らせたいとかいうマンガwwwwww : ジャンプ速報

かぐや様は告らせたい176

「かぐや様は告らせたい:177話」のネタバレ 早坂との別れ 自分の修学旅行はここで終わりだと告げる早坂に、かぐやはこれからどうするのかと尋ねる。 せっかく自由になったのだからやりたいことをやりますと言う早坂。 こうして二人の主従関係は幕を閉じた。 翌朝、藤原のとんでもない作り話のせいで友達の間では根も葉もない噂が飛び交っていた。 早坂が戻ってこないのは、先物取引に失敗して養殖していたアザラシが集団脱走したからだの、白銀の婆ちゃんがポテチの転売に大失敗しただの訳がわからない。 とにかく今日こそは一緒に回れるだろ?と尋ねる豊崎らに、今日も野暮用があると答える白銀。 背後で待機するかぐやを見つけては、ビュッフェ方式並みにとっかえひっかえだと囁かれる白銀だった。 空いた穴 早坂のSOSに気づいてやれなかったことを悔やむかぐや。 これまでも幾度となくヘルプサインを出していたかもしれないと思うと後悔する。 早坂と白銀が一緒に京都を回ると聞いたときは嫉妬したが、あれは早坂を守ってくれていたのだと分かり、かぐやは礼を言う。 たいしたことはしていないと返す白銀は、自分のした行いを振り返り改めて、本当に大したことをしていないことに気づく。 早坂はどこへ行くのだろうとかぐやは言う。 自分から解放され、自由になったことでどこへでも行くことができるんだと。 それが彼女にとって良いことならば落ち込んではいられないと、白銀の手を取りこの修学旅行を楽しもうと心に決める。 新しい関係の始まり こうして修学旅行を無事に終えたかぐやは帰宅した。 翌朝、学校への送迎車に乗り込もうとしたかぐやは人影に気づく。 駆け寄るとそこには、髪の毛をバッサリ切った早坂が手をあげて立っている。 一緒に学校に行こうよと、少し顔を赤らめながら。 かぐやは涙を浮かべながら、いつかこうなれたらいいなとずっと夢見てきたと涙した。

次の

かぐや様は告らせたい2巻を完全無料で読める?zip・rar・漫画村の代役発見!?

かぐや様は告らせたい176

スポンサーリンク 報告 かぐやは早坂にあやとりを教えてあげようとします。 食事を1人で取ることに孤独を感じ、早坂を誘います。 寂しいのか、何かにつけて早坂と一緒に行動しようとします。 かぐやはかぐやで、巨大な四宮家の中で溺れないように必死です。 早坂と仲良くなって、その孤独や不安を取り除きたいと思っているのでしょう。 かぐやは最初から早坂に心を開いていたんですね。 でも早坂はかぐやと距離を置こうとします。 あやとりも「結構です」 食事も「そういう決まりです」 お誘いも「仕事がありますので」 仕方がないことだと自分に言い聞かせていても、夜には黄光に全部報告しなければいけません。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」175話より引用 「かぐや様は純粋で繊細で孤独な方です」 黄光に報告する早坂の表情が苦しそうで切ないです。 スポンサーリンク ついに…! 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」175話より引用 かぐやは早坂に街でプレゼントを買ってきたことがありました。 「早坂に似合うと思って…もらってくれる?」 なかなか距離が縮まらない早坂に喜んで欲しくて買ってきたのでしょう。 ちょっと不安そうなかぐやがかわいいです。 差し出したのはゴムでした。 それは、多分今も早坂がつけているゴムだと思われます。 雲鷹は早坂に黄光から離れ、自分につくように誘いかけますが、早坂は拒否します。 「いやです これ以上かぐや様を…」 雲鷹はその様子を見て、早坂のかぐやへの情に気づきます。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」175話より引用 「ならそれを断ち切ってやるよ」 雲鷹はかぐやに電話をかけ、早坂の裏切り行為を暴露してしまいました…。 スポンサーリンク 言い訳 早坂の裏切りを本人に確認したかぐやは静かに問いかけます。 でも、現実はそうはなりません。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」175話より引用 「許せない」 それはそうでしょう。 それだけ早坂を信じていたということなのだから。 そして、その気持ちを踏みにじったのだから…。 かぐやは改めて早坂に問いかけます。 「言い訳の一つでもしたらどう?」 「わた、私は…かぐや様と…」 早坂はようやく口を開きかけましたが、雲鷹は遮り、早坂を連れて行こうとしました。 スポンサーリンク 許したい 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」175話より引用 「今!!早坂が言い訳しているところよ!!」 かぐやは雲鷹を思いっきり叩き倒しました! さすがかぐや様です!w 「私…許せないって思った人を許した経験が一度だってないの」 「許したいって思ったの今日が初めてで やり方がわからないのよ!」 「私はどうすればいいの?!」 「貴方はどうしたいのよ?!」 かぐや自身も混乱していました。 裏切りは大嫌いなかぐやですが、早坂のことは大好きなんですね。 だから、許せないのに、許したいのです。 初めての経験に戸惑うかぐや。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」175話より引用 早坂の言いかけた言い訳はなんだったのでしょうか? 主従関係を超えた2人の未来はどうなるのでしょうか?! スポンサーリンク 『かぐや様は告らせたい』ネタバレ175-176話のまとめ 今回のお話では、早坂の正体がかぐやに全てバレてしまいました。 でも、早坂の気持ちとかぐやの気持ちは同じということもわかりましたね。 お互いを大切に思っていることが2人の新しい未来に繋がればいいなと願ってやみません! 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」175話より引用 それにしても四宮家の兄たちはちょっと…かぐやにとって信頼のおける相手とは言えないですね。 かぐやも早坂もかわいそうだと思ってしまいました。

次の