転生したら悠々自適の皇妃ライフ renta。 Renta!

Renta!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ renta

俺は大魔導士だ!|ネタバレ!9話から最新話・結末まで! 現在、ピッコマでは8話まで無料で読めますので、1話から8話まではサクっとあらすじを書いていきます! 10年前「ポータル」から現れたモンスター。 それらの登場と共に現れた覚醒者たち。 主人公の吉澤覚(よしざわ さとる)は28歳でフリーター。 その仕事をする理由は 「急性失魂症」という病にかかった母のため。 ある日、モンスターと覚醒者の闘いに巻き込まれた吉澤覚。 大けがをしししまい 前世の記憶が戻る。 メンバーから質問攻めにあう覚。 デバフと暗示と麻痺 たくさんのスキルを使った覚がレベル1だとは思えないと驚くメンバーたち。 覚のおかげでまだ体力も魔力も残っている。 さらにハンティングを続行することに。 通常の4倍の結果だと喜ぶメンバーたち。 さらに他のメンバーも覚に分けたいと言い出す。 ツンツンしていたヒーラーも 「私は10%でいいです!」 という。 (ただの恥ずかしがり屋だったんだな) とフッと笑う覚だった。 そのお金で土地と新築の契約を済ませた。 魔法の効果を常時保つことのできる住宅 「パッシブハウス」と契約したというのだ。 自分のステータスを見る覚。 「…ん?」 ステータスの魔力が 2つに分かれていることに気付く。 「16は俺自身の力 25はアカシャから提供された魔力」 家の完成まで2か月 トリプルウィザードになれるまで20日 母の病を治すまでの期間を逆算する覚だった。 覚醒者の管理とサポートをする というハンターマネジメント。 すでに覚のスキルや母の病状 などの情報を調べたうえで 10億を契約金にするという話を持ち掛けてきたのだ。 内心では10億という金額に喜んでいたが… 「少し考えさせてください」 といい他の企業の名刺を見せつける覚。 (どんな大企業だろうが 今は君たちが弱者で 俺が強者なのだ) ニヤリと笑う覚。 「大手企業と契約して契約金の一部で マンドラゴラを購入した」 そう医師に話す覚。 すると 「お母さまが意識を取り戻しますよ」 そういう先生。 目を覚ます母。 「覚…なの?」 そう言い 覚の頭を撫でる母。 母の手を握り 涙を流す覚。 「本当に目が覚めたんだ…!」 そこで医師の診察が入る。 看護師は驚く。 「さすがマンドラゴラだわ。 」 さらに不思議なことに 母親は若返っていたのだ。 11話ネタバレ! 母を車いすに乗せ 散歩をしている覚。 マンドラゴラの話を聞いた母は 「本当なの?」 と価格のことを心配する母。 そこで覚醒者証明を見せる覚。 母を後ろからギュッと抱きしめ 契約金20億を得たことを話す。 しかし涙を流す母。 「私のせいで歌手になる夢まで 捨てて命を懸けるなんて…」 と謝る母だった。 力を入れている新規プロジェクトに 合流してほしいという清水。 その新規プロジェクトは、 新人を集め将来が期待される人を起用して成長させるものだという。 そのためにお金が今すぐに必要な覚醒者たちを集めてチームを作ろうと言うのだ。 そんな人でチームを作ればルールも守る。 強制力のある円満な戦闘運用ができる。 という清水。 そのチームに覚が合流するということだった。 12話ネタバレ! チームのメンバーがいる部屋へ入る覚は 簡単に挨拶をする。 ニコと笑い歓迎する安田と白石。 その後、 アタッカーの 岡崎雅也と 小久保蓮とも合流。 みんな歓迎モードだったが… サポーターの有本だけ反応が薄い。 (同じサポーターか。 俺のことが目障りって顔だな) 有本の反応を見て、察する覚。 前世の記憶をたどる覚。 (前世でも女の人から名前で呼ばれたことないな…) (いや…アカルマン…確かあいつ女だったよな) (俺の前世に女はドラゴンだけか) はぁ・・・ と自分の過去に呆れているのかため息をつく覚だった。 そこへモンスターの襲撃! すぐに反応した覚は モンスターに麻痺魔法をかけると 動けなくなるモンスター モンスターの様子を見に行った岡崎は 「戦わなくてもいいハンティングか… あとは俺が処理する」 と言い、 (召喚) そう唱えると、岡崎の手に槍が召喚される…! (さて実力は?) ニヤっと笑う覚だった。 長くなったので一旦切ります! 続きは以下のページにて! 俺は大魔導士だ!|9話からの感想! 以上、9話から12話までのネタバレでした! 8話まではちょっと進むのが遅く感じましたが9話からはなかなか面白い展開だと思いました! 母親の件については「俺だけレベルアップな件」に似ています…!(知らない人はすみません;)しかし、違うのは契約金で病気を治したということ!覚には 20億を出すほどの価値があるということが分かりました。 さて、ここからは覚がチームを組んで活躍していくわけですが、、 有本の存在だけが気がかりですね! あまり人間関係は上手そうには見えない覚。 どうにか和解できるといいですね。。 では13話以降は!.

次の

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?を絶対無料で読めるサイトはここ!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ renta

タイトルと表紙からしてとても不穏な内容だろうと思いますよね。 まぁその通りなのですが…笑 灰嶺中学2年D組…つまり一クラスのみにスポットをあてています。 誰からも好かれていた彼女ですが、その半年後に校内で自殺をしてしまいます。 そして彼女の葬儀を終えて教室に戻るとクラスメイト全員の机には姫山椿から 「遺書」が置かれており、そこからクラスメイト達の闇が暴かれていきます。 もうこの内容を読んだだけでとても興味を惹かれてしまいませんか? まだ2巻までしか発売されていませんが、常に続きが気になってしまいます! まずこの序列!なんの順位付けなのかとても気になりますがやっぱり悪意しかないと思ってしまいますよね。 上位は優れていて、下位は他より劣っているという先入観がありますよね。 これが人間関係を複雑にする恐ろしいスパイスとなってきます。 そして姫山椿の自殺と遺書。 学校内で自殺って学校で何かあったからそこで自殺したと考えてしまいますよね。 それに遺書…なんのために全員分なんて書いたのでしょう?仲の良い人だけでよくない?? 葬儀の当日で机にあるなんて結構恐ろしいシチュエーションな気がします…。 そうして自殺の理由を探していたのがだんだん犯人探しに発展していきます。 とにかく読み進めていくと、どいつもこいつも猫かぶっていやがったなー!!ってなります。 それにクラスメイトだったのにだんだんお互い容赦なくなっていくのがなんとも怖い怖い。 今続きが気になる漫画No. 1の作品なので是非読んでみて下さい!!.

次の

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ45話~46話まで!(韓国版→日本語訳)|漫画Plus!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ renta

話題は、 春の花まつりについて。 空を見上げながら、 花祭りを楽しみにするレアナ。 「帝国が動揺しないことを示さなければ」 と意気込むレアナに、 皇帝は何だか浮かない表情。 祭りよりもレアナが心配だったのだ。 「皇妃の義務とはいえ…ムリしないでほしい。 」 そんな皇帝に笑顔で答えるレアナ 「だからこそ私が出なければ。 」 今回の花祭りは、平民も参加する祭り。 多くの人が期待しているから頑張りたいと話すレアナ。 それでも心配な皇帝。 「余を頼ってほしい」 と伝える。 愛おしそうにレアナの髪に触れる皇帝。 過去の後悔と謝罪をすると… 手を下ろし 「こんなことを言う資格がないと思うが…」 と言い出す。 その言葉を聞いて レアナは考える。 (私は原作のように生きたくなくて、陛下とミアを無理やりつなげようとしてきた) (私の感情に目を背けて来た) フッと皇帝に近づくと… 皇帝の手を握り・・ (私のそばにいる人は陛下でなければ意味もないと思う) 「一緒にいてください。 陛下」 と笑顔を見せるのでした。 目をまん丸にして 口をポカンとさせる皇帝。 とっても嬉しそう。 そんな皇帝を じーっと見つめるレアナ。 そんな視線に耐えきれずに 「何か言いたいことがあるのか?」 と問う皇帝。 すると… 「本当にハンサムだなと」 それを聞いて皇帝派顔を赤らめながらも 「・・・! あなたは世界で一番美しい・・・!!」 と言い出し、また変なセリフを言い出す。 呆れたレアナは笑顔で話しを変えると… 犬のようにシュン…と落ち込む皇帝。 それが何とも愛らしく感じるレアナ。 そして… (もう原作は何の役にも立たない) と思うのでした。 ミアの巡回は順調。 民心も落ち着いたと。 大臣たちの反応も良くなった…。 そうテリアが考えていると… 「財務官様」 と声を掛けられる。 ルマンだった。 そんなルマンを疑うような警戒するような目で見つめるテリアだった。 「もう宮を空にして消えないわ」 と笑顔で話すレアナ。 「次のために早く動きましょう。 」 とフードを被る人物。 その人物と話す相手は… ルマンだった。 46話ネタバレ!.

次の