オセロニア 納涼 メフィスト。 【逆転オセロニア攻略】納涼メフィスト以上の火力!シエンティアの評価 [ファミ通App]

【逆転オセロニア】闘化ヴィーナスの新スキルフォースで納涼メフィストが環境復帰!?闘化ヴィーナス入り納涼メフィストデッキで負け終わりシーズンマッチ!【ノーカット】

オセロニア 納涼 メフィスト

上昇したHPを保ちつつも、デバフなどで敵の攻撃を抑え、 毒・吸収・特殊ダメージなどで火力を出していこう。 初手に置くことによってコンボスキルの1,000吸収を最大限活かすことができる。 風車定石の場合、 先攻なら3手目、後攻なら2手目に辺に配置するのが有効だ。 先攻なら2手目にC打ちすることで、毎ターン1,200の毒ダメージを最大限に与えられるぞ。 デバフ駒はコンボが確定した時に置く 「ルシファーデッキ」には、1ターン40%デバフの駒を2体採用するのがポイントになる。 「3周年サキュバス」や「テラーナイト」のデバフキャラは、相手にコンボ導線を作られてしまった際に置くと被ダメージを抑えられるぞ。 手駒ロックは簡単に切らないこと 「ルシファーデッキ」では、手駒ロックをスキルに持つ 「ルキア」と「 ハロウィンアンカード」は、簡単に切らないのが重要だ。 フィニッシャーとなる「サタン」の火力を上げるために 相手の駒を残しつつ、相手のS駒を封じたい場合に使うのが最も有効だ。 ハルは罠回収に使おう 特殊ダメージを持つキャラが少ないため 、「ハル」は罠回収要員として非常に優秀だ。 また、 序盤から中盤にかけての削り役としても活躍が期待できる。 HPを高く保ちつつ、毒・呪い・吸収等で攻めていけるので ライフアドバンテージをとって有利に立ち回ることができる。 メフィスト毒オーラデッキのレシピ コスト200デッキ HP コスト 約29,000 200 納涼メフィスト 【闘化】 ヴィーナス 【闘化】 ラファエル 【進化】 夏シュクレ 【闘化】 イシュケ 【闘化】 アイドルアンナプールナ 【進化】 エンデガ 【進化】 バレンタインウケモチ 【進化】 ヴァイセ 【進化】 夏ブランジェッタ 【進化】 ミサト 【進化】 ブランジェッタ 【闘化】 アルカード 【闘化】 リッチ 【闘化】 イヴェット 【進化】 ルキア 【進化】 入れ替え候補 S駒 ヴィクトリア 【闘化】 クイナ 【闘化】 ティターニア 【進化】 A駒 エルリック兄弟 【闘化】 聖ピリキ 【進化】 夏ピリキ 【進化】 メフィスト毒オーラデッキの使い方 ライフアドバンテージを取り続けよう メフィスト毒デッキ主軸の 「納涼メフィスト」は、手駒にある時に毎ターン700の毒ダメージを与えることができる。 序盤は、「アズリエル」や「リッチ」毒に加えて「ティターニア」や「アルカード」の特殊ダメージスキルでHPを削っていき、中盤以降は「エンデガ」や「ヴァイセ」などのフィニッシャーで大ダメージを与えていこう。 また、合わせて「碧音」から召喚される「妖猫」や、「オルプネー」の吸収スキルで、 ライフアドバンテージを取り続けよう。 手駒ロックに気をつけよう メフィスト毒オーラデッキのリーダーに編成している「納涼メフィスト」は、他のS駒と比較するとATKが低く「ルキア」の手駒ロックで釣られる可能性が高いぞ、対策方法として 「納涼メフィスト」よりATKが低い駒を常に手駒に持ち、ルキアの手駒ロックを回避しよう。 関連記事.

次の

【オセロニア】納涼メフィストフェレス(サマー)の評価|毒オーラが強い!フランケンと比較してみた!

オセロニア 納涼 メフィスト

魔S駒:「納涼メフィストフェレス サマー 」の評価と入手 サマーメフィストフェレスは今回のオセロニア限定ガチャイベント「サプライズ4SEASONイベント」でピックアップ中の魔属性のS駒です。 入手について サマーメフィストフェレスは サマーガチャや今回のイベント「サプライズ4SEASONS 4シーズン ガチャ」を引くことで、確率で入手可能です。 進化は速攻性のある毒スキルと、HPアドバンテージをつけるのに役立つ吸収スキルを搭載した魔属性らしいキャラ駒。 闘化はリーダー毒オーラスキルと、終盤に強いライフバーストコンボを搭載した盤面でも活躍できる性能を秘めた扱いやすいキャラ駒。 スポンサードリンク 納涼メフィストフェレス 進化 について サマーメフィストフェレスの進化イラストがこちらです。 サマーメフィストフェレス 進化 のステータス サマーメフィストフェレス 進化 のステータスは以下のようになっています。 デッキに編成するだけでも最大HPをかなり拡張できるでしょう。 アタッカーというわけではないため、そこまで大きな問題はありません。 特徴と使い方 では次にスキルとコンボスキルについて見ていきましょう。 こちらは盤面で表になっている2ターンの間にわたって毒効果を与える毒スキルです。 発動条件はなく、 バトル中のどんなタイミングでも状況を選ぶことなく発動することができます。 配置した次の相手ターンにひっくり返されないところに配置するのが吉ですが。 そういった点での扱いやすさは高評価できます。 相手のHPを1300吸収し、自分のHPを回復するというもの。 こちらはなかなかに優秀な吸収コンボスキルです。 発動条件は「2枚以上ひっくり返せるマス」ということで、比較的発動しやすい条件と言えるでしょう。 サマーメフィストフェレス 闘化 の闘化素材 サマーメフィストフェレスの闘化素材は以下の通りです。 積極的に挑戦して必要分揃えましょう。 サマーメフィストフェレス 闘化 のステータス 闘化 のステータスは以下のようになっています。 特徴と使い方 では次にスキルとコンボスキルについて見ていきましょう。 こちらは盤面に出さずリーダーとして手駒にある間に効果を発揮する毒オーラスキルです。 リーダーであるという制約もあり、同系統の毒オーラを持つ 闘化フランケンシュタインよりも火力が大きくなっています。 使い分けとしては 毒オーラを主力として使いたければ闘化サマーメフィストを使うべきですし、そうでなくデッキの補助ダメージ要因としてならばフランケンシュタインで良いでしょう^^ 毎ターンごとに700ずつの毒ダメージを与えられるオーラスキルはかなり強力といって良いでしょう。 スキル発動時のHPが減少するほどダメージが上昇し、最大で3500の特殊ダメージを与えるというもの。 こちらはバトル終盤になるほど効果が増大するライフバーストコンボです。 火力は最大で「 3500」とS駒の中では火力は低いです。 進化は速攻性のある毒スキルと、HPアドバンテージをつけるのに役立つ吸収スキルを搭載した魔属性らしいキャラ駒。 闘化はリーダー毒オーラスキルと、終盤に強いライフバーストコンボを搭載した盤面でも活躍できる性能を秘めた扱いやすいキャラ駒。 サマーメフィストフェレスは進化と闘化がどっちも強力なので、 スキル上げしても良いでしょう。 それではまた次回までワサラなら~ この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

次の

【オセロニア】納涼メフィストデッキのレシピと使い方|ゲームエイト

オセロニア 納涼 メフィスト

皆さんこんにちは 2019年ももうすでに1か月が経過しようとしておりますが、いかがお過ごしでしょうか 月末といえばアレですね そう!戦! 今月の戦に参加された方なら誰しもが思ったことだとは思いますが、 「納涼強すぎない????」 今回の戦で、いったい何度 奴に蹂躙されたことか、、、 でも、ただ「強いと感じた」で終わらせるにはもったいない気がするので、今回は、そんな納涼の強さを、徹底的に考察していこうと思います 1. 納涼の紹介 まず初めに、納涼の諸パラメ ータを確認しておきましょう 納涼、別名伊丹さん オセロニアンの戦2017チャンピオン。 ヨシノ等とは異なり、自身を出さなくてもいい分、1ターン自由時間が生まれる• 盤面毒とは異なり、1ターン目から最後までずっとダメージを与えられる• バフオーラとは異なり、毎ターン決まったダメージを与えられる 以上3つくらいが簡単に思いつくものでしょうか ということで、今回はこの3種、 ヨシノ・盤面毒・オーラバフ と比較を行っていこうと思います ROUND1. VS ヨシノ ヨシノといえば、言わずと知れた、最強クラスの初手特殊ダメージ・リーダーキャラですね 特に、ヨシノ・を採用するデッキはタイプが非常に似ていることも多く どちらを採用するか迷うこともあると思います。 まずは、と同様にヨシノのステータスを確認しましょう そして、つぎにヨシノが与えることのできるダメージを考えます 決着がつくまでのターン数をnターンと仮定すれば、 1ターン目はヨシノを出すので、、 と書くことができますね #ここで、Danはnターン目に与える、キャラ駒のATKに依存するダメージ 例:通常攻撃・通常攻撃のK倍のダメージ など # Dsnはnターン目に与える、キャラ駒のATKに依存しないダメージ 例:毒・呪い・固定値特殊ダメージ など 納涼でも これと同様にダメージ表を作ると となります ここで、は非リーダー分のダメージがDnまであるのに対し ヨシノはn-1ターンであることに注意します(ヨシノを出すターン分1ターン少ない) そして、これらのキャラが同じターンで出せるダメージを式にすると以下のようになります それぞれの式にて、左辺が共通であるため、右辺同士を等号でつなぎなおすと、 これによって、がヨシノを超えるために、「ヨシノを出さなくていい分生じる自由時間となった1ターン」で出せばいい、ダメージの最低量がわかってきます。 これを踏まえて、HPが24,000程度になりがちなうえ、フィニッシュ力も比較的低くなるためバトル自体が長引く、戦のことを考えてみましょう。 仮に、決着までが7ターンだとすれば、HP24,000の条件において、側が1ターン目で 844以上のダメージを出したら、 側が100%ヨシノを超えることになります そして、844というラインは、ほとんどのキャラが素の攻撃力で越えているため、今あげた例の状況では、側が圧倒的に強いということになります。 これで、初手なんてしたら相手は顔面真っ青ですね、、、 ROUND2. VS スパルム 次に比較を行うのは、最強の配置増加毒スパルムです。 こちらについても、一応ステータスを確認します。 ポイントは、毒ダメージが増加することですね、 これを表に直すと、、、 少し複雑ですね、、 なので早速、式にしてしましましょう これも、と比較しやすいように左辺を揃えるよう変形しておきました ということで、これをと比較しましょう このままでは少しわかりにくいので、わかりやすいように表にすると 以上のように、 約8ターンを基準に強さの序列が決まりそうですね。 9ターン以上生き延びるのは、防御寄りのデッキのデッキとなりそうですが、 ベルゼ・アズなんかを積んでゴリゴリと攻めがちなデッキであればやはり に軍配が上がりそうです ROUND3. VS 最後に、オーラバフとも比較してみましょう ということで、同じSとして比較対象はさん 先ほどまでと同様にガンガン計算しちゃいましょう ささっと計算しちゃいましたので最果だけ解説します ここでDaの上に「-」があるものは、与えるダメージ ATK依存分 の 平均値を意味しています つまり、 与えるダメージの攻撃力依存分が1750以下であれば の勝ち 1750以上であればの勝ちということになります。 ちなみに、罠駒は攻撃依存分が1250ですので、に罠駒をたくさん採用するのはいい選択だといえそうですね まとめ 今回の比較をかんたんにまとめます• 【 vs ヨシノ 】戦などのHP帯であれば無双• 【 vs スパルム 】防御寄りデッキを組まずとも戦えるがやはり強い•

次の