いし づち 眼科。 いしかわ眼科|練馬区医師会

岐阜市の眼科の病院・クリニック(岐阜県) 43件 【病院なび】

いし づち 眼科

2020. 診察日:月曜午前・午後、木曜午前、金曜午後、土曜)• 2020. 2020. 2020. 03 3月から6月まで 予定 、加藤医師お休みの為、診療体制に変更があります。 詳しくはお電話でお問い合わせください。 2020. 06 2020年1月より、第二土曜日 変更の場合あり は、院長と福田医師 筑波大学附属病院眼科准教授 の2診体制となります。 2017. 07 石井祐子医師が副院長に着任しました 7月4日付。

次の

歴史が眠る多磨霊園:著名人 全リスト

いし づち 眼科

【閲覧ページナビ】 ー ココ 滋賀県草津市、JR草津駅西口から徒歩10分にあります、いしだ眼科です。 メガネ・コンタクトレンズの処方、アレルギー、ドライアイ、眼精疲労、白内障、緑内障、眼底疾患、眼の健康相談などの一般診療の他、手術(白内障、翼状片など)、レーザー治療(糖尿病網膜症、静脈閉塞症、後発白内障、緑内障など)も行っています。 お子様からお年寄りの方まで幅広くご利用いただいております。 お気軽にご来院下さい。 当院はバリアフリーです。 車椅子をご利用の方もご心配なく来院ください。 ご迷惑をお掛けしますがご理解のほど宜しくお願い致します。 【2013. 01のお知らせ】 診療時間変更のご案内 ・火曜日午前診の受付を11:30まで ・土曜日の受付を12:00まで とさせて頂きます。 その他の曜日の外来時間は従来通りです。 よろしくお願いいたします。 第2駐車場のご案内 当院から東に50m(エイスクエア方向)「グリーンガレージさん」内に当院駐車場を設けております。 医院前駐車場が満車の場合にご利用ください。 いしだ眼科 Ishida Eye Clinic 〒525-0027 滋賀県草津市野村6丁目11-4コンフォーレT3 電話:077-516-7288.

次の

千葉県流山市の眼科【いしい眼科】

いし づち 眼科

東京大学医学部附属病院眼科では約20年間、幅広い眼科疾患を診療するための技術を身につけるべく研鑽してまいりました。 そして網膜疾患の診療を専門に決めてから、さらに、シンガポールナショナルアイセンターに籍を移して、網膜疾患の中でも患者さんの数が急激に増えている黄斑疾患の勉強を続けてきました。 旭川医科大学病院では黄斑外来で加齢黄斑変性を中心とした病気の診療を行い、患者さんと一緒に病気と闘っております。 受診なさる患者の皆さんの視力を一生に渡って守るべく日々の診察にあたっております。 また、これまでの治療では治すことの出来なかった患者さんに、見える喜びを取りもどす事ができる様な新しい治療を実現すべく基礎的な研究にも励んでおります。 そのために、現在でも、旭川医大だけでなく、シンガポールにも研究室を構えて、創薬の研究を進めています。 患者さんも今は治療が大変だと思いますが、一緒に頑張りましょう。 我々も頑張っていい治療、新しい治療をお届けしたいと思います。 患者さんに学ばせていただいたことを、患者さんにお返しするべく、日々診療しております。 旭川医大大学院にて近視研究で医学博士を取得し、現在も近視が専門分野の一つです。 さらに、眼底形態評価、眼微小循環評価、視機能評価といった内科的網膜分野(メディカルレチナ)を中心に研究を行ってきました。 この研究を発展させるためハーバード大学スケペンス研究所に1年留学し、ハーバード大学客員講師としてさらに1年研究を重ねました。 この時に出会ったロービジョンケアも現在の専門分野の一つです。 旭川医大病院の専門外来では、近視外来と視機能障害を有する患者のためのロービジョン外来を担当しています。 物を見る機能が集中している黄斑部に生じる疾患を中心に、病気の所見と見え方を詳細に評価し、疾病の早期発見・早期治療、あるいは視覚リハビリテーション、そして予防まで含めた医療を目指しています。 とくに、患者さんの感じている見え方の不自由さをできるだけ詳細に把握し、残された視機能をどのように使えば日常生活の質の向上に繋がるかを考えながら診療することを心がけています。 これまでも、近視進行予防に関する国内多施設研究に関わっており、視機能評価あるいは視機能向上のための装置の開発も行ってきました。 さらに、医工連携総研講座の立場から、眼科遠隔医療に関する研究も行ってきました。 みなさんの目の健康維持ならびに見え方による生活の質の維持・向上のため、このような研究開発を通して眼科医療に貢献して行きたいと考えています。 旭川医大卒業後、大学院では免疫に関与するHLAの研究を行い、ハーバード大学スケペンス眼研究所留学時は、網膜細胞移植の研究と硝子体検査(眼の中に詰まっているゼリー状のもの)を行っていました。 眼科臨床診療に関しては、旭川医大、旭川赤十字病院で研修し、現在は緑内障と眼炎症性疾患を専門としております。 また、医工連携総研講座に所属し、遠隔医療にも関わっており、日々進歩するICTの医療への応用に携わっています。 地域医療に貢献できるよう、臨床診療に軸足を置きながら、大学としての責務である研究も続けたいと考えております。 診療では患者さん個人個人の視機能の維持、研究では視機能維持に関わる知見を得られるよう、仕事を続けております。 2年の研修機間を経て、平成19年に旭川医科大学の眼科に入局し、旭川医科大学病院だけでなく、関連病院で、眼科の知識や技術を得るため眼科診療に専念していました。 平成25年から、機会があり旭川医科大学眼科の糖尿病網膜症外来を任せられるようになりました。 ただ、糖尿病網膜症は、成人失明の上位の疾患で、毎年多くの患者さんが失明しています。 大学院時代のテーマでもあった糖尿病網膜症と眼循環の研究の面から、1人でも失明患者を減らせられないかと、さらなる研究を求めて、平成28年より、循環研究のメッカでもあるTexas A&M Health Science Centerに留学しました。 留学中様々な挫折を経験し、一回り大きくなって帰ってきました。 現在も糖尿病網膜症外来を担当しており、外来診療・手術・研究と日々過ごしています。 実際の外来でも、旭川医科大学眼科が独自に開発している眼底血流計を用いて、網膜循環を測定しています。 ただ糖尿病網膜症と網膜循環の関係は、まだまだわからないことも多く、壮大なテーマに立ち向かっている状態ですが、ただ少しでも多くの患者を救えれるよう1歩1歩前進しています。 これまで培ってきた技術・知識を持って、糖尿病網膜症の診療・治療に携わっています。 網膜症患者の未来の光を守れるよう日々精進していきます。

次の