アバズレ 意味。 また、同じ夢を見ていた

アバズレ(阿婆擦れ)の意味・使い方とは?アバズレ女子の特徴を徹底解説!

アバズレ 意味

「アバズレ」とは? 最近はそれほど使われない言葉ですが、女性に対して使う言葉に 「アバズレ」があります。 「アバズレ」は漢字表記にすると 「阿婆擦れ」となり、かなり迫力のある言葉だと分かります。 「アバズレ」はこのように英語由来のカタカナ語ではなく、難しい日本語をカタカナ表記した言葉です。 ある程度の年齢以上の人なら、 「アバズレ」の意味を、何となく理解できると思います。 一方で若い世代の人は、 「アバズレ」とは何か、見当もつかないのではないでしょうか。 そこで 「アバズレ」の意味や使い方を紹介します。 正確な意味を知る事で、むやみに 「アバズレ」という言葉を使って、周囲の人にケンカを売るような行為をせずに済むようになるでしょう。 「アバズレ」の意味 「アバズレ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。 「アバズレ」には 「悪い意味で人擦れしていて、厚かましい女性」の事を意味します。 さらに 「身持ちが悪い女性」 「すれっからし」などという意味もあります。 「アバズレ」という言葉は、このように女性に対する悪口である事が分かります。 いぜんは男性にも 「アバズレ」という言葉を使った時代もありましたが、現在は女性だけ使う言葉になっています。 また女性だけに使う言葉になった事で、 「性生活が乱れている女性」に対して、 「アバズレ」という言葉を使う事が多くなりました。 そのため、現在の 「アバズレ」には、 「素行が悪い女性」 「性生活が乱れている女性」という意味があります。 「アバズレ」の言葉の使い方 「アバズレ」という言葉は、かなり口汚く女性をののしる時に使う言葉です。 「すれっからし」という意味だけなら、親しい女性に 「アバズレ」と言っても許されるかもしれませんが、現在の 「アバズレ」には、 「性生活が乱れている女性」という意味が含まれています。 そのため、よほどの事が無い限り、女性に直接 「アバズレ」という言葉を使う事は無いでしょう。 男性同士がある女性を噂する時に、性生活が乱れている女性に対して、 「あいつはアバズレだから」などと注意を促す場合は、 「アバズレ」という言葉を使う事ができそうです。 また彼氏が浮気した女性に対して、本気で怒った時に 「アバズレ」と言うのは自然かもしれません。 「アバズレ」を使った例文 「アバズレ」という言葉を使った例文を紹介します。 様々な場面における、 「アバズレ」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを知りましょう。 「アバズレ」の例文1 「Aさんは美人だが、『アバズレ』だから付き合わない方がいいだろう」 この例文に登場するAさんは、きっと男性遍歴が多い、恋愛体質の女性なのかもしれません。 性生活が乱れている女性として職場やコミュニティで評判になっているため、例文のような会話が男性同士で交わされているのかもしれません。 誤解の場合は訂正しなければいけませんが、一度噂が出てしまうとなかなか打ち消すのは難しいものです。 日頃から誤解を与えないような行動を取る事が大切なのかもしれません。 「アバズレ」の例文2 「お前が彼氏と浮気した『アバズレ』か。 マンションの下で待っているから降りて来い」 これは、彼氏と浮気した相手と直接対決を挑もうとする女性の、なかなかの修羅場を捉えた例文となっています。 この後の事を想像すると、少し怖くなりますが、彼氏を寝取った女性に対して、 「アバズレ」というのは間違っていないかもしれません。 もちろん浮気をした彼にも責任があり、どちらかと言えば彼氏の方の性生活が乱れているのかもしれません。 そのような点をハッキリさせるためにも、直接浮気相手と会い、人となりを見て、話を聞く事で正確な判断をしようとしているのかもしれません。

次の

ビッチを超えたアバズレ女の意味って?特徴5つがコレだ!

アバズレ 意味

Contents• アバズレとは アバズレを漢字で書くと 「阿婆擦れ」です。 1つの語源説によれば阿婆(あば)という言葉は暴れ者という意味を持っていて、軽率な行動をする「あばけ者」から来ています。 そこに「世間と擦れている」という意味の「擦れ」を合わせて「阿婆擦れ」になったといわれています。 では、「アバズレ」とはどのような意味を持っているのか、ビッチとの違いについても説明していきましょう。 言葉の意味 「アバズレ」とは、江戸時代に流行った「阿婆擦れ」から来ていて、当時は男性にも使われていた言葉です。 もともとは 「常識がない」「不道徳な行いや振る舞いをする者」という意味で使われていました。 現代では 売春をする女性、性が乱れてる女性のことを「阿婆擦れ女(アバズレ女)」として表現することが多いでしょう。 昔は今よりも性に対してオープンで、売春としては「遊郭」の存在があり、それが黙認されていたようです。 ですが、現代では「性は隠すもの!」「はしたない!」という思考から、「性を売り物にしている=人道から外れている」という意味で「アバズレ」が使われるようになりました。 「アバズレ女」と「ビッチ」の違い 日本で「ビッチ」といえば「性に対してだらしない」「尻軽女」という意味でよく使われますよね。 「アバズレ女」と「ビッチ」または「ヤリマン」は、とても似ているように感じますが、実は大きく違う点が1つあります。 アバズレ女は自分の損得でしか動きません。 セックスや愛情に見返りを求め、自分に利益があるのなら友達の彼氏ですら奪うことだってあります。 逆にビッチやヤリマンは自分の快楽のために動きます。 自分の損得を考えることなく、性欲のまま突き進むので「ただの男好きな女子」として表現されることがあります。 そのため「都合のいい女」として男性からは見られてしまうこともあるようです。 アバズレの使い方や例文 実際にどのように「アバズレ」というワードを使っているのか、例文で見ていきましょう。 「あの人ってアバズレなところがあるから苦手」 ここでの「アバズレなところ」というのは、 人としてのマナーができていないことを指します。 挨拶ができない• お礼が言えない• 遠慮しない• 図々しくてワガママ このような人のことも「人徳から外れている」として、「アバズレ」が使われます。 「このアバズレ女が!」 ここでの「アバズレ女」というのは、 道徳に反する 「浮気」「不倫」などをしたときに、相手の奥さんや彼女から浴びせられる暴言です。 アバズレ女の特徴 次に、アバズレ女の特徴を紹介していきます。 自分に当てはまっていないかどうか、チェックも兼ねて見ていきましょう! 常識がない 江戸時代でも使われていた「阿婆擦れ」でも「常識がない」という意味合いで使われていました。 アバズレは、必ずしも「性がだらしない」というだけではありません。 世間知らずでマナーも欠落しており、周りの迷惑を考えずに行動してしまうのが、アバズレ女の特徴です。 自分は特別だと思っている アバズレ女は体の関係をすぐ持つことも特徴ですが、体目的で男性が近寄ってくることすら 「私は特別」「私はモテる」と勘違いをしています。 男性からプレゼントを貰ったり、ご飯に連れて行ってもらったりすることが多いため、自分は特別だと思っていて、 図々しい性格になっていくのです。 男性陣は「体目的」でアバズレ女の御機嫌を伺っているのですが、そこに気づけない、または気づいているけど別に構わないと思っています。 このような状況が「自分は他の女性より特別なのだ」と思い込んでしまう原因です。 とにかく男好き 性に対してオープンで、 「男なら誰でもいい」という考えを持っているのもアバズレ女の特徴です。 そのため恋人を作らず、 不特定多数の男性と曜日ごとに分けて接している人もいます。 このタイプの人は、その男性が好きというわけではなく、単に「男」が好きなだけです。 特別な恋愛感情はありません。 尻軽な行動をとる 初対面でもすぐ肉体関係を持つ人こそ、アバズレ女といえるでしょう。 バーやクラブに薄着で行き、ナンパされたらすぐに肉体関係を持ってしまい、相手の名前も連絡先も知らないというのは、アバズレ女によくあるパターンです。 そのため、周囲の人には「尻軽女」というイメージが定着しています。 自分に利益があるなら体を捧げる 体の関係を持つことでお金が貰える、仕事に繋がると、 自分に利益が生まれるのであれば平気で体を捧げるのもアバズレ女の特徴です。 アバズレ女は自分の体を武器と考えており、その武器が使えて、そこに利益が生まれるなら、いくらでも体の関係を持ちます。 その相手に彼女や奥さんがいても、自分が得をするのであれば 平気で浮気女や不倫女になることだってあります。 自分に利益がなくなったと分かった瞬間にスパッと切れるのもアバズレ女の特徴です。 女友達が少ない アバズレ女は承認欲求が強いことも特徴で、その 承認欲求を満たしてくれる男性の方へ行きがちです。 同じ女性ではその欲求をそこまで満たせないし、ちやほやしてくれません。 また、同性に気遣う必要性もないと考えているため、 他の女性からも嫌われてしまう傾向があります。 信頼できる女友達が1人いればまだいいのですが、アバズレ女は友達の彼氏すら奪ってしまうことがあるため、なかなか信頼できる女友達は作れません。 嘘や裏切り行為も平然とできる 人は自分の保身などで嘘をついてしまうことがあります。 思わぬ形で人を裏切ってしまうことも、生きていれば一度や二度あるはずです。 そこで普通なら、良心が痛み「申し訳ないな…」という罪悪感が襲ってきます。 ですが、アバズレ女はそこに罪悪感などなく 「嘘をついて何が悪いの?」「利用価値がなくなったから捨てるのは当たり前でしょ?」といった人道に反した行動を取ります。 このようなことを平気で言ってしまうのは、人の心を考えられないアバズレ女といって間違いないでしょう。 男性からはどう見られているの? 性に対してオープンで、男好きのアバズレ女は男性がいないと生きてはいけません。 そんな、アバズレ女を男性側はどのように感じているのか、見ていきましょう。 メンヘラ気質がありそう アバズレ女が性生活に対してだらしないと理解している男性は、「メンヘラっぽい」と捉えることが少なくありません。 実際に、育った家庭環境が悪かったり、元彼からDVを受けていたりと、 心に闇を抱えた女性がアバズレ女になるケースが多いようです。 すぐヤラせてくれそう 「アバズレ女=尻軽」と捉えていて、 後腐れなく体だけの関係を楽しめると感じている男性はとても多いです。 アバズレ女は不特定多数の男性とすぐに体の関係を持ってしまうので、アバズレ女だと勘違いされたらトラブルが起きる可能性があるため注意が必要です。 性行為が上手そう アバズレ女は性に対してオープンで、付き合ってはいないけど経験人数が豊富な女性が大半です。 そのため、 性行為のテクニックを知らずに身につけていることがあります。 「経験人数が多い=テクニシャン」と男性は思っていて、実際にアバズレ女と性行為をした男性は、そのテクニックの虜になってしまったという話しもあります。 真剣な恋をはじめてみませんか? いつまでも「アバズレ女」なんていわれたくないですよね。 今回、この記事をきっかけにアバズレ女を卒業して、 真剣な恋を見つけてみませんか? 累計会員数2000万を超える 「 ハッピーメール 」だからこそ、あなたにぴったりの相手が見つかるかも。 まずは、 無料登録からスタートしてみましょう! アバズレ女にならないようにしよう 「アバズレ女」という言葉は、 昔も現代も良い意味としては使われていません。 自分勝手で周りの迷惑を考えず、人の彼氏や旦那だろうが自分の利益になるなら盗み取る、用が済んだらすぐに切り捨てる女性です。 アバズレ女になってしまうと、 女友達も離れていきますし、いつまでも愛に飢えた人生を送る羽目になるかもしれません。 あなたがまだ若いなら「今」はいいでしょうが、年齢を重ねていくにつれて、男性は見向きもしなくなってしまいます。 そんな女性にならない方法は、 日頃から常識のある言動をし、思いやりのある振る舞いをしていけば、アバズレ女を回避できるはずですよ!.

次の

アバズレ女ってどんな女ですか?私男友達に言われました・・・これって深い意味...

アバズレ 意味

「あばずれ」の意味と漢字表記 「あばずれ」の意味は「品行の悪い人」 「あばずれ」の意味は「人ずれしていて厚かましく、品行のよくない人」という意味です。 現代では女性にのみ使われて、男性には使われません。 漢字では「阿婆擦れ」と書く 「あばずれ」は漢字では「阿婆擦れ」と書きます。 「阿婆」という字の由来には二説あり、一説は当て字で特に意味がなく、漢字の音から「阿婆」の字が使われたという説と、中国の年を取った女性のことを指す「阿婆」という言葉から取られたいう説です。 一方「阿婆擦れ」の「擦れ」は、「すれっからし」や「人擦れ」などの「すれ」が語源です。 「あばずれ」の使い方と具体的な例文 「あばずれ」は品行の悪い人から常識のない人まで使われる 現代では「あばずれ」という言葉は、その本来の意味が失われて品行の悪い人や常識のない人を指して「あばずれ」が使われています。 「あばずれ」を使った例文• 「あばずれ女に引っかかって、痛い思いをしたよ」• 「どうもあの子、二股かけてたらしいのよ。 見た目よりもあばずれだったのね」• 「たかるだけたかって何にも言わずに逃げやがった。 あんなあばずれ見たことはない」• 「確かに彼女はあばずれっぽいところがあるけれど、嫌いになれないんだよ」 「あばずれ」の類語表現 「あばずれ」の類語は「すれっからし」や「ばくれん」 「あばずれ」の類語には、「すれっからし」や「獏連(ばくれん)」、「人擦れ(ひとずれ)」が挙げられます。 「すれっからし」は「擦れ枯らし」という言葉に促音である「っ」を加えて音を変化させた言葉です。 「世間ずれしていて、厚かましい人」という意味で、「あばずれ」とは異なり女性にも男性にも使われます。 一方「獏連」は「擦れていてずる賢い人」という意味で、「あばずれ」と同じく主に女性に使われます。 「人擦れ」は人と人が擦れ合うという表現を短くした言葉で、「多くの人と接して世慣れしすぎていることや、そういう人のこと」という意味です。 世慣れしていることは肯定的に見られることがありますが、「人擦れ」は世慣れしているからこそよくないこととして否定的にとらえています。 「 あばずれ」の類語を使った例文• 「お礼もせずに夕食まで食べていくようなあいつは、すれっからしだよ」• 「見た目は良いけど、本当のあの子は獏連だよ」• 「人擦れしていない実直な青年」 「あばずれ」の由来とは 俗語「あばずれ」は話し言葉から発生 「あばずれ」とは書き言葉から生まれた言葉ではなく、俗語と呼ばれる話し言葉から生まれた言葉です。 俗語とは、日常的な話し言葉のなかでも、標準となる口語とは異なった卑猥な言葉を含む言葉です。 俗語の対義語は雅語(みやびご)になり、歌や文章に使われてきた言葉です。 俗語とは対照的に風流な言葉になります。 「あばずれ」の由来ははっきりしない 「あばずれ」の「あば」の由来は、「暴れ者」の「あば」か、または話しぶりが軽率で無作法な者を意味する「あばけ者」の「あば」など複数説あり、「あば」が何から由来しているのかははっきりしません。 確かなことは、江戸時代に「人ずれした品行の悪い者」という意味で「あばずれ」という言葉がすでに使われていたことです。 現代での使われ方との違いは、当時は「あばずれ」は女性だけでなく男性にも使われていました。 「あばずれ」の英語表現とは? 「あばずれ」は英語で「bitch(ビッチ)」 「あばずれ」の英語表現は「bitch」です。 「bitch」は俗語で「意地の悪い女」や「尻軽女」という意味です。 女性を批判する言葉としても知られていて、差別的な意味合いも含まれることから、人を中傷する度合いはとても高い言葉でもあります。 そのため、「ビッチ」を言われた相手が憤慨することも考えられます。 もしも意地の悪い女性がいたとしても「ビッチ」を使うかどうかは、よく考えてから使うべき言葉です。 「bitch」を使った例文• She is some of a bitch. かつては売春婦の意味で使われていました。 まとめ 「あばずれ」とは「世慣れしすぎて品行の悪い人」や「厚かましい人」という意味で、主に女性に使われます。 「あばずれ」という言葉は女性を蔑視している表現なので、「あばずれ」を使い相手を怒らせてしまうことも考えられますから、気安く使わないのが無難です。

次の