シーフードミックス カレー 臭み。 厳選!カレーのレシピをご紹介 シーフード・チキン・ビーフカレー

おいしいシーフードカレーのレシピ・作り方

シーフードミックス カレー 臭み

冷凍シーフードミックスは手軽に使えて便利ですが、調理のときに「小さく縮んでしまう」「臭みが気になる」と思っている人もいますよね。 そこで今回は、シーフードミックスがプリプリになる「塩水解凍」の方法と、臭みを出さない調理テクニックを紹介します。 シーフードミックスの解凍方法は「塩水」が正解! 冷凍シーフードのおすすめの解凍方法は「塩水解凍」。 海水と同じくらいの塩水(塩分濃度3%程度)に浸けることでシーフードから水分が流出することを防ぎ、プリプリの食感に。 シーフード本来の旨味をキープすることができます。 【用意するもの】 シーフードミックス150gに対して• 水…1カップ• 塩…6g 【用意するもの】 1 ボウルに塩水を作ってシーフードミックスを入れ、30分〜1時間おく 塩をしっかり溶かしてからシーフードミックスを入れる。 常温で夏場は30分、冬場は1時間を目安におく。 塩水に漬けても旨みは流出しない。 2 指でつまんで解凍できたか確かめる 指でつまんで、中心部にかたさが残っていなければ解凍できている。 3 水を切り、水分を拭き取って完了 水分には余計な臭みが含まれているので、ペーパータオルでしっかり拭き取ってから料理に使う。 【食べ比べてみた】塩水解凍vsそのままゆでたもの、味の差は歴然! 塩水解凍してからゆでたものと、解凍せずにゆでたものを比べました。 見た目は、塩水解凍したもののほうが少しふっくらしていて、色もやや鮮やか。 食べ比べると、旨みの濃さもプリッとした弾力も、塩水解凍のほうが明らかに上です。 しかも少し塩味がついていてこのままでも美味しい! 解凍せずにゆでたものは、旨みが抜けて水っぽく感じました。 【臭みが出ない】シーフードミックスを美味しく調理する4つのテクニック 冷凍シーフードミックスの旨みは残しつつ、臭みがなくなるテクニックをまとめて紹介します。 解凍時に出た水分には臭みが多いので、ペーパータオルでしっかり拭き取る。 冷凍焼けしていると上記のように解凍や調理をしても美味しくできないので、できるだけ新しい商品を選びましょう。 スーパーの狙い目は特売日の直後。 商品が入れ替わって、新しいものである可能性が高くなります。 密封しないとシーフード内の水分がどんどん蒸発して、短期間で冷凍焼けを起こします。 残った分は冷凍用保存袋に移し(パッケージごと入れてもOK)、空気を抜くように口を閉じて冷凍を。 それでも少しずつ水分は蒸発するので、3週間程度で食べ切るようにしましょう。

次の

冷凍シーフードミックスを美味しく解凍する一番簡単な方法とは?

シーフードミックス カレー 臭み

基本のシーフードカレー(冷凍シーフードミックスを使って) まずは市販の「シーフードミックス」を使ったシーフードカレーを作りましょう。 とても簡単に、おいしいカレーができます。 こくまろカレー... 冷凍シーフードミックス... 玉ねぎ... 中2個• マッシュルーム... 1パック• 白ワイン... 大さじ2• ギャバン クミンシード(ホール)... 赤唐辛子(お好みで)• 800ml• サラダ油... 大さじ2 冷凍シーフードミックスを解凍していきましょう。 まず、凍った袋ごと流水で解凍していきます。 半解凍のままシーフードをザルにあけ水気をよく切ります。 黒田さん「ここでは半解凍(表面がぬるっとして芯が固いくらいの状態)くらいの状態にしておきましょう。 完全に解凍してしまうと、この段階でうま味が流れ出てしまいます。 また、加熱したときに火が通りすぎて固くなり、食感が失われてしまいます」 フライパンにクミンシードと赤唐辛子を入れ乾煎りします。 黒田さん「シーフードにスパイシーな風味を加えるために、今回はクミンシードと赤唐辛子を乾煎りしました。 元々のカレールウにスパイスのおいしさが入っているから、かならず使う必要はありませんが、ちょっとスパイシーさを増やしたい場合におすすめですよ」 香りが出てきたら水気を切ったシーフードを加え、白ワインをふりかけ蓋をして2分蒸し煮にし、火を止めます。 黒田さん「蒸すことで、魚介のうま味と香りが引き立ちます。 魚介類には白ワインが合います。 風味をつけて、生臭さをとってくれますよ。 このためにわざわざ白ワインを買わなくても、飲み残しなどで家にあるものを使えば十分。 なければ料理酒や水でも大丈夫ですよ」 玉ねぎはみじん切りに。 マッシュルームは石づきを取り、縦半分に切ります。 黒田さん「シーフードの食感を邪魔しないように、玉ねぎはみじん切りにしました。 また、コロンとしたシーフードミックスと合うように、コロンとしたマッシュルームを選んでいます。 食感も合いますし、シーフードだけよりボリュームも出て、より美味しそうになりますね。 もちろん市販の水煮マッシュルームでも構いませんし、他のキノコ類などをお好みで使っていただいてもよいですね。 シーフードと同じような大きさに切り揃えれば食べやすくなります」 鍋にサラダ油を熱し玉ねぎを透き通るくらいまで炒めたら、マッシュルームを加え軽く炒めます。 水を加え一煮立ちしたら火を止めましょう。 黒田さん「今回は、固い具材を使っていないので、あまり長時間煮込みません。 にんじんやじゃがいもを使った普段のカレーでは、15分ほど煮込んでくださいね」 沸騰がおさまったらルウを割り入れ、ルウが溶けたらふたたび火をつけます。 黒田さん「ルウを入れるときは、ちゃんと火を止め、沸騰がおさまってから入れましょう。 沸騰していると溶けにくくなり、ダマになることがあります。 ぐつぐつ煮えているところにルウを入れると、煮汁がはねかえる心配もありますよね」 弱火で、焦げないように注意しながら、時々お鍋を底からよくかき混ぜ、とろみがつくまで5分ほど煮込みます。 先ほど蒸し煮にしたシーフードを煮汁ごと加え混ぜ合わせます。 1分ほど煮て火を止めます。 黒田さん「煮汁ごと加えることでシーフードの風味が加わります。 また、火を通しすぎるとシーフードが固くなってしまうので、あまり煮込まず短時間で仕上げましょう」 器にライスとシーフードカレーを盛り付けたら出来上がり。 白身魚(生タラ)とカラフル野菜のシーフードカレー さて、次に生の魚を使ったアレンジレシピをご紹介します。 黒田さん「こちらは野菜と魚を別トッピングにしてカレーをソースとして合わせる作り方をご紹介します。 今回は夏野菜を使っていますが、季節にあわせて、たとえば冬ならカボチャや大根を使ったりしてもよいでしょう。 魚は、タラ以外でもOK。 白身の淡白な魚がおすすめです。 たとえば鯛などもよいですね」• こくまろカレー... タラ切り身 4切れ *タラの下味• 玉ねぎ... すりおろし大さじ1• ハウス 特選本香り 生にんにく... 小さじ1• ギャバン クミンシード(ホール)... 小さじ1• 塩、コショー... 玉ねぎ... 中2個(すりおろす、一部は下味に)• ハウス 特選本香り 生にんにく... 大さじ1• 赤パプリカ... グリーンアスパラ... 揚げ油... 薄力粉... 500ml• 300ml• バター... 15g まず、玉ねぎをすりおろしておきましょう。 タラを大き目に切ります。 黒田さん「大きさはお好みで。 今回は、一口大より少し大きめに切りました。 魚の切り身に骨が多いときは、あらかじめ取っておくと食べやすくなりますね」 下味の材料を混ぜ合わせて20分ほどおきます。 黒田さん「タラは淡泊なので、ここで味をしみこませます。 また、生臭さが気になる場合もここで下味をつけることで取ることができます。 今回はクミンを使いましたが、お好みのスパイスを使ってもよいでしょう」 鍋にバター15gを熱したら、先ほどすりおろした玉ねぎを弱火~中火でよく炒めます。 黒田さん「ここでたまねぎの甘みを引き出します。 すりおろした玉ねぎの食感とバターの風味を活かすことで、カレーをソースとして味わいやすくしています」 ニンニクを加え炒めたら水、牛乳を加え、煮立ったら火を止めルウを割り入れます。 黒田さん「ソース風に仕上げたいので、今回は牛乳を先に加えました。 ココナッツミルクを使うのもおすすめですよ。 普段のカレーに牛乳を足す場合は、調理した後で入れましょう」 ルウが溶けたら、弱火でとろみが出るまで混ぜ合わせ火を止めます。 カレーの作業と並行して、魚・野菜の準備も進めましょう。 黒田さん「赤や黄色などいろどりの良いものを選ぶと、見栄えがしますね。 今回は夏野菜を使い、野菜類は縦長の細切りにしました。 もちろん旬のものやお好みの野菜を使っていただいて構いません」 下味をつけたタラの水気を切ったら、薄力粉を薄くまぶして170度の油できつね色に揚げます。 黒田さん「揚げるのが苦手な方は、油を多めにして焼いたり、炒めてもよいでしょう」 野菜類は粉をつけずにそのまま素揚げにします。 最初は大きかった泡が小さくなり音も静かになるのが目安です。 黒田さん「今回は魚を揚げたので野菜も一緒に揚げましたが、もちろん魚と同じく揚げずに焼いたり炒めたりしてもOK。 お好みの調理法で作ってみてください」 器にカレーソースを入れ、その上に揚げたタラと野菜を盛り付けます。 別盛りのライスを添えてお召し上がりください。 黒田さん「もちろん、上からソースをかけても、ライスとワンプレートに盛ってもOK。 お好みのスタイルでどうぞ」.

次の

業務スーパーのシーフードミックスの値段/解凍法/簡単おいしいレシピ

シーフードミックス カレー 臭み

こんにちは! カレーやシチューが大好きです。 最近、 よく業務スーパーで購入しているのが冷凍コーナーにある「徳用シーフードミックス」です。 えび・イカ・あさりの3種類が入ったシーフードミックスなんですが、 量が多いのに激安なんです。 カレーやシチューはもちろん、グラタンやパスタ、チャーハン、アヒージョ、あんかけの具としてもアレンジできる万能食材です。 ただ、加熱しすぎると縮みやすかったり、たまに砂が入っていたり マイナス点もあります。 それでも私は、リピート買いするほど気に入っています! 業務スーパーで販売している「シーフードミックス」のアレンジ方法、解凍方法、マイナス点から感想までご紹介します。 業務スーパーの「徳用シーフードミックス」 【業務スーパー】シーフードミックスは量が多いのに安い 業務スーパーでおすすめのシーフードミックスがこちらです。 徳用シーフードミックス ¥377(税別) シーフードミックスは、どこのスーパーでも売っているので手に入れやすいです。 しかし、 業務スーパーのシーフードミックスは量が多いのに安いんです。 中身のみなら357g入っています。 (氷衣入りだと、550g) この量で400円程度って激安だと思います。 シーフードミックスの具材(えび・イカ・あさり) 業務スーパーの「徳用シーフードミックス」に入っているのは、3種類の海鮮具材です。 えび(インド産)• イカ(中国産)• あさり(中国産) スーパーなどで売っているシーフードミックスも、ほとんどが中国やインド産なので気にせず利用しています。 イカは大きめですが、えび・あさりは小さめですね。 まぁ、安いのでそこらへんは仕方がないです。 それぞれの感想としては、 イカがふっくらした食感で美味しいです! あさりは、独特の旨みが出るので料理の味が深くなります。 えびは、加熱により縮みやすいです。 えびに期待するとガッカリしちゃうかもしれません。 私は、あさり&イカに満足しています。 (えびを楽しみたい場合は、えびのみのシーフードを買うと良いと思います) 【業務スーパー】シーフードミックスの解凍方法 シーフードミックスは冷凍されているので、加熱して食べます。 解凍方法は2つあります。 <解凍方法>• 凍ったまま加熱する• 解凍してから調理に加える 私は、面倒なので凍ったまま加熱調理しています。 解凍してから調理に加える場合は、 冷蔵庫に移して自然解凍するか・塩水に浸けて解凍します。 業務スーパーの「シーフードミックス」注意点 「徳用シーフードミックス」は、加熱しすぎると具材が縮みやすくなります。 私が凍ったまま加熱調理するので、火を入れる時間が長くなり、縮みやすいという理由もありますが…。 縮ませず、ふっくらした状態で食べたいならば解凍した具材を使用した方が良いかもしれません。 また、火がすぐに通るのでシーフードミックスを加熱するタイミングを考えながら調理した方が美味しくなると思います。 ずっと煮込んでいたら縮んでしまうのは当然ですもんね。 解凍された具材の方が、加熱時間が短くなるのでオススメです! また、 氷衣が暑い分、ドリップも多いです。 ドリップも旨み、と考えるなら気にしなくて良いと思いますが…味が薄まる可能性もあります。 解凍については、それぞれ個人のお好みで選ぶべきだと思います。 ちなみに、私は凍ったまま料理しますが、 ドリップの嫌なニオイなどを感じたことはありません。 もちろん、 えび・イカ・あさりも変な味・ニオイもなく美味しいです。 「徳用シーフードミックス」で気になった点は、 たまに砂を感じたことです。 あさりの砂抜きが足りない時があるのかな? 毎回、砂を感じたわけではありません。 たまに「ジャリ」と感じる程度。 そういうのが気になる人にはマイナス点かもしれません。 私なんて、自分で砂抜きしても砂がジャリっとすることあるので…神経質には感じませんでした 笑 <気になる点>• 加熱しすぎると縮みやすい• ドリップが多い• たまに砂が混じっている 個人的には、シーフードミックスより「冷凍あさり」の方が使いやすいです! 砂も感じませんし、大量のあさりがコスパ良いです。 クラムチャウダーにハマっていまして。 あさりの旨みが良い味を出しているんですよ! カレーも、もちろん美味しいです。 ちょっと具材は小さめですが、しっかりシーフードの旨みが出ます! カレールーは、業務スーパーの大きな1kgを愛用しています。 参考記事 >> 冷凍シーフードミックスがあれば「シーフードパスタ」が簡単 冷蔵庫に何も入っていなくても、冷凍庫にシーフードミックスがあれば簡単にパスタができちゃいます。 ペスカトーレ、和風パスタ、ペペロンチーノなど色々なレシピが可能です。 業務スーパーの「シーフードミックス」でアヒージョ 家でお酒を飲むとき、何気なく「アヒージョでも作ってみるか」と思い、シーフードミックスで作りました。 これが、とっても美味しい! ちょっと写真だと美味しそうに見えないですね 笑 同じく業務スーパーに売っている冷凍「きのこミックス」と「徳用シーフードミックス」で簡単に作っただけですが…お酒が進みますね。 というか、パンと食べるとエンドレスで食べれそう。 パセリを冷凍しておくと、色々な料理に使えて便利です。 参考記事 >> シーフードミックスは「あんかけの具材」にもアレンジ可能 シーフードミックスは、 あんかけの具材としても利用できます。 あんかけチャーハン、あんかけ焼きそば、あんかけ豆腐など。 1粒ずつが小さいので、あんかけの具材として活用するのはピッタリだと思います。 簡単にできる一品なので、よく作ります。 シーフードミックスで「チャーハン(ピラフ)」 写真は撮っていませんが、チャーハン(ピラフ)の具材にしても良いですよね。 シーフードが入って、いつもとは違った豪華さになります! 業務スーパーの「シーフードミックス」はおすすめですが、実は…「シーフードミックス」より私がリピート購入しているのが「冷凍むきあさり」です! シーフードミックスより好きかも。 加熱しすぎて縮まないように事前に解凍しておくと、もっと美味しく食べることができると思います。 冷凍庫に入っていると、食材がない日でも何か作れるので、我が家ではこれからも頼りになる冷凍品だと思います。 ありがとうございます。

次の