なきにあらず。 なきにしもあらずの意味

ラングストン・ヒューズ

なきにあらず

写真 潜水艦の探知・追尾能力が高い海上自衛隊の護衛艦「かが」。 哨戒ヘリコプターを搭載する(海自ホームページより) 防衛省は20日、外国潜水艦が18日に鹿児島・奄美大島沖の接続水域内を潜ったまま西進したと発表した。 海上自衛隊の護衛艦と哨戒機が監視した。 同省関係者によると、中国海軍の潜水艦とみられ、特異な行動として分析している。 潜水艦は18日午後に奄美大島北東の接続水域内を西進。 20日午前には、横当島(鹿児島県)の西の海域(接続水域外)を西に進んでいるのが確認された。 トカラ列島と奄美大島間の狭い海域を潜航したという。 国際法上、潜水艦は領海内では浮上して国旗を掲げないといけないが、接続水域(領海の外側約22キロ)を潜航することは禁じられていない。 防衛省は潜水艦の国籍について「自衛隊の探知能力を含む手の内を明かすことになるため、国籍や潜水艦の種類を答えることは差し控える」としている。 河野太郎防衛相は、緊張感をもって、情報収集・警戒監視に万全を期すよう指示した。

次の

なきにしもあらずの意味

なきにあらず

生涯 [ ]• にてアフリカ系のみならず、 や などが混血した一家から生まれる。 幼少期に両親が離婚し、父はの激しかったを出て、後にへ渡った。 その後の祖母からの伝統を多く聴かされ育てられる。 祖母の死後は両親の友人に引き取られることとなった。 幼少期の生活環境の不安定さは、自身の作品に強烈な影響を与えたと言われる。 高校在学中に・・を書き始めた。 この期間にも詩は書き続けていた。 船員として、を訪れ、そのままに住む。 帰国後を卒業する。 主な作品 [ ]• 「おんぼろブルース」 1926• 「笑いなきにあらず」1930• 「Dear Lovely Death」 1931• 「Don't You Want to be Free. 」 1938• 」1947• 「One-Way Ticket」 1949• 「Simple's Uncle Sam. 」1965• 「自由への闘い」: The Story of the NAACP. 1962 邦訳 [ ]• 『ニグロと河 詩集』訳 国文社 ピポー叢書 1958• 『ある金曜日の朝 ヒューズ作品集』訳 飯塚書店 1959• 『ラングストン・ヒューズ詩集』木島始訳 ユリイカ 海外の詩人双書 1959 のち思潮社• 『ジャズ』木島始訳 飯塚書店 1960 「ジャズの本」晶文社 1968• 『笑いなきにあらず』訳「黒人文学全集 第5巻」早川書房 1961• 『黒人街のシェイクスピア 詩集』斎藤忠利訳 国文社 ピポー叢書 1962• 『自由のための戦列 NAACPの記録』訳 小川出版 1970• 『天使のいざこざ』木島始訳 晶文社 1971• 『ラングストン・ヒューズ自伝』木島始訳 河出書房新社、1972-73 1 ぼくは多くの河を知っている 1972 2 きみは自由になりたくないか? 1972 3 終りのない世界 1973• 『片道きっぷ 詩集』訳 国文社 1975• 『驚異の野原 L. ヒューズ詩集』斎藤忠利訳 国文社 1977• 『黒人芸術家の立場 ラングストン・ヒューズ評論集』木島始編訳 創樹社 1977• 『夢の番人 ラングストン・ヒューズ詩集』斎藤忠利,訳 国文社 1994• 『ふりむくんじゃないよ ラングストン・ヒューズ詩集』古川博巳,訳 国文社 1996• 『晴着を質屋に ラングストン・ヒューズ詩集』斎藤忠利訳 国文社 1997• 『豹と鞭 ラングストン・ヒューズ詩集』古川博巳,訳 国文社 1998• 『川のうた』絵 訳 光村教育図書 2011• 『ことごとくの声あげて歌え アメリカ黒人詩集』ヒューズ編 木島始訳 未来社 1952 書籍 [ ]• ハンス・オストロム著、訳『ラングストン・ヒューズ辞典』雄松堂出版 2006年 出典 [ ].

次の

望みなきに非ず : 作品情報

なきにあらず

生涯 [ ]• にてアフリカ系のみならず、 や などが混血した一家から生まれる。 幼少期に両親が離婚し、父はの激しかったを出て、後にへ渡った。 その後の祖母からの伝統を多く聴かされ育てられる。 祖母の死後は両親の友人に引き取られることとなった。 幼少期の生活環境の不安定さは、自身の作品に強烈な影響を与えたと言われる。 高校在学中に・・を書き始めた。 この期間にも詩は書き続けていた。 船員として、を訪れ、そのままに住む。 帰国後を卒業する。 主な作品 [ ]• 「おんぼろブルース」 1926• 「笑いなきにあらず」1930• 「Dear Lovely Death」 1931• 「Don't You Want to be Free. 」 1938• 」1947• 「One-Way Ticket」 1949• 「Simple's Uncle Sam. 」1965• 「自由への闘い」: The Story of the NAACP. 1962 邦訳 [ ]• 『ニグロと河 詩集』訳 国文社 ピポー叢書 1958• 『ある金曜日の朝 ヒューズ作品集』訳 飯塚書店 1959• 『ラングストン・ヒューズ詩集』木島始訳 ユリイカ 海外の詩人双書 1959 のち思潮社• 『ジャズ』木島始訳 飯塚書店 1960 「ジャズの本」晶文社 1968• 『笑いなきにあらず』訳「黒人文学全集 第5巻」早川書房 1961• 『黒人街のシェイクスピア 詩集』斎藤忠利訳 国文社 ピポー叢書 1962• 『自由のための戦列 NAACPの記録』訳 小川出版 1970• 『天使のいざこざ』木島始訳 晶文社 1971• 『ラングストン・ヒューズ自伝』木島始訳 河出書房新社、1972-73 1 ぼくは多くの河を知っている 1972 2 きみは自由になりたくないか? 1972 3 終りのない世界 1973• 『片道きっぷ 詩集』訳 国文社 1975• 『驚異の野原 L. ヒューズ詩集』斎藤忠利訳 国文社 1977• 『黒人芸術家の立場 ラングストン・ヒューズ評論集』木島始編訳 創樹社 1977• 『夢の番人 ラングストン・ヒューズ詩集』斎藤忠利,訳 国文社 1994• 『ふりむくんじゃないよ ラングストン・ヒューズ詩集』古川博巳,訳 国文社 1996• 『晴着を質屋に ラングストン・ヒューズ詩集』斎藤忠利訳 国文社 1997• 『豹と鞭 ラングストン・ヒューズ詩集』古川博巳,訳 国文社 1998• 『川のうた』絵 訳 光村教育図書 2011• 『ことごとくの声あげて歌え アメリカ黒人詩集』ヒューズ編 木島始訳 未来社 1952 書籍 [ ]• ハンス・オストロム著、訳『ラングストン・ヒューズ辞典』雄松堂出版 2006年 出典 [ ].

次の