火垂る の 墓 放送 されない。 火垂るの墓の都市伝説!再放送されない3つの理由…

火垂るの墓 放送禁止になっていた理由とは?高畑勲の追悼で放送に!

火垂る の 墓 放送 されない

この記事で分かること• 清太の死は「飢え」が原因? 火垂るの墓では、まず 節子が命を失います。 兄妹は普通の家庭よりもはるかに裕福なはずでしたが、当時は両親を失った二人が生き延びるのには厳しすぎる時代。 先に節子が栄養不良で逝去、その後しばらくして 清太も亡くなっています。 火垂るの墓の冒頭や最後のシーンで分かるとおり、清太は節子が亡くなった後、兵庫県神戸市の 三宮駅で息を引き取りました。 火垂るの墓の映画では座り込んだ状態で死を迎えていることから、彼の死の原因は「衰弱からきている」と推測できます。 清太の死の直接的な原因となる衰弱の背景ですが、 食糧不足による飢えが濃厚です。 作中において、この兄妹は裕福な家柄からある程度資金を持っていましたが、当時はそんなお金も役に立たないほど食糧難の時代でした。 現に清太が他人の食べ物を盗もうとするシーンが何回か出てきたので、兄妹は 飢えが原因で亡くなったという説は信ぴょう性が高そうです。 実際に火垂るの墓を子供の頃に観ると、あたかも食べるものがなく飢えて命を失ったように感じられるケースが多いでしょう。 それ故に清太の死の原因が餓死であった、という説が一般的なのです。 Sponsored Link 清太の死は「自殺」だったとも… 一方で、清太の死の原因が飢えではなかったという説もあります。 節子を失って「生きる活力を失った」ことが彼を 自殺に追いやったという見方もできるからです。 両親を失った清太と節子ですが、兄妹による絆の強さは確かに印象的でしたよね。 節子の病気を治すために盗みを働いたり、彼女に滋養のある食事を摂らせることを進めた医者に「 滋養なんてどこにあるんだ」と食ってかかったりと… 火垂るの墓を観ていると清太がどれだけ節子のことを愛していたかがヒシヒシと伝わってきます。 「火垂るの墓」の本当の主人公は清太? 作中では、二人を預かったおばさんから家事や仕事をしないことを批判されてはいたものの、自分もこの先不安なのに節子に対する心配りは忘れない。 そんな清太のお兄さんぶりを評価するファンは決して少なくないでしょう。 しかしそんな清太の頑張りも虚しく、節子は逝去。 ここで生きる希望を失ったことが「 清太の死」に大きく影響した…と考えられるのです。 これにより、自分より先に天国へ旅立った節子が寂しい想いをしないよう「 自ら死を選んだ」とも言われています。 火垂るの墓のアニメ映画では死の直前まで節子のことを考えていた描写もあるほどなので、それだけ兄妹としての絆が強かったわけです。 火垂るの墓において、ヒロイン節子と比べるとどうしても影に隠れがちな「清太の死」… 非常に仲の良い兄妹だっただけに、火垂るの墓の悲惨すぎる結末には脱力感すら覚えてしまいますね。 とは言え、戦争の悲惨さを知る上ではこの上ないアニメ映画かと思います。

次の

江原啓之さん「コロナ禍を乗り越えるヒントは『火垂るの墓』に…」

火垂る の 墓 放送 されない

火垂るの墓が放送されなくなった理由… 再放送されない3つの理由が話題に… 火垂るの墓は日本の戦時中を舞台にした作品として 衝撃を受けた人も多いのではないだろうか。 視聴した人のほとんどが泣いたと言われる悲劇の作品でもある。 スタジオジブリではとなりのトトロと一緒に劇場公開されたことでも知られている。 そんな火垂るの墓には都市伝説が存在します。 今回は火垂るの墓が放送されなくなった理由を紹介します。 火垂るの墓とは 「火垂るの墓」は原作者である野坂昭如氏の実体験に基づいた物語。 実はその一部はノンフィクションでり、一部はフィクションだといいます。 アニメでは4~5歳に見える主人公の妹ですが、 実際には野坂氏の妹はまだ1歳4カ月で亡くなったそうです。 ただし、戦争のために幼い妹を死なせてしまったという野坂氏の後悔は深く、 それが晩年まで戦争反対を訴えたことに現れています。 なんと野坂氏は妹に食べさせるための食糧まで空腹に耐えられずに手をつけてしまったそうです。 そして、自分の手で抱いた妹の息が細くなっていったこと、 その亡骸を自ら埋葬したこと、そして妹の骨をあのドロップ缶の中に 入れて持っていたことは事実だといいます。 再放送されない3つの理由 理由1:商標権の問題 毎年、8月15日の終戦記念日が近づくと、 第二次大戦にまつわるドラマや映画が公開されます。 火垂るの墓も戦争による貧しさから幼い妹を餓死させてしまった兄の悔恨の物語。 何回見ても泣くアニメ映画だけに泣けるものを探している現代人には テレビ放送を心待ちにされていそうなのですが、 テレビ放送はもうされないという説が出ています。 2011年以前に関しては 1989年、1991年、1993年とそれ以降は奇数の年に再放送されていた。 つまり、2年に1回は放送されていたことになります。 しかし、2013年には1回も放送がされていなかった。 20年以上も続く伝統が2015年には何も無かったのだ。 これにはいくつかの理由があります。 まずはサクマドロップの商標権の問題。 火垂るの墓に登場する代表的なものが、サクマドロップ。 この商品は元々は佐久間製菓と呼ばれる会社が製造して販売している商品である。 戦前から活躍していた会社であり、その当時は甘いものというものが貴重な存在だった。 その為、子供の間では大人気となっていた。 しかし、戦時中は砂糖が無くなってしまった関係で一旦は佐久間製菓は廃業に追い込まれた。 戦後、この佐久間製菓は三男と長男が別々で企業を立ち上げ、 商標権争いで裁判を起こすことになった。 その結果、佐久間製菓が「サクマ式ドロップス」という商標権を得ることができた。 一方では、「サクマ製菓株式会社」が「サクマドロップス」という名前を使うことが許されたようだ。 理由2:政治がらみでテレビ放送見合わせ 「火垂るの墓」のテレビ放送は視聴率が低下したから打ち切りになったという説もありますが その一方では政治的な問題が放送を阻んでいるともいう噂も流れています。 近年は左翼化してきた集団がマスコミやテレビ局に多く存在するようになったとされている。 それにより、明らかに「被害者」扱いしている火垂るの墓に関しては、 否定的な思想を持っているようです。 このアニメも被害者ぶる日本人をイメージさせるとして放送されないようになったのかもしれません。 幼い子供が見れば日本人は過去の戦争でひどい目に遭わされたと 被害者意識にとらわれる可能性が高いでしょうし。 理由3:視聴率の低下 20.

次の

【ジブリ都市伝説】火垂るの墓はもう二度と放送されない!?

火垂る の 墓 放送 されない

「映画の冒頭から登場している節子と清太は幽霊であり、内容は兄妹が幽霊として記憶を再び経験している」というもの。 冒頭の古いドロップが新しくなるというシーンも兄妹が幽霊になったイメージを表しているのではと囁かれています。 ですが少し明度を上げてみると「B29」が飛んでいることがわかります。 「火垂る」と表現されているのは、このポスターがもつ意味でわかりますよね。 節子の死因は栄養失調ではない考察 節子は体調不良を訴えはじめてからどんどんと衰弱していき死んでしまいます。 まっとうな食事にありつけず、栄養失調だったのでは?と言われていますが実際には違うという話が出ているようです。 有害物質が原因 節子と清太が住んでいる地域には軍の工場が存在していました。 そこの工場では有害物質を取り扱っており、冒頭で工場が空襲に遭いその有害物質が大気中にまきちらされたのではないか?というもの。 街が焼け野原になったあとに節子はしきりに「目が痛い」と訴えているシーンがあります。 また疎開先のおばさんの家にいる時点でも、食事をきっちりとっているにもかかわらず体調不良は見られています。 小さい子供は免疫力がそもそも低く、疫病にかかりやすいこともあることから、化学物質によって免疫機能が失われ栄養素の欠乏を引き起こしていたと考察されます。 清太は、十分に食べていないからだと野菜泥棒などいろんな手を尽くしましたが節子が助からなかったのもうなずけますね。 火垂るの墓放送されなくなった理由 毎年夏の顔といえば火垂るの墓でしたが、最近ではテレビ放送されなくなってきました。 親が店頭で気がついて「火垂るの墓のだよ」と買ってきてくれたのを思い出す。 その親ももうこの世に居ない。 — 裏庭映画保存会 uraniwamoviecom 劇中に登場する「サクマ式ドロップ」があります。 フォントやデザインもそっくりそのままで描かれており、商標問題になりテレビ放映ができなかったのでは?と囁かれています。 ですが、サクマ製菓株式会社より復刻版として節子が描かれたサクマ式ドロップが販売されていることもありこの線は薄そうですね。

次の