多摩川 氾濫 箇所。 多摩川・浅川・大栗川の洪水浸水想定区域図(想定最大規模)

多摩川が氾濫 東京・二子玉川、堤防ない場所 :日本経済新聞

多摩川 氾濫 箇所

昭和49年9月1日、「狛江市猪方地先の多摩川堤防が決壊」の一報がマスコミを通じて日本全国に伝えられた。 翌日未明、全国の人々が見守る中、被災状況がテレビの画面に映し出された。 長年の蓄積が実り、やっとの思いで建設したマイホームが、それも建設したばかりのものが、瞬時にして次から次へと濁流の中に消えていく様子であった。 「おとなしい」「安全な」川として、近郊の人々に親しまれてきた多摩川が突如として、その隠された牙をむいた。 中心気圧960ミリバール、中心付近の最大風速40メートルの大型台風16号の接近に伴い、発達した雨雲が関東地方に停滞し、激しい降雨にみまわれたのは前日の8月31日のことであった。 小河内を中心とする多摩川上流に記録的な豪雨が断続的に襲い、多摩川は増水を続けた。 市では、9月1日の「防災の日」に防災訓練を予定していたが、天候不順のため中止した。 この予定されていた訓練が実戦になろうとはだれもが予想だにしなかった。 9月1日、多摩川の水位は、警戒水位を越え、天端まで達しており、多くの市民がこの様子を見に集まっていた。 市では、河川敷内にある施設の撤去を行った。 午後2時、増水する多摩川を見守る大勢の市民、防災関係者を前にして、堰堤わきの小堤の先端が崩れ始めた。 木流しや土のう積みなど市職員、消防署、消防団の人力による水防活動が懸命に行われた。 しかし、洗掘の範囲はじわじわと本堤防に迫り、午後6時、市は災害対策本部を設置し、付近に避難命令を発令した。 都にも対策本部が設置され、都をはじめ、自衛隊、警視庁、消防庁、建設省、日赤、東京電力、東京ガス、電電公社は素早く現地に駆けつけ、機敏な対応に努めてくれた。 第二中学校と第六小学校に避難所が設置され、避難者の収容に力が注がれた。 この日、対策本部には、大勢のマスコミが押し寄せ混乱している中、困難を極めたのが、避難者、水防作業員の給食(3,000食 の調達であった。 日曜日のため、市内の食堂、米屋などほとんどが休業。 応急の乾パンを都に調達を依頼し、菓子パン製造メーカーに菓子パン調達の手配をした。 そのほかにも、市職員宅にも炊き出しを依頼して、車で巡回して集めたおにぎりも含め、ようやく1,000食をかき集めることができたが、それでも、避難所の全員には行き渡らず、老人、病弱な人、子どもを優先に配給することとなった。 午後9時45分、必死の水防活動もむなしく、本堤防が長さ5メートルにわたり決壊。 堤防を洗う濁流の勢いはとどまるところをしらなかった。 家屋の危機を知り自宅へ貴重品を取りに戻ろうとする被災者と警備に当たる機動隊の間で衝突が起きることもあった。 この日、夜中にもかかわらず、市内在住の都の幹部職員が来庁され、都への手配を一手に引き受けてくださり、どれほど頼りになったかわからない。 2日未明、民家がついに倒壊、濁流にのみ込まれていった。 2軒、3軒と流失家屋が増えるにつれ、現地には緊迫した空気がみなぎる。 人力による水防活動は困難を極め、静岡県などから大型のテトラポットを調達し、大型機で投入したが、激しい水流に押し流され効果がなく、洗掘が続いていた。 そこで、災害対策本部の関係者が協議の結果、堰堤を破壊して水流の方向を変えることとなった。 流失家屋が増え避難住民がいらだつ中、堰堤爆破による被害を予想しつつ開会中の市議会全員協議会に状況報告のうえ、調整が進められ、午後2時37分、自衛隊により堰堤の爆爆破が行われた。 堰堤の上に千葉県館山からへリコプターで運ばれた火薬をのせ、土のうで押さえての爆破であったが、濁流の流れを変えるほどの効果はなく、逆に付近民家の窓ガラスを破損するなど被害が大きかった。 3日、前日までの天気が嘘のように晴れ上がった朝を迎えた。 しかし、洗掘はさらに進み、流失家屋はついに18棟を数えるに至った。 何ごともなかったかのように晴れ上がった青空の下、必死の水防活動も空しく家屋が流失する様は無情を極めた。 建設省が主体になり、多量のテトラポットの投入が行われ、並行して再度、堰堤爆破の検討が進められた。 午後4時から3度に渡る爆破が試みられたが、ほとんど効果がなかった。 4日、この災害を亀岡建設大臣が視察に訪れ、1週間で復旧するように指示された。 この日も雨が降りしきる中、再度、午前10時30分から計6回にわたる堰堤爆破が行われた。 今度は堰堤に穴を開け、火薬を詰め込んでの爆破である。 午後8時、第6回目の爆破により堰堤に破壊口が開き、そこから水が流れ始めた。 爆破成功。 民家への水流は弱まり始めた。 5日、洗掘防御作業と小堤締切作業が急ピッチで行われた。 6日、小堤締切工事が完了。 正午、避難命令(一部を除く)がようやく解除された。 これで、一応の終止符を打ったことになった。 日曜日に呼び出された市職員は、この日まで連日連夜、水防活動に、避難所の設置、資材の調達、そしてマスコミの対応に奔走し、ほとんどの職員が仮眠だけでこの日まで精力的に働き、ようやく、この日に帰宅を許された。 しかし、翌日には住民との補償交渉、堤防復旧工事が待っていた。 現在でも、住民と国との間で、この災害が人災か天災かをめぐり裁判で争れている。 この災害の残した傷跡は深い。

次の

多摩川氾濫で浸水「怖かった」 東京・二子玉川 :日本経済新聞

多摩川 氾濫 箇所

窪田順生 [ノンフィクションライター] くぼた・まさき/テレビ情報番組制作、週刊誌記者、新聞記者、月刊誌編集者を経て現在はノンフィクションライターとして週刊誌や月刊誌へ寄稿する傍ら、報道対策アドバイザーとしても活動。 これまで200件以上の広報コンサルティングやメディアトレーニング(取材対応トレーニング)を行う。 情報戦の裏側 できれば起きてほしくない「不祥事」だが、起きてしまった後でも正しい広報戦略さえ取れば、傷を最小限に済ませることができる。 企業不祥事はもちろん、政治家の選挙戦略、芸能人の不倫ネタまで、あらゆる事象の背後にある「情報戦」を読み解く。 多摩川決壊の碑 Photo by 今から45年前の1974年9月、台風16号によって生じた激流が堤防を260メートルに渡って崩壊させて、民家19棟が流された。 首都圏の閑静な住宅地にやっとの思いで建てたマイホームが、濁流へ無残に飲み込まれていく光景は全国のお茶の間に届けられ、日本中に水害の恐ろしさを、まざまざと思い知らせた。 それから2年、TBSがこの悲劇から着想を得たドラマ「岸辺のアルバム」を放映する。 それまでの家族ドラマの概念を打ち砕くテーマ設定は大きな注目を集める一方で、現実に家を失った人たちは「人災だ」として国の河川管理に瑕疵があったと提訴した。 そして、一審で住民側の勝訴判決が出た1979年、大田区に住む69歳の男性が、地域の学校に寄贈した写真が一部で注目を集めた。 それは、当時から遡ること68年前の「関東大水害」の時に撮影されたという、完全に崩壊している多摩川の堤防である。 「関東大水害」とは、1910年(明治43年)と1917年(大正6年)の2度にわたって関東を襲った水害。 この時の被害も凄まじく、1910年の水害では関東地方全体では死者769人、行方不明者78人、そして家屋が全壊または流出した数は約5000戸を数える大惨事となり、東京だけでも150万人が被災したという。 写真はこの時の被災地・東京を撮影したもので、男性が自宅にあるのを偶然見つけたという。 ちなみに、多摩川の水害はこれ以前も頻繁に起きている。 1896年には「多摩川が氾濫して架橋流出」(読売新聞1896年7月22日)しているし、1875年には「多摩川がはんらん、53軒が床上浸水 羽田では子供が行方不明」(読売新聞1875年8月17日)という痛ましい悲劇も起きているのだ。 そのような歴史の教訓を忘れてしまったら、また同じような大水害が繰り返されてしまう。 そこで、この恐ろしさを後世にちゃんと語り継いでいかなくては、というわけで、生々しい水害写真を寄贈したというわけだ。 この「先人からの警告」を、時のマスコミも大きく取り上げた。

次の

川崎市:洪水ハザードマップ

多摩川 氾濫 箇所

多摩川氾濫どこ?世田谷区二子玉川駅近くの兵庫島公園 二子玉川駅から近く、河川敷に下りて遊べることもあり、週末はピクニックをする人も多い 兵庫島公園。 ここは堤防が低く、 土手を乗り越えた形で越水した様子。 堤防が決壊したわけではなさそうです。 兵庫島公園ライブカメラ時系列 兵庫島公園のライブカメラを度々スクリーンショットしていました。 時系列で紹介します。 10月12日13時ごろ 平常時と比べてみてください 10月12日15時ごろ カメラのアングルが変わりましたが、ほぼ同じ場所です。 10月12日19時頃 階段ギリギリまで水が来ていますが、上に人がいます。 10月12日21時頃 もう溢れているように見えます 10月12日23時頃 完全に越水しています。 多摩川氾濫どこ?川崎市高津区諏訪、平瀬川氾濫 川崎市高津区諏訪のあたり、多摩川からの支流である平瀬川が氾濫しました。 多摩川と平瀬側が合流するあたりが冠水したようです。 平瀬川ライブカメラ時系列 平瀬川のライブカメラのスクリーンショットです。 10月12日14時頃 氾濫までまだあと1mくらいありそうです。 10月12日17時頃 10月12日20時頃 もう氾濫ギリギリです 10月12日 22時頃 もう溢れています 川崎市諏訪ツイッター情報 平瀬川氾濫した時の情報 高津区諏訪 低地 冠水してます! — OZAKI ATSUSHI DJAZZURRI 高津区諏訪は停電且つ冠水しておりました。 くれぐれもご注意下さい。

次の