サトミ ホース カンパニー。 里見治

株式会社サトミホースカンパニー · サトミホースカンパニー · 〒141

サトミ ホース カンパニー

本日実施したPOG2020-2021ドラフト会議の速報です。 珍しく管理人のあぐらホースとして更新します。 実施方法 スーパーセントウの都合で5月末がNGだったこと、 外出自粛の真っただ中なこともあり初の リモート開催しました。 使用ソフト:ZOOM 各人の選択馬はチャット機能での投稿という形式にしました。 当初画用紙等に書いてカメラに映す方法を考えていたのですが、 まとめる人がコピペしやすいという理由で チャット活用が有効でした。 抽選が発生した場合はUMATOME記念を活用することにしました。 (選んだ馬が前にいる人が勝ち) ドラフト結果速報 それではドラフト結果の速報です。 選択した人の凡例は以下です。 ご了承ください。 ちょっと残念。 詳細版にチェンジしたのでいろいろとまとめ 各チームの特徴 オサヴァリバー:社台(いや、ほぼノーザングループ)の人。 美浦の馬が多い。 タンタカトップガン:新種牡馬に賭けた人。 唯一の〇外。 ヨンカルロ:サンデーレーシングな人。 特に牡馬が多い。 スーパーセントウ:個人馬主ばかりの人。 栗東の馬が多い。 まとめてみると、 そりゃドラフトで抽選にならないよなという印象です 笑 種牡馬の内訳 ディープインパクト:9頭(来年まではまだまだ中心) ロードカナロア:5頭(有力繁殖牝馬がいっぱい) モーリス:5頭(新種牡馬。 前評判が圧倒的!評判通りとなるか?) キズナ:5頭(第一世代を見る限り安定感あるよなー) オルフェーヴル:3頭(ヨンカルが一人で3頭指名) ドゥラメンテ:3頭(新種牡馬。

次の

株式会社サトミホースカンパニー · サトミホースカンパニー · 〒141

サトミ ホース カンパニー

略歴 [ ] 青山学院大学在学中のに友人とゲーム機の販売会社を起こす。 しかし経営がうまく行かなかったため販売会社を1年で清算、自らゲーム機の開発を行う方向に転じる。 翌に父親が経営していた食品メーカー「東京栄養食品」の商号を「株式会社さとみ」に変更してその専務に就任。 同社内にアミューズメント部門を設立してや機の開発・販売等を手がけた。 には取引先の手形の不渡りのあおりを食って株式会社さとみが倒産するが、残った社員と共に同社の関連会社であるサミー工業(設立、現在のサミー)を再建する形で事業を継続。 にはサミー工業の社長となり、以後同社にて主に・機の開発・販売などを行い、を業界大手の一角に成長させた。 その他、向けの「」など、自社でゲームソフトの開発や販売を行っていたこともあった。 9月、里見がの売却などを巡って約30億円のをから指摘されていた。 主な役職 [ ]• 株式会社代表取締役会長 CEO• 株式会社代表取締役会長 CEO• (日電協)理事長• (JAMMA)会長 (2015年現在) 馬主として [ ] (JRA)と(NAR)に登録されており、は「サトノ〜」と「〜サミー」を使用しているが、冠名を使用しない馬もわずかにいる。 の柄は緑,黄菱山形,袖黄縦縞を使用している。 過去には白、青縦縞、桃袖や緑、水色縦縞、白袖の柄を使用していた。 なお、2017年より馬主事業を法人化し所有馬の名義を「株式会社サトミホースカンパニー」 に変更している。 G1に有力馬を出走させながら勝利に恵まれない期間が長かった が、2016年のの菊花賞優勝を皮切りに、の香港ヴァーズ、の朝日杯フューチュリティステークス、サトノダイヤモンドの有馬記念とGIを立て続けに獲得した。 以降もで安田記念を制するなどGIなどの大舞台ではすっかりお馴染みになっている。 セガサミーホールディングスの子会社のセガ(現在はセガゲームスに移行)がリリースしているシリーズの製作総指揮者としても知られている。 その一方で、同じくセガがリリースしている競馬であるおよびやの開発には里見は一切関与していない。 やなどを管理した元調教師がアドバイザーを務めている関係もあり、期待馬は主に息子の厩舎に預ける事が多い。 有馬記念などを制したサトノダイヤモンドを筆頭にサトノアラジン、サトノノブレス、サトノクロニクル、サトノアーサーなど数々の期待馬を池江厩舎へと預けている。 また池江厩舎の他にも厩舎へも多く預けている。 これは里見オーナーが始めて所有したミラクルサミーが南井騎手の師匠である工藤嘉見厩舎へ入厩、5勝を挙げうち2勝が南井騎手の手綱によってもたらされたものだった。 その後一時期南井克巳との関係は薄くなるが2000年代後半にセールで落札したサトノパンサーを南井厩舎へと預ける。 サトノパンサーはJRAで5勝を挙げる活躍を見せ、ここから再び南井厩舎との関係が始まり、がきさらぎ賞を制するなど活躍している。 また里見オーナーは生産馬を所有する場合は南井厩舎へ預けることが多く、前述のサトノフェイバーもフジワラファームの生産馬である。 主な所有馬 [ ]• (2008年)• (2013年)• (2014年、、2016年中日新聞杯、)• (2014年、2015年、2016年、 、2017年京都記念、 )• (2015年)• (2015年)• (2016年、、 、 、2017年、2018年)• 2016年 )• (2016年、、2017年 )• (2017年)• (2018年きさらぎ賞)• (2018年)• (2018年)• (2019年)• (2020年)• (2020年) 脚注 [ ] []• 週刊現代. 2015年11月3日閲覧。 産経ニュース2017. 31 19:59更新• 週刊現代. 2015年11月3日閲覧。 毎日新聞 2016年9月15日• 2016年5月29日. 2017年8月31日閲覧。 - netkeiba. com• - netkeiba. com• - netkeiba. com• - netkeiba. com• - netkeiba. com• - netkeiba. com• - netkeiba. com• - JRA• - netkeiba. com• netkeiba. com、2017年6月4日閲覧• - netkeiba. com• - netkeiba. com• - netkeiba. com 参考資料 [ ]• 2012年11月16日時点のよりアーカイブ。 2017年7月22日閲覧。 先代: (新設) セガサミーホールディングス社長 2004年 - 2017年 次代: 先代: セガ社長 2007年 - 2008年 次代: 先代: (新設) セガホールディングス会長CEO 2015年 - 2017年 次代: 先代: フェニックスリゾート会長 2012年 - 2018年 次代:.

次の

【里見治】法人名義サトミホースカンパニーへ変更の理由

サトミ ホース カンパニー

こんにちは、Lateです。 今回はサトミホースカンパニー所有馬からPOG2019-2020シーズンの当たり馬を見つけていこうと思います。 POG2018-2019シーズンにはサトノルークスが牡馬クラシックへの切符を手にしています。 また、サトノソロモンも京都新聞杯で3着に入りダービーへの出走権を獲得しましたね。 近年の活躍馬を見てみると、毎年コンスタントに重賞級が出ていることがわかります。 例年の所有馬数は24~32頭くらいなので、ラインや血統で絞っていけば当たりを狙いやすいですね。 果たしてこの中に次世代の大物は潜んでいるのでしょうか。 各馬をピックアップしてコメントしていきます。 ・まずはじめに主役級の注目を浴びそうなフサイチパンドラの2017 サトノエスペランサ。 母はG1ホースで、魅力はなんといっても2歳上の半姉に三冠牝馬のアーモンドアイがいることですね。 落札価格は4,600万円で思ったよりも低いのですが、これはまだアーモンドアイが活躍していない時期でしたから納得がいきます。 決して馬体の出来がイマイチだから…という訳ではないため楽しみな一頭です。 ・前評判の良さでいえばバラダセールの2017 サトノフラッグ。 母はアルゼンチンのG1ホース、気性や動きなど総合的なレベルがとても高いようです。 母はサンチャリオットS 英G1・芝1600m を3年連続で制覇した実力の持ち主。 血統のスケールが違いますね。 ・池江厩舎の三頭はいずれも母系が海外色強めの良血馬になります。 デビューは秋以降だそうです。 ・デビューが秋以降とのことなのでPOG的には狙いづらいですが、コンテスティッドの2017 サトノフウジン は信頼度が高い血統。 2歳上の全兄にNHKマイルCで2着のギベオンがいますから、できるだけ早い時期に出てきてほしいですね。 ・あとディープ産駒ではキャンディネバダの2017 サトノパシュート から未知魅力な雰囲気が漂ってきます。 母はアルゼンチンのG1ホースで、Storm Cat系の母父。 ディープインパクトを付けると面白そうな繁殖牝馬だと思っていましたので、頭の片隅に入れておきたい。 ・新種牡馬枠からはゴールドシップ産駒であるマイジェンの2017 サトノゴールド。 早期デビューの注目馬としてすでに当ブログでは取り上げております。 血統的な信頼度は物足りず、指名にはリスクを伴いますがロマンは最大級です。 ・それからそれから.. 海外種牡馬枠の3頭も目が離せません。 どれも隠し玉の香りがしてきますが、特に気になるのはコンクエストハーラネイトの2017 サトノファラオ ですね。 父はアメリカの三冠馬であるAmerican Pharoahで、初年度産駒の一頭になります。 エンパイアメーカーの後継種牡馬なので芝にも対応できる可能性があり楽しみです。 ・牝馬ではサトノユリアの2017 サトノヴィーナス の雰囲気が抜けているそうです。 牝系からは同じロードカナロア産駒のグルーヴィットが活躍を見せました。 こちらはクラシックよりも古馬重賞を目指す傾向にある堀厩舎でなければ、完全に指名していたかもしれません。 デビューが待ち遠しい一頭です。 穴指名候補にはサトノパシュートを。 母父はディープとのニックスであるStorm Catで祖母は優秀なLyphardの血が強い。 魅力を感じた一頭は見つかりましたでしょうか??

次の