リボーン 債権 回収 sms。 05053727272 / 050

05053727272 / 050

リボーン 債権 回収 sms

なぜ 個人情報 が流出したの? 残念ながら 一度 流出 してしまった 個人情報 は、もう 一生消える事はありません ので、今後も 色々な 悪質業者 ・ 詐欺業者 から 狙われる 事が 予想 出来ます。 また、今回たまたまご自身が狙われただけで、 被害 に 遭わなかった から『もう 大丈夫 』などとは 思わない方が良い でしょう。 何故なら、 悪質業者 ・ 詐欺業者 が 適当 に 入手 した 個人情報 の中に、たまたま 自分の個人情報 は入っていて、たまたま 自分に 今回 のような 悪質業者 ・ 詐欺業者 からの メール や電話 が来た訳ではないからです。 最近の 悪質業者 ・ 詐欺業者 は、 数打てば当たる などとそんな 効率 の 悪い事はしません。 ご自身 が 悪質業者 ・ 詐欺業者 から狙われたのにはちゃんと 理由 があるのです。 例えば、以前に何らかの『無料サイト』( アダルトサイト ・ 出会い系サイト ・ アプリなど)に、 登録 した事はないでしょうか? 悪質業者 ・ 詐欺業者 は、『 無料サイト 』たからと言って、 何の疑い もなく 簡単 に 個人情報 ( 名前 ・ 住所 ・ 電話番号 など)を 入力 ・ 登録 してしまう人を 狙っている のです。 また、 Google Playストア や iTunesストア だから 安心 だと 思っている人 も多い とは思いますが、 Google Playストア や iTunesストア にも、 沢山の悪質サイト ・ アプリ は 紛れ込んでいて、 個人情報 を 入手 する事だけが 目的 の『 極悪サイト 』が 多数 存在 しているのです。 このような場合は、 『 架空請求 』ですので、基本的には無視で問題ありませんが、『今後も 個人情報 が 拡散 されるのが 心配 だ』『 今後 も 詐欺業者 から 狙われる のが 心配だ』『今後 の 対応策 を知りたい』という方は、 一人で 悩まずに一度 専門の機関 に 相談 した方が良いでしょう。 必ず 良い解決策 があるはずです。 最近の 悪質サイト は、 表向き には 無料サイト と 見せかけて、分かり辛い 所に 利用規約 や 高額 な 料金表示 がされていて、それに気付かずに サイト へ アクセス してしまった人に、後々 高額 な 登録料金 や 遅延延滞金 などを 請求 してくるのです。 当然、インターネット上の登録には、『 電子消費者契約法 』で定められた『 消費者 の 意思確認 』が 必要 となり、その 意思確認 がなされなかったり、 消費者 の 操作ミス での 登録 は 無効 になります。 また、事業者は、申込みボタンを押した後に、消費者が入力した登録内容を一度確認させるための『確認画面』などを用意する必要があり、『登録ボタンを押す=購入(有料)』であるということを、ボタンを押す前にわかるように明示しなくてはいけません。 よって、そのうような手続きをふまずに、一方的に料金を請求された場合は、 『不当請求』ですので、法律上、料金を払う必要はありません。 しかし、それはサイト運営事業者がまともな事業者であればの話です。 当然、今回のような請求をしてくるようなサイト運営事業者が、まともな事業者であるはずがありません。 このような悪質サイト運営事業者には注意が必要です。 サイト運営業者はかなりしつこく請求してくる可能性が高いです。 今後、何らかの形で個人情報を入手し、自宅や勤務先などへ請求を繰り返しきたり、少しエスカレートしてくると、弁護士や債権回収業者を使い請求してくるケースもあります。 もし弁護士や債権回収業者が法的な対応を取ってきた場合は、無視をし続けると、最悪民事訴訟(裁判)を起こしてくるケースもありますので、その場合は無視をせず、弁護士や専門機関へ依頼し対応してもらった方が良いでしょう。 この場合は、適当にダイヤルしているか、電話番号のみの個人情報の名簿を入手してSMS(メール)や電話をしているだけの可能性が高いです。 しかし、悪質業者・詐欺業者からのSMS(メール)や電話に折り返してしまうと悪質業者・詐欺業者の思うつぼです。 身に覚えのないSMS(メール)や電話に折り返してしまうと、単純にこの人は騙しやすいと思われてしまいます。 今回、金銭的な被害に遭わずに済んだのは、悪質業者・詐欺業者がお金を騙し取るためにSMS(メール)や電話をしてきた訳ではなく、何の疑いも持たずに折り返し電話をしてしまうような騙しやすい人をまずは探しているだけで、今回は、まだ悪質業者・詐欺業者も本格的に騙そうとは思っていなかったので被害に遭わなかっただけなのです。 当然、この段階で高額な詐欺被害に遭ってしまう方も多いのですが、今回の悪質業者・詐欺業者からのSMS(メール)や電話は、今後、詐欺を働くために騙しやすい人を探すための手口の一つなんです。 一度でも悪質業者・詐欺業者に目を付けられてしまうと、言い方は悪いですが『カモ』扱いにされ、徹底的に狙ってくるのが詐欺師です。 これから本格的な手の込んだ手口で狙ってくる可能性が高く、場合によっては、ご家族を狙ってくるケースもありますので、今回被害に遭わなかったからもう大丈夫などとは思わず、細心の注意をした方が良いでしょう。 もし今後が心配だという方は、一人で悩まずに一度専門の機関に相談した方が良いでしょう。 必ず良い解決策があるはずです。 《架空請求と不当請求の違い》 『架空請求とは?』利用した覚えがなく、一度もアクセスした事がないサイトから、利用料金、登録料金、遅延延滞金を請求される事。 『不当請求とは?』電子消費者契約法に基ずいた契約をしていないサイトから、利用料金、登録料金、遅延延滞金などを請求される事。 または、料金表に記載されている以上の料金、もしくは、料金表に記載されていない料金を請求される事。 《対応を間違うと、思わぬトラブルになってしまうケースもあります》 ここで注意しなければならないのは、 『架空請求』と 『不当請求』では、全く意味合いが違うという事です。 『架空請求』の場合は、基本的に無視で問題ありませんが、もし業者へ連絡をしてしまったり、少額だからと請求に応じてしまった場合には注意が必要です。 このような場合は、詐欺業者は何度も手口を変えて狙ってきたり、今後、個人情報を悪用される可能性があります。 『不当請求』の場合は、『架空請求』とは違い、ただ無視をしていれば良いという訳ではありません。 当然、料金の請求に応じる必要はありませんが、サイト運営業者はかなりしつこく請求はある程度覚悟した方がよいでしょう。 今後、何らかの形で個人情報を入手し、自宅や勤務先などへ請求を繰り返された時に、『怖いから』『面倒臭いから』などの理由で請求に応じてしまう方もいますが、仮にお金を払っても何も解決はしませんので、絶対にお金を払ってはダメです。 しかし、請求が少しエスカレートしてくると、弁護士や債権回収業者を使い請求してくるケースもありますので、もし弁護士や債権回収業者が法的な対応を取ってきた場合は、無視をしてしまうと、最悪民事訴訟を起こしてくるケースもありますが、そのような場合は焦らず、弁護士や専門機関へ依頼し対応してもらった方が良いでしょう。 『架空請求』と 『不当請求』はまったく意味合いが違います。 また、請求に応じお金を払っても何も解決はしません。 対応を間違うと大変なトラブルになる可能性がありますので、 『架空請求』か 『不当請求』の判断が出来ずご不安な方は、一度専門機関へご相談した方が良いでしょう。 【メール事例】 情報サイト利用履歴があり未払債権が発生中。 本日ご連絡なき場合、身辺調査及び法的措置に移行します。 このような内容のSMSが届くと、何となく聞いた事がある動画サイト運営業者だし、もしかしたら間違って登録してしまったのかも?と勘違いをさせ、SMSに記載されている電話番号へ電話を掛けさせる手口です。 もしここでお金を払ってしまうと、数日後・・・。 「他のサイトにもアクセスした履歴があり、そのサイト運営者からも請求が来ています」 「訴訟の準備が進んでしまっており、取り下げるには一時的に和解費用が必要になりますが、和解が成立すればそのお金は全額戻ってきます(当然お金は戻ってきません)」 などと、更に金銭を要求してきます。 もしここでお金を払わず無視していると・・・。 小額訴訟制度や支払督促制度といった訴訟制度を悪用し、本当の小額訴訟や支払督促の通知が裁判所から(この場合は殆どが簡易裁判所からです)特別送達郵便という形で届いてしまった場合、無視をしてしまうとその裁判に敗訴してしまうケースもありますので注意が必要です。 サイト運営会社様のお話ですと、こちらのメールを受信された携帯電話から、有料サイトへのアクセスがあり、ご利用料金が未払いで、今現在も料金が発生し続けているとのことです。 この件に身に覚えがない場合、何かの間違いだと思われますので、お支払いただく必要はございませんが、その場合でも、その旨ご連絡いただき、登録抹消の手続きだけは必ず行わなければなりませんし、このままご連絡がなく放置されますと、携帯電話の名義人に対し、民法415条による損害賠償請求訴訟の裁判になってしまいます。 そうなりますと、現在の料金に裁判のための様々な費用、例えば給与差し押えのための勤務先の調査費用、財産差し押さえのための財産調査費用、ご自身でのお支払が困難な場合のご家族、ご親族のご連絡先、財産調査費用、弁護士費用等、その他様々な費用が加算され、多額の損害賠償請求訴訟の裁判になってしまいます。 尚、その裁判に身に覚えが無い等、理由を問わず欠席し、放置されますと、サイト運営会社様の言い分が全て認められ、執行官立ち会いのもと、給与、預貯金、不動産、その他あらゆる財産を強制執行で差し押さえる事が可能になってしまいます。 この通知が最後通告になりますので、この請求に身に覚えが無い場合であっても何ら返答がない場合、不本意ながら近日中にその強制執行のための裁判に移行になってしまいますので、その様な事になる前に、今現在はまだ訴訟の準備中の段階ですので、この件に身に覚えがない場合、何かの間違いだと思われますので、お支払いただく必要はございませんが、その場合でも、その旨ご連絡いただき、登録抹消の手続きだけは必ず行わなければなりませんので、本日中 土、日、祝日、メールでの対応はしておりません に私宛に必ずお電話ください。 土、日、祝日、営業時間外の対応はしておりません。 時間帯によって繋がりにくい場合がございますので、恐れ入りますがその際は再度お掛け直しくださいますようお願い致します。 パソコンからのメールはドメイン設定により送受信ができない場合がございますので、最終通告が確実に届くよう、今回こちらのアドレスから送信させていただきました。 などとという、脅迫とも取れる文言が並ぶ内容のメールが送られてきます。 もしここでお金を払ってしまうと、数日後・・・。 「他のサイトにもアクセスした履歴があり、そのサイト運営者からも請求が来ています」 「訴訟の準備が進んでしまっており、取り下げるには一時的に和解費用が必要になりますが、和解が成立すればそのお金は全額戻ってきます(当然お金は戻ってきません)」 などと、更に金銭を要求してきます。 もしここでお金を払わず無視していると・・・。 小額訴訟制度や支払督促制度といった訴訟制度を悪用し、本当の小額訴訟や支払督促の通知が裁判所から(この場合は殆どが簡易裁判所からです)特別送達郵便という形で届いてしまった場合、無視をしてしまうとその裁判に敗訴してしまうケースもありますので注意が必要です。 しかし、ここで問題なのは、電話をしたとか、していないとかではなく、なぜ架空請求詐欺業者が自分のメールアドレスや携帯番号を知っているのかという点です。 自分が気付いていないだけで、以前に必ず詐欺師に個人情報を入手され、狙われるようになってしまったキッカケがあった筈です。 《債権回収業者や 返金業務を謳っている調査会社(探偵業・興信所)には注意 》 他人の債権の譲渡を受けたり、委託を受けて回収業務として行うことは、弁護士資格がなけれが出来ません。 特例として一定の要件を満たした株式会社は、債権回収業を認められていますが、回収できる債権の種類には制限があり、有料サイトの利用料などは回収出来ません。 また、調査会社(探偵業・興信所)などは、探偵業の届出をしていたとしても、債権回収業務は法律上出来ませんので、返金業務を謳っている調査会社(探偵業・興信所)には注意が必要です。 メール問い合わせはこちら (24時間受付) 情報提供など他の方のコメントの確認はこちら.

次の

「それ詐欺です。」 05053766215 / 050

リボーン 債権 回収 sms

こんな場合は、架空請求や迷惑メールの可能性大!• 出会い系サイト、アダルトサイトの利用料金の請求• 「有料番組未納料金」,「電子消費者契約通信未納料金」などの請求• 目隠しシールのないハガキ• 連絡先として、いくつも電話番号が書いてある• 担当者の連絡先として、携帯電話の番号 090、070など が書いてある• 個人名の口座が振込先に指定されている こうした特徴に当てはまる場合は、架空請求や迷惑メールの可能性が高くなります。 架空請求や迷惑メールに困ったら、警察や消費者センターの窓口に相談してみましょう。 #9110 警察相談専用電話 警察庁• #188 消費者ホットライン 消費者庁• また、詐欺や架空請求の見分けかたや対処方法について、詳しい解説は次の記事をご覧ください。 リボーン債権回収株式会社の概要 この記事で扱う「リボーン債権回収」は、以下の企業となります。 2008年6月16日に設立され、同年12月に、債権回収会社として法務大臣の許認可を取得しています(法務大臣許可第115号)。 業務内容は、サービサー特措法にもとづく特定金銭債権の管理及び回収業です。 また、キャップブリッジ株式会社のグループ企業となっています。 リボーン債権回収の評判 リボーン債権回収は、優秀な債権回収会社と評価して良いでしょう。 一般の個人や一般企業では難しい、法的措置(裁判や差し押さえ)による回収も、高度な知見とノウハウを持ったリボーン債権回収なら、高い確度で実施できると評判です。 ただ、優秀な債権回収会社のため、同社の名前を勝手に使ったなりすましによる架空請求も生じています。 こうした被害に遭わないよう、細心の注意を払っていきましょう。 覚えがないのに、リボーン債権回収から督促が来る理由 まずは、なぜリボーン債権回収から督促が来るのか、理由を解説します。 「覚えのない会社だし、架空請求なのでは?」 と思う人も多いでしょう。 しかし、リボーン債権回収に覚えがなくても、なにか滞納や未払いには心当たりがないでしょうか? 「払っていないお金がある」 という人は、リボーン債権回収から督促が来る可能性があります。 リボーン債権回収は、 他社から滞納金回収の依頼を受けたり、延滞債権を買い取るなどして、督促を行う債権回収会社だからです。 「リボーン債権回収」という会社名に覚えがないからといって、必ずしも迷惑メールや架空請求だとは判断できません。 これまで確認されているケースとして、• ダイレクトワン スルガ銀行系列のカードローン• ミツクニ 中古車ローン販売• 奨学金 日本学生支援機構 といった返済の滞納で、リボーン債権回収から督促を受けた事例があります。 ほかにも、• クレジットカードの引き落とし不足• ローンやキャッシングなどの返済滞納• 携帯電話代の延滞• 電気、ガス、水道ほかの公共料金 …など、さまざまな滞納で、リボーン債権回収から督促を受ける可能性があります。 リボーン債権回収による督促の例 リボーン債権回収は、次のような形で督促を行っているようです。 ハガキや手紙など、郵便による督促 遅延損害金減額のご案内、提案書、法手続き予告通知、請求書、減額和解のご提案、通知書、 訴訟予告通知書、債権譲渡譲受通知、支払督促予告通知書…など。 電話による督促 携帯電話や家の固定電話に、リボーン債権回収から督促の電話が掛かってくることもあります。 そのほか、自宅訪問や緊急連絡先(勤務先、実家など)への確認連絡、保証人や連帯保証人への連絡なども行われる場合があるでしょう。 リボーン債権回収から連絡が来た場合の対応方法 続いて、リボーン債権回収から督促や連絡が来た場合の対応方法を解説します。 期日までに問題なく支払いができる場合は、すみやかに支払いを行いましょう。 また、リボーン債権回収会社は分割での返済の相談にも応じるものと思われます。 ですが、返済が難しい場合の解決策として債務整理もあること、また、返済義務を帳消しにする時効援用という方法があることも、ぜひ知っておきたい豆知識です。 時効援用とは、時効で返済を消滅させる手続きです。 債務整理とは、返済を減額・免除する手続きです。 こうした手続きを取ることで、 裁判や差し押さえを回避し、返済減額・免除や消滅によって解決できます。 債務整理と時効援用、どちらが適しているかは、人それぞれの状況により異なります。 選び方の目安は次の通りです。 最後の返済から5年以上たっていれば、「時効援用」 最後の返済から5年以上経っている場合、時効で返済をゼロ円にできる可能性があります。 「時効援用」について、専門家に相談を行いましょう。 まだ5年以上たっていないが、返済が難しい場合は「債務整理」 返済が難しい場合、「債務整理」という手続きで、返済を減額・免除できる可能性があります。 法テラスや弁護士・司法書士に、債務整理の相談をしてみましょう。 法テラス・サポートダイヤル 法テラスは、国が設置した法的トラブル解決のサポート機関です。 サポートダイヤルのオペレーターは個別の法律相談や法的判断を行うことはできませんが、相談内容に応じて、制度や手続きの紹介や法律相談窓口を案内してもらえます。 借金解決に強い弁護士・司法書士 借金問題の解決 債務整理・時効援用 に強い弁護士・司法書士も、無料の相談窓口を設置しています。 リボーン債権回収会社から督促が来た場合、それが悪質業者によるなりすましの架空請求なのか、本物の督促状なのか、一般の人が見分けることは難しいです。 なので、自分ひとりで判断せず、かならず詳しい法律専門家に相談し判断してもらいましょう。 本物の督促状だった場合でも、今すぐ返済したほうがいいのか、それとも債務整理や時効援用で解決したほうがいいのかなど、様々なアドバイスがもらえます。 弁護士・司法書士の窓口について、次の記事で詳しく扱っています。 返済の悩みをお持ちの方は、こちらもぜひご覧ください。 債務整理や時効援用について知っておくことは、いざという時の備えにもなります。 「まだ大丈夫」と思えるうちに、相談だけでも行っておくことが大切です。 わたしは元々、ある消費者金融でお客様相談の仕事をしていました。 返せない借金を抱えて、ほんとうに困っている…。 そんな人たちの声を聞いて、「このままではいけない」と思い、金融ライターになりました。 「借金が返せない」と悩んでいるのは、あなた一人ではありません。 そして、「返しきれない」と思えた借金を、債務整理でキレイに解消できた人たちも、大勢います。 みんな秘密がしっかり守られているので、知られていないだけなんです。 債務整理をはじめれば、秘密をまもって、借金やローンをキレイに解消できます。 どんなに小さな不安や悩みでも、遠慮せずに、借金解決の相談をしてみてくださいね。

次の

050

リボーン 債権 回収 sms

05053748852リボーン債権回収 実在する同名の会社、業者、団体とは一切関係ございません。 悪質な業者は実在する会社名を詐称している場合もあります。 折り返し連絡してしまった際の危険度診断結果は? 折り返し連絡してはいけません! 050-5374-8852 リボーン債権回収に折り返し連絡してしまった際の対処法 ネットのトラブル駆け込み寺 探偵社タイムの注意喚起ブログをご覧いただきましてありがとうございます。 弊社は皆様から頂いた情報をもとに 悪質な不当請求サイトや不当請求業者の注意喚起をしております。 またインターネットトラブルでお困りの方の ご相談も無料で承っております。 少しでも気がかりな点やご不安な点があるかたは、是非無料相談をご利用ください。 ネットのトラブル駆け込み寺では無料電話相談を承っております 電話受付 09:00~22:00 個人情報保護法や 関係法令を遵守して、 秘密厳守で承っております。 気がかりなことやご不安なこと等ございましたら、お気軽にお電話ください。 スマートフォンの普及に伴ってインターネットトラブルも増加傾向にあります。 インターネット上には、クリーンなサイトだけではなく、 悪意を持ったサイトも存在しています。 無料アプリのように見せかけて端末にウィルスを送り込むサイトや、 アプリ内の広告バナーにウィルスを仕掛けたサイトもあるとの報告があります。 ありとあらゆる所に落とし穴が潜んでいると言っても過言ではないでしょう。 ご利用の端末専用のウィルス対策ソフトを導入するなど、最低限の自衛の手段はとるべきです。 また、 迷惑メール本文内に「 長期滞納」「 有料コンテンツ」「 身辺調査」「 強制執行」「 本日中に連絡を」「 和解処理」などのキーワードが入っていませんか? それらが一つでもあれば 悪質請求の可能性が非常に高いので、 安易に確認の連絡を入れるべきではないでしょう。 まずは 落ち着いて冷静になる事が大切です! ネットのトラブル駆け込み寺では、完全無料で相談を承っております。 何か気がかりな事があれば、まずはお気軽にご相談ください。 本日のトピックス 特殊詐欺被害を未然に防ぐための方法などを不定期更新しています! ネットのトラブル駆け込み寺 探偵社タイムの悪質詐欺被害対策コラム13 警察庁の最新の発表によりますと、平成26年の特殊詐欺全体の認知件数及び被害総額は、前年同期に比べておよそ1割ほど増加しているとの事です。 被害総額は、振り込め詐欺約376億円(警察官等をかたってキャッシュカードを直接受け取る等の手口で、事後ATMから引き出された金額を加えた実質的な被害総額)と振り込め詐欺以外の特殊詐欺約184億円を合わせて約559億円となっているとのことでした。 平成26年だけで559億円もの被害が出ていて、しかも毎年増加傾向にあるそうです。 「特殊詐欺」って? オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺等の「振り込め詐欺」に加えて、近年増加傾向にある金融商品等取引名目の詐欺、ギャンブル必勝法情報提供名目の詐欺、異性との交際あっせん名目の詐欺、それ以外の特殊詐欺の8類型の総称です。 こちらのコラムでは、様々な特殊詐欺の特徴や対処法をご紹介させていただきます。 孫子の教えに「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」とありますが、特殊詐欺被害を未然に防ぐには「詐欺業者がどんな手段や方法でアプローチしてくるのか?」また「実際にトラブルに巻き込まれた際に、どう対処すればよいのか?」を知る事がとても大切でしょう。 ~時事ネタに便乗した特殊詐欺 その4~ 東日本大震災に便乗した義援金詐欺にご注意! 《実際の被害例》 東日本大震災の復興支援という皆様の善意を踏みにじるような被害例があるそうです。 支払方法は振り込みですのでご協力ください」等と言われたので、個人名の口座に振り込んでしまった 《対処方法》 対処ポイントは「相手をよく確認!」です。 公的な機関や団体は電話勧誘・訪問勧誘を行いません。 実在する団体等と同じ名称を名乗った場合でも、詐称している可能性があるので、当該団体がテレビ・ラジオ・新聞等で公表している口座番号・名義と同一であるかを確認するなど、本当にその団体による募金なのかどうか、信用できる団体なのかを十分に確認するべきでしょう。 STOP!架空請求!携帯電話・スマートフォンが普及して以降、迷惑メールや悪質ショートメールによる架空請求の被害は増加の一途をたどっています。 警察庁のWEBサイトにて平成30年1月~3月までの特殊詐欺被害状況(暫定値)が公表されていますが、たったの3か月間で、すでに認知件数が1,235件、被害金額は29. 8億円という状況です。 2,980,000,000円(金額をリアルに感じていただきたく、あえて0を並べてみました。 )という巨大な金額が、たった3か月でだまし取られたと公表されています。 単純計算ですが、1日平均約1億円弱のお金が詐欺師へ流れています。 しかも、これらはあくまで警察庁に認知された件数と金額です。 実際の被害件数と被害金額は、当然増えると予想されます。 なぜこのような事態になってしまうのか?一番の原因は詐欺師が存在しているからです。 当然、騙す側が一番の悪です。 これは間違いありません。 しかしながら、騙されてしまう側の無防備さも、被害増加に拍車をかけていると言わざるを得ません。 つまり、 「所詮は他人事」 「自分は大丈夫」 「自分は騙されない」 と考えていらっしゃる方が圧倒的に多いということです。 このことが被害増加の一端を担ってしまっています。 大切なのは知ること詳しく知ることで事前に対処法を考えることができますし、いざという時にも浮足立つことなく、冷静に対処するための心の隙間が生まれます。 こちらでは、少しでも被害を未然に防ぐことができるよう、架空請求業者の目的や手口、金銭詐取方法などをご紹介させていただきます。 初めての方はもちろんですが、架空請求の事をご存知の方も再確認の意味も含めて、最後までお読みいただくことをお勧めいたします。 被害のきっかけは突然あなたの身にも降りかかる最近は、以前のようなeメールでの架空請求から、SMS・メッセージによる架空請求へと移行しています。 架空請求業者は、さも本当に支払い忘れや未払いがあるかのような、かつ、どなたにでも当てはまるような内容でアプローチしてきます。 例えば、 コンテンツ利用料金の精算確認が取れません。 本日ご連絡なき場合には法的手続きに移行致します。 【重要】会員登録の未納料金が発生しております。 本日中にご連絡なき場合、法的手続きに移行します。 有料コンテンツの未納料金が発生しています。 本日ご連絡なき場合法的手続きに移行します。 コンテンツ利用料金が未払いです。 本日ご連絡無き場合、少額訴訟の手続きに移行します。 有料動画の未納料金が発生しています。 本日中にご連絡なき場合法的手続きに移行致します。 (重要)お客様のサイト利用料金の未払いについて法的手続きが開始されます。 至急ご連絡下さい。 会員登録費の未納料金がございます。 本日連絡がない場合、法的手続きに移行します。 料金未納が発生しています。 本日中のご解決無き場合、少額訴訟に移行します。 支払いコード000-000 登録料金の未納が発生しております。 本日ご連絡なき場合、法的手続きに移行致します。 有料動画の未納料金が発生しています。 本日中にご連絡なき場合、法的手続きに移行します。 コンテンツ利用料の未納が発生しています。 本日ご連絡無き場合、法的措置に移行します。 サイト利用に対して支払いがされておりません。 身に覚えがない場合誤って登録の可能性があるため、至急連絡ください。 コンテンツ利用料が未払いです。 本日ご連絡無き場合、小額訴訟の手続きに移行致します。 これらは、いずれもショートメール・SMSで通知が届く形です。 これら架空請求メッセージの共通点は、送信元がはっきり明示されていない、大手ネット通販会社名を騙っていることが多い、未納金額が明示されていないなどが挙げられます。 初めて届いた場合、たいていの方が突然の通知に驚かれます。 しかし、ここで慌てて相手業者に折り返し電話する事は大変危険です。 架空請求業者はショートメールをばらまき、あたかも網漁のように折り返し電話してくる人を狙っているのです。 この時点で架空請求と気づいて一切連絡を入れなければ、基本的にそのまま無視していただいて問題ありません。 しかし、ここで折り返し連絡してしまいますと、個人情報が漏えいし、悪質請求業者へ「私を狙ってください」と伝えてしまうことになります。 実際のご相談例でよく伺う内容は、 「請求内容が気になってしまい、事実確認しておこうと思った」 「たまたま、ネット通販で買い物をしたばかりだったので何かあったのかと思った」 「以前に動画サイトを利用したことがあったため、その事での連絡かと思った」 「無料アプリをダウンロードして放置していたので、その件での通知かと思った」 といった内容がほとんどです。 弊社でも連日、注意喚起を行っておりますが、いまだに被害が減らないのは、悪質請求業者の話し方や、折り返し電話させるように仕向ける心理的なトラップが、より巧妙になっていると言えます。 折り返し電話してはいけない本当の理由ご相談者様の中には、 「ショートメールが届いたってことは、元々電話番号は相手に知られているわけですよね?であれば、他の電話で折り返したら新たに情報が漏えいすることになるけど、SMSが届いた携帯から折り返しする分にはリスクは無いんじゃないの?」 と考えて、事実確認をしておきたいという気持ちも相まって、あえて電話してみたという方もいらっしゃいました。 確かに、この一部分だけに注目すれば、このご相談者様のおっしゃる通りです。 しかし、それでも弊社では、「絶対に折り返し電話してはいけません」とお伝えしております。 理由は、架空請求業者がショートメールを送ってくる方法にあります。 確かに可能性はゼロではありませんが、今時の業者はこんな非効率なことはしないと思われます。 また、この選択肢の可能性を否定するようなご相談例もございます。 弊社での実際のご相談例で、 「午前中にショートメールが届いたので、携帯からそのまま折り返し電話してみたら、(架空請求)業者に自分の名前を言い当てられた」 という内容もありました。 聞きなれた名字から珍しい名字まで含め、日本人の名字は30万種類あると言われています。 その中からピンポイントで言い当てるというのは現実的に考えますと不可能でしょう。 つまり、完全ランダムでの可能性は低いと言えます。 可能性2 実はうっかり忘れていたものがあった人の記憶はあいまいなものです。 例えば、「昨日の晩御飯のメニューは?」と尋ねられたとして、昨日のことであれば覚えている方も多いと思います。 しかし、「2か月前の晩御飯のメニューは?」と尋ねられると、正確に記憶している方のほうが圧倒的に少ないと思います。 人の記憶は、気にしていることであれば正確に記憶していることも多いですが、気にしていないことは右から左へ抜けていくものです。 ましてや、スマートフォンは今や生活必需品ですから、何も気にせず、毎日のようにネットにアクセスしている方がほとんどでしょう。 そんな中で、半年前や一年前のアクセス履歴の話をされても、正確に記憶している人はいない可能性の方が高いわけです。 架空請求業者がつけこんでくるのも、このあたりかと思われます。 しかし、そもそもの話をしますと、真っ当な会社からの請求であれば、基本的に請求書が届きます。 ひとつハッキリと言えることは、あなたのところに届いたショートメールの内容が嘘か本当かの前に、ショートメールで請求の連絡をする業者自体、真っ当な業者ではない(=折り返してもリスクしかない)ということです。 個人的な見解としても、ショートメールで通知されるものに関しての、支払い忘れなんモノがある可能性はほぼゼロだと思います。 可能性3 不正入手した名簿に対して送っている可能性1と可能性2が否定される場合、現実的に考えられる理由がこれです。 実際、個人情報が漏えいしたというニュースを耳にした事がある方も多いと思います。 数年前には大手通信教育教材販売会社から顧客名簿が流出したり、先日も年金機構から個人情報が漏えいしたりと、いまや個人情報が流れていることが当たり前のような時代になってきました。 最近では、「中国の闇サイトで日本人の個人情報2億件が販売されていた」といった報道もありました。 氏名、生年月日、住所、電話番号などが記載された名簿を不正に入手して、機械的にショートメールをばらまいて、折り返し電話がかかってきた人から強引な手段で請求していくというわけです。 そして、番号通知のまま無防備に電話する人はつまり、このようなトラブルになれていない人(=絶好のカモ)であることを伝えてしまうことにもつながります。 ですので、どのような事情があろうとも、架空請求業者に折り返し電話してはいけないのです。 実際の架空請求業者の手口とは架空請求業者の最終目的は金銭詐取であることは明らかですが、その前段階として個人情報の詐取があります。 不当に金銭を詐取するための手段として、まずは個人情報を詐取するわけです。 実際に折り返し電話をかけると大手ネット通販会社名を堂々と詐称し、事実確認することを名目にして、名前や生年月日、住んでいる都道府県や住所などを尋ねてきます。 当然、架空請求業者は騙しのプロですので、大手一流企業の問い合わせ窓口と遜色ない、とても丁寧な対応をするケースもあるようです。 ここで架空請求業者が考えていることは「カモの選別」です。 架空請求業者の立場で想像してみてください。 進化する騙しの話術と心理的トラップ選別を終えたら、架空請求業者は不当な金銭請求をしてきます。 このまま放置すると法的手続きになる等と嘯いて、脅しをかけてきます。 最近の手口としては、あなたが心当たりがない旨を伝えると、「確かに登録しているが利用履歴は一切ない」とこちらの主張を一部認めるような話をするケースが増えています。 ほとんどの方が実際のサイト閲覧履歴などを正確に記憶している訳ではない中で、こう言われてしまうと、「確かにそうなのかも?」と考えてしまいがちです。 さらに、巧妙な仕掛けが「返金制度・救済制度がある」という話です。 実際のご相談例では、 「利用履歴が無いのであれば、一度支払いをしていただければ、救済措置として支払金額の95%を返還できます。 手数料(?)として5%はいただきますが、残りの金額は一週間程度で返金手続きが取られます。 」 という話がありました。 面倒事は避けたいし、お金が返ってくるのであれば、、、という心理を揺さぶり、惑わせるわけです。 そして、返金するために必要という名目で銀行口座情報や現金書留送付先(=あなたの住所)を聞き出してきます。 架空請求業者からしたら、お金も詐取出来て、名簿にない個人情報も詐取出来る仕組みになっているのです! 当然、架空請求業者の話は全てウソ・デタラメです。 一度、架空請求業者に払った金銭は、ほぼ確実に戻ってきませんので、絶対に話に応じてはいけません。 悪質請求がエスカレートしていくことも!?一度は連絡を取り合ってしまったが、途中で気づいて相手に払わない旨を伝えたり、一切連絡を取らずにいた際に、架空請求業者は嫌がらせ行為をしてくる可能性があります。 架空請求業者はあくまで料金を踏み倒されていて困っているフリをしていますので、「本人が連絡取れないので仕方なく」という名目で、自宅や職場などに「アダルトサイト利用料金の件で」などと告げながら連絡して、精神的に追いこみをかけてくるといったご相談例もありました。 本来、個人情報保護法や関係法令を遵守しているのであれば、むやみやたらと調べたりすることはできません。 しかし、当然の話ですが、架空請求業者はまともではありませんし、律儀にそこだけ法令を遵守するわけもありません。 「なんでもアリ」でこちらが困ることを被害者ヅラでやってくるという事です。 支払方法にも不可解な点が多い通常の会社であれば、金銭のやり取りがあった際にキチンと確認が取れるようにします。 なぜなら、毎年3月に確定申告をして税金を納めなければならず、収入と支出で1円単位でのズレも許されないからです。 例えば、スーパーマーケットであなたが買い物をすれば、必ず店員さんがレジに打ち込みしたうえでレシートを渡してくれます。 レシートや領収証には、会社名や住所・連絡先などが必ず明記されています。 誰が、いつ、いくら金銭のやり取りをしたのか、キチンと確認ができるようになっています。 しかし、架空請求業者は「自分たちが胡散臭いことをやっている」と自覚したうえでの確信犯ですから、お金の流れが明確になり、足がつくような支払方法を極力避ける傾向があります。 実際のご相談例から見えてくる、悪質請求業者の金銭授受方法をご紹介します。 個人名義口座への銀行振込タイプ一時期猛威を振るった、所謂「振り込め詐欺」の手法です。 常識に当てはめて考えた際、会社であれば会社名の法人口座、個人事業主あれば屋号+代表者名の口座が口座名義になっているはずです。 しかし、このような方法では悪質請求業者からしたら、足がつく可能性が高いため、全く無関係な第三者に個人口座を開設させて、安価で口座を買い取り、もし口座が凍結されても別の個人名義口座に振込させるというわけです。 警察や銀行による被害防止の努力の甲斐もあり、現在、この手法は減少傾向にあるようです。 手渡しでの受け取りタイプ「母さん助けて詐欺」による被害の多くが、この手渡し受取タイプです。 先日も「北陸新幹線開業後に詐欺が激増 犯行グループ 首都圏から流入」といったニュースもありました。 受け子と呼ばれる金銭受取役がわざわざ新幹線に乗って直接受け取りに行く、あるいは、騙された被害者が新幹線に乗って首都圏まで金銭を渡しに行ってしまうといった形です。 当然、詐欺ですので、絶対に金銭を渡してはいけません。 レターパックで現金送れタイプこちらも一時期猛威を振るった、所謂「振り込め詐欺」の手法です。 通常、現金を郵送する場合は現金書留専用の封筒を21円で購入し、窓口にて所定の送料を支払いする形です。 現金を入れた郵送物をポストに投函することはありません。 レターパック本体にも「レターパックで現金送れは詐欺です!」と記載されるようになったこともあり、現在、この手法も減少傾向にあるようです。 プリペイドカード購入タイプ最近主流になっている手法の一つです。 Amazonギフト券や楽天ギフトカードを購入させ、裏に記載されたPINコードを聞き出して金銭を詐取する方法。 最近ではコンビニエンスストアのレジでも注意喚起があるため、1店舗につき5万円程度を上限に複数店舗で購入させるような手法が目立っています。 ネットショッピングのコンビニ決済タイプ最近主流になっているもうひとつの手法です。 ネットショッピングの購入代金などをコンビニ払いで支払いできるという、いわゆる「収納代行」サービスを悪用する手口です。 悪質請求業者は、あらかじめ電子マネー(ビットキャッシュなど)のチャージや、換金性の高い高額商品の購入をしておいて、支払い方法としてコンビニ払いを選択、本来であれば自分自身でコンビニ支払いする際に必要な10桁前後の番号や記号を被害者に伝えて、代わりに支払いさせることで金銭を詐取するわけです。 全国のコンビニエンスストアで24時間いつでも利用でき、利便性が非常に高いこともあって、最近急増している手法です。 これらに一つでも当てはまるようなら、支払いを即刻中断して専門家へご相談いただくことを強くお勧めいたします。 専門家への相談も有効な対処方法のひとつです一本の折り返し電話が、これ程までのリスクをはらんでいるという事を知ることで、事前に対処方法を考えることもできますし、いざという時にも浮足立つことなく、冷静に対処するための心の隙間が生まれて、被害を最小限に抑えることも出来るわけです。 もし、「私の場合は大丈夫なのかな?」「自分の場合のリスクはどの程度なのかな?」「このまま放置していても不安が残る・・・」など、気がかりな事があった際は、ぜひ弊社の無料相談をご利用ください。 まとめ迷惑ショートメールや料金請求メッセージを送信している不当請求業者の目的が、「お金」であることは明らかです。 「いかに楽して、いかにズルして、いかにリスクゼロでお金を集めるか?」が悪質請求業者の基本的な姿勢・スタンスだと思われます。 また、「胡散臭いことをやっている・叩かれたらホコリが出る」ことも、当然、理解したうえでの確信犯である可能性も高いと思われます。 つまり、不当請求業者のターゲットは「誰でも構わない」けれども、「だれかれ構わずは狙わない」と推察されます。 迷惑SMSや料金請求メールに対して、折り返し連絡をしてしまうことは、悪質請求業者に「私を狙ってください!」と伝えることになってしまう恐れがあります。 逆に言えば、 折り返し連絡さえしなければ、ターゲットとして狙われない可能性が高いわけです。 【身に覚えのない請求に対しては、安易に連絡せずに、まず相手業者を確認する】 これこそ、被害を未然に防ぐ一番の対処法と言えるでしょう。 もし万が一、身に覚えがないと伝えるために連絡してしまった場合は、早急に専門家へご相談いただくことをお勧めいたします。 ネットのトラブル駆け込み寺では無料電話相談を承っております 電話受付 09:00~22:00 個人情報保護法や 関係法令を遵守して、 秘密厳守で承っております。 気がかりなことやご不安なこと等ございましたら、お気軽にお電話ください。 探偵社タイム概要 東京都公安委員会届出済み正規業者 東京都公安委員会 第30140087号 ネットのトラブル駆け込み寺 探偵社タイム TEL 日曜定休 東京都練馬区中村北1-13-13 3F 情報提供のお願い ネットのトラブル駆け込み寺では皆様からの情報提供もお願いしております。 ご提供いただいた情報は、弊社にて調査を行った後に注意喚起記事として掲載する場合がありますが、注意喚起以外の目的で利用することはありません。 ここで提供された情報を他のかたと共有することで、少しでも被害を未然に防止できればと考えております。 ご協力よろしくお願いいたします。

次の