剣客 商売 漫画。 剣客商売 37巻(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

池波正太郎『剣客商売』の再現レシピ《肴は本を飛び出して》

剣客 商売 漫画

解説 [ ] 池波は新潮社刊『日曜日の万年筆』に収録された随筆「名前について」で、主要人物の1人、秋山小兵衛の風貌は「旧知の歌舞伎俳優・をモデルにした」と書いており、後述するように中村又五郎は実際に小兵衛をテレビドラマで2度演じている。 加藤剛・山形勲版 [ ] 剣客商売 ジャンル 原作 企画 脚本 監督 出演者 ナレーター 製作 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土曜 20:00 - 20:56 放送枠 放送分 56分 回数 22 からまで系「」(土曜 20:00 - 20:56)で放送された。 からにて、HDリマスターの上で放送された(その後もから再放送され、BSフジではに再放送)。 なお、主役はあくまでも大治郎を演じる加藤であり、「雨の鈴鹿川」(第7話)のように小兵衛が登場しない回もある。 また、キャストの項でも明らかなように、オリジナルの登場人物が多数出て来るのが、この版の特徴でもある。 (御用聞き) -• (町医) -• おみね(弥七の女房) -• (弥七の手下) -• (三冬の老僕) -• 和泉屋吉右衛門(三冬の母方の伯父) -• (田沼家用人) -• 岩五郎(おはるの父) - ゲスト(加藤剛・山形勲版) [ ] 第1話「父と子と」• 大首の仁助 -• やくざもの -• 境内の町人(仁助に絡まれる) -• 境内のお面屋 -• 第2話「女武芸者」• 浅田虎次郎 -• 和泉屋吉右衛門 -• 、、、、 第3話「剣の誓い」• (と同門の剣客) -• 伊藤三矢 -• (礼蔵の剣相手) -• 高尾(の門弟) -• 、、 第4話「井関道場、四天王」• 渋谷寅三郎 -• 小沢主計(井関道場・四天王の一人) -• 後藤九兵衛 -• 三好四郎兵衛 -• 、、、、 第5話「妖怪小雨坊」• 伊藤郁太郎(小雨坊) -• (郁太郎の弟) -• 伊藤彦太夫(郁太郎・三弥兄弟の父) -• 、、 第6話「まゆ墨の金ちゃん」• 三浦金太郎(まゆ墨の金ちゃん) -• (金太郎の師・の友人) -• 内山又平太 -• 村垣主水 -• 岡田映一、、、、宮浩一 第7話「雨の鈴鹿川」• 井上八郎(と同門の浪人) -• 天野千代(夫の仇討する奥方) -• 天野兵馬 -• 山吹屋宗平 -• 後藤伊織 -• 天野半兵衛 -• 、、、 第8話「辻斬り」• 市口孫七郎(剣客) -• 永井十太夫(直参旗本) -• 、 第9話「決斗、見付宿」• 浅田仲蔵(の知人で浜松の道場主) -• 一平太 -• おもん -• 玉屋伊兵衛 -• おさき - 神保共子• 、、、、、、 第10話「嘘とまことの間」• 村松伊織(旗本の嫡男) -• おきく -• 鎌屋辰蔵(香具師) -• 村松左馬之助(伊織の父) -• 滝野の利助 -• まつえ -• 、、、 第11話「身代金千両」• 伊平(平松屋番頭) -• 平松屋 -• 音吉(平松屋手代) -• おゆき(平松屋の娘) -• 平松屋女将 - 渡辺千世• 金蔵 -• 浪人・笹沼 - 第12話「おかしな入門者」• 横川鉄五郎(旗本・高利貸) -• 横川小金吾(鉄五郎の養子) - (テロップでは「江戸家子猫」と表記)• おてる -• 仙之助 -• 、岡田映一、、、 第13話「鬼熊酒屋」• 熊五郎(飲み屋の親爺) -• おしん(熊五郎の娘) -• 文吉(熊五郎の娘婿) -• 鬼熊の酔客 -• 第14話「三冬の女ごころ」• 井村松軒(町医者) -• お照(井村の妾) -• 大場(松軒の雇われ浪人) -• 秋田屋 -• 文七(秋田屋の手代 -• 清洲の佐平治 -• 蕎麦屋女将 -• 菓子屋 - 第15話「信濃の老虎」• 山本孫介(長野・小諸の老剣客) -• 山本源太郎 -• 森川平九郎(道場主) -• 佐倉勝蔵(森川の門弟・某旗本の家来) -• 石掛亀之介(森川道場師範代) -• 青木数馬(森川道場門人) -• 和尚 -• 、、、、、 第16話「御老中毒殺」• 飯田平助(田沼家の家臣) -• (平助の倅・の門弟) -• 大澤傳十郎(東軍流剣術の道場主) -• 掏摸 -• 、、、、、 第17話「兎と熊」• 内田久太郎(の元門弟) -• 村岡房野(町医者の娘) -• 村岡道歩(町医者) -• およし(村岡の妻) -• 曽我権左衛門(花房筑後守の奥御用人) -• 大月弥怱次(曽我の家来) -• 相良(大月の部下) -• 、、、、 第18話「ある剣客の死」• 澤井主水 -• 澤井兵庫(主水の兄・道場主) -• 側用人 -• 使いの男 -• 吉田屋(瓦版版元) -• おなえ(吉田屋女将) -• 寺の住職 -• 久野 -• 第19話「忘れた顔」• 半蔵(川魚料理・船屋の主人) -• 的場小文吾(浪人) -• おしん(半蔵の女房) -• おゆき(的場小文吾の妻) -• 栄次郎(板前) -• 石坂平七郎の兄 -• 大野(浪人) -• 南部藩士 -• 、 第20話「男まさり」• おしま(柏屋の娘・の女門弟) -• 常吉(掏摸・牛若小僧) -• 蝮の六蔵(掏摸親分) -• 浪人(掏摸一味用心棒) -• 千太(掏摸・常吉弟分) -• 柏屋藤兵衛(蔵前の米問屋) -• 藤兵衛の妻 -• 町人(常吉に掏られる) - 草間璋夫• 、、 第21話「逆転仇討ち」• 高木左門 -• 梶原将監 -• 大黒屋(蝋燭問屋) -• 矢野要(梶原の用心棒) -• 伊丹源四郎(梶原の次男) - 村山達也• 岡っ引 - 最終話「明日への旅立ち」• 浅岡鉄之助(の旧友) -• 平山市蔵(浅岡と果し合う浪人) -• 西山団右衛門 -• 西山の妻 -• 千代乃(西山家の娘・浅岡の婚約者) -• - 神田隆• 牛堀道場使用人 - 築地博 スタッフ(加藤剛・山形勲版) [ ]• ナレーター -• 企画 - 、、• 脚本 - 、、、、、、、、、• 音楽 -• 監督 - 、、、、高瀬昌弘、、• タイトル画 -• 殺陣 -• プロデューサー - 、、• 協力 -• 制作 - 、、 放送日程(加藤剛・山形勲版) [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 第1話 1973年4月 07日 父と子と 安倍徹郎 小野田嘉幹 第2話 4月14日 女武芸者 田中徳三 第3話 4月21日 剣の誓い 小野田嘉幹 第4話 4月28日 井関道場、四天王 下飯坂菊馬 田中徳三 第5話 5月 05日 妖怪小雨坊 小川英 小野田嘉幹 第6話 5月12日 まゆ墨の金ちゃん 井手雅人 第7話 5月19日 雨の鈴鹿川 田上雄 吉村公三郎 第8話 5月26日 辻斬り 櫻井康裕 鈴木英夫 第9話 6月 02日 決斗、見付宿 田上雄 高瀬昌弘 第10話 6月 09日 嘘とまことの間 安倍徹郎 高瀬昌弘 第11話 6月16日 身代金千両 櫻井康裕 鈴木英夫 第12話 6月23日 おかしな入門者 小川英 田中徳三 第13話 6月30日 鬼熊酒屋 安藤日出男 第14話 7月 07日 三冬の女ごころ 井手雅人 小野田嘉幹 第15話 7月14日 信濃の老虎 第16話 7月21日 御老中毒殺 野上龍雄 鈴木英夫 第17話 7月28日 兎と熊 井手雅人 窪川建造 第18話 8月 04日 ある剣客の死 田上雄 鈴木英夫 第19話 8月11日 忘れた顔 櫻井康裕 窪川建造 第20話 8月18日 男まさり 小川英 小俣堯 第21話 8月25日 逆転仇討ち 櫻井康裕 沼田幸二 高瀬昌弘 最終話 9月 01日 明日への旅立ち 井手雅人 中村又五郎版 [ ] 剣客商売 ジャンル 原作 企画 脚本 監督 出演者 ナレーター 製作 プロデューサー 香取雍史 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 金曜 20:02 - 21:48 放送枠 放送分 106分 回数 2 からまでフジテレビ系『』(当時は金曜 20:02 - 21:48)で放送された。 中村又五郎は池波正太郎が小兵衛のモデルにした人物でもあり、満を持しての小兵衛役での出演となった。 大治郎は1973年版に引き続いて加藤剛が務めた。 2作とも、複数のエピソードを織り交ぜて一つの作品とする手法をとっている。 剣客商売 辻斬り:放送 - 「辻斬り」「悪い虫」「まゆ墨の金ちゃん」「剣の誓い」など• 剣客商売 誘拐:放送 - 「誘拐」「三冬の縁談」など キャスト(中村又五郎版) [ ]• - 加藤剛• - (新人)• おこう -• 留吉 -• 三浦金太郎 - (「辻斬り」のみ)• - (「辻斬り」のみ)• 市口孫七郎 - (「辻斬り」のみ)• - (「誘拐」のみ)• - (「誘拐」のみ)• 柿本三弥(源七郎の弟) - (「誘拐」のみ)• - スタッフ(中村又五郎版) [ ]• ナレーター -• 企画 -• 脚本 - (辻斬り)、(誘拐)• 音楽 - 山倉たかし、• 監督 - (辻斬り)、(誘拐)• 殺陣 - 、• プロデューサー - 香取雍史、、• 協力 - (現・)• 制作 - 、、 放送日程(中村又五郎版) [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 1 1982年12月3日 辻斬り 星川清司 森一生 2 1983年 03月4日 誘拐 安藤日出男 児玉進 系 前番組 番組名 次番組 (1983年3月11日) 藤田まこと版 [ ] 剣客商売 ジャンル 原作 脚本 監督 石原興 出演者 ナレーター 製作 制作 放送 放送国・地域 第1シリーズ プロデューサー 河合徹 武田功 佐生哲雄 放送期間 - 放送時間 水曜 20:00 - 20:54 放送枠 放送分 54分 回数 10 第2シリーズ プロデューサー 放送期間 - 放送時間 水曜 20:00 - 20:54 放送枠 放送分 54分 回数 11 第3シリーズ プロデューサー 能村庸一 保原賢一郎 佐生哲雄 放送期間 - 放送時間 火曜 19:59 - 20:54 放送枠 放送分 55分 回数 5 第4シリーズ プロデューサー 能村庸一 佐生哲雄 放送期間 - 放送時間 火曜 19:59 - 20:54 放送枠 放送分 55分 回数 11 第5シリーズ プロデューサー 保原賢一郎 佐生哲雄 放送期間 - (フジテレビ)(7回) 2004年 - 3月16日() 放送時間 火曜 19:00 - 19:54 放送枠 放送分 54分 回数 10 スペシャルドラマ「助太刀」 プロデューサー 保原賢一郎 佐生哲雄 放送期間 2004年 放送時間 火曜 19:00 - 20:54 放送分 114分 回数 1 スペシャルドラマ「母と娘と」 プロデューサー 保原賢一郎 佐生哲雄 放送期間 放送時間 火曜 19:00 - 20:54 放送分 114分 回数 1 スペシャルドラマ「決闘・高田の馬場」 プロデューサー 保原賢一郎 佐生哲雄 放送期間 2005年 放送時間 火曜 19:00 - 20:54 放送分 114分 回数 1 スペシャルドラマ「女用心棒」 プロデューサー 足立弘平 保原賢一郎 放送期間 回数 1 スペシャルドラマ「春の嵐」 プロデューサー 足立弘平 保原賢一郎 後藤博幸 放送期間 放送時間 金曜 19:57 - 21:49 放送分 112分 回数 1 スペシャルドラマ「道場破り」 プロデューサー 佐生哲雄 足立弘平 保原賢一郎 成河広明 放送期間 放送時間 金曜 21:00 - 22:52 放送分 112分 回数 1 からまで系で放送された。 前2作がとの共同制作だったのに対して、今作はとの共同制作。 レギュラー5シリーズ(計47話分)とスペシャル6作が制作された。 キャスト(藤田まこと版) [ ] レギュラー [ ]• (剣客) -• (小兵衛の息子) - (第2シリーズまで)・(第4シリーズより)• (大治郎の妻・田沼意次の娘) - (第3シリーズまで)・(第4シリーズより)• 秋山小太郎 - (第5シリーズより)• (別名「四谷の弥七」・小兵衛の元弟子の) -• おみね(弥七の妻) -• (傘屋で通称「傘徳」・弥七の手下) -• およね(料亭不二楼の仲居) -• (料亭不二楼の板前) -• (舟宿「不二楼」女将) -• (大治郎の一番弟子) - (第4シリーズより)• - (第3シリーズまで)・(第4シリーズより)• (田沼意次用人) -• (老中) - セミレギュラー [ ]• (小兵衛の友人・医師) - (第3シリーズまで)・(第4シリーズより)・島田順司(スペシャルから)• 岩五郎 -• おさき -• 桶屋の太次郎(弥七の下っ引き) - (スペシャルのみ)• 永山精之助 -• (牛堀道場) - 上記のうち、島田・徳井・蟹江・梨本の4名は、別の役でのゲスト出演もしている(詳細は、各シリーズゲスト出演者の項を参照)。 ゲスト(藤田まこと版) [ ] 第1シリーズ(1998年) [ ] 第1話「父と子と」 (原作 - 女武芸者)• 永井和泉守(五千石の大身の旗本) -• 大垣四郎兵衛(和泉守の用人) -• 浅田虎次郎(永井家用心棒) - 第2話「井関道場四天王」• 渋谷寅三郎(井関道場四天王の一人) -• 後藤九兵衛(井関道場四天王の一人) -• 小沢主計(井関道場四天王の一人) -• - 第3話「まゆ墨の金ちゃん」• 三浦金太郎(牛堀の門弟) -• 村垣主水 -• 内山又平太(浪人) -• 伊藤彦太夫 -• 伊藤三弥 - 第4話「御老中暗殺」• 飯田平助(の食事の世話係) -• 寺山持三郎 -• 長野弥五兵衛 -• 原粂太郎 - 第5話「老虎」• 山本孫介(田舎剣客風の老人) -• 佐倉勝蔵(高弟) -• 青木数馬(若い侍) -• 石掛亀之助(森川道場師範代) -• 山本源太郎(孫介の息子) -• 森川平九郎(森川道場道場主) - 第6話「深川十万坪」• おせき(升酒屋経営) -• 大野源蔵 -• 高橋録太郎 -• 武田勇之進 -• 毛利杢右衛門 -• 松吉 - 第7話「箱根細工」• 横川彦五郎(のかつての剣友) -• 横川彦蔵(浪人) -• 房吉(遊び人) -• 桔梗屋徳右衛門(主人) -• 桔梗屋おのぶ(徳右衛門の妻) -• お初(徳右衛門とおのぶの養女) -• 旅館の女将 - 第8話「嘘の皮」• 鎌屋辰蔵(浅草の香具師の元締) -• 利助(辰蔵の子分) -• 村松伊織(左馬之助の養子) -• お照(辰蔵の娘) -• 宗次(辰蔵の子分) -• 村松左馬之助(五百石の旗本) -• おきち(女中) - 第9話「天魔」• 笹目千代太郎(庄平の息子) -• 笹目圧平(の20年前の弟子) -• 大猿 -• 善助 -• 弥惣次 - 最終話「兎と熊」• 内田久太郎(の昔の弟子) -• 村岡房野(道歩の娘) -• 曽我権左衛門 -• 村岡道歩(医師) -• 大月弥惣次(侍) -• およし - 第2シリーズ(1999年 - 2000年) [ ] 第1話「辻斬り」• 市口孫七郎(剣客・永井の剣の師匠) -• 永井十太夫(千五百石の旗本) -• おみつ(料亭「不二楼」の女中) -• 木村又平太 -• 内山弥五郎 - 本城丸裕 第2話「暗殺」• お秋(居酒屋の女) -• 笹野小文吾(侍) -• 鈴木市兵衛(用人) -• 杉浦丹後守(五千石の旗本) - 立川三貴 第3話「剣の誓約」• (剣客) -• (剣客) - 第4話「婚礼の夜」• 浅岡鉄之助(の友人) -• 平山市蔵(浪人) -• 千代乃(団右衛門の娘) -• - 楠年明• 西山団右衛門(本庄藩江戸藩邸詰め) -• 駒井 -• 善八 - 多賀勝一 第5話「勘ちがい」 (原作 - 徳どん、逃げろ)• 土崎の八郎吾(盗賊) -• 権兵衛 -• 田島庄八 - 第6話「三冬の縁談」• 大久保兵蔵(大和郡山藩士) -• 佐藤要 -• 三浦源右衛門 -• 森喜十郎 - 金子研三 第7話「いのちの畳針」• (の弟子での友人) -• お吉 -• 為七(知的障害者) -• 菊坂の富五郎 -• 徳兵衛 -• 小堀信濃守 -• 小堀右京(侍) -• 市木典馬 - 第8話「悪い虫」• 大首の仁助(ならず者) -• おしま -• 浅田源蔵(御家人) - 伊藤高 第9話「隠れ簑」• 老僧(佐藤弥五郎) -• 老武士(堀内) -• 六郷左門(旗本) - 第10話「雨の鈴鹿川」• 井上八郎(の剣術修行時代の兄弟子) -• 後藤伊織(元彦根藩士) -• 千代(半兵衛の妻・兵馬の義姉) -• 天野兵馬(半兵衛の弟・侍) -• 天野半兵衛(伊織に殺される) -• 末高五兵衛(半兵衛の叔父) - 最終話「妖怪小雨坊」• 伊藤彦太夫(越後新発田五万石の江戸屋敷用人) -• (彦太夫の息子) - 本宮泰風• 伊藤郁太郎(小雨坊・三弥の腹違いの兄) -• 橋本兵助 - 第3シリーズ(2001年) [ ] 第1話「手裏剣お秀」• 益田忠六(浪人) -• 杉原左内(一刀流指南) -• 加藤勝之進 - 村井克行• 野口甚太夫 -• 大沢勘兵衛 - 第2話「鬼熊酒屋」• 熊五郎(鬼熊酒屋亭主) -• 与吉 -• 文吉(おしんの夫) -• おしん(熊五郎の娘) -• おさき -• 南雲八郎(浪人) - 第3話「狂乱」• 石山甚市(剣士) -• 豊田孫左衛門(本多家の側用人) -• 稲(豊田の妻) -• 真下半之助 -• 彦坂又八郎 - 第4話「冬木立」• おきみ -• 若松屋文五郎(香具師の元締め) -• 伊之助(相模屋の元亭主・一昨年押し込み強盗に殺される) - 最終話「金貸し幸右衛門」• 浅野幸右衛門(高利貸し) -• 藤丸庄八(浪人) -• 川田十兵衛(御家人) -• おうの(女中) -• 平四郎(十兵衛の弟) - 第4シリーズ(2003年) [ ] 第1話「陽炎の男」• 井村松軒(医師) -• 大場平七郎 -• お照 -• 清洲の佐平次(盗賊) -• 和泉屋吉右衛門 -• 秋田屋太兵衛 - 水上保広• 文七 -• 浪人1 -• 浪人2 - 第2話「約束金二十両」• 平内太兵衛(老剣客) -• おもよ(農家の娘) -• 藤堂鉄之助(若侍) -• 青山 -• せつ - 服部妙子• 亭主 - 第3話「ぶんたろの命」 (原作 - 秋の炬燵)• 白金の徳蔵(香具師の元締) -• 大野庄作(浪人) -• 赤沼の儀平 -• 文太郎(勘次郎の息子) -• 芝の治助 -• 伊藤屋勘次郎(木綿問屋) -• おさい(勘次郎の後妻) -• 飯冨の亀吉 -• 松吉 -• 三次 -• 辰蔵 - 第4話「赤い糸」• 落合孫六(の無外流剣法の弟弟子) -• お崎(菓子屋「京枡屋」の亭主の母) -• 落合貫太郎(孫六の息子) -• 与助 -• お清 -• 桂山(賭場の客) - 第5話「東海道見附宿」• 浅田忠蔵(の友人・道場主) -• おさき(見附宿の旅籠「なべ屋」の女中) -• 松永金之助(忠蔵の弟子・浜松藩士) -• 源八 -• 太作 -• 玉屋伊兵衛(忠蔵の叔父) -• 早瀬新兵衛 -• 権三 -• 他吉 -• 松四郎 -• 平吉 -• 横森の多吉 -• 市太郎 -• 丑松 -• 辰吉 - 第6話「誘拐」• 室伏伊十郎 -• 山路寿仙 -• 繁造 -• 友次郎 -• 能登屋七兵衛 -• おつぎ -• 円常寺和尚 -• 小僧 - 第7話「騙された男」• 笠原源四郎(の旧友・一刀流の達人・学者) -• お千 -• 平吉 - 谷口高史• 中沢春蔵(浪人) - 第8話「逃げる人」• 加平 -• 山本半之助(侍・「高橋三右衛門」と名乗る) -• 仁助 -• 河合又太郎(の親友) -• 与助 -• 如空 -• 了念 - 第9話「勝負」• 谷鎌之助(常陸笠間藩剣術指南候補) -• お久(鎌之助の妻) -• 村田屋徳兵衛(お久の父) - 第10話「剣の師弟」• 黒田精太郎(の愛弟子) -• 藤川の仙助 -• 文蔵 -• 丸屋勘蔵 -• おしま - 最終話「待ち伏せ」• 近藤周蔵(若林家の元家臣) -• おりく(周蔵の妻) -• 若林春斎(の古い知人・旗本) - 第5シリーズ(2004年) [ ] 第1話「昨日の敵」• 関山百太郎 -• 関山やす(百太郎の母) -• 岡部精十郎(旗本の三男) -• 井上権之助 -• 七助 -• おこう(七助の妻) - 第2話「秘密」• 滝口友之助(元福島藩士) -• 宮部平八郎(福島藩板倉家江戸家老次席) -• 政吉 -• みよ - 第3話「越後屋騒ぎ」• 湯島の長兵衛(岡っ引き) -• 越後屋弥兵衛(半太郎の父) - 草薙幸二郎• 庄三郎(越後屋番頭) -• 石松(誘拐犯) -• おせき -• 沼田 - 朝日完記• おゆみ -• 半太郎(越後屋当主) -• 伊太郎(半太郎の息子) - 第4話「狐雨」• (の旧知の仲) -• 小枝(西国浪人の娘) -• 又左衛門(又太郎の父・無外流の達人で道場主・の旧知の仲) - 第5話「消えた女」• おみつ(奉公人・山口の娘) -• おたみ(二十年前にと男女の仲) - 前田愛• 庄太(板前) -• 山口為五郎(浪人) -• おたみ(幻想) - 第6話「その日の三冬」• 岩田勘助(足軽) -• お絹(角倉の一人娘) -• 角倉伊織(旗本) -• 青木丹三郎(若い侍・お絹の恋人) - 第7話「新妻」• 長瀬達之助 -• 鳥居小四郎(浪人・本名「秋山大次郎」) -• おふく -• 平助 - 第8話「鰻坊主」• 善空(旅の僧) -• 井上伝蔵 -• 船頭 -• 浪人 -• 浪人 - 土井健守 第9話「女と男」• 高瀬照太郎(浪人) -• 通人 -• お絹(艶やかな女) -• 桃井玄蕃 - 最終話「暗殺者」• 波川周蔵(浪人) -• 松平伊勢守 -• 小田切平七郎 -• 静 - スペシャル(2004年 - 2010年) [ ] 「助太刀」(2004年)• 酒井忠兵衛(善蔵の娘婿) -• 中島伊織(近江水口藩の仇討免状を所持) -• 高田平馬(旗本の子息) - 村井克行• お信(忠兵衛の妻) - 中原果南• 七助 -• お松(忠兵衛の元恋人) -• 成瀬喜右衛門(旗本高田家用人) - 本田博太郎• 林牛之助(伊織の剣の師匠) -• 酒井善蔵(お信の父) - 「母と娘と」(2005年)• 村松太九蔵(青砥村在住) -• 樺島長兵衛(盗人一味の頭) -• 小川宗哲(医師) -• (商家啓養堂の用心棒) -• さよ(太九蔵の娘) -• おふく(関屋村在住,源太郎の恋人) -• 道誉(青砥村の住職) -• おらく(啓養堂の女中)-• 瀬川幽仙(女絵師) - 「決闘・高田の馬場」(2005年)• 羽賀儀平(久世家仕官予定) -• 谷万右衛門(久世家家来) -• 坂西房之助(高木家家来) -• 高木筑後守元好(旗本寄合席肝煎) -• 久世帯刀(旗本寄合席 7500石) - 立川三貴• 楓 -• お初(久世家腰元) -• 近江屋伊助(お初の父) -• 吉村三津(弥惣治の妻) -• 吉村弥惣治(高木家家来) - 「女用心棒」(2006年)• 伊平 -• 卯兵衛 -• お照 -• お幸 -• お雪 -• 横川小金吾 -• 田所勝蔵 -• 鉄五郎 - 「春の嵐」(2008年)• 戸羽平九郎 -• 松平越中守定信 -• 永山精之助 -• 芳次郎 -• 新田庄右衛門 -• 作造 -• 浅野帯刀 -• 一橋治済 -• 戸羽休庵 - 「道場破り」(2010年)• おしの -• 高月南里 -• 小松喜左衛門 -• 大場治左衛門 -• 鷺巣見平助 - スタッフ(藤田まこと版) [ ]• ナレーター -• 企画 - 、、、• 脚本 - 、、、、、、、、• 音楽 -• 監督 - 、、、、、、、石原興、、、、• 予告ナレーター -• 撮影 -• 美術監修 -• 料理監修 - (銀座近藤)• 現像 - (現・)• ロケ協力 - 、• プロデューサー - 能村庸一、河合徹、、、、、、、、• 製作協力 -• 制作 - 、• 題字 - 放送日程(藤田まこと版) [ ] 第1シリーズ [ ] 各話 放送日 サブタイトル 第1話 1998年10月14日 父と子と 第2話 10月21日 井関道場四天王 第3話 10月28日 まゆ墨の金ちゃん 第4話 11月 04日 御老中暗殺 第5話 11月11日 老虎 第6話 11月18日 深川十万坪 第7話 11月25日 箱根細工 第8話 12月 02日 嘘の皮 第9話 12月 09日 天魔 最終話 12月16日 兎と熊 第2シリーズ [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 第1話 1999年12月 08日 辻斬り 野上龍雄 井上昭 第2話 12月15日 暗殺 中村努 第3話 2000年 01月19日 剣の誓約 古田求 第4話 1月26日 婚礼の夜 野上龍雄 第5話 2月 02日 勘ちがい 田坂啓 岡屋龍一 第6話 2月 09日 三冬の縁談 野上龍雄 三村晴彦 第7話 2月16日 いのちの畳針 小野田嘉幹 第8話 2月23日 悪い虫 田坂啓 第9話 3月 01日 隠れ簑 中村努 井上昭 第10話 3月 08日 雨の鈴鹿川 田上雄 吉田啓一郎 最終話 3月15日 妖怪小雨坊 古田求 舛田明廣 第3シリーズ [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 第1話 2001年6月 05日 手裏剣お秀 野上龍雄 吉田啓一郎 第2話 6月12日 鬼熊酒屋 田村惠 林徹 第3話 6月26日 狂乱 古田求 小野田嘉幹 第4話 7月10日 冬木立 中村努 井上昭 最終話 7月24日 金貸し幸右衛門 田坂啓 酒井信行 第4シリーズ [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 第1話 2003年1月21日 陽炎の男 金子成人 井上昭 第2話 1月28日 約束金二十両 中村努 第3話 2月11日 ぶんたろの命 田坂啓 小野田嘉幹 第4話 2月18日 赤い糸 野上龍雄 第5話 2月25日 東海道見附宿 金子成人 酒井信行 第6話 3月 04日 誘拐 原田真治 第7話 3月11日 騙された男 田村惠 高瀬昌弘 第8話 4月15日 逃げる人 野上龍雄 富永卓二 第9話 4月22日 勝負 金子成人 三村晴彦 第10話 5月 06日 剣の師弟 高瀬昌弘 最終話 5月13日 待ち伏せ 井上昭 第5シリーズ [ ] 各話 放送日 (フジテレビ) 放送日 (関西テレビ) サブタイトル 脚本 監督 第1話 2004年2月 03日 2004年1月13日 昨日の敵 田村惠 石原興 第2話 2月10日 1月20日 秘密 野上龍雄 第3話 2月17日 1月27日 越後屋騒ぎ 小野田嘉幹 第4話 2月24日 2月 03日 狐雨 田坂啓 第5話 3月 02日 2月10日 消えた女 中村努 井上昭 第6話 3月 08日 2月17日 その日の三冬 古田求 第7話 3月16日 2月24日 新妻 金子成人 酒井信行 第8話 5月 01日 3月 02日 鰻坊主 田坂啓 第9話 3月 08日 女と男 岡本さとる 岡屋龍一 最終話 3月16日 暗殺者 田村惠 三村晴彦 スペシャル [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 1 2004年12月14日 助太刀 古田求 井上昭 2 2005年 01月11日 母と娘と 野上龍雄 小野田嘉幹 3 9月 06日 決闘・高田の馬場 古田求 井上昭 4 2006年 06月16日 女用心棒 石原興 5 2008年 04月11日 春の嵐 小野田嘉幹 6 2010年 02月 05日 道場破り 金子成人 井上昭 備考 [ ] オープニングなど• レギュラーシリーズのオープニングは、シリーズを経るごとに変化している。 第1シリーズでは雷鳴の中で小兵衛が複数の忍者と思しき相手に斬り合いを演じるのに併せてのナレーションがかぶり、サウンドロゴの後にオープニング。 ここで出演者・スタッフを紹介。 第2シリーズは雷雨の中で小兵衛と大治郎が複数の剣客相手に斬り合いを演じるのに併せて橋爪功のナレーションがかぶり、サウンドロゴの後にオープニングで出演者・スタッフ紹介。 第3シリーズは本放送では渡部が降板したこともあり、タイトル表示が替わり、渡部シーンはカットされたが、再放送以降は第2シリーズと同一のものを使用。 橋爪によるナレーションは、「戦国乱世は遠い昔のことながら、武士の魂、やはり剣。 敢えて戦がなければこそ、腕に覚えの剣客どもは売り込み合戦に明け暮れる。 いや、まさしく昨今、剣術は商売なり」。 第1シリーズと第2・第3シリーズとでは口調が若干異なる。 第3シリーズまでは基本的にオープニングフィルムの内容は同一。 第4シリーズからはオープニングナレーションが無くなり、タイトル表示の後、小兵衛宅を中心とした映像をバックにレギュラー出演者と主要スタッフのみを紹介するオープニング。 このシリーズのみエンドロールがあり、出演者・スタッフはそこで紹介される。 但し、ナレーターの橋爪だけは紹介されない。 バックの曲は穏やかな曲調。 第5シリーズはタイトル表示の後、オープニングで出演者・スタッフを紹介。 エンドロールは再びなくなった。 スペシャル版は各作品によってオープニングが違っている。 テーマ曲は、第1 - 3シリーズまでは共通。 第4シリーズで変わり、第5シリーズでは更に変更された。 第5シリーズのテーマ曲は、第2シリーズ劇中で使用されたことがある。 出演者について• 第3シリーズでは大治郎(渡部)が「恩師・辻平右衛門の墓参の旅に出た」という設定で出演しなくなり、第4シリーズで大治郎が渡部から山口馬木也に、三冬が大路恵美から寺島しのぶに、それぞれ交替した。 こうした事情もあり、第1・第2シリーズでは、主演が藤田と渡部の両名という扱いになっていた(次回予告ナレーションでもそのように言う)が、渡部が降板してから後のシリーズでは、一貫して藤田のみが主演という立場である。 医師・小川宗哲は、第3シリーズまでとスペシャル版に於いて島田順司が演じているが、第4・第5シリーズに於いては奥村公延に演者が交代している。 第4シリーズの途中で大治郎と三冬が結婚し、同最終話で三冬が長男・小太郎を懐妊する設定(小太郎の登場は第5シリーズから)になっている。 他に飯田粂太郎が第4シリーズから大治郎の一番弟子という形で登場している。 また、同じ第4シリーズからは三冬の老僕・嘉助も江戸家猫八から多賀勝一に交代した。 放送形態について• 第5シリーズは10話製作されたが、関西テレビ以外では7話しか放送されておらず、未放送の3話は『剣客商売スペシャル』として同年に放送された。 やなどでは断続的に本作各シリーズ(スペシャル版含む。 但しスペシャル版は別枠での放送になるケースが多い)の再放送が行われており、またこれに併せて順次HDリマスターが実施されている。 但し、第1シリーズ一話は84分拡大版のため(主に地上波では)再放送されないケースが多い。 その他• キャッチコピーは「剣は売っても心は売らぬ!! 2006年放送のスペシャル版『剣客商売スペシャル 女用心棒』はシリーズ最高視聴率18. 藤田は自ら、「『鬼平』やったら次は『剣客』どっしゃろ」と思い、秋山小兵衛役にオファーを出していた。 は、1973年版に続いてプロデューサーを務めた。 小兵衛の鐘ヶ淵の隠宅は、撮影のために湖畔に作られたセットである。 当初、借地の関係で数年で壊す予定であったがシリーズの長期化に伴い、藤田が亡くなるまで建っていた。 あまりにも自然なため、第4シリーズから入った山口は、これがセットだと知って驚いたという。 他の時代劇の撮影にも用いられた。 取り壊される直前、にて、剣客商売の出演者やスタッフが撮影の思い出を語る「 剣客商売を語る」という番組が作られ放送された。 時代劇専門チャンネルでは、この作品のとして、この小説に登場する料理を紹介する「 」というミニ番組が作られ、放映されていた。 番組ではドラマで料理指導を担当した監修の元に、小説に登場する料理が近藤の手で実際に作られた。 番組ナビゲーターは、おはる役の小林綾子が担当している。 2012年1月には同番組の特別番組も放映された。 また、この企画はやがて池波作品全体に波及する形でリニューアルされ、-期に「」として放送された(月代わりのホスト役の俳優が、番組内で取り上げられる料理に関連する作品の一部を朗読し、池波にゆかりのある人物をゲストに招いて料理を食しつつ対談するというスタイル)。 テレビと同じキャスティングで何度か舞台化もされているが、2008年の明治座公演では藤田まことが降板し、平幹二朗が小兵衛の代役を務めた。 第3シリーズまでと第5シリーズは画面アスペクト比4:3の標準画質での制作であったが、第4シリーズは画面アスペクト比16:9の標準画質制作、その後ハイビジョン制作に移行された。 系 火曜19時台 前番組 番組名 次番組• (前身。 時代劇を放送した時期も有り) 北大路欣也版 [ ] 剣客商売 ジャンル 原作 脚本 金子成人 監督 出演者 ナレーター (第1、2作) (第3作 - ) 製作 プロデューサー 足立弘平 制作 放送 音声形式 放送国・地域 第1作 - 第3作 (金曜プレステージ) オープニング を参照 放送期間 - 放送時間 を参照 回数 3 第4作 (金曜プレミアム) 放送期間 放送時間 を参照 回数 1 第5作 (年末時代劇スペシャル) 放送期間 放送時間 金曜 21:05 - 23:17 放送枠 年末時代劇スペシャル 放送分 132分 回数 1 第6作 放送期間 放送時間 金曜 20:00 - 22:09 放送分 129分 回数 1 から系で放送されているシリーズ。 共同制作は藤田版に引き続き松竹。 放送枠は「」(第1作 - 第3作)、「」(第4作)。 小兵衛役のの死去後、キャストを一新しての製作となった。 第6作より藤田まこと版と同様に大治郎と三冬のキャストが交代。 キャスト(北大路欣也版) [ ] 主要人物(北大路欣也版) [ ]• (小兵衛の妻) -• (小兵衛の息子・秋山道場道場主) - (第1作 - 第5作)、(第6作 - )• (田沼意次の娘・男装の女武芸者) - (第1作 - 第4作)、(第6作 - )• (御用聞き) -• (意次の家臣) -• おみね -• おつぎ -• - (第2作 - )• おとよ - (第2作 - )• - ゲスト(北大路欣也版) [ ] 第1作「御老中暗殺」(2012年)• 飯田平助 -• 永井和泉守 -• 大山左兵衛 -• 永井右京 -• 小出帯刀 -• お米 -• 浅田虎次郎 -• 和泉屋吉右衛門 -• 木下肥後守 - 第2作「剣の誓約」(2013年)• (剣客・の師匠筋) -• 伊藤嘉一郎 -• 伊藤彦太郎 -• 柿本伊作 -• 檜村仁助 - 第3作「鬼熊酒屋」(2014年)• 熊五郎 -• おしん -• 大久保兵蔵 -• 文吉 -• たえ -• 権太 -• おみち -• ばあや -• 黒鍬の藤次 -• 亀助 - 第4作「陽炎の男」(2015年)• 鎌屋の辰蔵(香具師の元締め) -• 村松伊織(左馬之助の息子) -• お照 -• 村松左馬之助(門人) -• 松江 -• 宗次 -• おきち - 第5作「手裏剣お秀」(2018年)• 杉原秀 -• 杉原左内 -• 松平下総守 -• 野口平馬 -• 益田忠六 -• 加藤勝之助 -• 川井右近 -• 弥吾兵衛 - 第6作「婚礼の夜」(2020年)• 浅岡鉄之助 -• 平山市蔵 -• おとみ -• 西田団右衛門 -• 千代乃 -• 横山梶太郎 -• 庄三郎 -• 金子孫十郎 - スタッフ(北大路欣也版) [ ]• ナレーション - (第1、2作)、(第3作 - )• 企画 - 成田一樹、、武田功• 脚本 - 金子成人• 音楽 -• 殺陣 -• プロデューサー - 佐生哲雄、足立弘平• 協力 - 能村庸一• 監督 -• 製作協力 - 松竹撮影所• 制作 - 、 放送日程(北大路欣也版) [ ] 各話 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率 1 2012年 08月24日 御老中暗殺 「女武芸者」 「御老中毒殺」 金子成人 山下智彦 12. 視聴率は調べ、・世帯• 第5話は19:00 - 21:00に「」中継が編成されたため、21:00 - 23:12に繰り下げて放送する予定だったが、同中継が5分延長したため、5分繰り下げて21:05 - 23:17で放送。 放送局 [ ] 本放送 [ ]• 再放送 [ ]• 地上波各局• 出典・脚注 [ ]• 初回放送の内でがコメントしたところでは、生前のは、この版に於いて小兵衛を、池波が気に入っていたに演じてほしいとリクエストしていたそうだが、当時の田村の年齢が若かったので、能村も困ったという。 しかし、池波は「老けさせれば良いじゃないか」と意に介さなかったという。 結局、田村のスケジュールが合わず、この話は流れてしまったという。 なお、織本順吉は、1973年版でも、同じ柿本役を演じている。 第5シリーズは10話製作されたが、関西テレビ以外では7話しか放送されておらず、未放送の3話は『剣客商売スペシャル』として同年5月1日に放送された。 2012年6月1日. 2016年10月29日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年2月23日. 2020年2月23日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年11月22日. 2018年11月22日閲覧。 2015年9月1日. 2015年9月3日閲覧。 外部リンク [ ]• BSフジ• 藤田まこと版• フジテレビ番組基本情報• BSフジ• 第1シリーズ(、、、、、、、、、)• 第2シリーズ(、、、、、、、、、、)• 第3シリーズ(、、、、)• 第4シリーズ(、、、、、、、、、、)• 第5シリーズ(、、、、、、、、、)• 北大路欣也版• フジテレビ番組基本情報•

次の

剣客商売 37巻(最新刊)

剣客 商売 漫画

本に登場する料理を再現して一献 「小説や漫画に出てきた食べ物をおつまみにして、お酒を飲んでみたい」 家飲み派のみなさまなら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。 不肖・私めは、むしろ飲み食いの描写を目当てに読書をするタチでございます。 誠に僭越ながら、今回からそんな私がグイッと心惹かれた作中の料理を我流で再現し、一献やらせていただくというシリーズを始めることになりました。 お酒片手にお付き合いいただけると幸いです〜。 粋な料理が満載! 美食家・池波正太郎の『剣客商売』 『剣客商売』は池波正太郎先生の『鬼平犯科帳』『仕掛人・藤枝梅安』と並ぶ人気連作小説。 40歳離れた無邪気な働き者の後添いおはる、息子で同じく剣客の大治郎やその妻の女武芸者・美冬などに囲まれ暮らす日々のなか、江戸を舞台にさまざまな事件に遭遇しては痛快に解決していく。 池波先生自身がかなりの美食家であったことから、思い浮かべるだけで喉がごくりと鳴るような素晴らしい描写ばかりで、今回もどの料理を取り上げようか迷いまくりました。 その結果、各巻を読み返す中でも特に印象に残っていたこちらのシーンから引用することに。 おはると共にお気に入りの料理屋『元長』に出掛けた小兵衛。 元長女将・おもとの知人夫妻の諍いに巻き込まれてしまうのですが、そうなる前に二階座敷でゆったりと楽しんだとされる品々が実に魅力的です。 長次は先ず、下ごしらえをした莢いんげんと茄子を、山椒醤油であしらったものを出しておいてから、鯔(ぼら)の細づくりを小兵衛の前に運ばせた。 「あたしは後で、煮蛸へ黒胡麻の味噌をまぶしたのが食べたい」 などと、おはるが上機嫌でいうと、 「それほどに、お前は台所仕事がいやかえ」 と、小兵衛にいわれた。 (中略) いったん、階下へ降りて行ったおもとが、小海老に焼き豆腐の吸物を運んで来た。 池波正太郎/新潮社 『剣客商売 八 狂乱』内「毒婦」 形にとらわれず、旬の美味しいものを出すと評判の元長らしいおつまみです。 短い中に出てくる4品のうち、2品を再現してみました。 莢 さや)いんげんと茄子の山椒醤油和え• ナスは拍子切りにして胡麻油で軽く焼き目をつけました。 これらを粉山椒入りの醤油に浸して冷蔵庫で10分ほどなじませ、器に盛ってからさらに粉山椒をぱらりと。 ハリハリッとした莢いんげんの食感、少しだけ油を吸ったナスのコク、清涼感のある山椒の香りがとてもいい塩梅で、純米酒のひやによく合いました。 「元長のご主人・長次さんなら、ナスは塩もみしたのかな、それとも焼いて皮をむいたのかな」なんて考えながら再現してみるのはとても楽しかったです。 黒胡麻と味噌がまず合うし(この和え衣だけ舐めながら飲める!)、タコをくにくにと噛むほどに胡麻や味噌の味と香りが立つのがなんともたまりません。 作り方は、ボイルされたお刺身用のタコを買ってきて適当なぶつ切りにし、黒すり胡麻と田舎味噌を混ぜたものをまぶすだけ。 再現、めっちゃ簡単! ビニール袋にすべての材料を入れて上からモミモミしたらなじみがよかったです。 ・・・・・・ 両方とも、ぜひともリピートしたくなる素敵なおつまみでした。 「小兵衛さんはこのおつまみでどれだけ呑んだのかなぁ。 おはるさんはお酒を呑まないだろうから、ご飯を一緒に食べていたのかな」などと思いを馳せながら呑むのは、控えめにいって最高。 時空を超え小兵衛さんと一献交わしている気分で、すっかりゴキゲンな宵でございました。 人気の再現レシピはこちらにも!.

次の

剣客商売

剣客 商売 漫画

本に登場する料理を再現して一献 「小説や漫画に出てきた食べ物をおつまみにして、お酒を飲んでみたい」 家飲み派のみなさまなら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。 不肖・私めは、むしろ飲み食いの描写を目当てに読書をするタチでございます。 誠に僭越ながら、今回からそんな私がグイッと心惹かれた作中の料理を我流で再現し、一献やらせていただくというシリーズを始めることになりました。 お酒片手にお付き合いいただけると幸いです〜。 粋な料理が満載! 美食家・池波正太郎の『剣客商売』 『剣客商売』は池波正太郎先生の『鬼平犯科帳』『仕掛人・藤枝梅安』と並ぶ人気連作小説。 40歳離れた無邪気な働き者の後添いおはる、息子で同じく剣客の大治郎やその妻の女武芸者・美冬などに囲まれ暮らす日々のなか、江戸を舞台にさまざまな事件に遭遇しては痛快に解決していく。 池波先生自身がかなりの美食家であったことから、思い浮かべるだけで喉がごくりと鳴るような素晴らしい描写ばかりで、今回もどの料理を取り上げようか迷いまくりました。 その結果、各巻を読み返す中でも特に印象に残っていたこちらのシーンから引用することに。 おはると共にお気に入りの料理屋『元長』に出掛けた小兵衛。 元長女将・おもとの知人夫妻の諍いに巻き込まれてしまうのですが、そうなる前に二階座敷でゆったりと楽しんだとされる品々が実に魅力的です。 長次は先ず、下ごしらえをした莢いんげんと茄子を、山椒醤油であしらったものを出しておいてから、鯔(ぼら)の細づくりを小兵衛の前に運ばせた。 「あたしは後で、煮蛸へ黒胡麻の味噌をまぶしたのが食べたい」 などと、おはるが上機嫌でいうと、 「それほどに、お前は台所仕事がいやかえ」 と、小兵衛にいわれた。 (中略) いったん、階下へ降りて行ったおもとが、小海老に焼き豆腐の吸物を運んで来た。 池波正太郎/新潮社 『剣客商売 八 狂乱』内「毒婦」 形にとらわれず、旬の美味しいものを出すと評判の元長らしいおつまみです。 短い中に出てくる4品のうち、2品を再現してみました。 莢 さや)いんげんと茄子の山椒醤油和え• ナスは拍子切りにして胡麻油で軽く焼き目をつけました。 これらを粉山椒入りの醤油に浸して冷蔵庫で10分ほどなじませ、器に盛ってからさらに粉山椒をぱらりと。 ハリハリッとした莢いんげんの食感、少しだけ油を吸ったナスのコク、清涼感のある山椒の香りがとてもいい塩梅で、純米酒のひやによく合いました。 「元長のご主人・長次さんなら、ナスは塩もみしたのかな、それとも焼いて皮をむいたのかな」なんて考えながら再現してみるのはとても楽しかったです。 黒胡麻と味噌がまず合うし(この和え衣だけ舐めながら飲める!)、タコをくにくにと噛むほどに胡麻や味噌の味と香りが立つのがなんともたまりません。 作り方は、ボイルされたお刺身用のタコを買ってきて適当なぶつ切りにし、黒すり胡麻と田舎味噌を混ぜたものをまぶすだけ。 再現、めっちゃ簡単! ビニール袋にすべての材料を入れて上からモミモミしたらなじみがよかったです。 ・・・・・・ 両方とも、ぜひともリピートしたくなる素敵なおつまみでした。 「小兵衛さんはこのおつまみでどれだけ呑んだのかなぁ。 おはるさんはお酒を呑まないだろうから、ご飯を一緒に食べていたのかな」などと思いを馳せながら呑むのは、控えめにいって最高。 時空を超え小兵衛さんと一献交わしている気分で、すっかりゴキゲンな宵でございました。 人気の再現レシピはこちらにも!.

次の