ロト 7 当たる 数字。 数字を選ぶだけじゃない【ロト7】の買い方を工夫しよう ラッキーショップ ブログ

【当たる買い方】ロト7の予想と確率や無料的中ツール大公開

ロト 7 当たる 数字

もくじ• ロト7の組み合わせ数は全部で何通り? 数字選択式のロト7は37個の数字の中から7個の数字を選んで、抽選された本数字とピタリと合えば1等当選となります。 それぞれ当たる確率は違うのですが、まずはその当たる条件を見ていきましょう。 1等:申込数字が本数字7個すべて一致 2等:申込数字が本数字6個と一致し,更にボーナス数字2個のうち1個と一致 3等:申込数字が本数字6個と一致 4等:申込数字が本数字5個と一致 5等:申込数字が本数字4個と一致 6等:申込数字が本数字3個と一致し,更にボーナス数字1個または2個に一致 ロト7は本数字の他に「ボーナス数字」という番号が抽選されます。 2等と6等はこのボーナス数字を使います。 そして、ロト7の1~6等の当選金(理論値)と当たる確率は次のようになっています。 スポンサードリンク ロト7の当たる確率や還元率は? ロト7の期待値や還元率ですが、1~6等についてそれぞれ見ていきますね。 5%=約133. 4円 このようになります。 もちろんキャリーオーバーが発生した場合はこの限りではないので、大幅に期待値や還元率は増えるでしょう。 基本的に宝くじの還元率は50%を越えてはいけない法律があります。 当せん金付証票法 (当せん金付証票の当せん金品の限度) 第五条 当せん金付証票の当せん金品の金額又は価格の総額は、その発売総額の五割に相当する額(加算型当せん金付証票にあつては、その額に加算金(第二条第二項の加算金をいう。 以下同じ。 )の額を加えた額)をこえてはならない。 この法律のもと、宝くじの賞金額や当選本数が設定されているのですね。 スポンサードリンク あとがき ロト7の組合せ数は全部で何通りなのか、その当たる確率や期待値、還元率とともにまとめました。 ロト7に限らず他の宝くじでも還元率は50%を越えず、払い戻し総額は少ない中からの分配になります。 ただ、一等賞金額が非常に大きいので、ロトをはじめジャンボ宝くじなどもその夢のために購入する方が多いですね。 1等や2等が当たれば大きいですが、やはり当たる確率から見てもかなり厳しそうですね。 そんなロト7の買い方や仕組みでよくわからない所はないでしょうか?• ボーナス数字って何?• キャリーオーバーって?• ロト7ってどこで買えるの? などなど、ロト7の疑問点や実際に購入した様子、当選確率や当選金額といったロト7の中身について書いた記事をまとめたページを用意しました!.

次の

【ロト7、ロト6】当たりやすい数字の法則と買い方

ロト 7 当たる 数字

Contents• ロト7のルールは難しい? ロト7のルールはいたって簡単! 37個の数字の中から7個の数字を選び出し、申し込み用紙にマークしていくだけです。 そんなに簡単なら誰でもすぐに当たりそうですが、これがなかなか難しいのです。 細かいルールが少し複雑なので詳しく説明していきますね。 ロト7のルール! キャリーオーバー制の宝くじ。 1等当選者がいなかった場合どんどん当選金額が上乗せされていきます。 7個の数字をピタリと当てなくてはいけないのでロト6よりもハードルが高くなってしまうのです。 では1等に当選をした場合、キャリーオーバーしている金額を全て貰えるのか?と思えば違います。 ロト7の1等当選金額は最大で10億円なので、残念ながら貰うことができないのです。 1等当選のルールとしては7個の数字全てが一致しないと当選とはなりません。 実は1等はとても分かりやすいのですが、下の等級がややこしいのです。 ロト7の当選ルール 1等 申込数字が本数字7個すべて一致 2等 申込数字が本数字6個と一致、更にボーナス数字2個のうち1個と一致 3等 申込数字7個のうち6個が本数字に一致 4等 申込数字7個のうち5個が本数字に一致 5等 申込数字7個のうち4個が本数字に一致 6等 申込数字が本数字3個と一致、更にボーナス数字1個または2個に一致 ロトシリーズでは決まった数字以外、必ずボーナス数字と呼ばれるおまけの数字が選ばれます。 ロト7でボーナス数字はいつ使うのか?ですが、2等と6等で使われてます。 これがロト7が難しく思えてしまうルールなのです。 2等の場合選んだ7個の数字の中から6個数字が一致してなおかつボーナス数字が1個一致しなくてはいけません。 ちなみに3等は6個の数字だけなのでボーナス数字は関係なく分かりやすくなっています。 そして最も身近な6等はロト6と同じように3個の数字が一致しなくてはいけません。 しかしそれ以外にもボーナス数字が1個当選していなくてはいけなく、つまり4個の数字を当てなくてはならず、ここがロト7を始めたばかりの人にとっては引っかかる部分なのです。 上記を見ると分かりますが6等の場合、3個の数字が一致したからと喜んでいると宝くじ売り場で当選確認をした時にショックを受けてしまいますよ。 ロト7のルール、6等の当選金額について 我々庶民にとって一番よく当たる6等(末等)ですが、ロト7の6等当選金額は決まっていません! ロト7は毎回売上によって配当金額が変わってしまうのです。 大体1,000円前後ですがロト7を1口300円のため5口で1500円で買った場合マイナスになってしまいます。 900円なんて時もあるので、億万長者を狙えるロト7ですが、末等ばかり当たっていると心が折れそうになってしまいますよね…。 これがロト7の痛いルールです。 でもキャリーオーバー発生で10億円が手に入る夢が詰まったロト7なので多くの人達が 「我こそは!」と挑戦してきます。 やはりキャリーオーバー時はロト7の売り上げは通常時に比べ倍以上になります。 みんな大きな夢を求めて買いにきているのですね。 一晩でサラリーマンの生涯年収の5倍も手にすることができるので諦めないで挑戦し続けることが大事なのです。 ロト7の正しい買い方のコツ教えます! ロト7の買い方は決して難しいものではありません。 宝くじ売り場でロト7の申し込み用紙に7個数字をマークするだけなのですが、他のロトシリーズとは違い1口300円します。 300円と言うとジャンボ宝くじと同じ値段になってしまいますが、キャリーオーバー時10億円getと考えれば決して高い金額ではありません。 そんなロト7ですが、買い方には2パターンあります。 自分で7個の数字を選ぶ!ロト7の買い方編 気をつけて欲しい、よくある事例として、数字を6個しか選んでいない…。 なんてことがあります。 宝くじ売り場が空いている時は、もう一度じっくりと数字を考えることができますが、長蛇の列になっている時はそんな時間はありません。 せっかく考えて選んだ数字なのに、焦って最後の1個の数字を適当に選んでしまうことになってしまいます。 それに後ろに並んでいる人達にも迷惑をかけてしまうので、数字を選ぶ買い方をするのであれば、きちんと何個マークしたか数えてから窓口に持って行きましょう。 当たるかも!?クイックピックの買い方編 もうひとつの買い方としてクイックピックと呼ばれる機械がランダムに数字を選ぶ買い方もあります。

次の

ロト7【買い方のコツ!】初めてでも当選確率を上げる方法がある!?

ロト 7 当たる 数字

Contents• 好きな数字を入れる[数字の選び方] ロト7は37個の数字から7個を選びます。 好きな数字を入れる例として次のやり方があります。 誕生日や生年月日の数字を入れる。 車のナンバー• 携帯番号• 小さい時から好きだった数字 実際にこんな数字を入れても当たらないよね…となりますが運の良い人は好きな数字を選んで当てています。 ただ、一回購入するより毎週ロト7を買い続けるようにしましょう。 宝くじは忍耐なので、買わなければ当たる事はありません。 実際に3億2千万円当てた方は、いつものように適当に数字を選んで当てています。 当たる時は当たります。 今まで1等のでていない数字を15口は買い続ける[数字の選び方] 少し面倒かもしれませんが、過去に1等の出ていた数字を調べてみてください。 そして出ていない数字を買い続けます。 できれば15口なので 10口でも構いませんが 1回購入するのに4,500円。 ロト7は週1回の金曜日抽選ですが、1か月に約4回あるとします。 5年間購入する事を考えても280回購入になります。 1回購入するのに15口で4,500円でしたね。 126万円投資しなければならないという事です。 これも高額当選者はやっている、立派な当てる方法になります。 クイックピック[数字の選び方] コンピューターが自動で選んでくれるため「本当に当たるの??」と疑ってしまいますが、1割の方がクイックピックをいわれています。 それは、人間では考えられないような数字を選んでくれるからです。 ロト7でクイックピックを選んだ数字例• 12、15、20、22、25、32、36• 6、12、13、17、18、20、21• 11、12、15、17、18、30、35• 15、17、18、28、29、35、37• 21、23、24、30、31、33、34 誰も選ばない数字を選んでくれるのが、クイックピックの良いところです。 前回の数字から予想する[数字の選び方] ロト7を攻略したい方には「前回の数字から予想する」のは高額当選者も実践している当て方の一つです。 どうやったら前回の数字から予想できるか?それは同じ数字、連続数字、下一桁を入れるのですが、実際にそれぞれの説明と当選番号を交えて解説します。 同じ数字を1~2個は入れる ロト7は前回の当選番号で本数字7個、ボーナス数字2個ですが、これら9個分の数字を次回に一つ以上入れます。 2020年4月3日 4、7、8、14、22、24、27、13、26• 本数字22が次回に現れます。 ボーナス数字13が次回に現れます。 2020年4月10日 13、15、17、22、26、34、36、3、19 連続数字を入れる ロト7の当選番号を予想する場合 連続数字を1~2組は入れるようにします。 2020年3月20日 9、11、13、14、20、22、37、15、17• 13と14が連続数字• 14と15が連続数字 15についてはボーナス数字になっていますが、2等と6等で必要になります。 ロト7の1等については本数字のみ予想できればですが、どうせなら高額当選狙いでボーナス数字も当てておきたいですよね。 下一桁 前回の当選番号の下一桁が次回の下一桁となって現れてくるのです。 13の数字がでていたら次回は3、23、33のいずれかの数字を選びます。 前回の当選番号から次回を予想• 予想する当選番号に下一桁を1~2個入れる ロト7で高額当選を狙う場合、下一桁を入れるのは大事ですが1と2は1か月のうち何度も現れていますので、予想しやすいです。 2020年3月20日 9、11、13、14、20、22、37、15、17 3月20日を下一桁で分析 17の下一桁が37として現れています。 3月27日を下一桁で予想• 13の下一桁が33として現れています。 22の下一桁が2として現れています。 15の下一桁が5として現れています。 2020年3月27日 5、9、16、20、29、33、35、2、8 3月27日を下一桁で分析• 5の下一桁が35として現れています。 9の下一桁が29として現れています。 同じ数字、連続数字、下一桁で次回を予想する 先に当選番号を見て、次回を予想します。 ロト7の2020年3月20日~4月24日、当選番号 2020年3月20日 9、11、13、14、20、22、37、15、17• 9と20の同じ数字が次回に現れています。 13の下一桁が33として次回に現れています。 22の下一桁が2として次回に現れています。 15の下一桁が35、5として現れています。 3月27日を連続数字で分析 3月20日の同じ数字9から8が連続数字で現れています。 2020年3月27日 5、9、16、20、29、33、35、2、8 3月20日の当選数字から予想した場合、4つは当てれるかもしれません。 そして連続数字として5つ。 そして3月27日の当選番号から4月3日を予想します。 2020年3月27日 5、9、16、20、29、33、35、2、8• 8の同じ数字が次回に現れています。 16の下一桁が26として次回に現れています。 33の下一桁が13として次回に現れています。 2の下一桁が22として次回に現れています。 5の連続数字として4が現れています。 4月3日を連続数字で分析• 13の連続数字として14が現れています。 26の連続数字として27が現れています。 8の連続数字として7が現れています。 4月3日を下一桁を分析• 27の下一桁として7が現れています。 4の下一桁として14と24が現れています。 2020年4月3日 4、7、8、14、22、24、27、13、26 2020年の3月27にちから4月3日にかけて多く予想する事ができます。 ただし難しく、予想数字が多くなりますが高額当選に、かなり近づく事ができます。 まとめ ロト7は1等で6億円と、夢のある数字選択式宝くじです。

次の