ドラゴン バスター イアン。 ドラゴンバスターの完全情報

ドラゴンバスター・イアン(ドラゴン、ROG)

ドラゴン バスター イアン

メインプラン:ヴァイディ&影の浸食 自然ドラゴンは、 「ヴァイディ」のリーダー付与スキルでリーサルを狙います。 まずは、ヴァイディについて確認しましょう。 影の浸食 【スペル】 このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、相手のリーダーにXダメージ。 Xは「このバトル中に破壊された自分のナテラの大樹の数」である」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。 自分がこのバトル中に他の影の侵食をプレイしていたなら、ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。 ヴァイディ&影の浸食の運用ポイントは以下の通りです。 影の浸食の2枚目からは確定除去札として非常に優秀!ランダム選択のため、潜伏・選択不可にもささるのがポイント! ヴァイディを引きにいこう! このデッキはヴァイディを引かないとリーサルがどんどん遅くなります。 自分の手札の「 ユニオンバーストを持つフォロワー」すべての ユニオンバーストを-2する。 プリンセスナイトの役割は以下の通りです。 <まとめ>• 1コストでナテラの大樹をプレイできる(5ターン目以降)• 進化時:ナテラの大樹1枚を手札に加える。 荒野の案内人は ラストワード発動時、ナテラの大樹を設置できます。 ただし、 既にナテラの大樹が設置されている場合は発動しません。 貴重なナテラの大樹なので、できる限りラストワードを発動させましょう。 また、 進化時に1枚回収できるのも非常に重要です。 場合によっては、荒野の案内人1枚で2つのナテラの大樹を場に出せますね。 相手が5PP、こちらが9PPなんていう状態までありえるぞ。 サププラン:他のダメージソース 影の浸食だけでは、20点以上を叩き出すことは難しいです。 他のダメージソースを確認していきましょう。 エンハンス 9; チョイス ではなく、1体ずつを出す。 覇道の金龍がいて、フォロワーへ攻撃したなら(ダメージを与え合う前に)、そのフォロワーに「このフォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ。 ガリュウはとんでもなく強いカードです。 基本的には、 エンハンス5または9で使用していきましょう。 <どっちをチョイスする?>• 相手の盤面が空なら金龍• 盤面処理なら銀龍 相手の盤面に合わせて、チョイスを変えていくのが無難な考え方です。 銀龍の顔面2ダメージによってリーサルが行える場合もあります。 相手のフォロワー全てに2ダメージ与え、フォロワー数分のダメージを相手顔面に与えます。 盤面処理と バーンダメージの両方を兼ね備えているのです。 <運用ポイント>• ユニオンバーストで守護をどかしながら、顔面に攻撃• 盤面処理カードとしても活用 プリンセスナイトによって、UB発動が安定化しました。 「ガリュウ」と同様で、 序盤~終盤まで活躍できるため、3枚採用しても問題ありません。 ジェラシードラゴン・アデールを チョイスしたなら、それを相手の場に出す。 進化時の3点ダメージを違うフォロワーに与え、体力を2にしたところで、アデール自身がぶつかるという選択肢もあります。 守護をおきたいとき、 体力を回復したいときにチョイスします。 進化時のバウンス効果には注意が必要ですね。 ただ、 マリオンを戻せるとまたファンファーレでドローできます。 よく出てくるコンボです! デッキコードはこちら! デッキコード発行は、以下のリンク(ブログカード)よりどうぞです! (シャドバポータルへ移動します。 ) シャドバデッキの関連記事もご覧ください!.

次の

ドラゴンバスター・イアン

ドラゴン バスター イアン

とにかくいくら使ったことやら。 ただ言えることはお金も一番使ったのも確実です。 お金がない時の暇つぶしにはまさにもってこいのゲームでした。 本当に時間さえあればワンコインで一日中できたゲームです(他にも影の伝説とかありましたが)。 電車の待ち時間など時間をつぶす時にはこれです。 まあ、大体途中で周りでみていた人にゆずちゃってましたね。 (昔は自分で言うのもなんですがゲームが上手い人の周りには野次馬がいたんですよ。 昔は結構嬉しかったものです。 ナムコミュージアム Vol. 2 PS版 PS版のナムコミュージアム第2弾です。 PS2でも似たようなナムコミュージアムHITとかいうのがあるようですがドラゴンバスターが収録されていない? なのでPS版の方を紹介しておきます。 私はアーケードゲームは基本PCでプレイしているのですが友人がこのソフトを持っていたためプレイしてみたところほぼアーケード版と遜色がなかったため自分でも購入してしまった。 PS版では色々なチャレンジ履歴みたいなものもあったのでPCよりもこちらの方にはまってしまいました。 なのでレトロゲーム好きには欲しい一本です。 ちなみにゲーム機用のゲームは安い・・。 PC版レトロゲームと違ってプレミアがつかないのがいいですね。 ただ処分する時も二束三文なのが嫌ですけど.

次の

ドラゴンバスターII 闇の封印

ドラゴン バスター イアン

2 :自分フィールドに「バスター・ブレイダー」モンスターが存在しない場合、 1ターンに1度、自分の墓地の「バスター・ブレイダー」1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 3 :相手ターンに1度、自分フィールドの「バスター・ブレイダー」モンスター1体を対象として発動できる。 自分の墓地の「破壊剣」モンスター1体を装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。 で登場した・の。 をにする、をする、にを扱いでさせるを持つ。 のであり、を運用する上ではまずこのをに出すのが基本となる。 に指定がないため、+1の他、やのギミックを借用してしてもよい。 ならば、が付くものの下準備無しでから直接する事が可能。 1 のにより、全てがとなるため、の持つを活用できる。 更にを任意のをのにできる、のとして使えるようになる。 と並んだ場合のは強力で、以外のはになり、も封じられる。 手段にを採用している場合、のも視野に入る。 また、のの一部を使用不能にできるため、この自体もとしての側面を持つ。 2 のは、がに存在しない場合にからさせるもので、自身の低いを補い、を確保できる。 先はとの2種類がおり、状況によって使い分けたい。 また、同一中のの回数に制限がないのも特徴である。 1を複数用意すれば、を使ってを繰り返しさせることによる連続ができる。 3 のは、のをのとする。 2 のによるのと合わせて、各種によりの行動を制限できる。 特にはを封じることができるので影響力は大きい。 また、はなので、にはを解除しと共ににもでき、2体目のこのをし再び 2 のを使う、という流れも可能。 状況次第では、を使い終えたこの自身をのに使うのもよい。 は「破 戒」であり、の「破壊」とは異なる。 「」とは仏教において戒律を破ることで、島崎藤村の小説の題としても知られる。 ・・「ばんりゅう」の名が一致することから、の成体だと思われる。

次の